アスカ「シンジ!何よこのお弁当!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「チンポじゃないから恥ずかしくないもん!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 21:52:22.43 ID:IMzgbRyl0

シンジ「何って?ただのお弁当じゃないか」

アスカ「この白いドバドバのネバネバのドロドロのものは何って言ってんのよ!!」

シンジ「それは・・・愛・・・だよ」

アスカ「はあ?とにかくこんなもん食えるわけないわ。罰として焼きそばパン買って来なさいよ」

シンジ「わかったよもう。買ってくればいいんだろ全く」ガタッ

綾波「・・・」ジー

アスカ「な、何よ。えこひいき」

綾波「あなた、あの白いものがなんなのか・・・本当にわからないの?」

アスカ「知らないわよ。何なのよ、あれ。」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 21:55:47.49 ID:IMzgbRyl0

シンジ「(ちぇ。せっかく一生懸命作ったのに。)」

トウジ「お、先生やないか。売店にくるなんて珍しいなあ」

シンジ「あ、いやアスカがお弁当食べないっていうから」

トウジ「先生の苦労もしらんと、全くあの女は。ホンマかわいいのは顔だけやな」

シンジ「まあしょうがないよ。」

トウジ「まあ気にすんなや。俺はいつでも先生の味方やからな」

シンジ「うん。ありがとう」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 21:57:27.24 ID:IMzgbRyl0

シンジ「(今日は色々と疲れたな。アスカ・・・なんでお弁当食べてくれなかったんだろう・・・)

シンジ「(それにしてもトウジは優しいなあ。僕の事をあんな風に思ってくれるなんて)」

シンジ「(トウジ・・・トウジ・・・!)」ドピュ

シンジ「・・・もうこんな時間か。お弁当作らないと」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 21:59:02.14 ID:IMzgbRyl0

キーンコーンカーンコーン


トウジ「さぁ!飯や飯!ケンスケ!売店いくで」

ケンスケ「はいはい。」

シンジ「あ、トウジ!あのさ、今日はトウジの分までお弁当作ってきたんだけど、食べない?」

トウジ「お!何やワシの分もあるんか!遠慮のう頂くで!」

委員長「碇君!日直の仕事が残ってるでしょ!ちょっと職員室までいくわよ」

シンジ「うん。じゃあトウジ、先食べてて。」

トウジ「なんや委員長。昼飯終わってからでもええやろ」

委員長「駄目に決まってるでしょ。さ、いくわよ碇君」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 22:00:33.36 ID:IMzgbRyl0

トウジ「フーフフーンフーン♪今日の弁当はミサトさんとお揃いやで〜」パカッ

ドパア

トウジ「・・・何や・・・これ」

綾波「・・・」ジー

トウジ「(こ、これはまさか・・・これりゃ式波が食べるわけないわ)

綾波「」ジー

トウジ「な、なんや綾波。」

綾波「ヒドイわね。それ碇君の・・・」

シンジ「おまたせトウジ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 22:04:08.90 ID:IMzgbRyl0

シンジ「ん?どうかしたの?二人とも」

トウジ「い、いやあなんか急に具合悪くなってな。ちょっと保健室行ってくるわ」

シンジ「え!大丈夫?僕も一緒に行こうか?」

トウジ「い、いや一人で大丈夫や。ごめんな碇。せっかく弁当作ってくれたのに」タタッ

シンジ「トウジ・・・」

綾波「(逃げた・・・)」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 22:06:27.49 ID:IMzgbRyl0

シンジ「」ジー

綾波「な、何?碇くん」

シンジ「」チラ

綾波「食べないわよ」

シンジ「うるさい!誰が綾波になんか食べさせるか!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 22:11:04.95 ID:IMzgbRyl0

綾波「碇くん。そんなお弁当、誰も食べないわよ。」

シンジ「うるさいよ!前は綾波も食べてくれてたじゃないか!」

綾波「あの時はまだ気づいていなかったから・・・それにそんなに大量じゃなかったし」

シンジ「何がいけないっていうんだよ!」

綾波「知ってるのよ私。そのお弁当に入っている白いものがなんなのか。赤城博士に調べてもらったから」

綾波「それ、せい・・・」

アスカ「シンジ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 22:17:22.86 ID:IMzgbRyl0

