シンジ「行くぜ!エヴァン!ゲリオォーンッ!!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:マスオ「カツオくんが……好きなんだ…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 20:27:40.60 ID:Exl52K0Q0

第四使途襲来、初号機格納庫

シンジ「……」

ミサト「さ、シンジ君……」

ゲンドウ「シンジ、それに乗れ」

シンジ「……」

ゲンドウ「どうした。乗るなら早くしろ、でなければ帰」

シンジ「コックピットは何処だ?」

ゲンドウ「は?」

シンジ「コックピットはどこだって聞いてんだよ糞親父!!」ダンッ

ミサト「し、シンジ君!?お父さんに向かって何て」

シンジ「化けモンが来てる時に悠長に親子対面してる場合かってんだよ!!とっとと俺をこいつに乗せやがれ!!」

ゲンドウ「…………」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 20:37:10.67 ID:Exl52K0Q0

シンジ「お、おい!?何だこのジュース見てえのは!?」

リツコ「LCLよ。酸素が溶融しているから呼吸ができるわ。吸い込んで」

シンジ「おっしゃあ!!」ガブガブ

マヤ「パイロット、LCLを飲んでいます!!」

リツコ「呼吸をするって言ったでしょ!肺に入れて!!」

シンジ「うるせぇ!こんなもん吸えるか!とっとと出しやがれ!!」

ミサト「リツコ……使途が」

リツコ「そうね、ハッチを開けて。出撃させるわ」

マコト「大丈夫なんですか!?」

シンジ「ごちゃごちゃうっせーぞ!!時間がねえんだろ!?出せぇ!!!!」バンッ

シゲル「初号機、出撃します」バシューンッ

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 20:46:47.67 ID:Exl52K0Q0

ミサト「シンジ君、まずは歩いてみて!」

シンジ「……」ドシン・・・ドシン・・・

マヤ「動いてる……」

ミサト「シンクロは上場ね、じゃあ説明するわね。いまあなたが乗っている」

シンジ「……」ドシンドシンドシンドシン

シゲル「初号機、使途に向かっていきます!!」

リツコ「!?静止して、まだ早すぎるわ!!」

ミサト「シンジ君!?シンジ君!聞いてるの!?」

シンジ「…………」ドシドシドシドシッ

サキエル「……?」クリッ

シンジ「…………」ドシドシドシドシッ・・・バキィンッ

サキエル「キュッ!?」ベコッ

リツコ「信じられない……この段階で使途を殴るなんて」

ミサト「シンジ君!!返事して!!……まさか!!」

シンジ「(息ができねえんじゃ時間がねえ……とっとと決めるぜ!!!)」ゴポポッ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 20:56:26.26 ID:Exl52K0Q0

リツコ「まさか無呼吸で戦う気!?」

ミサト「シンジ君LCLを肺に入れるのよ!!」

シンジ「(出来ねえもんは出来ねえんだよ糞ババア……集中できねえだろ、すっ込んでろ!!)」

サキエル「……」ガシッ

シンジ「(クソッ……腕が!?)」メキキキッ

サキエル「……」ベキンッ

シンジ「ぐあああああああああ!!!!?」ゴポポッ

マヤ「左腕損傷!!痛覚遮断します!!」

シンジ「(クソが……だいぶ吐いちまったじゃねーか……もってあと30秒ってとこか)」

サキエル「……」ザシュッ

シンジ「目!?うがあああああああああああああああああああ!!!!!」ゴポポポッ

マヤ「右頭部貫通!!初号機……沈黙」

ミサト「そんな……シンジ君!!?」

シンジ「…………」ゴポッ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 21:06:32.70 ID:Exl52K0Q0

初号機「……」ガシッ

シゲル「待って下さい!!初号機、動いています!!」

マヤ「損傷した左腕で……使途を掴んでる!?」

リツコ「確かに活動限界は来ていないけれど、パイロットは……」

シンジ「ありがとよぉ……テメェのお陰で……やっとこさ喋れるぜぇ!!!!」カッ

サキエル「キュイー!!」ピキューンッ

マコト「左腕、再度損壊!!」

シンジ「ぶっ壊れた腕ならいくら攻撃されたって……効かねえんだよぉ!!!」

マヤ「シンクロ率、急上昇しています!!!」

ミサト「これがLCLを取り込んだシンジ君の……」

シンジ「俺の自慢の拳だああああああっ!!!!!!!」バキイィィィンッ

サキエル「キュウウウウ!?」ベコオォッ

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 21:15:48.31 ID:Exl52K0Q0

シンジ「ババア今だ!!こいつの弱点を!!」

ミサト「……」ジッ

リツコ「……」ジッ

シンジ「どっちでも良いから言えやぁ!!!」

ミサト「……」ジッ

リツコ「っ……コアよ、その赤いコアを狙って!!」

シンジ「よっしゃああああ!!!」

サキエル「……」カキイィィィンッ

シンジ「!?何だぁこのバリアみてえのは!?」

リツコ「それはATフィールドよ!!エヴァ自身のATフィールドで中和を」

シンジ「しゃらくせえええええええええええええ!!!!」グイイイイッ

ミサト「あんなにのけぞって……まさか!?」

シンジ「砕けろオオオォォォォォ!!!」ゴッチイイィィィンッ

リツコ「頭突き…………」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 21:24:15.48 ID:Exl52K0Q0

