シンジ「同い年の女子と同居するのってやばいよね?」カヲル「え?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ここはどこだ…?つーか俺は誰だ?何も思い出せない…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 23:41:06.49 ID:6eODs56H0

カヲル「?」

シンジ「しかも、学校じゃ美人で有名だし!エリートパイロットだし!」

シンジ「あ、エリートパイロットは自称だけど」

シンジ「そんな子と暮らすなんて……これって!相当ヤバイよね!?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 23:44:13.34 ID:6eODs56H0

カヲル「ヤバイ?どういうことかな」

シンジ「僕自身もわからないんだけど……」

シンジ「あ!ミサトさんとかも結構美人らしいし」

シンジ「そんなお姉さんと暮らしてる僕をトウジとか羨ましがってたし」

シンジ「やっぱり、僕はヤバイんだ!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 23:47:54.58 ID:6eODs56H0

シンジ「なんなんだろ?この気持ち……」

カヲル「素敵だね」ニコッ

シンジ「?」

カヲル「それは君の心が満たされているってことなんだよ」

シンジ「そ、そうなのかなぁ」モジモジ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 23:52:08.63 ID:6eODs56H0

シンジ(心が満たされてる……か)トボトボ

ミサト宅

シンジ「ただいま!」

ミサト「あら、シンちゃん。おかえりなさい♪また、渚君のところ?」

アスカ「まったく!帰ったんならさっさと夕飯つくってよぉ」

シンジ「うん」

ミサト「アスカったら、渚くんにシンちゃんを取られて嫉妬してるのね」

アスカ「なっ!!ちがーう!!」

シンジ「すぐに、ご飯作るよ!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 23:55:27.62 ID:6eODs56H0

シンジ「〜♪」トントン

アスカ「」ジー

シンジ「どうしたの?」

アスカ「ちょっと、飲み物取りに来ただけ」

シンジ「そう、もうすぐできるから待ってて」

アスカ「あのホモに何かされてないでしょうね……」

シンジ「ひどいなぁ。カヲルくんはそんな人じゃないよ」

アスカ「ふん!怪しいわよ!」

ミサト「あすかぁ、シンちゃんの邪魔しちゃだめでしょう〜」

アスカ「邪魔なんかしてないっ!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 23:59:56.31 ID:6eODs56H0

学校

アスカ「おっはよう!ヒカリ!」

ヒカリ「おはよう!」

シンジ「おはよう」

トウジ「なんやなんや?また、二人でイチャイチャしながらきたんかいな」

ケンスケ「うらやましいね〜」コノコノー

シンジ「イチャイチャなんかしてないよ」

アスカ「そうよ!このばかっ!!」

トウジ「照れんでもでもええんやで〜」

ヒカリ「すずはらー!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 00:05:56.59 ID:BO/uipk80

昼休み

シンジ「」モグモグ

ケンスケ「いつも思うんだけど碇っていいよな〜」

シンジ「?」

ケンスケ「だってさぁ、美人なミサトさんや式波と一緒に住んでるんだもん」

トウジ「わいわ、式波はいけすかんかどな!それ以外は同意や!」

シンジ「そう?いいかな」ニヤニヤ

ケンスケ「いいに決まってるだろ!?僕と代わってほしいくらいだよ!」

シンジ「そんな、代わってほしいだなんて」

トウジ「そのセリフも何回目やねん。ケンスケ」

ケンスケ「だってさ〜」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 00:08:13.39 ID:BO/uipk80

アスカ「シンジ」

ケンスケ「ほぉら、おいでなすった」

アスカ「な、なによ」

ケンスケ「べつに〜」ニヤニヤ

シンジ「どうしたの?アスカ?」

アスカ「アンタ、ミサトのメール見てないの?」

シンジ「?」

アスカ「冷蔵庫のビール切らしたから買ってきてだって」

シンジ「え?昨日、いっぱい入ってたじゃないか」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 00:11:29.43 ID:BO/uipk80

アスカ「全部飲んだんでしょ。ミサトのことだし」

シンジ「わかったよ。今日は放課後に買い物にいくつもりだったし」

アスカ「じゃぁ、私も行くわ。ビールも買うんじゃ一人で持てないでしょ?」

シンジ「うん!ありがとう、アスカ」

ケンスケ「くぅぅぅぅぅ」

トウジ「あかん!眩しいてお前らが見えへんわ!」

アスカ「そこ!!黙りなさい!!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 00:25:49.40 ID:BO/uipk80

