アスカ「ねぇ、あんた765プロの中では誰が好きなの?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「ミサトさん、僕にも階級ってあるんですか?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 21:50:02.66 ID:TMpux6zk0

シンジ「えっ?」

アスカ「765の中で誰が好きなの? って聞いたのよ」

シンジ「な……何だよ急に」

アスカ「あんた最近よく観てるじゃん。765の出てる歌番組とかバラエティとか」

シンジ「ああ……うん。まあ……」

アスカ「この後の番組でも出るんでしょ?」

シンジ「う、うん……」

アスカ「30分も前からスタンバっちゃって」

シンジ「い、いいだろ別に」

アスカ「で、そこまでするってことは……当然、特に好きな子がいるんでしょ?」

シンジ「ま、まあ……」

アスカ「言いなさいよ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 21:54:02.27 ID:TMpux6zk0

シンジ「……高槻やよいちゃん」

アスカ「え。マジで」

シンジ「な、何だよ。いいだろ別に」

アスカ「あんたってロリコンだったのね……」スッ

シンジ「微妙に引かないでしょ! ていうかやよいちゃんは僕と同い年だからロリコンなんかじゃないよ!」

アスカ「いやいや、そういう問題じゃないでしょ……」

シンジ「じゃあどういう問題なんだよ!」

アスカ「見た目の問題よ……明らかにロリキャラとして売り出してる高槻やよいにご執心なんて、もうその時点で僕はロリコンですって言ってるようなもんよ」

シンジ「なっ……」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 21:57:39.51 ID:TMpux6zk0

シンジ「そんな……そんな言い方ってないよ!」

アスカ「ちょっ……何大声出してんのよ」

シンジ「やよいちゃんはロリキャラなんかじゃない……! やよいちゃんは素のまま、ありのままの姿を僕らに見せてくれてるんだよ!」

アスカ「いやいや、仮にも芸能人なんだからありえないでしょ素のままなんて……あれ絶対キャラ作ってるわよ」

シンジ「そんなことない! やよいちゃんは……やよいちゃんは純粋で家族想いの良い子なんだよ!」

アスカ「ちょ、ちょっと落ち着きなさいよシンジ。瞳孔開いてるわよ」

シンジ「ご、ごめん」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 22:04:49.07 ID:TMpux6zk0

アスカ「……大体、なんであんたが高槻やよいが家族想いとか知ってんのよ」

シンジ「え? だってファンブックに『休みの日に家族と一緒に過ごす時間が一番の宝物』って書いてあったし……」

アスカ「……はぁ」

シンジ「な、なんだよ」

アスカ「あんたバカァ? そんなのいくらでも作れるじゃないの。どうせ実際の休日には彼氏とデートしてるに決まってるわよ」

シンジ「やよいちゃんに彼氏なんかいない」

アスカ「……いや、あんだけ可愛い子に彼氏がいないなんてありえな……」

シンジ「いない」

アスカ「……そ、そうね……。うん、いないかもね(目がマジだわ……ゴクリ)」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 22:10:28.16 ID:TMpux6zk0

シンジ「ってあ、こんなことしてる場合じゃない! もうすぐ番組が始まっちゃう!」

アスカ「ああ、そういやそうだったわね……ったく、子供みたいにはしゃいじゃって」

シンジ「…………」

アスカ「………ん? 何?」

シンジ「いや……アスカも観るの?」

アスカ「え?」

シンジ「いや、あんなに興味無さそうだったのに」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 22:11:56.16 ID:TMpux6zk0

アスカ「え、いや、まあ……べ、別に他にすることないし? ま、まあ暇つぶしに観てやってもいいかなーって」

シンジ「……ふーん」

アスカ「あ、あんたがそれだけ何かに熱中するってのも珍しいしね」

シンジ「……ふーん」

アスカ「な、何よ」

シンジ「……いや、別に」

アスカ「い、言いたいことがあるならはっきり――……」

シンジ「始まった! うぉおおおやよいちゃんかわいいよぉおおおお!!」

アスカ「!?」ビクッ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 22:19:00.34 ID:TMpux6zk0

