碇シンジ「女どもに告ぐ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「うおっ!!机の上にチンコが・・・」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 00:20:39.21 ID:6yKmT5akO

シンジ「今晩何食べたいですか…」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 00:23:39.57 ID:6yKmT5akO

シンジ「すみません…味付け気に入らないですよね…作り直します。」
シンジ「急ぎます」
シンジ「あ、ビール注ぎます」
シンジ「すみません、すみません…」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 00:26:18.62 ID:6yKmT5akO

シンジ「パンツ一緒に洗ってません」
シンジ「ブラジャーはちゃんとネット洗いしました…本当です」
シンジ「部屋汚くてすみません…でも今ミサトさんが食べこぼした…なんでもないです。すみません…」
シンジ「お風呂沸きました…僕は最後でいいです。」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 00:29:36.00 ID:6yKmT5akO

シンジ「ベッドはアスカが使えばいいよ…僕は床でいいよ…」
シンジ「枕と布団も?うん…いいよ…」
シンジ「枕が臭い?じゃあ、消臭剤買ってくればいい?…コンビニ行ってくるよ」

シンジ「寒い…」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 00:33:03.01 ID:6yKmT5akO

シンジ「ただいま…あれ、チェーンロックが…」

シンジ「ミサトさん、アスカ」

シンジ「寝ちゃったんだ」

シンジ「寒い…」

シンジ「漫画喫茶に行こう…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 00:35:05.95 ID:6yKmT5akO

シンジ「ナイトパックで…」

シンジ「カップルシートしか空いてないんですか?じゃあそれでもいいです…」

シンジ「(隣がアンアンうるさい…もう嫌だ)」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 00:38:33.58 ID:6yKmT5akO

シンジ「音楽でも聞こう…と思ったらローバッテリー」
シンジ「読みたかった漫画は一巻がいつまで経っても本棚に戻らない」

シンジ「隣がアンアンうるさい…もう嫌だ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 00:43:30.97 ID:6yKmT5akO

シンジ「(いっそのこと隣の声でマスかこう)」

シンジ「ハァハァハァ」

隣「(ダンッ!)うるせーぞカス!」

シンジ「()」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 00:49:00.91 ID:6yKmT5akO

シンジ「そうだ」

シンジ「世界がどうなってもいい」

シンジ「でも綾波だけは僕の味方だった」

シンジ「(メール)家に入れなくなっちゃったから行ってもいい?」

綾波「(メール)無理。」

シンジ「()」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 00:52:04.00 ID:6yKmT5akO

シンジ「すみません、やっぱり出ます」

シンジ「パックだから早く出ても金額安くなりませんよね…」

シンジ「ポイントカードは…あ…いや、いらな…」

シンジ「あ…じゃあ、はい」

シンジ「また断れなかった…」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 00:57:29.64 ID:6yKmT5akO

シンジ「あ、はい。なんですか?」

シンジ「え、お金とかないですけど…」

シンジ「や、本当にないです…」

シンジ「それなくなると家に帰れなくなるんで…やめてください」


シンジ「それは友達にもらったやつです…」

シンジ「使ったことないです…童貞です」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:01:24.19 ID:6yKmT5akO

シンジ「ついに財布もないや…段ボールで寝よう」

シンジ「段ボール布団だと軽くてちょうどいいや。寒いけど」










シンジ「誰か助けてよ…」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:08:33.53 ID:6yKmT5akO

シンジ「ブワッ、なんだこれチラシ……体験入店…」

シンジ「ゴクリ…」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:15:54.42 ID:6yKmT5akO

シンジ「あの…」

シンジ「ゲイとかじゃないんですけど変なこととかないですか…」

シンジ「話だけですよね…」

シンジ「取り急ぎでお金が必要なんです…」

シンジ「あ、借金とかじゃなくて…家に帰る…なんでもないです。」

シンジ「これ着ればいいんですか?」


シンジ「なんかスースーしますね…」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:20:45.24 ID:6yKmT5akO

シンジ「い、いらっしゃぁい」

シンジ「こちらはじめて?…ですか?」


シンジ「なんでわかったんですか?」

シンジ「はあ…まあ、色々あって…その…」




シンジ「初対面なのに今日で一番優しくされました…」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:21:46.02 ID:6yKmT5akO

シンジ「(居心地いいな…)」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:24:38.37 ID:6yKmT5akO

シンジ「失礼しまぁす」


冬月「()」


シンジ「()」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:27:48.21 ID:6yKmT5akO

シンジ「あの…ありがとうございます。泊めてもらって…」

冬月「構わんよ」


シンジ「…」

冬月「…」


シンジ「あの…あそこって…」


冬月「何も言うな…」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:31:15.34 ID:6yKmT5akO

シンジ「女の人って本当怖いですよ」

シンジ「僕のことを奴隷か何かだと思ってますよ」

冬月「君のお母さんは魅力的だったよ。女性の全てが悪ではない。」

シンジ「じゃあ今のネルフで魅力的な女性って誰ですか?」


冬月「…」

シンジ「…」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:32:17.92 ID:6yKmT5akO

シンジ「じゃあ東京の中ででもいいです」

冬月「」

シンジ「」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:33:55.89 ID:6yKmT5akO

シンジ「じゃあ地球上でもいいですよ」

冬月「」

シンジ「ほら、やっぱり女の人は怖いんだ」


冬月「私の人生は既に詰んでおる」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:38:00.26 ID:6yKmT5akO

シンジ「(メール)あれ、着信もいっぱい来てた。アスカからだ…」


アスカ「(メール)どこにいんのよ!バカシンジ!」


シンジ「あの…」



シンジ「帰ります」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:40:04.76 ID:6yKmT5akO

冬月「そうか…」


シンジ「すみません」

冬月「構わんよ」


シンジ「いや…」



シンジ「タクシー代貸して下さい」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:41:09.88 ID:6yKmT5akO

シンジ「あの…」


冬月「何だね?」


シンジ「生きてればいいことありますよ」


冬月「()」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:46:37.01 ID:6yKmT5akO

シンジ「た、ただいま…」

アスカ「バカシンジ!どこまでファブリーズ買いに行ってんのよ!おかげでこんな時間まで眠れないじゃない!」

ミサト「ごめーんシンちゃん!出かけてるの知らなくて鍵かけちったわ☆」


シンジ「一応声かけたんだけど…」

アスカ「は?聞こえなかったっつーの」

ミサト「チャイム壊れてんのかしら?」

シンジ「」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:49:21.10 ID:6yKmT5akO

アスカ「ちゃんと管理しなさいよねミサト!」

ミサト「おこりんぼー」

アスカ「ま、結果的には入れなかったのが理由なわけだし、許してあげるわ」

アスカ「で?ファブリーズはどこよ」


シンジ「」

ミサト「あら?」

アスカ「何泣いてんの?」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:53:34.41 ID:6yKmT5akO

シンジ「そして僕は家族や女性の温かさを知るのでした………END。」


シンジ「とかなったらまだいいよね」


シンジ「現実は締め出されたまま凍死だからね。本当に女って鬼だと思うよ」


シンジ「カヲル君が来てくれて良かった」

シンジ「やっぱりカヲルしかいないよ」


シンジ「それじゃあおやすみ…」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 01:57:36.52 ID:6yKmT5akO

シンジ「お疲れ様でした…」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:国木田「キョン…痛いよ……」