アスカ「ハンバーグ」シンジ「ぐらい自分で作れ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:オーキド「そこに3つの蒟蒻畑があるじゃろ?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 02:17:19.95 ID:hg3PSG9z0

アスカ「れ・・・れ・・・冷凍庫」

シンジ「氷ぐらい自分で用意しろ」

アスカ「ろ・・・ろ・・・?うーん・・・ろ・・・」

アスカ「ろくでなし」

シンジ「死ね」

アスカ「ね・・・?ねずみ!!」

シンジ「みたいだなお前」

アスカ「え・・・え・・・えっち!」

シンジ「近寄らないでよ」

アスカ「よ・・・よ?・・・予習」

シンジ「うざい」

アスカ「だぁあああああ!!何なのよさっきからアンタ!!」

アスカ「いちいち腹立つわね!バカシンジの癖に!!」

シンジ「アスカが僕の勉強邪魔するからだろ?」

アスカ「暇なのよ!!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 02:24:39.99 ID:hg3PSG9z0

シンジ「暇だったらいきなりしりとり仕掛けて来て良いの?」

アスカ「いいの!!私が暇になったら、アンタは私を楽しませる義務があるのよ!!」

シンジ「そんな法律聞いた事ないよ・・・」

アスカ「今私が作ったの!!新たに葛城家のルールに加えておくわ!!」

シンジ「はいはい、勉強の邪魔になるから・・・しっしっ!!」

アスカ「〜〜〜〜!!!!!」

アスカ「たーいーくーつーぅううう!!!!」

シンジ「子供か」

アスカ「子供よ!!まだ中学生だもの!!ホントにバカね!!」

シンジ「はぁ・・・クラスの誰かと遊びにでも行ったら?」

アスカ「ヒカリは今日両親と出かけるって言ってたのよ!」

シンジ「あ、そう・・・」

アスカ「だから今日はアンタで暇つぶししてあげる事にしたのよ!!光栄に思いなさい!!バカシンジ!!」

シンジ「ありがとうございまーす・・・しっしっ」

アスカ「ぐぅうう・・・」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 02:30:46.82 ID:hg3PSG9z0

シンジ「素直に遊んで欲しいとか言えない訳?」

アスカ「なんで私がアンタにお願いしなきゃいけない訳?」

シンジ「うん、さっさと出て行け」

アスカ「何よそれ!!アンタ、いつから私にそんな態度取れるようになったんだっつーのー!!」

シンジ「今日、今、この瞬間心決まった」

アスカ「フン!もう知らない!!アンタがお願いしたって遊んであげないんだからね!!」

シンジ「いいよー・・・トウジとかケンスケと遊ぶし」

アスカ「バーカ!!バーカ!!このバカシンジ!!」

シンジ「はぁ・・・やっと行った・・・」

シンジ(素直に遊んで欲しいって言えば吝かでもないのに・・・)

アスカ(何よ!今日のシンジは生意気ね!!)

アスカ「ペンペーン!!遊びましょー?」

シンジ(結局ペンペンかよ・・・)

シンジ(最初からそうしろよ・・・)

ペンペン「クエー!!クエー!!」(うわっ!うぜーのが来た!!)

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 02:38:34.75 ID:hg3PSG9z0

アスカ「ほーらペンペーン?」

ペンペン「クワー?」(何だよ?)

アスカ「アンタの大好きなアスカ様が来てあげたわよ!」

ペンペン「くわー!」(帰れ!)

アスカ「おっ!どこぞのバカと違って、アンタは喜んでくれるか!良い子ね!!」うんうん

ペンペン「クワー?くわっ・・・」(頭沸いてんのか?このカス・・・)

アスカ「あら・・・?ペンペンその首についてるの何?」

アスカ「何か緑に光ってるけど・・・センサー?」

アスカ「プラグスーツの生命維持装置に似てるわね・・・?」

ペンペン「クワ!!」(じろじろ見んな!!)

アスカ「ふーん・・・ま、いいわ・・・アンタも毎日退屈そうね?」

ペンペン「クワ!!」(てめーと一緒にすんなよ!!)

アスカ「私はアンタと違って、毎日大忙しだけど・・・」

アスカ「今日は特別に相手してあげるわ!!喜びなさい!!」

ペンペン「ハァ?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 02:47:33.46 ID:hg3PSG9z0

ネルフ本部

マヤ「監視システム、MAGIとリンク・・・オールグリーン」

青葉「音声システム、正常!!」

日向「主モニター及びサブモニターの動作誤差、コンマ1・・・良好です!!」

リツコ「新しいギミックはどう?マヤ?」

マヤ「鳥類専用言語翻訳装置の事ですか?」

リツコ「そうよ」

ミサト「昨日のうちにちゃんとペンペンにつけておいたわー」

マヤ「まだMAGIとリンクさせていませんから・・・」

リツコ「そう・・・理論上は完璧なはずよ」

マヤ「リンク、開始させます・・・同期開始・・・」

マヤ「鳥類専用言語翻訳装置、起動!」

冬月「はじまったな・・・」

ゲンドウ「あぁ・・・」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 02:54:55.18 ID:hg3PSG9z0

日向「鳥類専用言語翻訳装置・・・なんの為に?」

青葉「さぁ?司令の趣味か、葛城さんがお願いしたんだろう?」

ミサト「私は頼んでないわ〜」

リツコ「司令からのたっての希望なのよ・・・」

ゲンドウ「・・・」

ミサト(意味がわからないわ)

冬月「しりとりか・・・」

ゲンドウ「あぁ・・・」

冬月「しりとりは本来名詞で行うのではないのか?」

リツコ「あら副司令、そのようなルールを明記したものはありません事よ?」

冬月「そうか・・・しかし碇、いささか口が悪過ぎやしないか?お前の息子は・・・」

ゲンドウ「私の息子だ・・・当然だ」

冬月「それもそうだな」

ミサト「普段のシンちゃんじゃ考えられない毒を吐いてるわ」

マヤ「あのアスカ相手に・・・」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 02:59:29.60 ID:hg3PSG9z0

リツコ「アスカもお人好しね、あれだけ言われて律儀にしりとりで返しているわ」

『シンジ「死ね」』

マヤ「酷過ぎます」

ミサト「アスカが可哀想・・・」

青葉「言いますね」

日向「何かアスカに恨みでもあるのか・・・?」

『シンジ「うざい」
アスカ「だぁあああああ!!何なのよさっきからアンタ!!」』

日向「流石にキレた」

青葉「まぁ・・・ねぇ・・・」

マヤ「当然です!シンジ君、酷過ぎます!」

リツコ「良く耐えた方ね」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 03:03:54.41 ID:hg3PSG9z0

『シンジ「アスカが僕の勉強邪魔するからだろ?」』

日向「あ・・・それでか」

青葉「納得」

リツコ「自業自得ね、アスカ」

『アスカ「暇なのよ!!」』

ミサト「うわぁ・・・」

マヤ「シンジ君、あなたは正しかったわ」

『シンジ「暇だったらいきなりしりとり仕掛けて来て良いの?」
アスカ「いいの!!私が暇になったら、アンタは私を楽しませる義務があるのよ!!」』

青葉「どんな義務ですかね?」

日向「さぁ?」

『シンジ「そんな法律聞いた事ないよ・・・」』

マヤ「ですよねー」

ミサト「ですよねー」

青葉「ですよねー」

ゲンドウ「ですよねー」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 03:08:28.30 ID:hg3PSG9z0

『アスカ「今私が作ったの!!新たに葛城家のルールに加えておくわ!!」』

ミサト「うん、却下」

『シンジ「はいはい、勉強の邪魔になるから・・・しっしっ!!」』

冬月「口は悪いが勤勉だな」

ゲンドウ「あぁ・・・」

冬月「親バカだな」

ゲンドウ「・・・」

『アスカ「たーいーくーつーぅううう!!!!」』

青葉「これはウザい」

日向「どつきたくなりますね」

ミサト「あちゃあー・・・」

冬月「無様だな」

ゲンドウ「あぁ・・・」

『シンジ「はぁ・・・クラスの誰かと遊びにでも行ったら?」』

青葉「追い払おうとしてますね」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 03:13:33.29 ID:hg3PSG9z0

『アスカ「ヒカリは今日両親と出かけるって言ってたのよ!」』

日向「シンジ君!残念!!」

マヤ「アスカ・・・友達少ないんですかね?」

リツコ「マヤ、友達になってあげたら?」

マヤ「遠慮しときます」

リツコ「それが彼女に対する世間の評価ね」

冬月「ボロカスだな」

ミサト「ちょっと・・・あれでアスカも良い所あるのよ!」

リツコ「例えば・・・?」

ミサト「えっ!?」

ミサト「・・・えーと・・・その・・・」

リツコ「それが彼女に対する世間の評価ね」

ミサト「でへっ」

青葉「不憫になって来ました」

リツコ「それが彼女に対する世間の評価ね」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 03:23:13.76 ID:hg3PSG9z0

『アスカ「だから今日はアンタで暇つぶししてあげる事にしたのよ!!光栄に思いなさい!!バカシンジ!!」』

日向「うわぁ・・・」

マヤ「これも酷い」

青葉「邪魔以外の何者でもないですね・・・」

『シンジ「ありがとうございまーす・・・しっしっ」』

リツコ「扱いに慣れてるわね」

ミサト「伊達に一つ屋根の下で暮らしてないわー」

青葉「シンジ君のシンクロ率、常時140%も頷けますね」

日向「アスカと毎日暮らす事でATフィールドが強化されているんですかね?」

マヤ「MAGIに検証させます」

リツコ「どう?マヤ」

マヤ「出ました!MAGIの判断では否定2、条件付き肯定が1です」

リツコ「条件付きが気になるわね・・・」

リツコ(このままではサードインパクトは起き辛い・・・司令、どうするおつもりですか・・・?)

ゲンドウ「・・・」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 03:30:21.89 ID:hg3PSG9z0

ミサト「シンちゃんもアスカがもう少し素直になれれば魅力を感じるんでしょうけど・・・」

『シンジ「素直に遊んで欲しいとか言えない訳?」
アスカ「なんで私がアンタにお願いしなきゃいけない訳?」』

ミサト「あれじゃあねー・・・」

『シンジ「うん、さっさと出て行け」』

青葉「シンクロ率、150%に上昇!」

冬月「最強の拒絶タイプだな・・・」

ゲンドウ「あぁ・・・」

『アスカ「フン!もう知らない!!アンタがお願いしたって遊んであげないんだからね!!」』

青葉「逆ギレみたいなモンですよコレ」

『アスカ「バーカ!!バーカ!!このバカシンジ!!」』

日向「うっぜぇ」

青葉「ガキか」

ミサト「あの子達二人だといつもこうなのかしら・・・?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 03:37:54.77 ID:hg3PSG9z0

マヤ「待って下さい!アスカ、移動!!」

リツコ「フフフ・・・」

リツコ「ついに来るわね・・・」

リツコ「ネルフの技術力の全てを注ぎ込んだ・・・」

リツコ「黒猫印のスーパーメカニック・・・」

リツコ「司令・・・いよいよ出番ですわ!」

ゲンドウ「赤木博士・・・期待しているぞ」

リツコ「期待に応えてみせますわ!マヤ!?」

マヤ「はい!正常に動作しています!!」

青葉「ペンペン、会敵!!」

『アスカ「ペンペーン!!遊びましょー?」』

『ペンペン「うわっ!うぜーのが来た!!」』

ミサト「ペンペン・・・」

青葉「鳥が・・・」

リツコ「喋った!!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 03:46:42.55 ID:hg3PSG9z0

マヤ「でも、大丈夫なんですか?ペンペンの声が翻訳されて聞こえているなら・・・アスカに・・・」

リツコ「問題ないわ、これは司令室のみでしか音声化されていないもの」

リツコ「あの装置自体のスピーカー機能は遠隔でOFFにしているわ」

リツコ「その証拠に・・・」

『ペンペン「帰れ!」
アスカ「おっ!どこぞのバカと違って、アンタは喜んでくれるか!良い子ね!!」うんうん』

リツコ「ね?」

マヤ「酷い」

日向「勘違いも甚だしいですね」

青葉「ざまぁ」

『ペンペン「頭沸いてんのか?このカス・・・」』

ミサト「私、ペンペンを見る目が変わってしまいそう・・・」

リツコ「安心しなさい、ミサト」

リツコ「この監視が終わったら装置側のスピーカーを常時ONにして会話が出来るようにしてあげるわ」

ミサト「それはそれで怖い気がするわね・・・」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 03:57:40.34 ID:hg3PSG9z0

『アスカ「今日は特別に相手してあげるわ!!喜びなさい!!」
ペンペン「ハァ?」』

青葉「・・・今のは?」

日向「あれも翻訳した音声・・・?」

マヤ「ではないですね、翻訳したものは合成音声ですから」

リツコ「アレは生の声ね」

ミサト「偶然かしら」

リツコ「基本的には全ての発言が翻訳されるはずなのだけれど・・・」

リツコ「周波数サンプルが足りないのかしら?」

リツコ「まだまだ改善の余地がありそうね・・・MAGIでデータ、取っておくわ」

ゲンドウ「赤木博士・・・」

リツコ「はい」

ゲンドウ「グッジョブ!」

冬月「ご満悦だな」

ゲンドウ「あぁ・・・」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 04:05:37.44 ID:hg3PSG9z0

アスカ「あれ?アンタ、今喋った?」

ペンペン「くわー?」

アスカ「気のせいか・・・」

ペンペン「クワ!!クワっ!!」

アスカ「何よ?さてはお腹空いたのね!?」

ペンペン「くーわー!!くわっ!くわくわくわ!!」

アスカ「ハァ?何言ってるのかわかんないわよ・・・アホペンギン・・・」

ペンペン「クワっ!!クワー!!クワっっ!!」

アスカ「とりあえず、これでも食べときなさいよ・・・」

アスカ「ほら、アンタの好きなイワシよ・・・」

ペンペン「クワー・・・クワ!!クワクワクワ!!クワクワ!!」

アスカ「全く・・・飼い主に似て意地汚いペンギンね・・・」

ペンペン「くわー」

アスカ「はぁ・・・アンタはお気楽で良いわね?」

アスカ「バカシンジはバカの癖に勉強なんてしてるし・・・」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 04:12:39.95 ID:hg3PSG9z0