シンジ「ふんぬううううううううううううぅぅぅっ!!」ピシッピシッ

冬月「勝ったな」

ゲンドウ「ああ…………」

シンジ「おおぉぉわあぁりいいぃぃぃだあああああああああああああああああああ!!!」パリイイイィィィンッ

サキエル「キュウウウウ!?」ゴシュッ

シゲル「初号機頭角部、使途のコア内部に侵入!!」

サキエル「キュアアアアアアア!!」グルンッ

マヤ「使途から高エネルギー反応!!」

リツコ「自爆する気!?」

ミサト「シンジ君逃げて!!!」

シンジ「上等だァ!!!根競べと洒落込もうぜ、使途さんよおおぉぉぉ!!!」

マコト「エネルギー急上昇!!!」

ミサト「シンジ君!!」

―――――――ドオオオオオオォォォォォォォンッッ

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 21:36:37.52 ID:Exl52K0Q0

マコト「エネルギー反応……低下していきます」

ミサト「そんな……シンジ君は……」

ゲンドウ「……」フッ

マヤ「カメラ復帰、映像きます!!……あれは!!」

初号機「…………」ドシン・・・ドシン・・・

シンジ「なんだなんだ、しんきくせえじゃねーか。誰かの通夜じゃあるめえしよ」ザザ・・・ザッ

ミサト「シンジ君……!!もう……心配させるんじゃないの!!!命令違反も」

シンジ「ったく、最後までうっせえババアだな。俺の頭は親父のより硬えんだよ。どんだけ硬えか分かるだろ?」コツコツ

シンジ「ところで、こいつの名前を聞いてなかったな。親父、こいつは一体誰なんだ?」

ゲンドウ「……汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオン、初号機だ」

シンジ「エヴァンゲリオン、初号機……気に入ったぁ!!気に入ったぜ!」

シンジ「これから宜しくな、初号機よぉッ!!」グッ

初号機「…………」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 21:48:32.83 ID:Exl52K0Q0

シンジ「はいはい、パイロット様のお帰りだぜ!」プシュー

ミサト「……」

リツコ「……」

ゲンドウ「……」

マヤ「……」

シンジ「な、何だよ!その目つきはよぉ……お疲れ様の一言くらい言えねえのか!?」

ミサト「……っシンジ君!!今日貴方のやった事はっ」

シンジ「化けモンと戦って人類を救った、だろ?違えのか?」

ミサト「っ」

ゲンドウ「シンジ。命令違反、不用意な戦闘による損害の拡大、厳罰対象に当たる」

シンジ「親父……あー!!分かったよ!!人類のヒーローに対してこんな態度しか取れねえ連中なんてこっちからお断りだぁ!!」

シンジ「俺は帰るぜ、せめて帰りの汽車賃くらいよこせよな!!あーあやっすいバイトだぜ、ヒーローってのは」プシュー

ミサト「シンジ君!!」

リツコ「碇指令、どうするおつもりですか?」

ゲンドウ「……放っておけ」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 22:01:02.19 ID:Exl52K0Q0

シンジ「ったく、野郎ども人間関係ってもんが分かってねえぜ。地下に引き籠ってるからだ、ネクラども」ツカツカ

レイ「…………貴方、碇指令の息子さんね」

シンジ「あ?だったらなんだよ」

レイ「良く似ているわ」

シンジ「冗談だろ?あんな堅物変人野郎に似ててたまるか」

レイ「指令の事、悪く言わないで」

シンジ「悪く言われるだけの事をしてんのが悪りいのさ、あのネクラ親父は」

レイ「……」パシンッ

シンジ「って!?何すんだコラぁ!!」

レイ「……」スタスタ

シンジ「おい待てよ!!いきなり出てきて何なんだよてめーはよぉ!?」

レイ「私は……綾波レイ。エヴァンゲリオン零号機のパイロット。ファーストチルドレンよ」スタスタ・・・プシュー

シンジ「レイ……零号機……ファースト……俺より上ってことか?気にいらねぇ」

シンジ「待ってろ、今にてめーを超えてやるさ。俺と、初号機でな」ググッ

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 22:10:40.72 ID:Exl52K0Q0

翌日・学校

シンジ「つーわけで、転校してきた碇シンジだ。宜しくな!!」

生徒達「よろしくー」パチパチパチ

トウジ「……」

教師「それじゃあ、君の席はあそこだから」

シンジ「おう、分かっ…………って、てめぇは綾波!?」

レイ「……」

教師「なんだ、綾波とは知り合いか?」

シンジ「まあちょっとな……よっこらしょっと!」ドシンッ

シンジ「まさか隣の席になるたぁ、よ・ろ・し・く・な」

ヒカリ「碇君!!机の上に足組まないで!!」

シンジ「っ……どこの女もうっせえもんだな……」

トウジ「転校生、ちょっと放課後面貸しや」

シンジ「ああ?」

トウジ「体育館裏や、待っとるで」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 22:21:28.77 ID:Exl52K0Q0

