シンジ「深夜にエヴァが勝手に動いてるんだって」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:橘「マスターいつもの」 キョン「はい」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 17:23:51.47 ID:ZhL/lgjr0

アスカ「はー?なに言ってるのよバカシンジ」

シンジ「いや、あくまで噂だよ、噂」

アスカ「そんな怪談みたいな話あり得るわけないでしょ。今時小学生にも通じないわよ」

シンジ「そうかな...じゃあ確かめに行こうよ」

アスカ「は?」

シンジ「深夜にネルフにしのびこんでエヴァを見に行こうよ」

アスカ「えっ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 17:38:16.94 ID:ZhL/lgjr0

トウジ「なんや面白そうな話しとるなーシンジ」

ケンスケ「僕たちもつれていってよ」

シンジ「うーん。内緒で忍び込むわけだしいっか。ね、アスカ」

アスカ「え?あー、うん、そうじゃないの」

シンジ「ん?どうしたのアスカ、そんなボーッとして」

トウジ「もしかしてビビってんちゃうん?」

アスカ「そ、そんなわけないでしょ!」

トウジ「おー怖」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 17:43:17.49 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「怖いなら行かなくても大丈夫だよ、アスカ。僕らだけで...」

アスカ「行くわよ!私も行く!怖いわけないでしょ!」

シンジ「そ、そう」

ケンスケ「それじゃあ決定だね。0時ちょうどにネルフ前でいいかな?」

トウジ「俺はそれでいいで」

シンジ「僕もそれでいいよ。アスカもいいよね?」

アスカ「え、ええ。大丈夫よ」

トウジ「ほなそういうことで。遅れんなよーシンジ」

シンジ「トウジこそ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 17:52:00.44 ID:ZhL/lgjr0

0時、ネルフ前

トウジ「遅れてすまん!」

シンジ「結局遅刻したのはトウジだけだね」

ケンスケ「僕はこうなると思ってたけどさ」

トウジ「ほんまにすまん!次は気をつけるから!」

シンジ「ははは、もういいよトウジ。...ん?アスカ?」

アスカ「...」

シンジ「アスカ?」

アスカ「っ!?な、なによ?」

シンジ「いや、トウジが遅刻してきたのにやけに静かだから」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 17:56:42.34 ID:ZhL/lgjr0

アスカ「えっ、あー、そうね!遅刻なんてするんじゃないわよ!」

トウジ「いやー、ほんまにすまん。何も言い返せへんわ」

ケンスケ「それより、そろそろ行こうよー。見つかったらやばいし」

シンジ「そうだね」

アスカ「...ところでシンジ。どうやってネルフに入るつもりよ。私たちのIDじゃアシがつくでしょ」

シンジ「うん、だからミサトさんのやつを借りてきたよ」

アスカ「よくミサトが許可したわね」

シンジ「お酒を飲ませて、ちょっとね」

アスカ「...」

トウジ「シンジも思い切ったことするのー」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 18:01:05.72 ID:ZhL/lgjr0

アスカ「で、でも、警備員がいるでしょ。特に深夜は」

シンジ「ひとつだけ警備がおじいちゃん一人だけの所があるんだ。そこなら大丈夫だよ」

トウジ「隙を見て行くってことか」

シンジ「そうそう」

ケンスケ「もし見つかったら?」

シンジ「アスカが倒してくれるよ」

アスカ「はぁ!?」

トウジ「それもそうやな」

ケンスケ「うんうん」

アスカ「納得してんじゃないわよ!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 18:06:01.66 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「ど、どうしたんだよアスカ。いつものアスカならゴバーッと行くじゃないか」

アスカ「ゴバーッとってなによ!?さすがに警備員を倒したらまずいでしょ!」

シンジ「うーん。アスカだし大丈夫でしょ」

トウジ「せやで」

ケンスケ「うん」

アスカ「えっ」

シンジ「僕らの中で一番強いし」

トウジ「せやせや」

ケンスケ「うんうん」

アスカ「ちょっ」

シンジ「いざとなったら頼むよ、アスカ!」

アスカ「...」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 18:15:25.58 ID:ZhL/lgjr0

トウジ「ここやな」

ケンスケ「ふーん。確かに警備はおじいちゃん一人だけだね」

アスカ「...」

シンジ「でもそう簡単に行けそうにないね。よし、アスカ」

アスカ「...なによ」

シンジ「あの警備員をブワーッとやっつけちゃってよ!」

アスカ「いやいやいや!しないわよ!?」

シンジ「え...?」

アスカ「ええっ!?そんなに驚くの!?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 18:21:00.94 ID:ZhL/lgjr0

トウジ「さっさとやってまえや」

ケンスケ「そーそー」

アスカ「なっ...なによあんたたちまで!私、そこまで乱暴じゃないわよ!」

シンジ「いや、それはないよ」

アスカ「えっ」

シンジ「ほら、バヒューッとやっちゃってよ!バヒューッと!」

アスカ「な、ちょ、なによなによー!!」

警備「そこに誰かいるのか!?」

シンジ「やばい、見つかった!」

トウジ「よっしゃー!やってもうたれ!」

アスカ「だからしないわよ!」

ケンスケ「もめてる場合じゃないって!」

警備「こらー!出てこーい!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 18:26:07.43 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「よーし。トウジ、アスカ!ケンスケをここに置いて行こう!」

ケンスケ「ええっ!?」

トウジ「えっ、それはひどいんとちゃうか、シンジ」

アスカ「そうよ、確かにそれはひどいわよ」

ケンスケ「ふたりとも...!」

シンジ「うるっさいなー!じゃあトウジにしようか?」

トウジ「ひどいとは思うけど俺は賛成やな」

アスカ「...じゃあ私も」

ケンスケ「そんなー!」

シンジ「よし。ケンスケを囮にして忍び込もう」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 18:31:34.18 ID:ZhL/lgjr0

警備員「おまえ一人で来たのか?何人か声がしたと思うが」

ケンスケ「...僕一人です」

警備員「そうか。じゃあとりあえず警察と家に電話するからね」

ケンスケ「...はい」

警備員「まったく最近の子供は...」



シンジ「うまくいったね」

トウジ「おまえのことは忘れへんで、ケンスケ」

アスカ「...」

シンジ「よし。じゃあエヴァの所まで行こう」

アスカ「...シンジ。どうやって下までおりるつもりよ」

シンジ「大丈夫、大丈夫。僕に考えがあるから」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 18:39:30.13 ID:ZhL/lgjr0

ゴウンゴウン...

アスカ「車用のリフトって」

トウジ「無茶するなー」

シンジ「でも誰にも見つからないでしょ」

アスカ「どうやって下りるつもりよ。下りるときに見つかったら元も子もないでしょ」

トウジ「ほんまや。どないすんねん」

シンジ「そのときはアスカが...」

アスカ「だからしないわよ!」

シンジ「えー。それじゃあアスカを連れて来た意味がないよ」

アスカ「えっ」

トウジ「うわーっ!ひどいなー、シンジ!」

25 名前:>>19ミス、最後ケンスケ[] 投稿日:2012/11/17(土) 18:46:13.60 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「本来なら綾波とかを誘って行くところなんだけど、綾波を危険にさらしたくないしね」

トウジ「あっはっはっはっはっ!」

アスカ「...」

シンジ「でも頼りにしてるのは本当だよ、アスカ」

アスカ「...。そ、それは...私がファーストより頼りになるってこと?」

シンジ「うん。アスカ、強いし」

アスカ「...」

トウジ「俺らなんかよりよっぽど強いもんなー」

アスカ「...なんかムカつく」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 18:52:44.47 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「あっ、そろそろ着くよ」

トウジ「ほんまやな」

アスカ「あたしは何もしないからね」

シンジ「えー」

トウジ「どないすんねん、シンジ」

シンジ「うーん。じゃあアスカを囮にしようか」

アスカ「えっ」

トウジ「うーわっ!あっさり切り捨てたで、この人!怖いわー!」

シンジ「アスカを囮にして、隙ができたら僕とトウジで一気につっきろう」

トウジ「わかったわ、シンジ。それにしてもあっさりしてんなー」

シンジ「アスカだしね」

アスカ「あ、あたしは囮になんかならないわよ!?囮になるんならあんたがなりなさいよ、シンジ!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 18:58:16.55 ID:ZhL/lgjr0

トウジ「でもシンジがおらんかったらそれ以降どないすんねん」

アスカ「じゃああんたが囮になりなさいよ!」

トウジ「囮なんかするわけないやろ!あほか!」

アスカ「女の子にさせることじゃないでしょ!」

トウジ「女の子ー?どこに女の子がおるんねん!」

アスカ「なっ...」

シンジ「ふたりとも静かに!もう着くよ!」



警備員A「暇だなー」

警備員B「オセロでもするか?」

シンジ「...」

アスカ「...」

トウジ「...」

シンジ「よし、行け!トウジ!」ドンッ

トウジ「えっ!?俺なん!?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 19:08:13.34 ID:ZhL/lgjr0

警備員A「うわ、なんだおまえ!ここは車用のリフトだぞ!」

トウジ「いやいやいや!ちゃうんです!ちょっと道に迷っただけなんです!」

警備員B「怪しいやつめ、とっ捕まえてやる!」

トウジ「ぬわー!ちょっと待ってー!くっそー、シンジ、覚えとれよー!!」ダダダダダダッ

警備員A&B「待てー!」ダダダダダダッ



シンジ「よし、うまくいったね」

アスカ「...」ポカーン

シンジ「ん?アスカ、どうかしたの?」

アスカ「あ、あんた、私を囮にするんじゃなかったの?」

シンジ「トウジを騙すためだよ。敵を欺くにはまず味方からって言うでしょ」

アスカ「...」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 19:12:17.36 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「よーし。あとは歩いてエヴァの所まで行くだけだね。明日、慎重に行こう」

アスカ「え、ええ、そうね」

シンジ「ん?どうかした?さっきからボーッとしてるけど」

アスカ「...」

シンジ「?」

アスカ「...なんでもないわよ」

シンジ「ふーん。じゃあ行こうか」

アスカ「...」

シンジ「本部も広いから道がわからない所が多いなー」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 19:17:15.35 ID:ZhL/lgjr0

アスカ「シンジ、あんたさ。なんであの時あたしを囮にしなかったのよ。あたしなら実際にあの警備員たちを倒せたかもしれないわよ」

シンジ「ん?アスカは女の子だしね。そんなことさせれないよ」

アスカ「...そ、そう」

シンジ「僕より強いけどね」

アスカ「...」

シンジ「それよりもさ。さっきからヤケに大人しいね、アスカ」

アスカ「えっ」

シンジ「いつもならもっとうるさいっていうか、元気なのにさ」

アスカ「...夜だから眠いのよ」

シンジ「それなら付き合ってくれなくてよかったのに」

アスカ「...」

シンジ「ほんとは怖いだけなんじゃ」

アスカ「っ!?...違うわよ!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 19:22:59.93 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「ちょ、大きい声出したら見つかるよ。静かにっ」

