レイ「碇くんは私だけのもの」ボソッ アスカ「え?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン、大好き…」キョン「国木田」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 18:46:45.13 ID:lLLX/BCP0

エレベーター

アスカ「今、何て言ったの」

レイ「」

アスカ「答えなさいよ!」

レイ「何も」

ウィーン

レイ「」スタスタ

アスカ「ちょっ!ちょっと!待ちなさい!!」

アスカ(碇って聞こえた……)

アスカ(気のせい……よね)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 18:49:43.03 ID:lLLX/BCP0



アスカ「……」ムスー

シンジ「?」

シンジ「どうしたの?」

アスカ「別にぃ」

シンジ(今日のシンクロテストの成績が問題なのかな?)

シンジ(でも、アスカがトップだったし……)

シンジ(わからないや)

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 18:52:59.91 ID:lLLX/BCP0

学校

シンジ「綾波、お弁当。今日も作ってきたんだ」エヘヘ

綾波「ありがと」

アスカ「いつまで、こいつに弁当作り続けるつもりよー」

シンジ「できる限りは続けていきたいなぁ」

アスカ「はぁ……」

アスカ「もう、お弁当渡したんだからこいつに用はないでしょ」

レイ「碇くん」

シンジ「?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 18:56:20.10 ID:lLLX/BCP0

シンジ「どうしたの?綾波」

レイ「誰かと食事するって、楽しい?」

シンジ「う、うん」

レイ「私とでも?」

シンジ「え?」

レイ「碇くんと一緒に食事、いい?」

シンジ「はやなみっ!?」

ザワザワ

ケンスケ「おっと。あの綾波が碇と一緒に御飯たべたいだって!?」

トウジ「し、信じられへん……」

ザワザワ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 18:59:17.29 ID:lLLX/BCP0

アスカ「なっ……」

アスカ「何言ってんのよ!!」アセアセ

アスカ「どうしてアンタとバカシンジが一緒にご飯食べなくちゃいけないのよ!!」

レイ「どうして、おかしいことなの?」

アスカ「おかしいわよ!!絶対おかしい!」

レイ「貴方は碇くんと一緒に食事してる」

レイ「それは、おかしくないの?」

アスカ「そ、それは……」

シンジ「いいじゃないか、アスカ。みんなで食べようよ」

アスカ「うぅ……」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:02:17.67 ID:lLLX/BCP0

シンジ「綾波と食事なんて何か新鮮だなぁ」エヘヘ

アスカ「……」パクパク ムスー

シンジ「あ、どう?今日のお弁当」

レイ「美味しい」

シンジ「そう、よかったぁ」

レイ「碇くんの作るお弁当はいつでも美味しい」

シンジ「そ、そんな…照れるなぁ//」モジモジ

レイ「碇くん」

シンジ「なに?」

レイ「いま、楽しいって感じてる?」

シンジ「うん!綾波は?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:04:20.44 ID:lLLX/BCP0

レイ「わからない」

アスカ「けっ……」モグモグ

シンジ「そ、そう……わからないんだ」

レイ「でも、碇くんといるとポカポカする」

レイ「これって、楽しいってこと?」

シンジ「綾波……」

シンジ「うん!楽しいってことだと思うよ」ニコッ

レイ「そう」モグモグ

レイ「」

レイ「美味しい」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:07:47.90 ID:lLLX/BCP0

トウジ「たまげたなぁ。センセのやつ」

ケンスケ「あの綾波を落としちゃうなんてね」

ヒカリ「」パクパク

トウジ「で、なんで委員長がワシラと食べてんねんや?」

ヒカリ「だって、アスカが碇くんと2人でいつもお弁当食べるんだもん」

ケンスケ「そういうのも、もうすぐなくなると思うよ」

トウジ「せやなぁ、あと数日くらいしたらセンセは綾波と2人で飯食ってるんちゃうか」

ヒカリ「そんなことない!!」

トウジ「なっ、なんや!?びっくりするな!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:12:34.49 ID:lLLX/BCP0

帰り道

シンジ「〜♪」

アスカ「何よ」

シンジ「?」

アスカ「エコヒイキと楽しそうにして!」

シンジ「今日のお昼のこと?」

アスカ「そうよ!!鼻の下まで伸ばしちゃって!」

シンジ「でも、楽しかったしいいじゃないか」エヘヘ

アスカ「全然っ!楽しくない!」

シンジ「どうして?」

アスカ「私とエコヒイキは合わないのよ!」

シンジ「この際、仲良くなっちゃえばいいのに」

アスカ「はぁあ?そんなのありえないわよ!バカ!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:14:41.94 ID:lLLX/BCP0

