シンジ「シンスケはどうして吉本を辞めるの?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「……」

ツイート

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 03:40:26.84 ID:90nGFMjvO


紳助「だから俺と友達になってくれ!」

シンジ「え、」

紳助「友情って素敵やん?」

シンジ「…いいけど」

紳助「じゃあちょっとお前んちでかくまってくれるか?」

シンジ「え、」

紳助「最近サツがうるそーてうるそーてしゃーないんや」

シンジ「…(何したのこの人)」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 03:45:47.72 ID:90nGFMjvO




シンジ「ご飯できたよー」

アスカ「遅いわね、バカシンジッ!」プンプン

ミサト「…まあアスカ、そう怒らないで…」

紳助「…」カッカッカッカッカッカッカッカッ

紳助「…」モグモグ

紳助「…坊主、意外と旨いやんか!」

紳助「これは良い嫁はん貰えるで!」

シンジ「は…はぁ…」

紳助「…もしかして、お前ら付きおうてるんか?」

シンジ「!?」

アスカ「…ばばばばばばばばか言いなさいよっ…!//////」

紳助「もうやったんか?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 03:48:38.76 ID:90nGFMjvO


アスカ「ーーー……」フラーー バタンキュウ

シンジ「な、なに言ってんの、アスカが倒れちゃったじゃないか!!」

紳助「まあ細かいこと気にすんなや、」

紳助「しかしまあ恥ずかしがりやのぉー、最近の若いヤツは!」

紳助「俺が若いときなんかガンガンいってガンガンやりまくっとったで」

シンジ「…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 03:53:41.03 ID:90nGFMjvO


ミサト「…紳助さん」

紳助「ミサトは彼氏おるんか?」

ミサト「…」

紳助「その歳でおらへんかったらそらもう焦らなあかんでぇー!」

ミサト「…」

紳助「…まさか、おらん?」

ミサト「…そろそろセクハラで訴えますよ」

紳助「ハッハッハ、冗談冗談冗談やないかぁー!」

紳助「悪い悪い、そんなすぐ怒ると思えへんやん」

紳助「まあその歳で独身貫いてるのもある意味ええこっちゃでー」

紳助「いや、よくはないな、ハッハッハ!」

紳助「後、訴えても俺、弁護士の知り合い一杯おるから無駄やで」

ミサト「…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 03:55:33.15 ID:90nGFMjvO


紳助「ミサトさん、一回おいくらでっか?なんちゃってー!」

ミサト「…」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 03:59:19.01 ID:90nGFMjvO


ゲンドウ「…誰だ」

紳助「俺やがな、テレビで見たことあるやろ??」

ゲンドウ「…」

紳助「碇クンは無口なんやねえ、クールやわ、かっこええわー」

ゲンドウ「…出ていってもらえるかね」

紳助「いやんそんなんいやーん」

ゲンドウ「…」

紳助「…と冗談はここまでにしといて、ゲンドウさん、儲かってまっか?」

ゲンドウ「…」

紳助「教えてよおー、幾らぐらい儲けてる?」

ゲンドウ「…」

紳助「金くれとは言わんけど、何か手伝ったってもええで?」

ゲンドウ「…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 04:04:41.73 ID:90nGFMjvO


綾波「…あなただれ」

紳助「あれーみんな俺のこと知らへんなあ、この街テレビないんかあ?」

綾波「…」

紳助「ところで君かわいいね、おいくら?」

綾波「…」

ダダダダダ!

シンジ「綾波に何してるんですかー!?」

紳助「おお、ダッシュで駆けつけてきよったわ、こいつが本命やったんか?」

シンジ「…そ、それは」

紳助「わっかりやすいやっちゃのぉ〜、ハッハッハ!」

紳助「で、もうセックスしたん?」

綾波「…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 04:11:17.56 ID:90nGFMjvO




シンジ「僕はもう…エヴァには乗りません」

ゲンドウ「…そうか」

紳助「じゃあ俺が乗ったるわ!!」ガチャン

ゲンドウ「…!!おい、電源を切れ!」

マヤ「ダメです!!応答がありません…シンクロ率7200%…この数値は!?」

初号機「よっしゃいくでぇ!!」ガンガンガンガンガン

マヤ「エヴァ初号機、壁を垂直に走っていきます!」

ゲンドウ「なんだと…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 04:15:43.52 ID:90nGFMjvO


ゲンドウ「エントリープラグを射出だ!!」

マヤ「でも、それは…!」

ゲンドウ「早くしろ!」

マヤ「了解です!」ポチッ

バシュゥン!