ミサト宅

シンジ「〜♪」ジャー

アスカ「こらぁあああ!!それは私の下着!!待ちなさい!!」タッタッタッタ

ペンペン「クワ!!クワー!!」バサバサ

アスカ「待ってって言ってるでしょ!!このエロペンギン!!」

ペンペン「クワクワクワ!!」バサバサ

アスカ「もう!!ミサトぉ!なんとかしてよ!」

ミサト「え〜。今、テレビいいところなのよ〜。後でね」

アスカ「あぁもう!これじゃぁ、洗濯したのたためないぃぃ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 00:33:04.58 ID:BO/uipk80

次の日

シンジ「それで、アスカがさぁ!こけちゃったんだよ」アハハハ

カヲル「そう、それは大変だったね」ニコッ

シンジ「うん、アスカったらずっと怒っててさぁ。顔ふくらして」プフフ

カヲル「君の家はとても賑やかで楽しそうだね」

シンジ「賑やかすぎるくらいだよ」エヘヘ

カヲル「きっと、すごく心地いいんだろう」

シンジ「うん、なんだか。すごく落ち着くんだ」

シンジ「あったかいって言うのかな?……こういう経験、今までにしたことなかったから」

カヲル「もう、こんな時間じゃないか。そろそろお開きにしよう」

シンジ「うん」

カヲル「君の家族も心配しているだろうからね」

シンジ「家族?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 00:35:40.10 ID:BO/uipk80

カヲル「?」

カヲル「何かおかしなこと言ったかな」

シンジ「ううん!なんでもないよ!それじゃぁね!カヲルくん!また遊びに来るよ!」

カヲル「あぁ、いつでも来るといいよ。待ってるからね」ニコッ


シンジ(家族かぁ……ふふ、カヲルくんには僕達が家族のように見えるんだ)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 00:45:41.94 ID:BO/uipk80

ミサト宅

イタダキマース

シンジ「〜♪」パクパク

ミサト「シンちゃん。今日はご機嫌ね♪渚くんのところでいいコトでもあったの?」

シンジ「え?いや、何もないですよ。ただ、話をしてただけです♪」

アスカ「絶対!何かあったー」

ミサト「いい友達を持ったわね。大切にしなさい」ニコッ

シンジ「うん!」

アスカ「アイツはどこかおかしいわよ。シンジも気をつけなさい」

ミサト「コラ!アスカ!」

シンジ(カヲル君と話をするのも心が落ち着いて楽しいけど)

シンジ(やっぱり、こうして三人でいるのが一番、楽しいかな)

アスカ「また、ニヤついてるぅ。きもちわるっ」

ミサト「アスカだって、昨日のこけた時の顔。相当、面白かったわよ」

アスカ「ぶっ!もう!やめてよ!ミサトぉ!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 00:50:46.57 ID:BO/uipk80

数日後

アスカ「えーっ、手で、受け止める!?」

ミサト「そう。落下予測地点にエヴァを配置、A.T.フィールド最大で、あなたたちが直接、使徒を受け止めるのよ」

シンジ「使徒がコースを大きく外れたら…?」

ミサト「その時はアウト」

アスカ「機体が衝撃に耐えられなかったら?」

ミサト「その時もアウトね」

シンジ「勝算は?」

ミサト「神のみぞ知る、と言ったところかしら」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 00:53:53.76 ID:BO/uipk80

ミサト「ブリーフィングは以上よ」

ミサト「作戦開始まで、エヴァに乗って各自待機。いいわね」

アスカ「は〜い」


シンジ「……」

カヲル「さぁ、僕達も急ごう」

シンジ「……」

カヲル「どうしたんだい?乗らないのかい?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 00:58:24.52 ID:BO/uipk80

シンジ「…カヲルくんは怖くないの?」

カヲル「エヴァに乗ることがかい?それとも使徒と戦うこと?」

シンジ「使徒に負けること……」

カヲル「あまりそういうことは考えないほうがいいよ」

シンジ「でも……もし、この配置が外れて……」

シンジ「誰も使徒を受け止められなかったらどうなるんだよ!」

シンジ「みんな、死んじゃう……もう、あの家には帰れなくなる!」

カヲル「大丈夫。僕が必ず勝つさ」

シンジ「いくらカヲルくんでも……そんなの当てにならないよ…」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 01:03:56.04 ID:BO/uipk80