アスカ「何喧嘩してんのよ。帰るわよ」

シンジ「そうだね。じゃあね綾波」

コツコツ

アスカ「何で喧嘩してたのよ。あんなファーストのこと好きだったんじゃないの?」

シンジ「前にもいったろ。もういいんだよ。綾波のことは。」

アスカ「それにしても、昨日のお弁当のアレ、なんなのよ」

シンジ「だから・・・愛だって。僕なりの。アスカへの愛さ。」

アスカ「な、何馬鹿なこと言ってんのよ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 22:23:02.33 ID:IMzgbRyl0

ネルフ本部


ゲンドウ「どうだ。今日のディナーの味は。」

シンジ「うん・・・。いつもどおりおいしいよ。父さん。」

ゲンドウ「なんだ。元気が無いじゃないか。それに私への呼び方も変わったな」

シンジ「うん・・・綾波に言われたんだ。ファザコンは嫌いだって」

ゲンドウ「そうか・・・。あの時は済まなかったなシンジ。」

シンジ「いいよ。父さん。あれは僕が悪いんだし。」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 22:25:51.36 ID:IMzgbRyl0

ゲンドウ「レイのことは・・・もういいのか?」

シンジ「うん。何かもうどうでもよくなっちゃった。」

ゲンドウ「そうか。好きにしろ。私はただお前を支えてやるまでだ。」

シンジ「ありがとう父さん。」


ゲンドウ「で、次は誰なんだ?」

シンジ「アスカだよ」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 22:32:08.19 ID:IMzgbRyl0

アスカ「ミサト〜。シャンプーとって〜」ゴシゴシ カコーン

ミサト「自分で取りなさいよ。届くでしょ」

アスカ「届かないわよ!それにバカシンジが覗くかもしれないでしょ!」

シンジ「ひどいなぁ。そんなことしないよ。」

ミサト「はいはいー。ほれっ」ガラッ

アスカ「ちょっ!急に開けないでよ!」

ミサト「いいじゃなーい。女同士なんだから♪ホレホレッ」ツンツン

アスカ「もう!どこ触ってんのよ!」ピシャリ

ミサト「残念だったわねーシンジ君」

シンジ「もう、ミサトさん!からかわないでください」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 22:36:25.05 ID:IMzgbRyl0

プルルル、プルルル

ミサト「はいはい今出ますよっと」

シンジ「ミサトさん、今日なんか機嫌いいですね。」

ミサト「まあねぇん♪」

シンジ「(加持さんと絶対なんかあったな)」

ミサト「はい葛城です」

電話「・・・」

ミサト「・・・」

電話「・・・プツ、ツー、ツー」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 22:40:26.71 ID:IMzgbRyl0

ミサト「何よ。イタズラかしら」

シンジ「(ま、まさか)」

ミサト「こんなご時世なのに、よくこんなことする暇あるわねえ。それともシンジ君のお友達かしら」

シンジ「」ダッ ガラ!ピシャ!

ミサト「ちょ、シンジ君?」

プルルル、プルル

シンジ「やっぱり・・・ピッ」

ゲンドウ「シンジか」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 22:46:25.99 ID:IMzgbRyl0

シンジ「父さん・・・家にはかけて来ないでっていったのに」

ゲンドウ「すまんな。しかし緊急事態発生だ。今レイが・・・」

シンジ「綾波?」

ゲンドウ「レ、レイ『碇司令、碇君にあんなことさせるのはやめ』」ザザー、ツーツー

シンジ「父さん!」

シンジ「(一体何が起こっているんだ・・・)」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 22:55:16.52 ID:IMzgbRyl0

ネルフ本部

ゲンドウ「な、なんのことだ。レイ。」

綾波「知ってるんです。碇司令が碇くんに・・・その・・・」

ゲンドウ「なんだ」

綾波「お弁当に・・・せ、せ、せ、せせ、せい・・・」

ゲンドウ「私は忙しい。帰ってくれ。」

綾波「か、帰りません。司令が認めるまで・・・」

ゲンドウ「なんなんだ。言うなら早く言え」

綾波「碇司令・・・碇君のお弁当に・・・碇くんの・・・」

ゲンドウ「あいつのなんだ」

綾波「せいし・・・を入れさせるのをやめさせてください」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 22:58:47.18 ID:IMzgbRyl0