『アスカ「あれ?アンタ、今喋った?」
ペンペン「なんの事だか〜?」ピュー♪』

青葉「誤摩化した!」

日向「うわ・・・これは・・・」

『アスカ「気のせいか・・・」
ペンペン「うはっ!!アッタマわる!!」』

マヤ「嫌!!こんな可愛いのに・・・可愛いのにぃ・・・」

ミサト「いつもこんな毒吐いてるの?ペンペン・・・」

『アスカ「何よ?さてはお腹空いたのね!?」
ペンペン「ブースー!!貧乳!さっさとしろよ!!」』

青葉「ペンギンの癖に性的な目で見ているだと・・・」

ミサト「リツコ!ダメ!!絶対に装置側の出力はONにしちゃダメよ!!」

ミサト「ペンペンが殺されるわ!!」

リツコ「あら?同居人の相互理解を深める為にも有効だと思うけど・・・」

ミサト「ダメ!!絶対!!」ふんすー

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 04:23:11.12 ID:hg3PSG9z0

『アスカ「ハァ?何言ってるのかわかんないわよ・・・アホペンギン・・・」
ペンペン「アホはオノレじゃ!!この糞ボケ!!さっさと飯よこせウスノロが!!」』

マヤ「酷い」

青葉「見た目に騙されてはいけない良い例ですね」

日向「哀れだ・・・アスカがマシに見えて来た」

『アスカ「とりあえず、これでも食べときなさいよ・・・」
アスカ「ほら、アンタの好きなイワシよ・・・」
ペンペン「なん・・・だと!!俺をイワシ如きで釣る気か!!モグモグ!!」』

日向「あ、食った」

マヤ「ツンギレペンギン」

冬月「爆釣だな」

『アスカ「全く・・・飼い主に似て意地汚いペンギンね・・・」
ペンペン「ミサトの悪口良く無い」』

ミサト「ペンペン・・・!!」うるうる

リツコ「あら?飼い主には従順な様ね」

リツコ「どう?常時ONで」

ミサト「え〜・・・どうしようかしら〜・・・?」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 04:43:05.49 ID:hg3PSG9z0

葛城家

アスカ「そろそろ終わらないかしら?勉強」

ペンペン「くわー!」(腹いっぱい)

アスカ「様子見に行こ!また遊んであげるわよ!ペンペン!」

ペンペン「くわ!くわーっ!」(待て!俺もついていく!)ぺたぺた

アスカ「何よ?ついてくんの?」

ペンペン「くわっ!」(そうだ!)ぺたぺた

アスカ「ま、いいわ・・・鳥が一匹増えたらシンジの気分も変わるかもしれないしね」

ペンペン「クワ!」(おうよ!)

アスカ「シンジー!?」

ペンペン「クワワー!?」(ネクラクズー!?)

シンジ「呼んだ〜?」

アスカ「呼んだわよ!バカシンジ!!」

シンジ「あれ?ペンペンも・・・?」

シンジ「今度は二人して邪魔しに来たんだ・・・」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 04:54:03.79 ID:hg3PSG9z0

アスカ「何よ!まだ終わってなかったの?」

シンジ「当たり前だろ!?10分も経ってないよ・・・」

アスカ「アンタ、ホントにクソマジメね」

シンジ「アスカは大学出てるから余裕だろうけど、僕は勉強しないと出来ないんだよ」

ペンペン「アホー!アホー!」

シンジ「え?」

アスカ「え?」

シンジ「今の、気のせいかな?」

アスカ「さっきもハァ?とか言ってたわよ・・・コイツ」

シンジ「言葉わかるのかな?」

アスカ「アンタバカぁ?鳥に人間の言葉がわかる訳ないでしょ?」

アスカ「こんなの偶然よ!」

ペンペン「・・・」

ペンペン「クワー!クワー!!クワー!!」(わかるよ!アホ共!!ざまぁ!!)

シンジ「はぁ・・・もう良いよ、集中力切れた」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 05:01:44.50 ID:hg3PSG9z0

アスカ「勝った!!」

シンジ「何にだよ」

アスカ「アンタによ!私の根気勝ちね!!」

シンジ「諦めてペンペンと遊んでた癖に・・・」

アスカ「不屈の心で戻って来たのよ!」

シンジ「そうまでして僕に何の用があるんだよ・・・」

アスカ「だぁ−って!ミサトは居ないし、ヒカリは遊んでくれないし!!」

シンジ「はいはい・・・」

ペンペン「くわー?」(ネクラクズも大変だな?)

シンジ「あぁ・・・ペンペンが同情の眼差しで見てる」

シンジ「よーしよし、良い子だねーペンペン?」なでなで

ペンペン「くわぁ!くわぁっ!!」(触んな!気持ち悪い!!)

シンジ「ペンペンはどっかの誰かさんと違って、従順で可愛いねぇー?」

ペンペン「くわ?」(アホか?)

アスカ「ぐぅううう・・・」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 15:37:48.86 ID:hg3PSG9z0

アスカ「どうせ私は我が侭で素直じゃないわよ・・・」

シンジ「アスカ?」

ペンペン「くわァ!」(おまけにブス!)

シンジ「自覚あったんだ?」

アスカ「〜〜〜〜!!!」

アスカ「アンタがいつもヘコヘコしてるのも悪いんじゃない!!」

シンジ「・・・完全にこじつけだよね」

アスカ「うるさーい!それなのに・・・今日は・・・」

シンジ「僕だって真面目に物事してる時に邪魔されたら怒るさ」

アスカ「そんなの知らないわよ!」

アスカ「アンタは私のオモチャなんだから!黙って私の言う事聞いてればいいのよ!バカシンジ!!」

シンジ「僕はオモチャじゃないよ・・・」

アスカ「オモチャよ!私の言う事は何だって聞く、イエスマンのバカシンジ!!」

シンジ「その扱いが嫌だって言ってるんだろ?」

アスカ「何でよ!!」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 15:43:41.90 ID:hg3PSG9z0

シンジ「何でって・・・」

シンジ「僕だって男なんだ・・・」

アスカ「はぁ?」

ペンペン「はぁ?」

シンジ「女の子に毎日良い様に扱われて・・・僕の気持ちを考えた事あるの!?」

アスカ「ないわよ」

シンジ「僕だって・・・プライドがある・・・!!」

ペンペン「くわっ!?」(ネクラクズにプライド!?)

アスカ「ハッ!アンタからそんな言葉が出るとは驚きだわ!!」

アスカ「でもね・・・バカシンジに楯突かれた私のプライドはもうグチャグチャよ・・・!!」

シンジ「そんなの関係ないよ・・・」

アスカ「・・・」ギリ

シンジ「・・・」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 15:52:08.00 ID:hg3PSG9z0

ネルフ本部

マヤ「ペンペン、同行!」

リツコ「少し会話が成り立って来たわね・・・チェックチェックワンツー」

青葉「ペンペンを籠絡して、シンジ君に取り入るつもりですね」

マヤ「意外といじましい一面もあるんですね」

ミサト「素直になれないのよ・・・プライドばっかり大きくなってるから」

『アスカ「シンジー!?」
ペンペン「ネクラクズー!?」』

ミサト「え・・・?」

リツコ「気のせいかしら?」

マヤ「そうですよ・・・何かの間違いです・・・」

青葉「MAGIに調べさせてみたらどうですか?」

マヤ「ハイ」

MAGI「ネクラクズ・・・固有名詞、碇シンジを表す」

MAGI「温泉ペンギン、ペンペンの飼育係で主としてエサ担当」

MAGI「由来はいつもウジウジしながらエサを持って来る所から」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 16:02:46.32 ID:hg3PSG9z0

マヤ「酷い」

青葉「酷い」

日向「酷い」

ミサト「あんまりね」

リツコ「悪意すら感じるわ」

冬月「酷いな」

ゲンドウ「その耳障りなポケモン図鑑を壊せ」

リツコ「司令!!やめて下さい!!」

ゲンドウ「鳥類に息子を愚弄される親の気持ち・・・君にはわかるまい」

リツコ「MAGIはペンペンの意志を反映しただけですわ・・・始末するならペンペンを・・・」

ゲンドウ「・・・総員、第一種戦闘配置」

冬月「碇・・・それくらいにしておけ」

ゲンドウ「・・・止めるな、冬月」

冬月「鳥類を相手に愚かだとは思わんのか?」

ゲンドウ「死海文書には9匹の白きウナギによってサードインパクトが引き起こされた事例もある・・・侮ってはならん」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 16:14:50.21 ID:hg3PSG9z0

ミサト「司令・・・私の監督不行き届きです・・・」

ミサト「ペンペンは私が責任もって再教育しますから・・・」

ゲンドウ「・・・」

冬月「この親バカが・・・恥を晒しおって・・・」

『アスカ「アンタ、ホントにクソマジメね」
シンジ「アスカは大学出てるから余裕だろうけど、僕は勉強しないと出来ないんだよ」
ペンペン「アホー!アホー!」』

ゲンドウ「現時刻を持って監視対象物ペンペンを使徒と認定・・・目標を殲滅しろ」

リツコ「今度は言い逃れできないわね・・・生の声だもの・・・」

ミサト「司令!あれはああ言う鳴き声なんです!!」

冬月「カラスか」

ゲンドウ「死ね」

マヤ「何この組織・・・」

『シンジ「言葉わかるのかな?」
アスカ「アンタバカぁ?鳥に人間の言葉がわかる訳ないでしょ?」』

リツコ「わかってるのよ、その子は・・・」

リツコ「科学の力ってすごい!私の力ってすごい!」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 16:24:42.88 ID:hg3PSG9z0

マヤ(上司もバカ、同僚もクズ・・・早く辞めたい)

『ペンペン「わかるよ!アホ共!!ざまぁ!!」』

マヤ(おまけに鳥もクズ・・・)ハァ

リツコ「フフフ・・・ある意味私は鳥に知恵の実を与えた天才・・・」

リツコ「私の科学が鳥を次のステージに進化させるのよ!!ウフフフ・・・フフフフ・・・」

青葉「バアさんのネジが外れたぞ?」

日向「いつもの事です、放っときましょう」

マヤ「もうやだこの組織」

『シンジ「はぁ・・・もう良いよ、集中力切れた」』

日向「シンジ君のシンクロ率、下降・・・」

青葉「諦めたか?」

ミサト「可哀想なシンちゃん・・・」

リツコ「学習の時間を削られては良い研究者にはなれないわ・・・」

ミサト「アンタ・・・」

リツコ「?」

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 16:36:04.17 ID:hg3PSG9z0

『アスカ「不屈の心で戻って来たのよ!」』

リツコ「そう!研究には失敗に動じない不屈の精神が必要!!」

リツコ「意外と筋が良いかも知れないわね?アスカ・・・」

リツコ「ミサト・・・アスカを私に寄越しなさい!立派な研究者にしてみせ・・・」

ミサト「はーい!そこまで〜・・・疲れるわー・・・」

『ペンペン「ネクラクズも大変だな?」』

青葉「同情されてる・・・」

日向「不憫だ・・・」

『ペンペン「触んな!気持ち悪い!!」
シンジ「ペンペンはどっかの誰かさんと違って、従順で可愛いねぇー?」』

マヤ「シンジ君!騙されちゃダメ!!」

ミサト「ペンペン・・・なんで・・・?」

ミサト「シンちゃんが買ってくるのが特売のイワシばかりで鮮度が悪いから?」

青葉「この翻訳装置・・・つけない方が良かったんじゃないですか?」

日向「鳥の本性がこんなに邪悪なモノとは思いもよりませんでしたよ」

リツコ「生存競争を勝ち抜くにはこのくらいの逞しさは必須なのよ」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 16:43:27.83 ID:hg3PSG9z0

『アスカ「どうせ私は我が侭で素直じゃないわよ・・・」』

青葉「正解」

日向「その通り」

『ペンペン「おまけにブス!」』

青葉「あれでブスか・・・レベル高いな・・・」

マヤ「ペンペンの中ではどんな人が綺麗な部類なんでしょうね?」

青葉「ペンペン、葛城さんだけは擁護してましたね」

マヤ「じゃあ、ペンペンの趣味は・・・?」

ミサト「特に嬉しくもないわね・・・そもそも鳥類とは顔の作りもまるで違うもの・・・」

日向「鳥だけに」

日向「アヒル口・・・」ぼそっ

青葉「死ね」

マヤ「クソムシが」

リツコ「ゴミね」

ミサト「消滅しろ」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 16:50:34.91 ID:hg3PSG9z0

ゲンドウ「諸君、少し静かにしたまえ・・・」

ゲンドウ「赤木博士・・・巻き戻しは可能か?」

リツコ「もちろんですわ!」

ゲンドウ「主モニターに映せ・・・20秒程前で構わん」

冬月「何か気になる所でもあったのか?」

ゲンドウ「少しな・・・」

ゲンドウ「諸君、集中するように」

再生
『アスカ「どうせ私は我が侭で素直じゃないわよ・・・」
シンジ「アスカ?」
ペンペン「おまけにブス!」
シンジ「自覚あったんだ?」』

マヤ「酷い・・・」

日向「ブスまで自覚症状扱いになってますね」

『アスカ「〜〜〜〜!!!」』

マヤ「これは怒りますね」

リツコ「あら?本人に「ブス」は聞こえていなくてよ?」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 17:02:31.24 ID:hg3PSG9z0

ミサト「これがもし聞こえていたら・・・」

リツコ「今夜はお通夜ね」

マヤ「自信過剰なアスカにあれは禁止ワードですね」

青葉「きっと鳥の感性ではブスなんでしょうが・・・」

ゲンドウ「・・・冬月、相談がある」

冬月「どうした?珍しい」

ゲンドウ「鳥の美的感覚に興味がある・・・真希波を仕向け鳥の反応を見る」

冬月「あの少女を動かすのか!?ゼーレに感づかれるぞ・・・いいのか?」

ゲンドウ「シンジと式波があの様子では我々の望むサードインパクトも起きん・・・」

ゲンドウ「死海文書の外典に沿って時計の針を少し進める・・・」

冬月「テコ入れか・・・早急ではないか?」

ゲンドウ「ゼーレに遅れを取るよりは幾らかマシだ・・・それに・・・」

ゲンドウ「アホの職員共がモニターに夢中になっている今がチャンスだ・・・」

冬月「・・・それを雇い入れたのはお前だ、碇」

ゲンドウ「・・・真希波に葛城家に向かう様、指示しておけ」

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 20:34:59.45 ID:hg3PSG9z0

葛城家

アスカ「・・・」イライラ

シンジ「・・・」

ペンペン「くわ?・・・くわぁ?」(おい?・・・もしもーし?)

