灰原「誘拐犯にさらわれたみたいね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:月「・・・はっ! ここは・・・?」 リューク「ようこそ死神界へ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 21:59:10.03 ID:JVTMzIhC0

──…

コナン「でよー、んで蘭の奴がさ…」

博士「はっはっはっ、こりゃ傑作じゃわい!」

コナン「? 灰原、聞いてるか?」

灰原「えぇ、聞いているわ。よーく聞いているわ」

コナン「なんだよ、怒ってんのか?」

灰原「そう思うんならそうなんじゃない?」

コナン「なんだよ、言いたいことがあるなら言えよ」

灰原「別にないわ、なんにもね」

コナン「あ、おい! どこに行くんだよ!」

灰原「別に。ちょっと散歩よ」

コナン「ったく、なんなんだよアイツ」

博士「これ新一! ワシの哀君を怒らせるでない!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:02:47.54 ID:JVTMzIhC0

コナン「…で、例のやつは気付いてねーだろうな」

博士「もちろんじゃ。余り気乗りはせんがな」

コナン「んだよ。灰原にクリスマスプレゼントをやるってのに、どっか悪いとこあるか?」

博士「ふん。そうやって気を引こうと必死じゃの」

コナン「博士じゃあるまいし。ちょっとしたサプライズだよ、サプライズ」

博士「新一なんぞ蘭君の前でぶりっこしてればいいんじゃ!」

コナン「あ、おい博士! どこ行くんだよ!」

博士「散歩じゃ散歩」

コナン「…とりあえず、灰原を追いかけるか」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:04:19.15 ID:JVTMzIhC0

灰原「………」テクテク

灰原「………」テクテク

灰原「………」テクテク

灰原「…工藤君なんて……」テクテク

???「おい」

灰原「…え? …っ!?」ドサッ

???「ふん、ちょろいもんだぜ」


コナン「灰原ー。灰原、いねーのかー?」

コナン「ったく、どこまで行ったんだよ、アイツ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:06:29.51 ID:JVTMzIhC0

──…

灰原「……っ、ここは……」

灰原「辺りが真っ暗で何も見えないわ」

灰原「それに、狭い。ここ、一体どこなの?」

灰原「そういえば私、散歩中に何者かに薬を嗅がされて…」

灰原「それにしても、狭い。足すら満足に伸ばせないじゃないの」

灰原「まるでトランクの中に閉じ込められたみたい」

灰原「…誘拐犯にさらわれたみたいね」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:07:43.67 ID:JVTMzIhC0

灰原「…それにしても、何のアクションもないなんて」

灰原「だいぶ、暗闇に目が慣れてきたわ」

灰原「あれ、私の着ている服、私の服じゃないわ」

灰原「これ、まるで>>8の恰好じゃないの」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/02(日) 22:09:59.31 ID:BMSk0/tI0

ピグモン

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:12:22.44 ID:JVTMzIhC0

灰原「円谷君が持っていた図鑑で見たことあるわ」

灰原「まるでピグモンのコスプレね、誘拐犯の趣味かしら」

灰原「…ねぇ、誰か! 誰か居ないの!」

灰原「何の反応もない、誰も居ないのかしら」

灰原「今は夜なの、朝なの。…何時なのよ」

灰原「私が連れ去られてから、一体どれくらいの時間が経ったのかしら…」

灰原「……」

灰原「……」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:13:40.46 ID:JVTMzIhC0

灰原「…ぅ、んん…。…寝ていたみたいね」

灰原「足を伸ばせないってのは辛いわ」

灰原「今は、朝?」

灰原「結局、誘拐犯は現れなかったみたいね」

灰原「もしかして、狭い箱の中に閉じ込めて、山の中にでも捨てたのかしら」

灰原「それにしても、周りが静かすぎるわ」

灰原「一体、ここはどこ…?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:14:26.97 ID:JVTMzIhC0

灰原「………」

灰原「………」

灰原「…埒が明かないわ」

灰原「こうなったら、>>15をしてみるしかないわね」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/02(日) 22:15:17.49 ID:IdGkF9LgP

服を全て脱いで廃棄

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/02(日) 22:16:54.73 ID:IdGkF9LgP

>>13

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:18:48.87 ID:JVTMzIhC0

灰原「…仕方ないわね」

灰原「誰か! 誰か居ないの!」

灰原「答えないのなら、……こ、ここで脱糞するわ!」

灰原「脅しじゃないわよ! やるって言ったら、本当に…」

灰原「……っ」

灰原「こうなったら…、本当に」ゴソゴソ

灰原「狭いと脱ぎづらいわね」

17 名前:廃棄が脱糞に見えた[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:20:38.05 ID:JVTMzIhC0

