長門・古泉「ゴッドスラッシュタイフウウゥゥゥゥゥン!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【艦これ】「君と聞きたいライトミュージック」【安価】

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/21(土) 23:26:33.84 ID:ULvBojAhO

キョン「どうしたハルヒ。ノート広げてしかめっ面して」

みくる「お勉強が行き詰まったんですかぁ?」

ハルヒ「違うわよ。最近どうも売上がのびなくてね……」

キョン「は?売上?何の?」

ハルヒ「何ってSOS団製作のみくるちゃんグッズよ」

みくる「えぇっ!?あああたしのぐっず!?」

ハルヒ「そういえば二人にはまだ説明してなかったわね」

キョン(本人が知らんということは売上は全部こいつの懐に……クソ女が)

ハルヒ「製作は古泉君と有希に任せてるけど、その内あんた達にも手伝ってもらうわよ」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/21(土) 23:28:10.90 ID:ULvBojAhO

キョン「そもそも本人に無断でグッズ販売なんかしていいわけないだろ」

みくる「ひ、ひどいですよぅ」

ハルヒ「全くこのバカキョンは……みくるちゃんはマスコットなのよ?」

キョン「だから何なんだ」

ハルヒ「マスコットだから肖像権も人権も団長である私に帰属するの!」

ハルヒ「こんなに可愛いんだし、団を世に広く知らしめる為に活用しなきゃ勿体ないわ!」

みくる「ふえぇん」

キョン(マジで二・三回死なねえかなこいつ)


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/21(土) 23:30:19.41 ID:ULvBojAhO

ガチャ

古泉「遅れてしまってすみません」

ハルヒ「あら、古泉君。有希は?」

古泉「長門さんはコンピ研でフォトショップについて教わってるそうです」

ハルヒ「ああ、次の企画に必要だからね。でも……」

古泉「何か不具合が?」

ハルヒ「ここ数ヵ月売上が下がり続けてるでしょ?もっとアイデアを練った方がいいと思うの」

古泉「なるほど、流石は涼宮さんですね。長門さんにもそう伝えて来ます」フモフモ

ハルヒ「お願いするわ。全員揃ったら会議を開きましょ」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/21(土) 23:34:07.65 ID:ULvBojAhO

キョン「大丈夫ですか朝比奈さん(この潤んだ瞳……たまらん!)」

みくる「勝手に、こんなことしてたなんて……」

キョン「俺、ハルヒにやめるよう言ってみます(睫毛なげーなーオイ)」

みくる「いいんです」

キョン「え?(この上目遣い……エクセレント)」

みくる「あたし、いいんです。ありがとう、キョン君」ニコッ

キョン「朝比奈さん……(テラモエス)」


ハルヒ「皆揃ったわね!会議を始めるわよー!」

キョン(やれやれ)


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/21(土) 23:39:50.41 ID:ULvBojAhO

〜30分後〜

ハルヒ「アイデアよ!」バーン

キョン(……ビーム、ムスカ、カンナ、ナツメ……)

ハルヒ「アイデアが足りないの!抱き枕とかオナホとか、王道ばかりじゃだめなのよ!」

古泉「おっしゃる通りです」フモッフ

ハルヒ「ストレートのみじゃなく変化球も使わないと完全勝利はあり得ないわ!」ドーン

古泉(いい!いいポーズですよ涼宮さん!)フンモー

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/21(土) 23:42:55.17 ID:ULvBojAhO

みくる(涼宮さんは誰に勝つつもりなんでしょうか?)コソコソ

長門(わからない。意味不明。理解は不可能と思われる)ボソボソ

ハルヒ「はいそこぉ!意見は挙手してから!」ビシッ

古泉(これはキタ!完璧なポージングぅ!)フンモッファー

キョン(……タモリ、リンゴ、ゴリラ、ラッパ、パンツ、ツ、ツで三文字……)ブツブツ


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/21(土) 23:49:28.41 ID:ULvBojAhO

〜二時間後〜

ハルヒ「うーん……」

古泉「今のところ長門さんの“豊富体操〜目指せみくるボディ!〜”が最有力ですね」

長門「そろそろ新たなファン層を開拓すべき。若い女性は自身の容姿に関心が強い」

みくる「あの、あたし、運動は苦手で……」オロオロ

キョン(……バルス、スルメ、メロン、っとあっぶねぇ!セーフセーフ……)ブツブツ

ハルヒ「さっきからぶつぶつうるさいわよキョン」

キョン(えーっと、メ、メ、メバル、ル、ル……)ブツブツ

ハルヒ「キョン!」

キョン「ルンバァ!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/21(土) 23:57:43.56 ID:ULvBojAhO