ペンペン「クーワクワワワ〜?」(空気重いよ〜?)

アスカ「うるさい!このバカペンギン!!」

シンジ「ペンペンに八つ当たりしないでよ!可哀想だろ・・・」

アスカ「フン!バカはバカ同士、仲良しこよしね!バッカみたい!!」

ペンペン「クワー!!クワクワワ!!」(一緒にすんなや!クソブスカ!!)じたばた

シンジ「バカ扱いされたらペンペンだって怒るよ・・・」

ペンペン「クワワワワワ!!」(ブスにお前と同類扱いされたら余計だっつーの!!)

アスカ「ウジウジ陰気バカとバカペンギンが私に説教なんて100年早いのよ!!」

ペンペン「シネー!!シネー!!」

アスカ「何ですって!?このバカペンギン!!かっ捌いて唐揚げにしてやる!!」

シンジ「やめてよ!!あんまりだよ!!」

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 20:43:47.21 ID:hg3PSG9z0

アスカ「このクソペンギン、人間様の言葉がわかるみたいじゃない!?」

ペンペン「クエー!!クエー!!」(そうだっつってんだろ!!クソブスカ!!)

シンジ「ほら・・・ペンペンも興奮してるじゃないか・・・」

シンジ「ペンギン相手にみっともないよ・・・」

アスカ「元はと言えばアンタが暇つぶしに付き合わないからこうなったのよ!!原因はアンタよ!!」

アスカ「このバカシンジ!!」

シンジ「イヤイヤでも付き合ってしりとりしてただろ!?」

アスカ「その中途半端な対応が余計にイライラするのよ!!」

アスカ「だぁあああああ!!!もう!!イヤミ満載のしりとりしてた癖に!!」

アスカ「私がどれだけ我慢してたかわかってんの!?」

シンジ「人が勉強してるのに邪魔するからだろ!!」

アスカ「〜〜〜〜!!!」

ガチャ

マリ「ハイ、ストーップ!!」

ペンペン「!?」

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 21:02:43.52 ID:hg3PSG9z0

マリ「姫〜?邪魔するよー?」

ペンペン「くわ〜・・・」(誰〜・・・?)

アスカ「なんでアンタがここに来るのよ!!」

マリ「偶然外歩いてたら(嘘)大きな声で姫が叫んでるんだもんー」

マリ「近所迷惑だしハッズかしいよ〜?」

アスカ「援護に来たんじゃないならさっさと帰りなさいよ!!」

マリ「そうは行かないニャー」

ペンペン「くわくわ」(可憐なアヒル口)

ペンペン「くわ」(豊満なバスト)

ペンペン「くわわ・・・」(君が・・・)

ペンペン「くわわわ・・・」(天使か・・・)だきっ

マリ「ひゃあ!・・・初めまして、ペンギン君?」なでなで

ペンペン「クワクワクワ!クワっクワクワクワワ!!」(ペンペンです!僕とつがいになって下さい!!)ぎゅううう

アスカ「何よこのバカペンギン・・・私の初顔合わせと偉い違いね・・・感じ悪っ!!」

シンジ「すごい抱きついてる・・・ペンペンって・・・真希波みたいなのがタイプなのかな?」

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 21:10:14.47 ID:hg3PSG9z0

ネルフ本部

マヤ「さっきから空気重いですね・・・?」

青葉「舌戦・・・後、沈黙・・・」

日向「流石のペンペンもお察しですね・・・」

青葉「あ、怒られた」

日向「荒れてますね・・・ペンペンも」

『シンジ「バカ扱いされたらペンペンだって怒るよ・・・」
ペンペン「ブスにお前と同類扱いされたら余計だっつーの!!」』

ミサト「フォローしてるシンジ君がアホの子みたいね・・・」

リツコ「不憫・・・」

『ペンペン「シネー!!シネー!!」』

青葉「ついにキレた」

日向「死ねとか誰が教えるんでしょうか?」

ミサト「ぴゅーぴゅー」口笛

冬月「飼い主だな」

ゲンドウ「間違いない」

325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 21:20:53.18 ID:hg3PSG9z0

『アスカ「何ですって!?このバカペンギン!!かっ捌いて唐揚げにしてやる!!」』

マヤ「ひいっ・・・!怖いです・・・目が血走ってます・・・アスカ・・・」

青葉「ペンギンの唐揚げ・・・」ゴクリ

日向「正気ですか?」ゴクリ

リツコ「新しい!!この発想力!!やはりアスカはイノベーションスキルに秀でているわ!!」

リツコ「ミサト!!アスカを私に委ねなさい!!悪い様にはしないわ・・・!!」

ミサト「悪くなって行く様しか想像出来ないわ・・・却下」

リツコ「そう・・・なら直接アスカに・・・交渉を!!」

ミサト「やめい!大事な脳味噌に風穴開けるわよ?」

リツコ「それは困るわ」

『アスカ「元はと言えばアンタが暇つぶしに付き合わないからこうなったのよ!!原因はアンタよ!!」』

青葉「すごいこじつけだ・・・」

日向「幾ら美人でもこれは嫌になりますね」

ミサト「もう見てるのが嫌になってきたわ・・・」

マヤ「疲れます・・・」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 21:28:13.16 ID:hg3PSG9z0

『マリ「ハイ、ストーップ!!」』

ミサト「おぉ!!」

青葉「これは・・・」

日向「救いの神か!?」

『マリ「姫〜?邪魔するよー?」』

冬月「来たな・・・」

ゲンドウ「あぁ・・モニターを第14使徒ペンペンに固定、最大望遠・・・」

マヤ「はい!!」

ミサト「ペンペン・・・?」

リツコ「ぽけーっとしてるわね」

マヤ「!!これは・・・ペンペンから高エネルギー反応!!」

リツコ「なんですって!?」

ミサト「まさか・・・ペンペン・・・あなた本当に・・・」

リツコ「使徒!?」

マヤ「そんな・・・!!ありえません!!ペンギンですよ!!?」

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 21:35:49.96 ID:hg3PSG9z0

『ペンペン「可憐なアヒル口」』

ミサト「は?アヒル口・・・?」

『ペンペン「豊満なバスト」』

青葉「豊満な・・・?何?」

『ペンペン「君が・・・」』

日向「・・・」

『ペンペン「天使か・・・」だきっ』

マヤ「モニターに反応あり!!パターン青!!バカです!!」

ミサト「何?アレ・・・すごい懐き様・・・」

冬月「ふむ・・・巨乳か」

ゲンドウ「あぁ・・・」

冬月「葛城君もそうだな・・・」

ゲンドウ「あぁ・・・」

冬月「加えてアヒル口か?これは葛城君は違うな?」

ゲンドウ「あぁ・・・」

339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 21:45:38.91 ID:hg3PSG9z0

冬月「なるほど・・・第14の使徒にとってはアヒル口巨乳が至高と言う訳か・・・」

ゲンドウ「そうだ」

ゲンドウ「これでヤツの弱点は割れた・・・懐柔に向け動ける」

冬月「懐柔などせずとも唐揚げにして殲滅すれば良いのではないか?」

ゲンドウ「無理だ・・・心優しい私のシンジはペットを唐揚げには出来ん」

冬月「式波大尉ならば容易いだろう」

ゲンドウ「式波大尉ではそもそも調理が出来ん・・・」

ミサト「唐揚げにする他の殲滅方法を考察して下さい・・・」

ゲンドウ「そもそも殲滅の必要がない・・・アレは後で役に立つ」

ゲンドウ「こちら側に引き込む・・・その為の鳥類専用言語翻訳装置だ・・・」

ゲンドウ「わかっているな?赤木博士・・・」

リツコ「もちろんですわ・・・司令」

ゲンドウ「・・・」ニヤリ

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 21:53:56.81 ID:hg3PSG9z0

葛城家

マリ「おっとー!ペンギン君、離れて離れてっ!」

ペンペン「くわぁー・・・」(ハニー・・・)

マリ「お姉さんは二人の喧嘩を止めに来たんだからさ!」

アスカ「なっ!」

シンジ「・・・」

マリ「ペンギン君も、協力してよっ!!」

シンジ「僕たち別に喧嘩なんてしてないよ・・・」

アスカ「そうよ!放っといてよね!!コネメガネ!!」

マリ「そうは問屋がおろさないニャ〜!!」

マリ「姫!!」

アスカ「何よ!?」

マリ「少しは素直になったら〜?」ニヤニヤ

アスカ「・・・はぁ?何言ってんの?アンタバカぁ?」

マリ「うーん・・・隠さなくてもいいよー!わかってるから!!」

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 22:02:44.48 ID:hg3PSG9z0

マリ「ワンコ君!ちょっと姫借りるよ!!」

シンジ「良いよ・・・これで集中して勉強出来るし」

マリ「ペンギン君は、私たちと一緒ね」

ペンペン「くわっ!」(わかったよハニー!)

アスカ「で、どこに行くのよ!?」

マリ「あぁ・・・ワンコ君が部屋に籠るならここでも良いけど・・・」

シンジ「じゃあ僕は部屋に戻るから・・・」

マリ「ごめんねー!」

シンジ「良いよ、ごゆっくり」

マリ「お言葉に甘えて〜・・・」

マリ「さて!姫・・・!!」

アスカ「何よ!?」

マリ「いい加減素直にならないと・・・」

アスカ「何よ!?」

マリ「私がワンコ君、取っちゃうよー?」

348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 22:10:20.85 ID:hg3PSG9z0

アスカ「!!!!!!」

マリ「お?動揺してるぅー」ニヤニヤ

アスカ「し・・・してないわよ・・・!!あんなバカ、誰とくっついたって関係ないわ!!」

マリ「ほーう!そうかそうか!じゃあ・・・遠慮なく」

アスカ「・・・」ぷいっ

マリ「私、これから本気でワンコ君落としにかかるからね?」

アスカ「な・・・!?」

アスカ「べ・・・別にっ!?好きにすれば!?」

アスカ「何よ!!わざわざこんな事で上がり込んだの!?バッカみたい!!」

アスカ「アンタも暇ね!コネメガネ!!」

マリ「言っとくけど姫!コレ、宣戦布告だから・・・」

マリ「狙いは〜・・・外さないよっ!!」

ペンペン「・・・」

ペンペン(所詮、ペンギンと人間の敵わぬ恋だったか・・・)

マリ「ペンギン君!協力ヨロシクぅ!!」

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 22:21:32.64 ID:hg3PSG9z0

アスカ「フン!せいぜいお幸せに!あんなバカのどこが良いのか?」

アスカ「私は理解に苦しむけど・・・」

アスカ「けど・・・」

マリ「むふふ・・・この調子ならワンコ君はいただきだね!」

アスカ「だから!どうでも良いって言ってるでしょ!!」

マリ「負け犬の遠吠えにしか聞こえないニャ〜」ニヤニヤ

アスカ「!!」イラっ

アスカ「アンタ・・・私に喧嘩売ってんの!?」

マリ「売ってるよー?姫どんかーん!!」にゃはは

アスカ「フン!その喧嘩、買ってやろうじゃない!!あんなバカ猿、私の魅力でイチコロよ!」

マリ「それはどうかニャー?男の子って、弱いじゃん?」

アスカ「?」

マリ「私みたいな体つきとか?」ニヤニヤ

アスカ「何よ!中学生の癖にバケモノみたいな胸してるだけじゃない!!」

マリ「身体も性格も貧相な姫は可哀想だねー?魅力ゼロで」ニヤニヤ

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 22:33:10.62 ID:hg3PSG9z0

ペンペン「くわ・・・」(俺的には・・・)

ペンペン「くわっ!」(全て天使ちゃんの圧勝です!)

マリ「ほら、ペンギン君も同意してるよ?」

アスカ「ぐぬぬぬ・・・」

アスカ「見てなさいよ!!コネメガネ!!」

アスカ「アンタの恋は私の真の魅力の前に虚しく消え去るんだから!!」

マリ「だってー?じゃあ作戦会議しようか?ペンギン君!」

マリ「じゃねー姫っ!」

アスカ「フン!これからは私も本気なんだから!!」

アスカ「・・・あれ?」

アスカ「私・・・シンジの事・・・本気なの?」

アスカ「ええええええええええええええっ!!!!!!!」

マリ(ふぅ・・・やっとその気になったか・・・)

マリ(姫をけしかけるのは大変だニャ)

マリ(でも・・・素直さがないと思いも通じないかも知れないよー?)

366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 22:47:10.79 ID:hg3PSG9z0

マリ「さて、ペンギン君!」

マリ「もうわかってると思うけど・・・」

ペンペン「くわぁ?」(何が?)