???「待て」

灰原「!?」

???「落ち着け」

灰原「(…変声機を使っているようね)」

???「分かった、仕方ない。下の方を見ろ」

灰原「え? あ、ここに切れ目が…」

???「ほら、水だ。これでも飲んで落ち着け」

灰原「なるほど、こんな所に小窓が設置されていたというわけね」

灰原「ありがたくいただくわ」

18 名前:廃棄が脱糞に見えた[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:22:07.43 ID:JVTMzIhC0

灰原「……んっ」ゴクゴク

灰原「はっ、はぁ…。久しぶりの水ね…」

灰原「ねぇ、何が目的なのかしら。身代金なら残念だけど」

???「違う」

灰原「じゃあ、一体何なの」

???「命令だ」

灰原「誰の?」

???「おしゃべりは終わりだ」

灰原「…まったく、意味不明だわ」

20 名前:廃棄が脱糞に見えた[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:23:03.07 ID:JVTMzIhC0

灰原「…もう長いことお風呂入っていないわ」

灰原「お腹も空いてきたわ」

灰原「………」

灰原「そう、おしゃべりは終わりなのね」

灰原「……」

灰原「……」

灰原「……」グーグー

21 名前:廃棄が脱糞に見えた[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:24:42.47 ID:JVTMzIhC0

──…

灰原「…んっ」

灰原「…朝、ということでいいのかしらね」

灰原「ピグモンの服を脱いだはいいけど、少し肌寒いわ」

???「おい」

灰原「え?」

???「水をやる。飲め」

灰原「…ありがと」

灰原「できたら、食事も欲しいのだけれど」

灰原「……。…あっそ、無視ってわけ」

灰原「……ん」ゴクゴク

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:26:13.87 ID:JVTMzIhC0

灰原「ねぇ、一体何が目的なの?」

灰原「……」

灰原「はぁ」

灰原「少し寒いわ」

灰原「……」

???「おい」

灰原「あら?」

???「小窓から手を出せ。これを着ろ」

灰原「…あ、ありがと」

灰原「…これは、>>26

26 名前: 忍法帖【Lv=30,xxxPT】(1+0:15) [] 投稿日:2012/12/02(日) 22:27:16.06 ID:OsOWFeee0

ビキニ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:29:02.67 ID:JVTMzIhC0

灰原「って、ビキニじゃないの! こんなので暖かくなれるわけないわ!」

???「じゃあ返せ」

灰原「…い、一応着るけど…」

灰原「……」

灰原「…ま、無いよりはマシね」

灰原「それにしても、ちょっと臭うかしら…」

灰原「ねぇ、シャワーくらい浴びさせてくれないの?」

灰原「……」

灰原「だんまりね。分かったわ」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:30:47.19 ID:JVTMzIhC0

──…

灰原「…っ。…寝てたのかしら」

灰原「お腹が減り過ぎて、感覚が無くなってきたわ…」

灰原「まさか、このまま水だけの生活なんじゃ…」

灰原「……」

灰原「ね、ねぇ。食事くらい、そろそろ取らせてくれないかしら」

灰原「……」

???「おい」

灰原「な、なに?」

???「これを飲め」

灰原「…また水。…え、こ、これって…」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:32:56.62 ID:JVTMzIhC0

灰原「この臭い。…精液じゃないの!」

灰原「こ、こんなもの飲めるわけないわ」

???「じゃあ飲まなくていい」

灰原「……」

灰原「……」

灰原「……」グゥゥゥゥ

灰原「……いただこうかしら」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:35:15.26 ID:JVTMzIhC0

灰原「(っ、なんて臭いなの。鼻が曲がりそうだわ)」ゴクゴク

灰原「(それにこの量、まさか人の精液じゃない…?)」ゴクゴク

灰原「(酷い粘度。うっ、口の中で絡まって喉奥まで流れていかない…っ)」ゴクゴク

灰原「ぷぁっ、げほっげほっ!」

灰原「な、なんの精液よこれ。ひどいわ…」

灰原「…はぁ」

灰原「いつまでこんな生活が続くのかしら」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:37:12.11 ID:JVTMzIhC0

──…

灰原「…ぅ、…朝……?」

灰原「……」

灰原「…もう、動く気力もないわ…」

灰原「…もう、どうでもいい…」

灰原「……」

???「おい」

灰原「……?」

???「おにぎりやる。早く受け取れ」

灰原「……?」

???「早くしろ、ジンの兄貴に見つかっちまう!」

灰原「え、あ、ありがと…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:38:28.96 ID:JVTMzIhC0