トウジ「転校生、ワイはお前を殴らなあかん」グッ

ケンスケ「この前の使途との戦いでさ、こいつの妹が怪我しちゃったみたいで。ごめんな転校生」

シンジ「……そうか」

トウジ「そういうことや!!」バキンッ

シンジ「っ……気ぃすんだか?」ギロッ

トウジ「な、何やとぉ……なんやその目つきはぁ!?」ブンッ

シンジ「もう喰らわねえよ!!」ガシッ

トウジ「な……腕が動か」ギリリリ

シンジ「妹さんの分は確かに一発貰ってやった。けどそれで終わりだ……こっちもイライラしてんだよ……!!」

トウジ「気に食わんやっちゃなあ……転校生ぇ……!!」ギロッ

シンジ「名前で呼べよ、糞大阪ぁ……!!」ギロッ

ケンスケ「あわわわわ……」

トウジ「よっしゃ……勝った方が!!」グワッ

シンジ「好きに呼ぶ!!!」グワッ

―――――――――――ボグシャー・・・・・・

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 22:29:09.87 ID:Exl52K0Q0

シンジ「強えな……中々よぉ……トウジ」バタンッ

トウジ「お前さんも……良え線いっとるで……シンジ」バタンッ

シンジ「そうそう……そうやって名前でよびゃあ好いんだよ……」

トウジ「アホか……勝ったから好きに呼んどるだけや……お前さんこそ……」

シンジ「俺の勝手だろうがよ……俺が勝ってんだからよ……」

トウジ「ふふ……」

シンジ「はは……」

シンジ・トウジ「あっははははははは!!!」

ケンスケ「良いなあ」

ヒカリ「男の子って……」

ケンスケ「委員長!?いつの間に!?」

レイ「…………」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 22:39:09.39 ID:Exl52K0Q0

第五使途襲来・直前

シンジ「目標をセンターに入れて……スイィッチッ!!」

ブブー

シンジ「目標をセンターに入れて……スイーッチ!!!!」

ブブー

シンジ「目標をセンターに入れて……スイいいああああああ!!しゃらくせええええええい!!!」ドシンドシンドシンドシンッ

シンジ「倒れんかああああああああッ!!!!!」バキィンッ

ブブー・・・シミュレーションヲシュウリョウシマス

リツコ「シンジ君。今回は射撃訓練の筈だけれど」

シンジ「あたらねぇ武器なんて無えのと一緒なんだよ!!!飛び道具は役立たずだ!!」

ミサト「それは貴方が下手だからよ……」

ビビーッ・・・ビビーッ・・・ビビーッ

ミサト「警報!?」

リツコ「マヤから連絡、第五使途だそうよ」

シンジ「よっしゃあ!!お出ましかぁ!!!!」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 22:49:22.77 ID:Exl52K0Q0