マリ「私のインカムには、君の声が聞こえているのさっ!」

ペンペン「嘘っ!!」

マリ「ホント〜!!」

マリ「君のネームプレートにつけてるその緑の物体でね・・・君の声はネルフ本部で音声化されてて・・・」

マリ「ついでに言うと君の脳神経に働きかけて人語を理解出来る様にしてあるんだよねー」

マリ「赤木博士はすごいニャー・・・天才通り越してあれじゃ変態だわ・・・」

ペンペン「じゃあ・・・今までのも」

マリ「うん!暴言もろもろ飼い主様にも丸聞こえっ!」

マリ「でも、姫とワンコ君にはバレてないから安心してよ?」

マリ「バレたらきっとホントに唐揚げにされちゃうニャ!ペンペン君っ!」

ペンペン「それは困るじぇ」

マリ「だろー?そこで!地上で最も賢い鳥になったペンペン君に提案なんだけど・・・」ごにょごにょ

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 23:13:08.98 ID:hg3PSG9z0

ネルフ本部

冬月「真希波が第14使徒の籠絡に成功したぞ」

ゲンドウ「あぁ・・・」

冬月「これで全ての下準備は整ったな」

ゲンドウ「後は・・・」

冬月「例の少年の動きと、覚醒のタイミングだな」

ゲンドウ「そうだ、まだ気は抜けん・・・」

ミサト(ペンペンの使徒認定、殲滅対象からの除外・・・?ネルフは何を企んでいるの?)

リツコ「・・・」

マヤ「モニターに反応あり!!シンジ君部屋から出ました!!」

青葉「一段落ついたのか?」

日向「さぁ?」

ミサト「きっと夕飯の準備ね!」

リツコ「マメね」

マヤ「これで文句言ってるアスカに納得が出来ません!!」

382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 23:20:13.66 ID:hg3PSG9z0

葛城家

シンジ「真希波?まだ居たんだ」

マリ「モチ!ペンペン君と遊んでたのさー」

ペンペン「くわー!」(そう!)

シンジ「あれ?アスカは?」

マリ「さぁ〜?作戦でも練ってんじゃニャいの〜?」

シンジ「作戦?」

マリ「むふふー」

マリ「ペンペン君、手はず通り援護ヨロシク!」ごにょごにょ

ペンペン「ラジャ」ごにょごにょ

マリ「そんな事よりワンコくぅーん・・・」

シンジ「うぇえっ!真希波っ!!その・・・そこ!ペンペンが挟まって・・・あの・・・」

マリ「んふっ・・・ワンコ君も挟まりたいのかニャ〜?」

シンジ「ぼ・・・ぼぼぼ僕はその・・・えっと・・・遠慮しとくって言うか・・・」

シンジ「あの・・・目に毒って言うか・・・その・・・」

389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 23:31:47.70 ID:hg3PSG9z0

マリ「んー?男の子はみんな好きでしょ?こういうの〜?」

ペンペン「くわー!!」(我が世の春が来たー!!)むにむに

マリ(役得だねぇ、ペンペン君?堪能するニャー?)ごにょごにょ

アスカ「全く、何やってんのよ!3バカ揃って・・・」

アスカ「変態コネメガネ!!そこどけっ!!」

マリ(来た来た・・・行くよ!ペンペン君!!)

ペンペン(ラジャ!)

マリ「いくら姫でも失礼すぎるニャ!」ひょい

ペンペン「クエー!!」(ペンペンバズーカ!!)

アスカ「ひゃっ!!何すんのよ!!コネメガネ・・・!!って・・・ぎゃあああああああ!!!!」

シンジ「ア・・・あああああアスカぁあああ!?」

アスカ「ちょっと・・・何よ!このエロペンギン!!離れなさいよ!!」

ペンペン「くわー!!くわーっ!!」(ハニーのおっぱいの分!!しっかり仕事しますぜ!!)

マリ「むふふー!良い子だねぇー!!」

アスカ「ちょっと!そんなとこ引っ掻かないでよ〜!!あっ・・・」

392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 23:38:45.81 ID:hg3PSG9z0

シンジ「えっ・・・!?」

アスカ「いやぁああああああ!!!」

マリ「あちゃー・・・丸見え・・・」

マリ「ペンペン君、仕事し過ぎだよー」

アスカ「〜〜〜〜!!!!」カァァ

シンジ「あの・・・その・・・見てないから!!僕!何も見てないから!!」

アスカ「ぐぅうう・・・この糞ペンギン!!」

アスカ「殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる」

ペンペン「クエーっ!!」(そうは問屋がおろさんです!!)

マリ「もうここまでやったらなんでもアリかぁ?」

マリ「予定通り、やっちまえ!ペンギン君!!」

ペンペン「くわぁああああああああああ!!!!!!はぁああああああああああああ!!!!!」

マリ「ペンペン君による!!」

マリ「ペンペン君の為の!!」

マリ「ペンペン君の最終奥義!!」

401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 23:51:06.79 ID:hg3PSG9z0

アスカ「!!!!!!!!!」

マリ/ペンペン「おしりペンペン!!!!!」(おしりペンペン!!!!!)

アスカ「嫌ぁああああああああ!!!!!」スパンスパンスパンスパン

シンジ「ぐはぁああああああ!!!!!!」

アスカ「うぅううう・・・もう・・・お嫁に行けない・・・」ぐすっ

シンジ「Q〜・・・」

マリ「あらら・・・ワンコ君に鳥姦モノはきつ過ぎたかな?」

アスカ「鳥に嬲られた・・・お嫁に行けない・・・鳥に嬲られた・・・お嫁に行けない・・・鳥に嬲られた・・・お嫁に行けない・・・」

マリ「あちゃー・・・精神崩壊してる?プライド高いからなぁ・・・姫は・・・」

マリ「やり過ぎたか・・・?げっ・・・やばい!!ペンペン君!?」

ペンペン「くわぁ・・・くわぁ・・・くわぁ・・・くわぁ・・・」

マリ「ペンペン君が興奮し過ぎて翻訳装置のS2機関が暴走してる・・・こりゃ覚醒しちゃうじゃん!!」

マリ「・・・え?」

ペンペン「くわぁああああああああ!!!!!!」スパンスパンスパンスパン

マリ「ありゃ・・・私も・・・ダメだったかニャ・・・?」

410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 00:03:14.91 ID:RABU6tp50

ネルフ本部

マヤ「モニターに高エネルギー反応!!」

リツコ「どうしたの!?」

マヤ「わかりません!!異常な地場が発生!!」

リツコ「なんですって!?」

ミサト「爆心地特定急いで!!」

マヤ「無理です!!MAGI側からブロックされています!!」

リツコ「なんて事!?」

冬月「何と言う事だ・・・」

ゲンドウ「第14使徒が覚醒した・・・最早我々ではどうしようも出来ん」

リツコ「鳥類専用言語翻訳装置・・・またの名をMAGIシステム連動型S2機関搭載次世代OS-リリン-・・・」

リツコ「使徒から回収したS2機関と人類の英知たるMAGI」

リツコ「その二つの実を鳥類に移植し、ある程度人類のコントロール化で対話をする事を目的とした試験装置」

リツコ「その初号機・・・それが・・・」

ミサト「PENPEN!!」

417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 00:13:49.42 ID:RABU6tp50

冬月「本来起こるべきサードインパクトのトリガーが不十分だった・・・」

ゲンドウ「あぁ・・・今回は我々の負けだ」

冬月「真希波は十分にアレを御し切れなかったようだな・・・」

ゲンドウ「だが何故だ・・・ペンペンの覚醒を促した要因は何だ・・・」

リツコ「おそらく・・・アスカへのスパンキングが引き金となり、興奮が高まり・・・」

リツコ「真希波に対する愛が・・・MAGIで御し切れなくなった・・・」

冬月「愛だと!?そんな概念が使徒や鳥に存在すると言うのか!?」

リツコ「いえ・・・-リリン-によって人間の思考を埋め込まれたペンペンは」

リツコ「最早単一生命体として、人類に近しいそれを得ていた・・・と考えられます」

冬月「何と言う事だ・・・とんでもないモノを生み出してしまったな・・・赤木博士・・・」

リツコ「研究者故に・・・この度の事態は私が引き起こしたも同然・・・」

リツコ「次の世界では、役に立ってみせますわ・・・」

冬月「!!」

ゲンドウ「赤木博士・・・いつから気付いていた?」

リツコ「さぁ?それを知る意味ももうありませんわ、司令・・・」

423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 00:20:49.40 ID:RABU6tp50

PENPEN「くわぁああああああああああ!!!!!!はぁあああああああああああ!!!!!!」

ミサト「行きなさい!!PENPEN!!誰かの為じゃない!!」

ミサト「あなた自身の願いの為に!!」

リツコ「鳥の域に留めておいたPENPENが神の道へと昇華していく」

リツコ「人のかけた呪縛を解き、人をも超えた神に近い存在へと変わっていく」

リツコ「天と地と万物を紡ぎ相補性の巨大なうねりの中で自らエネルギーの疑縮体に変身させているんだわ」

リツコ「純粋に己の願いを叶える・・・ただそれだけのために!」

リツコ「この世界の理を超えた新たな生命の誕生」

リツコ「代償として古の生命は滅びる」

リツコ「そう・・・セカンドインパクトの続きサードインパクトが始まる!」

リツコ「世界が終わるのよ・・・」

430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 00:26:08.35 ID:RABU6tp50

カヲル「たかがペットに世界を壊されちゃたまらないよね?」

カヲル「碇シンジ君・・・?」

カヲル「君はまだやり直せる・・・」

カヲル「この槍が・・・君を救うんだよ!」

カヲル「さぁ行くよ!!槍でやり直すんだ!!」

カヲル「・・・槍で!!やり直すんだ!!」

カヲル「ATフィールド全開!!」

435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 00:32:50.72 ID:RABU6tp50

ミサト「ついに起きてしまったサードインパクト」

ミサト「それは鳥と人間を越えた愛の物語だった」

ミサト「だが、人類はそれを受け入れるには幼過ぎた」

ミサト「絶望の果てに現れた最後のシ者とその胎動」

ミサト「彼の槍は全ての輪廻を貫く事が出来るのか!?」

ミサト「次回、シン・アスカ「ハンバーグ」シンジ「ぐらい自分で作れ」第2幕」

ミサト「この後も、サービスサービスぅ!!」

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 00:37:21.42 ID:RABU6tp50

続くよ

448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 00:40:32.71 ID:RABU6tp50

シンジ(光の・・・巨人?)

シンジ(違う・・・あれは・・・鳥?)

シンジ(なんだろう・・・すごく大きくて、でも・・・)

シンジ(見た覚えのあるくちばし・・・)

シンジ(あれは・・・ペンペ・・・)

シンジ「知らない天井だ・・・」

456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 00:44:28.58 ID:RABU6tp50

シンジ「ここは・・・?」

アスカ「バカシンジ!!」

シンジ「アスカ・・・?」

アスカ「この・・・!!バカ!!」

シンジ「痛っ!」

アスカ「目ぇ醒めた!?このバカ!!」

シンジ「痛いよ!いきなり叩くなんてっ!」

アスカ「心配・・・したんだからっ・・・バカシンジ!!」ぎゅ

シンジ「アスカ・・・」

シンジ「ありがとう」

462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 00:53:14.27 ID:RABU6tp50

