世にも奇妙ならき☆すた〜初夏の特別編〜


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:鶴屋「足なんかで感じちゃうのかいっ?」

ツイート

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:13:10.56 ID:1YhjmK1c0

柊 かがみ

   ダイエット

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:19:52.92 ID:1YhjmK1c0

私には悩みがある。
ありきたりで、シンプルな、いえばきっと世界の2割くらいは共感を得られそうな、そんな悩み。
他人に言うのは少し恥ずかしいけど…ええい、言うわ!
「痩せたい」
「声に出てるよかがみん」
うぇ!?ちょっ!
「頭の中とリアルのセリフがごっちゃになっちゃってるねーラノベの読みすぎかな?」
な、なんでラノベ読みすぎるとセリフがごっちゃになるのよ!!
「いやーほら、現在改めて放送中の某青春SFラノベの普通っぽい人とさー」
「いやいや、関係ないから」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:25:05.82 ID:1YhjmK1c0

「それでーかがみん。どうやらプロジェクトDはうまくいってないみたいだねー」
なによそれ?D?
「DはダイエットのDだよかがみん」
あんたね…って。
あきれるあたしのまえで、その人、泉こなたは、なにやら袋をとりだした。
「あんたまたチョココロネ?よく飽きないわね」
こなたは毎日のように昼食にチョココロネを食べている。チョココロネだけ。
「ぜーんぜん。かがみんも食べる?」
「う…遠慮しとくわ」
チョコレートとか、いかにも糖分のかたまり…

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:30:15.73 ID:1YhjmK1c0

「とか思ってるんでしょ」
「ちょ、コラ!かってに人の心理を読むな!!」
「いや〜かがみん顔にでやすいから〜」
そ、そうなのか…今度から気をつけようかしら…いやいや。
「でもさ、かがみん。これって結構理にかなってるって思わない?」
は?何がよ。
「チョココロネ」
「はぁ?」
「手軽に糖分摂取できるし、これだけだと量もそんなに多くないから、そこまで太らないと思うよ」
い、言われてみればそんな気も…
「どう?私と一緒にチョココロネダイエット!してみないか〜い?」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:39:36.10 ID:1YhjmK1c0

騙されないわよ。
「へ?」
まず絶対飽きるでしょ。それに、それだったらカロリー少なめでおなかが膨れる
もっと効率のいいやり方あるんじゃないの?
「かがみんがそんな器用なマネできるかな〜?」
や、やればできるんだから!
「だってさ、つかさ、がんばってね」
「へ?」
「な、なんでつかさなのよ!」
「だってつかさのほうが料理ウマイし」
じ、事実だけど、他人に言われるとなんかくやしいわね…。
「いいわ!やってやるわよ!」
「おお!かがみんが燃えてる!そして空回り。いつものパターン」
「うるさい!今回は違うのよ!」
私だってやるときゃやるんだから!
「お姉ちゃんがんばって!」「がんばってくださいかがみさん」
あ、みゆきいたんだった。

そんな話をしていたのが、昨日。
金曜日の昼休み。


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:44:41.46 ID:1YhjmK1c0

意気込んでみたものの…一体何をすればいいのやら。
テレビや雑誌で、ダイエット方法なんて無数に溢れてる。
でも、そんなにあると、本当に効果あるのかな?なんて疑ってしまうのよね。
つい最近でも、ある番組のダイエット企画が嘘っぱちだったなんてニュースになったばかり。
「はぁ…どうしたもんかなー」
運動するのが一番。ってわかってるけど、運動の仕方にもコツがあるとかなんとか。なんか難しそう。


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:52:16.96 ID:1YhjmK1c0

こなたはなんで太んないんだろ…つかさも、あんまり運動しないのに…。
「あっ」
そうよ、みゆき!みゆきに聞けばいいのよ!
メディアの情報よりもみゆきのほうが確かなんて、おかしな話だけど、彼女にきけばなんでも正しい情報が手にはいるような気がする。
さっそく私は、みゆきに電話してみた。


「ダイエットですか?そうですねー…」
「なんかあてにしてごめんね。知らなかったらいいのよ」
「いえ。突然ですが、かがみさんは、ダイエットにおいてもっとも大切なことって、何かご存じですか?」
ダイエットにおいてもっとも大切なこと?そうね、適度な運動とか?
「確かに、それも大切なことですが、それよりも大切なことがあります」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:00:47.98 ID:1YhjmK1c0

