アスカ「アンタ、お払い箱よ」シンジ「あ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「シンジ!何よこのお弁当!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 03:08:17.51 ID:1ZbaM1bi0

シンジ「ちょっと聞き取れなかった」

アスカ「お払い箱って言ってんの!出て行きなさいよ!」

シンジ「えと、ちょっと確認してみますね」

アスカ「はぁ?何処によ?」

シンジ「えっと・・・ネルフかな?」

アスカ「はぁ!アンタバカぁ?」

シンジ「事実確認は大事だよ・・・あ、もしもし?」

シンジ「はい・・・はい、ありがとうございます・・・失礼します」ピッ!

シンジ「そんな報告はないみたいだよ?」

アスカ「〜〜〜〜!!!!」イラっ

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 03:12:46.46 ID:1ZbaM1bi0

ミサト「ただいま〜何してんの?二人で・・・」

シンジ「あ、ミサトさん・・・実は・・・」

アスカ「ストップ!バカシンジ!!ストーップ!!」あせあせ

ミサト「?」

シンジ「報告は大切だよ・・・情報の混濁はまz・・・」

アスカ「シンジ!ちょっと!外行くわよ!!」

ミサト「あらあら・・・もう二人仲良しなのね・・・良い事だわ!!」うんうん

シンジ「じゃあ・・いってきます、ミサトさん」

ミサト「悪さしちゃダメよ?二人とも?」むふふ

アスカ「ある訳ないでしょ!!行くわよ!シンジ!!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 03:18:21.29 ID:1ZbaM1bi0

アスカ「なんなのよ!!一体!!いきなりネルフにチクるわ!ミサトにチクろうとするわ!!信じらんない!!」イライラ

シンジ「・・・」

アスカ「大体、男のくせに何かそう言う細かいの!情けないと思わないの?」ムキー

シンジ「・・・」

アスカ「大体なんで私がアンタなんかと一緒に暮らさないといけない訳?信じらんない!!」プンプン

シンジ「・・・」

アスカ「〜〜〜!!!黙ってないで、何とか言いなさいよ!!バカシンジ!!」くわっ

シンジ「いいですか?」

アスカ「どうぞ?」ムカ

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 03:30:19.55 ID:1ZbaM1bi0

シンジ「まず、うるさい・・・わめくな」しれっ

アスカ「!?」

シンジ「ここは何処だ?公園だ、しかもマンションが密集している住宅地にある」ふぅ・・・

シンジ「人目も多い・・・ヒステリーにわめき散らすなんてナンセンスだね・・・」はぁ・・・

シンジ「こんな女とこれから共同生活を行わなければならないなんて」ふっ

シンジ「正直僕の方が信じられない」ジトー・・・

アスカ「〜〜〜!!!!!こんの・・・!!!」ぐっ

シンジ「まだ怒鳴るの?」ハハ・・・

シンジ「理解力ゼロだね?大尉殿?」しらー

アスカ「クソシンジ!!歯ぁ食いしばれ!!」ガッ!!

シンジ「・・・痛っ」プッ

アスカ「思い知ったか!シンジの癖に生意気言ってんじゃないわよ!!」くわっ

シンジ「職権乱用でいいのかな?これ・・・」ジト・・・

アスカ「な・・・なによ・・・」

シンジ「・・・」ジト・・・

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 03:36:59.33 ID:1ZbaM1bi0

アスカ「何よ!その目!!ふざけんじゃないわよ!!」

シンジ「・・・ぐ・・・あぁっ・・・」

アスカ「アンタのその目がムカつくのよ!!」

シンジ「・・・ぐぅ・・・」

アスカ「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

シンジ「・・・」

アスカ「私は先に帰るから・・・アンタは不良に絡まれたとか何か言い訳でもしときなさいよね!」

シンジ「君がその不良じゃないか・・・!!」

アスカ「〜〜〜!!!」

シンジ「・・ぐぅ・・・」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 03:47:18.83 ID:1ZbaM1bi0