ゲンドウ「……零号機を出撃させろ」

マコト「初号機から入電!!」

シゲル「初号機!既に出撃しています!!いつの間に……」

シンジ「そうはいかねえぜ親父!!今回も俺の獲物だ!!」ゴポポッ

ゲンドウ「シンジ、命令違反だ。今回は零号機が出る」

シンジ「…………」

ゲンドウ「……LCL圧縮濃度を最大にしろ」

マヤ「指令!?」

ゲンドウ「子供の駄々に付き合う暇はない、やれ」

マヤ「……はい。LCL、濃度上昇。……!?バイタル、変化なし!!」

ゲンドウ「……!?」

シゲル「まさか……」

シンジ「(やっぱLCLは慣れねえな……今回も時間がねえ!!)」ゴポポッ

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 23:03:03.95 ID:Exl52K0Q0

シャムシエル「シャラララララ」ワシワシ

シンジ「(なんだありゃ!?エビか?シャコか?どいつもこいつも気色悪りい!!)」

シンジ「(とにかく先手必勝だぜ!!!喰らえやああああああ!!)」ドシンドシンドシンッ

シャムシエル「シャララララ!!」ビューンッビュンッ

シンジ「(何だこのムチ見てえのは!?ぐ、ぐあああああああ!!?)」ビリビリビリッ

シンジ「(くっそ!!格闘じゃ倒せねえってのか……こうなったら!!!)」ドゴンドゴンッ

マコト「初号機、地面を殴り始めました!!」

マヤ「何をしているの……!?」

シンジ「(よっしゃあ見つけたあ!!!マシンガン!!!!)」ガシーンッ

シゲル「収納型武器格納庫、破壊されました!!」

マコト「あーあー装甲板がもったいない……言ってくれれば出すのに……」

ゲンドウ「……」

マコト「い、いえ、命令がない限り出せませんよね、はい」

シンジ「(昔の人は良い事言うぜ!!下手な鉄砲、数撃ちゃ当たるってなああああああ!!!!!)」ダダダダダッ

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 23:11:32.15 ID:Exl52K0Q0

シャムシエル「シャラララララ」ビュンビュンッスパパッ

シンジ「(マシンガンが!?くっそ、どこまで伸びてきやがる!?)」バララッ

シャムシエル「シャララ!!」ビリビリッ

シンジ「ぐああああああああ!!!?」ゴポポッ

初号機「……」ドシーンッ

マヤ「初号機、直立不能……っ!?初号機の手元に反応が!!」

シゲル「おいおい、市民は全員避難したんじゃないのか!?」

マコト「指令!!」

ゲンドウ「零号機を投入、初号機を攻撃対象から逸らせ」

マコト「了解!零号機、行けますか!?」

レイ「いつでも」

マヤ「零号機、射出します!!」

レイ「……」バシューンッ

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 23:22:51.54 ID:Exl52K0Q0

シンジ「(く……っ!?なんだ、下に誰かいるじゃねーか!?あれは……!!)」

トウジ「……」ガクガク

ケンスケ「……」ブルブル

シンジ「(トウジにメガネ!?んなとこで何やってんだ!?……どうする!?)」

零号機「…………」バシューッガシン

シャムシエル「シャロロ!?」

シンジ「(零号機!?くっそ折角の獲物が!!こいつらをどうにかしてもう一回戦うには……)」

シンジ「(……あるじゃねーか!!とっておきの方法が!!!)」

レイ「シンジ君、そこにいる二人を連れて逃げ」ザザッ

シンジ「レイ!!俺は今から初号機から降りる!!出来る限り野郎の注意を惹けぇ!!!」ゴポポッ

レイ「!?」

シンジ「(ナイスタイミングだぜ、息ももう限界だったしなぁ!!……エントリープラグ、射出ッ!!!)」バシューンッ

シンジ「ぷはっ!!あああ空気がうめえぜ!!!さあお前ら!!今からここに乗り込めぇ!!!」

トウジ・ケンスケ「!?」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 23:31:05.20 ID:Exl52K0Q0

トウジ「な、なんやここ!」ゴポポ

ケンスケ「これ吸いこんで大丈夫なの!?」ゴポポ

シンジ「ああ、吸えば呼吸できるらしいぜ!!出来たらの話だがなァ!!」ゴポポ

マヤ「エントリープラグ内に市民が二名!?」

マコト「なにやってるんだシンジ君!?」

シゲル「LCL濃度が濃すぎます!!市民が吸いこんだ場合……」

冬月「……濃度、正常値へ戻せ」

ゲンドウ「冬月……」

冬月「こうなってしまった以上仕方あるまい。市民に一時的とはいえ害を与えるような事があれば風当たりも変わる」

ゲンドウ「……」

トウジ「おお!ホンマや!!息できるで!!」ゴポポ

ケンスケ「科学の、力って、すげー!!」ゴポポ

シンジ「…………」

トウジ「なんや、もしかして……お前さん怖くて出来へんのか?」ニヤニヤ

シンジ「…………」カチーンッ

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 23:42:30.63 ID:Exl52K0Q0

レイ「くっ……ううぅぅぅぅっ……!!」ビリビリビリ

シャムシエル「シャラララララ!!」ビリビリ

シンジ「喰らええええええええええあああああああ!!!!」ドシンドシンドシン・・・バッキィィッ

シャムシエル「シャロ!?」

レイ「っ……碇君?何故逃げていないの?命令は」

シンジ「助けてくれてありがとう、だろうが!!!!」

レイ「……」

シンジ「行くぞ!!レイ、俺の後ろであの触手を撃て!!」

レイ「そんなこと、命令にないわ」

シンジ「俺が命令してんだよ!!!指令の息子命令だ文句あっか!?行くぞ!!」ドシンドシンドシン

レイ「無理よ、あの使途に近距離戦は」

シンジ「一人じゃ無理だ!!!!だから撃て!!!!」

シンジ「どうやらこいつらのせいで上手く動けねえらしい!!!今俺に出来るのは突進だけだ!!頼んだぜ!!!!」ドシンドシンドシン

レイ「碇君……分かったわ」

シンジ「よっしゃあ!!トウジ!メガネ!根性見せろよおおおおおおおお!!!!」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/22(木) 23:54:18.21 ID:Exl52K0Q0