次の日

シンジ(ふふ、合わないとか言ってる割には結局、一緒に食べるんだね)

アスカ「」パクパク

アスカ「何?」

シンジ「ううん、なんでもないよ」ニコッ

アスカ「ふん!」プイッ

レイ「碇くん」

シンジ「どうしたの?」

レイ「晩御飯、一緒にどう?」

シンジ「はっ?へぇ!?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:16:45.17 ID:lLLX/BCP0

アスカ「!?」

シンジ「ど、どうしてまた」

レイ「今度は私が碇君に料理を作りたいから」

シンジ「そ、そう」

レイ「だめ?」

シンジ「ううん!!嬉しい!嬉しいよ!綾波!」

レイ「明日の夜、家にきて」

シンジ「うん!楽しみにし」

アスカ「駄目!だめだめ!だ〜め!!」ピシャリッ

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:20:13.84 ID:lLLX/BCP0

シンジ「なっ、なんだよ!アスカ!いきなり!」

アスカ「そんなの私が許さないぃ!!」

レイ「どうして?」

アスカ「思春期の学生が夜に2人で会うなんて!」

アスカ「それはいけないことなの!」

レイ「どうしていけないの?」

アスカ「コイツがバカでエッチで変態だからよ!わかった!?」

シンジ「ちょっ!アスカ!!何言ってんだよ!僕はそんな」

レイ「でも、あなたは碇くんと一緒にくらしてる」ピシャリッ

アスカ「はぁ?それは別にいいのよ!仕方のないことだからっ!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:22:50.44 ID:lLLX/BCP0

シンジ「アスカ!」

アスカ「何よ!」

シンジ「別にいいじゃないか……」

シンジ「せっかく、綾波が料理をご馳走してくれるって言ってるんだ……」

シンジ「断るなんてそんなのできないよ……」シュン

アスカ「ぐぬぬ……」

シンジ「僕はべつにやましいことなんか考えてないし」

シンジ「綾波だってそうだよ」

アスカ「……」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:24:37.21 ID:lLLX/BCP0

アスカ「もう……しらないっ!勝手にすれば?」

アスカ「ふん!」プイッ

レイ「」

シンジ「ご、ごめんね?綾波。アスカのことは気にしないで」

レイ「来てくれるの?」

シンジ「うん。明日、必ず行くよ」ニコッ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:34:55.30 ID:lLLX/BCP0

ミサト宅

『碇くんは私だけのもの』

アスカ(まずい……)

アスカ(まずいまずいまずいまずい!!)

アスカ「うぅ……」ショボーン

ミサト「?」

ミサト「どうしたの?テーブルに塞ぎこんじゃって」

アスカ「べつに〜」ムスー

ミサト「なぁに?アスカの顔は何かあったって言ってるわよ〜」

アスカ「なんでもないわよ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:37:39.19 ID:lLLX/BCP0

ミサト「シンジくんのことでしょ」

アスカ「ふん」

ミサト「喧嘩でもしたのぉ?」

アスカ「バカシンジがぁ……」

アスカ「エコヒイキに取られそうなのよ……」

ミサト「レイがシンジくんを?」

ミサト「でも、レイは大人しいから」

ミサト「アスカが心配するほど積極的にシンジ君に迫ろうだなんて」

ミサト「しないんじゃない?」

アスカ「それがするのよ!」

ミサト「?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:40:35.01 ID:lLLX/BCP0

アスカ「明日、シンジはアイツの家にいくの」

ミサト「あらら……」

アスカ「どうしよ……アイツにバカシンジが押し倒されて」

アスカ「その流れで……」

ミサト「ぷっふ、いくらなんでもそれはないわよ」フフ

アスカ「笑わないでよぉ。こっちは真剣なのよ」

ミサト「シンジくんを取られないように」

ミサト「アスカがシンジくんを守らなくちゃね♪」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:42:38.88 ID:lLLX/BCP0