ゲンドウ「私はお前が何を言っているのかわからない。」

綾波「とぼけないでください。赤城博士に・・・ちゃんと検査してもらいました。」

ゲンドウ「冬月」 ウィン

冬月「なんだ碇」

ゲンドウ「赤城博士を呼べ」

冬月「わかった・・・」

綾波「・・・」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:05:53.56 ID:IMzgbRyl0

数日前

赤城博士「そう。アスカに決定ね。あとはお願いね、マヤ」

マヤ「はい!先輩!」

綾波「あの・・・赤城博士」

赤城博士「ん?何?」

綾波「例の件のことなんですが」

赤城博士「ああ。検査結果出たわよ。陽性反応が出たわ。まさかシンジ君にこんな趣味があったなんてね」

綾波「はい・・・」

赤城博士「男のことはわからないわ。ロジックじゃないもの」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:09:46.82 ID:IMzgbRyl0

ウィン

赤城博士「はい。なんでしょうか。」

ゲンドウ「最近シンジ作った弁当を検査したか?」

赤城博士「は?いえ・・・そんなことは。」

綾波「!?」

ゲンドウ「そうか」ニヤリ

赤城博士「それより碇司令・・・昨日の続きを・・・今晩どうです?」

ゲンドウ「わかった。あとで連絡する」ウィン

冬月「・・・」

ゲンドウ「だ、そうだ。もう帰れ、レイ」

綾波「・・・」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:13:44.66 ID:bjWs5dqe0

綾波「まだです。・・・コレ」

ゲンドウ「ん?」

綾波「」ピッ


『ゲンドウ「シンジ、最近レイとはどうだ?」

シンジ「・・・それがあまりうまく言ってなくて」

ゲンドウ「なんだ、喧嘩でもしたのか」

シンジ「違うよパパ。今日、綾波が僕の作ったお弁当を食べてくれなかったんだ」

ゲンドウ「・・・そうか」

シンジ「何がイケなかったんだろう・・・。パパ、ボクはパパが言ったようにちゃんと愛をこめて作ってるんだよ?」

ゲンドウ「安心しろ。パパの言う通りにすればいずれお前とレイは結ばれる。」 』

綾波「これを証拠として提出します」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:20:01.47 ID:bjWs5dqe0

ゲンドウ「冬月」

冬月「なんだね」

ゲンドウ「レイを拘束しろ」

綾波「!?」

ゲンドウ「残念だ。だがシンジももうお前を必要としていないみたいなのでな」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:23:59.43 ID:bjWs5dqe0

シンジ「(綾波は今日は休みか・・・)」

アスカ「シンジ!一緒にお弁当食べましょ!」

シンジ「どうしたんだよアスカ。珍しいこともあるもんだね」

アスカ「何よアタシと一緒じゃ食べられないっていうの?」

シンジ「そんなこと無いよ。嬉しい。」

アスカ「い、いいから早く食べるわよ///」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:28:56.06 ID:bjWs5dqe0

一応・・・前編があります。
シンジ「綾波!綾波のためにお弁当作ってきたよ!」


アスカ「だいたい、こないだだってアンタあたしのこと誘ってきたじゃない。お返しよ」

シンジ「うん・・・」

アスカ「どうしたのよ。元気少ないじゃない」

シンジ「今日綾波休みだよね。」

アスカ「そうねぇ、でも今日が初めてじゃないじゃない」

シンジ「僕、綾波を傷つけちゃったのかな」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:33:31.69 ID:bjWs5dqe0

