シンジ(気づいたらアスカが爆乳になってた)


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョンキョンキョンキョンキョンキョンキョンキョンキョン」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 05:14:58.03 ID:Q4dXUF1D0

シンジ(元から大きかったけど、今あらためて見るとミサトさんより大きい)

シンジ(というか比じゃないよ)

シンジ(思い切って尋ねてみようと思う)





シンジ「アスカ ちょっと聞きたいことがあるんだけど」

アスカ「なによ?」バリバリ モグモグ ゴロゴロ

シンジ「胸・・・凄く大きくなったよね?」

アスカ「・・・・」スクッ

アスカ「このエロシンジ!」バキィ!

シンジ「ぐえっ!」ドタッ

シンジ「いたたた・・・ ご、ごめんアスカ ってもう居ないや」

シンジ「でも怒るようなことじゃないと思うんだけど」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/14(金) 05:19:05.19 ID:Q4dXUF1D0

ミサト「たっだいまー シンちゃーん」

シンジ「あ、お帰りなさい」

ミサト「ほっぺ赤いわよ? アスカと喧嘩でもしたの? ん〜仲良しね〜」

シンジ「はい 胸が大きくなった?って聞いたら・・・・」

ミサト「え?・・・ シンちゃんって意外とデリカシー無いのね・・・」

シンジ「どこがですか?」

ミサト「そんなの怒るに決まってるじゃないの」

シンジ「アスカはよく綾波に胸の大きさを自慢してましたよ」

ミサト「女心が分かってないわね〜」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/14(金) 05:23:16.37 ID:Q4dXUF1D0

ミサト「でも、アスカってそんな大きかったっけ? わたしの方が大きいでしょ〜?」ヨセッ

シンジ「いえアスカの方が大きいと思います」

ミサト「えぇ? じゃあちょっち確かめてきますか!」

シンジ「アスカまだ怒ってますよ?」

ミサト「問題ナッシングよー♪」



ミサト「アスカー 入るわよ?」ガラッ

アスカ「ちょっ・・・! ノックくらいしなさいよ!デリカシー無いわね!」ブルルルンッボイボイボインボインボインッ

ミサト「あ、ごめんごめん」

ミサト(で、でかい・・・! なにこれスイカじゃない なんで今まで気が付かなかったのかしら)

ミサト「シ、しんちゃんと喧嘩?」

アスカ「エロシンジのことなんてどうでもいいわよ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/14(金) 05:26:16.89 ID:Q4dXUF1D0

数日後



シンジ「ああああアスカっ もう云っちゃうよ!!!」

アスカ「私のデカパイでこすられて逝っちゃうんだ 変態」

シンジ「うわああああああああっ」dピュルルルルルr








                        完

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 05:38:34.11 ID:Q4dXUF1D0

誰か続き書いて

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/14(金) 07:04:54.16 ID:Q4dXUF1D0

ミサト「そう、でももうすぐ御飯よ? 早く仲直りしないさいね」

アスカ「お菓子食べたからいいわよ 用が無いなら出てってちょうだい」

ミサト「じゃああとでね」パタン



シンジ「どうでした?」

ミサト「でっけぇwww」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/14(金) 07:07:20.59 ID:Q4dXUF1D0

シンジ「でしょう? なんで今まで気が付かなかったんでしょうね」

ミサト「徐々に成長したからかしらねぇ・・・」

ミサト「あれって、プラグスーツ着たらどうなるのかしらね」

シンジ「プ、プラグスーツ・・・・」ゴクリ

シンジ「明日訓練しましょうよミサトさん」

ミサト「えぇ リツコに頼んでみるわ」ガチャ

ミサト「あーリツコ? 明日シンクロテストしようよー」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/14(金) 07:11:47.10 ID:Q4dXUF1D0

――――翌日

ミサト「もうすぐ来るわよアスカ」

シンジ「えぇ・・・ 待ちきれませんよ」

リツコ「どうしたの?アスカになにかあるの?」

ミサト「まぁ見ればわかるわ」

アスカ「―――ったく 今日はヒカリと買い物行く約束してたのに」ブツブツ

シンジ・ミサト(きたぁっ!)