カヲル「戦って勝つしか無い。そうだろ?」

シンジ「……」

カヲル「君はこの作戦で君自身ができることを全てやり尽くせばいい」

カヲル「セカンドもファーストもいる。それに僕もね」

カヲル「きっとなんとかなるさ。――何とかしてみせるよ」

シンジ「カヲルくん……」

カヲル「守りたいものがあるんだろ?だったら、強くそう願うんだ」

カヲル「君のエヴァはきっと君の望みを叶えてくれるから」ニコッ

レイ「そろそろ、時間」

カヲル「さぁ、行こう。シンジくん、僕達でこの街を守るんだ」

シンジ「うん!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 01:11:54.64 ID:BO/uipk80

作戦終了後

初号機 エントリープラグ内部

シンジ「勝てた……守ったんだ…みんなを…家族を……」

アスカ『ふん!今日のところはアンタのおかげってことにしておいてあげるわ!』

シンジ「アスカ……」

カヲル『初号機に君の願いが届いたようだね』

シンジ「うん……」

カヲル『また、明日を生きることができる。それも全て君のおかげだよ』

カヲル『ありがとう。シンジくん』

シンジ「みんながいてくれたから……僕一人じゃ何もできなかったよ」

カヲル『そう思ってくれるのなら光栄だよ。僕も頑張ったかいがある』

カヲル『それじゃぁ、また後で会おうね。シンジくん』

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 01:14:06.59 ID:BO/uipk80

アスカ「あぁあ、お腹すいた〜」

ミサト「シンジくんは?」

アスカ「また、あのホモについていった」

ミサト「そう、せっかく何かご馳走しようと思ってあげたのに」

アスカ「じゃぁ私達だけで♪」

ミサト「だめよ。今度、みんなで行きましょ」ニコッ

アスカ「バカシンジぃぃぃ。許さない!」

ミサト「ふふ、さぁ帰りましょ」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 01:18:30.39 ID:BO/uipk80

カヲル「元気、少ないね」

シンジ「……」

カヲル「僕たちは使徒に勝つことができたんだ。何も気に病むことなんかないと思うけど」

シンジ「今日はたまたま勝てたけど……次は負けちゃうかもしれない」

カヲル「……」

シンジ「なんだか、ずっと不安なんだ……どうしてかな?」

シンジ「使徒が怖いと思ったことは何度もある。だけど……何か違うんだ…」

カヲル「君が恐れているのは使徒に負けることなんかじゃないよ」

シンジ「え?」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 01:25:13.30 ID:BO/uipk80

カヲル「今を失うことを恐れているんだよ」

シンジ「今を失う?」

カヲル「そう、今まで君が過ごしてきた日常そのものを失う怖さ」

カヲル「それが君の不安を煽るんだ」

シンジ「カヲル君てなんでもわかっちゃうんだね……カヲル君に言われるとそんな気がするよ」

カヲル「君が前に言ってったことじゃないか」

カヲル「3人で暮らす今はすごく心地いいってね」

シンジ「……」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 01:32:15.61 ID:BO/uipk80

シンジ「カヲルくんの言うとおりだよ……」

シンジ「僕は今すごく幸せなんだ」

シンジ「ミサトさんがいて…アスカがいて……」

シンジ「帰る場所があるんだ。待っていてくれる人がいるんだ」

シンジ「僕の作るご飯を食べてくれる人……僕の話を聞いてくれる人……」

シンジ「一緒にテレビを見て笑ったり……落ち込んでたら心配してくれたり」

シンジ「本当はこんなこと普通なのかもしれない……」

シンジ「でも、僕はそれを幸せに感じるんだ!」

シンジ「父さんに捨てられて……母さんのことだって何も知らない」

シンジ「家族がどんなものなのか僕にはわからなかった。それの暖かさも……」

シンジ「今はすごくわかるんだ……とても暖かいって感じるんだ!だから!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 01:40:44.01 ID:BO/uipk80