初号機「…吉本本社はあっちやな!?」ガッシャガッシャガッシャ

ゲンドウ「!?」

マヤ「…!エントリープラグの中は空です!」

マヤ「紳助は、エヴァ初号機と完全に一体化しています!」

ゲンドウ「くっ…エヴァに溶け込んだだと!?」ギリッ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 04:25:44.11 ID:90nGFMjvO


マヤ「!!…この反応は、使徒です!」

マヤ「零号機と2号機を出しますか!?」

ゲンドウ「いや…あいつを潰してもらおう、使徒の有効活用だ…」



初号機「吉本腹立つ〜ムカつくねん!ムカつくねん!」ドガァン グシャッ ズガァン

初号機「警察も全部ぶっ壊したろ!!」ズガァン ドガァン グシャッ

初号機「…ん?」

使徒「…」ガシャンガシャン

初号機「!?なんやあいつ!!」

使徒「…」ピー!

初号機「うわっ!」ドガァン!

初号機「ビーム撃ってきよった!こいつ〜!」

ゲンドウ「…」ニヤリ

初号機「危ないから逃げよっ!」ガッシャガッシャガッシャ

ゲンドウ「…」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 04:40:21.34 ID:90nGFMjvO


紳助「おいらはボイラ、三浦のボイラ、知ってる人は知っている、知らない人は、覚えてね?」

紳助「僕、紳助!」

綾波「…」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 04:44:29.14 ID:90nGFMjvO


ゲンドウ「…零号機、2号機を出せ」

松本人志「それがねぇ〜、僕が乗っちゃうんですよねぇ〜」ガシャン

ハマタ「何でやねん!なははは!何でやねん!」ガシャン

マヤ「零号機、2号機、乗っ取られました!」

ゲンドウ「…終わった」


零号機(松本)「オッティモー!オッティモー!」ガッシャガッシャガッシャ

2号機(ハマタ)「何でやねん!何でやねん!」ガッシャガッシャガッシャ

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 04:47:31.21 ID:90nGFMjvO


初(紳助)「おお、松本やないか!どないしてん」

零(松本)「それがですねぇ〜、気付いたらここにいたんですよねぇ」

2(ハマタ)「何でやねん!なははは!何でやねん!」


ゲンドウ「…総員、退避!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 04:51:44.88 ID:90nGFMjvO


アスカ「…!」

松本「あ、物流・アスカ・ラングレーちゃんや!」

ハマタ「何でやねん!惣流やろ!何を運ぶねん!」パシッ

松本「…浜田くん、今のつっこみは寒いよ」

ハマタ「何でやねん!何でやねん!」パシッ

アスカ「…」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 04:55:34.53 ID:90nGFMjvO


ハマタ「どないやねん!言うてみい!」

シンジ「…あ、あの…ぼく…」

ハマタ「さっさと言わんかい!」パシッ

ハマタ「アスカちゃんのこと好きなんちゃうんかい!」パシッ

シンジ「ぼく、綾波が…」

ハマタ「何でやねん!」パシッ

アスカ「;;」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 04:57:25.80 ID:90nGFMjvO


ハマタ「どないやねん!言うてみい!」

シンジ「…あ、あの…ぼく…」

ハマタ「さっさと言わんかい!」パシッ

ハマタ「アスカちゃんのこと好きなんちゃうんかい!」パシッ

シンジ「ぼく、」

シンジ「…松本さんが…」

ハマタ「何でやねん!」パシッ

松本「愛の、告白やね」

ハマタ「何でやねん!なははは!何でやねん!」

シンジ「…」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 05:02:28.13 ID:90nGFMjvO


ハマタ「悪いな、邪魔したわ」

ハマタ「めちゃくちゃにしてもうてホンマすんませんでした」

ハマタ「あんたらも謝っとき!」

松本「すんませんでした」

紳助「引退します」


ゲンドウ「…二度と来るな」

ハマタ「何こいつ。ムカつくからもうちょっとおろ」

ゲンドウ「…」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 05:05:08.16 ID:90nGFMjvO


紳助「初号機売ったらなんぼぐらいなるんやろ?」

紳助「オープン・ザ・プライス!」

「いち、じゅう、ひゃく、せん、…」

紳助「1万7千円かいな!なんでですのん?」

鑑定団「これはゴミですね」

ゲンドウ「…」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 05:12:51.11 ID:90nGFMjvO


藤森「キミかわうぃーねー!!!」

松本「いや、滑ってるから」

藤森「…そ、そんなこと言わないで下さいよ」

松本「もうチャラ男とか流行らんから。残念やけど。」

松本「あなたもそう思うでしょ?」

綾波「…」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 05:16:10.26 ID:90nGFMjvO


ゲンドウ「訴えてやる…!」

紳助「ええで」

ゲンドウ「紳助のやったことは明らかな犯罪だ!!」

北村「いや、無罪ですね」

ゲンドウ「なぜだ!おい、お前は!?」

住田「たぶん無罪」

ゲンドウ「ぐぬぬぬ…!」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:もしもハルヒの登場人物が全員女だったら