アスカ「ミサトも手伝ってよ」

ミサト「だめだめ〜。こういうことは自分で解決しなさい」

ミサト「じゃないと、振り向いてくれないわよ?シンちゃん」

アスカ「うぐぅ……役立たずぅ」

ミサト「まぁ、何だかんだ言っても私はアスカの味方だから」

ミサト「応援してるわよ。アスカ」ニコッ

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:45:39.51 ID:lLLX/BCP0

次の日



ミサト宅

アスカ「」イライラ

アスカ「」イライラ

アスカ「遅い!」

ミサト「何言ってるのよ。さっき、家を出たところじゃない」フフッ

ミサト(アスカも随分と女の子らしくなっちゃって♪)

アスカ「早く帰ってこないかな。バカシンジ」ギュッ

ペンペン「くわ?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:47:10.29 ID:lLLX/BCP0

レイ宅

シンジ「お、おじゃましまぁす」ガチャッ

レイ「碇くん」

シンジ「綾波の家にくるの久しぶりだなぁ」

レイ「座ってまってて」

シンジ「う、うん」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:49:30.62 ID:lLLX/BCP0

シンジ「すごい!これ、全部綾波が作ったの?」

レイ「」コクリッ

シンジ「すごく美味しそうだよ!」

シンジ(そういえば以前に食事会……うん、なんでもない。大丈夫)


レイ「どうぞ」

シンジ「いただきます!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:51:39.44 ID:lLLX/BCP0

シンジ「」パクッ

レイ「どう?」

シンジ「美味しい…」

シンジ「すごく美味しいよ!綾波!」

レイ「そう」

シンジ「綾波も食べなよ」

レイ「」コクリッ

レイ「」パクッ

レイ「美味しい」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:54:12.17 ID:lLLX/BCP0

シンジ「綾波ってこんなにも料理上手だったんだ」アハハ

レイ「練習、したから」

シンジ「きっと、素質があるんだよ!多分、もっと上手になると思うな」

レイ「もっと?」

シンジ「うん!」

レイ「また、練習して上手になったら」

レイ「碇くん、食べに来てくれる?」

シンジ「もちろん!僕でよければ」ニコッ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 20:02:09.06 ID:lLLX/BCP0

レイ「碇くん」

シンジ「なに?」エヘヘ

レイ「碇くんは誰のもの?」

シンジ「え?」

レイ「碇くんは誰のものなの?」

シンジ「え、えっと……綾波?」

レイ「答えて」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 20:04:04.47 ID:lLLX/BCP0

シンジ「う〜ん……別に誰のものでもないと思うな」

レイ「弐号機の人のものでもないの?」

シンジ「ふふ、うん。僕は誰のものでもないよ」

レイ「そう」

シンジ「なんだか、おかしな質問だなぁ」フフ

レイ「じゃぁ、碇くん」

レイ「私のものになってくれる?」

シンジ「え!?」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 20:08:01.00 ID:lLLX/BCP0

シンジ「ど、どういうこと?」

レイ「碇くんがほしいの」

シンジ「なっ、なんで?僕なんか……」

レイ「碇くんが誰かのものになるは嫌だから」

シンジ「心配しなくても僕は」

レイ「碇くんが誰かのものじゃないって思っても」

レイ「そう思わない人がいるから」

シンジ「え?え?あ、綾波が何言ってるのかわからないよ……」

レイ「私のものになるのは嫌?」

シンジ「い、嫌じゃないけど……」

シンジ「でも、それって僕と付き合いたいってこと?」

レイ「?」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 20:12:51.88 ID:lLLX/BCP0

レイ「付き合う?」

シンジ「う、うん」モジモジ

レイ「何に?」

シンジ「え?何にとかじゃなくて」

シンジ「恋人同士になるってこと///」

レイ「恋人、恋しいと思う人」

レイ「愛を求め合う人」

レイ「愛」

レイ「思いやり、暖かさ、ポカポカ」

レイ「わからない」

レイ「付き合うって何?私は碇くんを恋しいと感じるてるの?」

シンジ「え、えぇ……」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 20:15:21.56 ID:lLLX/BCP0

レイ「碇くんと付き合えば恋人どうしになれば」

レイ「碇くんは私のものになるの?」

シンジ「ま、まぁ……そういうことなのかな…」モジモジ

レイ「じゃぁ、付き合って。碇くん」

シンジ「なっ///////」

レイ「私と恋人同士になって。碇くん」

シンジ「えええ!どうして?どうして僕なの?」

シンジ「僕、……なんかでいいの?」

レイ「碇くんといるとポカポカするから」

レイ「碇くんじゃなきゃ、だめなの」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 20:21:15.63 ID:lLLX/BCP0

