キョン「目が覚めたら陰茎がハルヒになっていた」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:安価でハルヒのSS書く

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:19:44.46 ID:ojT1Z37e0

ハルヒ(陰茎)「バカキョン! もう朝よ!」

キョン「これは……」

ハルヒ(陰茎)「こんなギンギンのおっ勃てて……バッカじゃないの?」

キョン「陰茎にバカにされた……」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:22:27.26 ID:ojT1Z37e0

 ガチャ

妹「キョンくんおはよ〜」

ハルヒ(陰茎)「あら妹ちゃんおは」

 ガバッ

キョン「お、おはようっ。すぐ支度するから出てってくれ」

妹「今、ハルにゃんの声が聞こえた気がする〜」

キョン「いつもの幻聴だろ? 薬もほどほどにしておけよ」

 バタン

キョン「っと……さて、どうするか」

ハルヒ(陰茎)「ちょっと無理やりパンツに押し込まないでよ! 朝立ちでこうなってるんだから! 折れたらどうするのよ!」

キョン「……とにかく、古泉に相談だな」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:29:30.67 ID:ojT1Z37e0

キョン(登校時には古泉に会えなかったか……)

ハルヒ(陰茎)「キョン! 苦しい!」

キョン「勘弁してくれ。授業中なんだからあまり喋らないでくれよ」ボソボソ

ハルヒ「……あんた、なにぼそぼそ呟いてるの?」

キョン「いや、ハルヒにだな、じゃなくって、ちょっと考え事をしててだな」

ハルヒ「ふん。変なの」

キョン(ハルヒ本人は普通に存在している……機嫌悪いけど)
    (となるとハルヒ(陰茎)は本人自身ではないんだろうな)

 モゾモゾ ジーッ ヌパッ

ハルヒ(陰茎)「うわー、キョンの股間からの景色ってこういう風に見えるのね」ボソボソ

キョン「出てくるなよ」ボソボソ

ハルヒ(陰茎)「だって窮屈なんだもん」ボソボソ

教師「何ををごそごそしとる! ○○!」

キョン「す、すみません……」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:34:29.41 ID:ojT1Z37e0

キョン「休み時間! 古泉のところへダッシュだ!」

ハルヒ「ねえキョン……っていないし! キィーーーッ!」


キョン「古泉! 話がある!」

古泉「奇遇ですね。僕もお話したい事があるんですよ」

キョン「何ぃ?」

古泉「ここでは何ですから……トイレにでも行きませんか?」


古泉のクラスメート「古泉、今日は少し変だよな」

古泉のクラスメート「笑い顔が歪んでたぜ?」

古泉のクラスメート「あんな奇天烈なグループにいるからおかしくなっちまったのかな」

古泉のクラスメート「ありえるな」

 ドッ アハハハハハハハ


キョン「……何かすまんな」

古泉「いえ、いつもの事です」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:42:23.68 ID:ojT1Z37e0

キョン「ここのトイレなら人目につかないだろうな」

古泉「そうですね。……お話とは、もしや陰茎の事でしょうか?」

キョン「よく分かったな。実はこういう状態だ」

 ジーッ ポロン

ハルヒ(陰茎)「お、古泉君おはよー!」

古泉「おはようございます。涼宮さん(陰茎)」

キョン「あまり驚いてないな」

古泉「実は僕のほうも」

 ジーッ ポロン

みくる(陰茎)「はわ……苦しかったです」

古泉「ご苦労をかけて申し訳ありませんね」

キョン「朝比奈さん(陰茎)!?」

ハルヒ(陰茎)「みくるちゃん(陰茎)! こんな立場で会えるなんて奇遇ね!」

みくる(陰茎)「涼宮さんもお元気そうで……えへへ」

キョン「一体どういうことなんだ?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:51:05.91 ID:ojT1Z37e0