アスカ「むっ...そうね。気をつけるわ。...怖いわけじゃないからね」

シンジ「わかった、わかった。アスカに怖いものなんてないもんね」

アスカ「ふんっ」

シンジ「それにしても深夜のネルフ本部って幽霊とか出てきそうだなー」

アスカ「っ!?」ビクッ

シンジ「どうかした?」

アスカ「ナ、ナナ、ナンデモナイワヨ」

シンジ「棒読みだけど」

アスカ「ウッ、ウルウルウルサイワネ!ハヤクイクワヨ!」

シンジ「...」

アスカ「...」

シンジ「もしかして、幽霊が怖いの?」

アスカ「そんなわけないでしょーが!!!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 19:29:10.01 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「ちょっ、しーっ!しーっ!静かにっ」

アスカ「あっ、つい」

シンジ「本当に見つかっちゃうって」

アスカ「うるさいわねー。シンジがくだらないこと言うから悪いのよ」

シンジ「はいはい」

アスカ「ゆ、ゆゆゆ幽霊なんているわけないでしょ」

シンジ「なんでどもってるの、アスカ」

アスカ「うるさい!」

シンジ「うるさいのはアスカだろっ」

??「そこに誰かいるのかい?」

アスカ「ひっ!?なっ、ちょっ」

シンジ「落ち着いて、アスカ。幽霊じゃないよ」

アスカ「あっあたっあたあた当たり前でしょ!わかってるわよ!」

??「おーい。こんな時間に誰だー?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 19:35:29.19 ID:ZhL/lgjr0

アスカ「こっちに来てるわね。逃げるわよ」

シンジ「いや、アスカはあの柱の影に隠れてやり過ごすんだ」

アスカ「えっ。あんたはどうするのよ」

シンジ「僕がひきつけるよ」

アスカ「なっ」

シンジ「大丈夫。逃げ切って戻ってくるからさ」

アスカ「あんたにそんなことできるわけないでしょ」

シンジ「大丈夫。僕を信用してよ」

アスカ「それができないから言ってるんでしょ」

??「誰だー?もしかして泥棒かー?」

シンジ「ほら、早く隠れて!」ドンッ

アスカ「きゃっ」

日向「ん。シンジ君じゃないか」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 19:46:08.60 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「あ、日向さん。どうしたんですか、こんな時間に」

日向「残業ってやつだよ。しかも残業代つかないからサービス残業」

シンジ「大変ですね。お疲れ様です」

日向「まー、世が世だからね。僕なんかより君の方が大変だろう」

シンジ「そうですかね」

日向「それより君はどうしたんだい、こんな時間に。招集もかかってないだろう」

シンジ「えー、あー、いや、それは、その」

日向「葛城さんも一緒じゃないようだし、
どうしたんだい?もしかして...」

シンジ「...くっ」

日向「司令に会いに来たのかい?」

シンジ「っ?...あ、はい、そうなんです」

日向「仲は良くないように聞いてきたけど...仲直りしたのか。よかった、よかった。君も司令もお互い忙しいからね、こんな時間じゃないと会えないのかな」

シンジ「そうなんですよ。親子水いらずってやつです」

日向「そうかそうか!いいことだよ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 19:51:00.83 ID:ZhL/lgjr0

日向「そらなら僕が邪魔しちゃ悪いね。明日も朝から忙しいしゆっくりとは言えないけど、親子水いらずの時間を楽しんでくれ」

シンジ「はい。ありがとうございます」

日向「ああ。じゃあね」

アスカ「どおりゃあああああああ!」

シンジ「!?」

日向「ん、君はヒピグゥッ!?」ゴンッ

ドサッ

日向「」

シンジ「日向さん?!日向さん、しっかり!」

日向「」

アスカ「ふーっ、無事に倒せたわね」

シンジ「なにやってるんだよ、アスカ!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 20:01:59.67 ID:ZhL/lgjr0

アスカ「いーじゃない、さっきだって倒せ倒せって言ってたんだし」

シンジ「今はやり過ごせただろ!」

アスカ「うるさいわね。あんたに守られて終わるのが気に食わなかったのよ」

シンジ「はぁ。まあアスカだからいいか、強いし。連れて来た意味があるってもんだよね」

アスカ「...」

シンジ「よーし、ちゃっちゃとエヴァの所まで行こう」

アスカ「...ええ、そうね」



ーーーーーーーーーーー
司令室

リツコ「シンジ君とアスカが来ていますが」

冬月「監視カメラにしっかり写っているな」

ゲンドウ「...」

リツコ「しかも葛城のIDで入っているようです」

冬月「どう考えても怪しいな」

ゲンドウ「...」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 20:07:17.43 ID:ZhL/lgjr0

ゲンドウ「ほうっておけ」

リツコ「よろしいのですか?」

冬月「碇、どういうつもりだ」

ゲンドウ「余計なことをしなければ、それでいい。」

冬月「...」

リツコ「わかりました」

ゲンドウ「冬月、私は少し席をはずす」ガタッ

冬月「待て、どこに行くつもりだ」

ゲンドウ「...」スタスタ

冬月「まったく、あの男は...」

リツコ「一応、ミサトに連絡しておこうかしら」プルルル

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 20:18:02.51 ID:ZhL/lgjr0

ーーーーーーーーーーー

シンジ「ふー。もう少しでエヴァの所だね」

アスカ「そうね。疲れたわ、この辺りで休みましょうよ、シンジ」

シンジ「そんな暇ないよ、さっきみたいに見つかったらどうするのさ」

アスカ「また上手いことやればいいわよ」

シンジ「何度もそう簡単にいかないよ。さあ行こう」

アスカ「なによ、バカシンジのくせに」

シンジ「はいはい。なんだよ、アスカだって幽霊が怖いくせに」

アスカ「はぁ!?だから怖くないって言ってるでしょ!」

シンジ「ちょ、大きな声出さないでよ!」

アスカ「あんたがくだらないこと言うからでしょ!」

シンジ「アスカ、静かにしてっ。あーもう、いつものアスカに戻ってきた途端にこれだよ」

アスカ「なっ、あんたねぇ!それってどういうことよ!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 20:21:56.43 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「そういうことだよ」

アスカ「...っ!シンジ、あんた!」

シンジ「あっ、幽霊!」

アスカ「っ!?」ビクッ

シンジ「...嘘だよ」

アスカ「」

シンジ「アスカ?嘘だって」

アスカ「」

シンジ「...」

アスカ「」

シンジ「アスカ?...かたまってる」

アスカ「」

シンジ「アースーカー!!」

アスカ「ひゃうっ?!な、なによ!?って、ゆ、幽霊は?!」

シンジ「だから嘘だって」」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 20:26:03.39 ID:ZhL/lgjr0

アスカ「う、嘘ぉ?!バカシンジのくせにくだらないことしてんじゃないわよ!」

シンジ「なんだよ、アスカは幽霊怖くないって言ってじゃないか!」

アスカ「そーよ!怖くないわよ!」

シンジ「でも、かたまってたじゃないか」

アスカ「べつに怖くてかたまったわけじゃないわよ!あ、あれよ。金縛りよ」

シンジ「えー」

アスカ「なによ?」

シンジ「はー。もういいよ」

アスカ「...もうつまらない嘘言うんじゃないわよ」

シンジ「はいはい、わかったよ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 20:36:05.03 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「本当に幽霊が出てきたらアスカはどうする?」

アスカ「はぁ?バカシンジはいよいよ頭がおかしくなったの?」

シンジ「もしもの話だよ、もしもの話」

アスカ「もしも、ね。あんたはどうなのよ」

シンジ「僕?僕はすぐ逃げるかな」

アスカ「あんたらしいわね」

シンジ「はは、そうかな」

アスカ「そうよ」

シンジ「アスカは?」

アスカ「私は...私も逃げるかな」

シンジ「怖いもんね」

アスカ「だから違うわよ。幽霊じゃこっちの攻撃がきかないでしょ」

シンジ「幽霊相手にして戦おうって発想がおかしいよ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 20:41:38.45 ID:ZhL/lgjr0

アスカ「うるさいわね。エヴァに乗って使徒と戦ってるんだから、普通なわけないでしょ」

シンジ「それもそうか。...結局僕ら同じだね」

アスカ「ま、そうね」

シンジ「もし幽霊が出てきたら一緒に逃げようね」

アスカ「あんたはあたしを囮に使いそうだけど」

シンジ「そんなことしないよ」

アスカ「ふーん」

シンジ「アスカは僕が守るよ」

アスカ「...私のほうが強いでしょ」

シンジ「それでもだよ」

アスカ「...」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 20:47:26.50 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「よし、あとはあの角を曲がればエヴァの所だ」

アスカ「エヴァが勝手に動いてるなんて怪談、あるわけないって証明するのよ」

シンジ「えー。もしかしたら動いてるかもよ」

アスカ「ありえないわよ。エヴァが勝手に動いてるとか、幽霊がどうとか、おかしいわよ」

シンジ「ははっ」

??「ヴヴ...」

アスカ「!?」ビクッ

シンジ「ん?どうかしたの、アスカ」

アスカ「い、今なにか聞こえなかった?」

シンジ「なにか?もしかしてまた誰か来たのかな」

アスカ「さ、さぁ」

??「ヴヴヴ...」

シンジ&アスカ「!」ビクッ

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 20:52:42.51 ID:ZhL/lgjr0

アスカ「し、シンジ?」

シンジ「聞こえたよ、アスカ」

アスカ「今のって...」

シンジ「さ、さぁ?青葉さんとかじゃないかな?」

アスカ「で、でも、なんか唸るような」

??「ヴヴヴヴ...ヴヴヴヴヴ...」

シンジ「っ!...近づいてきてる!?」

アスカ「いったいなんなのよ?」

シンジ「幽霊、とか?」

アスカ「幽霊なんているわけないでしょ!!」

シンジ「でも、普通こんな唸り声聞こえないよ!」

白カーテン「ヴヴヴヴヴヴヴ...ヴオオォオォォォォ」

シンジ「うわぁぁぁぁぁあああ!!」

アスカ「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 20:58:32.00 ID:ZhL/lgjr0

白カーテン「ヴオオォオォォォォ!!ヴオオオオオオオゥゥエオウオアアアア!!!」ダダダダダダダダッ

シンジ「走ってくる、白い幽霊が走ってくるよ、アスカ!」

アスカ「幽霊なんていいいいいいるわけないわよ!!」

シンジ「じゃあ、あれはなんだよ!」

アスカ「あれは...」

白カーテン「ヴオオオオオオオオオオヒャアアアウオオオゥォォォォォ!!!」ダダダダダダダダッ

アスカ「幽霊、かしらね」

シンジ「逃げろぉー!」

ダダダダダダダダッ

ーーーーーーーーーーー
司令室

リツコ「な、なんなのあれは」

マヤ「肝試しでもやってたんですかね」

リツコ「でも本気で怖がってるわよ」

青葉「日向のやつ、戻ってくるの遅いなー」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 21:05:10.33 ID:ZhL/lgjr0

マヤ「うーん。それにしてもクオリティ高いですね、あの幽霊。誰がやってるんでしょう」

リツコ「ほんとね。あの白いカーテンなんなのかしら」

冬月「ん?碇の息子たちは何をしているのだね」

リツコ「副司令。なにやら肝試しでもやっているようでして。あの白いカーテンの幽霊から逃げているようです」

冬月「ん?あのカーテン、見覚えがあるな」

リツコ「そうなんですか?」

冬月「ああ。あれは...碇の部屋のカーテンだったような」

リツコ「えっ」

マヤ「じゃあ、あの幽霊は...」

リツコ「やめて、言わないで」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 21:10:19.43 ID:ZhL/lgjr0