シンジ「で、でも……」

『これで、私のファーストキスはアンタのもの』

『アンタのファーストキスは私のもの!!!』

シンジ(アスカが……)

レイ「私のものになってくれないの?」

シンジ「そ、その……えっと」

レイ「嫌なの?」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 20:24:28.51 ID:lLLX/BCP0

シンジ「アスカが……」

シンジ「きっと、アスカが悲しむから……」

レイ「」

レイ「私も胸が苦しい」

レイ「弐号機の人と碇くんが一緒にいるのを見るのがとても辛いの」

レイ「それはとても悲しいこと」

レイ「でも、碇くんには言えなかった」

レイ「言ってはいけないこと、だと思ってたから」

シンジ「綾波……」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 20:27:41.79 ID:lLLX/BCP0

レイ「ごめんなさい」

シンジ「……謝らないでよ」

シンジ「僕も綾波が好きだ」ニコッ

レイ「え///////」

シンジ「僕も綾波といて暖かいって感じるんだ」

シンジ「綾波に悲しい思いをしてほしくない」

シンジ「僕でよければ、付き合ってよ」

しンジ「綾波」ニコッ

レイ「///」コクリッ

レイ「」ギュッ

シンジ「うわ!はやなみっ」

レイ(これで、碇くんは)

レイ(――私だけのもの)

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 20:30:22.45 ID:lLLX/BCP0

ミサト宅

アスカ「」スースー

ミサト「あぁあ、こんなところで寝ちゃって」

ミサト「待ちくたびれたのね」フフッ

ペンペン「くわぁ!!」バサッ

ミサト「しー!アスカが起きちゃうでしょ!」

ペンペン「くわくわ!」

ミサト「しばらくは抱き枕になってあげて」

ペンペン「くわっ」

アスカ「バカシンジ〜……おそかったじゃないぃ」ムニャムニャ

ミサト「もうすぐ、かえってくると思うわよ♪アスカ」ニコッ

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 20:36:25.20 ID:lLLX/BCP0

次の日



ミサト宅

シンジ「アスカ」

アスカ「」スースー

シンジ「あ〜すか」

アスカ「ん?ばかしんじぃ?」ムニャムニャ

シンジ「朝だよ。アスカ」

アスカ「へ!?」バサッ

アスカ「ちょっと!昨日は何時までアイツの家にいたのよ!」

アスカ「もしかして、朝帰り!?」

ミサト「アスカが寝ちゃってからすぐに帰ってきたわよ」

アスカ「ええ!だったら起こしてよ!ミサト!」

ミサト「?」

ミサト「どうして?」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 20:38:21.62 ID:lLLX/BCP0

アスカ「////////」カーッ

ミサト「だった、気持ちよさそうに寝てたし」

アスカ「もうっ!!なんでもない!」

シンジ「アスカ、早く着替えて学校行こ」

アスカ「言われなくてもわかってるわよ!」スタスタ

シンジ(学校か……)

シンジ(気まずいな……)

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 20:43:10.47 ID:lLLX/BCP0

学校

シンジ「」ソワソワ

シンジ(綾波……もうすぐ来るかな)

アスカ「ふぁぁ……布団で寝てないからクビが凝るわぁ」

シンジ「」ソワソワ

アスカ「?」

アスカ「なんか、落ち着きないわね」

シンジ「え?いやっ!別に」アセアセ

アスカ「ん〜?」


ごはんたべてきます

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 20:56:20.53 ID:lLLX/BCP0

アスカ「」ジトー

シンジ「な、なに?」

アスカ「べつにー」

ガラッ

綾波「」スタスタ

シンジ「!?」(綾波っ!!)

