シンジ「僕の手料理がネルフで話題に…?」ミサト「そう」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「学校に行きたくないです」ミサト「は?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 01:19:21.18 ID:ANPMp+Es0

ミサト「まぁ私が言いふらしせいだと思うんだけどね〜」

シンジ「でもそんな特別美味しい訳じゃないし…」

ミサト「まぁ、なんていうかお袋の味っていうの?そんな感じみたい…」

シンジ「…」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 01:27:11.92 ID:ANPMp+Es0

ミサト「ま、話題になってるだけだからそんな緊張することないわよ!」

シンジ「で、ですよね!」

ー翌日ー

学校

アスカ「バカシンジー帰るわよー」

シンジ「うん」スタスタ

レイ「碇君…ちょっと…」

シンジ「ん?どうしたの綾波?」

レイ「碇君の…その…」

シンジ「?」

レイ「料理…久々に食べたい…」

シンジ「!?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 01:35:57.03 ID:ANPMp+Es0

レイ「駄目…?」

シンジ「いや!いいよ!綾波も一緒に晩御飯食べよう!頑張るから」

レイ「ありがとう…」

シンジ「じゃあ今夜はお肉使わない献立で作るからーー」

アスカ「ちょぉおと待ちなさい!!静かに聞いてれば!」

シンジ「なに?アスカ」

アスカ「なに?じゃないわよ!ハンバーグは!?ハンバーグ!ハンバーグ!」

シンジ「でも綾波ハンバーグ食べれないし…」

アスカ「エコヒイキ優先な訳!?ハンバーグ〜!」

シンジ「わ、分かったから!アスカにはハンバーグ作るよ!」

アスカ「ならいいけど…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 01:45:28.01 ID:ANPMp+Es0

ミサト宅

シンジ「ただいま」

アスカ「疲れた〜」

レイ「…」

シンジ「じゃあすぐ支度するから2人とも待ってて」

アスカ「早くしなさいよ〜ハンバーグ〜」

レイ「…」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 01:51:51.16 ID:ANPMp+Es0

シンジ「〜♪」トントン

レイ「…」

シンジ「〜♪」ジュージュー

レイ「…」

レイ「…手伝わなくても?」

シンジ「いいよ綾波に悪いし。座ってて」

レイ「じゃあ…そうする」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 01:59:23.30 ID:ANPMp+Es0

シンジ「できたよ」

アスカ「ハンバーグ〜」

レイ「…」

シンジ「アスカはハンバーグにしたから」

レイ「…」パク

レイ「………おいしい」

シンジ「よかった。味も薄めにしてよかったよ」

レイ「丁度いい……」

シンジ「〜♪」ニコニコ

アスカ「なにニヤニヤしてんのよ…気持ち悪い…」

シンジ「え?ニヤニヤしてるかな…?」ニコニコ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 02:38:52.54 ID:ANPMp+Es0

シンジ「ご馳走様」

アスカ「まぁまぁ美味しかったわ」

レイ「……」

シンジ「なんかこの三人で食事するってあんまりないから楽しかったよ」

レイ「楽しい…」

シンジ「うん」

レイ「碇君…よかったらこれからも一緒に食べたい」

アスカ「!?」

シンジ「うん、わかった」ニコッ

アスカ「…」イライラ

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 03:59:29.75 ID:ANPMp+Es0

次の日

ミサト「シンちゃんの手料理レイも食べたみたいね」

リツコ「珍しいわね。あの子が碇司令以外と食事するなんて」

ミサト「レイも女の子になりつつあるのよ♪」

ミサト「しかも今日は私もシンちゃんお手製のお弁当作ってもらっちゃった♪」

リツコ「あら、あなたもすっかりハマってるじゃない」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 05:43:25.04 ID:ANPMp+Es0

リツコ「お疲れ様3人とも」

リツコ「レイはいつもより調子がいいわね」

リツコ「でも、アスカのシンクロ率が前回に比べて下がってるわね。なにかストレスとかーー」

アスカ「なんにもない!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 06:15:56.94 ID:ANPMp+Es0

