長門「プレゼント」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:沙都子「梨花。羽入さんって新参の癖に調子に乗っていませんこと?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 20:26:45.24 ID:YE2EF9ul0

キョン「長門、何の本を読んでいるんだ?」


長門「・・・・」 スッ


キョン「ん?小説か?珍しいな」


長門「そう」


キョン「恋愛ものか・・・」


長門「そう」


古泉「いいじゃないですか。男と女のラブストーr」

キョン「お前は黙ってろ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 20:29:33.56 ID:vAOMjumnO

もしもしに移動する


キョン「長門おもしろいか?」


長門「わからない」


キョン「わからないってことはないだろ。感想とか言えばいい」


長門「今読んでる」


キョン「あぁそうか、それは悪かったな。じゃあ読み終わったら感想を聞かせてくれ」


長門「わかった」


ハルヒ「お待たせ〜!!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 20:35:23.48 ID:vAOMjumnO

翌日



みくる「お茶ですぅ〜」


キョン「ありがとうございます。朝比奈さん」 ゴクっ


みくる「・・・・・」


キョン「あ、おいしいですよ」


みくる「ありがとうございます」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 20:40:07.42 ID:vAOMjumnO

みくる「どうぞ」


長門「・・・・」


みくる「どうぞ」


古泉「ありがとうございます」


キョン「(ん?本が変わってるな)長門、本読み終わったのか?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 20:46:00.88 ID:vAOMjumnO

長門「終わった」


キョン「で、どうだったんだ?」


長門「わからない」


キョン「? 読み終わったんだろ?」


長門「終わった」


キョン「感想を聞かしてくれ」


長門「わからない」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 20:51:00.42 ID:vAOMjumnO

キョン「(長門でもわからないことがあるのか・・・)何がわからないんだ?」


長門「最後になぜ、男が他のと別れて一人の女を愛したのか」


キョン「まぁ、ありがちなストーリーだな」


古泉「それは以前から男と女が結ばれる運命d」
キョン「お前は黙ってろ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 20:58:13.52 ID:vAOMjumnO


キョン「長門、何でその本を買おうと思ったんだ?」


長門「涼宮ハルヒから貰った」


キョン「あいつか・・・(あいつがこんな本を読むとは思えんが)」


古泉「涼宮さんも意外に乙女な所もあるんですねぇ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 21:07:18.30 ID:vAOMjumnO


長門「なぜ 彼女がこの本をくれたのかわからない」


キョン「それはな・・・」


長門「?」


キョン「ハルヒがお前のことが好きだからだ」


古泉「なるほど」


長門「私と涼宮ハルヒは女同士」


キョン「まぁ女同士で愛し合うこともあるが・・・今その話はいい」


長門「・・・・」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 21:12:26.45 ID:vAOMjumnO


キョン「loveじゃなくてlikeみたいなもんだ」


長門「そう」


キョン「気になるなら直接ハルヒに聞いてみればいい」


長門「・・・」 コクッ


みくる「わ、私も長門さんのこと好きですよ」


長門「そう」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 21:19:23.25 ID:vAOMjumnO


ドカッ!!



ハルヒ「うん!!みんな揃ってるわね!」

キョン「ああ」


ハルヒ「明日、久しぶりに不思議を探しに行くわよ!!」


キョン「このくそ寒いのにか?」


ハルヒ「あんたに断る権利はないわよ。古泉君いいわよね?」


古泉「よろしいかと」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 21:30:08.17 ID:vAOMjumnO

もうちょっと早く書いた方がいいかな?



ハルヒ「じゃあ決定!!明日の9時にいつもの駅前に集合よ!遅れてきたら・・・」

キョン「罰金か?」

ハルヒ「よくわかってるじゃない。そんなに払いたいの?」

キョン「今まで払ってきてわからない奴は谷口ぐらいだ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 21:36:26.53 ID:vAOMjumnO


ハルヒ「まぁいいわ。とりあえず今日は明日の準備とかもあるだろうから解散ね!」


キョン「(準備なんてないがな)」


ハルヒ「最後の人 鍵閉めといてよね!じゃあまた明日会いましょう!」


キョン「やれやれ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 21:42:02.52 ID:vAOMjumnO


   翌日

ハルヒ「やっぱりあんたが最後だったわね」


キョン「約束の時間の20分前に着いただろう」

ハルヒ「何よ、いまさら。最後の人がおごりって決まってるでしょう?」

キョン「(こいつに反論するだけ無駄なことはないな)」


ハルヒ「そろそろ行くわよ!・・っとその前に2組にわかれましょ!」


ハルヒ「グーとパーで決めましょ!同じ人がペアだから」


「じゃんけんポン!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 21:44:43.71 ID:vAOMjumnO


ハルヒ「じゃあ行くわよ有希!いいわね?」


長門「いい」


古泉「じゃあ僕たちも行きましょうか」


キョン「あぁ。(後で朝比奈さんとどこかへ行こう)」


みくる「待って下さ〜い!」


キョン「(そういえば長門が鞄持ってるなんて珍しいな)」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 21:51:25.93 ID:vAOMjumnO

ハルヒ「有希、どこか行きたい所ある?」


長門「ない」


ハルヒ「そう、じゃあ本屋に行きましょう」


長門「待って」 ガサゴソ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 21:54:20.84 ID:vAOMjumnO


長門「これ」


ハルヒ「何これ?」


長門「返す」


ハルヒ「いいわよ。その本,有希にあげたんだから。それより返すってことは読んだの?」


長門「読んだ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 21:57:00.97 ID:YE2EF9ul0

PCに戻る


長門「読んだ」


ハルヒ「どうだった?」


長門「・・・わからない」


ハルヒ「・・・・そう、いいんじゃない?少しずつわかるようになるわ」


長門「どうして・・・?」


ハルヒ「なに?」


長門「どうしてこんなことしてくれるかわからない」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 22:01:59.58 ID:YE2EF9ul0