司会『はい、今日のゲストには765プロから星井美希さん、水瀬伊織さん、高槻やよいさんの三人が来てくれましたー!』

美希『あはっ。ミキだよ! 今日はよろしくなの!』

伊織『ちょっと美希! 軽すぎでしょ! あ、ごめんなさい、水瀬伊織です。今日は宜しくお願いしますねっ☆』

やよい『うっうー! 高槻やよいでーす!』

シンジ「うっうー!」

アスカ「!?」ビクッ

やよい『今日は私達、せいいっぱい、歌って踊ってがんばっちゃいますから、よろしくおねがいしまーす!』

シンジ「こちらこそよろしくおねがいしまーす! はいたーっち!」

アスカ「……いや、やってないからね」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 22:26:02.10 ID:TMpux6zk0

シンジ「はぁ〜、やよいちゃんかわいいよぉ〜」

アスカ「…………」スッ

シンジ「あれ、何で急に距離を取るのさアスカ?」

アスカ「いえ、別に何でもないですよ碇さん」

シンジ「何で急に敬語!?」

アスカ「いえ別に……あ、トーク始まりますよ」

シンジ「! トーク! やよいちゃんのたどたどしいトークヒャッホォオオ!」

アスカ「…………」

司会『えー、765プロの皆さんは休日は何をして過ごされてるんですか? ではまず星井さんから』

美希『んー、ミキはのんびりお昼寝してることが多いかなー』

司会『へぇ。星井さんはもっとこう、外に出て遊び回ってるイメージがありましたが』

美希『んーもちろん友達と遊ぶ事も多いけどね。でもミキ的には、おうちでごろごろするのが一番幸せってカンジなの』

司会『そうなんですかー。これはまた星井さんの意外な一面が見られましたね。では水瀬さんはどうですか?』

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 22:34:57.73 ID:TMpux6zk0

伊織『そうですねぇ……私も美希と同じで、家でゆっくりすることが多いですね』

司会『そうなんですか。何か趣味がおありなんですか?』

伊織『そうですねぇ……ちょっと渋いんですけど、お茶などを』

司会『ほー、お茶ですか』

シンジ「お茶? へー。伊織ちゃんってお茶飲むのが好きなんだ」

アスカ「あんたバカァ? 伊織ちゃんの趣味なんだから茶道の方に決まってんでしょ」

シンジ「え?」

アスカ「え?」

シンジ「…………」

アスカ「…………」

司会『お茶……というと茶道ですよね。流石は水瀬財閥のお嬢様ですね』

伊織『い、いえそんな……所詮趣味の域ですから』

シンジ「…………」

アスカ「……な、何よその目は」

シンジ「……いや、別に……」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 22:44:13.08 ID:TMpux6zk0

司会『さて、では最後になってしまいましたが、高槻さんはどうですか?』

やよい『はい! 私はですねー、弟や妹達と遊ぶ事が多いです!』

シンジ「ほらきた! やよいちゃんの家族想いな一面きたよこれ! いやーなんとも健気でかわいらしいですなァアスカ殿!」

アスカ「誰がアスカ殿か」

司会『そういえば高槻さんは六人兄弟の長女さんなんですよね。アイドル活動の合間を縫って弟さんや妹さん達のお世話をされるというのは、さぞかし大変なんじゃないですか?』

やよい『そんな、お世話だなんて……。私は、弟達だけじゃなく、おとうs……あ、えっと、両親も含めて、家族と一緒に過ごす時間が、一番幸せですから!』

シンジ「うほぉ!」

アスカ「!?」ビクッ

シンジ「ねぇねぇ今の聞いたアスカ!? やよいちゃんったら『お父さんやお母さん』って言いそうになって慌てて『両親』って言い直したんだよ! あーもう、こういうおっちょこちょいなところがかわいいんだよなあ!」

アスカ「…………」スススッ

シンジ「あれ? 何でそんなに距離を取るのさアスカ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 22:55:53.63 ID:TMpux6zk0

司会『いやー、765プロの皆さんには意外と庶民的な一面もおありのようですね。そんなところがまた、彼女達の人気の秘訣なのかもしれません』

シンジ「そうそう。僕達に目線が近いところが765プロの一番の魅力なんだよなぁ」

アスカ「変にアイドル気取ってないしね、皆」

シンジ「そうそう……ん?」

アスカ「ん?」

シンジ「…………」

アスカ「…………」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 22:56:30.22 ID:TMpux6zk0

