シンジ「僕と綾波とアスカで遊園地ですか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「歩美の家に侵入しないと何か欲求不満。安価で行動する」

ツイート

1 名前: 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 [] 投稿日:2012/11/29(木) 19:26:58.47 ID:JaZ3zFmZP

ミサト「こっちとしても早くはっきりして欲しいというか」

シンジ「はっきり、ですか?」

ミサト「あ、べ、別にそれで賭けをしてる訳じゃないのよ? 流石にそんなこと、ねぇ」

シンジ「はぁ」


シンジ「遊園地、かぁ」

ミサト「行ったことはある……のよね?」

シンジ「はい。まぁ、一応」

ミサト「……レイは多分、行くの初めてだと思うから」

シンジ「そうなんですか?」

ミサト「ちゃんとエスコートしてあげるのよ」

シンジ「やれるだけやってみます」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 19:29:16.64 ID:JaZ3zFmZP

シンジ「……あ、でも、それならもっと大勢で行った方が」

ミサト「それは駄目!」

シンジ「!」ビクッ


ミサト「あ、えーと、ほら。今回はいつもエヴァに乗ってる三人を労うってことだから」

シンジ「なるほど」

ミサト「だから、ね。三人だけで楽しんでらっしゃい」

シンジ「……ミサトさん」

ミサト「な、なに?」


シンジ「わざわざ、ありがとうございます!」ペコ

ミサト(う……ま、眩しいくらいに純粋な瞳)

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 19:30:54.07 ID:JaZ3zFmZP

シンジ「そうですよね……僕も前からはっきりさせないとって思ってたんです」

ミサト「そ、そうなの!?」

シンジ「はい。僕なんかじゃ駄目だと思ってたけど、せっかくの機会だし、頑張ってみます」

ミサト「シンジ君……男前になったわね」



シンジ「必ず、アスカと綾波を仲良くさせてみせます!!」

ミサト「うんうん……うん?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 19:34:02.60 ID:JaZ3zFmZP

シンジ「明日の遊園地、楽しみだね」

アスカ「遊園地なんて、別に楽しみでもなんでもないわよ」

シンジ「えー、好きじゃないの? 遊園地?」

アスカ「あんなのはアンタみたいなガキが楽しむ場所よ」

シンジ「……僕たちはまだ、子供じゃないか」

アスカ「アンタと私を一緒にしないで。私はもう立派なレディーなの」


シンジ「レディーってなんだよ」

アスカ「鼻で笑うな!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 19:36:45.01 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「……それに」

シンジ「なに?」

アスカ「私のこと、ほんとは邪魔なんでしょ」

シンジ「邪魔って、なんでそんな話になるのさ」

アスカ「……エコヒイキがいるから」

シンジ「綾波? 綾波がいると、どうしてアスカが邪魔になるんだよ」

アスカ「……」


シンジ「……アスカがいないと、なんの意味もないじゃないか」

アスカ「……!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 19:39:02.35 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「……ふーん」

シンジ「?」

アスカ「バカシンジは、私がいないと、困るんだ」

シンジ「そりゃそうだよ」

アスカ「……嫌なんだ?」

シンジ「嫌だよ?」


アスカ「……あっそ」クルッ

シンジ「どうしたんだよ」

アスカ「こっち見んな!」ゲシ

シンジ「いた! 酷いよアスカ!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 19:41:19.26 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「……しょうがないから」

シンジ「え?」

アスカ「しょうがないから、明日はアンタのレベルに合わせて楽しんであげるわよ」

シンジ「あ、うん、楽しみだね!」

アスカ「……そうね」


シンジ「明日は頑張らないとなぁ」

アスカ「頑張るって、なにを?」

シンジ「ん……秘密」


アスカ「……?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 19:44:23.89 ID:JaZ3zFmZP

綾波「遊園地」

綾波「……」

綾波「……」


綾波「初めての、場所」

綾波「初めての、交流」

綾波「……」

綾波「……」


綾波「碇君」

綾波「それと」

綾波「……」


綾波「…………」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 19:46:14.47 ID:JaZ3zFmZP

シンジ「……」

アスカ「……」


シンジ「綾波、遅いね」

アスカ「この私を待たせるなんて、いい度胸してるわ」

シンジ「心配だな」

アスカ「お人よしが過ぎるわよ。きたら早々にビンタかましてやろうかしら」


シンジ「や、やめなよ!」

アスカ「冗談に決まってるでしょ! 私をそこまで野蛮だと思ってるわけ?」

シンジ「違うけど……」

アスカ「ちっ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 19:48:11.94 ID:JaZ3zFmZP

シンジ「……」

アスカ「……」


シンジ「あっ」

アスカ「なによ」

シンジ「綾波」




綾波「…………」テクテク



シンジ「よかった。なんともないみたいだ」

アスカ「そりゃそうよ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 19:50:42.86 ID:JaZ3zFmZP