アスカ「ねぇさっさと始めるわよっ!」ブルルルンッボイボイボインボインボインッ

シンジ「うわあああっ すっすっげーー!」

ミサト「こ、これはww」

リツコ「え?なに? なんなの? マヤ分かる?」

マヤ「さ、さあ いつものアスカちゃんですけど」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/14(金) 07:16:40.71 ID:Q4dXUF1D0

リツコ「ねぇ何に興奮してるの?」

ミサト「あなたたち気が付かないの? どうなってるのかしら・・・・」

シンジ「うわぁ これっやばいよ」

リツコ「もったいぶらずに教えなさいよ」

ミサト「胸を見てごらんなさいよ」

リツコ・マヤ「胸?   ・・・・!?」

マヤ「えっ!? あ、あれなんなんですか!?いつのまに!?」

アスカ「な、なによ!なんかついてるわけ?!」

シンジ「駄目だよアスカ! 前かがみになんてなったら!!!」

アスカ「はぁ?」ムチッパツッパツッ

シンジ「ああああ!!!ああああアスカああああ!!!!」ガバッ

アスカ「ぎゃあああっ!! このエロシンジなにすんのよ!!」ゲシッゲシッ

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/14(金) 07:20:43.83 ID:Q4dXUF1D0

――――――


リツコ「アスカ、あなた自分の胸の大きさに気が付いてる?」

アスカ「あ、 当たり前でしょ! 恥ずかしいったらありゃしないわよ!」

シンジ「んーーっ もがっっ んーーー」ジタバタ

ミサト「シンジ君の話によるとね、学校では誰もアスカのおっぱいに気づいてないらしいの」

アスカ「ええ? それどういうことよ」

ミサト「皆あなたの胸が急成長したことを知らないの 知らないというか 教えられるまで知覚できないらしいのよ」

ミサト「私もシンジ君に言われて初めて気が付いたわ」

シンジ「もがぁっ んんーーー!」

アスカ「うるさいわねエロシンジ!」ゲシッブルルルンッボイボイボインボインボインッ

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/14(金) 07:23:40.45 ID:Q4dXUF1D0

リツコ「ちょっと測ってみましょうか、マヤ」

マヤ「はい! じゃあアスカちゃん失礼して・・・」スルルッ

アスカ「ひゃうんっ!」ブルルルンッボイボイボインボインボインッ

マヤ「アンダーが・・・ふむふむ」

マヤ「で、ではトップを・・・」ゴクリ

ミサト・リツコ「ゴクリ」

アスカ「アハハちょっと! くすぐったいわね早くしてよ!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/14(金) 07:28:35.69 ID:Q4dXUF1D0

マヤ「トップ・・・トップ120!! パターン青! 木りんを凌駕しています!」

アスカ「そんなにあるの・・・ もういや・・・ 恥ずかしくて生きていけないわよぉ・・・」グスッ

リツコ「う、うーん 確かに大きすぎるわ」

ミサト「120って何カップなのよ一体」

シンジ「んん! んんんん!」

リツコ「シンジ君が何か言いたそうね」ビリッ

シンジ「プハーッ ちょっと実験してみませんか?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/14(金) 07:33:49.16 ID:Q4dXUF1D0

―――――

ミサト「アスカの爆乳は伝えられなければ知覚不可能」

ミサト「天然のステルス性を備えている」

ミサト「つまり、誰もアスカの胸に注目しなければ、アスカは爆乳を負い目に感じることも無い」

リツコ「私たちを除いてだけど」

ミサト「そう、しかし本当に知覚不可能なのか。それを日向君と青葉くんで試す」

ミサト「そういうことなのね シンジ君」

シンジ「はい 学校のみんなが気が付かないことでほぼ確定ですが」

シンジ「あのムッツリスケベならどうなるか・・・・」

シンジ「成功すれば この仮説は確固たるものとなります」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/14(金) 07:37:39.69 ID:Q4dXUF1D0

マヤ「アスカ、日向・青葉の両者に接近! アスカは予定通りプラグスーツ着用のままです!」

リツコ「さて、どうなるのか」




アスカ「お、お二人さんお仕事がんばってるー?」

日向「ああアスカちゃん あれ?今日はネルフに用事はないんじゃない?」

アスカ「あ、なんか急にシンクロテストやるって聞いたから来たのよ」

日向「へぇそうなんだ」

アスカ「そ、そうなの!」ピョン ブルルルンッボイボイボインボインボインッ

日向「・・・・?」

ミサト「全く気付いていない・・・」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 07:38:17.20 ID:Q4dXUF1D0