ミサト「リツコ!」ウィーン

リツコ「ああ、ミサト。遅かったわね」

ミサト「まさかシンジ君が私のIDを抜き取って行くなんて...!それで今、シンジ君は?!」

リツコ「これよ」

ミサト「...」

リツコ「...」

ミサト「なにこの白いの」

冬月「碇だろうな」

マヤ「...」

ミサト「ちょっと待って意味がわからない」

リツコ「それはみんな同じよ」

青葉「あー早く帰りたいなー」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 21:15:55.46 ID:ZhL/lgjr0

ーーーーーーーーーーー

ダダダダダダダダッ

アスカ「きゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

シンジ「うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

白カーテン「ヴオオオオオオオオオオヒャアアアウオオオゥォォォォォオオゥォォォォォ!!!」

アスカ「シンジっ!シンジっ!あいつ、どこまでも追ってくるわよ!」

シンジ「う、うん!わかってるよ!」

アスカ「ど、どうするのよ!?」

シンジ「〜〜〜〜!!っよし!僕が囮になるからアスカは逃げて!」

アスカ「なっ!そんなことできるわけないでしょ!」

シンジ「いいから!次の別れ道で二手に別れよう!君は右!僕は左だ!」

アスカ「で、でも...!」

シンジ「君は僕が守るって言っただろ!!」

アスカ「...わ、わかったわ!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 21:22:03.39 ID:ZhL/lgjr0

ダダダダダダダダッ

白カーテン「ヴヴオオオオオオオオオオキヒャアアアウオオオオオオイイイイイイイイ!!!!!」

シンジ「よし、別れ道が見えてきた!アスカ!準備はいいね?!」

アスカ「う、うん!」

シンジ「僕が左!そして君は右!!」

アスカ「わかってる!」

シンジ「そして僕じゃなくて君こそが囮だ!!」

ガッ

アスカ「!?」コケッ

シンジ「じゃーねー!アースーカー!バイバイキーーーン!」

アスカ「しぃぃぃぃいいんんんんんじぃぃぃぃいいいいい!!!」

白カーテン「ヴヴオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

アスカ「きゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 21:28:01.27 ID:ZhL/lgjr0

ーーーーーーーーーーー
司令室

リツコ「...」

ミサト「...」

マヤ「...」

冬月「ふむ。賢い選択だな。敵を欺くにはまず味方からというわけか」

青葉「帰ってオナニーしてーなー」

リツコ「ミサト、彼の教育はちょっとかんがえた方がいいんじゃないかしら」

ミサト「...そうね。ちょっとお仕置きしないといけないかもしれないわ」

マヤ「えっと、どうするんですか」

ミサト「ねぇ、この本部に白いカーテンは
どれくらいあるかしら」

青葉「トイレットペーパーきらしてるから買わなきゃなー」

ミサト「...」

マヤ「えっと、10枚以上はあるんじゃないかと」

ミサト「よし」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 21:33:19.48 ID:ZhL/lgjr0

リツコ「どうするの、ミサト」

ミサト「ちょいーと、彼をこらしめてやらないとね」

冬月「面白そうだな、私も参加しよう」

青葉「最近自炊してねーなー」

マヤ「私も行ったほうがいいですかね」

??「お、俺にも行かせてください!」

リツコ「あなたは...」

ミサト「日向くん!ってどうしたの、その頭の血!」

日向「シンジ君にやられたんです」

リツコ「まぁ」

日向「シンジ君にはこの傷のかりがあります。俺にも行かせてください」

マヤ「先に治療したほうが...」

日向「そんなのどうでもいい!俺は行きます!」

青葉「スーパーの弁当も美味しくないんだよなー」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 21:37:02.15 ID:ZhL/lgjr0

ミサト「わかったわ、共に行きましょう、日向くん」

日向「はい!」

冬月「決定だな、ここにいる人数分の白カーテンを集めてこよう」

ミサト「お願いします」

リツコ「はぁ。大事になってきたわね」

マヤ「ほんとですね。まさかこんなことになるなんて。でも...」

リツコ「?」

マヤ「こういうのもちょっと楽しいですね、たまには」

リツコ「...そうね」

青葉「うーわ、靴下破れてる」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 21:42:39.26 ID:ZhL/lgjr0

ーーーーーーーーーーー

シンジ「はぁ、はぁ、はぁ。なんとか逃げきったか...!アスカのやつ、完全に騙されてたな、ははっ!」

「......ジィ」

シンジ「さてと、邪魔は入ったけど今度こそエヴァの所に行くか」

「...ンジィィ」

シンジ「さっきの白カーテンのせいでエヴァの所からかなり離れちゃったなー」

「シンジィィイ!!」

シンジ「っ!?だ、誰だっ!」

「俺や!シンジ!」

シンジ「きみは...トウジ」

トウジ「よぅ。よくもまー、やってくれたのー」

シンジ「生きてたのか」

トウジ「勝手に殺すな!警備員から逃げ切ったんや!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 21:46:26.48 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「そうか、よかったよ。よし。一緒にエヴァの所に...」

トウジ「俺はお前を殴らなあかん」

シンジ「...」

トウジ「よくも俺を騙してくれたなー、シンジ!絶対に許さへんで!」

シンジ「...トウジ」

トウジ「いくぞ、シンジ!」

??「ヴヴ...」

シンジ「トウジ、何か聞こえないかい?」

トウジ「その手には引っかからへんで!いい加減あきらめたらどうや!」

??「ヴヴヴ...」

シンジ「ほら」

トウジ「...なんやこの唸り声」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 21:52:41.38 ID:ZhL/lgjr0

??「ヴヴヴヴ...ヴヴヴヴ...」

トウジ「なんなんやこの唸り声!シンジ!」

シンジ「いやー...幽霊、とか?」

トウジ「はー?!なに言うとんねん!そんなもんおるわけ...」

白カーテン×4「ヴヴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ」

トウジ「おったぁぁぁあああああ!??」

シンジ「しかも増えてるぅぅぅぅうううう!!!」

トウジ「に、逃げるぞシンジ!おまえを殴るのは後や!」

シンジ「う、うん!わかった!」

ダダダダダダダダッ

白カーテン(ミサト、リツコ、マヤ、冬月)「ヴオオオオオオオオオオヒャアアアウオオオオオオイイイイオオオオイイイ!!!!」

シンジ「うわぁぁぁぁあああ!!」

トウジ「なんでこないなことにいいぃぃぃ!!!」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 21:57:09.87 ID:ZhL/lgjr0

ーーーーーーーーーーー

アスカ「はぁっ、はぁっ、はぁっ、もうっ、無理っ...!」ドサッ

白カーテン「ヴヴヴ...」

アスカ「なんなのよ、あんた!さっきから気持ち悪いのよ!」

白カーテン「ヴヴヴ...」

アスカ「なによ!かかってきなさいよ!私が相手してやるわよ!」

白カーテン「ヴヴヴ...」

アスカ「なんとか言いなさいよ!」

白カーテン「...」

アスカ「はぁっ...はぁっ...」

白カーテン「...」

バサッ

アスカ「あなた...」

レイ「わたしよ」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 22:00:51.25 ID:ZhL/lgjr0

アスカ「なっ、なんで、あんた、こっ、こんなことを!」

レイ「ごめんなさい」

アスカ「ほ、ほんとに、こっ、怖かったんだから!」ジワッ

レイ「ごめんなさい」

アスカ「馬鹿!こんなことっ...馬鹿ぁ!!」スズッ

レイ「私も、頼まれてやったの」

アスカ「グスッ...頼まれたって、誰によ」

レイ「その...」

アスカ「なによ!言いなさいよ!」

レイ「...碇司令に頼まれたの」

アスカ「っ!」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 22:04:26.00 ID:ZhL/lgjr0

アスカ「司令が、なんでこんなこと...」

レイ「わからないわ」

アスカ「...」

レイ「...」

アスカ「司令は今どこにいるの?」

レイ「多分...エヴァの所よ」

アスカ「...やっぱり何かあるのね」

レイ「何か?」

アスカ「エヴァの所に何かあるのよ。司令が誰にも知られたく何かが」

レイ「...」

アスカ「変な噂の正体もきっとそれよ」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 22:10:02.38 ID:ZhL/lgjr0

レイ「噂...」

アスカ「怪談だなんて馬鹿馬鹿しい!あたしが本当のことを暴いてやるわ!」

レイ「...」

アスカ「今は何よりシンジをぶん殴ってやりたいけど、それは後回しね。あたしはエヴァの所に行くわ」

レイ「...私も行く」

アスカ「勝手にしなさい」

レイ「...ええ」

アスカ「くっだらない怪談たまでなって、何を考えてるのよ、あの司令は!」

レイ「碇司令...」

ーーーーーーーーーーー
司令室

青葉「...さて」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 22:31:46.44 ID:ZhL/lgjr0

青葉「みーんな行っちゃいましたよ」

ゲンドウ『ああ』

青葉「アスカとレイがそちらに向かっていますけど、どうするんですか」

ゲンドウ『任せる』

青葉「任せるって...どうしろと」

ゲンドウ『隔壁を下げて妨害しろ』

青葉「いいですけど、最悪副司令にもばれますよ」

ゲンドウ『かまわん』

青葉「はいはい、っと」

ゲンドウ『それと、奴の居所はわかったか』

青葉「いや、まだなんですよね。どうにも捕まらない」

ゲンドウ『早く見つけろ』

プツッ

青葉「まったく、無茶苦茶言うよなー司令は」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 22:37:27.74 ID:ZhL/lgjr0

青葉「とりあえず隔壁を下げて、と」

ガチャン

青葉「これでオッケー。これでアスカとレイはかなり遠回りしなきゃエヴァの所にはいけなくなった。あとはあいつを...」

??「あいつとは俺のことかな」

青葉「っ!?」ガタッ

??「すまない、驚かせるつもりはなかったんだ」

青葉「っ...今までどこに」

??「隠れていたのさ。しっかし、あれだな、普段通り司令について探ってたらなかなか面白そうなものに辿り着いたものだ」

青葉「...」

??「君はそれが何か知らされていないようだがね」

青葉「俺はただ協力を求められただけだ。邪魔が入らないように、と」

??「だろうね。あの司令のことだ。そう簡単に教えないだろう」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 22:46:06.12 ID:ZhL/lgjr0

青葉「俺をどうするつもりだ」

??「べつに。君は何一つ悪いことをしてはいない。ただ上官の命令に従っただけだ」

青葉「...」

??「ボーナス2倍を条件にね」

青葉「っ!...あんたがやったのか?」

??「なにをだい」

青葉「あんたがあの子供たちを誘導したのか?」

??「いや、俺は何もしていないよ。手助けしようかとも思ったんだけどね...シンジ君はなかなか賢いみたいだ。」

青葉「そうか。でもあんたの思惑通りに事は動いているな」

??「そうだね。シンジ君とアスカには少し騒ぎを起こしてもらって俺が動きやすいようにしてもらいたかっただけなんだが、十二分の働きをしてくれた」

青葉「あんたはこれからどうするつもりだ?」

??「...とりあえず君にこの本部の全ての隔壁を閉ざしてとらおうかな」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 22:50:45.96 ID:ZhL/lgjr0