綾波「」スタスタ

アスカ「な、なによ」

綾波「碇くん、おはよう」

ザワザワ

ケンスケ「わざわざ、挨拶しに碇の席まで行くなんて今までこんなことあった?」

トウジ「ないから、みんな驚いてんねやろ」

ヒカリ「ど、どいうことなのかしら……」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 20:59:54.17 ID:lLLX/BCP0

シンジ「お、おはよう。綾波」

レイ「」

アスカ「なによ!さっさと自分の席へ行きなさいよ」

レイ「チャイムがなるまで碇くんのそばにいる」

アスカ「なっ!!!」

レイ「」スタッ

アスカ「ちょっと!近いわよ!!」

レイ「なに?」

アスカ「なにって……体よせすぎ!」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 21:01:53.11 ID:lLLX/BCP0

レイ「ずっとこうしていたいから」

ケンスケ「お!!おぉ!!大胆だねぇ!!!くぅぅぅ!!!」

トウジ「いちゃいちゃなんてもんちゃうぞ!!」

ヒューヒュー

アスカ「あぁもう!!離れろ離れろ!」

レイ「いや」

レイ「貴方に言われる筋合いはない」

アスカ「はぁ?ちょっとバカシンジ」

シンジ「え、えっと……//」モジモジ

アスカ「もう!!何照れてんのよー!!」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 21:09:45.35 ID:lLLX/BCP0

レイ「碇くんは私のもの」

レイ「貴方のいうこと何か聞かない」

アスカ「は?」

レイ「なに?」

アスカ「シンジ、昨日何があったのよ!!明らかに今日のこいつ!おかしい!!」

シンジ「そ、それは……」

レイ「碇くんと私は恋人同士」

レイ「付き合ってるの。昨日から」

アスカ「え?」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 21:14:53.37 ID:lLLX/BCP0

シーン

アスカ「え?え?」アワアワ

ケンスケ「……」

トウジ「嘘やろ……」

ヒカリ「……」


アスカ「嘘よね?ねぇ、シンジ?」アワアワ

シンジ「……」

アスカ「目をそらさいでよ……コイツの勘違いよね?ね?」

シンジ「……」

アスカ「シンジ?」

シンジ「綾波の言ってることは本当だよ……」

アスカ「なっ……」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 21:20:27.85 ID:lLLX/BCP0

アスカ「……」プルプル

レイ「」

アスカ「シンジはアンタのものじゃないっ!!」ウルッ

アスカ「シンジは私のものよ!!私だけのもの!!」

アスカ「だって……私の初めての……」

アスカ「だってぇ…」ウルウル

アスカ「私はシンジとキスだってしった!!だから!」

レイ「だから、なに?」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 21:27:34.08 ID:lLLX/BCP0

アスカ「シンジは私のものなのよ……」ボソッ

レイ「でも、私は碇くんと付き合ってる」

レイ「貴方が碇くんとキスを交わしたことなんか関係ない」

アスカ「関係あるわよ!!!」

レイ「碇くん、あなたは誰のものなの?」

シンジ「僕?」アセアセ

レイ「答えて」

シンジ「僕は……」

アスカ(シンジ……シンジぃ…私を裏切るつもり?)

アスカ「」ウルウル

シンジ「綾波の……ものだよ」

アスカ「……」

アスカ「バカシンジ!!!!」タッタッタッタ

シンジ「アスカ!!!!」

シーン

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 21:29:32.50 ID:lLLX/BCP0

ヒカリ「」スタスタ

シンジ「え?委員長?」

ヒカリ「追いかけなさいよ!!!!!!」

シンジ「!?」ビクッ

ヒカリ「女の子泣かせたのよ!!!」ウルッ

シンジ「え、えっと……」

レイ「行かないで」グイッ

シンジ「綾波……」

レイ「いま、行ってしまうと」

レイ「もう私のものではなくなる気がするから」グスンッ

シンジ「……」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 21:34:56.76 ID:lLLX/BCP0

ミサト宅

アスカ「」

アスカ「嫌!!!いやいやいや!!」

アスカ「シンジがエコヒイキのものになるなんて!!」

アスカ「そんなの絶対に嫌!!!!」

アスカ「……」

アスカ「どうしてよ……」

アスカ「シンジぃ……」ウルウル

アスカ「どうしてなのよぉ……」シクシク

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 21:38:34.19 ID:lLLX/BCP0

数時間後

ミサト宅

ミサト「ただいま〜♪我が愛しい息子娘たち〜♪」

シンジ「ミサトさん……おかえりなさい」

ミサト「あれ?アスカは?」

シンジ「部屋にいます……」

ミサト(そういえば、前にもこんなことあったわね……)