司会『……さて、ではスタンバイもできたようなので早速歌って頂きましょう。星井美希さん、水瀬伊織さん、高槻やよいさんの三人によるスペシャルメドレーです』

シンジ「お、メドレーか。ごまえかキラメこないかなあ」

アスカ「そりゃやよいちゃんがいるんだからどっちかはあるでしょ。問題は伊織ちゃんの曲が何かってことよ」

シンジ「え?」

アスカ「え?」

シンジ「…………」

アスカ「…………」

シンジ「……あの、アs」

アスカ「始まるわよ」

シンジ「おっと! サイリウム折るの忘れてた! 大閃光オレンジ5本でいいかな」

アスカ「…………」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 23:06:05.69 ID:TMpux6zk0

〜ふるふるフューチャー〜

美希『大好きハ〜ニィ〜 いちごみた〜いに〜 純〜情な〜の〜♪』

シンジ「おお、ミキミキはふるふるかぁ。なんかちょっと意外だな。てっきりオバマとかかと」

アスカ「そう? 後二人が伊織ちゃんとやよいちゃんなんだから、これくらいのゆるめの曲の方が合ってるんじゃない?」

シンジ「まあそれもそうか。……ん?」

アスカ「……ん?」

シンジ「…………」

アスカ「…………」

〜DIAMOND〜

伊織『Shine 光り輝け光〜♪』

アスカ「!!」ガタッ

シンジ「!?」ビクッ

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 23:11:36.83 ID:TMpux6zk0

アスカ「こ、ここであえてDIAMONDをつなげてくるとは……!」

シンジ「あ、アスカ?」

アスカ「あんたはちょっと黙ってなさい。やられたわ……でも決して悪い流れじゃない」

シンジ「…………」

〜キラメキラリ〜

やよい『フレーフレー頑張れ! さあ行こう♪ フレーフレー頑張れ! 最高♪』

シンジ「うほおおおお!!! キラメきたよこれ! きたでござるよこれ! 最高でござるなァアスカ殿!」

アスカ「ええい、殿はやめんか」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 23:18:57.22 ID:TMpux6zk0

やよい『キラメキラリ☆ ずっとチュッと♪』

シンジ「チュチュッ!」

やよい『地球で輝く光♪』

シンジ「ピラリン!」

やよい『トキメキラリ☆ きっとキュンッと♪』

シンジ「キュンキュン!」

やよい『鏡を見れば超ラブリー♪』

シンジ「うっふん!」

やよい『トキメキラリ☆ ぐっとギュッと』

シンジ「ギュゥッと!」

やよい『私は私がダイスキ♪』

シンジ「いぇい!」

やよい『フレーフレー頑張れ! さあ行こう♪ フレーフレー頑張れ! 最高♪』

シンジ「フレーフレー頑張れ! さあ行こう!! フレーフレー頑張れ! 最高!!」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 23:26:46.81 ID:TMpux6zk0

シンジ「ふぅ……いい汗かいた」

アスカ「暴れ過ぎよあんた……サイリウム二回くらい私の顔に当たってたし」

シンジ「え、そうなの? ごめん……」

アスカ「ま、まあ別にいいわよ。特別に許してあげるわ」

シンジ「…………」

アスカ「……な、何よ」

シンジ「……その、お詫びにってわけじゃないんだけどさ」

アスカ「?」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 23:27:44.10 ID:TMpux6zk0

シンジ「……実は僕、今週末にある765プロの握手会当たっちゃったんだよね……」

アスカ「!」

シンジ「765のアイドル全員じゃないけど、やよいちゃんは来るんだ……まあそれで応募したんだけど……」

アスカ「あ、ああそう? よ、良かったじゃないの。い……行ってくれば?」

シンジ「いや、その、ペアチケット……で……」

アスカ「…………」

シンジ「その、まだ誰も誘ってないから……その、もしアスカ、良かったら……」

アスカ「……な、なんで私が……あ、相田でも誘えば……」

シンジ「……伊織ちゃんも来るんだけど……」

アスカ「…………」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 23:34:39.47 ID:B9Bfx69j0