青葉「全て?」

??「ああ。邪魔が入らないようにね」

青葉「しないと言ったら?」

??「さあね。自由に選択するといい」

青葉「...全ての隔壁を下げる」

??「ありがとう。あ、でも、ここからエヴァの所に行くまでの隔壁は上げておいてくれよ」

青葉「わかっている」

??「これはシンジ君にもアスカにも邪魔されたくないんだよ」

青葉「...」

??「だが君には邪魔されたくないんでね。これが終わったら一緒に来てもらうよ」

青葉「...わかっている」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 22:57:24.60 ID:ZhL/lgjr0

ーーーーーーーーーーー

アスカ「なんでここの隔壁が下りてるのよー!!さっき通ったときは上がってたのに!」

レイ「わからないわ」

アスカ「あんたに聞いてないわよ!」

レイ「...」

アスカ「司令室に見つかったのしら?」

レイ「...!」

アスカ「ん?どうしたのよ、ファースト」

レイ「いけない、セカンド!」ドンッ

アスカ「きゃっ」ドサッ

グウイイイン

ドオオオン

アスカ「いてて、なんなのよ!?なんでまた隔壁が下りるのよ!?」

レイ「...閉じ込められた」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 23:03:11.54 ID:ZhL/lgjr0

アスカ「もー!どうなってるのよ!碇司令の仕業!?」

レイ「司令はエヴァの所にいるはずよ。司令以外の誰かだわ」

アスカ「あーもー!こっから出しなさーい!!」

レイ「...言っても無駄だと思うけど」

アスカ「うっさいわね!悪い!?」

レイ「...」

アスカ「だーもー!!誰かー!!」

レイ「...」

アスカ「もー!こんなときにエヴァがあれば...!!」

レイ「...碇くん」

アスカ「そーそー!バカシンジ!
あいつ今度会ったらボコボコに...ってなんでここでシンジが出てくんのよ!」

レイ「...」

アスカ「ちゃっと!聞いてんの!?あーもー!ここから出せー!!」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 23:09:21.21 ID:ZhL/lgjr0

ーーーーーーーーーーー

シンジ「」

トウジ「」

ミサト「ちーっとやりすぎたかしら」

リツコ「気絶してるわね」

マヤ「関係ない子まで巻き込んでますしね」

冬月「しかし、何故隔壁が下りたのだ?完全に閉じ込められたぞ」

リツコ「司令室に残っていたのは青葉くんだけです」

冬月「ふむ」

ミサト「何かあったのかしら」

マヤ「いやー、それにしても楽しかったですね。ヴオオオ!」

リツコ「もうやらなくていいわよ」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 23:15:28.51 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「う、うぅ...」

ミサト「あっ、起きた」

シンジ「う、うわっ、って、んん?白い幽霊はどこに?」

ミサト「幽霊?夢でも見たんじゃないの?」

シンジ「夢...そうなのかな...」

リツコ「ところでシンジくん、なぜあなたがこんな時間に本部に?」

シンジ「あ、いや、その」

冬月「素直に言ったほうが身のためだぞ」

シンジ「...怪談が、あるんです」

マヤ「怪談?」

シンジ「はい。深夜にエヴァが勝手に動いてるって怪談が」

ミサト「なにそれ」

リツコ「聞いたことないわね」

マヤ「なんにでも怪談ってあるものですね」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 23:19:37.25 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「...」

冬月「いや、私は聞いたことがあるぞ」

シンジ「!」

ミサト「えっ」

リツコ「本当ですか?」

冬月「ああ。ちょっと前にな」

シンジ「あの、誰から、ですか?その怪談を誰から聞きました?」

冬月「...恐らく同じ男からなんだろうな」

ミサト「っ!まさか...」

リツコ「シンジくん、あなたにその怪談を言ったのは...」

シンジ「加持さん、です」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 23:25:50.30 ID:ZhL/lgjr0

冬月「やはり、か。あの男、どういうつもりだ?」

シンジ「どうにもこの怪談を知ってるのは僕だけみたいだったんですよ」

ミサト「副司令とシンジくんにだけ?」

リツコ「もうその怪談が誰を指しているかはっきりしたわね」

マヤ「司令についてですか」

シンジ「父さん...」

冬月「碇に一番近い私と、碇の息子に、か」

ミサト「司令がその怪談とどう関わってるかわからないけど、どうやらこの隔壁のこととも関係ありそうね」

プルルルッ

シンジ「あ、僕です」ガチャ

アスカ『バカシンジ!』

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 23:32:20.03 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「あ、アスカ。大丈夫だった?」

アスカ『よーくも騙してくれたわね、それっぽいこと言って!今すぐボコボコに
してやりたいところよ!』

シンジ「えっ、じゃあアスカも...」

アスカ『閉じ込められてるわよ』

シンジ「そっか」

アスカ『シンジ。エヴァよ、エヴァの所に司令がいるわ』

シンジ「っ!父さんがエヴァの所に?」

アスカ『ええ。怪談の元凶よ』

シンジ「アスカ。どうやらこの件には加持さんも関わってるみたいなんだ」

アスカ『加持さんが...』

シンジ「うん。でもどうやら父さんのことを僕に知らせるためみたいだ」

アスカ『そう。わかったわ。それで?どうするつもり?』

シンジ「父さんの所に行くよ」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 23:37:09.74 ID:ZhL/lgjr0

シンジ「父さんの所に行って、怪談が何かを解き明かす」

アスカ『...でも今、身動きがとれないじゃない。司令がやったのか加持さんがやったのかわからないけど』

シンジ「う、うん。そうなんだけど...」

ミサト「大丈夫よ」

シンジ「ミサトさん?」

ミサト「彼がやってくれるわ」

リツコ「彼、結局出血が酷くて来なかったのよね」

冬月「ああ、司令室の脇に置いてきたんだったな」

マヤ「青葉くんも気づいてなかったみですしね」

シンジ「?」

アスカ『?』

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 23:42:18.56 ID:ZhL/lgjr0

ーーーーーーーーーーー
司令室

青葉「終わったぞ、加持リョウジ」

加持「ご苦労。じゃあ行こうか」

青葉「ああ」

...

ガタタッ

日向「くそっ、なんだったんだ、今のは。青葉が司令とつながっていて、加持リョウジが敵対しているのか?」

日向「隔壁を下げたと言っていたな。...これじゃ葛城さんたちが身動きが取れないじゃないか。上げとこう」

ガチャン

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 23:47:43.58 ID:ZhL/lgjr0

ーーーーーーーーーーー

ミサト「隔壁が!」

リツコ「上がったわ!」

シンジ「アスカ!」

アスカ『こっちもよ!今から司令の
所に行くわ!』

シンジ「僕も行く!父さんにこの怪談について聞かなきゃ!」

冬月「私は念のために司令室へ戻ろう」

マヤ「私も司令室へ」

リツコ「私はこの子を見とかないと」

ミサト「私は...シンジくんと行くわ」

シンジ「よし!エヴァの所へ!」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 23:52:35.42 ID:ZhL/lgjr0

ーーーーーーーーーーー

ゲンドウ「...」

加持「碇司令」

ゲンドウ「...」

加持「あなたはここで何を」

ゲンドウ「...私は」

青葉「碇司令」

ゲンドウ「...」

青葉「教えて、いただけますか」

ゲンドウ「...私は」

ウィーン

アスカ「碇司令!」

ゲンドウ「...」

加持「アスカ、なんで...」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/17(土) 23:55:31.55 ID:ZhL/lgjr0

アスカ「加持さん、それは後よ。碇司令、
ここで一体なにを...」

ゲンドウ「...私は」

レイ「碇司令」

ゲンドウ「...」

レイ「教えてください」

ゲンドウ「...私は」

ミサト「碇司令!」

ゲンドウ「...」イラッ

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 00:00:20.94 ID:l0DcTo3M0

ミサト「いったいどういうことなんですか!?」

ゲンドウ「...私は」イライラ

シンジ「父さん!」

ゲンドウ「...」イライライライラ

シンジ「教えて父さん!いったい何をしているんだ!?」

ゲンドウ「...わ、私は」イライライライライライラ

シンジ「ねぇ、父さん!」

ブチッ

ゲンドウ「うぅぅぅるさいんじゃぼけぇぇぇぇぇぇ!!今!まさに!言おうと!しとるんじゃ!邪魔!すんな!ぼけぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」

シンジ「」
アスカ「」
レイ「」
ミサト「」
加持「」
青葉「」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 00:06:47.80 ID:l0DcTo3M0

ゲンドウ「なあ!おい!人が言おうとしてるのになんで邪魔すんの?!なんで揃いも揃って邪魔すんの?!しかも順番に来てさ!!まとめて来いよ!!一緒に来いよ!!なあ!!なあおい!!」

シンジ「ごめん、父さん。そんなつもりじゃ」

ゲンドウ「もーいいわ!もーいい!ほんっとにもーいい!!!言ってやらんからな!!誰がなんと言おうと教えてやらんからな!!」

アスカ「い、碇司令。あたしからも謝りますから」

ゲンドウ「おおぉまあぁええぇのおぉ謝罪なんかいらんのじゃぼけぇえ!!謝るくらいならハナからすんなぼけぇぇ!!謝って済むなら警察いらんのやぞ?!あ!!?」

レイ「い、碇司令。怖い」

ゲンドウ「あーあ!そうですよー!!!俺は怖いですよ!!!散々疎まれてきたから知っとーし!!身をもって知っとーし!!!悪い!?ん?!」

ミサト「お、落ち着いて」

ゲンドウ「うっせばーか!!うっせうっせうっせばーか!!!三十路が口出しすんなばーか!!!これが落ち着けるかバカタレが!!」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 00:11:04.11 ID:l0DcTo3M0

加持「司令、まあそう言わずに」

ゲンドウ「やかましいわクソボケ!!最初に来たのおまえだろーが!!入ってくる前に打ち合わせしとけよ!!!誰が聞くのか決めとけよ!!何回も何回も聞いてんじゃねーよ!!!」

青葉「あの」

ゲンドウ「オナニーでもしてろ脇役ロン毛!!!」

青葉「」

ゲンドウ「はーっ、はーっ、はーっ、はーっ」

ミサト「よし、みんな集まって!会議しましょう」

シンジ「はい」
アスカ「わかったわ」
レイ「はい」
加持「仕方ないね」
青葉「」イジイジ

ゲンドウ「くっそくっそくっそ!!」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 00:17:32.00 ID:l0DcTo3M0

ミサト「まーさっきのは私たちが悪かったと思うわ」

加持「確かにしつこかったね」

シンジ「でも仕方ないですよ」

アスカ「そーよそーよ」

レイ「でも、碇司令、完全に拗ねちゃってるし」

ミサト「うーん。謝るくらいじゃ済みそうにないわね」

加持「大人を、というかオッサンを拗ねさせたら面倒なんだよね」

アスカ「もうみんなで囲い込んでボコボコにすればいいんじゃないの」

シンジ「それは可哀想だよ」

レイ「ええ。それは駄目よ」

ミサト「じゃあどうしよっか」

シンジ「うーん。父さんが好きなものを与えてみるとか?」

加持「碇司令が好きなものねぇ」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 00:22:07.66 ID:l0DcTo3M0