レイ「碇君には触れさせない……!」ダンッダンッダンッダンッ

シャムシエル「シャロロロロ!?」

シンジ「行くぜえええ!!!プログレシブゥゥゥッ・ナイフッ!!!!」ジャキィィンッ

シャムシエル「シャララッ!!」ビュンッ・・・ザシュッ

シンジ「ぐああああああああ!!」

トウジ「シンジ!!手が!!」

ケンスケ「やっぱ無理だよ!!近づけば近づくほど手数は多くなるし、後方支援も……」

シンジ「舐めた事言ってんじゃねえぞ……!!エヴァは心で操作すんだ……!!確かにバラバラの心じゃ力は出ねえ……」

シンジ「だが!!乗って三人、心が一つ!!だったら三倍強えに決まってんだろうが!!!!!!」

シンジ「トウジ!!メガネ!!俺に心、命、預けんかあああああああああああ!!!!!」

トウジ・ケンスケ「…………っ、よっしゃああああああああああああああああ!!!」

シンジ・トウジ・ケンスケ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」ググググッ

シャムシエル「シャ!?」ギリギリギリ

シンジ・トウジ・ケンスケ「届けえええええええええええええええええええええ!!!!」ザシュッ

―――――――――――――――――――――ドッパアアアァァァンッ

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 00:13:05.66 ID:ps7Biwsd0

―――――――――――――――――――――――――

リツコ「回収した第五使途の残骸を解析してみたのだけど……我々人類にかなり近しい遺伝子構造をしている事が分かったわ」

ミサト「使途は……私達の種族の様になれなかった、人類の可能性の一つ……」

リツコ「どうでしょうね、ただ分かるのは、人類に近く、人類を滅ぼそうとしているということ」

シンジ「近かろうと目的がなんだろうと、生き残るためには、ぶっ倒すだけだ。そうだろババア」プシュー

ミサト「シンジ君!!よくもシミュレーション室に閉じ込めてくれたわね!!エヴァに勝手に乗るなんて」

リツコ「シンジ君、どうやってエヴァに乗ったのかしら?エントリープラグのアクセスコードは知らないはずよ」

シンジ「あ?んなもん必要なのか?勝手に乗せてくれたぜ、初号機が」

リツコ「そんな……!?そんなバグがあるはずがないわ。MAGIに何か異変でも……」

シンジ「初号機は俺の相棒だからな!!頭で解る事じゃねーよババア、悩んでっと皺増えんぞ」

ミサト「シンジ君!!いい加減にして!!貴方の言動は目に余るわ!!!今回だって」

シンジ「今回だって使途を倒した。それともレイ独りで倒せてたってか?冗談はよせよ!!」

ミサト「そんなことないわ!!零号機単騎だって」

レイ「それは違うわ」

シンジ「って、当の本人が言ってんだ!!良いじゃねーか!今回は自爆もナシ、市民も救った。たまにはヒーロー扱いして欲しいぜ」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 00:24:52.94 ID:ps7Biwsd0

レイ「碇君」

シンジ「なんだよ?」

レイ「助けてくれてありがとう」

シンジ「!……良いんだよ、それで」

レイ「……」

シンジ「今日の所は引き分けだ!!だが次はてめえの出る幕なんぞねえから覚悟しとけよ?」

レイ「命令があれば出撃するわ」

シンジ「命令命令ってうるせえ野郎だな、てめーは命令されたら死ぬのかよ!?」

レイ「ええ」

シンジ「馬鹿じゃねえのか!!」

レイ「……」スタスタ

シンジ「たく……俺に負けるまで死ぬんじゃねーぞ」

シンジ「指令の息子の命令だ、文句あっか?」

レイ「ないわ」スタスタ

シンジ「そうか、じゃあな」スタスタ

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 00:41:17.20 ID:ps7Biwsd0

数日後

シンジ「ったく何で一々ID変えやがるんだよ……めんどくせえ」

シンジ「しかも何で俺が……レイ、こんなとこに住んでんのか」

シンジ「おーい!!レイ!!……いねえのか?……鍵は、開いてるな」ガチャ

シンジ「おい、誰かいねえのか!?」

レイ「いるわ」

シンジ「入るなら返事くれえしらあああああああああああああああああああああ!!!!!」ガタガタッ

レイ「ごめんなさい。シャワー、あびてて」

シンジ「う、うおおおおお!?」バッターンッ

レイ「……」バターンッ

シンジ「あ……おい、どけよ!!!おい!!!頼むから!!!!」

レイ「ごめんなさい」

シンジ「謝る前に服を着ろ!!!」

レイ「……」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 00:49:55.28 ID:ps7Biwsd0