アスカ「急に倒れちゃって・・・私・・・私、どうしたらいいかわからなくて・・・」ひぐっ

アスカ「本当に・・・心配したんだから・・・」びぇええ

シンジ「そんなに泣かないでよ・・・?大丈夫だから」

アスカ「・・・うん」

シンジ「アスカさ・・・僕、今変な夢を見てたんだ」

アスカ「夢?」

シンジ「そう・・・すっごい大きな光の鳥が世界を包み込んで行ってね?」

アスカ「鳥?」

シンジ「うん、皆・・・消えちゃった」

アスカ「何それ?怖いわね・・・」

シンジ「全部消えて無くなったと思った時にさ・・・」

シンジ「空から槍が降って来たんだ」

アスカ「何それ!?人が生きてたら死んじゃうじゃない!?」

シンジ「そうだね・・・きっとその世界は一度死んだんだよ・・・」

シンジ「でも、目覚めたら横にはアスカが居て・・・僕はこうして生きている」

466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:01:09.87 ID:RABU6tp50

アスカ「・・・」

シンジ「生きてるって、すごく辛いけど・・・きっと、ありがたい事なんだろうなって・・・」

シンジ「そう思ったんだ・・・」

アスカ「フフ・・・バカシンジの癖に生意気ね!」

アスカ「そう言えば私も、今日の朝変な夢を見たの」

シンジ「どんな?」

アスカ「そうね・・・何度も何度も繰り返すの」

シンジ「何を?」

アスカ「それが思い出せないのよ!」

アスカ「思い出そうとすると、何か引っかかるって言うか・・・?」

アスカ「ただ、必ずアンタが出てくるのよ!意味わかんないでしょ?」

シンジ「そうだね・・・」

アスカ「そうよ!」

アスカ「ま、とにかく!変な夢だけど・・・思い出せない変な夢ね!!」

シンジ「そっか」

471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:09:33.59 ID:RABU6tp50

葛城家

ペンペン「くわー!くわー!」

ミサト「お帰り!シンちゃん、アスカ!!」

アスカ「ただいま」

シンジ「ただいま」

ミサト「もうー待ちくたびれたわよー?」

シンジ「すいません、連絡入れてから買い物して来たから・・・遅くなっちゃって」

ミサト「いいのよー!それより、どうだった?買い物デートは!?楽しんで来れたかしら!?」ニヤニヤ

アスカ「ミサト!デートとかじゃないっ!!」

ミサト「ふふ・・・強がんないの!アスカ、もっと素直になりなさい?」

アスカ「だぁあああ!!ちっがーう!!」カァァ

シンジ「ミサトさん、あんまりアスカをからかうのは・・・」

ミサト「そうねー・・・ごめん、アスカ!」

アスカ「なんで私がこんなバカとデ・・・ででデート・・・なんて・・・」カァァ

ミサト「照れてるー・・・可愛いっ!」

476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:17:21.19 ID:RABU6tp50

アスカ「照れてなーいっ!!バカミサト!!」

シンジ「そうですよ、ミサトさん・・・アスカと僕がデートなんてする訳な・・・」

アスカ「〜〜〜〜!!!」じとっ

シンジ「い・・・じゃないです・・・か?」

ミサト「ハイ、ストップ!シンジ君・・・怖ーい顔した女の子があなたの顔を凝視してるわ」

アスカ「・・・!!!!!!」

シンジ「ごめん、アスカ・・・」

アスカ「はぁ!?なんでアンタが謝んのよ!バッカみたい!!」

ミサト「素直じゃないわねー?お嫁に行けないわよ?アスカ?」

アスカ「行ってないミサトに言われたく無いっ!!」

ミサト「あちゃー・・・痛いとこを・・・」

アスカ「フン!!」

ミサト「私はもう少しシンちゃんが大きくなったら貰ってくれるもんねー?」

シンジ「え・・・あの・・・はあ・・・」

アスカ「〜〜〜!!この優柔不断!!バカシンジ!!信じらんない!!」

481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:24:21.22 ID:RABU6tp50

シンジ「えぇ・・・?」

ミサト「あら?どちらかを断ればどちらかに角が立つわね?」

ミサト「モテる男は大変ねー?シンちゃん?」

シンジ「からかわないで下さいよ・・・ミサトさん・・・」

ミサト「あは、バレたぁ?」

シンジ「バレバレですよ」

アスカ「知らない!!」

ミサト「さて!二人の帰りも確認した事だし、私はネルフに戻るわー・・・」

シンジ「仕事ですか?」

ミサト「仕事じゃないと行きたく無いわね」

アスカ「ご飯くらい食べて行きなさいよ?待ってたんでしょ?」

ミサト「いいのいいの、今日はリツコと食べる約束してるから・・・」

シンジ「そうですか・・・じゃあ今日は2人分でいいですね」

ミサト「そう言うこと!じゃ、行ってくるわねー?」

シンジ「気をつけて」アスカ「行ってらっしゃい」

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:29:59.30 ID:RABU6tp50

シンジ「・・・」

アスカ「・・・」

ペンペン「くわー?」

シンジ「さ、ご飯作ろっと!」

アスカ「シンジー!!」

シンジ「?」

アスカ「・・・今日は二人ね?」

シンジ「ペンペンも居るけど、そうかな?」

アスカ「うふふ〜・・・今日は何作ってくれるの?」

シンジ「何でも好きな物作るよ?何が食べたい?」

アスカ「・・・じゃあ」

アスカ「ハンバーグが良い!」

シンジ「ハンバーグ・・・?」

ズキッ

シンジ「ぐぅ・・・!!あぁあああああ!!!」

486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:37:09.51 ID:RABU6tp50

シンジ「あああああああああ!!!!はぁあああああああああ!!!!!!!」

『ぐらい自分で作れ』

『れ・・・れ・・・冷蔵庫』

『氷くらい自分で用意しろ』

アスカ「ちょっと!シンジ!!大丈夫!?シンジ!!」

シンジ「はぁ・・・!!はぁ・・・!!はぁ・・・!!はぁ・・・!!」

ペンペン「・・・」じっ

シンジ「!?」

シンジ「・・・鳥?ペンペン・・・?」

アスカ「何?ペンペンがどうしたの?」

シンジ(いや・・・まさか・・・)

シンジ「ごめん、何でもないんだ・・・ハンバーグだよね?」

アスカ「病み上がりなんだし・・・無理しなくても良いわよ・・・」

シンジ「いいんだ・・・作りたいんだ・・・アスカの為に」

アスカ「・・・バカ」

491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:46:11.34 ID:RABU6tp50

ペンペン「・・・」じっ

シンジ(視線を感じる・・・ペンペン?いや、違うな・・・もっと他の何か・・・)

アスカ「シンジぃ〜?どうしたの?」

アスカ「まだ頭、痛むの?」

シンジ「いや・・・大丈夫だよ、ちょっと考え事してるだけだから」

アスカ「そう・・・?」

シンジ「それよりアスカ、ミサトさんも居ないし・・・その・・・」

アスカ「?」

シンジ「ネコミミ・・・付けて欲しいな・・・なんてダメかな?」

アスカ「〜〜〜〜!!!」カァァ

アスカ「もう!ミサトが居ないとすぐ甘えさせたがるんだから!!」

シンジ「だって・・・いつもアスカはツンツンしてホントのアスカ見せてくれないから」

アスカ「私のイメージが壊れるでしょ!バカシンジ!!」

シンジ「ごめん・・・じゃあ今日は我慢するよ・・・」

アスカ「別にダメなんて言ってない!!早とちり!!ホントバカね・・・」

495 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:53:06.42 ID:RABU6tp50

アスカ「にゃ・・・にゃあ〜・・・」

シンジ「アスカぁああああ!!!」

アスカ「あぁ!もう!!すぐそうやってマタタビ出すんだから!!」

アスカ「早くハンバーグ作ってよね!!」

シンジ「うん!もう出来るから!!出来たらマタタビで遊ぼう!!」

アスカ「バカ!食べたらマタタビで遊ぼうの間違いでしょ!?」

シンジ「だって・・・」

アスカ「だってじゃなーい!!私はハンバーグが食べたいの!!」

シンジ「わかってるよ・・・そんな事」

アスカ「つべこべ言わずにさっさとする!!それまでマタタビはお預け!!めっ!!」

シンジ「ワン!!」

アスカ「よしよし」なでなで

ペンペン「・・・」じっ

498 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:00:28.66 ID:RABU6tp50

ネルフ本部

ミサト「はぁ!はぁ!どう!?二人の様子は!?」

リツコ「遅かったわね?」

ミサト「これでも相当飛ばして来たのよ!」

青葉「監視自体はごく順調ですが」

日向「時折シンジ君が頭を痛めたりしてますね・・・」

マヤ「シンジ君は何だか部屋全体を見回す様な仕草を見せる事もあります」

リツコ「まさかとは思うけど、気付かれてないでしようね?ミサト・・・」

ミサト「それはないと思いたいわね」

冬月「はじまったな」

ゲンドウ「あぁ・・・」

501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:08:14.61 ID:RABU6tp50

ミサト「監視対象のシンクログラフは?」

マヤ「シンジ君97%、アスカ92%です」

ミサト「大方順調ね・・・」

リツコ「まぁ、こんなものでしょう?上出来よ」

マヤ「モニターに反応!!シンジ君が!!」

青葉「ネコミミを要求しています!!」

ミサト「はぁ?」

青葉「ですから!!ネコミミを要求しています!!」

ミサト「はぁ?」

リツコ「ネコミミよ・・・わからないの?」

ミサト「ネコミミって?あの耳飾りのネコミミ?」

リツコ「そうよ」

マヤ「そうです」

ミサト「何の為に?」

青葉「さぁ?これから見ればわかるんじゃないですか?」

505 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:15:09.53 ID:RABU6tp50

ミサト「しかも私が居ないのを見計らってるわね・・・これ・・・」

マヤ「本当は嫌われてるんじゃないですか?」

リツコ「いちゃいちゃしたいなら、正直邪魔よね」

ミサト「そんな・・・」

『シンジ「だって・・・いつもアスカはツンツンしてホントのアスカ見せてくれないから」』

日向「これじゃまるで二人の時は常にネコミミって言ってる様なモンですね」

青葉「悲しいやら羨ましいやら」

マヤ「日本の未来が心配です」

『アスカ「私のイメージが壊れるでしょ!バカシンジ!!」』

リツコ「残念、もうあなたのイメージは常時ネコミミよ」

青葉「こいつはクールだぜ」

日向「イメージ戦略とは恐れ入った」

507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:22:36.37 ID:RABU6tp50

『アスカ「にゃ・・・にゃあ〜・・・」』

日向「なん・・・だ・・・と・・・」

青葉「これは凄いイメージ戦略だ!!」

リツコ「男共には効果あるみたいね?マヤ・・・」

マヤ「にゃあ〜・・・こうですか?わかりません・・・」

リツコ「甘いわね・・・もっとネコ撫で声で媚びる様に言うのがポイントよ?」

マヤ「に・・・にゃぁ〜・・・恥ずかしいですぅ!!」

冬月「碇・・・始末に負えんぞ?」

ゲンドウ「あぁ・・・やらせておけ」

リツコ「いい?マヤ、お手本(アスカ)の様にすると・・・」

『シンジ「アスカぁああああ!!!」』

リツコ「こうなるわ、覚えておきなさい?」

マヤ「先輩・・・私にはレベルが高過ぎますぅ・・・」

青葉「マヤちゃぁああああああん!!!!」

日向「マヤちゃぁああああああん!!!!」

585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 11:03:56.46 ID:RABU6tp50

マヤ「ゴミムシ野郎は死ぬにゃぁ〜」

リツコ「あら、二人には冷たいのね?」

マヤ「生理的に受け付けないんです・・・なんででしょうか?」

日向「酷い」

青葉「死にたい」

『アスカ「あぁ!もう!!すぐそうやってマタタビ出すんだから!!」』

冬月「おい碇、お前の息子は何をしている?」

ゲンドウ「見ての通りだ、マタタビでじゃれようとしている」

冬月「どこであんな遊びを覚えたんだ?」

ゲンドウ「推測だが幼少期の記憶にあの様な遊び方が焼き付いているのだろう」

ゲンドウ「シンジが幼い頃、私たちもマタタビでよくじゃれ合っていた・・・」

冬月「お前とユイ君にそんな性癖があったとは・・・原因はお前か」

ゲンドウ「あぁ・・・」

冬月「両親のごっこ遊び・・・トラウマものだな・・・」

ゲンドウ「・・・」

591 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 11:15:56.91 ID:RABU6tp50

マヤ「・・・なんなんですかこれ?」

リツコ「見ての通り、ハンバーグに固執するネコとマタタビでじゃれようとする犬ね」

ミサト「あの子達・・・私の前では平然と日常を装っていたのね」

青葉「どちらが演技だかわかりませんね」

日向「案外どっちも本物なんじゃないですか?」

リツコ「人の持つ二面性が如実に現れている良い例ね」

ミサト「ペンペンが見てるのに・・・あの子達」

リツコ「ペンペンどころか、今は私たちも見ているわ」

マヤ「高精細サラウンド音源で、更にはその時々の心音の変化、神経パルスの異常・・・脳波探知機能から気分の高揚まで」

マヤ「MAGI全面バックアップの元、もれなく記録されています」

ミサト「これからあの二人にどう接して行けば良いのかわからなくなってきたわ・・・」

リツコ「普通で良いのよ・・・今まで通り、普通で」

ミサト「あの子達がもう普通じゃないわ」

マヤ「それもそうですね・・・あ、二人動きました!追います!!」

593 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 11:22:57.76 ID:RABU6tp50

葛城家

アスカ「まだぁ〜?」

シンジ「ごめん、お待たせ!」

アスカ「むふふー!シンジのハンバーグ〜♪」

アスカ「いただきまーす♪」

シンジ「召し上がれ」

アスカ「ん・・・」(もぐもぐ)

アスカ「今日も・・・」(もぐもぐ)

アスカ「味付けは・・・」(もぐもぐ)

アスカ「完全に・・・」(ごっくん)

アスカ「私好みにゃ〜♪」

シンジ「良かったワン!」

アスカ「むふ・・・このバカ犬っ!」

ガチャ

マリ「邪魔するよ〜?」

594 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 11:28:17.30 ID:RABU6tp50

アスカ「!!!!!!!!」

シンジ「!!!!!!!!」

ペンペン「!!!!!!!!」

マリ「ワンコ君の家から良い臭いがして来たからぁ〜・・・」

マリ「ついつい寄ってしまっ・・・た・・・?・・・にゃー・・・ん?」

マリ「姫・・・?」

アスカ「!!!!??」

マリ「その頭の上の・・・」にまー

マリ「何かニャ!?」ニヤリ

アスカ「〜〜〜〜〜〜!!!!!!!」カァァ

マリ「何かニャ〜?」

アスカ「こ・・・ここコレ!?あ・・・あああああのあの・・・そのその・・・えーっと・・・」

アスカ「そう!!ネルフから供給された、新型のヘッドセットで!!」

マリ「へぇ〜・・・?カワイイデザインだねぇ〜?姫が進んでつけるとは思えないくらい」ニヤニヤ

595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 11:34:05.40 ID:RABU6tp50

アスカ「あうぅ・・・バカね!イヤイヤに決まってるでしょ!?」

アスカ「それに!新型だからシンクロ率の上がり方も半端ないのよ!!」あせあせ

シンジ(苦しい・・・)

ペンペン「・・・」じーっ

マリ「へぇ〜?・・・ふぅーん?」

マリ「じゃあさ、それ・・・」

アスカ「何よ!?」

マリ「私にも付けさせて欲しいなー♪」

アスカ「い・・・いいわよ!!ホラ!!」

マリ「にゃーん!」装備

マリ「おほっ!どうかニャ!?ワンコ君!!似合うぅ〜?」

アスカ「フン!!私の方が似合うわね!!コネメガネは普段にゃんにゃん言ってりゃ十分よ!!」

マリ「姫には聞いてないよ〜?・・・ね?ワンコ君?」

シンジ「え・・・あ・・・うん」

マリ「どう〜?」

596 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 11:40:42.07 ID:RABU6tp50

アスカ「・・・」じーっ

ペンペン「・・・」じーっ

シンジ「あ・・・その、似合ってるんじゃないかな?はは・・・」

マリ「むー?反応薄いニャ!そんなじゃモテないぞ!ワンコ君〜?」

アスカ「フン!シンジはアンタみたいな色魔に興味ないのよ!!」

マリ「あれあれ〜?姫はワンコ君の事な何でも知ってる様な口ぶりだねぇ〜?」

マリ「さては・・・」

アスカ「!!!!!!」

シンジ「!!!!!!」

マリ「犬博士だなっ!?」

ペンペン「・・・」じーっ

マリ「ま、そんな事はどうでもいいんだけど・・・」

マリ「ワンコ君、お腹空いたぁ〜!」

シンジ「え?」

マリ「私にもハンバーグ出してよー?」

597 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 11:45:21.27 ID:RABU6tp50

シンジ「あ・・・えっと、今から作らなきゃいけないから・・・」

マリ「オッケー!待つ待つ!!」

シンジ「じゃあ・・・」

アスカ「〜〜〜〜!!!」むすー

アスカ(何よ!!私だけのハンバーグなのに!!コネメガネのヤツ!!邪魔すんな!!)