アスカ「弱っちい癖に!ふざけんじゃないわよ!!」

シンジ「ぐ・・・」

葛城家

シンジ「ただいま・・・」

アスカ「フン!」

ミサト「シンちゃーんお帰り・・・どうしたの!その傷」

シンジ「何でもないんです・・・ちょっと絡まれちゃって」

ミサト「酷い怪我・・・アスカ!ちょっと留守番お願い・・・シンちゃん、ネルフで見てもらいましょう?」

シンジ「はい・・・」

アスカ「男のくせに!だらしないわね!!」

アスカ(フン!いい気味よ・・・)

シンジ(ニヤリ)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 03:51:54.59 ID:1ZbaM1bi0

ミサト「これはただ事じゃないわ・・・」

シンジ「ミサトさん!う・・・くっ・・・」

ミサト「!?痛む?」

シンジ「いえ・・自分が・・・情けなくて・・・く・・・うっ・・・」

ミサト「男の子だもんね・・・」

シンジ「・・・はい」

ミサト「辛いだろうけど、一応暴行事件になるし警察にも行く?」

シンジ「嫌です!だって・・・」

ミサト「何?」

シンジ(ニヤ)

シンジ「友達を売りたくなんてない・・・!!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 03:57:34.00 ID:1ZbaM1bi0

ミサト「え・・・?シンちゃん?」

シンジ「ダメなんです!警察は!!きっと色々調べられて・・・そしたら・・・」

ミサト「何?」

シンジ「ミサトさんは、一緒に暮らしてるから言いますけど・・・うっ・・くっ・・・」

ミサト「いいのよ、話して?私はあなたの保護者でもあるんだから」

シンジ「僕は小さい頃から力も弱くて・・・」

シンジ「父さんは知らないけど、よく虐められてたんです」

ミサト「そう・・・」

シンジ「だから・・・何かあった時の為に、いつもボイスレコーダーを持ち歩いてて・・・」

シンジ「今日も嫌な予感がしたんです・・・そしたら・・・」

ミサト「その音声、聞かせてくれる?」

シンジ「・・・」

ミサト「私には聞く義務があると思うの・・・」

シンジ「・・・はい!!」

シンジ(ちょれぇ)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 04:04:31.52 ID:1ZbaM1bi0

----
アスカ「何よ!その目!!ふざけんじゃないわよ!!」

アスカ「アンタのその目がムカつくのよ!!」

アスカ「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

アスカ「私は先に帰るから・・・アンタは不良に絡まれたとか何か言い訳でもしときなさいよね!」

シンジ「君がその不良じゃないか・・・!!」

アスカ「〜〜〜!!!」

アスカ「弱っちい癖に!ふざけんじゃないわよ!!」
-----
ミサト「なに・・・これ・・・アスカの声・・・」

シンジ「だから・・警察には届け出ないで下さい・・・届け出たくないんです」

ミサト「見損なったわ・・・アスカ・・・」

シンジ(ふー・・・とりあえずこれで地盤は整ったかな?)

シンジ「ミサトさん・・・アスカを叱らないで」

ミサト「ダメよ!これから暮らして行くのにこんなこと!」

シンジ「お願いします・・・僕が・・・!僕が我慢すれば済む事ですから・・・」

ミサト「シンちゃんがそこまで言うなら・・・でも、私はアスカを今までのようには見れないわ・・・」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 04:14:39.77 ID:1ZbaM1bi0

シンジ(それが狙いだもんねー)

シンジ「普通に・・・普通に接してあげて下さい・・・」

シンジ(念押しはこのくらいでいいだろ)

ミサト「わかった・・・努力はするわ」

治療後、葛城家

ミサト「ただいまー」

アスカ「お帰り、ミサト!」

ミサト「ただいま、アスカ・・・」

ミサト(この子・・・白々と・・・)

シンジ「ただいま・・・」

アスカ「お帰りシンジ!」

アスカ(あれだけ痛めつけてやったから喋ってないでしょうけど・・・)