シンジ「着たか!?」

レイ「ええ」

シンジ「悪かった」

レイ「何故謝るの?」

シンジ「そりゃ……見るもん見たからに決まってんだろ!!」

レイ「そう」

シンジ「あああああああ!!なんかしっくりこねえ!!!そうだ!!レイ俺を見ろ!!!」バッ

レイ「ええ」

シンジ「てめえも見るもん見やがれ!!!これでおあいこだ、文句あっか!?」ヌギヌギ

レイ「いえ……でも碇君」

シンジ「なんだよ!?」

レイ「脱ぎに来たの?」

シンジ「…………ID変わった!!新しいカード!!俺は帰るからな!!」バタンッ・・・ツカツカ

レイ「……」

シンジ「くっそおおおおおお!!何だこの敗北感はよぉ!!!クソが!!」ガツンッ

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 00:56:51.61 ID:ps7Biwsd0

第六使途襲来

リツコ「どう、使途の動きは」

マヤ「市内を浮遊中、現在ジオフロント直上に到達しました」

シゲル「使途のエネルギー状態に変化あり!地中への侵入を始めました!!」

リツコ「始まったわね」

シンジ「ドリルたぁ、太え奴じゃねーか!!」

ゲンドウ「初号機にライフルを装備、狙撃を試みろ」

シンジ「待ってました!!レイの出る幕じゃねーんだよ、やっぱ!!」

ミサト「シンジ君、行けるわね?」

シンジ「トーゼンのパーペキだぁッ!!!」バシューンッ

マヤ「初号機射出確認。……っ!?使途から急激なエネルギー増大反応!!」

ミサト「何ですって!?」

マコト「荷電粒子の加速を確認!!とんでもない質量の粒子が励起されています!!!」

シンジ「行くぜ!!エヴァンゲリオン!!!」ガシンッ

ミサト「シンジ君避けて!!!!!」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 01:09:42.14 ID:ps7Biwsd0

ラミエル「キイイイイイイイン」ピキュウウウウンッ

シンジ「何ぃ!!?」

―――――――――――――――ドオオオオォォォンッ

ミサト「シンジくーーーーーーーーーーーーーん!!」

ゲンドウ「…………」

リツコ「ハッチ収納!!!急いで!!!」

シゲル「ハッチ溶融!!作動不可能です!!」

マコト「エネルギー減衰!!第一波終息します!!メインカメラ、電子線障害から復帰!!」

マヤ「そんな……」

シンジ「やって……くれるじゃねえか……がふあっ……はっ……はっ……」

マヤ「腹部損壊率89%!!要緊急修復作業領域です!!」

マコト「周囲の各部品をパージ!!ジオフロント内部に落下させます!!」

シンジ「待て!!まだやれる!!!まだ俺は動けるッ!!!!」

リツコ「シンジ君、無理よ!装甲はハッチと溶融しているの!!今の貴方は磔に」

シンジ「はっ……はっ……しゃらくせえええええええええええ!!!」バキンッバキンッ

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 01:20:38.25 ID:ps7Biwsd0

リツコ「嘘……拘束具を自ら……」

ミサト「拘束具……!?」

ゲンドウ「…………」

シンジ「土手っ腹に穴開いたから何だってんだ……こちとらまだ腕も足も動くんだよぉ……!!!」ドシン・・・ドシン・・・

ラミエル「キイイイィィィィッ」キュウウウウウウウッ

マコト「エネルギー再び増大!!第二波、来ます!!!」

リツコ「パージ早く!!落下させて!!!」

シゲル「パージ間に合いません!!!第二波到達時間が僅かに早い!!」

冬月「碇!!」

ゲンドウ「……」フッ

シンジ「見えたぜ……てめえのコア……はっ……倒れる時は………………前のめり……だ……」ドシイィィンッ

マヤ「あ……初号機沈黙!!」

ラミエル「キイイ……」キュウウ・・・

マコト「エネルギー急激に減衰!!第二波到達免れた様です!!」

ミサト「救護班!!急いでエントリープラグを回収!!!早く!!!!」

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 01:37:46.10 ID:ps7Biwsd0

シンジ「……知らねえ天井だ……」パチ

ミサト「シンジ君!!目が覚めたのね!!」

シンジ「なんだよババア……随分嬉しそうじゃねーか……。あの使途でも倒せたか?」

ミサト「っ……馬鹿!!貴方自分がどういう状況か分かってるの!?」

シンジ「ああ……使途に負けた……初めてな……それだけだ」

ミサト「そういう事じゃないでしょう!!」

シンジ「そういう事なんだよ!!俺がやらなきゃ誰がやる!?誰もやらねえなら全員お陀仏だぞ!!!……ぐっ!?」ズキン

レイ「私がやるわ」

シンジ「レイ……!てめえ独りじゃ無理だ。ありゃ、強え」

レイ「それでもやるわ」

シンジ「誰の命令だ」

レイ「……私のよ」

シンジ「……上等じゃねぇか」

レイ「それじゃ作戦会議があるから、さよなら」ツカツカ

シンジ「……寂しい事言うんじゃねぇよ、畜生」

316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 01:51:13.19 ID:ps7Biwsd0