駄目歩です
何も思い浮かびません

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 11:27:02.18 ID:eUEtleSY0

アスカ「えいっ、このっ」ブルルンブルルン

青葉「アスカちゃん、なにをしてるんだい?」

アスカ「……だめね、あんたたち不能?」

青葉「ふ、不能ぉぅ!?」ギクゥ

日向「い、いやぁ、そんなことないよぉっ!!」

アスカ「……本当に何も感じないのね」ブルルンブルルン

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 11:31:49.76 ID:eUEtleSY0

日向「なにがって、何かあるのかい?」

青葉「もったいぶらずに教えてくれよ」

アスカ「胸よ、むーね」

日向「胸……ぁ、ぅうわぁぁあっっ!!」

青葉「ば、化け物おっぱいぃぃぃ!!!」

アスカ「失礼ねっ!!」バインバインバキィッ

ミサト「うわー、最早凶器ね」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 11:35:56.27 ID:eUEtleSY0

リツコ「なるほど、アスカ本人からの口頭伝達でも認識されると」

マヤ「現状、アスカの胸は認識されない限りは害はなさそうですね」

リツコ「本人以外はね……」


アスカ「あーーっもう!!おーもーいー!!」ブルンブルンバインバイン

シンジ「ちょっ、振り回さないでよアスカ!!いたっ、痛い痛い!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 11:43:49.97 ID:eUEtleSY0

アスカ「シンジ、これもってて」ボイン

シンジ「え……これ、おっぱいじゃないか!」

アスカ「そーよ、重いから持ってて」

シンジ「え、ええええっ、いや、あのアスカさん?」

アスカ「なによ」

シンジ「だってこれおっぱいだよ」

アスカ「そうよ、だったらなによ」

シンジ「健全な男子中学生の僕に健康的な女子中学生のアスカのおっぱいを持てと、しかもこんな爆乳 を」

アスカ「こんなのあたしのじゃないわよ」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 11:49:01.66 ID:eUEtleSY0

アスカ「シンジあたしのおっぱい思い出してみなさいよ」

シンジ「え、えーと……」ニヤッ

アスカ「思い出せるほどみてたのね……」

シンジ「うわぁ、酷いやアスカ……」

アスカ「で、今のあたしのこれ」ブルルンブルルン

シンジ「うん、爆乳だね」

アスカ「どっちがあたしのおっぱい?」

シンジ「いや、どっちもアスカのおっぱいじゃないか」

アスカ「あんた今までのあたしのおっぱいとこの爆乳が同じ価値だとでもいうわけ!?」

シンジ「え、いや……うーん、大きい方?」


ミサト「しんちゃんは大きい方が好みと」

マヤ「不潔です!」

レイ「……」ポンポン

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 11:53:19.93 ID:eUEtleSY0

アスカ「もういいわよっ、このおっぱい星人!」ブルン

シンジ「え、ちょっとアスカ!!」

レイ「碇くん、大きい方がいいのね」

シンジ「あ、綾波っ!」

レイ「……さよなら」

シンジ「そ、そんなぁ……」


リツコ「とにかくアスカの爆乳を戻す方法を考えましょう」

ミサト「そうね、このままじゃしんちゃん、おっぱい星人だものね」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 13:25:13.99 ID:eUEtleSY0

アスカ「なによバカシンジのやつ、こんな化け物みないなおっぱいの方がいいなんて、信じらんない」

レイ「……」

アスカ「なによ」

レイ「どうしたらそんな風になれるの?」

アスカ「は?」

レイ「それ」ブルルンブルルン

アスカ「あんたこんなのになりたいの?」

レイ「碇くんがその方がいいっていうなら」

アスカ「こんなの偽物よ」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 13:29:46.86 ID:eUEtleSY0

アスカ「なりたくてこんな爆乳になって
るわけじゃないわよ」

レイ「……そう」

アスカ「ほしけりゃくれてやるわよ、あげれるもんならね」

アスカ「あーあ、こんなあたしのじゃないおっぱいでシンジが気にするようになってよ嬉しくないわ、ちっ」

レイ「どうしたら嬉しいの?」

アスカ「あたしそのものを見てくれたらかな」

レイ「あなたそのもの?」

アスカ「そーよ」

レイ「そう」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 13:33:32.56 ID:eUEtleSY0