アスカ「あんた。行きなさいよ」

レイ「私?」

ミサト「まあ、碇司令と一番仲が良いしね」

シンジ「父さんが他に好きなものって思いつかないよ」

加持「適任じゃないかな」

レイ「でも、今の碇司令は凄く怖いわ」

ミサト「確かに、レイ一人に行かせるのはちょっと可哀想ね」

アスカ「じゃああんたも一緒に行きなさいよ」

シンジ「僕?!嫌だよ!」

加持「まあこの中でレイの次となるとシンジ君だろうな」

レイ「碇くん」

シンジ「え〜」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 00:27:02.36 ID:l0DcTo3M0

ワイワイガヤガヤアーダコーダアーダコーダ

ゲンドウ「くっそくっそくっそ!」

青葉「...」

ゲンドウ「...んだよ」

青葉「...」

ゲンドウ「なんだって聞いてんだよ!!」

青葉「...」

ゲンドウ「...ちっ」

青葉「司令」

ゲンドウ「...あ?」

青葉「呼んでみただけです」

ゲンドウ「っ」イラッイラッ

青葉「ふふっ」

ゲンドウ「てめっちょっと表出ろやぁぁああああ!!」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 00:32:01.58 ID:l0DcTo3M0

加持「おいおい、司令と青葉くんが服を脱いでウォーミングアップし始めたぞ」

アスカ「決闘ってやつかしら」

シンジ「そんな...怪我したら危ないよ」

ミサト「しっかし、どちらもガリガリな上に色白いわねー。どんだけ外に出てないのよ、年中夏なのに」

レイ「頑張れ、司令ー」

加持「シンジ君、賭けしないか、どちらが勝つか」

シンジ「あはは、遠慮しときます」

アスカ「あたしもパース。どっちが勝っても面白くなさそー」

ミサト「一応上司だし司令を応援しとこうかしらね」

レイ「頑張れ、司令ー」



ゲンドウ「シュッ、シュッ」

青葉「いち、に、いち、に」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 00:39:44.64 ID:l0DcTo3M0

青葉「司令」

ゲンドウ「あ?」

青葉「やめとくなら今のうちですよ?」

ゲンドウ「それはこっちの台詞だ」

青葉「そのご老体で無茶しない方がいいと言ってるんですよ」

ゲンドウ「これでも健康には気を遣っていてね。年中椅子に座っている君よりは動けるつもりさ」

青葉「へぇ、負けたときの言い訳はいらないんですね?」

ゲンドウ「君こそこんなご老体に負けたら屈辱だろう。言い訳しとかなくていいのかな?」

青葉「ハンデをあげますよ。顔は狙わないようにします。サングラスが割れたら可哀想なんで」

ゲンドウ「私もハンデをやろう。仕事に支障の出ないように背中や首に痛みが残らないようにしよう」



加持「戦う前から戦いは始まってるんだな」

アスカ「口だけは一丁前なのよね」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 00:46:08.33 ID:l0DcTo3M0

青葉「よーし、準備体操はこれでいいかな。司令は?」

ゲンドウ「とっくに終わっているよ。君、その長い髪の毛をまとめとかないでいいのかな?」

青葉「ああ、失礼。忘れてましたよ」

ゲンドウ「かまわないよ。負けたときの言い訳にされるのは嫌だからね」

青葉「すいません。誰か髪のゴム持ってませんか」

ミサト「ああ。私持ってるわよ。はい」

青葉「ありがとうございます」

ゲンドウ「レフェリーを誰かやってくれないか」

冬月「私が務めよう」

加持「副司令!」

アスカ「あの細い目でちゃんと動きがわかるのかしら」

冬月「ふふっ。普段閉じてるから開いたら凄いのだよ。いくぞ...開眼!」カッ

シンジ「おおう!綺麗な目!」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 00:56:03.07 ID:l0DcTo3M0

日向『実況は私、日向が務めさせていただきます!そして解説は...』

リツコ『私、赤木です』

加持「おお、日向くんは回復したのか」

シンジ「リツコさんが解説かー」

アスカ「ミサトー。ここってポップコーンないのー?」

ミサト「なによ急に」

アスカ「こういうの見るときはポップコーンでしょ」

レイ「ジュースの自販機ならあっちにあったわよ」

アスカ「ほんとに?ちょっとシンジー!買ってきなさいよ!」

シンジ「えー?なんで僕が?それに今お金持ってないよ」

ミサト「もー。仕方ないわね、私が買ってくるわよ。みんなオレンジジュースでいいわね?」

アスカ「ありがとー」

日向『司令と青葉、どちらも準備が整った模様!場内の熱気は最高潮です!』

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 01:03:11.21 ID:l0DcTo3M0

加持「俺は青葉くんを応援しようかな。彼はああ見えてガッツがありそうだ」

アスカ「んー。私は一応司令かな」

シンジ「僕も父さんを応援するよ」

レイ「頑張れ、司令ー」

加持「なんだなんだ、青葉くんを応援するのは俺だけか?まあ、いいけどさ」

ゲンドウ「さぁ、始めようか」

青葉「ええ。そうですね」

日向『それではいきましょー!』

冬月「レディー...フウアトォゥ!!」

カーン

青葉「ふっふっ」シュッシュッ

ゲンドウ「っ」

日向『おーっと、いきなり青葉がジャブ、でしたっけ?...を入れていくー!司令は守る一方だー!』

シンジ「日向さん、実況向いてないんじゃないかな」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 01:11:32.15 ID:l0DcTo3M0

青葉「ふっふっ...防戦一方じゃないですか、司令」シュッシュッ

ゲンドウ「...」バスッバスッ

青葉「ほら、何か言ってみたらどうなんですか」シュッシュッ

日向『おーっと、司令が後退するがその分青葉が前に詰める!これでは司令は反撃できなーい!』

シンジ「最初におーっとって言えば実況っぽくなるよね」

アスカ「あんた微妙に実況に厳しいわね」

ゲンドウ「...」バスッバスッ

青葉「ふふっ。このまま倒れちゃってくださいよ!」シュッシュッ

ゲンドウ「青葉くん。少し喋るのをやめたまえ」バスッバスッ

青葉「はい?」シュッシュッ

ゲンドウ「舌を噛むぞ」ヒュッ

青葉「えっ」

バキッ

日向『おーっと、司令の右拳が青葉をまともに捉えたー!青葉のジャブを華麗に躱し、流れるような動きで反撃!すごい!すごいぞ、うちの司令!』

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 01:16:01.78 ID:l0DcTo3M0

青葉「くっ」グラッ

ゲンドウ「まだだよ!」

ドンッ

青葉「ぐはっ!」

シンジ「お腹に入った!」

アスカ「みぞおちね」

レイ「いたそう」

青葉「くそっ」バッ

日向『おーっと、青葉、後ろにさがって体勢を立て直すー!いやー、それにしても華麗な動きでしたねー、赤木さん』

リツコ『え?あー、うん、そうじゃないの?』

シンジ「リツコさん見てなかったな」

アスカ「どうでもよくなってるじゃない」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 01:21:01.71 ID:l0DcTo3M0

ミサト「オレンジジュース買ってきたわよー」

アスカ「ありがとー、ミサト」

レイ「ありがとう」

ミサト「でも、途中でオレンジジュース売り切れちゃって、一本だけリンゴジュースなのよねー」

アスカ「えー。なにそれー」

加持「あ、俺、リンゴジュースで」

ミサト「あら、そうなの?はい」

加持「ありがと」

シンジ「リンゴジュース好きなんですか?」

加持「いや、オレンジジュースの方が好きかな」

シンジ「?じゃあなんで...」

加持「ふふ。シンジくん、子供の前でくらいかっこつけさせてくれよ」

シンジ「?」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 01:26:05.32 ID:l0DcTo3M0

ミサト「今どっちが有利なの?」

シンジ「父さんですよ」

ミサト「ふーん」

ゲンドウ「...」キュキュッキュッ

青葉「っ」

日向『おーっと、司令がどんどん距離を詰めていくー!』

ゲンドウ「...」キュッキュキュッ

青葉「ふふっ」ニヤッ

ゲンドウ「っ!?」

バッ

日向『おーっと、青葉が身を低くしたーっ!司令は近づきすぎたためにかわせないー!』

青葉「くらえ!」

バキッ

日向『アッパーが司令のお腹に決まったー!』

ゲンドウ「くっ!」グラッ

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 01:51:32.94 ID:l0DcTo3M0

加持「今のはかなり痛いぞ」

シンジ「父さん...」

レイ「司令...」

ゲンドウ「くっ...まだだ!」

青葉「っ!」

日向『おーっと、司令、不屈の精神で立ち向かう!さすが、僕たちの司令!いやー、激しい戦いですねー、赤木さん!』

リツコ『今ちょっとネイル見てるからまってー』

アスカ「解説...」

シンジ「リツコさん...」

ゲンドウ「うおおおおっ」ダッ

青葉「っ!?」

日向『おーっと!司令、ここで捨て身のタックルーー!!』

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 01:55:33.27 ID:l0DcTo3M0

青葉「ふっ」ニヤリ

ゲンドウ「!!」

青葉「さっきので学ばなかったんですか?」

スッ

日向『おーっと、青葉よけたー!そして、司令の目の前には壁がーー!』

ゲンドウ「くっ」グラッ

日向『司令がつんのめったところをーー!?』

青葉「くらえ!」

ドスッドスッ

日向『青葉のボディーブロー2発きまったーーー!!』

ゲンドウ「く、そ...」

ドサッ

青葉「俺の、勝ちです」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 02:02:45.50 ID:l0DcTo3M0

冬月「青葉の、勝ち!」

加持「いい戦いだった」

シンジ「父さん...」

レイ「司令...」

アスカ「ふーん。悪くなかったわね」

ミサト「どっちもすごかったわ」

青葉「司令。俺の勝ちです」

ゲンドウ「...」

シンジ「...父さん」

ゲンドウ「...ってねーし」

青葉「司令?」

ゲンドウ「まだ終わってねーし!!!この決闘3ラウンド制だし!!!!」

冬月「えー」

レイ「さすがに軽蔑する」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 02:07:11.13 ID:l0DcTo3M0

ゲンドウ「まだだからな!まだ終わってない!!ほれ、もっかいやんぞ!もっかいだ、もっかい!かかってこいよ」フラフラ

アスカ「ふらついてるし」

加持「うーん。ちょっとかっこ悪いなー」

シンジ「...あんな奴が父親だなんて」

冬月「どうする?」

ミサト「私に聞かれても」

青葉「ふふっ。はっはっはっはっ」

レイ「?」

ゲンドウ「な、なに笑ってんだよ!!」

青葉「何回でも戦ってあげますよ。ただ今はお互いボロボロです。第2ラウンドは、医務室に行ってからでいいんじゃないですか」

ゲンドウ「...ちっ、わかったよ」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 02:11:10.13 ID:l0DcTo3M0