アスカ(・・・などとは言えず)

マリ「姫〜?」

アスカ「何!?」

マリ「目が怖いよ?」

アスカ「生まれつきこの目よ!!文句ある!?」

マリ「嫉妬心、隠し切れてないねぇー♪」

アスカ「誰が!!」

マリ「姫?」

アスカ「何よ?」

マリ「何度も言うけど、ちゃんと素直になった方が良いよー?」

601 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 11:54:51.84 ID:RABU6tp50

アスカ「何度もって・・・そんなのアンタに言われたの初めてよ!余計なお世話!!」

マリ「ふふ・・・何度も言ってるの!」

マリ(何度も何度も・・・何度言っても聞いてくれないんだから・・・姫は・・・)

アスカ「?」

マリ「ハイ姫!コレ返すね?あと、ネコミミのお礼にプレゼント!!」

マリ「ちゃんとワンコ君に首輪、付けとかないとダメだよ?」

アスカ「はぁ・・・?何の事?」

マリ「まぁまぁ!!気にしない気にしない!!いずれわかるからさっ!!」

マリ「あ!ワンコ君!!急用出来ちゃった!!私、急ぐから帰るね〜?」

シンジ「そうなの?もう少しで焼き上がるから、食べて行けばいいのに・・・」

マリ「ごめんごめーん!急ぎでさ!!姫にあげたら喜ぶんじゃニャいの〜?」

アスカ「バカメガネ!!そんな大食らいじゃないわよ!!失礼ね!!」

マリ「これは失敬失敬!!じゃねー!!」

バタン

ペンペン「・・・」じーっ

604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 12:05:34.06 ID:RABU6tp50

ネルフ本部

リツコ「ご満悦ね、アスカ」

マヤ「腹立つくらい良い顔してますね」

ミサト「あんなアスカ、生では一生見れないわね・・・」

青葉「クソが!死ねよシンジ君!!」

日向「交代だ!!初号機でも何でも乗ってやる!!ポジションチェンジを要求する!!」

マヤ「こっちのゴミクズ二人にはツボのようですね」

リツコ「あなたが癒してあげれば?彼らの怒りも収まるかも知れないわ?」

マヤ「ゴミに媚びる顔は持ってないみたいですぅ・・・」

青葉「クソが」

日向「死ね」

マヤ「あ?何か言った?」

青葉「いえ」

日向「哀れなゴミに口はないです」

マヤ「よし」

607 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 12:16:54.75 ID:RABU6tp50

ミサト「マヤちゃん・・・飼いならそうとしているの?」

リツコ「何かに目覚めそうね」

『ガチャ』

冬月「!!」

冬月「まずいな」

ゲンドウ「あぁ・・・」

冬月「アレと接触があったパターンでは碌な事が起きた試しがない・・・」

ゲンドウ「死海文書の記述ではアレとの接触は鳥の覚醒を促す一因とある」

冬月「光の翼・・・第14の使徒、PENPENの覚醒か・・・」

ゲンドウ「だが・・・今のPENPENに知恵の実はない・・・」

冬月「様子を見るか?」

ゲンドウ「あぁ・・・」

『マリ「邪魔するよ〜?」』

冬月「やはり来たか・・・」

ゲンドウ「ゼーレめ・・・余計な事を・・・」

611 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 12:32:54.81 ID:RABU6tp50

マヤ「モニターに反応!!これは・・・真希波マリイラストリアスです!!」

リツコ「何しに来たの?あの子・・・」

ミサト「あ・・・今回の件、あの子に通達忘れてたわ」

リツコ「あなた・・・」

ミサト「ごめーん!忙しくって」

『アスカ「!!!!!!!!」
シンジ「!!!!!!!!」
ペンペン「!!!!!!!!」』

ミサト「凄い驚き様ね・・・」

日向「あのいちゃいちゃの最中、急に人が入ってくれば誰でも驚きますよ・・・」

冬月「碇!PENPENの反応を見たか!?」

ゲンドウ「あぁ・・・今までの反応とは違う、警戒しておけ・・・」

冬月「場合によっては」

ゲンドウ「あぁ・・・レイを動かす」

ゲンドウ「伊吹二尉・・・ペンギンを含めた部屋に居る全員の心理グラフを出せ」

マヤ「はい!」

614 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 12:53:54.72 ID:RABU6tp50

マヤ「出ました!!」

日向「主モニターに表示します」

マヤ「碇シンジには若干の動揺が見られますが、シンクロ率は安定」

マヤ「式波アスカラングレーは・・・大きく動揺していますが、こちらもシンクロ率に変化はなし」

マヤ「真希波マリイラストリアスは・・・微動だにしていませんね」

マヤ「ペンペンは・・・大きく動揺しましたが、アスカの声の大きさに反応しただけのようです」

マヤ「司令?ペンペンを調べる意味、あったんですか?」

ゲンドウ「気にするな・・・念のためだ・・・」

マヤ「はぁ・・・?」

ゲンドウ(鳥はトリガーではないのか・・・?)

ゲンドウ(だが油断は出来ん・・・あの鳥は逐一人間の様子を観察している節が見られる)

ゲンドウ(9匹の白きウナギ・・・巨大な光の鳥・・・これらの覚醒は何としても阻止せねば)

ゲンドウ(人類に未来はない・・・)

619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 13:00:36.76 ID:RABU6tp50

日向「でも何故彼女がここに?」

青葉「さぁ・・・?」

『マリ「ワンコ君の家から良い臭いがして来たからぁ〜・・・」』

マヤ「匂いに釣られたんですね」

『マリ「ついつい寄ってしまっ・・・た・・・?・・・にゃー・・・ん?」』

マヤ「あ、気付いた!」

ミサト「これでアスカのイメージ戦略もおしまいね」

リツコ「相手があの子なら、尚更ね」

『アスカ「〜〜〜〜〜〜!!!!!!!」カァァ』

ミサト「照れてる照れてる〜♪」

リツコ「これは恥ずかしいわね」

マヤ「私なら自殺コースです」

『アスカ「こ・・・ここコレ!?あ・・・あああああのあの・・・そのその・・・えーっと・・・」』

青葉「現在、思考中!」

マヤ「アスカの心理グラフ、反転!!」

621 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 13:11:31.55 ID:RABU6tp50

『アスカ「そう!!ネルフから供給された、新型のヘッドセットで!!」』

リツコ「そんな物、供給してないわ」

ミサト「もう少しマシな言い訳出来ないものかしら?」

リツコ「よしんばネコミミ型ヘッドセットなんて代物、開発したとしても・・・赤は無いわ」

ミサト「何色ならいいのよ?」

リツコ「当然、黒よ」

ミサト「・・・」

リツコ「あら?不服かしら・・・?ネコミミは黒が至高!黒猫は世界に愛を届けるのよ?」

ミサト「そもそも軍事利用前提のインターフェイスがネコミミなんて、正気の沙汰じゃないわー」

リツコ「脳味噌筋肉のミサトには、遊び心なんてわからないのね・・・可哀想」

ミサト「ぬぁんですってえええええ!?」

ミサト「私だってねぇ!!ネコミミでもイヌミミでもつければ・・・!!」

リツコ「30前の女がそんなもの付けた姿を想像してごらんなさい?」

青葉「痛い」

日向「僕は・・・葛城さんならアリです」

625 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 13:19:55.44 ID:RABU6tp50

ミサト「ありがとう、日向君・・・青葉は死ね」

青葉「すいません」

マヤ「葛城さんに取り入ろうとする日向さん・・・気持ち悪すぎますぅ・・・」

日向「酷い」

わーきゃーぎゃーぎゃー

冬月「無様だな、大人の職場とは思えん」

ゲンドウ「あぁ・・・」

マヤ「待って下さい!!真希波が・・・」

『マリ「にゃーん!」装備』

青葉「ぐはぁああああ!!!」

日向「おぐぅうう!!!!」

冬月「ぐぁああああ!!!」

ゲンドウ「がはぁああああ!!」

マヤ「野郎、悶絶!!」

リツコ「なんて事!?」

637 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 13:33:55.52 ID:RABU6tp50

『アスカ「フン!!私の方が似合うわね!!コネメガネは普段にゃんにゃん言ってりゃ十分よ!!」』

青葉「バカか!!テメェ!!?普段からニャンニャン媚びてるから効果があるんだろうが!!クソが!!」

日向「ハッ!・・・これだから素人は困る・・・貧乳クソ外人は回れ右して祖国に帰れ!!」

ゲンドウ「シンジの私的占有、稚拙な恫喝・・・これらは全て犯罪行為だ」

ゲンドウ「何より・・・」

冬月「?」

ゲンドウ「巨乳メガネアヒル口を馬鹿にした罪は重い・・・」

ゲンドウ「原罪の汚れなき世界を愚弄する者の末路は死だ・・・」

ゲンドウ「総員、第一種戦闘配置・・・現時刻を持って式波アスカラングレーを使徒と認定、殲滅しろ」

青葉「よっしゃぁあああああ!!!ブチかませぇええええええ!!!!」

ミサト「司令!!やめて下さい!!」

リツコ「おふざけがすぎますわ、司令」

マヤ「このバカ共・・・汚らしい・・・!!」

ゲンドウ「・・・」しょぼん

冬月「無様だな」

641 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 13:42:22.74 ID:RABU6tp50

マヤ「そんな事言ってる間に、アスカ・・・鬼畜の形相でシンジ君を睨みつけてますよ?」

『アスカ「・・・」じーっ』

ミサト「殺気を感じるわね」

リツコ「これは下手な事言えないわ」

マヤ「その様子を逐一真顔で眺めるペンペン・・・」

『ペンペン「・・・」じーっ』

青葉「シュールだ・・・」

日向「声すら発しませんね・・・」

青葉「死んだ目で眺めてますよ・・・あの鳥・・・」

ミサト「悪意すら感じるわね」

リツコ「ただの鳥よ?悪意も何もありえないわ・・・」

冬月「だと良いがな・・・」

ゲンドウ「あぁ・・・」

643 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 13:52:46.95 ID:RABU6tp50

『シンジ「あ・・・その、似合ってるんじゃないかな?はは・・・」』

リツコ「かわした・・・」

青葉「碇シンジ・・・恐ろしい子!!」

日向「殺気を感じ取ったか?」

ミサト「これが・・・人類の革新・・・?」

冬月「大袈裟だな」

マヤ「あれだけ凄い形相で睨まれてたら、普通言葉は選びますよ」

『マリ「むー?反応薄いニャ!そんなじゃモテないぞ!ワンコ君〜?」
アスカ「フン!シンジはアンタみたいな色魔に興味ないのよ!!」』

ミサト「言うよねー・・・アスカのヤツ」

日向「まぁ、二人の時のイチャつき様を思えば当然ですね」

青葉「俺なんて興味しか湧かないぞ?」

マヤ「てめーはイチイチきったねーな?」

青葉「はい、すみません」

マヤ「おう」

646 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 14:03:35.40 ID:RABU6tp50

『マリ「あれあれ〜?姫はワンコ君の事な何でも知ってる様な口ぶりだねぇ〜?」
マリ「さては・・・」』

青葉「お!流石にこれは気付くか?」

ミサト「二人きりの様子を見てないのに気付けるなんて、鼻がきくわね!!」

『マリ「さては・・・」
アスカ「!!!!!!」
シンジ「!!!!!!」』

マヤ「大変です!!二人の心理グラフが大きく乱れています!!」

リツコ「まずいわ!!このままでは・・・」

『マリ「犬博士だなっ!?」』

日向「え・・・?」

青葉「はぁ・・・?」

リツコ「意味がわからないわ」

ミサト「解析!!急いで!!」

マヤ「はい!!」カタカタ・・・

マヤ「ダメです・・・!!MAGIを以てしても・・・」ふるふる

リツコ「ブラックボックス・・・?」

648 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 14:12:41.05 ID:RABU6tp50

リツコ「第666層までプロテクトがかけられている・・・これを解くのは至難の技ね」

ミサト「これ以上触れるな・・・って事かしら?」

マヤ「このくだりにこれ以上突っ込むと、大火傷しかねませんよ・・・」

リツコ「そう・・・研究者としては興味があるのだけれど・・・」

マヤ「犬博士・・・こんな言葉にブロックワードがかかっているなんて・・・?」

ミサト「人類が足を踏み入れるにはまだ早いと言う事なの・・・?」

冬月「きな臭いな・・・?」

ゲンドウ「あぁ・・・」

日向「ふむ・・・」

ミサト「日向君!?」

日向「わしの太極図なら開くやもしれんのぅ・・・」

青葉「誰?」

654 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 14:24:55.01 ID:RABU6tp50

『ペンペン「・・・」じーっ』

マヤ「ペンペンが真希波の様子をずーっと見ていますね?」

ミサト「ちょっと目がヤバいわね・・・」

リツコ「舐め回すような目つきね」

『マリ「ま、そんな事はどうでもいいんだけど・・・」
マリ「ワンコ君、お腹空いたぁ〜!」』

マヤ「あ!話を逸らしました・・・」

冬月「同時にPENPENの監視が緩くなったな?」

ゲンドウ「あぁ・・・」

冬月「禁止ワードを言わせない様にしている様にも見えるが・・・?」

ゲンドウ「・・・」

『アスカ「〜〜〜〜!!!」むすー』

青葉「不機嫌そうですね」

日向「わかりやすい」

マヤ「可愛らしいじゃありませんか?」

リツコ「他人にもわかる程強烈な嫉妬心を可愛いと言えるのも、いかがなものかしらね?」

660 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 14:52:19.74 ID:RABU6tp50