ミサト「ねぇリツコ、あのアスカの爆乳、普通じゃないんでしょ?」

リツコ「そうね、普通ではないわ」

ミサト「なんかわかったの?」

リツコ「普通の成長ではないということぐらいかしらね」

ミサト「……まさか、使徒?」

リツコ「まだなんとも言えないわ、とにかく様子を見ましょう」

リツコ「それにしてもうらやましいわ、あれだけあれば……」

ミサト「リツコさーん、何考えてるのー?」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 13:36:05.07 ID:eUEtleSY0

シンジ「アスカのでかぱい……」

シンジ「どんな感じなんだろう……」

シンジ「やっぱり柔らかいのかな……」

シンジ「……何考えてるんだ僕は」

シンジ「こんなこと考えてるからアスカだけでなく綾波にまでドン引きされて……」

シンジ「アスカの元のおっぱい……どんなのだったかな……」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 13:39:06.65 ID:eUEtleSY0

ミサト「たらいまー」

シンジ「あ、ミサトさんおかえりなさい」

ミサト「アスカは?」

シンジ「部屋にいますよ」

ミサト「ふむふむ、ちょっと入るわよー」

シンジ「ミサトどうしたんだろ、あ、早くご飯作らなきゃ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 13:42:17.36 ID:eUEtleSY0

ミサト「お邪魔するわよ」

アスカ「なによミサト、この珍しおっぱいでも揉みに来たの?」

ミサト「いいえ、わたしはしないわよ」

アスカ「わたしは……って」

ミサト「ちょっち考えたんだけどね、中のものを出しちゃえば戻るんじゃないかなーって」

アスカ「……どういうことよ」

ミサト「おっぱいよ」

アスカ「は?」

ミサト「おっぱいをちゅーちゅーしてもらうのよ」

アスカ「……はい?」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 13:49:03.13 ID:eUEtleSY0

ミサト「アスカのおっぱいがやばいって気づいたのしんちゃんでしょ?」

ミサト「だからしんちゃんに吸ってもらっておっぱい減らせば……ってね」

アスカ「何それ根拠は?」

ミサト「女の勘よ」

アスカ「絶対嫌よ」

アスカ「あいつには絶対にこれ、触らせないわ」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 14:05:47.58 ID:eUEtleSY0

ミサト「でもしんちゃんはアスカの爆乳おっぱい好きみたいよ?」

アスカ「あたしは嫌いよ、こんなの」

ミサト「おっぱい大きいと使い道は増えるわよ」

アスカ「使い道?」

ミサト「しんちゃんも満足させることもできるわよ、アスカの前のサイズじゃできないこととか、ね」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 14:10:33.26 ID:eUEtleSY0

ミサト「しんちゃん、お風呂わいたわよー、先に入ってらっしゃい」

シンジ「わかりましたー」ガラガラ

ミサト「……行ったわよ、アスカ」

アスカ「うー……なんかのせられてる気がするわ……」


シンジ「はぁ……なんか疲れたなあ」

シンジ「別に大きくてもいいじゃないか……なんであんなに怒るんだろう……」

アスカ「身も蓋もないからよ!」

シンジ「え、あ、アスカァッ!?」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 14:13:25.18 ID:eUEtleSY0

アスカ「胸が大きくなったからって、急にニヤニヤされても気持ち悪いのよ!」

シンジ「え、いや、それはわかったから!今僕が入ってるんだけど!!」

アスカ「うるさいわね、あたしも入るのよ!」

シンジ「え、えーーーーっ!!」

アスカ「なによ、あたしじゃ不満ってぇの?」

シンジ「……大変満足、です」

アスカ「だったらグダグダ言わないの」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 14:18:00.13 ID:eUEtleSY0

アスカ「二人で入るにはこれ邪魔ね」フニフニ

シンジ「あ、当たってるんだけど……」

アスカ「我慢しなさい、どうせ悪い気してないくせに」

シンジ「……うぅ」

アスカ「……元のより大きいと、できることが増えるんだって?」

シンジ「へ?」

アスカ「さっき疲れてるっていってたわよね、癒してあげるわよ?」

シンジ「えっ?」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 14:20:09.93 ID:eUEtleSY0

