アスカ「コネメガネの彼氏がシンジだった・・・」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒとキョンが安価で旅をするようです

ツイート

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:00:11.50 ID:xkJENFPj0

マリ「わんこくぅぅん♪」ギュゥ

シンジ「もうっ!休み時間くらい好きにさせてよぉ」

マリ「離すもんですかぁ〜」

トウジ「あぁあ、ホンマに毎日毎日」

ケンスケ「イチャイチャ、イチャイチャ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:05:56.38 ID:xkJENFPj0

ヒカリ「こぉぉらぁあ!!」

トウジ「ほぉら、言わんこっちゃない」

ヒカリ「あなたたち!!学校でそういうことするのはほどほどにしなさい!!!」

マリ「?」

マリ「なぁぜ?」

ヒカリ「そ、それは///まだ中学生なんだから!!なんていうか……」

ヒカリ「とにかく駄目!!/////」

マリ「や〜だねぇ!」ギュゥ

シンジ「もう…しょうがないな。真希波は」

ケンスケ「結婚式はよんでくれよな!」

トウジ「ワイが司会したるで!任せとき!」

ヒカリ「もうっ!二人ともぉ!」

アハハハハハ




アスカ「……」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:08:58.20 ID:xkJENFPj0

マリ「じゃぁ!予行練習ニャァ!」

ケンスケ「それでは、こほん…新郎新婦ならびに」

ヒカリ「はいはい!ストップ!!」

トウジ「せっかちやのぉ真希波は」

マリ「なんだったら、今すぐ結婚してもいいよ?ねぇ?ダーリン♪」

シンジ「あはは……ダーリンって」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:16:19.61 ID:xkJENFPj0

ヒカリ「もう……あのバカップルめ…」スタスタ

ヒカリ「?」

アスカ「……」ズーン

ヒカリ「アスカ……」

ヒカリ(そうだよね……ずっと碇くんのそばにいたのに…)

ヒカリ(あんなにも仲が良かったのに…)

ヒカリ(結ばれないなんて……こんな結果おかしいよね)グスンッ

ヒカリ「アスカ?」

アスカ「……」ズーン

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:23:44.20 ID:xkJENFPj0

ヒカリ「大丈夫?」

アスカ「はっ!」キョロキョロ

アスカ「ひ、ヒカリ?な、なにどうしたの?」アセアセ

ヒカリ「え?えっと…何か、落ち込んでるみたいだったから…」

アスカ「はぁああ?誰があそこいるのは本当だったら私だったのに」

アスカ「コネメガネのせいで調子狂わされて、みんなから夫婦みたい!とかラブラブ〜!とかって」

アスカ「あの2人が言われるたびに胸が苦しくなって…泣きそうになって」

アスカ「シンジに思いを伝えることができなかったことを後悔してるですって!!?」

ヒカリ「アスカ…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:39:42.80 ID:xkJENFPj0

ヒカリ「そんなこと……言ってないけど?」

アスカ「あぁあ!ったく!学校でいちゃつくなっての!」スタスタ

シンジ「真希波〜」

マリ「わ〜んこくぅん♪」ギュゥ

アスカ「ちょっと!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:47:59.84 ID:xkJENFPj0

マリ「姫?どしたの?」

シンジ「なんだよ!アスカ!僕達の恋の聖域を犯さないでよ」

アスカ「さっきから!鬱陶しいのよ!それ!」

シンジ マリ「?」

アスカ「ハグよ!!ハグ!!今すぐ離れなさいよ!」

マリ「えぇ、なんで〜」

シンジ「いいじゃないか!僕達の勝手だろ?他人がとやかく言うことじゃないよ!」

アスカ「他人…て……」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:51:50.95 ID:xkJENFPj0

トウジ「なんや!式波のやつ!ジェラシーむき出しやな!ジェラシー!」

ケンスケ「しょうがないよ。王子様を取られてしまったんだからね」

アスカ「な、何よ!!」ギロッ

トウジ「おぉ、こわいこわい」スタスタ

ケンスケ「コレじゃ、お姫様というより。白雪姫に嫉妬する継母だね」スタスタ

ヒカリ「こらっ!!二人共!!なんてことを!!」

アスカ「……」

ヒカリ「アスカ?あんな奴らのいうことなんか」

アスカ「」タッタッタッタ

ヒカリ「アスカ!!ちょっと!」


シンジ「さぁ、邪魔はいなくなったよ〜」

マリ「わんこ君は渡さないよ〜だ♪」

イチャイチャ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:53:50.65 ID:xkJENFPj0