アスカ「何よ。あんたファーストのことなんかどうでもいいんじゃなかったの?」

シンジ「そうだけど・・・」

アスカ「(まったく仕方がないわねえ)」

アスカ「協力してあげるわよ。でもいまはお弁当食べましょ」

シンジ「うん・・・そうだね」

アスカ「」パカッ

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:39:49.90 ID:bjWs5dqe0

アスカ「(良かった。今日は普通ね・・・)」モグモグ




ネルフ本部

ゲンドウ「どうだシンジ、今日のディナーは」

シンジ「凄くおいしいよ。父さん」

ゲンドウ「式波大尉とは上手くいっているか?」

シンジ「うん。ボチボチって感じ」

ゲンドウ「そうか」

シンジ「でも・・・綾波が最近学校にこないんだ」

ゲンドウ「そうか・・・」

シンジ「父さんは何かしらないの?」

ゲンドウ「いや、特には知らん」

シンジ「そう・・・」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:43:37.89 ID:bjWs5dqe0

ゲンドウ「まあ気にするな。今は式波大尉に集中するんだ」

シンジ「うん。わかった。」

ゲンドウ「例の計画は続行中か?」

シンジ「うん。順調だよ・・・」

ゲンドウ「いいか。私の言うとおりにするんだ。そうすれば今度こそ上手くいく」

シンジ「信じてるよ・・・父さん」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 23:50:30.95 ID:bjWs5dqe0

シンジ「はい、アスカ。お弁当」

アスカ「」ドキドキ・・・パカッ

アスカ「(今日も普通ね)」



シンジ「トウジ!今日もお弁当作ってきたけど・・・食べる?」

トウジ「ん?あ、いやあその・・・」

ケンスケ「ちょうどいいじゃないか。今日財布持ってくるの忘れたんだろ?」

トウジ「せ、せやな。シンジ、ありがたく頂くで」

トウジ「」ドキドキ

トウジ「(ミサトさん!頼んます!)」パカッ

トウジ「・・・」

トウジ「(なんや、今日は普通やな!)」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:02:17.44 ID:xestAeBi0

シンジ部屋


シンジ「(いよいよ明日だ)」

シンジ「(この日のために用意した・・・これが・・・)」ピッ ザーザー

   『アスカ「アスカ「ミサト〜。シャンプーとって〜」ゴシゴシ カコーン

    ミサト「自分で取りなさいよ。届くでしょ」・・・』

シンジ「・・・アスカ」シコシコ

    ミサト「いいじゃなーい。女同士なんだから♪ホレホレッ」ツンツン

    アスカ「もう!どこ触ってんのよ!」ピシャリ

    ミサト「残念だったわねーシンジ君」

    シンジ「もう、ミサトさん!からかわないでください」』


シンジ「(アスカの裸・・・最高すぎるよ!)」

シンジ「(アスカぁ・・・アスカぁ・・・!)」ドピュドピュドピュ

シンジ「ふぅ・・・」

シンジ「これで良し」キュッ

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:07:18.35 ID:xestAeBi0

翌朝

ミサト「シンちゃん、今晩外で食べてくるから、夕飯は二人で食べてね♪」

シンジ「はい(加持さんかな)」

アスカ「ミサトばっかずるい」

ミサト「大人はずるいくらいがちょうどいいのよ♪」

アスカ「むー」

シンジ「アスカ、もう行かないと。遅刻しちゃうよ。」

アスカ「わかってるわよ!バカシンジ」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:12:58.73 ID:xestAeBi0

プルルプルル

シンジ「電話だ」

アスカ「もう、遅刻するわよ。あとでにしなさいよ。」

シンジ「ごめん、アスカ。先行ってて」

アスカ「はあ?んもう!」タタタッ



シンジ「あ、父さん。うん。大丈夫だよ。うん。」

シンジ「父さんがくれた超小型カメラのおかげでオカズも無事調達できてたし、それに・・・」

シンジ「3日も溜めたんだからね」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:18:45.64 ID:xestAeBi0

学校


シンジ「(もうすぐお昼か・・・いよいよだ)」ガサガサッ

シンジ「(トウジの分、アスカの分、それにケンスケの分と委員長の分・・・良し!)」

綾波「おはよう」

シンジ「(な・・・)」

綾波「」テクテク ガチャ

シンジ「綾波・・・!」

綾波「おはよう。碇くん」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:23:06.86 ID:xestAeBi0