ハルヒ「な、何よいきなり!」

キョン「あ、えっ?」

ハルヒ「アンタねえ!会議中にいきなりルンバとか……」

長門「豊胸エクササイズにルンバの動きを取り入れるという攻めの姿勢は評価する」

ハルヒ「有希?」

古泉「斬新ではありますが実現は難しいでしょうね。僕らはダンスに関して素人ですから」

ハルヒ「ああ、そういうこと。何だ、アンタも真面目に考えてたのね」

キョン(すまんな。助かった、長門)コソッ

長門(気にしないで)ボソッ


古泉(…………)

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 00:04:45.37 ID:ULvBojAhO

ハルヒ「DVD焼くだけだし、わりと簡単に量産できるわね!」

みくる「あ、あのぉ……」オロオロ

ハルヒ「エクササイズはまあ、おいおい考えるとして、衣装もいるわね!」

みくる「しゅじゅみやさぁん……」

ハルヒ「もうこんな時間だし、今日はこの辺にしときましょ」

ハルヒ「今日はみくるちゃんの家に泊まり込みでダンスを研究するわよ!」

みくる「ふ、うぅ、ふぇぇん」シクシク

ハルヒ「それ以外の三人は明日までにDVDにつける特典を考えておくこと!」ビシィ!

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 00:06:58.90 ID:emItU1XvO

〜キョンの部屋〜

キョン「特典、か」

長門「デザイン違いで数種類作るとマニアを釣るのに効果的と思われる」

古泉「ですが明日までとは、少々ハードですね」

キョン「ハードなのは今に始まったことじゃねえよ」

古泉「…………」

キョン「何だよ気持ち悪いな」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 00:10:41.83 ID:emItU1XvO

古泉「少し、不思議なのですよ。文句を言いつつも涼宮さんに逆らわない貴方が、ね」

古泉「僕と違って彼女に対して好意も抱いているわけでもなさそうですし」

キョン「つーか未だに信じられん。気は確かかお前」

古泉「勿論です」フモッ



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 00:14:33.83 ID:emItU1XvO

キョン「まあ性格はクソ以下だが見た目は抜群だからな」

古泉「涼宮さんの素晴らしさは外見だけではありません、むしろ内面ですよ!」フモフモッ

キョン「知るか」

古泉「キツい言動も矛盾だらけの内面も、知れば知るほどに魅力的です」フンフモ

古泉「彼女が目映い太陽のような笑顔を振り撒いてさえいれば僕は幸せなのです」フモンヌ

長門「キムェ」

キョン「長門がキモがってるからその辺にしとけ」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 00:19:01.28 ID:emItU1XvO

キョン「さっきの話に戻るが」

キョン「こんなおいしい立ち位置をみすみす捨てる馬鹿がいると思うか?」

古泉「といいますと?」

キョン「ハルヒ、朝比奈さん、長門。それぞれタイプは違うが美少女であることに違いはない」

古泉「なるほど」

キョン「視覚的にはたいへん充実した高校生活を送らせてもらってるよ、俺は」

古泉「貴方が精神的にタフな方で嬉しい限りです」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 00:23:31.61 ID:emItU1XvO

キョン「しかし腹減ったな。お前らカップ麺食うか?」

古泉「いただきます」

長門「シーフードがいい」

キョン「はいよ」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 00:28:40.97 ID:emItU1XvO

〜5分後〜

キョン「はいおまちどおさま〜」ガチャッ

長門「待ってない」ワクワク

古泉「ありがとうございます」

キョン「ほら、箸」

古泉「どうも」

長門「いただきます」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 00:35:35.27 ID:emItU1XvO

〜みくるの部屋〜

ハルヒ「意外とさっぱりしてるわね。もっと可愛らしい感じかと思ってたのに」

みくる「すすす涼宮さん……」

ハルヒ「なぁにみくるちゃん」

みくる「ほんとに、こ、こんなの着るんですかぁ?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 00:42:59.52 ID:emItU1XvO

ハルヒ「当たり前でしょ。大丈夫よ、絶対似合うわ。赤色で可愛いし」

みくる「だ、だってこれ、ほとんど布地が……」

ハルヒ「みくるちゃんのナイスなボディを見せつけるにはそれが一番なのよ!」

みくる「大事なとこしか隠れてないじゃないですか……危なすぎますよぅ」

ハルヒ「もう、文句は後で着るから早く着替えなさい!」ガシッ

みくる「やだぁ!あたしこれ知ってますよぅ!ど、どらくえで見ましたもん!」

みくる「なな、なんで涼宮さんこんなの持ってるんですかぁ!」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 00:45:30.54 ID:emItU1XvO

〜キョンの部屋〜

キョン「やっぱシーフードだよな」ハフハフ

長門「おいしい」ズルズル

古泉「僕だけUFOですか」モグモグ

長門「出された食べ物に文句を言ってはいけない」

キョン「長門の言う通りだぞ」

古泉「……すみません」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 00:50:10.66 ID:emItU1XvO