灰原「…はむっ、あぐあぐ!」

灰原「もぐもぐっ、んぐっ」

灰原「んんっ、んっ……はぁ、はぁ」

灰原「おいしい…、久しぶりの食事……」

灰原「……あなた、ウォッカなの?」

灰原「……」

???「おい、ザーメンだ。飲め」

灰原「……いただくわ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:39:39.30 ID:JVTMzIhC0

灰原「一度口に物を入れてしまうと、空腹が復活したみたいね」

灰原「勢いで精液入りコップを受け取ったはいいけれど」

灰原「どうしようかしら…」

灰原「……」クンクン

灰原「うっ、酷い臭い」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:41:05.94 ID:JVTMzIhC0

灰原「……っ、ごくごく」

灰原「んぐっ、ぐっ、……っ」

灰原「んんんっ、ぐっごっ…」

灰原「ぷはっ! はぁ! はぁ!」

灰原「やっぱり、おいしくもなんともない…!」

灰原「げぷっ、…はぁ。…酷い口臭ね」

灰原「はぁ…はぁ…っ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:42:49.86 ID:JVTMzIhC0

──…

灰原「…朝、なのかしら」

灰原「昨日、おにぎりを貰えたおかげで、少しばかり気力が復活したわ」

灰原「ウォッカは少し私に感情移入しているようね」

灰原「それを利用しない手はない…!」

灰原「>>41の作戦で、ここから出してくれるように説得する…!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:44:35.38 ID:qQaox6be0

裸になる

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:47:03.83 ID:JVTMzIhC0

灰原「ねぇ、あなたウォッカなんでしょ!」

灰原「今出してくれるなら、裸になってあげてもいいわ!」

???「今の恰好も裸みたいなもんじゃねぇか」

灰原「…っ! そ、そんなことないわ!」

灰原「わ、私だって、脱いだらすごいかもしれないじゃない!」

???「ガキだろ」

灰原「っ!」

???「…おい、小窓に顔を近づけろ」

灰原「え? …っ!?」バタッ

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:49:25.04 ID:JVTMzIhC0

ウォッカ「おい、起きろ」

灰原「ん。…あ、外! ……じゃ、ない…?」

ウォッカ「組織が使っている地下室だ。ここも光は入ってこねーよ」

灰原「……」

ウォッカ「悪いけど、手と足は縛らせてもらったぜ」

灰原「別に、それくらい…」

ウォッカ「おにぎり、皿に入れておいてやったから、食いたきゃ食いな」

灰原「皿って、犬のえさようじゃない、これ」

灰原「…なんか上に精液っぽいのもかかっているんだけれど?」

ウォッカ「嫌なら食うな」

灰原「はぁ…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:51:01.31 ID:JVTMzIhC0

灰原「手首も縛られているから、結局犬のように這いつくばって食べるしかないってわけね」

灰原「あぐ、結構、食べ辛いわ…」

灰原「っ、鼻に精液が……。…酷い臭い。味も最悪ね」

灰原「んぐ、もぐ…ごく、もぐんぐ……っ」

灰原「んっ、ごくんっ…はっ。…はぁ」

灰原「おにぎりと一緒だと、精液も多少は食べやすいわね」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:52:33.18 ID:JVTMzIhC0

灰原「……」ブル

灰原「ねぇ、ちょっと。トイレとかないのかしら」

ウォッカ「あ? ねぇよ。これ使え」

灰原「ぺ、ペットボトル!?」

灰原「…はいはい、嫌ならするなって言うんでしょ」

ウォッカ「俺が押さえてやるよ」

灰原「ふん、あっそ」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:53:48.29 ID:JVTMzIhC0

灰原「(ふぅ、トイレも済んだことだし…)」

灰原「(…ウォッカと2人って、なんだか気まずいわね)」

灰原「(箱の外の状況なんて、考えもしなかったわ)」

灰原「(何か、話しかけようかしら。…>>50についてとか)」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:55:51.19 ID:OsOWFeee0

セクロス

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:57:53.01 ID:JVTMzIhC0

灰原「…ねぇ、セックスってしたことある?」

ウォッカ「あ? なんだお前」

灰原「だ、だからしたことあるかって聞いているのよ。聞こえなかったのかしら」

ウォッカ「馬鹿にしてんのか、おめぇ…」

灰原「な、なによ…。ただの話題振りじゃない」

ウォッカ「…アホか」

灰原「…っ、……。…もういいわよ」

灰原「(…話題の選択、謝ったわね)」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 22:59:46.25 ID:JVTMzIhC0

──…

ウォッカ「起きろ」

ジュッジュゥゥゥゥウウウ!!!