加持「医務室ですか。ほら、司令。肩かしますよ」

ゲンドウ「い、いらねーし」フラフラ

青葉「俺の肩を使ってください、司令」

ゲンドウ「いや、だから」フラフラ

青葉「いいから、ほら」グイッ

ゲンドウ「ちっ」

スタスタ

冬月「ふ、あの碇がな」

加持「戦いで目覚める男と男の友情ってやつですね」

ミサト「なによ、それ」

シンジ「...僕はなんとなくわかるかな」

アスカ「えー。ないわー」




ガシャン

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 02:16:10.37 ID:l0DcTo3M0

ミサト「な、扉が...閉まった!?」

冬月「い、碇と青葉があちらに医務室に行った途端にだぞ?!」

加持「くそ!開かない!」ガチャガチャ

シンジ「ど、どういうこと?!」

アスカ「どうなってんのよ!?」

レイ「...2人は今どこに?」

ミサト「医務室の方に...まさかっ」

加持「...最初から仕組まれていたのか」

シンジ「っ?どういうことなんです?!」

冬月「さっきまでのは全てふたりの茶番で...」

アスカ「ここから逃げる機を伺ってたというわけね」

加持「元々つながっていた2人だ。これくらいのことは既に考えてあったんだろう」

レイ「...」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 02:23:24.96 ID:l0DcTo3M0

シンジ「じゃあ今ふたりは...!?」

日向『僕と赤木博士で司令と青葉を追います!』

マヤ『私がそちらに行って扉を開けますんで待っていてください!』

ミサト「くそっ!少し考えればわかるのに!」

加持「してやられたな。そこまで2人が結託していると思わなかった。せいぜい青葉がボーナスにつられてやっているくらいの認識だったんだ」

アスカ「そんな...これじゃあまんまと逃げられるじゃない!」

レイ「エヴァよ」

冬月「...そうか。やつらが本部から逃げたのならエヴァを使って追えばいい」

シンジ「それに、元凶となるのは父さんがエヴァを使って何かをしていたこと。...父さんとエヴァが離れてしまえば特に問題はないんじゃ」

ミサト「とにかく今は司令と青葉くんの身柄の確保が最優先よ!!日向くん!リツコ!急いで!!」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 02:31:17.33 ID:l0DcTo3M0

ーーーーーーーーーーー

日向「くそっ、司令たちはどこなんだ!」

リツコ「落ち着いて、日向くん。出入り口付近の隔壁は全て下ろしたし、司令室含めて全てのコンピュータにロックをかけたわ。どっちみち脱出できないはずよ」

日向「しかし、あちらには青葉がいます!あいつなら五分もしない内にロックを解除してしまいますよ!それに、碇司令は曲がりなりにも司令です!この建物の全てを熟知しているはずです!」

リツコ「...彼しか知らない出入り口があってもおかしくないわね」

日向「そういうことです!」

リツコ「だけど、今は落ち着くのよ、日向くん。相手はふたり。私たちがバラバラになって別々に襲われたら、勝ち目はないわ」

日向「わかってます。わかってますよ、そんなことは!」

警備員A「これは何事ですか!」

警備員B「さっきから隔壁が全ておりたり、何かとおかしいですよ!?」

リツコ「あなたたち、いいタイミングね。ちょっと手伝ってちょうだい」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 02:38:59.57 ID:l0DcTo3M0

警備員A「司令を捕らえる...のですか?!」

警備員B「いったい何が何やら...」

リツコ「ふたりは恐らく一緒に行動しているはずだわ。あと、武器がある場所は既に抑えてあるから武器を持っているとも思えない。ふたりが抵抗するようなら攻撃を加えても構わないわ。ただ、殺しちゃ駄目よ」

警備員A「わかりました!」

警備員B「任せてください!」

リツコ「よし、行きなさい!」

ダダダダダダダダッ

日向「他にも警備員がいるはずです。彼らに協力してもらいましょう」

リツコ「そうね。...あっ」

日向「どうしました?」

リツコ「私、鈴原くんを医務室のベッドに寝かせてきたのよ」

日向「っ!...まずいですよ!!」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 02:46:19.37 ID:l0DcTo3M0

日向「鈴原くん!」ガチャッ

リツコ「...いないわ」

日向「くそっ。目覚めて自分で歩いていったのか...」

リツコ「...司令たちに人質としてさらわれたか」

日向「どっちにしても彼の身が危険なのは確かです!尚の事司令たちを見つけないと!」

リツコ「くっ、私のミスよ」

日向「今はそれどころじゃありませんよ!!早く行きましょう!」

リツコ「え、ええ。そうね。ただ、この広い本部を闇雲に走り回っても干し草の中から針を探すようなものよ」

日向「ええ。ある程度目星をつけるべきでしょうね。司令の部屋は...」

リツコ「既にロックしてあるわ。青葉くんの部屋もね」

日向「...」

リツコ「...駄目ね。普段の司令の動きが分からないから予想ができないわ」

日向「...そうですね」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 02:58:34.10 ID:l0DcTo3M0

ーーーーーーーーーーー

マヤ「はあっ、はあっ、はあっ、シンジくんたちがいるのは...この廊下を真っ直ぐいって、そして...」

??「やあ。そんなに急いでどうしたんだ」

マヤ「はあっ、はあっ...そんな...」

??「まさかここにいるとは思わなかったろう?」

マヤ「青...葉、くん」

青葉「そう、青葉だよ」

マヤ「なんで...?なんでここに?」

青葉「単純なことさ。ふたり組を相手するならふたり組の方がいい。となると司令室にいた3人からは日向と赤木博士が僕らを探しに出るだろう。となると、余りの君がシンジくんたちを助けに行く」

マヤ「...っ」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 03:02:16.82 ID:l0DcTo3M0

青葉「そこを抑えてしまえばシンジくんたちはあそこから出られないし、君を捕らえることができる」

マヤ「わ、私を、どうするつもり?」

青葉「なーに、ちょっとした人質さ」

マヤ「くっ!来ないで!」

青葉「ふふ。映画みたいにハンカチを鼻にあててかっこよく意識を奪えればいいんだけどね。そうはいかないみたいだ。さて...」チャキッ

マヤ「銃...!」

青葉「肩の関節を撃たれるのと、だまってついて来る、どっちがいい?」

マヤ「なっ...!」

青葉「手当てが遅ければ一生使いものにならなくなるよ?なんなら逃げないように両足の腱をナイフで切ってやってもいい」

マヤ「や、やめて...!」

青葉「なら黙ってついてくるんだ」

マヤ「わ、わかった...!わかったから!」

青葉「それでいい。俺としても怪我させるのは忍びないんでね」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 03:07:35.80 ID:l0DcTo3M0

スタスタスタスタ

マヤ「...司令は。司令はどこなの?」

青葉「司令?あー。準備に取りかかってるよ」

マヤ「準備?」

青葉「そう、準備だ」

マヤ「逃げるためのね...」

青葉「まあね。彼にはやり遂げなければならないことがあるのさ」

マヤ「...?エヴァを私的に利用してまで?」

青葉「ふふっ。まー聞こえは悪いがそうだね。成し遂げなければならないんだよ」

マヤ「...いったい、なんのために?なんのためにエヴァを使ってたの?世界のため?ネルフのため?それとも、...自分たちのため?」

青葉「...その全てさ」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 03:12:14.12 ID:l0DcTo3M0

スタスタスタスタ

マヤ「...」

青葉「...司令が成し遂げようとしてるのはとても大きな計画だ。とても...とてもとても大きな、ね」

マヤ「...」

青葉「その為にエヴァを使ってきた。そして...これからも使っていかなければならない」

マヤ「...」

青葉「ま、君たちははまだひとつ大きなことを見落としているけどね」

マヤ「...大きなこと?」

青葉「そう、大きなこと。まだそれを知る時じゃないけどね」

マヤ「なんなの、それは?」

青葉「だから、まだそれを知る時じゃないって...」


リツコ「あら、いけずね。教えてくれたっていいじゃない」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 03:17:36.79 ID:l0DcTo3M0

青葉「な、なっ、赤木博士?!」

マヤ「先輩!」

リツコ「ふふ」

日向「俺もいるよ」

青葉「日向...!」

警備員A「こいつが...」

警備員B「なるほどな...」

青葉「どういうことだ!?なぜ俺の居場所がわかった!?」

リツコ「あら、単純なことよ。あなたたちがマヤを狙うのはわかってたから、いつでもどこでもマヤの居場所がわかるようにしておいたのよ」

青葉「発信機か...!」

日向「そういうことだ。ひっかかてくれて有難いよ」

リツコ「もう逃げようなんて思わないことね」

青葉「...だが、ひとつ誤算があったんじゃないか?」

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 03:24:13.65 ID:l0DcTo3M0

日向「...」

青葉「おまえたちは俺がふたりで動いていると思っていたんだろう。だからこの罠を採用した」

リツコ「...そうよ。非戦闘員であるあなたと司令が別々に動くとは思っていなかった」

青葉「文字通り一網打尽にしようと考えていたわけだ...!だが、違った!」

日向「おまえは、1人で動いていた」

青葉「司令の居場所は分からないというわけだ」

リツコ「...じゃあ、あなたが司令の居場所を教えてくれればいいじゃない」チャキッ

青葉「銃か...!」

日向「そうだ。逃げ場なんてないぞ」チャキッ

青葉「俺だってそう簡単に捕まろうとは思ってないさ!」

バッ

マヤ「きゅあっ!」

青葉「この為の人質ってものさ!」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 03:31:41.60 ID:l0DcTo3M0

リツコ「やめなさい、青葉くん。どっちにしたってあなたは逃げられないわ」

青葉「ふっ。使徒がいつ来るかもわからないってときに、一晩でメインのオペレーターが2人もいなくなっちゃ困るんじゃないか?日向1人で切り盛りできるほど楽な仕事でもあるまいしな」