アスカ「立って」

シンジ「え、や、やだよ」

アスカ「いーから、立ちなさい」

シンジ「いやだってば!」

アスカ「ふーん、あんたあたしのはじろじろ見てくるのに自分のは見せないんだ」

シンジ「……ぐ、アスカから入ってきたんじゃないか、横暴だよ……もう」

アスカ「わかればいいのよ」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 14:24:56.77 ID:eUEtleSY0

アスカ「へー、割りと大きいじゃない……でもまだ薄いわね」

シンジ「いちいちそんなこと言わなくていいよ!」

アスカ「シンジがぼーぼーなんて想像できないけどね、んー、まだ半分?」

シンジ「し、しらないよ」

アスカ「ちゃんと大きくならないと挟めないじゃない」

シンジ「は、挟むの?」

アスカ「大きくなかったらできないでしょ?」

シンジ「う、うーん、そう……かな」

アスカ「はさんでほしいでしょ?」

シンジ「……はい」

アスカ「じゃあ早く大きくして」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 14:30:41.34 ID:eUEtleSY0

シンジ「自分でするの?」

アスカ「……勝手になるんじゃないの?」

シンジ「なるけどならないよ」

アスカ「どっちなのよもう、で、どうしたらいいの?」

シンジ「さ、さわる、とか」

アスカ「ふーん、さわればいいの?」サワサワ

シンジ「わっ!」

アスカ「ちょっと、びっくりさせないでよ、痛かったの?」

シンジ「き……」

アスカ「き?」

シンジ「気持ち……よかったです……」

アスカ「へぇーーっ」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 14:35:57.36 ID:eUEtleSY0

アスカ「こんなんで気持ちいいんだ」サワサワ

シンジ「ぁぁっ、うう……」ムクムク

アスカ「あ、大きくなってきた、これでやっと挟めるわね」ムニッ

シンジ「!?!?」

アスカ「あ、変な顔」グイッ

シンジ「あ……ちょっと、いたい……」

アスカ「え、なんでよ、気持ちいいんじゃないの?」

シンジ「アスカの肌すべすべだから引っ掛かって……」

アスカ「んー、このぱんぱんになってるところ?滑らせたらいいのかしら……そうだ、石鹸で」

シンジ(アスカのでかぱいが、泡まみれに……っ!)

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 15:03:06.46 ID:eUEtleSY0

アスカ「……どう?」ニュルニュル

シンジ「あ……ぅぁっ、ちょっ……」

アスカ「何よ、なんか言いなさいよ」

シンジ「まっ……あすぅ……ぁあっ!」

アスカ「え、なに?なんなのよっ!」

シンジ「で、でるっ!!」

アスカ「え、ちょっと、いやぁ!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 15:07:12.81 ID:eUEtleSY0

シンジ「はぁっ……はぁっ……ぁぅ」

アスカ「……え、なにこれ、え?もしかして、もう?」

シンジ「気持ちよすぎだよ……」

アスカ「え、そんなに?へ、へー、ふーん……」

アスカ「……えい」ギュッ

シンジ「ぁぁっぅ!」

アスカ「……これもいいのね」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 15:12:09.90 ID:eUEtleSY0

シンジ「も、もう……やめようよ、あすかぁ」

アスカ「なんでよ、楽しいじゃない」コシュコシュ

シンジ「ちょ……そこ、ぁぁっ!!」

アスカ「ふんふーん、ほーら、シンジ気持ちいいでしょ♪」

シンジ「ぁすっ……ぁぁっ!あすか、あすかぁっ!」

アスカ「イきそう?イきそうなのね、シンジ!」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 15:17:44.21 ID:eUEtleSY0

シンジ「ぁっ……あぁっ!で……るぅっ!」

アスカ「きゃぁぅ、あん、あっ……つぃ……」

シンジ「もう……ダメ……あすかぁ……もう……」

アスカ「……ふふ、爆乳も捨てたもんじゃないわね……」

アスカ「ね、あとでシンジの部屋にいってもいい?」

シンジ「……うん」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 15:22:28.54 ID:eUEtleSY0