古泉「朝、確かめてみたところ、朝比奈さん本人の存在は確認できました」

キョン「ハルヒも普通にいたな」

古泉「どうして僕らの陰茎が、彼女たちの姿になったのか……原因を突き止めねばなりません」

キョン「というかこのままではお婿にいけない」

ハルヒ(陰茎)「みくるちゃん(陰茎)捕まえたっ!」

みくる(陰茎)「ひええ〜涼宮さん(陰茎)、やめて下さい〜!」

ハルヒ(陰茎)「一日に一回はみくるちゃん(陰茎)の胸を揉まなくちゃね〜」

キョン「おいっ! ハルヒ(陰茎)やめろ!」

古泉「こっ、これは……!」

みくる(陰茎)「やあん! そんなとこ、ダメですっ、涼宮さん(陰茎)!」

ハルヒ(陰茎)「ほぅれほぅれ、口ではそんな事を言っていても身体は正直よね〜」

古泉「ちょっと、もう……あひぃぃん!」

キョン「朝比奈さん(陰茎)が口から白いのを吐いた」

古泉「ふう、ふう……」

みくる(陰茎)「……」グッタリ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:56:45.16 ID:ojT1Z37e0

ハルヒ(陰茎)「……キョン、あたしも吐きそう……」

キョン「バカっ! 朝比奈さん(陰茎)に触りすぎるからだ!」

ハルヒ(陰茎)「ごぼっ……ごぼぼんぼぼっ!」

キョン「うひぃぃぃぃん!」

ハルヒ(陰茎)「……」グッタリ

キョン「……」

古泉「……これって冷静に考えると兜合わせになるんでしょうかね?」

キョン「言うな」

古泉「……朝比奈さん(陰茎)、口を拭きますよ」

キョン「ハルヒ(陰茎)、口を拭くからな」

ハルヒ(陰茎)「何か、すっきりした!」

みくる(陰茎)「わたしもです!」

キョン「もう、しないでくれよ頼むから」

古泉「僕は一向に構いませんが」

キョン「お前の陰茎が朝比奈さんじゃなかったら捻り切っているところだ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:03:18.99 ID:ojT1Z37e0

古泉「しかし、この件はどうしたら解決するのでしょうか?」

ハルヒ(陰茎)「あたしはこのままでも構わないわよ」

みくる(陰茎)「そういうわけにもいきませんよ」

キョン「困った時は……長門頼みか」

古泉「そうですね。一度、団室に行ってみましょう」


 コンコン

『……開いている』

キョン「ありがたい、いるようだ」

 ギィ

キョン「よう、長門。相談があるんだが」

長門「恐らく来ると思っていた。……これの事と思われる」

 ポロン

長門(陰茎)「貴方たちの陰茎が、見知った他人の姿になった……違う?」

キョン「いや、そうだけど……」
    「何で長門に長門(陰茎)がついてるのか全力で突っ込みたい」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:11:07.14 ID:ojT1Z37e0

長門(陰茎)「事の始めは思念体からの命令だった」

長門「人間の、身体の一部に、脳とは別の思考能力を持たせるという実験」

長門(陰茎)「どの部分に思考能力を持たせるかは、私の独断で決めた」

長門「そして、この個体にも同じ経験をさせる事にした」

長門(陰茎)「この個体には陰茎が存在しなかったため、一時的に作成」

長門「そして現在に至る」

古泉「本人か陰茎か、せめてどっちが喋るのか決めてくださいよ!」

キョン「見れば見るほどシュールだぜ……」

ハルヒ(陰茎)「おーい! 有希ー!」

みくる(陰茎)「長門さん!」

長門(陰茎)「同じ立場になって親近感アップ」

キョン「ちょっと、三人(陰茎)で抱き合わないで!」

古泉「感触が、感触が、ああ!」

長門「……こ、これは……!」

 ドッピルピルピルドッビューーンッ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:18:05.19 ID:ojT1Z37e0