日向「...青葉、おまえどこまで堕ちる気だ」

青葉「やめてくれ、日向。そんな説教聞きたくない。それにこれは俺のためであり、おまえらのためであり、ネルフのためであり、世界のためなんだ」

日向「なら後ろめたいことなどひとつもないだろう!何をするつもりなのか言ってみろよ!!」

青葉「それは駄目だ。誰からも認められず、反対されることは最初から分かっている。俺も、司令もな」

リツコ「だから強行的に事を進めようというの?」

青葉「そうですよ、赤木博士。もうこれしかないんです。世界を救うためにはね!」

日向「いったい何を...いったい何をするつもりなんだ!?」

青葉「秘密だよ、日向。まだ秘密だ。だがこの計画が日の目を見るとき、おまえは俺たちを分かってくれるはずだ」

231 名前:さるくらってた辛い[] 投稿日:2012/11/18(日) 04:08:12.75 ID:l0DcTo3M0

日向「わかるものか!こんなことをしてまで手に入れたものなどわかってたまるか!」

青葉「はははは!今自分たちが置かれている状況がわかっていないからそんなことが言えるんだ!そんな間抜けなことがな!」

リツコ「青葉くん。わかった。行きなさい」

日向「赤木博士!?」

リツコ「ただし、マヤは置いて行きなさい。その子を失うわけにはいかないわ」

マヤ「先輩...」

青葉「...俺がわざわざ人質を手放すと思うか?」

リツコ「ならここで睨み合いを続ける?その間に司令は行ってしまうわよ?」

青葉「...」

リツコ「さあ、どうするの?」

青葉「いいだろう、マヤは解放する」

234 名前:またさるくらってたもー![] 投稿日:2012/11/18(日) 04:47:13.64 ID:l0DcTo3M0

日向「!」

青葉「ただし、全員銃を床に置け」

リツコ「...わかったわ」

日向「赤木博士...」

リツコ「日向くん、いいから置くの。青葉くんも...無駄に争いたくないようだしね」

青葉「その通りですよ、赤木博士」

リツコ「...置いたわ」

日向「俺もだ」

青葉「よし、俺があの角に行くまでおまえたちはそこで何もするな。動くんじゃなないぞ?」

リツコ「ええ」

青葉「来い、マヤ」

マヤ「っ...」

237 名前:さる嫌でござそうろう[] 投稿日:2012/11/18(日) 05:06:01.27 ID:l0DcTo3M0

青葉「よし。ここだ」

マヤ「...」

リツコ「青葉くん...」

青葉「それじゃあ、ここでさよならです、赤木博士!」

ドンッ

マヤ「きゃっ!」ドサッ

青葉「またいずれ!会いましょう!」ダッ

日向「くっ、青葉!」

リツコ「追って、日向くん!私はマヤを!」

日向「はい!」

警備員A&B「俺たちも!」

ダダダダダダッ

245 名前:さっきからさるばっかだよもー[] 投稿日:2012/11/18(日) 05:23:04.56 ID:l0DcTo3M0

ーーーーーーーーーーー

ミサト「助けが来ないわね...」

シンジ「なにかあったのかな」

冬月「碇のことだ、逃走ルートも周到に用意してあるだろう」

加持「それを邪魔するであろう俺たちの動きを封じることも想定済みだろうね」

アスカ「はー、エヴァに乗れればね」

レイ「それも、ここを出ない限り、無理」

アスカ「わかってるわよ!」

シンジ「...」

ガチャガチャッ

ミサト「!」

マヤ「遅くなりましたー!」

リツコ「大丈夫、ミサト?」

加持「ふー。ひとまず助かったか」

247 名前:ありがたやありがたや[] 投稿日:2012/11/18(日) 05:27:21.25 ID:l0DcTo3M0

ミサト「リツコ、今の状況は?」

リツコ「日向くんが青葉くんを追っているわ」

冬月「碇は?碇はどこだ」

リツコ「司令はまだみつかっていません」

冬月「そうか...」

シンジ「父さん...」

レイ「行きましょう、碇くん」

アスカ「!」

シンジ「あ、綾波?」

レイ「碇司令を見つけるの」

シンジ「...」

レイ「...あなたなら、司令を止められるわ」

シンジ「っ!...わかった、行こう!」

251 名前:さるさん嫌でござそうろう[] 投稿日:2012/11/18(日) 05:34:20.81 ID:l0DcTo3M0

ミサト「ちょっと、シンジくん、レイ!あなたたち2人で行くつもり?」

シンジ「えっ、あー...やっぱり危険ですよね」

加持「俺が一緒に行くよ」

シンジ「加持さん!」

加持「構わないだろ?葛城」

ミサト「...ええ。シンジくんを任せたわよ」

加持「ああ。それじゃあ行こうか、シンジくん、レイ」

アスカ「わ、私も行く!」

ミサト「アスカはエヴァが必要になったときのために待機よ」

アスカ「えー!」

シンジ「大事な役目だよ、アスカ」

レイ「そうよ、セカンド」

アスカ「そ、そう?まあ、私はエースだし、仕方ないわね。うん」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 05:44:51.39 ID:l0DcTo3M0

ーーーーーーーーーーー

日向「青葉、待つんだ!」

青葉「ち、行き止まりか」

日向「追い詰めたぞ...!」

青葉「日向、わかってくれよ。俺は行かなきゃならないんだ」

日向「それは無理な相談だ、青葉。俺は何があってもおまえを止めるぞ」

青葉「...そうか。でも、それは無理だな」

日向「なに?...うっ」ドスッ

ゲンドウ「...」

日向「い、碇司令っ。くっ...」ドサッ

青葉「司令。準備できたんですね」

ゲンドウ「ああ。時間稼ぎご苦労だった」

青葉「いやいや。それより日向になにしたんです?」

ゲンドウ「少し強めの麻酔を打った」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 05:56:20.56 ID:l0DcTo3M0

青葉「なるほど。...死にませんよね、それ」

ゲンドウ「無論だ」

青葉「良かった。あまり怪我とかさせたくないんですよね。弾の入ってない銃使って威嚇するのも大変なんですよ」

ゲンドウ「ああ」

青葉「それじゃあ、さっさとずらかりましょう」

ーーーーーーーーーーー

シンジ「はぁっ、はぁっ、はぁっ」

加持「...大丈夫か、シンジくん」

シンジ「大丈夫ですっ」

プルルルルッ

シンジ「あっ、僕です」ガチャッ

ミサト『シンジくん?司令と青葉くんの居場所がわかったわ』

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 06:01:01.44 ID:l0DcTo3M0

シンジ「っ!どこですか?!」

ミサト『既に本部を出て北に向かってるわ!監視カメラに北に向かって歩く2人が写っていたのよ!』

シンジ「わかりました、北ですね」

ミサト『今すぐシンジくんたちは急行して!私含めて応援が向かうわ。...気をつけてね』

シンジ「はい。ミサトさんも」

プツッ

加持「北か」

レイ「急ぎましょう」

シンジ「うん」

ーーーーーーーーーーー

青葉「なるほど。こんな所にジープを置いていたんですね」

ゲンドウ「ああ。追っ手が来ている。急ぐぞ」

青葉「わかってますよ。...ところで、鈴原くんはどうしたんですか?」

ゲンドウ「彼は...」

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 06:05:31.60 ID:l0DcTo3M0

シンジ「父さん!」

レイ「司令!」

加持「碇司令!」

青葉「ちっ!...もう来たのか!」

ゲンドウ「...」

加持「司令、逃がしませんよ」

青葉「くっ」

加持「青葉くん。子供の前で銃を出させるような真似はしてくれるなよ」

青葉「...」

シンジ「父さん!これはどういうことなんだよ?」

ゲンドウ「シンジ...」

レイ「...」

ゲンドウ「全ては...ネルフのためだ」

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 06:09:49.11 ID:l0DcTo3M0

シンジ「ネルフのためって、じゃあなんで教えてくれないんだよ!」

加持「そうですよ、司令。さっきからあはたの言い分は筋が通っていない。ネルフのためなら、どういったことなのかネルフに説明すべきです」

ゲンドウ「説明など、できるはずがない」

青葉「そうですよ。できません」

加持「しかし...」

ゲンドウ「すまないな、シンジ」

シンジ「え...」





ゲンドウ「やれ、レイ」

レイ「...はい」

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 06:19:09.95 ID:l0DcTo3M0

加持「ぐっ!」ドスッ

シンジ「加持さん!なんで...綾波?」

レイ「ごめんなさい、碇くん。私は最初から、こっち側よ」

シンジ「そんな...っ!だからあの時綾波から行くように言ったのか!」

青葉「そういうこと。2人で来るのは想定してなかったんだけどね。今のはちょっと強い麻酔。大丈夫、死にはしないよ」

シンジ「...」

ゲンドウ「シンジ、間違っても私たちを追おうとは思わないことだ」

シンジ「?」

ゲンドウ「そこの脇の木の下におまえの友人を寝かせてある」

シンジ「っ...トウジ?」

ゲンドウ「そしてその横に爆弾を置いてある。あと2分で爆発する、な。威力はそれなりな」

シンジ「なっ、それじゃ」

ゲンドウ「いつまでも私たちに構っていれば友人を助けられないぞ」

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 11:07:49.67 ID:l0DcTo3M0

シンジ「父さん、どうしてそこまで...」

ゲンドウ「何度も言っているだろう。ネルフと世界とためだ」

シンジ「なんだよ...なんだよそれ...」

レイ「...」

青葉「...行きましょう、司令」

ゲンドウ「...じゃあな、シンジ」

ブルル...

シンジ「...くそっ!...トウジを助けなきゃ。おーい!トウジー!大丈...」

トウジ「なんやねんここ!?」

シンジ「うわっ」

トウジ「白い幽霊に襲われたと思ったらなんやねんここ!?え?なんなん?!どないなっとん!?」

シンジ「き、気持ちは分かるけど。トウジ、今はここから逃げないと」

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 11:16:07.45 ID:l0DcTo3M0

トウジ「逃げる?なにからや」

シンジ「爆だ」

トウジ「あーーーっ!あの幽霊からやな!!あの幽霊共、どこや?!俺が成仏させたる!」

シンジ「いや、だから、違」

トウジ「俺がぶちのめしたるから安心せぇシンジ!俺がぶっちぶちにコロコロ殺したるぞあんな幽霊共!」

シンジ「え、ちょ、幽霊は既に死」

トウジ「というかほんまにここどこなん!?さっきまでネルフ本部の中におったやん!!なんでこないな場所におるん!?」

シンジ「いやそれよりも爆だ」イラッ

トウジ「そーいえば、思い出したぞシンジ!おまえ、俺を騙して囮にしよったな!!よくも裏切ってくれたな!!俺はおまえを殴らなあかん!!」

シンジ「今はそれどころじゃ」イラッイラッ

トウジ「くらえ、シンジ!!」バキッ

シンジ「ぐっ!」ドサッ

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 11:26:10.38 ID:l0DcTo3M0

トウジ「ま、これで許しといたろ。友達への情けってやつや。感謝せーよ、シンジ」

シンジ「...」

トウジ「な、なんや、なんか言えやシンジ。そない強く殴ってへんと思うで?」

シンジ「あーもーやってらんないよ!!あぁぁぁぁぁ!!」

トウジ「!?」

シンジ「なんだよもー!!折角助けてやろうとしてるのにさ!わざわざ父さんを見逃してまでさ!!なんなの!?なんなの!?なんなのもー!!」

トウジ「な、なんやねん、逆ギレか!?言うとくけどおまえに逆ギレする資格なんてないぞ!」

シンジ「うっさいなー!!逆ギレでもなんでもどーでもいいんだよ!!それどころじゃないって言ってるだろ!?」

トウジ「じゃあ、どういうことやねん!!言ってみろや!!」

シンジ「爆弾が爆発するんだよ!しかも大きいやつが!」

トウジ「えっ」

シンジ「もーわかった!?だからさっきから言おうとしてるのにさー!人の話を聞きやしないし!なんなの!?腹立つよほんと!」

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 11:30:27.20 ID:l0DcTo3M0

トウジ「...」

シンジ「なに?どうかした?なんでかたまってるの?」

トウジ「え、センセ、それさ、に、逃げなあかんとちゃうん?」

シンジ「だからそう言ってるでしょ」

トウジ「えっと、ちなみに爆弾ってどこなん?」

シンジ「トウジの足元」

トウジ「...」チラッ

00:00:20

トウジ「...センセ?」

シンジ「ん?」

トウジ「やばいんとちゃう?」

シンジ「うん」

00:00:15

トウジ「逃げなあかんやんけぇぇええええ」ダッ

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 11:35:34.19 ID:l0DcTo3M0

シンジ「なっ。トウジ、待てよ!僕を置いて行くなよ!」ダッ

トウジ「そない悠長なこと言ってらへんやろシンジ!はよ!はよ!はよ逃げなあかんて!!」

シンジ「わかってるよ、だから何度も言おうとしたのにトウジが」

トウジ「悪かった!それは全面的に俺が悪うござんしたから今は走れシンジ!」

シンジ「なんだよ、謝るなら最初からするなよー」

トウジ「うわぁぁぁぁああまだ死にたないぃぃぃぃぃいいい!!爆弾とかほんまなんでこんなことにいいいいい!!!」

シンジ「ん?爆弾?...あ、爆弾!そーだ爆弾があったんだよ!トウジ、逃げなきゃ!!」

トウジ「だからそう言っとるやん!ぼけてるん?!おたく、ぼけてはるん!?ほんまあんたとはやっとれませんわ!!」



ドオオオォォン

302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 11:40:43.59 ID:l0DcTo3M0