灰原「っぁあ!! あ、あつっ!? な、なになに!?」

灰原「熱い! ちょっと、なんてことを…! ぅああ…っ!」

ウォッカ「悪いな。ジンの兄貴に、やり方が生温いって指摘を受けたんだよ」

ウォッカ「さっさと起きろ。もっかい熱いお湯かけるぞ」

灰原「お、起きるわ! ちょ、ちょっとまっ…ぅあああっ!!」ジュゥゥゥゥ!!!

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:02:15.27 ID:JVTMzIhC0

ウォッカ「ここを洗え」

灰原「…ここは?」

ウォッカ「この地下室に設置されているトイレだ。主に俺用」

灰原「な、なんで私が…っが!?」ドカッ!!

ウォッカ「次口答えしたらもう一度腹蹴るぞ。手と足は使えないからな。口を使って便器を綺麗にしろ」

灰原「は、はぁ!? そ、そんなことできるわ…っうぐっ! げはっ!」ドカッドカッ!!

ウォッカ「だから口答えするなって言ったろ。俺も蹴りたくはねーんだよ」

灰原「…かはっ、……あぐ…っ」

ウォッカ「起きろ。また蹴ることになる」

灰原「…ぐっ、…お、おきる……わよっ」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:04:37.62 ID:JVTMzIhC0

灰原「(う、臭い、しょっぱい味、それに何より気持ち悪い)」ペロペロ

灰原「(でも、反抗したら蹴られるし、従うしか…!)」レロレロ

灰原「(一体いつから洗ってないのよ、これ!)」ペロペロ

灰原「(うっ…)」レロ

灰原「うげっ、がはっ…あっ」ゲロゲロ

ウォッカ「吐いたやつも綺麗にしろよ」

灰原「げはっ、はぁ、はぁ、そ、そんな…っ! ぁっ!!」ドゴォ!!

灰原「けほっ、はっ、はっ、はっ」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:06:33.19 ID:JVTMzIhC0

──…

灰原「お、終わ…ぅぷっ、うぐっ…んっ…はぁ」

灰原「お、終わった…わよ……」

ウォッカ「おう、何時間かかるんだよお前は」

ウォッカ「ほれ、これ食え。褒美だ」

灰原「え、おにぎり2個と、サラダ…?」

灰原「こ、こんなに貰っていいの?」

ウォッカ「トイレも綺麗になったしな」

灰原「あ、ありがと……」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:08:18.42 ID:JVTMzIhC0

灰原「…っ、久しぶりに、食事らしい食事……! うっ、…」

ウォッカ「泣くなよ、それぐれーで」

灰原「な、泣いてなんかないわ! もぐもぐっ」

灰原「んぐっ、はぐあぐ、もぐ」

灰原「ごく…んっ、ぷはぁ、はぁ、はぁ」

ウォッカ「凄い勢いで食べるのな」

灰原「…うるさいわね、誰のせいよ」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:09:24.06 ID:JVTMzIhC0

灰原「(あれっきり、何もされないわね…)」

灰原「(…暇だわ)」

灰原「(何か、話しかけようかしら)」

灰原「(そうね、今度は>>61の話題がいいわ)」

61 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) [sage] 投稿日:2012/12/02(日) 23:10:39.93 ID:ijeoj2in0

チンコの味

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:12:38.86 ID:JVTMzIhC0

灰原「(そうね、あれなら…)」

灰原「ね、ねぇ。ちんぽこの味って、どんなのかしらね」

ウォッカ「あん? ついにおかしくなったか?」

灰原「そ、失礼ね!」

灰原「話題振りにと思っただけよ」

ウォッカ「やっぱおかしいな」

灰原「もう知らないわ、ずっと黙っているから」

ウォッカ「そうしとけ」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:14:43.30 ID:JVTMzIhC0

──…

ウォッカ「おい」

灰原「…ん? ひっ!」バッ

ウォッカ「そうびびるな。もう熱い湯はかけたりしねーよ。朝だから起きろ」

灰原「そ、そう…。朝、…そうなの。…真っ暗だから、まるで分からないわ」

ウォッカ「……」

灰原「……」ブルッ

灰原「ね、ねぇ、トイレいきたいのだけど、あのトイレ使ってもいいかしら」

ウォッカ「駄目だ」

灰原「で、でもほら。このペットボトル、もう一杯になっちゃったのよ」

ウォッカ「じゃあ飲め」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:17:12.65 ID:JVTMzIhC0

灰原「は、はぁ? そんなのできるわけないじゃない」

ウォッカ「……」

灰原「な、何よ。睨んだって、…ぐっ!」ドゴォ

灰原「げはっ! うぐっ! っご!」ドゴ、ドゴ、ドゴォ!