シンジ「あ、綾波・・・その・・・」

シンジ「この間はヒドイこといってごめん!」

綾波「・・・」

シンジ「あれから色々悩んだんだけど・・・」

綾波「知らない」

シンジ「え・・・ご、ごめん!本当に許して!」

綾波「命令ならそうする」

シンジ「・・・綾波・・・?」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:27:09.62 ID:xestAeBi0

シンジ「どうしたの?綾波。今日の綾波、なんか変じゃない?」

綾波「・・・そう」

シンジ「いつもならもっとこう・・・もう少し・・・」

綾波「綾波レイならそうするの?」

シンジ「・・・」

シンジ「まあいいや。とにかく綾波が元気で良かった」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:33:26.54 ID:xestAeBi0

アスカ「えこひいきじゃない。久しぶりね」

綾波「・・・」

アスカ「・・・?」

トウジ「よ!先生。今日もお弁当くれるんやて?しかもケンスケや委員長にまで!偉いなあ先生は。」

ケンスケ「ありがとな、碇」

シンジ「うん」

アスカ「さっみんなで食べましょ!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:38:07.34 ID:xestAeBi0

シンジ「あ、でも綾波の分が・・・」

アスカ「あ」

綾波「・・・」

委員長「あ、あたし弁当作ってきちゃったから、それを食べるわ」

アスカ「(ナイスひかり!)」

シンジ「ごめん、委員長」

委員長「いいのよ、綾波さんに食べさせてあげて」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:42:06.95 ID:xestAeBi0

アスカ「ほらシンジ!早くお弁当持って来なさいよ」

シンジ「う、うん!」

シンジ「(ついにこの時が・・・)」ドキドキ

シンジ「はい、トウジ」

トウジ「おう、ありがとな」

シンジ「ケンスケ」

ケンスケ「サンキュー」

シンジ「(そしてアスカのは特別・・・あれ?)」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:45:59.94 ID:xestAeBi0

シンジ「(しまった・・・どっちがアスカのだっけ?)」

アスカ「んもう!早く渡しなさいよ」パシッ

シンジ「あっ」

アスカ「何よ」

シンジ「いや・・・なんでも」

シンジ「じゃ、これ綾波の」

綾波「・・・」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:52:03.79 ID:xestAeBi0

委員長「じゃあ、食べましょう!」

トウジ・ケンスケ・アスカ・委員長・シンジ「いっただっきまーす!」

綾波「・・・いただきます」

パカッ トウジ「うはぁ!うまそうやな!」

パカッ ケンスケ「おお!これは!」

パカッ 委員長「すっごーい!」

パカッ アスカ「ふん、見た目はまあまあね」



パカ・・・ドパアアアドヴァドヴァビュルル

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 00:55:01.05 ID:xestAeBi0

綾波「・・・」



トウジ「・・・」

ケンスケ「・・・」

委員長「・・・」

アスカ「・・・」

シンジ「(あちゃーやっぱりか)」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 01:01:15.50 ID:xestAeBi0

委員長「あ、あ、あ、綾波さんのは特別なのね!と、とととっても美味しそうね!」

ケンスケ「そ、そうだね!な、なんか濃厚って感じ〜?ははっ」

トウジ「せ、せや!綾波!一口食べてみたらどや!」

アスカ「(ば、馬鹿!何いってんのよ!)」ヒソヒソ

トウジ「(す、すまん。つい。せやかて先生がおるんやし、しかたないやろ・・・)ヒソヒソ」

ケンスケ「(鬼トウジ・・・)」

綾波「・・・」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 01:08:19.78 ID:xestAeBi0

委員長「あ、綾波さん今日具合悪かったんだよね。さっき保健室行ってたし」

シンジ「え、そうなの?大丈夫?綾波?」

綾波「・・・いえ、。問題無いわ。碇君、そのスプーン貸して」

シンジ「あ、うん」

綾波「」スッ パクッ

トウジ・ケンスケ・アスカ・委員長「あ」

シンジ「ど、どう?綾波」

綾波「・・・」










綾波「・・・苦い」


終劇

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/14(金) 01:25:45.90 ID:xestAeBi0

読んでくれた人ありがとう



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「ヴンダーで暮らす」