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 21:40:09.20 ID:lLLX/BCP0

コンコン

ミサト「アスカ、入るわよ」

ガラッ

アスカ「……」シクシク

ミサト「電気も付けないで、どうしたの?」

アスカ「……」シクシク

ミサト「横、座っていい?」

アスカ「……」コクリッ

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 21:47:11.35 ID:lLLX/BCP0

ミサト「シンジくん……レイと付き合ったそうね」

アスカ「……」

ミサト「ごめんなさい……」

ミサト「まさか、レイがそこまで積極的だったなんて……」

アスカ「私が悪いのよ……」ボソッ

アスカ「ずっと、シンジが私のものだって思い込んでたから……」

アスカ「シンジが他のやつのところに行くはずないって思ってたから」ウルッ

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 22:54:58.38 ID:lLLX/BCP0

アスカ「まぁ、いいわよ……」

アスカ「……取り返してやるわ」

ミサト「アスカ……」

アスカ「」

アスカ「だって」

アスカ「――シンジは私だけのものなんだから」

ミサト「……」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 23:01:54.53 ID:lLLX/BCP0

次の日

NERV本部

リツコ「レイがシンジくんと?」

リツコ「ありえないわ!!」

ミサト「そうなのよ…」

ミサト「シンジくんとアスカはうまく行ってるって思ってたのに…」

ミサト「まさか、レイを選ぶなんて」

リツコ「ありえないのはシンジくんじゃなくてレイの行動よ」

ミサト「え?」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 23:07:50.92 ID:lLLX/BCP0

リツコ「あの子が自分の感情を表に出すことなんてほとんどないの」

リツコ「感情そのものが彼女にあるのかも疑わしいところなのに」

ミサト「ましてや、恋なんて…て?」

リツコ「その通りよ」

ミサト「感情がないか……」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 23:10:56.18 ID:lLLX/BCP0

『人は辛い時、悲しい時。そして嬉しかった時に涙をながすのよ』

『私は今、嬉しいと感じているの?』

ミサト「いいえ、レイにはちゃんと感情あるわ」

リツコ「何か思い当たる節があるのね」

ミサト「えぇ」

『私だって碇くんが欲しい』

『でも……この気持ちは胸にしまっておく』

ミサト「ずっと……我慢してきたのね…レイ」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 23:15:23.86 ID:lLLX/BCP0

――


リツコ「そんなことが……」

ミサト「レイもずっとシンジくんのことが好きだったみたい」

リツコ「知ってしまったのね。恋しいという感情を」

リツコ「それは彼女にとって麻薬のような作用を齎せた」

ミサト「シンジくんの優しさがあまりにも心地よくて」

ミサト「もはやそれなしでは耐え切れなくなったのね……」

リツコ「優しさ?」

ミサト「えぇ、シンジくん。最近、ずっとレイにお弁当を作って持って行ってあげてたの」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 23:20:33.10 ID:lLLX/BCP0

リツコ「問題はアスカのね」

リツコ「きっと、この状況をなんとかしようとするはず」

ミサト「また、サイコパスとか言いたいわけ?前のでわかったでしょ?あの子は純粋に」

ミサト「シンジくんの事が好きなだけって」

リツコ「確かに彼女はシンジくんに明確な好意を抱いているわ」

リツコ「だけど、やはりその根底にあるのは独占欲」

リツコ「きっと自分だけのものにならないと気がすまないはず」

ミサト「じゃぁ何?次はレイを殺そうとするっていいたいの?」

リツコ「可能性としてはあるわね」

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 23:27:04.72 ID:lLLX/BCP0

ミサト「はぁ……うまく解決できないかしら」

リツコ「いずれにせよ、誰かが辛い思いをしなくちゃいけない」

リツコ「恋愛なんてそんなものよ」

ミサト「今のところ、そうなるのはアスカね…」

リツコ「素直な気持ちをシンジくんに伝えようとしないからね」

リツコ「行動や態度で自分の好意に気づいてもらおうとする。決して言葉にはしない」

ミサト「こういう状況になってしまったのもそのせいよね…」

ミサト「でも、あの子は恥ずかしがりやだから……」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 23:38:53.87 ID:lLLX/BCP0

リツコ「黙って見守る。それしかないわ」

ミサト「で、でも……」

リツコ「何か提案があるのなら是非聞かせてもらいたいけど」

ミサト「……」

リツコ「余計な手出しをしても辛い思いをするのはあなたよ?」

ミサト「わかってるけど…」

リツコ「悲しい結末はさけられない」

リツコ「なら、いっそのこと、関わらないほうが楽なんじゃない?」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 23:45:43.64 ID:lLLX/BCP0