綾波「……遅れて、ごめんなさい」

シンジ「ううん、気にしないで」

アスカ「ちょっとは気にしなさいよ」

綾波「……」


シンジ「アスカ!」

アスカ「なんでよ」

シンジ「五分くらい、いいじゃないか」

アスカ「私たちは15分前に来たから、計20分も待ってるのよ!」


綾波「……ごめんなさい」

アスカ「うんうん。遅れたら誠心誠意を込めて謝る。これが正しいマナーってやつよ」

シンジ「……そこでこっちが非難するのはよくないよ……」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 19:52:26.38 ID:JaZ3zFmZP

シンジ「……でも綾波……私服、なんだね」

綾波「……?」

アスカ「あたり前でしょ」

シンジ「そうだけど、見慣れてないから」


綾波「……どこか、おかしい?」

シンジ「いや、どこもおかしくないよ!」

綾波「そう」


シンジ「その、むしろ……」

綾波「……」

シンジ「似合ってると、思う」

綾波「……そう」


アスカ「…………」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 19:54:44.27 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「ちょっと」

シンジ「なに?」

アスカ「なにそれ」

シンジ「なにって」


アスカ「私には、なにも言わなかったじゃない」

シンジ「……?」

アスカ「服よ、服! 私にはコメント一つくれないわけ!?」

シンジ「え、ええー」


綾波「……」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 19:56:15.02 ID:JaZ3zFmZP

シンジ「だ、だって、僕たち一緒に来たじゃないか!」

アスカ「だったら、初めに見た時に言いなさいよ!」

シンジ「初めにって……部屋から出た時には、もうその格好だっただろ?」

アスカ「その時に言えば良かったじゃない」

シンジ「朝からいきなりそんなこと、言えないよ!」

アスカ「どうして」

シンジ「どうしてって、それは……」

アスカ「……」

シンジ「……」

綾波「……」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 19:58:16.41 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「もういいわ。エコヒイキは可愛いと思ったけど、私はシンジ様の好みじゃなかったってことでしょ?」

シンジ「そ、そういうことじゃないよ!」

アスカ「じゃあ、なによ」

シンジ「分かったよ……言えばいいんだろ、言えば……」

綾波「……」


アスカ「……ほら」

シンジ「……あ、あの」

アスカ「……」

シンジ「……その……だから……」

アスカ「……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:00:23.83 ID:JaZ3zFmZP

シンジ「きょ、今日のアスカは……」

アスカ「……」

シンジ「か、可愛いと、思う……思い、ます」

アスカ「……」


シンジ「……」

アスカ「……ふぅん」

シンジ「……」

アスカ「……」

シンジ「……」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:02:24.39 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「……!」ポカ

シンジ「いたっ、なんでちゃんと言ったのに叩くんだよ!」

アスカ「無駄に緊張しすぎなのよ! アンタのせいで私まで―――」

シンジ「なんだよ!」

アスカ「……っ!!」ポカ

シンジ「い、いたっ! やめてよアスカ!!」



アスカ「……バカシンジなんて放っておいて、いくわよ!」

綾波「……ええ」


シンジ「ま、まってよ! アスカ! 綾波!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:04:42.39 ID:JaZ3zFmZP

ミサト「ファーストコンタクトは、アスカの勝利ね」

リツコ「シンジ君の予想外の発言を逆手にとった、見事な作戦だったわね」

加持「いやはや、デートの初っ端から女性の服を褒めにかかるとは、シンジ君は悪い男になりそうだ」


ミサト「……」

加持「なんだよ、葛城」

ミサト「アンタだって、昔は嫌味ったらしいくらい、人の服装を褒めちぎってきたくせに」

加持「まぁ、俺は悪い男だからな」

ミサト「うげっ」

加持「御所望とあらば、今の葛城の服装も、事細かに褒めてやるぞ」

ミサト「かんべんして」

加持「服装の下なら、尚更だ」

ミサト「……さいってー」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:07:19.33 ID:JaZ3zFmZP

リツコ「ちょっと、イチャついてるんじゃないわよ」

ミサト「いちゃついてないわよ!」

リツコ「……そう言ってるけど?」

加持「素直になれないとこが可愛いだろ?」


ミサト「……もういいでしょ! それより本題!」

リツコ「そうね。あなた達は決まっているの?」

加持「うーん、悩むところだねぇ」

ミサト「んー……」

リツコ「保護者として、一番近くにいるでしょ。ミサトから決めなさいよ」

ミサト「むむむ」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:17:17.68 ID:JaZ3zFmZP