シンジ「失いたくないんだよ……」

カヲル「だから、僕たちはエヴァに乗って戦うんだろ?」

シンジ「使徒に勝っても僕の不安は消えないと思う……」

カヲル「使徒を全て倒したらどうなるのか?それを知りたいんだね」

シンジ「エヴァのパイロットだから……使徒と戦わなくちゃいけないから」

シンジ「僕たちは一緒に暮らしている。でも…それだと……」

カヲル「パイロットでなくなったら、みんなバラバラになってしまう」

カヲル「もう家族でいられなくなってしまう、そう思うのかい?」

シンジ「……うん」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 01:50:52.52 ID:BO/uipk80

カヲル「未来のことなんて誰もわからないさ」

カヲル「僕たちは一秒先すら知ることができない。生きることができないんだ」

カヲル「僕たちは今を生きることしかできないんだよ」

シンジ「だったら、僕はどうすればいいの?」

カヲル「今を生きることしかできないんなら、いや、だからこそ今を思う存分たのしめばいいさ」ニコッ

カヲル「だって、今の君は幸せなんだろ?なら、それでいいじゃないか」

シンジ「でも……」

カヲル「さぁ、もうこんな時間だよ」

シンジ「うん、色々とありがとうカヲルくん」

カヲル「不安が消えなくてもそれ以上の幸せが君を包んでくれるはずだよ」ニコッ

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 01:53:33.09 ID:BO/uipk80

ミサト宅

ミサト「おかえり〜シンちゃん♪出来合いの物だけど、食べてね」

アスカ「おそい〜バカシンジ」

ミサト「あら、遅いとか言う割には先に食べ始めてたじゃない」

アスカ「だって、お腹が空いてたんだから!しょうがないじゃない!餓死しろっての!?」

アスカ「こんな汚い部屋で!」

ミサト「こらアスカ!!」

シンジ「遅くなってすみません」

ミサト「いいのよ!さっ!食べましょ!」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 01:57:25.54 ID:BO/uipk80



シンジ(カヲルくん……やっぱり、無理だよ……)

シンジ(みんなといるのが心地いいと感じれば感じるほど失うのが怖くなる……)

シンジ(全てが崩れ落ちた時、僕はどうなるの?その悲しみに耐えられるのかな?)

シンジ(無理だよ……)

シンジ(もう、そういうのはごめんだ!!!)

シンジ(だったら……いっそ…)

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 02:02:51.81 ID:BO/uipk80

シンジ(一人になってしまえばいいじゃないか……)

シンジ(父さんに捨てられた時からずっと一人だったじゃないか……)

シンジ(失うものが何も無ければ傷つくこともない……)

シンジ(幸せを感じるから不安にかられる……)

『僕たちは一秒先すら知ることができない。生きることができないんだ』

シンジ(今後、どうなんるかなんて僕にはわからない……)

シンジ(本当はミサトさんやアスカだって何を考えているのかわからない)

シンジ(3人が家族だって思っているのも僕だけかもしれない……)

シンジ(ただ仕方がないから同居しているだけ……そう思っているかもしれないじゃないか…)

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 02:06:40.37 ID:BO/uipk80

次の日

学校

アスカ「ねぇシンジ。ミサトが何かご馳走してくれるって」

アスカ「何か食べたいのとかある?」

シンジ「別に」

アスカ「アンタねぇ…折角、ミサトがご馳走してくれるって言ってるのに」

アスカ「もうこれっきりかもしれないのよ?」

シンジ「今日、僕は家にいるよ」

アスカ「はぁああ?来ないつもりなの?なんで?具合でも悪いの?」

シンジ「そういうわけじゃないけど……」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 02:11:53.11 ID:BO/uipk80

ミサト「結局、シンちゃんは来ないのね……」

アスカ「バカシンジのやつ…何考えてるのかしら?」

レイ「」

カヲル「……」

ミサト「さっ!とにかく!昨日はみんなお疲れ様!行きましょ♪」

アスカ「って!結局ラーメン屋?」

ミサト「しょうがないでしょ〜。レイがお肉だめって言うんですもの」

アスカ「ま、ミサトもあまりお金に余裕がないみたいだし?これで勘弁してあげる」

ミサト「言うわね……」

カヲル「大勢で食事何て久しいね」

ミサト「あらそうなの?みんなで食べるほうが同じものでも何倍も美味しいのよ♪」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 02:15:20.61 ID:BO/uipk80