ミサト宅

シンジ「ただいま」

マリ「おかえりにゃ〜」

シンジ「今日はアスカが機嫌悪くて大変だったよーーって真希波さん!?」

マリ「にゃはは、お邪魔してます」

マリ「姫が機嫌悪いって?」

シンジ「う、うん。ていうかどうしたのいきなり」

マリ「いやーワンコ君の作る料理が美味しいって聞いてね。食べにきた」

シンジ「やっぱり…」

マリ「まぁ無理だったら今度また来るし♪今日じゃなくてもいいんだけど」

シンジ「いや、作るよ。今日アスカは洞木さん家に泊まるみたいだし」

マリ「じゃ、よろしく頼むにゃ〜」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 07:27:39.08 ID:ANPMp+Es0

シンジ「できた」

マリ「おぉ〜!美味しそ〜!」

シンジ「なんか美味しそうって言ってくれる人あんまりいないから嬉しいよ」

マリ「姫は素直じゃないからね♪」

マリ「でも姫、2人でいる時ワンコ君の話ばっかりする〜」

シンジ「そうなの?」

マリ「うん」パク

マリ「んまっ!」パクパク

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 15:11:32.95 ID:ANPMp+Es0

マリ「ふ〜、ご馳走様〜」

シンジ「ご馳走様」

シンジ「で、アスカって真希波さんと2人でいる時どんな話してるの?」

マリ「あ、やっぱ気になる?」ニヤニヤ

シンジ「うん…正直悪口ばっか言われてそうだけど…」

マリ「まぁ簡単に言えばワンコ君の愚痴だけど…」

シンジ「やっぱり?」

マリ「内心はワンコ君に感謝してると思うよ姫は、素直じゃないから」

マリ「ちゃっとからかったら直ぐ赤くなるし」

マリ「姫は絶対ワンコ君のこと本気で嫌ってはないよ♪」

シンジ「そうかな…はは、なんか自信でてきたよ、ありがとう真希波」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 15:20:24.19 ID:ANPMp+Es0

マリ「ふ〜、なんか久々に美味しい料理食べた気がするよ」

シンジ「ありがとう、今日は」

マリ「なんでワンコ君が感謝してるのさ、感謝するのは私だにゃ」

シンジ「でも、アスカのこと相談乗ってくれたし、自信がついたよ。ありがとう、本当に」

マリ「な、なんかマジな顔で感謝されると照れるにゃ〜、にゃはは」


これ誰エンドいこう

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 15:24:54.93 ID:ANPMp+Es0

じゃあ安価


>>105エンド

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 15:26:43.68 ID:kf9pRDWO0

ハーレム

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 16:21:09.37 ID:ANPMp+Es0

学校

アスカ「バカシンジ!昨日コネメガネとなにしてたの!?」バン

シンジ「!?な、なんでそれを!」

アスカ「どうしてもこうしてもコネメガネから聞いたのよ!!バカシンジと家でいいことしたって」

トウジ、ケンスケ「ブーーーーッ!!!」ガタガタ

トウジ「おいセンセ!説明しろ!!」

ケンスケ「碇!!てめぇぇええええ!!!gapwpm」

シンジ「はぁ…真希波…」

アスカ「で、私がヒカリの家に泊まってる間になにしたの!?」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 17:04:53.78 ID:ANPMp+Es0

シンジ「別になにもしてないよ…」

シンジ「ただご飯を作っただけで…」

アスカ「ふーん」ジトー

シンジ「信じてよ」

アスカ「なーんか信用できないのよね」

???「まぁいいじゃないか、嘘をついてるようには見えないよ」

一同「!?」

カヲル「ねぇ、碇シンジ君」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 17:18:13.43 ID:ANPMp+Es0

ちょっと出かけてきます

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/11(火) 18:01:06.87 ID:ANPMp+Es0

じゃあ行って来る

残ってたら続き書きます



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「それでな…今日親が外国に転勤すんだ」