ミサト「じゃあ……そうね、レイかしら」

リツコ「あら、意外」

ミサト「そう?」

加持「近くにいて、二人の親密さを見ていれば、アスカとシンジ君が結ばれる展開を予想しそうなものだが」


ミサト「うーん、二人はちょっち近すぎるのよね」

加持「へぇ」

ミサト「いつも傍にいる分、かえって進展を望まないというか、平行線のままでいそうというか」

リツコ「ふーん」

ミサト「相性は悪くないんだけどね。まぁ、恋愛にはちょっとの遠慮も必要ってことでレイに賭けるわ」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:19:54.06 ID:JaZ3zFmZP

加持「リッちゃんは?」

リツコ「私はもちろんアスカよ」

加持「手堅くいくねぇ」

リツコ「勝てる勝負にしか乗らない性質なの」


ミサト「ま、シンジ君はちょっと弱気なところがあるから、アスカみたいにぐいぐい引っ張ってもらえた方がいいかもね」

加持「ただ、アスカは恋愛に関してはシンジ君並に弱気だぞ」

ミサト「……む、たしかに」

加持「むしろ、より酷いといっても過言ではない」

ミサト「うーん……」

加持「倍率は大体同じと考えていいだろうな」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:21:28.63 ID:JaZ3zFmZP

ミサト「で、そういうアンタはどうするのよ?」

リツコ「どっちも駄目というのは無しよ。つまらないから」

加持「……いや、どっちも、でいかせてもらうよ」

リツコ「ちょっと」

加持「勘違いするなよ。どっちも手に入れる……ハーレムエンドに俺はBETだ」


ミサト「……うわぁ」

リツコ「本気?」

加持「当たり前だろ。男はいつだってハーレムを望んでいるものさ」

ミサト「……シンジ君はそんなこと、考えてないでしょ」

加持「ハーレムに望まれる男というのもまた、いるものさ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:24:10.08 ID:JaZ3zFmZP

ミサト「ま、アンタがそうじゃないのだけは確かね」

加持「ああ、俺は葛城一筋だからな」

ミサト「……」

加持「惚れ直したか?」


ミサト「…………問題はシンジ君が恋愛より、女同士で友情を結ぶことを期待していることだけど」

リツコ(話を逸らしたわね)

加持「女性陣が多少、強引に来てくれることを望もう」

ミサト「レイ〜……頑張りなさいよぉ!」


加持「どのみち、苦労するのはシンジ君だろうが……頑張れ、若人」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:26:43.67 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「ふんふんふふ〜ん♪」

シンジ「……アスカ」

アスカ「なにのろっかなー♪」

シンジ「……アスカ」

アスカ「どれのろっかなー♪」

シンジ「……アスカ!!」


アスカ「なによ」

シンジ「歩くのが早いよ!」

アスカ「アンタたちが遅いんでしょ!」

シンジ「アスカが早いんだよ!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:28:51.90 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「こんなにアトラクションがあるのに、時間は限られているのよ!?  急がないと!!」

シンジ「……なにがレディーだよ」ボソッ

アスカ「なにか言った?」

シンジ「別に、なにも」


綾波「……」

シンジ「綾波? 大丈夫、疲れてない?」

綾波「……ええ、平気よ」

シンジ「そっか、アスカがなんか張り切ってるからさ、ついていかないと」

綾波「……」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:31:00.11 ID:JaZ3zFmZP

綾波「楽しそうね」

シンジ「え?」

綾波「……」

シンジ「アスカのこと?」

綾波「……」コク


シンジ「そうだね。あれでもうちょっと、こっちのことも気にしてくれれば文句ないんだけど」

綾波「私も、ああいう風になれるかしら」

シンジ「なりたいの?」

綾波「……分からないわ」


シンジ「……みんなでいれば、分かるよ。だからさ、行こう」

綾波「……ええ」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:33:59.90 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「さーて、なにから乗ろうかしら」

シンジ「僕はなんでもいいよ」

アスカ「うわ、他人任せな男って嫌ね」

シンジ「えー……」


綾波「……」

アスカ「……エコヒイキは、なんか乗りたいもの、あるの?」

綾波「……」

アスカ「ま、アンタにそんなもの、あるわけないでしょうけど」

綾波「……」


シンジ「あ、アスカ!」

アスカ「なによ」

綾波「……」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:35:50.16 ID:JaZ3zFmZP

綾波「……あれ」ピッ


シンジ「えっ」

アスカ「あれ!?」

綾波「……」コクリ


シンジ「あれ……って、ジェットコースターだよ?」

アスカ「いきなり遊園地の王様に行くとか、せっかちね」

綾波「……」

アスカ「でも、その判断、嫌いじゃないわ。行きましょう、ジェットコースター!」

シンジ「いいのかな……」


綾波「……」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:37:45.17 ID:JaZ3zFmZP