リツコ「レイ、分かってるわね。今回の作戦は一発限りよ」

ミサト「ポジトロンライフル。これに日本中の電力を集めて、陽電子を加速、収束させて目標を駆逐する事」

リツコ「陽電子は磁場、電場、重力などの影響を受けるから、常に軌道を補正する事が必要よ」

マヤ「摂動補正のサポートはこちらで行います」

シゲル「充電からの加速放射のインターバルから考えて、二発目には期待しないでください」

マコト「防御用にスペースシャトルの底面を用いたシールドがありますが……それを扱う機体が」

ミサト「それは言わない約束。一発勝負よ!分かったわねレイ!?」

レイ「……はい」

ゲンドウ「……」

レイ「指令」

ゲンドウ「ああ、一撃で決めろ」

レイ「はい」

ミサト「それじゃ、3日後の午後7時『ヤシマ作戦』を決行するわ!!」

リツコ「一同、健闘を」

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 02:07:32.57 ID:ps7Biwsd0

3日後・午後7時『ヤシマ作戦』

ミサト「レイ、準備は良い?」

レイ「ええ」

リツコ「それでは、0700、蓄電及び陽電子加速を開始」

ミサト「ヤシマ作戦、行動開始!!」

マヤ「蓄電率、23%。順調です」

リツコ「使途に動きは?」

シゲル「今の所大きなエネルギーの変動は見られません」

マコト「地球磁場、安定。宇宙線の影響も殆どありません」

マヤ「充填率45%。なおも上昇中」

シゲル「使途のエネルギー状態に変化!!コア近傍に熱源!!」

マコト「磁場に急激な変化!!加速荷電粒子からの影響で使途周辺に円環磁場!!補正を開始します!!」

ミサト「気付かれたわね!!……でも充填率ではこっちの方が早く」

シゲル「エネルギー増大幅!!前回に比べ大幅に増大!!充電速度、間に合いません!!」

リツコ「そんな!?レイ!!逃げなさい!!!間に合わないわ!!!!」

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 02:16:38.61 ID:ps7Biwsd0

レイ「!?」バッ

ミサト「かわして!!」

ラミエル「キイイイイイイインッ」ピキュウウウアアアアアアアッ

レイ「っ……ああああああああああああああああっ!!!」バシャアアアアッ

マヤ「脚部装甲溶融!!損傷率92%!!痛覚遮断します!!」

マコト「零号機、沈黙ではありませんが、行動不能!!!」

シゲル「使途!!第二波に向けて再度急激にエネルギー上昇!!!」

リツコ「そんな……」

ミサト「行動不能だなんて……格好の的じゃない!!?」

レイ「くっ……」

ラミエル「キイイイイイイインッ」キュウウウウウウッ

シゲル「エネルギー、放射領域に到達!!第二波来ます!!」

ラミエル「キイイイイイイインッ」ピキュウウウアアアアアアアアアアアアッ

レイ「……碇君」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 02:28:24.98 ID:ps7Biwsd0

―――――――――――――――バシイイイイイイイイイイイイイイイイッ

マコト「使途の荷電子砲、上方に逸れました!!」

ミサト「一体何が起きているの!?」

リツコ「……何者かが零号機直前であのシールドを使用しているわ……にわかには信じられない事だけど」

初号機「ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッッ」

レイ「碇……君?」

シンジ「呼んだか!?レイ!!!!」

レイ「あ……た、助けてくれて、ありがとう……!」

シンジ「上等じゃねーか!!!ついでにもう一つ教えといてやるぜ!!!」

シンジ「人と別れる時はサヨナラじゃねえ!!!またな、だ!!!!分かったか!?」

レイ「う……うん……!」

マヤ「そんな……初号機が……装甲もないのに……」

リツコ「装甲では無いわ。エヴァについているのは、人の形にとどめるための拘束具」

リツコ「あれが、エヴァ本来の力なのかもしれないわ……!」

初号機「ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッッ」

334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 02:39:00.64 ID:ps7Biwsd0

数分前

シンジ「なんだよ……皆出はらっちまってるじゃねーか……」ズリズリ・・・

ゴゴゴゴゴ・・・・・・・・・・・

シンジ「何だかやばそうだな……レイは……」

シンジ「クッソ!!!こんなところで這いつくばってるわけにゃいかねえんだよ!!!」ズリズリ・・・

シンジ「初号機この野郎!!!!俺が必死こいててめえに乗りに行こうって時に、てめえは格納庫でだんまりか!!?」

シンジ「俺の相棒だったらよぉ!!!今すぐ俺を迎えに来てみろよ!!!こらああああああ!!!!」

シンジ「はっ……はっ……くっそ……」

――――――――ドゴオオオオンッ

シンジ「な!?……手!?…………はっ、なんだ、やりゃ出来んじゃねーかよ。……ああ、やりゃ出来るさ」カッ

キュアアアアアアア・・・・・・ドッパアアアアアアアアンッ

シンジ「!?……どうやらヤベエらしいな……アイツだけなんだよ、俺にありがとうって言ってくれたのはさ……」

シンジ「こんなところで、這いつくばってるわけにゃいかねえよなぁ!!?そうだろ、エヴァンゲリオン初号機!!!!」

初号機「ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッッ」バシュウウゥゥゥゥンッ

339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 02:51:45.93 ID:ps7Biwsd0