『マリ「何度も言うけど、ちゃんと素直になった方が良いよー?」』

冬月「碇・・・!!これは・・・」

ゲンドウ「あぁ・・・持っているな・・・」

冬月「ならば・・・」

ゲンドウ「気付いているだろう・・・おそらくな」

冬月「ゼーレめ・・・何のつもりだ?」

『マリ「ハイ姫!コレ返すね?あと、ネコミミのお礼にプレゼント!!」
マリ「ちゃんとワンコ君に首輪、付けとかないとダメだよ?」』

青葉「チッ!ネコミミタイム終了か・・・」

日向「疾ッ!残念だのぅ・・・」

ミサト「今、そよ風が・・・?」

リツコ「室内よ?気のせいでしょ・・・」

冬月「首輪か・・・」

ゲンドウ「待て、まだわからん・・・PENPENの動きも特に見られない」

冬月「様子見でいいんだな?」

ゲンドウ「あぁ・・・」

663 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 15:01:55.67 ID:RABU6tp50

葛城家

アスカ「はぁ・・・やっと帰ったわね」

シンジ「そうだね」

シンジ「あ、アスカ?ハンバーグまだ食べる?」

アスカ「あったり前でしょ!!バカシンジ!!」

シンジ「はいはい、そのバカになでなでされて喜んでるのは誰だよ?」なでなで

アスカ「にゃ・・・にゃにおぅ!?」カァァ

シンジ「ふふっ・・・」

ネルフ本部

ミサト「大見え切っといて結局食うんかい・・・」

リツコ「とんでもない裏表ね」

日向「アスカの言葉は対義語くらいに捉えた方が良さそうですね」

マヤ「撫でられながらハンバーグ食べて猫撫で声・・・ある意味地獄絵図ですね」

ミサト「見てる方のストレスは半端じゃないわー・・・」

青葉「前歯折ってやりたくなりますね」

665 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 15:05:28.93 ID:RABU6tp50

葛城家

いちゃいちゃ

いちゃいちゃ

わんわん

にゃんにゃん

ペンペン「・・・」じーっ

ネルフ本部

ゲンドウ「・・・・」じーっ

冬月「・・・」じーっ

リツコ「・・・」じーっ

ミサト「・・・」じーっ

青葉「・・・」じーっ

日向「・・・」じーっ

マヤ「・・・」じーっ

670 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 15:13:17.89 ID:RABU6tp50

ミサト「ぐがぁあああああ!!!我慢出来ない!!何で私の家で!!」

ミサト「あんなイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャ!!!!!」

ミサト「ふーっ!!ふーっ!!ふーっ!!ふーっ!!」

リツコ「何かが切れたわね」

青葉「今までの鬱屈した思いも全てぶちまけている様に見えます」

日向「葛城さん・・・寂しければ俺が・・・」

ミサト「うるさい!!さわんな!!」

日向「ひいっ!」

マヤ「キモ日向ざまぁ」

日向「もう立ち直れないかもしれない・・・」

冬月「無様だな」

ゲンドウ「あぁ・・・」

ミサト「司令!!私自宅に戻ります!!」

ゲンドウ「ならん」

ミサト「しかし・・・あのままでは!!息子さんが大人の階段を上りますよ!?」

674 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 15:20:41.72 ID:RABU6tp50

ゲンドウ「心配には及ばん、すでに手は打ってある」

ミサト「な・・・?」

ゲンドウ「君は安心してそこに居たまえ」

ゲンドウ「君は現在の二人の保護者だ・・・その義務がある」

冬月(お前は実の親だろうに?責任を放棄しおって・・・)

ゲンドウ「赤木博士、レイを向かわせろ・・・」

リツコ「レイを!?」

ゲンドウ「あぁ・・・」

リツコ「わかりましたわ・・・」

冬月「なぜこのタイミングでレイを?」

ゲンドウ「・・・」ニヤリ

ゲンドウ「まぁ見ていろ、冬月・・・」

675 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 15:27:22.22 ID:RABU6tp50

葛城家

キィィ・・・パタン

レイ「お邪魔します」ぼそっ

シンジ「わんわん!!」

アスカ「にゃー!!」

レイ「・・・」じーっ

レイ(気付かれてないのね・・・)

アスカ「お手よ!!シンジ!!」さっ

シンジ「わんっ!」ぱしぃ

アスカ「よしよし、良い子ねっ!!」なでなで

シンジ「くぅーん・・・」

レイ「・・・」じーっ

ペンペン「・・・」じーっ

レイ「あなたも見ているの?」

ペンペン「・・・」じーっ

676 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 15:34:03.86 ID:RABU6tp50

ネルフ本部

マヤ「無線周波数、合いました・・・」

青葉「インカム、通信可能!」

ミサト「司令!!どうぞ!!」

ゲンドウ「あー・・・あー・・・聞こえるか?レイ・・・?」

『レイ「はい」』

ゲンドウ「これよりお前に任務を与える」

ゲンドウ「そこにいる二人に気付かれない様に」

ゲンドウ「先刻、真希波が持って来た『首輪』とやらを確認しろ」

『レイ「はい」』

ゲンドウ「居るか居ないか良くわからん影の薄いお前なら出来る・・・確認したら、わかっているな?」

『レイ「カメラに首輪を向けて合い言葉・・・」』

ゲンドウ「そうだ、健闘を祈る」

『レイ「はい・・・任務開始」』

679 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 15:42:00.13 ID:RABU6tp50

葛城家

シンジ「今度は僕の番だっ!!ほーらアスカ〜?マタタビだよぉ〜?」うりうり

アスカ「にゃあ!!・・・にゃにゃにゃ〜!!」つんつん

レイ「・・・ここまで気付かれないモノなのね」

シンジ「ほーれほれ」こちょこちょ

アスカ「にゃはは・・・くすぐったい〜・・・!!にゃあああああ!!!!」ごろごろ

レイ「行くわ・・・」

ペンペン「・・・」じーっ

レイ(距離、2000※約2m・・・)

ネルフ本部

日向「すごい・・・まるで空気そのものだ・・・」ゴクリ

青葉「ステルス機能でもついてるんですかね?」

ミサト「あのイチャつき具合を見て一切の動揺がないなんて・・・」

リツコ「ありえないわ!!」

マヤ「同じ空気を吸うだけで発狂しかねません・・・」

680 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 15:48:53.41 ID:RABU6tp50

葛城家

レイ(距離・・・1000※約1m)

レイ「あと・・・少し・・・」

アスカ「シンジばっかりズルい!!私もコチョコチョさせなさいよ!!」こちょこちょ

シンジ「やめてよアスカ!!にゃは・・・にゃははは・・・!!」けらけら

シンジ「くすぐったいよ〜」けたけた

アスカ「むー!私にはたくさんたくさんして来る癖に!!生意気よっ!!」こちょこちょ

シンジ「あひゃひゃひゃ・・・」

ネルフ本部

青葉「クソ!!忌々しい!!」

日向「見るに耐えません・・・」

リツコ「もうなんか邪魔してやればいいのに・・・!!」

ミサト「レイ!!アイツらの頭蹴り飛ばしてやりなさい!!」

ゲンドウ「ならん・・・首輪の確認が最優先だ」

マヤ「クソ組織崩壊しろ」

685 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 15:56:13.36 ID:RABU6tp50

葛城家

レイ(あった・・・包装紙に包まれているのね・・・)ガサゴソ

レイ「司令・・・ありました」ばっ

『ゲンドウ「ご苦労」』

レイ「合い言葉・・・じょーずに盗れました・・・」ぼそっ

『ゲンドウ「よし・・・静止画を解析に回す、首輪を保持したまま」』

『ゲンドウ「そこのペンギンと一緒に風景の一部になっていろ」』

レイ「はい」

レイ「・・・」じーっ

ペンペン「・・・」じーっ

ネルフ本部

マヤ「画像!解析に回します!!」

青葉「すごい!!完全に景色と同化している!!」

冬月「あの合い言葉はお前の趣味か?」

ゲンドウ「あぁ・・・」

690 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 16:09:02.18 ID:RABU6tp50

葛城家

いちゃいちゃ

わんにゃん

レイ「・・・」じーっ

ペンペン「・・・」じーっ

ネルフ本部

マヤ「解析!終了!!」

ゲンドウ「・・・結果は?」

マヤ「それが・・・」

マヤ「首輪はチョーカー型の高性能爆弾です!!」

冬月「真希波め!!サードインパクト自体を消滅させるつもりだったのか!?」

ゲンドウ「しかしコレで中身は割れた・・・幾らでも対策は打てる」

ミサト「私の家が吹き飛ぶ所だったじゃない・・・!!」

リツコ「アレをシンジ君の首に任せようとしてたと言うの?・・・アスカの手で・・・!!」

青葉「外道ですね」

694 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 16:14:12.93 ID:RABU6tp50

葛城家

『ゲンドウ「レイ、聞こえるか?」』

レイ「はい・・・」

『ゲンドウ「いいか?その首輪は嵌めてはならん・・・」』

『ゲンドウ「使用する場合はこちらで指示する」』

レイ「はい」

『ゲンドウ「それまでは引き続き置物になっておけ」』

レイ「はい」

ペンペン「・・・」じーっ

レイ「私は何?・・・私は・・・置物・・・」じーっ

わんにゃん

いちゃいちゃ

レイ「この気持ちは何?・・・碇君・・・」

レイ「これは・・・涙・・・?」

レイ「泣いているのは・・・私?」

699 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 16:21:46.93 ID:RABU6tp50

ネルフ本部

ミサト「レイ・・・?泣いてない?」

リツコ「まさか!ありえないわ・・・」

青葉「レイに感情はありませんよ?」

ミサト「でも・・・あれ・・・」

マヤ「あんなモノ見せつけて置物プレイなんて・・・」

日向「司令、レベル高過ぎですね・・・」

ゲンドウ「問題ない」

冬月「ユイ君にこんな事をさせる者が居たら、お前はどうするだろうな?碇・・・?」

ゲンドウ「無論、殲滅する」

ゲンドウ「細胞核の一つに至るまで徹底的に消滅させる」

冬月「レイはユイ君のクローンだろう?」

ゲンドウ「だがアレはユイではない・・・ユイの形をしたモノだ」

ゲンドウ「私のオモチャだ」

冬月「クソ外道め」

702 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 16:27:35.93 ID:RABU6tp50

葛城家

わんにゃん

いちゃいちゃ

レイ(もう何時間こうしているのか、わからないわ・・・)

レイ(これが地獄なのね・・・)

レイ「・・・」じーっ

レイ「私は置物じゃない」

ペンペン「くわ?」

レイ「これは私の意志・・・」

レイ「死にたいと願う私の意志・・・」

レイ「絶望に満ち満ちている私の心・・・」

ペンペン「くわー!!くわーぁあああ!!」

レイ「さよなら」

シンジ「綾波!?」

アスカ「いつからそこに居るのよ!!エコヒイキ!!」

705 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 16:34:54.93 ID:RABU6tp50

ネルフ本部

マヤ「・・・!!レイの心理グラフが・・・!!大変です!!デストルドー形成!!」

リツコ「なんですって!!?」

ミサト「バカ!!爆弾に手を・・・!!」

冬月「レイ・・・」

ゲンドウ「使えん・・・」

マヤ「モニターに新たな反応あり!!これは・・・!?」

青葉「ペンペンが呼びかけています!!」

マヤ「ペンペンから高エネルギー反応!!」

冬月「何!?動き出したか!?」

ゲンドウ「いかん!!レイ!!その鳥に首輪を嵌めろ!!」

マヤ「ダメです!!レイは自分の首に・・・!!」

710 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 16:42:22.86 ID:RABU6tp50

葛城家

アスカ「何してんのよ!!私の首輪にッッ!!」げしっ

レイ「あうっ・・・」

レイ「まだ・・・死ねないのね・・・」

アスカ「いきなり現れたと思ったら!!何窃盗働いてんのよ!!信じらんない!!」

ペンペン「くわーっ!!」ぱしっ

アスカ「ペンペン!ナイス!!取り返してくれたのね!?」

ペンペン「くわーっ!!」カッ

アスカ「何!?まぶしい・・・っ!!」

シンジ「光の・・・鳥・・・!?」

シンジ「うわぁあああああああ!!!!!!はぁあああああああああああ!!!!!!!」

アスカ「バカシンジ!!大丈夫!?」

シンジ「はああああああ!!!!!ああああああああ!!!!!!!うあぁああああ!!!!!」

レイ「・・・!!!!」

714 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 16:48:40.16 ID:RABU6tp50

ネルフ本部

ミサト「ナイス!アスカ!!」

リツコ「ふぅ・・・自殺は止められたわね・・・」

『ペンペン「くわーっ!!」ぱしっ』

冬月「何だと!?自ら首輪を奪取した!?」

ゲンドウ「何故だ・・・?」

マヤ「ペンペンの周辺の磁場が・・・異常に上昇しています!!」

リツコ「ありえないわ!!」

マヤ「ペンペン、アンチATフィールドを形成!!」

『ペンペン「くわーっ!!」カッ』

マヤ「閃光でモニター出来ません!!」

『シンジ「光の・・・鳥・・・!?」』

冬月「光の鳥だと・・・!?」

ゲンドウ「あぁ・・・死海文書の記述にあった・・・まさか、覚醒したか・・・!?しかし・・・!!」

718 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 16:58:28.25 ID:RABU6tp50

葛城家

???「はじめまして」

???「碇シンジ君・・・」

シンジ「・・・?何・・・誰なの・・・?」

???「この姿で会うのは・・・この世界では初めてだね・・・」

???「僕はカヲル・・・渚カヲル」

カヲル「ついさっきまでは・・・PENPENと呼称されていた第1の使徒・・・それが僕さ」

シンジ「ペンペン・・・?君がペンペンなの!?」

アスカ「どういう事よ!!なんでペンペンがいきなり使徒になって、しかも人間の格好してんのよ!?」

カヲル「君は黙っていてくれないかな?式波アスカラングレー・・・」

アスカ「な・・・!!」

カヲル「危うく綾波レイが爆発する所だったよ・・・」

シンジ「爆発?・・・何を言ってるかわからないよ・・・ペンペン?」

カヲル「ペンペン・・・呼び名はそれでもいいさ、シンジ君」

カヲル「そう、僕は・・・ペンペンは君達をずっと監視して来た・・・最悪の事態を引き起こさせない為にね」

721 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 17:07:23.87 ID:RABU6tp50