シンジ「二人ずつ並ぶみたいね」

アスカ「じゃ、エコヒイキは余りね」

シンジ「え、なんでだよ」

アスカ「なんでって、そうじゃないと」

シンジ「……?」

アスカ「そ、そうじゃないと……だ、だって、私、エコヒイキの隣なんて嫌だもの!」

シンジ「な、なんてこと言うんだよ!」

アスカ「知らないわよ!」


シンジ「ごめんね、綾波。アスカって、ちょっと変だから」

アスカ「んなっ」

綾波「……」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:40:37.44 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「……まぁ、別に? どーしてもって言うなら、アンタの隣でもいいけど……」

綾波「……」

アスカ「ど、どうなのよ」


綾波「……私も」

アスカ「ん?」

綾波「私も、あなたの隣、嫌だわ」

アスカ「……はぁ!?」


綾波「……」

アスカ「こ、この女、言わせておけば!!」

シンジ「わ、わぁ! 暴力は駄目だよ!! アスカ!!」ガシ

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:43:00.18 ID:JaZ3zFmZP

シンジ「アスカもそうだけど、どうして綾波までそんなこと言うんだよ!!」

綾波「……」

シンジ「綾波!」

綾波「……」


アスカ「あっ、この女、まさか」

シンジ「どうしたの、アスカ?」

綾波「……」


アスカ「……ふーん、そういうこと」

シンジ「なんだよ、なにか分かったなら教えてよ」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:46:32.74 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「バカシンジ」

シンジ「なに?」

アスカ「誰と隣になるのか、アンタが決めなさいよ」

シンジ「えっ」


アスカ「エコヒイキも……それで文句ないでしょ」

綾波「……」コクリ


シンジ「えーっと……」

アスカ「早く」

シンジ「そ、それじゃ―――」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:48:43.38 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「……で、どうしてこういう結果になるのかしら?」

綾波「……」

アスカ「また20分も待たされるし……」

綾波「……」

アスカ「バカシンジは、いつの間にかはぐれちゃったし……」

綾波「……」

アスカ「アトラクションに乗るだけならまだしも、待ち時間をアンタと二人きりとか、勘弁してほしいわ」

綾波「……」

アスカ「ここまで言われても無反応だし……」

綾波「……」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:51:12.61 ID:JaZ3zFmZP

―――キャー!!


―――ウワァアアアアアアア!!



アスカ「上はなかなか盛り上がってるわね」

綾波「……あれに」

アスカ「あん?」

綾波「あれに私たちは、乗るのね」

アスカ「そうよ。あんたが乗りたがったんじゃない」

綾波「……」


アスカ「……アンタ、もしかしてビビってるの?」

綾波「……ビビってないわ」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:53:20.75 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「ウソでしょ」

綾波「……嘘ではないわ」

アスカ「……」

綾波「……」

アスカ「知ってる? ジェットコースターって、けっこう脱輪するのよ」

綾波「……」

アスカ「月に一回は死亡事故起こしてるんだって」

綾波「……」

アスカ「それでも乗りたがるんだから、人間って不思議よね」

綾波「……やめて」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:55:46.63 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「なによ」

綾波「嘘、言わないで」

アスカ「ウソじゃないもの」

綾波「……」

アスカ「もしかしたら、私たちが落ちる番、引いちゃうかもね」

綾波「……」

アスカ「あ、そろそろ私たちの番よ」

綾波「……」

アスカ「神様に祈っときなさいよ、死なずに済みますようにって」

綾波「……」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 20:57:31.38 ID:JaZ3zFmZP

ピピー


―――『発進します』



アスカ「一番前に乗れるなんて、ラッキーだったわね」

綾波「……」

アスカ「この落下前に登ってる感じが、天国へのカウントダウンって感じで心地いいのよねぇ」

綾波「……」


アスカ「ほら、見てよ、この眺め」

綾波「……」

アスカ「…………最期の景色には、ふさわしいでしょ?」

綾波「……」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:00:00.53 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「あ、そろそろ落下するわよ」

綾波「……」

アスカ「さぁーん、にぃーっ、いーち!」

綾波「……」ギュッ


アスカ「ちょ、ちょっと、私の服、掴まないでよ!」

綾波「……」

アスカ「……ぐえっ、首、しま―――」



―――キャー!!

―――ウワァアアアアア!!