アスカ「大丈夫?シンジ・・・?」

シンジ「あ・・・平気だよ・・・心配かけてごめん」

アスカ「誰がアンタの心配なんか・・・バッカみたい!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 04:30:25.52 ID:1ZbaM1bi0

ミサト(それはそうね・・加害した方だもの)

シンジ「ごめん・・・そうだよね」

アスカ「フン!」

ミサト「・・・さーて!私はお風呂でも入るわー」

シンジ「じゃあ、お風呂・・・洗いますよ」

ミサト「ダメよ!怪我してるんだから!・・・アスカ?お願いね」

アスカ「えー!私ぃ?」

ミサト「シンちゃんも大事なエヴァのパイロットよ?怪我悪くしたら困るもの」

ミサト(当たり前でしょ!ムカつくガキね!)

シンジ「そんな・・・いいの?アスカ」

アスカ「く・・・仕方ないわね!」

シンジ(これで家事の分担も少しは減らせる、と)

アスカ「なんでこの私がこんな事しなきゃいけないのよ!!」

ミサト(あんたがシンちゃん痛めつけたからでしょ)

シンジ(自業自得だバーカ)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 04:39:33.03 ID:1ZbaM1bi0

ミサト「ありがとねーアスカ」

ミサト(しばらくは家事はアスカにやらせましょ・・・シンちゃん虐めたら大変だって思い知らせなきゃ)

シンジ「ごめん、アスカ」

シンジ(ホントにホントに、ご苦労さん!)

アスカ「本当にメンド臭いわね!さっさと治しなさいよ!バカシンジ!!」

シンジ(お前がやったんだろが!ボケが!)

ミサト「じゃ、入るわねー?ご飯の用意もよろしくね、アスカ?」

アスカ「私料理なんて出来ないもん!シンジしなさいよ!」

ミサト「ダメよー!教えて貰いながらでもアンタしなさい!!」

ミサト(ホント、役に立たないわね・・・)

シンジ「教えるくらいなら・・・」

ミサト「流石シンちゃん!」

ミサト(なんて健気なの・・・私が守らなくちゃ!)

シンジ「じゃ、やろっか?アスカ」

アスカ「仕方ないわね・・・」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 04:47:47.89 ID:1ZbaM1bi0

調理中

アスカ「あんた、ミサトにチクってないでしょうね?」

シンジ「そんな事しないよ・・・」

シンジ(しましたー!自分に都合の良いとこだけ抜き取りましたー!)

アスカ「ま、ヘタレのアンタにそんな度胸ないでしょうけど・・・一応確認よ」

シンジ「そうだね・・・あ、塩は少しで」

アスカ「うるっさいわね!こんなのテキトーでいいのよ!」

シンジ「分量はちゃんと守った方がおいしいよ?」

シンジ(ホントにがさつな女だな)

アスカ「アンタ、私を怒らせたら・・・またあのザマよ!」

シンジ「・・・やめてよね」

アスカ「フン!ヘタレシンジ!!なっさけない!!」

シンジ「・・・」

シンジ(また脳筋ゴリラが吠えてるよ・・・僕の掌で転がされてるのも知らないで)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 04:56:11.50 ID:1ZbaM1bi0

シンジ(こいつは冷静に話そうとしても無駄らしいからな)

シンジ(わめいてる時は放っといた方が無難だ)

アスカ「で?次はどうすんのよ?」

シンジ「えっとね・・・薄力粉をスプーン1杯入れて?」

シンジ(頭から粉ぶっかけたろうかな・・・このカス女)

アスカ「で?次は?」

シンジ「とろみが出るまで中火で・・・」

アスカ「あー!もう!じれったいわね!!こんなのいきなり出来る訳ないじゃない!!」

シンジ「良い機会だから覚えなよ?料理出来た方が女の子らしくて良いと思うよ?」

シンジ(そして俺の家事を押し付けてやる)

アスカ「嫌よ!今はコンビニもあるし、私はエヴァに乗って戦ってれば生活出来るもの!」

シンジ「・・・そうだね」

シンジ(こいつは一生結婚できねーな・・・)