「コホン、ダイエットにおいてもっとも大切なもの。それは、『周囲の理解』です」
周囲の理解?どういうこと?
「周囲の理解というのは、自分の周りの人。家族や友人、同僚など、自分の関係している人たちに、
 自分はダイエットしているぞ、ということを理解していただく。ということです」
なるほど。せっかくダイエットをがんばっても、「今日の夕食はステーキだぞ!」なんて言われたら
意味ないものね。
「その通りです。なので、まずは周囲への理解と協力を求めることが先決だと思います」
でも、なんか恥ずかしいわね。自分はダイエットしてます!って宣言するの。
「確かにそうですね。しかし、自分が挫折しそうなときでも、応援してくれる方がいたほうが続くと思いますよ?」
確かに、みゆきに言うとおりだわ。


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:07:18.62 ID:1YhjmK1c0

「あと、具体的な方法ですと…そうですね。無駄をなくすために、手帳をつけてみるのはどうでしょうか?」
手帳?それで無駄がなくなるの?
「はい。一日の摂取したカロリーや消費カロリーなどを事細かに書くことで、どれだけ無駄を省けるかを
 計算することができます」
なるほど、家計簿の応用ね。いいアイデアだわ!
「これはほかのことにも応用できるようですから、色々試してみるといいかもしれませんね」
分かった!みゆきがいった通りに試してみるから!
「お役に立てたなら幸いです」
それじゃあね!うまくいったらなんかおごってあげる!
「えっと、それでは意味がないのでh…」プツ

周囲の理解と無駄を省く。か…


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:12:45.77 ID:1YhjmK1c0

「あら?かがみ、もうごちそうさまなの?」
「ええ、今日はこれでいいの」
「もしかして、ダイエットかな〜?」
「そうよ」
「へ?」
「あたしは今日からダイエットするから!よろしくね!」
「また?どうせ今回も挫折するんじゃないのー?」
「今回は違うの!だからみんなも協力して!つかさも頼んだわよ!!」
「ほぇ?」
「あらあら」
「あっ!ちょっとまつり!!私のエビフライとったでしょ!!」
「ふっふーw油断大敵〜」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:18:27.27 ID:1YhjmK1c0

それから私は、周囲の人間への徹底周知に努めた。

「ええ!?ミートボール禁止!?なんでだってヴぁ!」
「私の前ではできる限り肉系は控えて!」

時に厳しく、時に深く頭を下げ。

「う…野菜ばっかり…」
「お姉ちゃんやっぱり足りなかった?私のちょっと食べていいよ」
「いや、これでいいのよ…」

手帳も付け始めた。

「あっと、これもうちょっと減らせるわね…」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:26:55.10 ID:1YhjmK1c0

手帳をつけはじめて一週間、私はあることに気付いた。
(つかさ、ちょっと寝すぎよね。無駄が多すぎるわ)
自分の周囲の、無駄だと思えるものが、やけに目につくようになったのだ。
(こなたのゲームも無駄だし、みゆきの無駄知識も…まぁそれはいいか)
まぁ無駄なものって人それぞれだしね。一概には言えないわよね。
「はいもしもし…え?樹海?そりゃないっすよあきら様ぁぁあああ!!」
…何アレ?やかましいやつね。
あ、そうだ。

「無駄なもの。『白石みのる』っと」

なんちゃってね。


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:36:03.58 ID:1YhjmK1c0

次の日。
「おはよーこなたー。なんか元気ないじゃない。どうしたの?」
「ああ、それがさー聞いてよかがみん。昨日のらっきーちゃんねるさー急に中止に」
キーンコーン
「あ、やばい遅刻しちゃう!」
「あっとちょっとまってよかがみん!」

(朝の会って、めんどくさい。ほんと無駄。ほかに効率のいい方法あるでしょ)
そんなことを考えながら、私は先生を待っていた。
私はその考えすら無駄に感じていた。
「全員席に着けー」
そう言いながら先生が入ってきた。(3分遅刻。無駄)
そして、いつも通り礼をすませ、開口一番にこう告げた。
「隣のクラスの白石君が、昨日から行方が分かりません」


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:41:48.93 ID:1YhjmK1c0

その時、私は妙にイラついていた。だから、ことの重大さに気がつかなかったのかもしれない。
(そんな話どうだっていいのよ。無駄)
『無駄なもの、朝の会』っと。
ま、メモしたところでどうにかなるわけでもないけどね。