アスカ「シンジ、入るわよ」

シンジ「う、うん……」

アスカ「シンジの部屋も久しぶりね、でも何も変わってない」

シンジ「かわったのはアスカだよ」

アスカ「これ?」ボイン

シンジ「うん……」

アスカ「ね、今度はシンジがしてよ」

シンジ「う、うん、頑張る……」

アスカ「じゃあ、キスからね」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 15:23:01.58 ID:eUEtleSY0

あとは各自補完でいいよね

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 16:38:04.76 ID:eUEtleSY0

なんで落ちてないんだよ

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 16:42:41.87 ID:eUEtleSY0

シンジ「い、いくよ……アスカ」

アスカ「ん……」

シンジ「…………んんっ、ぷは」

アスカ「まだまだね」

シンジ「初めてなんだから勘弁してよ」

アスカ「しょうがないわね、ほら目、閉じて」

シンジ「うん……っん」

アスカ「ん、んんーっ……ぷは、んむっ……ちゅるっ…………っ、はぁ」

シンジ「っ、はぁ……はぁ……」

アスカ「バカね、キスしながら息していいのに」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 16:46:57.40 ID:eUEtleSY0

アスカ「……あ、もう大きい、触ってないのに」

シンジ「アスカとキスしたから……かも」

アスカ「キスでもこうなるんだ、男の子って大変ね、外でキス出来ないじゃない」

シンジ「そもそもキスが初めてだよ……」

アスカ「シンジのファーストキス、奪っちゃった」

アスカ「でもあたしもファーストキス奪われちゃったわ」

シンジ「えっ……」

アスカ「もう、言わせないでよね、バカシンジ」

シンジ「勝手にいったくせに」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 16:50:32.80 ID:eUEtleSY0

アスカ「ねぇ、後ろに回って」

シンジ「後ろ?」

アスカ「後ろ、恥ずかしいから」

シンジ「さっきアスカはずっと見てたじゃないか」

アスカ「あんたはいいの、早くして」

シンジ「もう……はい、これでいい?」

アスカ「うん……そのまま、ぎゅって、して?」

シンジ「……こう?」ギュゥッ

アスカ「うん……そのまま、おっぱい触っていいわよ」

シンジ「!?」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 16:53:47.32 ID:eUEtleSY0

シンジ「いいの?」

アスカ「いちいち聞き直さないで」

シンジ「ご、ごめん……触るよ?」フニ

アスカ「……っ」

シンジ「凄く柔らかい……」

アスカ「ぁ、手つき……やらしぃ……」

シンジ「え、あ、ごごごめん!」

アスカ「なんで謝ってんのよ、いいから、そのまま……」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 16:59:11.12 ID:eUEtleSY0

シンジ「凄いや、両手でも収まらないよ」フニフニ

シンジ「女の子のってこんなに柔らかいんだね……なんだか楽しいや」

アスカ「ん……何よ、キスもまだ立ったくせに……ひゃ……」

シンジ「ん、ここ硬くなってきた……」ギュ

アスカ「んはぁぁっ!」

シンジ「もしかして、ここがいいの?」コリコリ

アスカ「いちいち聞かないでよ……バカシンジ……んんっ」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 17:03:23.18 ID:eUEtleSY0

シンジ「そうだ、反対も……」フニフニ ギュッ

アスカ「あぁっ!そこ、ダメぇ……」

シンジ「こっちの方が気持ち良さそうだよアスカ」

アスカ「顔、見えてないくせにいっ、なにいってんのよ……やぁっ」

シンジ「さっきと声が全然違うよアスカっ」

アスカ「あ、だめ、そんなに強く摘まんだら、あ、だめっ、しんじぃっ、だめぇぇぇっっ!!!」ブルブルブルッ ビクッビクッ

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 17:08:01.15 ID:eUEtleSY0

シンジ「あ、アスカ!?大丈夫っ?」

アスカ「はぁっ……はぁっ……大丈夫、よ……もう、バカシンジ」

シンジ「よくわからないけど、ごめん……」

アスカ「さっきから謝ってばっかりね」

シンジ「う、ごめ……あ」

アスカ「いいわよ、別に謝るようなことしてないわよ」

アスカ「それより、これで終わらせるなんて、ないわよね……?」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 17:11:32.07 ID:eUEtleSY0