灰原「わ、分かったから、ちょ、ちょっとうぐぅ!」ドゴォ!!

灰原「…っは! げはっ! はぁ…! はぁ…!」

灰原「わ、分かったわよ。…飲むわよ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:19:01.81 ID:JVTMzIhC0

灰原「……っ」ゴクゴク

灰原「………」ゴクゴク

灰原「ぷはっ、うげっ、けはっ、うぷっ」

灰原「……っ! ……」

灰原「………」

灰原「…はぁ! はぁ! はぁ!」

灰原「(危ない、戻すところだったわ…)」

ウォッカ「よくやった」

灰原「…え?」

ウォッカ「よくやったな」

灰原「…え、えぇ……」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:20:34.29 ID:JVTMzIhC0

ウォッカ「ほら、褒美だ。食え」

灰原「おにぎりとサラダ…」

灰原「……」

ウォッカ「ま、今回はトッピングしないといかんけどな」ドロ

灰原「…何それ」

ウォッカ「ん? 精液」

灰原「臭いわ。…いい加減なんの精液が教えてくれないかしら?」

ウォッカ「秘密だ」

灰原「あっそう」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:21:48.41 ID:JVTMzIhC0

灰原「げぷっ、ごちそうさま」

ウォッカ「随分精液にも慣れたものだな」

灰原「一体誰のせいよ」

ウォッカ「…チンコの味知りたいんだろ?」

灰原「…え?」

ウォッカ「舐めろ」ボロン

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:23:15.97 ID:JVTMzIhC0

灰原「……正気?」

ウォッカ「……」

灰原「わ、分かったわよ。そんな睨まないで」

灰原「はむっ」

灰原「ぺろぺろ」

ウォッカ「ふん、随分ためらいがなくなったものだな」

ウォッカ「味はどうよ」

灰原「しょっぱいわ」

ウォッカ「そうかよ」シコシコ

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:25:41.02 ID:JVTMzIhC0

灰原「…な、何をしているの…」

ウォッカ「こうすんだよ! おらぁ!」ブリュリュッ!!

灰原「っ! きゃあ!?」

ウォッカ「はぁ。はぁ。…よし、顔に着いた精液をなめとれ」

灰原「…っ。……」ペロ

灰原「(…あれ、こんなのもなの…?)」

灰原「(臭みもほとんどないし、あの精液に比べるとまだ粘度もなくて飲みやすい…)」

灰原「(それに、ほんのり甘い…)」

ウォッカ「くくっ、恍惚としてやがるな」

灰原「…え、あ…。こ、こんなもの、なんでもないわ」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:27:25.78 ID:JVTMzIhC0

──…

灰原「ん…。…朝、なのかしら」

ウォッカ「そうだ。…こっち来い」

灰原「…え?」

ウォッカ「早くしろ」

灰原「わ、分かったわよ。そう睨まないで」

ウォッカ「今日は飯は無しだ」

灰原「ど、どうして」

ウォッカ「その代わり、これだ…」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:28:30.86 ID:JVTMzIhC0

灰原「…え? これって」

ウォッカ「シャワー室だ。いい加減、お前が臭くて敵わないんでな」

ウォッカ「ジンの兄貴に頼んだら、食事と引き換えに許可をもらった」

灰原「……」

ウォッカ「おら、さっさと入れ」

灰原「あ、ありがとう…」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:29:57.94 ID:JVTMzIhC0

灰原「ふんふん♪」シャワアアアア

灰原「ウォッカって、そう悪い人じゃないみたいね」シャワアアアア

灰原「ジンの命令なら何でも聞くのが気に食わないけれど」シャワアアアア

灰原「これなら、この生活も何とか乗り切れそう」シャワアアアア

ウォッカ「邪魔するぜ」

灰原「…!?」

ウォッカ「俺もついでに洗ってくれや」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:32:38.98 ID:JVTMzIhC0