ハルヒ「それは有希は大事な団員だし・・・」


ハルヒ「私は有希が好きだから」


長門「私は・・・」


ハルヒ「いいわよ。行きましょう!!」 タッ


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 22:03:47.16 ID:YE2EF9ul0

3時間後 喫茶店


キョン「どうだ?何かあったか?」


ハルヒ「ないわよ。変わったことなんて一つも!!」


キョン「そりゃそうd、うわっ!長門!?」


長門「来て」


キョン「わ、わかったセーターを引っ張るな伸びる!!」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 22:07:46.29 ID:YE2EF9ul0

キョン「で、何だ?」


長門「好き」


キョン「へ?」


長門「涼宮ハルヒに言われた」


キョン「あ、あぁ!そのことか!(心臓に悪いな)」


長門「どうすれば?」


キョン「どうするって・・・そうだな口で表しにくいなら物をプレゼントしてみたらどうだ?」

長門「プレゼント」

キョン「ああ、あいつだったら何貰っても喜ぶだろうさ」

長門「そう」 コクッ

長門「プレゼント」

キョン「ん?」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 22:09:21.69 ID:YE2EF9ul0

長門「選ぶの手伝って」


キョン「オレは別に構わないが、自分で選ばなくていいのか?」


長門「なぜ?」


キョン「長門の選んだものの方がハルヒも喜ぶだろうよ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 22:38:42.61 ID:vAOMjumnO

もしもしから
みんな保守ありがとう


キョン「さて、戻るか。ハルヒがうるさいだろうからな」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 22:40:20.61 ID:vAOMjumnO



一週間後



ガチャッ


ハルヒ「あれ?有希だけ?」


ハルヒ「バカキョンは掃除当番として、みくるちゃんと古泉君は?」


長門「・・・」 フルフル

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 22:43:53.25 ID:vAOMjumnO

ハルヒ「そ、まぁいいわ」

スッ

ハルヒ「ん?」

長門「これ」

ハルヒ「何これ?」

長門「プレゼント」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 22:47:12.74 ID:vAOMjumnO

ハルヒ「うそ!?有希が!?あたしに!?」

長門「そう」


ガサガサ

ハルヒ「本?有希らしいわね。ありがとう」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 22:51:54.08 ID:vAOMjumnO

長門「読んで」

ハルヒ「今?今読むの?」

長門「いつでも」

ハルヒ「じゃあ、家に帰ってから読むわね?いい?」

長門「いい」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 22:55:57.43 ID:vAOMjumnO

ハルヒ「それにしても有希、プレゼントなんていきなりどうしたの?」

長門「この前のお礼」

ハルヒ「この前?あ〜本のこと?」


長門「そう」


ハルヒ「貸した本って恋愛小説じゃない?それで前々から気になってたんだけど……」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 23:00:45.40 ID:vAOMjumnO



ハルヒ「有希ってさ、好きな人とかいないの?」

長門「…いない。私は人を愛することが出来ない」


ハルヒ「そっか(ん?人を?)この前貸した本で何か思う気持ち無かったの?」

長門「無い」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 23:04:00.76 ID:vAOMjumnO


ハルヒ「そう、まぁ恋は病気みたいなものだからね。突然なったりもするし、突然冷めたりもするしね」

長門「恋・・・」

長門「バグの原型」

ハルヒ「バグか・・・そんな感じね」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 23:07:36.81 ID:vAOMjumnO

ハルヒ「おかしくなっちゃう時があるみたいだし・・・あたしはないけど」

長門「貸して」

ハルヒ「何を?」

長門「さっきの」

ハルヒ「有希がくれたもの?」

長門「そう」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 23:10:04.37 ID:vAOMjumnO

ハルヒ「はい。急にどうしたの?」

長門「忘れていた」

ハルヒ「何を?」

長門「プレゼント」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 23:14:08.64 ID:vAOMjumnO

ハルヒ「? ってボールペンと紙で何してるの?」

長門「プレゼント」

ハルヒ「まぁいいわ」

コンコン

ハルヒ「どうぞ!!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 23:17:43.55 ID:vAOMjumnO

ガチャ

キョン「お前か・・・それに長門と」

ハルヒ「何よ。私と有希がいちゃマズいの!?」

キョン「別に構わん。おっ?長門、何してんだ」

長門「・・・」 サッ

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 23:20:33.29 ID:vAOMjumnO

キョン「そんな隠すことないだろ」

長門「・・・」 サッ

キョン「どれ」 サッ 「この」 サッ

ハルヒ「こらバカキョン!!有希が嫌がってるでしょ!!」

キョン「あぁ悪い つい夢中になってしまった。」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 23:25:13.69 ID:vAOMjumnO

ハルヒ「私じゃなくて有希に謝りなさい!!!」

キョン「すまん」

長門「いい」

ハルヒ「全く!!」

長門「これ」 スッ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 23:29:15.26 ID:vAOMjumnO


ハルヒ「できたの?ありがと!家に帰ってから見るわね」

長門「わかった」

キョン「(なんだ、そういうことかよ。良かったな長門)」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 23:33:43.22 ID:vAOMjumnO

数時間後 ハルヒ宅


ハルヒ「恋愛小説?これはあんまり有希らしく・・・? なんか落ちた?」


ハルヒ「紙?」

ハルヒ「・・・・・・ありがとうね有希」

I LOVE YOU
YUKI.N


〜end〜

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/18(水) 23:36:39.91 ID:vAOMjumnO

本当にお時間取らせて
すみませんでした

初のSSなんで
色々と間違いが…ww



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「ジオフロントの駅員さんになった」