シンジ「……いい?いくよ?」

アスカ「んっ……あ、そこじゃないっ」

シンジ「え、あれ、えっと……」

アスカ「もういいわよ、そこに仰向けになって」

シンジ「……ごめん」

アスカ「できないほうがシンジらしいわ」

シンジ「もう、酷いや」

アスカ「頑張ってうまくなんなさい、ほらいくわよ」ズブブブ

シンジ「ああっ」

アスカ「ん、んんんんっ!」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 17:16:00.81 ID:eUEtleSY0

アスカ「うっ……ぁあっっ!」

シンジ「え、アスカ?大丈夫なの?」

アスカ「いいからっ、動か……ないでっ……!」

シンジ「う、ん……」

アスカ「あっ、さらに大きく……もうっ……このっ!」ズリュッ

シンジ「あ、ああっっ、あすかぁっ!」

アスカ「んーーーーーー!!!!」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 17:17:06.81 ID:eUEtleSY0

アスカ「うっ……ぁあっっ!」

シンジ「え、アスカ?大丈夫なの?」

アスカ「いいからっ、動か……ないでっ……!」

シンジ「う、ん……」

アスカ「あっ、さらに大きく……もうっ……このっ!」ズリュッ

シンジ「あ、ああっっ、あすかぁっ!」

アスカ「んーーーーーー!!!!」

133 名前:なんか落ちてなくね?[] 投稿日:2012/12/14(金) 17:26:39.09 ID:eUEtleSY0

アスカ「はぁっ……はぁっ……はいっ、た?」

シンジ「うん、それより、血が……」

アスカ「初めてなのよ、それぐらいわかりなさいよね」

シンジ「……僕でよかったの?」

アスカ「……あんたじゃなきゃいやよ」

シンジ「そっか……へへ、ありがとうアスカ」

アスカ「あ、もう、笑わないでっ、動いて痛いの」

シンジ「ごめん、じゃあこのまま……」

アスカ「もうちょっとだけ待って……そうしたら、動いていいから」

シンジ「うん、わかった」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 17:47:27.22 ID:eUEtleSY0

アスカ「……ん、もういいかしら」

シンジ「えっと、どうやって動いたらいいの?」

アスカ「下から、ぐいって」

シンジ「こ、こう?」グッ

アスカ「あんっ!ちょっと、強い……」

シンジ「え、じゃあ……こんなかんじ?」ズズ

アスカ「ん……そう、そんな感じ……」

シンジ「ふぅ……ううっ……」

アスカ「あっ……んんっ……」

シンジ「動くたびにアスカのおっぱいが揺れてる……」

アスカ「やぁっ、見ないでよぉっ」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 17:51:42.26 ID:eUEtleSY0

アスカ「あっ…あっ……いいっ、んんっ!」

アスカ「もっとぉ……ああんっ!いいの、しんじぃ!いっぱいうごいてぇ!」

シンジ「あすかっ、あぁっ、あすか、あすかっっ、もう……」

アスカ「いいよっ、しんじぃっ!あぁ、やぁっ、もう……っ」

シンジ「あすかっ、いくよ……っ!」

アスカ「しんじぃっ、きてっ、あぁっ!あっ、あっ……」

シンジ「あぁっ!!」

アスカ「ーーーーーーーーっ!!!!」

140 名前:ちまちま鯖に寝られるけどな、すまん[] 投稿日:2012/12/14(金) 17:55:19.01 ID:eUEtleSY0

アスカ「はぁっ……はぁっ……、なかが……あっつい……」

シンジ「ごめん、中に出しちゃった……」

アスカ「いいわよ、シンジのだったら」

シンジ「うん……」

アスカ「……ね、キスして、ぎゅってして」

シンジ「うん……」

アスカ「……んんっ、ね、シンジ」

アスカ「好きよ」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 18:00:10.68 ID:eUEtleSY0

ーーしばらくして

シンジ「あれ、アスカ、その胸……」

アスカ「なんか戻っちゃったみたい、あーあ、結構好きになってきたのになぁ」

シンジ「あれ、アスカそのお腹」

アスカ「気付いたら、ね」

シンジ「え、ええっ、あ、あの……」

アスカ「しっかりしてよ、パパ」


適当に終われ




ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ミサト「アスカとシンちゃんを全力でくっつけてみた」