ミサト宅

シンジ(今から距離を置いておけば少しでも傷つかなくてすむ……)

シンジ(これでいいんだ……)

シンジ(一人のほうが僕にあってるんだ)

シンジ(また、今までも僕に戻るだけだ……)

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 02:19:01.77 ID:BO/uipk80

ミサト宅

アスカ「あぁ……おなかいっぱい」

ミサト「シンジくんただいまー」

シーン…

ミサト「あら、もう寝たのかしら」

コンコン

ミサト「シンジくん?シンジくんにも何か買ってきたんだけど食べる?」

アスカ「ちょっとバカシンジ〜」

シーン……

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 02:21:34.95 ID:BO/uipk80

シンジ(やめてよ……僕に優しくしないでよ……)

シンジ(お願いだ……僕に構わないで…)

ミサト「具合でも悪いのかしら?学校はどうだったの?アスカ」

アスカ「私も聞いたけど具合は悪くないって。でも、バカシンジにしては何か元気なかったような」

ミサト「シンちゃん?何かあったの?」

シーン……

ミサト「入るわよ?」

ガラッ

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 02:23:10.13 ID:BO/uipk80

シンジ「」

ミサト「どうしたの!?部屋の隅で三角座りなんかしちゃって」

ミサト「学校で何か嫌なことでもされたの?」

アスカ「シンジ……」

シンジ「……」

アスカ「ちょっとシンジ……なんとか言いなさいよ…気になるじゃない」

シンジ「……」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 02:29:17.42 ID:BO/uipk80

シンジ(どうして……ほっといてよ!!)

シンジ(やめてよ!!)

シンジ(優しくされればされるほど二人を疑ってしまう……)

シンジ(本当は心配なんかしてないって……ただ、気を使ってるだけだって)

シンジ「……」

ミサト「シンジくん……話したくないのなら無理に話さなくていいわよ」

ミサト「でも、もし自分ではどうしようもなくなっちゃったら」

ミサト「遠慮しないで、私やアスカに頼って」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 02:32:14.60 ID:BO/uipk80

シンジ「構わないでくださいよ」

アスカ「え?」

シンジ「もう僕に構わないでくださいよ!!!」

ミサト「シンジくん?」

シンジ「嫌なんですよ!ここでみんなと暮らすのが!!」

シンジ「こんな馴れ合いもう散々だよ!!!!」

ミサト「どうしちゃったのよ?」

シンジ「やめてよ!!僕に近づかないでよ!!!」

シンジ「僕のことを嫌いになってよぉおお!!!!」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 02:37:39.44 ID:BO/uipk80

アスカ「ホント馬鹿ね……」

ミサト「アスカ!」

アスカ「あぁあ、もう限界。こんなところでこんなバカと一緒に暮らすなんて」

シンジ(やっぱりそうだったんだ……暖かいなんて思ってたのは僕だけだったんだ…)

アスカ「何が慣れ合いよ!!アンタに合わせてやっただけでしょう!!?」

アスカ「嫌いになれ?アンタに言われなくてもずぅっと前からバカシンジのことなんか」

アスカ「だいっきらよぉ!!!!」

シンジ(なんだよ……家族だなんて……そんなのここにはなかったんだ…)

シンジ(僕が勝手にそうだと思い込んで…勝手に不安になって……勝手に……)

シンジ(はじめから失うものなんて何もなかったんだ!!)

シンジ「うわっぁああ!!!」ドガシャーン

ミサト「シンジくん!?」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 02:40:09.08 ID:BO/uipk80

バリーン ガシャーン

シンジ「こんな家なんか!!もう誰も住めなくなればいいんだ!!」

シンジ「家族だと思ってたんだ!!!みんなもそう思ってると思ってたんだ!」バリーン

アスカ「」スタスタ

ミサト「アスカ!!どこ行くのよ!!!」

アスカ「こんな散らかった家なんか住めない。出ていく」スタスタ

ミサト「アスカ!!!」

シンジ「僕も出ていきます」スタスタ

ミサト「待って!!二人共!!!」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/05(水) 03:06:06.49 ID:BO/uipk80

明日、かきまする



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ルパン3世vs名探偵コナン&相棒!