屋上

アスカ「何よ!!みんなしてっ!!」シクシク

アスカ「こんなはずじゃっ!!こんなはずじゃなかったのに!!!」シクシク

アスカ「バカ……」

アスカ「一緒にくらしてんのに…」

アスカ「他人だなんて……」グスン

カヲル「おや?セカンドじゃないか」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:55:48.23 ID:xkJENFPj0

アスカ「何よ……泣いてなんかないわよ」ヒッグ

カヲル「ふふ、そうかい」

アスカ「悪いけど今はホモの相手する余裕ないんだけど」

カヲル「それにしても、驚いたな」

カヲル「君がシンジくんのことで涙をながすなんて」

アスカ「は、はぁ!?だから、泣いてないって!!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:58:38.58 ID:xkJENFPj0

カヲル「碇シンジとは結ばれる運命だった」

カヲル「そう思ってたんだろ?」

アスカ「はぁあ?そんなの当たり前じゃない!!じゃなくて違うわよ!!」

カヲル「……」

カヲル「だが、シンジくんは君を選ばなかった」

カヲル「なぜだか、わかるかい?」

アスカ(そんなこと……ずっとまえから死ぬほど考えてきたわよ…)

アスカ(結論は…)

アスカ「む、胸が……コネメガネより小さいから…」ショボンッ

カヲル「ふふ、それは違うよ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:04:12.67 ID:LVYKKpZ40

カヲル「僕達はね、自信の想いを相手に伝えるとき」

カヲル「言葉を使う」

アスカ「当たり前じゃない」

カヲル「そう、だから言葉自体が相手の意思そのものだと決めつけてしまう」

カヲル「本当に伝わったのは言葉だけなのにね」

カヲル「だれも他人の意思を知ることはできない。覗くことができない」

カヲル「ATフィールドが存在する限りね」

カヲル「それでも、僕たちは言葉を紡ぐ」

アスカ「何が言いたいのよ?」

カヲル「君の本当の気持ちは彼には届かなった」

カヲル「言葉でそれを伝えることができなかったからね」

アスカ「なっ……」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:07:24.47 ID:LVYKKpZ40

カヲル「君はいつも照れ隠しのつもりで君はシンジくんを蔑んだりしていたよね」

カヲル「その行為を愛情の裏返しだと理解する人もいる」

カヲル「君の友人のようにね」

アスカ「ヒカリぃ…」グスン

カヲル「でも、シンジくんはそうはいかない」

カヲル「彼の心はガラスのように繊細なんだ」

カヲル「いつも傷つくことを恐れている」

アスカ「……今更、そんなこと言われても」グスンッ

カヲル「うん、今更だね」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:10:36.15 ID:LVYKKpZ40

カヲル「思ったことをなんでもストレートに言葉にしてしまう真希波マリは」

カヲル「シンジくんと相性がよかったんだね」

アスカ「何よ……完敗じゃない…私」グスンッ

アスカ「はぁ……もっと、素直になればよかったわ」

アスカ「うぅ……」シクシク

アスカ「出会った頃に戻りたい……」ウエーン

アスカ「シンジにもっと優しくすればよかった……」ウエーン

カヲル「悲しいね」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:12:42.22 ID:LVYKKpZ40

カヲル「それじゃぁね」クルッ

アスカ「結局、アンタは私に後悔させたかったわけ?」

カヲル「もう少し、自分に素直に生きればいい」

カヲル「それを言いたかっただけさ」ニコッ

アスカ「」

アスカ「何よ…ホモのくせに」ウルッ

アスカ「バカ…」グスンッ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:16:02.56 ID:LVYKKpZ40

次の日

学校

カヲル「汝は、この女を妻とし、 良き時も悪き時も、富める時も貧しき時も、
     病める時も健やかなる時も、 共に歩み」

ケンスケ「ひゅぅひゅぅ!!」

トウジ「あついのぉ!あついのぉ!!」

レイ「」パチパチ

カヲル「誓いますか?」ニコッ

シンジ マリ「誓います♪」

アスカ「ちょっと!!待ったァああああ!!!!!!!!」

シンジ「なんだよ!せっかく、結婚式の練習してたのに!!」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:20:28.79 ID:LVYKKpZ40