次の日。
朝の会は行われなかった。
そのかわり、連絡事項は、すべて黒板の隅に記入され、一時間目がいつもより20分早く始まった。

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:51:17.29 ID:1YhjmK1c0

「私のせい?そんなわけないよね?」
しかし、それから何日たっても、朝の会は行われなかった。
「ねぇ、峰岸」
「どうしたの柊ちゃん?」
「最近、朝の会なくなったよね?」
「朝の会?何それ?」
え?
「だって先週ぐらいまで、毎朝先生が連絡事項を」
「え?何言ってるの。いつも最初から一時間目だったじゃない」
…ボケたのか?それとも私をからかってるのだろうか?
「ねぇ峰岸」
「なぁに?」
「『白石』ってやつ、知ってる?」
「それ有名人なの?」
「ううん、なんでもない。もういいわ」
まて、まだこれだけじゃ確かな証拠とは言えない。もっと確かめないと。
「あ、ちょっとよばれちゃった。それじゃあね、柊ちゃん」
「あ、うん。それじゃ」
峰岸の髪、長いなぁ…。

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 02:00:07.46 ID:1YhjmK1c0

「あれ?どうしたんだってばあやの!その髪!」
「ああ、みさちゃん。これ?実は彼がね、短いのもいいなぁって」
これは…本物なのか!?
いや、これならまだ偶然のうちかもしれん…。
もっと色々試してみないと…。

何がどう作用しているのかわからない。
でも…。

「いやぁ〜最近ゲームとかやらなくなったら早く起きれるようになってさ」
「みなみちゃんって背が……普通だよね」
「結婚は人生の墓場やで」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 02:08:12.82 ID:1YhjmK1c0

もう疑いようもなかった。
この力は本物だ!手帳に書いた無駄なものが、次の日には消えちゃう!
そうよ。私が望んだのはこれ。無駄のないスマートな生活。
この力があれば、世界のどんな無駄も省ける!無駄な時間、無駄な場所、無駄な……人間も。

それは、もはや神の力だった。

陰険な政治家も、某国のミサイルも、そして災害すらも。
すべて気に入らないものはすべて消してやった。
そんなものに金を使うぐらいなら。そんなものに人材をつかうなら。
もっと、もっとほかのことに。
そんな無駄なことしてないで。

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 02:18:37.93 ID:1YhjmK1c0

「それじゃあみゆき、1時に駅前で」
「はい、わかりました」
今、私はとても機嫌が良かった。
念願のダイエットも成功し、おまけにこんな力まで手に入れたのだから。
「つかさ〜出かけるんだからいそぎなさいよー」
「はーい」
これから、以前みゆきとした約束のため、みゆきに食事をおごることになっていた。
今の生活は、いわばみゆきのおかげといっても過言ではない。結果論ではあるけど、彼女の助言がなければこうはならなかった。
「つかさ、まだなの?」
「おねーちゃん、私の携帯しらな〜い?」
「知らないわよ?ちゃんと決まった場所にしまっとかないからこうなるのよ!」
「ごめんなさい」
まったく、私の双子の妹のくせにどうしてこうなのかしら。
だいたい、つかさは無駄が多いのよ。いっつももたついてるし、物は無くすし、物忘れは激しいし。
ほんと、無駄。

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 02:34:04.92 ID:1YhjmK1c0

「や、おまたせ」
「いえ、私もたった今来たところですから」
「そ、それじゃ行きましょ」
「あ、あの…今日は、かがみさんだけですか?」
「え?そうだけど…ほかに誰かくるの?」
「いえ…いや、なんとなく気になったもので…」
「そう、それじゃ行きましょうか」
「はい、今日はどちらに?」
「えっと、最近、池袋にオープンしたカフェが…っと」
「あら、信号が赤ですね」
「まったく、なんでこんなに信号が多いのかしら?」
「都内では、車が多く通るので仕方がないのでは?」
「じゃあ車を減らせばいいじゃない」
「いや、それはどうかと…」
「だいたい、車以前に人が多すぎるのよ。そのせいで街が窮屈になってるじゃない」
「はぁ…」
「中には働かない人とか、犯罪者もいるって言うのに。そういうのって本当に無駄よ」
「人が増えれば仕方ないとも言えますが…」
「そいつらみんな消えれば、無駄がなくなってちょうど良くなると思わない?ねぇみゆき」




世にも
奇妙な
らき☆すた



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「なによバカキョン!この童貞!」キョン「俺は非童貞だ」