〜握手会当日〜

シンジ「うわあ……すごい人だねアスカ」

アスカ「そ、そうね……」

シンジ「今日来るのは春香さんに真ちゃんに雪歩ちゃんに伊織ちゃん……そして、やよいちゃん」」

アスカ「その中の一人とだけ握手できるってわけね……」

シンジ「まあ、僕はもちろんやよいちゃんだけど……アスカは」

アスカ「…………」

シンジ「…………」

アスカ「…………ちゃん」

シンジ「え?」

アスカ「……りちゃん」

シンジ「え?」

アスカ「あーもう! 当然伊織ちゃんよ! ニヤニヤしてんじゃないわよこの馬鹿シンジ!」

シンジ「あはは。ごめんごめん」

アスカ「……何でそんなに無駄に爽やかなのよ」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 23:40:05.92 ID:B9Bfx69j0

シンジ「でも嬉しいよ。まさかアスカがこっち側だったなんて」

アスカ「……あんた、絶対あの番組観た時から気付いてたでしょ」

シンジ「えー そんなことないよー」

アスカ「…………」

シンジ「そ、そんな怖い顔しないでよ……あ、そろそろ時間だよ」

アスカ「!」

〜765アイドル入場〜

シンジ「! やよいちゃん! ねぇ生やよいちゃんだよアスカ!!」

アスカ「うるっさいわね馬鹿シンジ! んなもん見りゃわか……! 生伊織ちゃん! 生伊織ちゃんだわ! おでこが神々しい!!」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 23:51:12.69 ID:B9Bfx69j0

春香「みなさーん! 今日は、私達の握手会にはるばる来て頂いて、ほんっと〜に、ありがとうございます!」

客「うおおおおおおおおおおおお!!」

シンジ「う〜ん、やっぱり春香さんもカワイイな〜」

アスカ「相変わらず仕切り上手いわねー春香さんは」

真「ボク達も、こうやってファンの皆さんと交流できるのは本当に幸せです!」

シンジ「真ちゃんはかっこいいなあ」

アスカ「あんたよりよっぽどイケメンよね」

シンジ「ひどいよアスカ」

雪歩「あ、あの……私達も、今日が皆さんにとって最高の一日になればいいなって、思ってます!」

客「雪歩ちゃーん! かわいいよー!」

シンジ「!」

アスカ「!」

雪歩「はうっ、あ、ありがとうございます……」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 23:52:03.64 ID:B9Bfx69j0

シンジ「……ね、ねぇアスカ、い、今の声……」キョロ

アスカ「うん。……なんか、聞き覚えが……あっ」

ゲンドウ「雪歩ちゃーん!! こっち向いて−!!」

シンジ「…………」

アスカ「…………」

シンジ「…………」

アスカ「…………」

シンジ「……アスカ。この事、ネルフの皆には」

アスカ「……言わないわよ」

シンジ「……ありがとう」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/09(日) 23:59:25.50 ID:B9Bfx69j0

春香「さてそれではですね、皆さん、自分が握手したいな〜って思う人の前に、順番に並んで下さいね〜あ、走っちゃダメですよ〜!」

シンジ「じゃ、じゃあ行こうか。アスカ」

アスカ「そ、そうね」

シンジ「……あ、伊織ちゃんの列とやよいちゃんの列、隣同士だね」

アスカ「あら本当。あんたの無様な姿を見てあげるわ」

シンジ「な、なんだよ無様って」

アスカ「どうせ、いざやよいちゃんを目の前にしたら緊張して何も言えなくなっちゃうんじゃないの?」

シンジ「そ、そんなことないよ!」

アスカ「どうだか……ん? なんか騒がしいわね」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 00:00:30.92 ID:4r31JkGg0

シンジ「雪歩ちゃんの列かな……あっ」

係員「ちょっとあんた! 一人30秒って言ってるでしょ!」

ゲンドウ「あ……あと少し! あと少しでいいんだ! ゆ、雪歩ちゃーん!!」

シンジ「…………」

アスカ「…………」

シンジ「…………」

アスカ「…………」

シンジ「アスカ」

アスカ「わかってる」

シンジ「ありがとう」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 00:04:00.82 ID:4r31JkGg0

シンジ「い、いよいよ近づいてきたな……あと三人……」

アスカ「あ、あたしはあと四人だわ……やばいめっちゃ緊張してきた」

シンジ「ああアスカ、どうしようどうしよう」

アスカ「おっおちつ、落ち着きなさいよ馬鹿シンジ」

シンジ「ここっここんなの落ち着いていられないよ」

アスカ「ちょ、シンジ、あんたの順番!」

シンジ「え、あ、うわあっ!」

やよい「こんにちはー!」

シンジ「!!(天使かと思ったら天使だった)」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 00:09:40.58 ID:4r31JkGg0