ケンスケ「ひゃー!魔女のお出ましだ!」

トウジ「死にさらせ!!!」

ヒカリ「アスカ……」

アスカ「アンタはどっちの味方なのよ!!ねぇ!」ウルウル

カヲル「僕かい?」

アスカ「そうよ!昨日、アドバイスしてくれたじゃない!」ウルウル

カヲル「そんなの、シンジくんの味方にきまってるじゃないか」

アスカ「え?」

カヲル「昨日は君が自殺してくれると思ってたのに」ニコッ

カヲル「あれだけ、君の後悔を煽ればきっと死んでくれると思ったんだけどね」

カヲル「残念だよ」

シンジ「そんな!カヲルくんは悪くないよ!自殺しなかったアスカが悪いんだ!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:22:01.00 ID:LVYKKpZ40

アスカ「」

カヲル「君の心の頑丈さは嫌悪に値するよ」ニコッ

アスカ「」シクシク

アスカ「」シクシク

アスカ「ヒカリぃ……」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:34:24.49 ID:LVYKKpZ40

ヒカリ「不潔……近づかないで」

シンジ「死んでよ。アスカ」

アスカ「ひっ…」シクシク

マリ「さぁさぁ!こんなドブ汚い姫なんか放っておいてさァ♪」

シンジ「そうだね!誓いのキス」

アスカ「やめて…」

シンジ マリ「」ムチュー

アスカ「いやぁああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!」

――


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:45:30.53 ID:LVYKKpZ40

ジリリリ

アスカ「はっ!!?」

アスカ「え?今のは…」

ミサト「あ〜すか〜?早くおきなさぁい。遅刻しちゃうわヨォ」

アスカ「夢?」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:52:41.49 ID:LVYKKpZ40

アスカ(夢……そうよね、バカシンジがコネメガネと付き合うなんてありえない)スタスタ

シンジ「おはようアスカ。もうすぐでご飯できるからね」

アスカ「シンジ…」ウルッ

『もう少し、自分に素直に生きればいい』

『君の本当の気持ちは彼には届かなった』

『それでも、僕たちは言葉を紡ぐ』

アスカ「シンジ!!!!!!」

シンジ「うわっ!な!何!?」

アスカ「だぁいすきぃぃ!!!!!!」ギュゥ

シンジ「え?ええええええ!?」

アスカ「もう…絶対!離さないんだから!!!」

おわり

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:59:12.02 ID:LVYKKpZ40

え?続き書いてもいいの?

ええの?

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 01:07:21.33 ID:LVYKKpZ40

トウジ「けっ」

シンジ「首吊りながら微笑んでるよ」

カヲル「彼女の願いと想いは夢のなかで生きてるんだよ」

マリ「教室に戻るニャァ!」

ケンスケ「死して尚、恋する乙女…か」

おしり

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 01:14:18.65 ID:LVYKKpZ40

続き書きます
ごめん
BADすきだから

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 01:21:21.33 ID:LVYKKpZ40

学校

ザワザワ

トウジ「なんやねんな…あの2人」

ケンスケ「2人って言うより式波が無理やり碇に抱きついてるように見えるけど」

アスカ「〜♪」

シンジ「アスカぁ、ねぇ!どうしちゃったんだよ?朝から変だよ」

アスカ「私はずっとずぅっと前からシンジとこうして居たかったのよ!」ギュッ

シンジ「で、でもさぁ」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 01:24:58.37 ID:LVYKKpZ40

マリ「おっはよ〜」スタスタ

レイ「」スタスタ

シンジ「おはよう!綾波も」

レイ「おはよう」

アスカ「うぐぅ…」グイッ

シンジ「なっ!なに?」

アスカ「」ウルウル

シンジ「ど、どうしたの?」

アスカ「私以外の女と口聞いちゃ嫌!」ウルッ

シンジ「え?え?」アセアセ

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 01:29:29.61 ID:LVYKKpZ40

シンジ「あ、あいさつくらい」

アスカ「いや!いやいや!」ウルウル

シンジ「なっ!」(普段のアスカと違ってなんだか可愛い///)

シンジ「はぁ……極力そうするよ」

ヒカリ「アスカ…頭でも打ったの?」

ケンスケ「何か気味悪い…」

アスカ「何よ!文句あるならはっきり言いなさいよ!」クルッ

トウジ「あ、普通に戻った」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 01:32:10.25 ID:LVYKKpZ40