学校

レイ(碇くんは私のもの。だから、ずっと碇くんといることができる)

レイ(身を寄せ合うこともできる)

レイ(碇くんといるとポカポカする)

レイ(もっと碇くんを感じたい)

レイ(碇くんにもポカポカしてもらいたい)

レイ「」ギュッ


ケンスケ「ずっと、碇にくっついてるよ」

トウジ「見てるだけこっちが恥ずかしいわ」

ケンスケ「当の碇も凄く恥ずかしそうだけどね」

ケンスケ「羨ましい!羨ましすぎるよ碇!!」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 23:48:56.89 ID:lLLX/BCP0

レイ「」ギュゥ

シンジ「ぼ、僕は///どうしたらいいんだろ///」モジモジ

アスカ「――離れなさいよ」

シンジ「え?」

アスカ「――離れなさいよ」ドンッ

レイ「きゃっ」ドテッ

シンジ「綾波!」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 23:55:24.71 ID:lLLX/BCP0

シンジ「綾波!大丈夫!?」

レイ「だ、大丈夫」

アスカ「何よ……何なのよ!アンタは!」

アスカ「毎日毎日!!ずぅっとシンジにくっついて!!」

レイ「そうしていたいから」

アスカ「私だって……シンジに甘えたいわよ」ボソッ

アスカ「見ててイライラするのよ!!」

レイ「それは、あなたの勝手」

アスカ「はぁあ!?みんなも迷惑がってるわよ!!」

レイ「そうなの?」

ケンスケ「へ?いや、僕は…別になぁ?トウジ」

トウジ「わ、ワシにふるなや!ケンスケ!知らん!わしゃ知らんぞ!!」

アスカ「アンタ達……」

シンジ「いい加減にしてよ……」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/19(水) 23:58:53.36 ID:lLLX/BCP0

シンジ「いい加減にしてよ!!アスカ!!!!!!」

アスカ「シンジ?」

シンジ「」ハァハァ

シンジ「なんでだよ……女の子に綾波に手を出すなんて……」

シンジ「最低だよ!!!」

アスカ「なっ……」

ヒカリ「アスカ……」

アスカ「ヒカリ……わ、私は何も間違ってないわよね?」

ヒカリ「アスカの気持ちはわかるけど…暴力は……」

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/20(木) 00:02:39.00 ID:w2h+B8lL0

アスカ「何よ……」ウルウル

アスカ「何よ!!みんなして!!」

アスカ「こんなエコヒイキのこと庇うつもり!?」

アスカ「ありえない!ありえないわよ!こんなの!!」

ヒカリ「待って!アスカ!私は!」スタスタ

アスカ「近づかないでよ!!!!!!!」ドンッ

ヒカリ「きゃっ!!」バタンッ


アスカ「はっ……」


アスカ「ひ、ひかり……」

アスカ「くっ……」タッタッタッタッタ

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/20(木) 00:06:18.04 ID:w2h+B8lL0

シンジ「立てる?綾波?」

レイ「」コクリッ

トウジ「委員長?いけるか」

ヒカリ「う、うん……」

ヒカリ「アスカ……」

ケンスケ「まったく、とんでもないやつだなぁ」

ヒカリ「アスカの悪口はやめて!!!」

ケンスケ「え?でもあいつは委員長を」

ヒカリ「いいの……私は平気だから」

ヒカリ「アスカに比べたら……」ウルウル

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/20(木) 00:13:16.38 ID:w2h+B8lL0

シンジ「ごめんね……アスカが酷いことして」(何言ってるんだよ……僕は)

レイ「気にしてない」

シンジ(アスカが酷いこと?アスカに酷いことしたのは僕じゃないか……)

シンジ(でも……それでも、僕は…)

レイ「碇くん……やっぱり、私じゃ嫌なの?」

レイ「私と一緒にいても碇くんはポカポカしないの?」

シンジ「そんな……」

シンジ「そんなことないよ」ギュッ

シンジ(綾波が好きなんだ……)

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/20(木) 00:18:43.21 ID:w2h+B8lL0

ミサト宅

アスカ「」ガチャッ

ミサト「あら?学校はどうしたの?まだこんな時間じゃない」

アスカ「……」ヒッグヒッグ

ミサト(学校でのこと……悪いけど全て本部で監視してたのよね…)