アスカ「ん?何か煮立ってるわよ?」

シンジ「あーっ!!焦がしちゃったね・・・」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 05:02:40.56 ID:1ZbaM1bi0

アスカ「アンタのせいよ!アンタの指導が悪いから!!」

シンジ「アハハ・・・そうだね」

シンジ(ホント責任転嫁ばっかだなこのクズ)

アスカ「どうすんのよ!今夜のご飯!台無しじゃない!!」

シンジ(台無しにしたのはテメーの不注意だよ)

アスカ「信じらんなーい!!」

シンジ(信じらんないのはお前の料理センスの無さだよ)

シンジ「仕方ないな・・・僕がするから・・・アスカは見ててよ」

ミサト「ふーさっぱりしたぁ!お、出来てる出来てる・・・アレ?」

アスカ「何よ!何か文句ある?」

ミサト「アスカのだけ何か可哀想な事になってない?」

アスカ「失敗したのよ!」

ミサト「私とシンちゃんのは大丈夫そうだけど・・・」

シンジ「僕が作りました」

アスカ「材料が丁度3人分しかなかったのよ!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 05:09:54.85 ID:1ZbaM1bi0

ミサト「なるほど」

ミサト(これは酷いわね)

シンジ「いただきます」

ミサト「いただきまーす」

アスカ「うぅ・・いただきます」

ミサト「おいしい!流石シンちゃんー!」

シンジ「そんな・・・」

アスカ「う・・・まずい・・・」

ミサト(無様ね)

シンジ(ざまぁ)

ミサト「シンちゃん・・・」

シンジ「はい?」

ミサト「料理だけ、お願い出来る?後はアスカにやらせるから・・・」

シンジ「わかりました」

シンジ(計画通り)

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 05:24:51.60 ID:1ZbaM1bi0

シンジ(さて・・・これでとりあえず家事を殆どアスカに押し付けれたし)

シンジ(ミサトさんも僕の術中に落ちた)

シンジ(アスカは僕より優位に居る感覚を植え付けてあるし)

シンジ(家庭環境改善計画はファーストステージをクリアだな)

そんなこんなで数日後

アスカ「アンタ、もう怪我治ったでしょ?そろそろ料理以外もやりなさいよ」

シンジ「・・・なんで?今までアスカがやってたんだからそれで良いでしょ?」

アスカ「アンタバカぁ?アンタが使い物にならないから代わってやってただけじゃない?」

シンジ「アスカが使い物にならなくしたんだろ?」

アスカ「また使い物にならなくしてやっても良いのよ?」

シンジ「・・・」

アスカ「すぐビビる癖に喧嘩売るんじゃないわよ!ザコシンジ!!」

シンジ「ビビってなんかないよ・・・」

アスカ「何ですって?まだお仕置きが足らないみたいね?この・・・!!」

シンジ「・・・ビビってなんて無いって言ってるでしょ?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 05:30:06.05 ID:1ZbaM1bi0

アスカ「!!!」

アスカ「へ・・・へ〜!少しはやるようになったじゃん?」

シンジ「この間のは・・・」

アスカ「え?」

シンジ「わざと殴られてあげただけだよ・・・」

アスカ「何よ・・・?女の子に手を上げる気?サイッテー!」

シンジ「そんな事しないよ・・・アスカじゃあるまいし」

アスカ「・・・っく」

シンジ「僕も女の子にボコボコにされたなんて恥ずかしくて誰にも言ってないから」

シンジ(嘘だけど)

シンジ「でもアスカ・・・僕もね」

アスカ「・・・何よ?」

シンジ「恐怖による支配も嫌いじゃないんだよね・・・」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 05:36:55.88 ID:1ZbaM1bi0