灰原「そ、そんなちんぽこ私に押し付けないで…」

ウォッカ「……」

灰原「わ、分かったわよ。フェラすればいいんでしょう」パクッ

灰原「はっ、…んちゅっ…くちゅ…れろ、ぺろ」

灰原「んっ、んんっ、はっ、はぁ、れろ」

ウォッカ「ほう、少しは慣れてきたか」

灰原「こういうのが好きなんでしょう?」シコシコ

ウォッカ「うおお?」

灰原「はぁ、ぺろ、れろれろ」シコシコシコ

ウォッカ「くお、出る! 口に含め!」

灰原「はむっ」パクン

ウォッカ「くっ!」ドビュウルルル

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:34:01.57 ID:JVTMzIhC0

灰原「んぐぐぐーっ!」ゴクッ

灰原「んっ…んんっ」ゴクゴクッ

灰原「ぷはぁ、はぁ…はぁ、…」

ウォッカ「悪くないだろ」

灰原「な、なにを!」

ウォッカ「これで腹も空かないだろ。邪魔したな」スッ

灰原「…え?」

灰原「………」

灰原「………」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:36:29.26 ID:JVTMzIhC0

──…

ウォッカ「おい、起きろ。朝食だ」

灰原「ん。…いい加減、地下室生活は飽きてきた…こ、これって…」

ウォッカ「いっちょ前の定食だ。たまにはいいだろ」

灰原「…懐かしい気がするわ。こんな食事」

灰原「あなたはいつも良い物を食べているんでしょうけれどね」

ウォッカ「俺もお前と似たようなもんだよ」

ウォッカ「お前を四六時中監視してるんだ。食べる暇もないの知ってるだろ」

ウォッカ「お前が寝静まった時にサンドウィッチが、せいぜいだ」

灰原「そ、そうなの…」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:38:39.87 ID:JVTMzIhC0

ウォッカ「くぉ、出る!」ブビュルルル

灰原「んぐごっ! ぐっ、……んっ」ゴクゴク

灰原「んっ…んっ……、けぷ、ぷはっ」

灰原「はぁ…、はぁ…」

ウォッカ「上達したなお前。上手いもんだ」

灰原「こ、こんなことで褒められても嬉しくないわ…」

ウォッカ「…ホントは、こんなところから出してやりてーんだけどな」

灰原「え?」

ウォッカ「ジンの兄貴の命令じゃ、逆らえん」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:40:17.39 ID:JVTMzIhC0

ウォッカ「お前は知らなかったろうが、体が小さくなる前のお前、割と好きだったんだがよ」

灰原「…え?」

ウォッカ「今のお前はただのガキだけどよ」

灰原「あら、失礼ね。そのガキに抜いてもらってるのは誰なのかしら」

ウォッカ「あん? お前こそ俺の精液飲めて嬉しそうだったじゃねぇか」

灰原「そ、そんなことないわ!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:41:58.00 ID:JVTMzIhC0

──…

灰原「んっ」

灰原「…え? 椅子に、縛り付けられている?」

ウォッカ「動くなよ」

灰原「え、何を」チクッ

ウォッカ「媚薬みたいなもんだ」

灰原「そ、それを注射で注入したの!? なんてことを…」

ウォッカ「ジンの兄貴の命令なんだよ」

ウォッカ「そしてこれもな」クチュクチュ

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:43:11.83 ID:JVTMzIhC0

灰原「ひぐっ、私のおまんこに手を…!」クチュクチュ

ウォッカ「おらおら」

灰原「ひあっ、や、やめ…!」

灰原「…っ、ぐ、ぁ、イ…ク……っ!?」

ウォッカ「悪いな、イカせてはならんと言われてんだよ」

灰原「そ、そんな…」

ウォッカ「悪いな…」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:45:23.43 ID:JVTMzIhC0