帰り道

シンジ「今日のアスカ、本当にどうしたんだろ」

アスカ「どうもしてないわよ〜」

シンジ「…////」

アスカ「何よ」

シンジ「なんていうか…やっぱり恥ずかしいな//」

シンジ「手をつないで歩くの」

アスカ「ダメよ!どうするときは絶対手をつなぐの!」

シンジ「はいはい、お姫様」ニコッ

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 01:40:05.60 ID:LVYKKpZ40

ミサト宅

ミサト「あらっ、2人で料理なんて仲いいのね♪」

シンジ「ほら、アスカ。ここをこうして」

アスカ「んにゃろぉ!こんなのお茶の子さいさいよ!」

アスカ「うぐぐぐぐ…」

シンジ「あはは、ほら。貸してみて」

アスカ「ちぇっ」

シンジ「ここねこうして」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 01:47:44.19 ID:LVYKKpZ40

そして、数ヶ月後

終わりは突然にやってきた。

フィフスチルドレン、渚カヲルはエヴァシリーズ全機を率いて

衛星軌道上へ浮上。その後、

黒き月、白き月。そして、アダムとリリスを始まりの船へと帰し

自らも地球を去っていた。

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 01:53:30.56 ID:LVYKKpZ40

ミサト宅

シンジ「この先……僕たちはどうなってしまうんですか?」

ミサト「NERVは解体……エヴァシリーズも消えた」

ミサト「お互い元の生活に戻るだけよ♪」

アスカ「……」

シンジ「また、先生のところに帰るってことですか?」

ミサト「そうよ。アスカだってドイツに」

アスカ「……」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 01:56:49.53 ID:LVYKKpZ40

アスカ「ねぇ、ミサト。私、日本に残りたい……」

ミサト「ダメよ。貴方はもうパイロットでもなんでもないただの中学生なんだから」

ミサト「ちゃんと、国へ帰って新しい人生を初めなくっちゃ」

ミサト「あなたちはまだ若いんだから、エヴァや使徒によって狂わされた思春期を」

ミサト「しっかり、取り戻すのよ♪」

アスカ「……」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 02:02:48.68 ID:LVYKKpZ40

アスカ「いや!嫌よ!ずっと三人で暮らしたい!!」

ミサト「アスカ……」

シンジ「僕も……ずっとこのままがいいなって…」

シンジ「やっと、家族になれた気がしたのに……」

ミサト「本当わね……上の命令なの。」

ミサト「人類補完計画が表にでてしまった…」

ミサト「政府は我々NERVを脅威としてこういう処置をとったの」

ミサト「司令や副司令は拘束。他、職員は第3新東京市を離れ」

ミサト「再び招集することのないようにってね…」

ミサト「ほとぼりが覚めるまではNERV職員同士が集まるのは禁止されたってわけ」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 02:04:38.45 ID:LVYKKpZ40

アスカ「そんな……じゃぁいつになったら会えるのよ!」

ミサト「わからない……」

アスカ「そんなのいや!!私はずっとシンジと一緒にいたい!!」

アスカ「ドイツに戻ったら……また、一人に…」

アスカ「もう寂しい思いわしたくない!」シクシク

シンジ「アスカ……」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 02:06:04.01 ID:LVYKKpZ40

数日後

空港

アスカ「」スタスタ

シンジ「手はつながないの?」

アスカ「今、つないだら一生離せなくなる」

シンジ「そうだね」



シンジ「ここで、お別れだよ」

アスカ「」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 02:08:39.57 ID:LVYKKpZ40

アスカ「次、いつ会えるかな?」

シンジ「わからないよ。そんなの」

アスカ「」

アスカ「ねぇ、シンジ」

アスカ「私がいなくなったら他の女の子と付き合うの?」

シンジ「まさか!僕はずっとアスカに会える日を待つよ」

アスカ「そっか、ありがと//」

アスカ「」モジモジ

シンジ「」モジモジ

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 02:11:50.67 ID:LVYKKpZ40

アスカ「もう時間…行かなくちゃ」スタスタ

アスカ「またね、シンジ」


シンジ「……」

シンジ「待ってよ!!アスカ!!本当はもっとアスカに言いたいことがあるんだ!」

シンジ「もっと伝えたいことがあるんだ!!!」

シンジ「あぁもう……どうしてかな…それなのに、何も言葉が思い浮かばないんだ」ウルッ



アスカ「伝わってるわ。全部」スタスタ

アスカ(アンタのその必死さだけでもう十分…十分すぎるくらい胸が張り裂けそう…)

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 02:18:53.94 ID:LVYKKpZ40

数十年後

ドイツ とある郊外

コンコン

「どちらさま?」

「君のおばあちゃんの古い友人でね」

「え?おばあちゃんの?ちょっとまって!すぐ呼んでくる!」

――



おわり

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 02:19:25.26 ID:LVYKKpZ40

ねむすぎて限界です
ごめんなしあ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「元太のうな重が……消えた?」