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:02:09.03 ID:JaZ3zFmZP

シンジ「いやぁ、楽しかったね、ジェットコースター!」

アスカ「……」

綾波「……」


シンジ「二人は、どうだった?」

アスカ「……死ぬかと思ったわよ」

シンジ「……? アスカって、絶叫系とか大丈夫なのかと思ってた」

アスカ「絶叫系っていうか、昇天系っていうか……」

シンジ「なにそれ」

アスカ「……トラウマになったら、アンタたちのせいだからね」


シンジ「なにかあったの?」

綾波「いいえ」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:04:33.65 ID:JaZ3zFmZP

ミサト「……ちょっと」

リツコ「なによ」

ミサト「なんだか、勝利者無しのルートを突き進んでいる気がするんだけど」

リツコ「そうねぇ」


加持「肝心のシンジ君があの調子だからね、どうしようもないよ」

ミサト「……NERVの力で、どうにかならないの?」

加持「盗聴と盗撮が限界」

リツコ「それだって、見つかったら懲罰ものよ」


ミサト「くっ……私たちって、なんて無力なの」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:06:22.27 ID:JaZ3zFmZP

ミサト「かくなる上は!」

リツコ「なにするの?」

ミサト「電話よ! シンジ君に電話して、作戦内容の変更を指示して―――」


加持「それは、タブーだろ? 葛城?」ヒョイッ

ミサト「ちょ、ちょっと、私の携帯、返しなさいよ!」

加持「子供の恋愛に、大人が首を突っ込むなんて真似、一番やっちゃいけないな」

ミサト「む、むぅ」


加持「俺たちは下衆らしく、黙ってニヤニヤしながら見守ってればいいんだよ」

リツコ「結末は、神のみぞ知るってことね」

ミサト「……分かったわよ」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:09:01.85 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「ふぅー、食べた食べた」

シンジ「アスカは本当によく食べるね」

アスカ「エコヒイキが食べなさすぎなだけー」


綾波「……」

シンジ「綾波、本当にそれだけでいいの?」

綾波「ええ」

シンジ「そっか」


アスカ「まったく……よく食べ、よく遊ぶ。子供ならそうしなさいよ」

シンジ「アスカって……」

アスカ「ん?」

シンジ「……いや、なんでもないよ」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:10:54.62 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「この後、どうする?」

シンジ「パンフレット、見ながら決めよう。綾波はなにか乗りたいものある?」

綾波「……これ」ピッ

アスカ「これ、って」

シンジ「メリーゴーランド?」

綾波「……」コクリ


アスカ「さすがにこれは子供っぽすぎでしょ」

シンジ「あ、あはは」

アスカ「……ていうかさ、ジェットコースター以来、こういうメルヘン系にばっか乗ってない?」

綾波「……」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:13:10.14 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「あんた、まだビビってるの?」

綾波「ビビってないわ」

アスカ「そりゃそうよ。殺されかけた私の方がビビってるわよ」

綾波「……」


アスカ「ね、シンジ。エコヒイキが乗れないっていうなら、私たち二人で絶叫系回りましょうよ」

シンジ「え、それは綾波に悪いよ」

アスカ「だって、乗れないっていうならしょうがないじゃない」

綾波「……」

アスカ「それに絶叫系にちょびっとしか乗らないなんて、遊園地に来た意味ないじゃない」

綾波「……」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:15:49.51 ID:JaZ3zFmZP

シンジ「うーん……」

綾波「……」

シンジ「綾波……絶叫系、駄目?」

綾波「……」

アスカ「……なんとか言いなさいよ」

綾波「……生命維持に、異常をきたすわ」


アスカ「……」

シンジ「……」

綾波「……」

シンジ「じゃ、じゃあ、やめとこうか」

アスカ「ま、まぁ、しょうがないわね」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:18:20.28 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「でも、メリーゴーランドなんて嫌よ」

シンジ「……あ、じゃあ、こういうのはどう?」


アスカ「お化け」

綾波「屋敷」


シンジ「ここから近いしさ。ある意味、絶叫系って言ってもいいよね」

綾波「……」

シンジ「綾波も、これなら大丈夫でしょ?」

綾波「ええ」

シンジ「よかった、アスカもこれでいいでしょ?」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:20:27.84 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「嫌よ」

シンジ「え」


アスカ「……」

シンジ「……」

綾波「……」


シンジ「ど、どうして」

アスカ「お化け屋敷なんて幼稚なもので、どうやって楽しめっていうの?」

シンジ「どうやってって言われても」

アスカ「暗闇で仮装した人間がわぁわぁ言ってるだけでしょ。アトラクションでもなんでもないわ」

シンジ「そんなぁ」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:22:52.95 ID:JaZ3zFmZP

綾波「怖いのね」

アスカ「……あ?」

綾波「……」

アスカ「喧嘩売ってんの!? この根暗メルヘン!!」


シンジ「だ、だからやめてよ、アスカ!」

アスカ「だって、こいつが、今!」

シンジ「綾波の希望と、アスカの希望が合致したんだから、もうこれでいいじゃないか!」


アスカ「う……」

綾波「……」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:25:27.20 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「……シンジは」

シンジ「え?」

アスカ「バカシンジも、一緒に行くんでしょ?」

シンジ「ああ、僕は行かないよ」


アスカ「なんでよ!!」

シンジ「だって、ほら、パンフのここに書いてあるじゃないか!」

アスカ「……二人ずつの、ペア、で」

シンジ「うん、僕は出口で待ってるからさ。二人で行ってきなよ」


アスカ「……」

綾波「……」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:27:23.96 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「なんで、またアンタと二人っきりにならなきゃいけないのよ」

綾波「知らないわ」

アスカ「それも、こんな真っ暗な……」

綾波「……」

アスカ「こんな……」

綾波「……」


アスカ「ちょ、ちょっと! 歩くのが早いわよ!」

綾波「あなたが遅いのよ」

アスカ「こ、こんのー……!」

綾波「……」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:29:25.36 ID:JaZ3zFmZP

ヒュー……


ドロドロドロドロ!!


アスカ「ひっ」ギュッ

綾波「引っ張らないで」

アスカ「引っ張ってないわよ!」

綾波「離して」

アスカ「…………」パッ


綾波「……」

アスカ「……」

綾波「……」

アスカ「……」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:31:49.21 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「い、言っとくけど、別に幽霊とかそういうのが嫌なんじゃないのよ」

綾波「……」

アスカ「こう……暗い所で、突然大きな音がしたら、誰だってちょっとビクつくでしょ」

綾波「……」

アスカ「だから、そう、人間として当然の反応をしているだけなのよ、私は!」

綾波「……」

アスカ「ま、お人形みたいなアンタには、わかんないでしょうけど……?」

綾波「……」



綾波「―――!!」パンッ

アスカ「!」ビクッ

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:35:04.69 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「……ちょっと」

綾波「なに」

アスカ「なんで急に手を叩いたのよ!」

綾波「……蚊がいたの」

アスカ「嘘つきなさいよ!」

綾波「嘘ではないわ」

アスカ「この嘘吐き根暗メルヘン!! 性根が腐ってるんじゃないの!!」

綾波「……」



綾波「―――!!」パンッ

アスカ「!」ビクッ

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:38:08.46 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「……」

綾波「……」

アスカ「……」

綾波「……」


アスカ「……バカシンジに、このこと言ったら、ぶっとばすわよ」

綾波「……」


アスカ「……」

綾波「……」

アスカ「……」ギュッ

綾波「……」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:40:47.10 ID:JaZ3zFmZP

ミサト「楽しそうねぇ」

加持「行くか? 遊園地」

ミサト「遊園地っていう歳じゃないでしょうに」

加持「大人が童心に帰る場所でもあるさ」

ミサト「ものは言いようねぇ」


加持「りっちゃんは、どうだい、遊園地?」

リツコ「私もパスね。本でも読んでいる方がまだ楽しめるわ」

加持「残念」


ミサト「おほほ。シンジ君と違ってアンタには行く相手もいないのね」

加持「こうして一緒にいるだけで満足するのがいけないのかもな」

ミサト「……ど、どーしてアンタはそういう臭い台詞を次から次へと!」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:42:29.17 ID:JaZ3zFmZP

リツコ「諦めなさい。口では加持君には勝てないわよ」

ミサト「いいえ、口喧嘩では負けたことなかったもの」

リツコ「謝ることを貴方がしなかっただけではなくて?」

ミサト「うっ……」


加持「俺が悪かった。愛してるよ……って言うと、すぐに萎れるんだよ、葛城は」

ミサト「変なこと言わないでよ!」

リツコ「いい加減、よりを戻したら?」

ミサト「死んでも、嫌!」


リツコ(……さて、シンジ君たちとどっちが早いかしらね)

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:45:51.27 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「陽が傾いて来たわね」

シンジ「時間的に、次で最後かな」

アスカ「どれに乗ろうかしら……やっぱりジェットコースターにもう一度?」

綾波「……」

アスカ「な、なによ、文句でもあるの」

綾波「別にないわ」


シンジ「待ってよ、アスカ。最後に乗るものは決まってるんだ」

アスカ「どれ?」

シンジ「観覧車」


アスカ「観覧車ぁ〜?」

綾波「……」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:48:17.73 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「あれ、退屈じゃない」

シンジ「うーん、でもここの観覧車は景色が良いらしいんだ。夕日と相まって、すごく綺麗だと思うよ」

アスカ「えー……」


綾波「私は、良いと思うわ、観覧車」

シンジ「ほんと?」

綾波「ええ、碇君がオススメしてくれるなら」

シンジ「ありがとう、綾波」


アスカ「……ちっ、じゃあ私もそれでいいわよ」

シンジ「そう?」

アスカ「ただし! ……退屈させたら、承知しないからね!」

シンジ「それはアスカ次第かもしれないけど」

アスカ「……?」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:50:38.79 ID:JaZ3zFmZP

シンジ「……次が僕たちの番だね」

アスカ「……そういえば、席ってどうするの」

シンジ「席?」

アスカ「だって、片方に全員が座るのって、変じゃない」

シンジ「好きに座ればいいと思うけど」

アスカ「だ、だから! 好きにしたら荒れるでしょ!」

シンジ「荒れる?」


アスカ「それは……。……エコヒイキも、なんとか言いなさいよ」

綾波「……私は、好きな方に座るわ」

アスカ「だから、それをはっきり言えって言ってんでしょ!」

シンジ「なに言ってんだよ、アスカ……」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:52:46.13 ID:JaZ3zFmZP

―――『お客様ー? どうぞこちらへー』


シンジ「ほらほら、アスカ、先に入って」グイグイ

アスカ「あ、お、押さないでよ」


シンジ「綾波も、入って、入って」

綾波「ええ」


シンジ「ふぅ……」

シンジ「……」

シンジ「じゃ、閉めちゃってください」


アスカ「……は!?」

綾波「……」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:55:40.22 ID:JaZ3zFmZP

―――『い、いいんですか?』

シンジ「はい、お願いします」


アスカ「ちょ、ちょっと、バカシンジ!」

綾波「……」


シンジ「早く! 出てきちゃうから!」

―――『は、はい、では失礼します』ガラガラ


アスカ「あああ!」

綾波「……」


シンジ「じゃ、二人とも。ごゆっくりー」フリフリ

アスカ「呑気に手ぇ、振ってんじゃないわよ!!」

綾波「……」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 21:58:35.45 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「……なんで、こんなことに」

綾波「……」

アスカ「あのバカ、いったい何を考えてんのよ……」

綾波「……」

アスカ「この観覧車、一周何分よ……」

綾波「……」

アスカ「アンタも、なんとか言いなさいよ」

綾波「……」

アスカ「はぁーあ……」

綾波「……」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:00:44.10 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「……わっ」

綾波「なに」

アスカ「外、綺麗だわ」

綾波「……」

アスカ「全部が赤とオレンジで、2号機みたい」

綾波「……」

アスカ「ま、バカシンジの言うことも、たまには間違いじゃないってことね」

綾波「……」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:02:55.90 ID:JaZ3zFmZP

綾波「……綺麗」

アスカ「あん」

綾波「綺麗って、なに」

アスカ「はぁ?」

綾波「楽しいって、なに」

アスカ「……」


綾波「あなたが感じていた、その気持ち」

アスカ「……」

綾波「私には、分からないの」

アスカ「……」

綾波「……なぜ?」

アスカ「……」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:04:26.99 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「人の気持ちなんて、私には分からないわよ」

綾波「……」

アスカ「誰がどう感じるのかなんて、そんなの人それぞれでしょ」

綾波「……そう」


アスカ「……」

綾波「……」

アスカ「……」

綾波「……」


アスカ「…………ああっ、もう!!」クシャクシャ

綾波「……?」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:06:12.50 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「アンタさぁ、今日一日、どうだったのよ」

綾波「……」

アスカ「楽しいとか分からなくても、『また来たいな』とか『もうちょっとここにいたいな』とか思わなかったの?」

綾波「……」

アスカ「バカシンジがいて……まぁ、ついでに私もいて」

綾波「……」

アスカ「それで、一人でいる時よりも、安心するっていうか……」

綾波「……」

アスカ「とにかく! そういう感覚に、ならなかったの!?」

綾波「……」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:07:42.52 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「景色だって同じよ」

綾波「……」

アスカ「『またいつか見れたらいいな』とか『ずっと見れていたらいいな』」

綾波「……」

アスカ「そういうのが、綺麗とか楽しいってことよ」

綾波「……」

アスカ「…………なにも感じないなんてこと、あるわけないでしょ」

綾波「……」

アスカ「……」

綾波「……」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:08:37.18 ID:JaZ3zFmZP

綾波「……そう」

アスカ「……」

綾波「これが、綺麗とか、楽しいってことなのね」

アスカ「……」

綾波「あなたは、ずっとこれを感じていたのね」

アスカ「……」

綾波「……」

アスカ「……」

綾波「……」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:09:54.69 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「……一つ、聞きたいんだけど」

綾波「なに」

アスカ「……アンタってさぁ、バカシンジのこと、どう思ってるの?」

綾波「……」

アスカ「……」

綾波「……よく、わからないわ」

アスカ「言うと思った」

綾波「……」

アスカ「……」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:12:17.32 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「特別?」

綾波「……」

アスカ「他の人よりも、一緒にいて欲しい?」

綾波「……」

アスカ「他の誰よりも、隣にいたい?」

綾波「……」

アスカ「……」


綾波「…………そう、碇君は、私にとって、特別」

アスカ「……ふぅん」

綾波「……」

アスカ「……」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:13:59.12 ID:JaZ3zFmZP

綾波「……」

アスカ「……」

綾波「……」

アスカ「……」


綾波「あなたにとっても、碇君は、特別?」

アスカ「……はぁ?」

綾波「……」

アスカ「あんなやつ、特別な訳ないでしょ」

綾波「……」

アスカ「私にとっては、オモチャね。オモチャ」

綾波「……」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:16:22.44 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「……でも、ま、便利ではあるし……」

綾波「……」

アスカ「遠慮しないでいいし、良いところ、全くないわけじゃないし……」

綾波「……」


アスカ「……」

綾波「……」

アスカ「……」

綾波「……」


アスカ「…………だから、あげないわよ」

綾波「……」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:19:08.24 ID:JaZ3zFmZP

綾波「いま、なんて言ったの?」

アスカ「なにも言ってないわよ」

綾波「そう」

アスカ「ええ」


綾波「……」

アスカ「……」


綾波「…………碇君は物じゃないわ」

アスカ「聞こえてるじゃない!!」ガタッ


綾波「立つと危ないわ」

アスカ「くっ」ストン

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:22:24.49 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「はぁ……」

綾波「……」

アスカ「……」

綾波「……」


アスカ「……アンタってさぁ、けっこう頑張ってるわよね」

綾波「……?」

アスカ「自分のこととか、エヴァの訓練とか……」

綾波「……」

アスカ「なにもしてないわけじゃない……」

綾波「……」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:26:10.24 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「エコヒイキじゃ、ないのよね」

綾波「……」


アスカ「……」

綾波「……」

アスカ「……」

綾波「……」


綾波「……見て」

アスカ「え?」

綾波「下」

アスカ「なによ」

綾波「碇君」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:27:51.33 ID:JaZ3zFmZP

綾波「手を振っているわ」

アスカ「……そうね」

綾波「……」

アスカ「間抜け面晒しちゃって、まるで主人の帰りを待つ犬ね」

綾波「……でも、私たちを待っているわ」

アスカ「……」

綾波「私たちを、待ってくれている」

アスカ「……そうね」


綾波「……行きましょう」

アスカ「ええ」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:29:23.01 ID:JaZ3zFmZP

加持「というわけで、俺の勝ちだな」

リツコ「厳密に言うと、違うけれど」

ミサト「ま、ここまでの結果でいうと、認めざるを得ないわね」


加持「まいど」

ミサト「はぁーあ、私のお酒が〜」

加持「なんだったら、次の賭けでもするか?」

リツコ「対象はなに?」

加持「もちろん、俺たちの未来を」ギュッ

リツコ「ふふっ」


ミサト「……」ピキッ

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:30:40.45 ID:JaZ3zFmZP

リツコ「でも駄目よ、全員がミサトに賭けたら、賭けにならないわ」ペシッ

加持「なに言ってるんだよ、俺はハーレムルートに賭けるに決まってるだろ?」


ミサト「……ハーレムルートなんて、あるわけないでしょ!!」


リツコ「あらあら」

加持「そうかそうか、葛城」


ミサト「ん?」

ミサト「……」

ミサト「……!」


ミサト「そーいう意味じゃ、なーい!!」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:32:16.68 ID:JaZ3zFmZP

エピローグ


シンジ「明日、綾波と遊びに行くんだって?」

アスカ「……レイに聞いたの?」

シンジ「うん」

アスカ「あっそ」


シンジ「……」ニコニコ

アスカ「なに、ニヤニヤしてんのよ」

シンジ「アスカと綾波が仲良くなってくれて、嬉しいんだ」

アスカ「はぁ?」


シンジ「……」ニコニコ

アスカ「……」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:34:37.89 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「言っておくけど」

シンジ「なに?」

アスカ「アンタも一緒に来るんだからね」

シンジ「……聞いてないよ!」

アスカ「私、あの子に誘うように言っておいたもの。言葉足らずだったみたいだけれど」

シンジ「ええー……」

アスカ「嫌なの?」

シンジ「嫌じゃないけど……」

アスカ「じゃあ、いいじゃない」

シンジ「いいのかな……」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:44:31.98 ID:JaZ3zFmZP

アスカ「……そもそも、アンタがいないと、意味ないし」

シンジ「なんで?」


アスカ「知らない。さっさとご飯、作りなさいよ」

シンジ「え、ちょっと、アスカ」

アスカ「いいから! 口答えしないの!」

シンジ「ちぇっ、なんだよ……」


アスカ「……」

アスカ「……」


アスカ「……〜〜♪」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:49:05.74 ID:JaZ3zFmZP

綾波「初めての場所」

綾波「初めてではない交流」

綾波「……」

綾波「……」


綾波「碇君」

綾波「それと」

綾波「……」

綾波「……」




綾波「……アスカ」



終劇

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/29(木) 22:50:36.34 ID:JaZ3zFmZP

オワタ。
△書いてないな―と思って始めたのに、なんかアスレイものになってもうた(´・ω・`)
あー。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉「…なーんだ、やっぱり中に誰も居ないじゃない……………」