アスカ「この!!」

シンジ「通用しないって言ってるでしょ・・・?」

アスカ「うぅ・・・」

シンジ「女の子が男に力で敵う訳ないじゃないか・・・」

アスカ「この!!手を離しなさいよ!!バカシンジ!!」

シンジ「暴れても無駄だって言ってるでしょ!!」

アスカ「うぇえ・・・ひっく・・・」

シンジ「安心しなよ・・・僕は誰かさんみたいに手を上げたりしないから・・・」

アスカ「ひっ・・・うぅうう・・・こんな・・この私が・・・」

シンジ「人聞き悪いなぁ・・・勝手に殴りかかっておいて」

シンジ「安心してよ・・・みんなの手前、こんなアスカはイメージ壊れちゃうから」

シンジ「今まで通りの僕たちで居よう?」

アスカ「う・・・うっ・・・」

シンジ「家事は?」

アスカ「・・・料理以外は私がします」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 05:45:42.31 ID:1ZbaM1bi0

シンジ「そう、いい子だね」

シンジ「みんなの前では強気なアスカで居てね?僕も合わせるから」

アスカ「・・・うっ・・・ひっく」

シンジ「返事は?」

アスカ「・・・はい」

シンジ「さ、帰ろうか?」

葛城家

ミサト「アスカ、洗濯お願いね」

アスカ「わかってるわよ、ミサト」

シンジ「いつもありがとう、アスカ」

アスカ「フン!仕方ないわね!」

シンジ(強がってるなぁ・・いつまで保つかな?)

アスカ(ひっ・・・シンジが見てる・・・ミサトの前だからこんなだけど・・・)

ミサト「なんかアスカも女の子らしくなってきたわね」

シンジ「やっぱり男の僕がするより女の子がしてる方が絵になりますよね」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 05:55:13.68 ID:1ZbaM1bi0

シンジ「それに・・・下着なんかもあるし、女物はやっぱり抵抗があるっていうか・・・その」

ミサト「そうよねー・・・時間無いからお願いしてたけど、流石に私も悪いなって思ってたのよ」

シンジ「いえ・・」

ミサト「シンちゃんはウブだものね」

アスカ「私の下着だってあるんだから、男のシンジにやらせる訳に行かないでしょ!!」

シンジ「そ・・・そんな目で見てないよ!!」

シンジ(めんどくせ・・・BBAの下着とか何も思わないけど)

アスカ(この私が・・まるで家政婦じゃない!!)

ミサト(なんだか二人も仲直り出来たみたいだし良かったわ)

ミサト「じゃあ私、またネルフに行ってくるわね?」

アスカ「行ってらっしゃい、ミサト」

シンジ「ミサトさん、気をつけて」

ミサト「行ってきまーす、あ・・・帰り遅くなるから」

シンジ「・・・」

アスカ「・・・」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 06:03:15.00 ID:1ZbaM1bi0

シンジ「行っちゃった」

アスカ「ひっ・・・」

シンジ「嫌だなぁアスカ・・・そんなにおびえないでよ」

シンジ「それにさっきの演技、良かったよ?すごく自然だったと思う」

アスカ「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

シンジ「いやいや・・・やめてよねアスカ?」

シンジ「そういうの癪に触るんだけど・・・」

アスカ「ひぐぅうう・・・」

シンジ「ホラ、もっとみんなの前みたいにさ」

シンジ「バカシンジ!とか?ナナヒカリ!とか?言ってみなよ?」

アスカ「う・・・うっ・・・」

シンジ「あれ?どうしたの?」

アスカ「バカシンジ・・・」

シンジ「そうそう、その調子!」

アスカ「バカシンジ!!信じらんない!!こんな仕打ち!最低!!」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 06:11:21.87 ID:1ZbaM1bi0

シンジ「あ?」

アスカ「ひっ・・・ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

シンジ「いや、いいよ?別に・・気の強いアスカは嫌いじゃない」

シンジ「ただこないだの怪我のは流石にやり過ぎって言うか」

アスカ「ごめんなさいごめんなさい!!もうしません・・・許して・・・」

シンジ「しませんじゃなくて、出来ません。ね?」

アスカ「ひっ・・・ひぐぅうう・・・」

シンジ「流石に全治1週間だからね・・・」

アスカ「もういや・・・こんな生活ぅ・・・許して?ね?シンジ・・・」

シンジ「許す?何を?」

シンジ「自分が僕にした事、思い出してごらんよ?普通許せないよね?アスカがされたら許せる?」

シンジ「自業自得だと思わない?虫が良すぎるよね?」

アスカ「お願いシンジ・・・何でもするから、元の関係に戻ろう?」

シンジ「何でもするの?」

アスカ「何でもする」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 06:19:34.13 ID:1ZbaM1bi0