ウォッカ「…面倒になったな。ローターでも仕込むか」ズニュゥ

灰原「ひぐぅ、一体何を…ぅぅぁっ!?」ブルブル

ウォッカ「手が疲れたんでよ。しばらくこれで楽しんでてくれや」

灰原「ちょ、こんな刺激、すぐに、イッ…くぅ」ビクンビクン

ウォッカ「おっと、しまった。すっかりジンの兄貴の命令忘れてたぜ」

灰原「うぐっ、イクのが…とまら、……あうぅ!」ビクンビクン

ウォッカ「少し上に上がってくる。ジンの兄貴に呼ばれてるからな」

灰原「そ、そんな…、置いて行かないで…っ! ひあぁ!」ビクンビクン

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:46:53.08 ID:JVTMzIhC0

灰原「そんなぁ! うぐ、うぉ、…ぅくぅ!」ビクンビクン

灰原「ぉ、うぉ、っかぁ! っぐ!」ビクンビクン

灰原「はひ、し、しげき…! つ、つよ…っ」ビクンビクン

灰原「はぐっ、かはっ……! ……っ!」ビクンbクン

灰原「……っ! ………っ、…っ!!」ビクンビクン

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:48:57.64 ID:JVTMzIhC0

──…
ウォッカ「悪い悪い、随分時間がかかった」

ウォッカ「お?」

灰原「はぐぅ! は、はやく、はやくと、め、ひぃ!」ビクンビクン

ウォッカ「すげーな。愛液で水たまりができてやがる」

灰原「はっ! はや…! ひぐ、あひ、ひあぁ!」ビクンビクン

ウォッカ「悪い悪い、今止める」カチッ

灰原「はひっ、…はぁ、…はぁ」ビクンビクン

ウォッカ「今どんな感じだ?」クチュ

灰原「ひあぁ! 指入れちゃ…ぁっ! うぐぅ!」ビクンビクン!!

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:53:05.70 ID:JVTMzIhC0

ウォッカ「悪い悪い、優しくするぜ」ナデナデ

灰原「んひぃ、ひぐっ、ひっ」ゾワゾワ

ウォッカ「なぁシェリー。俺はお前のことが好きだ。お前のことが忘れられねーよ」

灰原「あひぅ、はひ、な、なにをっ…っ」ゾクゾク

ウォッカ「これ以上お前を苦しませたくねーよ」クチュクチュ

灰原「んはっ、ふひぃ! それやめへっ」ビクンビクン!!

ウォッカ「俺と一緒に組織に戻ろう。俺がジンの兄貴に取り次いでやる」ナデナデ

灰原「んなっ、そ、そんなこっ…ひぐっ」ゾワゾワ

ウォッカ「こんなこと早く終わらせてよ、久々に豪勢に食事しようぜ」ナデナデ

ウォッカ「お前あれ好きだろ。ピーナッツバターとブルーベリージャムのサンドウィッチ」ナデナデ

灰原「す、すき…だけ……どっんぐっ」ゾクゾク

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:55:53.19 ID:JVTMzIhC0

ウォッカ「なぁ、いいだろシェリー」クチュクチュ

灰原「そ、そんなことっひぐっ、やめっ」ビクンビクン!!

ウォッカ「お前はよく頑張るしな。ジンの兄貴も許してくれるに違いない」クチュクチュ

灰原「んひっ、ひはっぁ!」ビクンビクン!!

ウォッカ「お前が組織を抜け出してから、俺はずっとお前のことが心配だったんだ」クチュクチュ

灰原「はへ、ひぐぅぅ!」ビクンビクン!!

ウォッカ「なぁ、お前組織抜けて、一体どこに居たんだよ」ナデナデ

灰原「ど、どこ…って、…んっ」ゾクゾク

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 23:58:07.94 ID:JVTMzIhC0

ウォッカ「お前を世話してくれていたんだ。礼の1つくらいしねーとな」クチュクチュ

灰原「ど、どうせ、ひぐっ! んんっ! し、知ってる、んでしょっ!」ビクンビクン!!

ウォッカ「知らねーよ。ジンの兄貴のやつ、何も教えてくれねーんだ」ナデナデ

灰原「は、博士の家…よ! そ、そこ、んっ」ゾクゾク

ウォッカ「博士? その博士ってやつと住んでたのか?」ナデナデ

灰原「そ、う…っ、んぐっ! ひぅ…、そうよ……んっ」ゾワゾワ

ウォッカ「そうか。お前を引き取ってくれるなんて、相当優しいんだろうなぁ」クチュクチュ

灰原「いひっ、ひはぁ!」ビクンビクン!!

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/03(月) 00:01:09.72 ID:/GwK70kQ0

ウォッカ「お前、小学校に通ってたらしいじゃねーか。友だちとかできたのかよ」ナデナデ

灰原「ま、まぁ…そ、それなり…んっ、には……っ」ゾクゾク

ウォッカ「そっか。組織ではそんなのできないし、そりゃ楽しいだろうなぁ」クチュクチュ

灰原「んぐぅ! ひはっは!」ビクンビクン!!

ウォッカ「どんなやつが友だちにいたんだ? 教えてくれよ」ナデナデ

灰原「こ、小嶋くんっと……ひぐっ、つ、円谷君……っと、んんっ」ゾワゾワ

灰原「吉田…さん…っ…」ゾクゾク

灰原「そ、それと……っ、え、江戸川…くんっ…」ゾワゾワ

ウォッカ「へぇ」クチュクチュ

灰原「はひぅ、ふぁあんっ!」ビクンビクン!!