やよい「今日は来てくれてありがとうございますー!」

シンジ「ああこちっ、こちらこっこここっ……!」

やよい「?」

シンジ「ほ、本日はお日柄もよく……」

アスカ「シンジ! 握手! 握手!」

シンジ「ああ、あく、あくしゅ? 悪手? 何が悪手なのさアスカ?」

アスカ「馬鹿! もう時間無いわよ!」

シンジ「え?」

係員「はいすみませんがお時間ですので次の方――……」

シンジ「え? も、もうおわっ……」

(ギュッ)

シンジ「!」

やよい「えへへ……これからも、応援よろしくお願いしますね!」

シンジ「は……はい!(やよいちゃんの手……ちっちゃくてあったか……)」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 00:16:57.60 ID:4r31JkGg0

アスカ「あーあ……間抜け面しちゃって……って今度はあたしの順番!?」

伊織「こんにちは☆」

アスカ「ああこちっ、こちらこっこここっ……!」

伊織「くすっ。そんなに緊張なさらなくても大丈夫ですよ?」スッ

アスカ「!(そ、そうだ握手……)」スッ

(ギュッ)

伊織「今日ははるばる来てくれて、本当にありがとう」

アスカ「ああいえそっそそんな私のような卑しい雌豚が伊織様の御手に触れさせて頂けるなんてあばばばば……」

伊織「雌豚!? ちょっ……私のファンって女性ファンもこんななの? ったくもう……」

アスカ「ああ! 『こんななの』なんて……伊織様! もっとこの卑しい雌豚に罵声をお浴びせに……!」

伊織「え、えー? もうなんで私だけこんなことばっか……わかったわよ! この変態!」

アスカ「あんッ!」

伊織「……ほ、ほら、もういいでしょ? もう時間だから交代よ、交代」

アスカ「はふぅ……あ、ありがとうございました……」

218 名前:>>215訂正[] 投稿日:2012/12/10(月) 00:28:45.73 ID:4r31JkGg0

アスカ「はぁ……伊織様……あ、シンジ」

シンジ「やよいちゃんの手が僕の手に……え? あ、ああ……アスカ。そうか、アスカも終わったんだね……どうだった?」

アスカ「……生まれて初めて、あんたに出会って良かったと思えたわ」

シンジ「……それ、褒めてるの?」

アスカ「もちろんよ」




〜その後〜



やよい・伊織『キラメキラリ☆ ずっとチュッと♪』

シンジ・アスカ「チュチュッ!」

やよい・伊織『地球で輝く光♪』

シンジ・アスカ「ピラリン!」

ミサト「…………」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 00:39:42.14 ID:4r31JkGg0

やよい・伊織『私は私がダイスキ♪』

シンジ・アスカ「いぇい!」

やよい・伊織『フレーフレー頑張れ! さあ行こう♪ フレーフレー頑張れ! 最高♪』

シンジ・アスカ「フレーフレー頑張れ! さあ行こう!! フレーフレー頑張れ! 最高!!」

ミサト「…………」

シンジ「ふぅ……今日もいい汗かいたね、アスカ」

アスカ「えぇ、今日も伊織様のキレは半端なかったわね」

ミサト「…………」

シンジ「? どうしたんですか? ミサトさん」

アスカ「ああ、もしかしてミサトもやりたかったの?」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 00:40:23.66 ID:4r31JkGg0

ミサト「いや、あの……いいのよ。うん。あなた達が楽しいのならそれで……」

シンジ「? 変なミサトさん。まあいいやアスカ、次はこの前のライブのBD観ようか」

アスカ「いいわね、そうこなくっちゃ!」

シンジ「さあ始まったぞ! うおおおおおおおやよいちゃああああん!!! かわいいよおおおおおおおおおおお!!!」

アスカ「伊織様ぁあああ!!! この卑しい雌豚をお踏みになってッ!!! その冷たい視線で蔑んでぇええええっ!!」

ミサト(……早くサードインパクト起きないかしら)








ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「もうすぐバレンタインですね」