ミサト「あ〜すか」

アスカ「……」ヒッグヒッグ

ミサト「おいで」

アスカ「」スタスタ

アスカ「」ギュッ

アスカ「うぅ……うぅぅ…」ヒッグヒッグ

ミサト「アスカは十分頑張ったと思うわ」

ミサト「シンジくんを守ろうと努力したのね」

アスカ「うぅ…」ヒッグヒッグ

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/20(木) 00:23:38.99 ID:w2h+B8lL0

アスカ「いや…いや……シンジじゃなきゃ…いやぁ」シクシク

ミサト「とても辛いし悲しいと思う……」

ミサト「だけどね……これからは、2人を見守ってあげてほしいのよ」

アスカ「そんなのいやよ……胸が張り裂けそうになる……我慢できない」

ミサト「でも、そうやって2人の邪魔をしてもいいことなんかないでしょう?」

アスカ「うぅ……」ヒッグヒッグ

ミサト「アスカはシンジくんの事が好き?」

アスカ「何言ってんのよ……アイツのことなんか…」シクシク

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/20(木) 00:29:21.71 ID:w2h+B8lL0

アスカ「好きに決まってるじゃない……」

アスカ「どうしようもないくらいに好きで好きで好きでたまらないわよ……」シクシク

ミサト「本当にそうなら……シンジくんの幸せを願ってあげて」

ミサト「じゃないとあなたの好意はただの独占欲になってしまう……」

アスカ「……」ヒッグヒッグ

ミサト「好きから嫉妬、嫌いにアスカのその気持ちがが変わってしまわないようにしなくちゃ…」

ミサト「シンジくんのことが好きっていう気持ちを忘れたくないでしょ?」

アスカ「当たり前よ……」

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/20(木) 00:33:58.64 ID:w2h+B8lL0

――



アスカ「わかった……努力する」グスンッ

ミサト「アスカ……」

アスカ「私はシンジが好き。だから、シンジには幸せになってもらう」

アスカ「だけど……」ウルウル

アスカ「これで、私は幸せになれる?」ウルッ

ミサト「……」

ミサト「えぇ、白馬の王子さまはきっとアスカのことをずっと待っているわ」

アスカ「白馬の王子さま?なにそれ」フフ

ミサト「あら、日本じゃこういう言い回し、結構使うのよ?」

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/20(木) 00:40:23.36 ID:w2h+B8lL0

数日後

学校

レイ「碇くん、お弁当」

シンジ「ありがとう。作ってきてくれたんだ」

レイ「」コクリッ

レイ「2人で食べたいから」

レイ「二段弁当」


トウジ「また、今日もイチャイチャ全開やな〜」

ケンスケ「ほんとだね!たまんないよ!!代われよ碇ぃ〜」

シンジ「えぇ?無理だよそんなの」

ケンスケ「またまた〜冗談だよ。真面目に返されると虚しくなっちゃうじゃないかぁ」

アハハハ

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/20(木) 00:46:49.77 ID:w2h+B8lL0

アスカ「相変わらず、うっさいわね!三バカは」モグモグ

ヒカリ「ふふ」

アスカ「?」

ヒカリ「よかった。アスカが元気になってくれて」エヘヘ

アスカ「も、もともと落ち込んでなんかなかったし!」ガツガツ

ヒカリ「もう!アスカってば」アハハ

アスカ(きっと、私だって……シンジ以上の王子様に出会うんだから)

ケンスケ「あぁ!碇のやつ!あ〜ん!してもらってる!」

シンジ「なっ////!」

レイ「あ〜ん」

トウジ「なんか、不器用でおもろいな〜」

アスカ「ぐぬぬぬ……」

アスカ「ちょっと!イチャイチャし過ぎじゃない!??」

ケンスケ「碇夫婦は今日も平和です!」

アハハハハハ
おわり

327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/20(木) 00:50:09.04 ID:w2h+B8lL0

最後までみてくれてありがとう!!

http://www.youtube.com/watch?v=x6pzZ_IGQAg

332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/20(木) 00:55:02.17 ID:P781gTfa0

なんでバンプなんだ

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/20(木) 00:55:57.58 ID:w2h+B8lL0

エヴァSS書きすぎてもうネタ切れ\(^o^)/

>>332
この歌詞に触発されて考えたから



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「アイポッド?」