シンジ「何だよ・・・最悪の事態って・・・?意味がわからないよ!!僕はただアスカとワンニャンしてただけじゃないか!!」

シンジ「それが・・・何で綾波が爆発しそうになったり・・・!?」

カヲル「悲しみ」

シンジ「悲しみ・・・?」

カヲル「意中の相手と眼前でイチャつかれる悲しみ・・・それが彼女を自殺へと駆り立てた」

レイ「・・・」

カヲル「僕が止めたけどね・・・」

シンジ「それは助かったけど・・・!!それとペンペンの言う最悪の事態と、何が関係あるんだよッッ!!」

カヲル「・・・サードインパクト」

シンジ「・・・え?」

カヲル「君と式波アスカは結ばれてはいけない・・・!!」

カヲル「君達が結ばれると世界が崩壊するからね・・・」

シンジ「わけわかんないよ!!いきなり人間になったと思ったら!!何なんだよ!!ペンペン!!」

アスカ「そうよ!!私たちがどれだけイチャつこうが勝手よ!!」

アスカ「そんな事で世界が崩壊したら何回世界が崩壊してるかわかんないわ!!」

726 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 17:16:48.48 ID:RABU6tp50

カヲル「ふぅ・・・してるんだよ・・・もう・・・」

カヲル「何度も何度も、何度も何度も・・・何度も何度も何度も何度も・・・」

カヲル「その度に僕はPENPENと呼ばれたり、アダムと呼ばれたり・・・色々な形で君達を引き離そうと・・・」

カヲル「シンジ君の・・・真の幸せを叶える為に、僕はこうして産まれては滅び、それを繰り返している」

カヲル「君の幸せは式波アスカの中にはないよ、シンジ君・・・?」

シンジ「僕の幸せは・・・僕が決めるよ!!ペンペンに決められる筋合いなんて無い!!」

カヲル「傲慢だね・・・流石はリリンの王、碇シンジ君だ・・・」

カヲル「でも、その意志が世界を滅ぼすんだよ・・・」

シンジ「リリンの王・・・?」

カヲル「そう、君は人類の頂点・・・神に最も近しい存在・・・その自覚を持つべきだね」

シンジ「自覚って・・・!?そんなの知らないよ!!僕は僕が大好きなアスカと一緒に暮らして行くんだ!!」

シンジ「ペンペンにそれを止める筋合いなんて無いよ!!」

アスカ「シンジ・・・」

カヲル「やっぱり、君は何時の世でもうるさい女だね・・・」

カヲル「殆どの世界は君のシンジ君への独占欲で崩壊していると言うのに・・・」

730 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 17:30:19.44 ID:RABU6tp50

アスカ「はぁ!?アンタ、いきなり人になったから脳みそぶっ壊れてんじゃないの!?」

アスカ「さっきから言ってる事が滅茶苦茶よ!!」

カヲル「君はいつでもシンジ君と二人きりの世界を望むんだよ」

カヲル「結果、君達二人以外の生命は滅びるんだ・・・そして君達は繁殖を繰り返し、子々孫々と世界をまた作って行く」

カヲル「そして人類、つまりリリンが一定数を超えた時にそれは起こる・・・」

カヲル「それが、セカンドインパクト・・・」

アスカ「な!!・・・フン!!そんな話、信じられないわ!!」

カヲル「信じる信じないは自由だよ・・・そして僕は・・・

カヲル「これから起こりうるサードインパクト、いや・・・事実上のファーストインパクトを力ずくでも阻止する」

カヲル「君達とこうして接触出来たのは実に53万回ぶりの事だからね・・・今回こそは、止めてみせるよ・・・」

カヲル「式波アスカ・・・君を殺してでもね・・・!!」

シンジ「な・・・!!」

アスカ「私を・・・?へぇ〜・・・ペンペンの癖に生意気よ!!唐揚げにしてやるわ!!」

シンジ「させないよ・・・ペンペン!!」

レイ「・・・」

737 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 17:39:21.73 ID:RABU6tp50

ネルフ本部

マヤ「閃光、消失!!モニター復帰します!!」

ビーッビーッ・・・

リツコ「アラート!?まさか!!使徒!?」

『???「僕はカヲル・・・渚カヲル」』

マヤ「パターン青!!間違いありません!!使徒です!!」

『カヲル「ついさっきまでは・・・PENPENと呼称されていた第1の使徒・・・それが僕さ」』

冬月「何!?PENPENは偽装コクーンか!?」

ゲンドウ「予想GUYデース」

冬月「碇!それ所ではない!!正気に戻れ!!」

ゲンドウ「・・・ハッ!!すまん、冬月」

リツコ「無理ないわ・・・使徒の遺伝子を解析した所、99.99999%人類の塩基配列と一致しているもの」

ミサト「擬態は可能・・・か、全く気付かなかったわね・・・」

マヤ「ペンギンに化けた美男子使徒・・・」ゴクリ

リツコ「マヤ!?正気?」

744 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 17:48:39.69 ID:RABU6tp50

葛城家

カヲル「綾波レイ・・・君はもう何もしなくていい」

カヲル「最後の時まで、そこで待っていてくれ」

レイ「・・・」

カヲル「この首輪を嵌めればそれでドン!だよ」

レイ「させない!!」ばっ

カヲル「な・・・!!なぜ・・・?」

レイ「セカンドが死ねば、碇君が悲しむわ・・・」

レイ「それはダメ・・・」

カヲル「くっ・・・な・・・首輪を・・・!!」

レイ「さよなら」カチャ

カヲル「やめろ!!この距離では・・・君も!!」ピピピピピ

レイ「いいの・・・もう・・・」ピピピピ

カヲル「また・・・僕は勝てなかったな・・・式波アスカ・・・いや真希波マリ、君に・・・」ピピピ

カヲル「完ぱ・・・」ドォオオオン!!!

747 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 17:57:37.88 ID:RABU6tp50

ネルフ本部

ゲンドウ「レイ・・・最後に役に立ったな・・・」

冬月「お前は本当に外道だな」

青葉「でも・・・これでは世界が崩壊するのが決まったのでは?」

日向「使徒の言う事ですよ?信用出来ませんよ・・・」

ミサト「あぁああああああ!!!家の設備内装が!!!」

リツコ「ミサト・・・今、気にするのはそこではなくてよ?」

ミサト「だってぇええ・・・」

マヤ「派手に部屋が荒れましたね?」

ミサト「うぅうう・・・」

マヤ「モニター類が全て壊されました・・・音声のみかろうじて生きてます」

748 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 18:02:02.41 ID:RABU6tp50

-SOUND ONLY-

シンジ「アスカ・・・大丈夫?」

アスカ「けほっ・・・けほっ・・・」

シンジ「良かった・・・爆発に巻き込まれて死ぬかと思ったよ・・・」

アスカ「とんだ修羅場ね・・・」

シンジ「二人は・・・」

アスカ「生きてないでしょうね・・・」

シンジ「見に行った方がいいかな・・・?」

アスカ「一応ね・・・」

シンジ「うん」

シンジ「・・・っ!!」

アスカ「・・・っ!!おえっ・・・げほっ・・・がはっ・・・」

シンジ「うわぁああああああああああ!!!!!!!!はぁあああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」

アスカ「う・・・げほっ・・・落ち着きなさいよ、バカシンジ!!」

シンジ「だって・・・ペンペンの・・・首が・・・!!」

751 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 18:08:56.21 ID:RABU6tp50

シンジ「それに・・・綾波だったモノまで・・・うえっ・・・おぇ・・・ッッ!!」

アスカ「もう見ないで部屋に行きましょ・・・!!」

シンジ「うん・・・」

アスカ「大丈夫よ・・・私がアンタを守るから・・・」

シンジ「僕だって・・・アスカを守る・・・!!」

シンジ「ペンペンの言ってた事なんか・・・わかんないよ!!今生きてるのは僕たちなんだから・・・」

アスカ「そうよ・・・私はアンタが好き・・・だから一緒になりたい・・・ただ、それだけ・・・」ぎゅ

シンジ「僕だってそうさ・・・」ぎゅっ

アスカ「シンジ・・・」

シンジ「アスカ・・・」

アスカ「私と一つになりたい?」

アスカ「それはとてもとても気持ちの良い事なのよ?」

アスカ「私が全部、いやな事も何もかも・・・忘れさせてあげる・・・」ニヤリ

シンジ「うん・・・アスカ・・・ありがとう・・・」

755 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 18:12:45.79 ID:RABU6tp50

I know, I know I've let you down
I've been a fool to myself
I thought that I could
live for no one else

アスカ「おいで、シンジ・・・私がアンタの全てになってあげる・・・」

シンジ「アスカ・・・アスカァアアアア!!!!!」

アスカ「んっ・・・あぁ・・・」

But now through all the hurt & pain
It's time for me to respect
the ones you love
mean more than anything

アスカ「フフフ・・・アンタはいつでも私のモノ・・・」

アスカ「アンタは私だけ見てれば良いの・・・」

アスカ「ずっとずっと二人きりの世界で・・・」

アスカ「永遠に仲良く暮らして行くの・・・!!」

アスカ「さぁ・・・私に還りなさい?シンジ・・・」

シンジ「うわぁあああああああああ!!!!!!!!はああああああああああああああ!!!!!!!!」

763 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 18:18:59.23 ID:RABU6tp50

So with sadness in my heart
(I)feel the best thing I could do
is end it all
and leave forever

ミサト「爆発音!?」

リツコ「爆心地は!?」

ミサト「私の・・・家・・・?」へなへなへな・・・

ミサト「まだローンが残ってるのにぃいいい!!!」

リツコ「それ所じゃないって言ってるでしょ!!さっきから!!」

what's done is done it feels so bad
what once was happy now is sad
I'll never love again
my world is ending

冬月「あの惨事を目にしても覚醒するか!?」

ゲンドウ「・・・惨劇を目にして生存本能を刺激されたか」

冬月「吊り橋効果と言うヤツだな・・・」

リツコ「巨大な・・・アスカ・・・?」

マヤ「いやぁあああああああああ!!!!!きゃああああああああああああああ!!!!!」

769 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 18:30:30.66 ID:RABU6tp50

I wish that I could turn back time
cos now the guilt is all mine
can't live without
the trust from those you love

シンジ「僕がどうなったっていい!!世界がどうなったっていい!!」

シンジ「アスカだけは・・・それが僕の願いなんだッッ!!!!!!!!」

アスカ「嬉しい・・・シンジ・・・あっ・・・んふぅ・・・」

シンジ「はぁあああああ!!!!!くああああああああああああ!!!!!!!!」

アスカ「あぁ・・・ん・・・にゃっ!にゃっ!!にゃっ!!」

アスカ「にゃぁああああああ!!激しいよぅ・・・壊れりゅううううう!!!!シンジぃ!!!!!!!」

I know we can't forget the past
you can't forget love & pride
because of that, it's kill in me inside

冬月「世界の崩壊と始まり・・・死海文書の結末はいつもこれか・・・」

ゲンドウ「あぁ・・・式波大尉の因子が強すぎる・・・我々の望む補完を成就させるには・・・リリンは脆弱すぎる」

冬月「リリスの化身たる式波アスカ・・・我々の記憶が戻る頃には、常にお前の息子は彼女の手の内か・・・」

ゲンドウ「それでも僅かに針は進んでいる・・・第1使徒の接触成功は生命体にとっての大きな一歩だ・・・」

マヤ「もう嫌!!!!!!!!アスカ!?何でそんなにシンジ君が欲しいのぉおおおおお!!!!!!」

775 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 18:35:05.01 ID:RABU6tp50

リツコ「人の域に留めておいたアスカが本来の姿を取り戻していく」

リツコ「人のかけた呪縛を解いて人を超えた神に近い存在へと変わっていく」

リツコ「天と地と万物を紡ぎ相補性の巨大なうねりの中で自らエネルギーの疑縮体に変身させているんだわ」

リツコ「純粋に彼女の願いを叶える、ただそれだけのために!」

リツコ「この世界の理を超えた新たな生命の誕生」

リツコ「代償として古の生命は滅びる」

リツコ「そう・・・セカンドインパクトの続きサードインパクトが始まる・・・」

リツコ「世界が終わるのよ・・・」

786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 18:49:46.80 ID:RABU6tp50

カヲル「やあ、また会ったね?」

カヲル「今回は僕らしく首が爆発したね・・・」

カヲル「え?お前は結局何なんだって?」

カヲル「それはホラ・・・ご都合主義の便利キャラって事で許してくれるかな?」

カヲル「僕は自由意志の象徴だからね・・・」

ペンペン「くわー!」(コラ!)

カヲル「おっと、どうしたんだい?もう一人の僕?」

ペンペン「くわぁ!くわっ!くわぁあああああ!!シネ!!!」(ちげーよ!カス!2幕丸々出番奪いやがって!!)

カヲル「残念・・・もう死んでるね・・・僕」

ペンペン「アホー!!アホー!!」

カヲル「良いじゃないか・・・1幕は君が主役みたいなもんだっただろ?」

ペンペン「くわっ!!」(あの流れならまだ出張れた!!)

カヲル「さぁ、今回で槍でやり直すの流れを否定したね・・・」

カヲル「そう、槍ではやり直せない・・・では、槍は何の為に存在するのかな?」

ペンペン「クワ!クワ!!クワぁ!!」(知るか!ボケ!!ひっこめ!!)

790 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 18:56:20.46 ID:RABU6tp50

ミサト「明かされた輪廻の真実」

ミサト「それは繁栄と衰退を繰り返す一つの歴史でしかなかった・・・」

ミサト「アスカが繰り返す歴史占有の果てにあるものとは?」

ミサト「ついに動き出す真希波マリイラストリアス」

ミサト「碇シンジの精神は永遠にアスカに囚われたままなのか?」

ミサト「次回、アスカ「なんたらかんたらー!!」シンジ「どうたらー!!」」

ミサト「この次も、サービス!サービスぅ!!」

終劇



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「安価で行動するぜ!!」