キョン「カップ麺を普通の皿に入れて食うと格別だよな」ズルズル

長門「いつもよりおいしい」ズルズル

古泉「僕だけそのままですか」モグモグ


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 00:51:47.67 ID:emItU1XvO

キョン「ところでお前ら、別に泊まるのは構わんが古泉の分の朝飯はないぞ」

キョン「古泉の分の朝飯はないぞ」

古泉「何で二回言ったんですか」

長門「わたしは構わない」

古泉「そりゃそうでしょうよ」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 00:53:38.83 ID:emItU1XvO

古泉「そういえば親御さんをお見かけしませんが……」

キョン「妹連れてハワイに行ってる」モグモグ

長門「置いてきぼりカワイソス」モグモグ

キョン「長門は優しいなあ」ヨシヨシ

古泉(……お兄さんキャラうぜえ)


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 01:00:08.25 ID:emItU1XvO

〜みくるの部屋〜

ズンチャズンチャズンチャズンチャ

みくる「ひええぇぇえ」

ハルヒ「しっかり腰を使いなさい!」バシン

みくる「むむむむりですぅぅう!」ブルブル

ハルヒ「頭のてっぺんから爪先まで真っ直ぐに!正中線!正中線を意識するのよ!」

みくる「せ、せいちゅーせんとかわかんないですぅ!」

ハルヒ「軸がなってないの!だから動きがブレるのよ!」

みくる「ひいいぃぃぃぃ!」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 01:08:43.22 ID:emItU1XvO

〜キョンの部屋〜

古泉「ふんもっふ!」フモモモモ

キョン「うぐっ!」ボフン!

古泉「ふふふ、隙ありですよ」

キョン「このやろ、あ」

古泉「ぬあっ!?」モッフゥ!

古泉「は、背後から!?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 01:13:36.95 ID:emItU1XvO

長門「一つ一つのアクションが甘い」

古泉「な、長門さん!?」

長門「大振りな動作も、周囲に対する注意も甘い。だからわたしにつけこまれる。背後をとられる」

キョン「流石だぜ長門……!」

古泉「くっ……僕にはもうあと一機しか……!」

キョン「はははぁ!残念だったな古泉!これで終わりだ!」ブン!

古泉「何の!イツキローリングッ!」ゴロゴロ

キョン「な、なんて動きだ!もう枕が……このままじゃ……!」

長門「だいじょうぶ」ザッ

長門「わたしがさせない」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 01:15:58.32 ID:emItU1XvO

〜みくるの部屋〜

みくる「ふえぇ……やっと終わった……」

みくる(体がギシギシいってます……)

ハルヒ「ふんふんふ〜ん」ザアアアアア

ハルヒ「みくるちゃーん!ピンクと黄色のボトル、どっちがシャンプーなのー!?」ガチャ

みくる「あっ、黄色い方ですー!」

ハルヒ「ありがとー!」ガチャン

みくる「早くシャワー浴びたいなぁ……」

みくる「ぐすん」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 01:18:51.86 ID:emItU1XvO

〜キョンの部屋〜

キョン「…………」

古泉「…………」

長門「…………」カチャカチャ

キョン「Fの、4」

古泉「ふふっミスです」

キョン「あーちくしょー」

古泉「ふふふ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 01:24:53.36 ID:emItU1XvO

〜みくるの部屋〜

みくる「ふぅ、気持ちよかったぁ」ゴサゴシ

みくる(やっと休める……)

ハルヒ「みくるちゃん遅いわよ!」ガラッ

みくる「ひえっ!?」

ハルヒ「みくるちゃんはね、体が固すぎるのよ。寝る前にみっちり柔軟やっときましょ」

みくる「ええぇぇぇえ!?」

ハルヒ「ほら、始めるわよ!」ガシッ

みくる「ひうっ!い、たいですぅ、もう筋肉痛が……」

ハルヒ「若いもんがなに情けないこと言ってんの!まずは長座体前屈よ!」

みくる「いやぁぁぁあああああ!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 01:26:39.00 ID:emItU1XvO

〜キョンの部屋〜

長門「…………」カチャカチャ

古泉「では、Iの1で」

キョン「ぐあ、負けた」ガシャ

古泉「久しぶりにやると面白いですねぇ」

キョン「だな」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 01:27:47.40 ID:emItU1XvO

キョン「あれ、すごいな長門、もう600機もやったのか」

長門「楽勝」

古泉「いつの間にか一番上手になられましたね……あっ」

長門「きた」



長門・古泉「ゴッドスラッシュタイフウウゥゥゥゥゥン!」ガガガガ


キョン「お前らほんと、ドモン好きだよなー」





終わり

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/22(日) 01:32:26.14 ID:emItU1XvO

短い上しょーもなくてすまん

まさか立つとは思ってなかったんだ

支援してくれた人ありがとう
>>39もありがとう



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:男「た、助けて!魔王が校内にィ!」古泉「困ったものです。」