長門「……この虚脱感は、何?」

キョン「賢者タイムってやつだ……」

古泉「また、人間の可能性を長門さんは知ってしまったのですね」

キョン「……というか床を掃除しよう」

古泉「はい……」

長門「彼女たちの吐いた、この液体は何?」

キョン「……長門には、まだ早い」


古泉「ふう。掃除も終わりましたし、そろそろこの現象の解除をお願いできませんかね?」

キョン「長門。俺からも頼む」

長門(陰茎)「今すぐには無理」

キョン「そっちが返事するの?」

長門(陰茎)「一週間。情報を集め終わるまでの期限が一週間。それまでは私(陰茎)も私(本体)も、どうすることもできない」

キョン「ちくしょう……思念体め、俺たちを良い様に玩びやがって!」

古泉「まあまあ。一週間経てば元に戻るんですから」

長門(陰茎)「その通り。我慢してほしい」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:24:47.95 ID:ojT1Z37e0

―二日目―

ハルヒ(陰茎)「あっ、鶴屋さんだ! おーい鶴屋さーん!」

キョン「こら黙れ!」

鶴屋「キョン君、どうかしたかい?」

キョン「いえ、あの……良い天気ですね」

鶴屋「土砂降りの雨だけど?」

ハルヒ(陰茎)「キョンは嘘が下手よねー」

鶴屋「ん? ハルにゃんの声が聞こえたような……」

キョン「いいいっ、いつもの幻聴ですよっ! 薬は控えめにしたほうがいいですよ! では!」


鶴屋「くんくん……ハルにゃんの匂いが、かすかにするね」
   「これは薬のせいじゃないね」
   「事件の予感がするよ?」

みくる「鶴屋さん、あの……」

鶴屋「おっ、みくる何だい?」

みくる「今日のランジェリーショップへのお買い物、行けなくなっちゃいました。ごめんなさい」

鶴屋「何、またの機会に行けばいいっさ!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:29:51.75 ID:ojT1Z37e0

―三日目―

森「古泉、反応が遅い! 神人の動きをよく読め!」

古泉「は、はい!」

みくる(陰茎)「す、すみません! わたしが股間を引っ張っちゃって……」

古泉「大丈夫です、僕が未熟なだけですよ」ニコ

みくる(陰茎)「……古泉くん」

森「古泉! 股間に話しかけてどうする!」

古泉「は、はいっ! 森さん、後ろ!」

 ドガーン

森「……忠告した私が庇われるとはな。古泉の怪我は?」

古泉「股間を少し強打しただけです」

森「大事な部分だ。気をつけなさい、ね?」

古泉「……はい」

みくる(陰茎)「……」キュウ

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:35:10.13 ID:ojT1Z37e0

―四日目―

キョン「さあて、風呂に入るか」

ハルヒ(陰茎)「またあたしを揉みくちゃにするのね! すけべ!」

キョン「あのな……」

妹「キョンくん一緒にお風呂入ろー!」

ハルヒ(陰茎)「あら、妹ちゃんと一緒なら安全ね」

キョン「安全どころか家庭の危機だ! 病院に連れてかれたらどうする!?」

ハルヒ(陰茎)「振り返ると良い思い出になるかもよ?」

キョン「そんなはずあるか! ……って」

妹「キョンくんのおちんちんにハルにゃんが、ハルにゃんがキョンくんのおちんちんに……」

 バタリ

キョン「妹ー! 妹ー!」

ハルヒ(陰茎)「119番に電話するわ!」

キョン「お前はするな! ややこしいから!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:41:08.55 ID:ojT1Z37e0

―五日目―

キョン「……大変な騒ぎだよ」

古泉「しかし、あと二日の辛抱ですし」

ハルヒ(陰茎)「……あと二日、か」

みくる(陰茎)「少し、寂しいですね」

長門(陰茎)「しかし、思念体の決定は覆せない」

キョン「ま、あと二日もあると考えれば……、鬱になってきた……」

古泉「こんな体験は滅多に出来ませんし、後の笑い話になりますよ」

キョン「……笑えるかな、俺」

長門(陰茎)「大丈夫。貴方たちなら乗り越えられる。そう信じて、私は貴方たちの陰茎をいじった」

キョン「長門(陰茎)……」

古泉「長門さん(陰茎)……」

長門(喋らなくて済むのは、すごく楽。……一週間は短すぎた)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:47:30.88 ID:ojT1Z37e0