シンジ「レイ!!まだ腕は動くんだろ!?射撃頼むぜ!!」グググッ

レイ「碇君は……!?」

シンジ「俺は飛び道具は好かねえからなぁ!!いっちょ往ってくるぜええぇぇ!!!」ダッ

ミサト「シンジ君!?何をする気なの!?」

シンジ「リベンジに決まってんだろうがぁ!!!!あいつの土手っ腹にいいいいいいいい……」ダダダダダダッ

ラミエル「キュイイイイイイイイ!!」キュウウウウウウッ

リツコ「駄目よ間に合わないわ!!」

シンジ「風穴くれてやるああああああああああああああああああ!!!!!!!」バキイイイィィィンッ

ラミエル「キュウウウウアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」ピキュアアアアアアアッ

シンジ「んな糞見てえなビームはよおおおお!!!!一度受けりゃ温く感じんだよおおおおおおおぉぉぉぉぉ!!!!!」ググッッ

リツコ「荷電粒子の奔流の中を……進んでる……!?」

シンジ「お返しだああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」バキイイイインッ

ラミエル「キュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!?」

ミサト「嘘!?やったの!?」

ゲンドウ「……」

342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 03:02:25.44 ID:ps7Biwsd0

ラミエル「キュ……キャアアアアアアアアッ」キュウウウウウウッ

シゲル「まだです!!エネルギー再び増大!!」

ミサト「そんな、ここまでやったのに……!!」

マヤ「初号機、損壊測定不能領域……沈黙します……」

ゲンドウ「……」フッ

シンジ「負けちまった……糞っ……悔しいもんだぜ……」

シンジ「すまねえ初号機……勝てなかった……」

シンジ「お前の……勝ちだぜ…………」

シンジ「レイ……!!」

レイ「ポジトロンライフル、放射……!」ビキュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウッ

ラミエル「キュ!!?……ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」キュン・・・ドパアアアアアンッッ

レイ「……碇君!?」

シンジ「……レイ……」

レイ「碇君!!大丈夫なの!?」

シンジ「ああ……また、な」ブツンッ

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 03:12:46.34 ID:ps7Biwsd0

―――――――――――――――――――――――――

ミサト「シンジ君!!また病室抜け出して!!!」

シンジ「うるせえんだよババア!!!あんな糞不味いメシで怪我がどうにかなるか!!肉よこせ肉ッ!!!」

ミサト「またババアって言ったわね!!?今日という今日は許さないわよ!!!」

レイ「あの、碇君……」プシュー

ミサト「レイ!」

シンジ「おう、レイじゃねーか!!しばらくだな、元気だったか!?」

レイ「ええ……助けてくれて、ありがとう」

シンジ「何の事だ?」

レイ「貴方自身が盾になってくれた」

シンジ「そんなんじゃねーよ!!俺はやりたいようにやっただけだ!!そしててめえに負けた!!」

シンジ「次は負けねぇぞ!!覚悟しとけ!?」

ミサト「そうやってエヴァーを毎回ほぼ全壊させないで欲しいわ……」

シンジ「はっ、装甲が軟なのが悪りいんだよ、ヤワなのが」

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 03:22:43.55 ID:ps7Biwsd0

シンジ「それにしても何で今日はもじもじしてんだよ、てめえは」

レイ「してないわ」

シンジ「ああ、後ろに手ぇ回してるからそう見えるんだよ……なんだ、なんか隠してんのか?」

レイ「何でもないわ」

シンジ「そうか」ビー・・・ビー・・・

ミサト「この警報、使途よ!!」

シンジ「よっしゃああ!!」バッ

レイ「碇君は寝いなきゃダメ。私が行くから」グイッ

シンジ「んだよ……って、何だ?手ぇ火傷してんのかこりゃ?」

レイ「!!」

シンジ「…………はっ、ありがとよ!助けてくれて!!」グッ

レイ「……」

シンジ「隙ありぃ!!そんじゃ行ってくるぜ!!!」バッ

ミサト「ちょっと!?シンジ君!?」

シンジ「行くぜ!エヴァン!ゲリオォーンッ!!!」ダッ      続・・・・・・?

348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/23(金) 03:24:31.92 ID:ps7Biwsd0

疲れたのでこれで終わりにするわ
とりあえず序まではやりきったのでキリが良いし
読んでくれたお前ら乙



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:鳳翔「終わらない恋」