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/03(月) 00:04:18.39 ID:/GwK70kQ0

ウォッカ「その江戸川ってのは、どんなやつだ?」ナデナデ

灰原「…そ、それも……っ、どうせ知ってる……んでしょっ」ゾワゾワ

ウォッカ「何をだよ。俺は何も知らねーよ」ナデナデ

灰原「工藤、…しん、いちが……っは、…くすりで…、ち、ちいさく、なったって……っ」ゾクゾク

ウォッカ「知らねーよ。俺はジンの兄貴からなーんにも教わってねーんだからな」クチュクチュ

灰原「ふぐぅ! んはぁ!」ビクンビクン!!

ウォッカ「なぁシェリー、いや宮野志保。組織が嫌なら俺と一緒に逃げようや。ジンの兄貴はもううんざりだ」クチュクチュ

灰原「ひぐっ! んんっ!」ビクンビクン!!

ウォッカ「俺はお前を愛しているんだからよ」クチュクチュ

灰原「んっ、んんっ!」ビクンビクン

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/03(月) 00:06:53.28 ID:/GwK70kQ0

灰原「そ、そんなこと…っ、い、言われたって……っ」ゾクゾク

ウォッカ「俺のことは嫌いか?」ナデナデ

灰原「き、嫌い…じゃ、……ないけど……っんんっ」ゾワゾワ

ウォッカ「いいだろ? 最初は組織に入ることになるけど、時期見て一緒に逃げ出そう」ナデナデ

灰原「んっひぐっ、……でもっ…」ゾワゾワ

ウォッカ「もうここも切ねーんだろ? 俺のでよければ挿入してやるぜ」ボロン

灰原「っ!」ドキッ

ウォッカ「お前をまた元の世界の戻せてやれる。また日の光を浴びることができる!」ズニュブブ!

灰原「んひ──かふっ!」ビクンビクン!!

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/03(月) 00:09:32.90 ID:/GwK70kQ0

ウォッカ「いいだろう? なぁ」パンパン

灰原「んぐっ! はひっ! んっ!」パンパン

灰原「わ、分かったわ! あ、あなたと一緒に、逃げるっ!」パンパン

ウォッカ「一度は組織に入ることになるが、いいか?」パンパン

灰原「いいわ! は、入って、あげるわ!」パンパン

ウォッカ「そうか! そいつは嬉しいぜ!」パンパン

灰原「わ、私も…っ、私もよ…っ! ぅ、ウォッカ!」パンパン

ウォッカ「おら!」ドビュブルルルル

灰原「はっ……かひっ…」ビクンビクンビクンビクン

ウォッカ「ふん、気を失いやがったか」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/03(月) 00:11:30.96 ID:/GwK70kQ0

ジン「相変わらず、お前の手並みは見事なものだな。ウォッカ」

ジン「コイツを二週間かからず堕としてしまうとは」

ウォッカ「よしてくださいよ兄貴」

ジン「こんな奴でも、薬の開発ではまだ使い道はあるからな」

ジン「あのお方の考えも読めん。一度抜けたやつを抜け出そうなどと」

ウォッカ「それで、兄貴。シェリーはしばらくどうしやしょう」

ジン「俺の知ったことではない。お前が勝手にすればいいさ。コイツのことはお前に一任したのだからな」

ウォッカ「へっへっへっ、ありがとうございます兄貴」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/03(月) 00:13:40.21 ID:/GwK70kQ0

──…

コナン「あれ以来、灰原の姿が見えない」

コナン「一体どうなったのか。何か事件に巻き込まれたのか…ん?」

コナン「は、灰原!?」

灰原「久しぶりね、工藤君」

コナン「おまっ、どうして! …無事だったのか! 怪我はないのか!」

灰原「えぇ。心配はいらないわ」

コナン「そっ…か…。……そっか、一安心だ」

コナン「あっ、そうだ! おめーによ、サプライズのクリスマスプレゼントがあんだよ」

灰原「工藤君」

コナン「ん?」ドンッ

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/03(月) 00:15:14.97 ID:/GwK70kQ0

コナン「…え?」

コナン「はい……ばら……?」ガクッドサ

ウォッカ「良くやったシェリー」

灰原「これでいいのかしら」

コナン「はい、ばら…、どうして……お前が、ウォッカ…と…」

ウォッカ「まだ息が有りやがるな。赤井の二の舞はごめんだ。トドメをさせ」

コナン「は、はい…ばら…ぁ!」

灰原「悪いわね、工藤君」ドンッ!!

終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:こなた「え・・・私のことが・・・好き?」