―六日目―

鶴屋「や! 古泉くん!」

古泉「おや鶴屋さん」

鶴屋「最近、おかしな事はないかい? 主にキョン君絡みで」

古泉(この人は感が鋭いですからね……)
   「どうも、彼はインキンで股間が痒いそうですよ?」

鶴屋「ほほう……インキン、ねえ」

古泉「おっと、僕が言ったと言わないで下さいね。怒られてしまいますから」

鶴屋「お姉さんは、分かってるよ。うんうん」

古泉「では、失礼します」(ツルヤサンニアイサツシタイデス〜 カンベンシテクダサイ)


鶴屋「……ふぅむ」
   「何となく、おかしいね」
   「ハルにゃんも機嫌が悪いし、みくるの様子も変」
   「あの二人の股間に何かあると見た」キュピーン

長門「……」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:51:17.32 ID:ojT1Z37e0

―七日目―

キョン「今日でハルヒ(陰茎)ともお別れか」

古泉「朝比奈さん(陰茎)も、短い間でしたが……」

ハルヒ(陰茎)「し、湿っぽいのはよしましょ!」

みくる(陰茎)「そ、そうですねぇ」ボロボロ

長門「……」

 コンコン

キョン「誰だ?」

古泉「今の状態を見られるのは……まずいですよ」

長門「開いている」

キョン「長門!?」

古泉「長門さん!?」

 ギィ

鶴屋「お邪魔するよ! ……って何してンのさ!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:59:38.31 ID:ojT1Z37e0

キョン「そ、そのこれは……」

古泉「色々と事情がありまして、その」

長門「そう。彼らは私に、インキンの治療法を指導してほしいと頼んできた」

鶴屋「ほえ?」

長門「私の知識に、その方法が存在し、その結果、彼らの陰茎は綺麗に完治した」

キョン(……ハルヒ(陰茎)が消えている)

古泉(長門さんは、タイムリミットを分かってたんですね……)

鶴屋「……でも、女の子にそんな部分を見せるのは感心しないねぇ」

長門「それは違う。私が見せるように頼んだ」
   「治療者であるわたしは、病気を治す以外の別の感情を持ってはいない」
   「彼らも最初は躊躇った。しかし、私の意志で見せてほしいと頼んだ」
   「……問題、ある?」

鶴屋「……いや。鶴屋さんの思い過ごしだったみたいだねぇ。悪かったよ、じゃねー!」

 バタン

キョン「長門、お前……」

長門「彼女は感づき始めていた。しかし、ちょうど陰茎は元に戻る時間だった……」
   「これで、全て、解決」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/27(金) 03:07:59.97 ID:ojT1Z37e0

― 一週間前 ―

ハルヒ「みくるちゃん。ちょっと話があるんだけど。これ、見てくれる?」

 ヌギヌギ ペロン

キョン(女陰)「朝比奈さん、こんにちは!」

みくる「す、涼宮さんもですか!」

 ヌギヌギ ペロン

古泉(女陰)「やあ。これはどうも」

ハルヒ「……これ、なんなのかしら? 人面瘡ってやつ?」

みくる「分かりませんけど……誰にも相談できませんよね……」

ハルヒ「そうよね……」

キョン(女陰)「ハルヒ。元気出せよ」

ハルヒ「うるさい!」

古泉(女陰)「まあまあ涼宮さん」

 一週間後、キョン(女陰)・古泉(女陰)は消えた。

 〜終了〜

46 名前:南部十四朗 ◆pTqMLhEhmY [sage] 投稿日:2010/08/27(金) 03:08:41.86 ID:ojT1Z37e0

陰茎陰茎、書きすぎました。
見てくださった方、お疲れ様でした。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハリー「スリザリンはいやだ……」組分け帽子「えー、どうしよっかなー」