シンジ「へぇ〜・・・?」

シンジ「じゃ、大人しくしててよ?」

アスカ「!!!」

シンジ「僕さ・・・アスカの強気な物言いとか態度とか・・・」

アスカ「あっ・・・ちょっ・・・シンジ?」

シンジ「そう言うの見てるとさ」

アスカ「ひゃんっ・・・あ・・・シンジだめ・・・」

シンジ「この子を壊したらどうなるんだろうかってさ」

アスカ「や・・・そんなトコ・・・んっ」

シンジ「はじめて見た時から気になってたんだ・・・」

アスカ「あぁ・・・はっ・・・はっ・・・」

シンジ「それでね」

アスカ「いや・・・あ・・・」

シンジ「どうやったら僕の物になるかなって」

アスカ「あ・・・はぁっ・・・シンジぃ・・・シンジぃ・・」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 06:23:32.21 ID:1ZbaM1bi0

シンジ「ちょっと考えてたらさ」

アスカ「あ・・・ん・・・シン・・・ジ?」

シンジ「思いついたんだよ」

----
アスカ「何よ!その目!!ふざけんじゃないわよ!!」

アスカ「アンタのその目がムカつくのよ!!」

アスカ「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

アスカ「私は先に帰るから・・・アンタは不良に絡まれたとか何か言い訳でもしときなさいよね!」

シンジ「君がその不良じゃないか・・・!!」

アスカ「〜〜〜!!!」

アスカ「弱っちい癖に!ふざけんじゃないわよ!!」
-----

アスカ「!!!」

シンジ「こんなに強気なアスカがさ」

アスカ「やめて・・・やめてよ!!」

シンジ「今こうして僕に手も出せずにいる」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 06:31:53.91 ID:1ZbaM1bi0

シンジ「しかも・・・こんなだらしない顔をして」

アスカ「あっ・・・ひぁっ・・・」

シンジ「我慢した甲斐があったよ・・・アスカ」

アスカ「うっ・・・ひぐっ・・・あっ・・・あぁ・・・」

シンジ「その表情だよ、アスカ」

シンジ「僕はそれを見たかったんだ」

アスカ「えぐっ・・・ひっ・・・」

シンジ「言っとくけどさ」

シンジ「この事チクったら、僕もこの録音出すから」

シンジ「わかってるよね?アスカ」

アスカ「・・・はい」

シンジ「よし、いい子だ」

アスカ「シンジぃ・・・シンジぃ・・」

シンジ「アスカ・・・可愛いよ・・・アスカ・・・」

アスカ「あっ・・あ・・・シンジぃ・・・」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/20(火) 06:43:01.95 ID:1ZbaM1bi0

シンジ「アスカ・・・これは僕たち二人の秘密だよ?」

アスカ「うん・・・言える訳ないじゃない・・・バカシンジ・・・」

シンジ「僕さ、アスカの手料理、食べたいなぁ・・・」

アスカ「今度作ってあげるわよ!練習してからね・・・」

シンジ「・・・」

アスカ「・・・」

シンジ「アスカ・・・ごめん」

アスカ「謝んないでよ・・・私の方こそ、ごめん・・・シンジ」

アスカ「でも・・・責任取りなさいよね?私の事、心も身体もめちゃめちゃにしたんだから」

シンジ「わかってるよ僕がそうしたんだから」

アスカ「何よ!バカシンジのくせに・・・」

終劇

シンジ(ストックホルム症候群には気をつけましょう)



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョンのおちんちんってどうなってるのかしら…」