レイ「碇君にぶたれた・・・」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カヲル「シンジ君……タバコ、止めようか?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/24(土) 23:02:48.59 ID:PkKnBXoj0

シンジ「綾波はエヴァに乗るのが怖くないの?」

レイ「あなたは怖いの」

シンジ「うん・・・」

レイ「信じられないの、お父さんの仕事が」

シンジ「信じられるわけないよ!あんな父親なんて・・・!」

レイ「・・・」ズイッ

シンジ「あ・・・」ビクッ

パァン!

シンジ「!・・・」

シンジ「・・・な」

シンジ「何するんだよ!!!」


バチィン!!


レイ「!?・・・!?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/24(土) 23:07:18.41 ID:PkKnBXoj0

シンジ「なんなんだよ!!ちょっと父さんと仲良いからって調子に乗ってんの!?僕のこと嗤ってんだろ!!」

レイ「」

シンジ「あーいいよなあ君は父さんと仲良くて!どうせ僕は父さんになんとも思われちゃいないよ!!でもさぁ!!」

レイ「」

シンジ「他人の君が人様の親子の間に入らないでくれる!?君には関係ないじゃん!!」

レイ「」

シンジ「もういいよ、先行くから。テストがんばってよね」ズカズカ

レイ「」

レイ「・・・」ジンジン

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/24(土) 23:12:56.64 ID:PkKnBXoj0

レイ(碇君にぶたれた・・・初めて人にぶたれた)

レイ(あの人にもぶたれたことなかったのに)

レイ(なに?この気持ち・・・いやじゃない・・・)




シンジ(・・・女の子に手をあげちゃった・・・最低だ、僕って・・・)

シンジ(でも綾波が先に手を出したんじゃないか。おあいこだ・・・)

シンジ(でも・・・暴力って、やっぱ嫌だな・・・)

シンジ(それにどうしよう、零号機の再起動実験に影響あったら・・・どうしよう・・・)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/24(土) 23:17:33.87 ID:PkKnBXoj0

マヤ「・・・絶対境界線突破!零号機、起動しました」

シンジ「ふぅーっ・・・」

シンジ(よかった・・・綾波なら僕にひっぱたかれたくらい、気にしないかな・・・)

ミサト「あらシンちゃん、レイのことそんなに心配だった?」

シンジ「そ、そんなんじゃありませんよ!誰があんな子・・・」

ミサト「またまたぁ、ずーっと青い顔で心配そうに見てたくせにィ」


ビーッ ビーッ


冬月「碇・・・おそらく第五の使徒だ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/24(土) 23:23:07.89 ID:PkKnBXoj0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

シンジ「綾波は・・・何故これに乗るの」

レイ「・・・絆だから」

シンジ「・・・父さんとの・・・?」

レイ「・・・私には・・・他に何もないもの」

シンジ「・・・」

シンジ「ごめん・・・昼間、君のこと叩いたりして・・・」

レイ「・・・何故謝るの」

シンジ「だって・・・綾波にとっては父さんは大切なひとなんだろ・・・?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/24(土) 23:28:31.68 ID:PkKnBXoj0

シンジ「君の方が僕よりずっと・・・なのに僕は君に嫉妬して、暴力まで・・・本当に、ごめん・・・」

レイ「・・・嫉妬・・・?」

シンジ「そう、君がうらやましかったんだ・・・僕よりずっと父さんに近い君が・・・」

レイ「・・・」

レイ「あなたにとっても大切なのね、碇司令は」

シンジ「そう、なのかな・・・わからないよ」

シンジ「僕はずっと父さんのこと憎んでたから・・・母さんを死なせて、僕を捨てた父さんを・・・」

シンジ「でも心のどこかで、父さんに認めてほしかったのかも・・・ここに来たのも、エヴァに乗るのも、だから・・・」

レイ「・・・」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/24(土) 23:34:11.39 ID:PkKnBXoj0

レイ「時間よ、行きましょ」

シンジ「あ・・・うん」

レイ「碇君、あなたは死なないわ・・・私が守るもの」

シンジ「えっ・・・」

レイ「さよなら」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


シンジ「綾波っ!」

レイ「うっ・・・ ・・・」

シンジ「よかった・・・綾波・・・」ポロポロ

レイ「・・・何故泣いてるの・・・?」

シンジ「綾波が助かったからに決まってるだろ・・・」

レイ「・・・私が嫌いだから・・・その私が助かったから・・・?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/24(土) 23:39:55.00 ID:PkKnBXoj0

シンジ「バカ・・・そんなはずないだろ・・・僕がいつ君のこと嫌いって言ったんだよ・・・」

レイ「だって・・・昼間・・・」

シンジ「あれは、本当に悪かったけど・・・でも君のことは嫌いじゃあないよ、本当・・・」

レイ「・・・?」

シンジ「君が無事で、嬉しいから・・・」

レイ「・・・嬉しくて・・・?嬉しいときにも涙が出るのね」


レイ(ぶたれたとき、嫌な気持ちがしなかったのと似てる・・・感情って不思議・・・)

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/24(土) 23:44:25.80 ID:PkKnBXoj0

リツコ「レイ、もう退院していいわよ」

レイ「はい・・・あの、赤木博士。お聞きしたいことが」

リツコ「・・・?なあに?」

レイ「人は誰かにぶたれたとき、どんな気持ちになりますか」

リツコ「ぶたれたとき・・・?あなた、誰かにぶたれたの?」

レイ「・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

リツコ「なるほどね、そんなことが・・・」

レイ「・・・」

リツコ(シンジ君が暴力に訴えるなんて、予想外ね・・・それにその件を気にしてるレイも)

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/24(土) 23:49:25.40 ID:PkKnBXoj0

リツコ「シンジ君が怒るのも無理はないわね、彼の心は人一倍デリケートなようだし」

リツコ「あなたの物言いは配慮に欠けるし・・・ね」

レイ「・・・はい・・・」

リツコ「それから最初の質問だけど・・・状況にもよるけど普通、誰かにぶたれたら大概は怒りを覚えるか、悲しくなるわね」

レイ「怒り・・・悲しみ・・・」

リツコ「前者は、不当な暴力を振るわれたことに対する感情。後者は・・・そうね、親しい人に暴力を振るわれたときかしら」

レイ「私は・・・どちらの感情も湧きませんでした」

リツコ「じゃあ、シンジ君にぶたれたときどう思ったの?」

レイ「・・・わかりません。うまく言葉にできません・・・でも」

リツコ「でも・・・?」

レイ「いやじゃ・・・・ありませんでした」

リツコ(この子・・・まさか)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/24(土) 23:55:13.04 ID:PkKnBXoj0

リツコ「そう・・・人の感情はロジックじゃないものね。そういうときもあるわ」

レイ「・・・碇君も、先日作戦終了後に泣いていました」

レイ「私が無事で・・・嬉しかったから、と」

リツコ「そう・・・ヒトの心ってそういうものよ。自分自身でもわからない、どうにもできないときがあるのよ」

レイ「・・・」

レイ(知りたい・・・私の心)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 00:00:12.97 ID:B5ZdvjMV0

シンジ「あ、綾波!退院できたんだ、良かった・・・」

レイ「ええ・・・」

レイ「・・・碇君、お願いしたいことがあるの」

シンジ「え、お願い?何かな・・・」

レイ「私を・・・もう一度、ぶってほしいの」

シンジ「・・・え?」

レイ「・・・」

シンジ「・・・ごめん、もう一度言って」

レイ「私を、ぶってほしいの」

シンジ「」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 00:05:53.80 ID:B5ZdvjMV0

シンジ「な、なんでさ!?」

レイ「・・・」

シンジ(綾波、ひょっとして気に病んでるのかな・・・でも・・・)

シンジ「あ、あのときのことならもう気にしないでよ。むしろ悪いのは僕の方だったんだし」

レイ「だめ・・・お願い、ぶって」

シンジ「そ、そんな・・・できないよ」

レイ「お願い・・・碇君」ギュッ

シンジ「う、うう・・・」

シンジ(綾波、こんな真剣に・・・し、仕方ない・・・)

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 00:10:59.32 ID:B5ZdvjMV0

シンジ「わ、わかったよ・・・ただし条件があるよ」

レイ「なに?」

シンジ「ぼ、僕のことも叩いてよ・・・それでおあいこ、いいだろ?」

レイ「・・・わかった。じゃあ・・・ぶって」

シンジ「う、うん・・・い、いくよ?」スッ

レイ「・・・」

シンジ「・・・」ペチ

レイ「・・・碇君?」

シンジ「え・・・」

レイ「なに、今の・・・」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 00:15:21.30 ID:B5ZdvjMV0

シンジ「え、ぶ、ぶったん・・・だけど・・・」

レイ「だめ・・・全然、だめ」

シンジ「えっ」

レイ「そんな触れた程度じゃ全然だめ・・・もっとちゃんとやって」

シンジ「ちゃ、ちゃんとって・・・・でも・・・痛いよ」

レイ「痛いくらいやってくれなきゃ意味がないわ」

シンジ「そ、そうかもしれないけど・・・でも・・・」

レイ「やって」ズイッ

シンジ「わ、わかった!わかったってば!やるよ!」

レイ「・・・」

シンジ「・・・くっ」パチッ

レイ「・・・」ジロッ

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 00:20:49.13 ID:B5ZdvjMV0

シンジ「え、えっと・・・だ、だめ・・・かな・・・」

レイ「まだ足りない。ちゃんと力を込めて」

シンジ「う、ううう・・・でも・・・」

レイ「お願い!ぶって!」

シンジ「」

シンジ「ああああああもうっ!わかったよ!!」

バチン!

レイ「!」

シンジ「う〜・・・ごめん、綾波・・・」

レイ「・・・」ジンジン

シンジ「あ、綾波?」

レイ(碇君がくれた痛み・・・いやじゃない・・・不思議)

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 00:27:03.99 ID:B5ZdvjMV0

レイ「ありがとう、碇君」

シンジ「う、うん・・・なんかヘンだな、ぶってお礼言われるなんて」

レイ「そう・・・そうかもしれない」

レイ(ありがとう・・・感謝の言葉・・・初めての言葉・・・あの人にも言ったことなかったのに)

レイ「じゃあ・・・次は碇君の番」

シンジ「あ、う、うん・・・」

レイ「いくわ」グワッ

シンジ「ひっ・・・」


ズバチィン!!!



ミサト(・・・えらいもの見ちゃったわ・・・)






57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 00:30:14.33 ID:B5ZdvjMV0

求められていたものと違ったようだ・・・
だが私は謝らない



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【解読困難】 絵姿女房 【続エヴァ昔話・第参話】