トウジ「...」

シンジ「ごほっ」

トウジ「シンジー、大丈夫かー?」

シンジ「一応」

トウジ「ほんま、おまえとの付き合い方を考えさせられるわ」

シンジ「うん...なにか忘れてるようか気が」

トウジ「なにか?」

シンジ「うーん。大事なようでそうでもないような。なんだったかな」

トウジ「まあ、ほっといたら思い出すんちゃう?今はとりあえず帰ろうで」

シンジ「うーん」

ーーーーーーーーーーー

加持「まさか、シンジくん、俺を...置いて行くなんて、ね」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 11:47:40.93 ID:l0DcTo3M0

リツコ「加持くん、無事だったのね!今の爆発は?」

加持「ああ。どうやら司令がやったらしい」

リツコ「よく助かったわね」

加持「まあ俺だからね」

リツコ「?...シンジくんとレイは?」

加持「シンジくんは無事なはずだ。鈴原くんを見つけて一緒に逃げていたよ。レイは...司令たちと共に行ったよ」

リツコ「司令と?」

加持「ああ。最初からグルだったってわけだ」

リツコ「そんな...」

加持「司令は追えてるか?なんならエヴァだって出すところだろう」

リツコ「いえ。司令たちは見失ったわ」

加持「ふむ。さっきの爆発の間にどこかに隠れたのか」

リツコ「追うのは無理ね」

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 11:51:27.54 ID:l0DcTo3M0

加持「だが地上には上がらないだろう。司令たちの目的はまだはっきりしないが、少なくともエヴァが必要なようだし」

リツコ「そうね。上には行かないはず」

加持「エヴァが狙いなら必ず戻ってくるよ。それも近いうちに」

リツコ「ええ。わかっているわ。対策を講じないとね」

加持「まったく、あの司令には手を焼くな。さて、俺は少し倒れるとしよう」

リツコ「え?」

加持「麻酔、がね。そろそろ限界なんだ」

ドサッ

リツコ「あーあ。...まあいいか」

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 12:00:27.81 ID:l0DcTo3M0

ーーーーーーーーーーー
午前8時

シンジ「はぁ。寝不足だ。散々走り回ったし、疲れたよ」

アスカ「...」

シンジ「アスカ?」

アスカ「なによ」ギロッ

シンジ「い、いや、なんでもないよ」

アスカ「ふん」スタスタ

シンジ「あっ、待ってよアスカ。...行っちゃった。どさくさ紛れて忘れてたけど、アスカ昨日のことまだ怒ってるのかな」

トウジ「なんやーシンジ、朝から喧嘩かー?夫婦喧嘩は家でやってくれよ」

シンジ「そんなんじゃないって、トウジ」

トウジ「はいはい。そういうことにしといたろ」

シンジ「ったく。ところで、トウジ。ケンスケは?」

トウジ「知らんで。今日はまだ見てへんな」

シンジ「うーん。どうしたんだろ。警察に絞られても一日8時間までが決まりだから、そろそろ解放されてると思うんだけどなー」

トウジ「センセ、そこまで見越してやっとんたんか。おっそろしいわー」

314 名前:ひゃっはーまたさるくらったー[] 投稿日:2012/11/18(日) 12:30:11.10 ID:l0DcTo3M0

シンジ「一応ケンスケにも謝っとかないといけないしね」

トウジ「一応、て。ちゃんと謝っといてやらなあかんで」

シンジ「うーん。考えとくよ」

アスカ「ねぇ」

シンジ「あ、アスカ。どうしたの?」

トウジ「おっ、夫婦そろったな」

アスカ「うるさいわね。べつに話したくて話してるわけじゃないわよ。ヒカリ知らない?まだ見てないのよ」

シンジ「委員長?僕は見てないよ」

トウジ「俺も知らんな」

アスカ「あ、そう」スタスタ

シンジ「あ、ちょ、アスカ。待ってよ。昨日のことだけど」

プルルルッ

315 名前:>>312マジで?もうこのままでいきます[] 投稿日:2012/11/18(日) 12:34:37.46 ID:l0DcTo3M0

シンジ「あ、僕のだ。もしもし?」

ケンスケ『...シンジか?』

シンジ「ケンスケ!大丈夫だった?」

ケンスケ『うん。それは、まあ、いいんだけどさ』

シンジ「うん?」

ケンスケ『僕、エヴァが好きだって、さ、前から言ってたじゃん』

シンジ「そうだね。乗ってみたいとか言ってたね」

ケンスケ『うん』

シンジ「?」

ケンスケ『あのさ、エヴァ、くれよ』

シンジ「っ?」

ケンスケ『じゃないと委員長が危ないよ?』

シンジ「なっ」

318 名前:さるは嫌でござそうろう[] 投稿日:2012/11/18(日) 12:40:26.23 ID:l0DcTo3M0

ケンスケ『委員長、まだ学校に来てないでしょ』

シンジ「...ケンスケ、君は」

ケンスケ『おっと余計なことは言わないよ。詮索されたくないし』

シンジ「...」

ケンスケ『で?エヴァくれるの?』

シンジ「あげれるわけないだろ!?」

ケンスケ『べつに僕は構わないよ?ただ委員長が酷い目にあうだけさ』

シンジ「君は今、委員長と一緒にいるのか?」

ケンスケ『いや?怖ーい人たちと一緒さ』

シンジ「いったい僕にどうしろって言うんだ。エヴァがあげられるわけないだろ。僕のものじゃないんだ」

ケンスケ『うーん、それもそうか。じゃあネルフに頼んでみてよ』

シンジ「なっ」

ケンスケ『1時間以内にまた電話するからさ。そのとき、良い知らせを聞かせてくれよ』

プツッツーツー

319 名前:さるは嫌でござそうろう[] 投稿日:2012/11/18(日) 12:47:25.46 ID:l0DcTo3M0

トウジ「シンジ、今の」

シンジ「ケンスケだ。エヴァをよこせって。委員長を人質に」

トウジ「な、なんやて。あいつ、何を考えてるんや!」

シンジ「...どうしよう」

トウジ「とりあえずミサトさんとかに相談したほうがええんちゃうか。こういうときは大人に頼るべきや。ミサトさん、ネルフの人でエヴァに近いわけやし」

シンジ「うん、そうだね。アスカには...」

トウジ「言わん方がええんとちゃうか。昨日の今日やし」

シンジ「...うん、わかった。無駄な負担はかけたくないよね」

トウジ「そういうこっちゃ。さっさとあのボケを見つけて、委員長を助け出そうで」

シンジ「うん。それにしても、怖い大人たちって言ってたのはまさか...」

トウジ「どないした?はよミサトさんとこ行こうや」

シンジ「なんでもないよ。ミサトさん、この時間ならネルフにいるはずだよ」

322 名前:さるは嫌でござそうろう[] 投稿日:2012/11/18(日) 12:56:01.15 ID:l0DcTo3M0

ーーーーーーーーーーー
ネルフ

ミサト「相田くんが?」

シンジ「はい。似合いもしない悪人台詞で言ってました」

トウジ「センセ、それはひどいんとちゃう?」

ミサト「それと怖い大人たち、ね。どう考えてもこれは...」

シンジ「父さんたち、ですかね」

トウジ「でも、そない間もないのにどうやって知り合ったって言うんや?」

ミサト「元から結託していたとか?青葉くんとレイみたいに」

シンジ「うーん。そんな様子はなかったですけど」

トウジ「なあ、シンジ。もしかして、おまえのせいちゃうか」

シンジ「僕?」

ミサト「どうして?」

トウジ「昨晩おまえ、ケンスケを囮に利用して、しかもケンスケを見捨てていったやんけ」

ミサト「ああ...恨みがあるわけね」

シンジ「ううっ...」

324 名前:さるは嫌でござそうろう[] 投稿日:2012/11/18(日) 13:04:22.61 ID:l0DcTo3M0

ミサト「わかった。とりあえずケンスケくんを探してみましょうか。シンジくん、とりあえず逆探知の準備するから電話がかかってきたら教えてね」

シンジ「はい。あと、加持さんは大丈夫ですか?」

トウジ「強い麻酔打たれたんやったっけな」

ミサト「まだ目を覚まさないわ。彼には色々と聞きたいことがあるんだけどね」

冬月「怪談のことについて、だな」

ミサト「副司令!おはようございます」

シンジ「あっ、えっと、どうも」

冬月「ああ。彼はいち早く碇の野望の一部に気づいていたようだからな。まず彼から情報を得たいところだ」

トウジ「それはそうと、なんで、その、副司令はそない顔色が悪いんですか?」

ミサト「た、たしかに顔色が優れませんね、副司令」

冬月「今回の件を色々と、その、上の組織に報告しなければならないのだよ、副司令として。碇の代わりにな」

シンジ「父さんが意味深なことだけ言って部下とエヴァのパイロット連れて失踪した上、本部の横で大爆発起こしましたもんね」

ミサト「顔色も悪くなるか...」

326 名前:さるは嫌でござそうろう[] 投稿日:2012/11/18(日) 13:09:38.92 ID:l0DcTo3M0

冬月「それと、私は碇の周りを探ってみようと思う」

シンジ「父さんの?」

冬月「ああ。彼の机やパソコンに何か手がかりが残っているかもしれん」

ミサト「なるほど」

冬月「これは他の人間には任せられない仕事だからな。他の諸々は任せたぞ」

ミサト「はい」

冬月「それではな」

トウジ「お大事にー」

ミサト「ほんっと、何から何までわからないわね」

シンジ「はい...」

プルルルッ

シンジ「っ!ケンスケだ!」

ミサト「リツコ、逆探知の準備は?」

リツコ「大丈夫よ」

327 名前:さるは嫌でござそうろう[] 投稿日:2012/11/18(日) 13:14:57.39 ID:l0DcTo3M0

ミサト「よし、シンジくん。少しでも会話を長引かせるのよ」

シンジ「はい」

ガチャッ

シンジ「ケンスケ?」

ケンスケ『ああ、僕だよ。どうだい?エヴァをくれる準備はできたかい?』

シンジ「いや、やっぱりそれは無理だよ。他のことで手を打ってくれないか?」

ケンスケ『シンジー。僕はエヴァが欲しいんだよ?他のことじゃ無理だよ』

シンジ「それじゃあ委員長をどうするつもりだ?」

ケンスケ『さあ?怖い大人たちに任せてるから知らないよ』

シンジ「...」

ケンスケ『シンジ?どうしたんだよ』

シンジ「ケンスケ、少し...昔話を聞いてくれるかな」

ケンスケ『え?何を言って』

シンジ「それは遠い遠い昔...」

トウジ「なんやなんや、なんか語り始めたでこいつ」

329 名前:さるは嫌でござそうろう[] 投稿日:2012/11/18(日) 13:22:53.24 ID:l0DcTo3M0

シンジ「おじいさんは山にしばかりに、おばあさんは川に洗濯に行きました」

ケンスケ『シンジ、おまえふざけ』

シンジ「おばあさんが洗濯をしていると、川上から大きな大きな桃が流れてきました」

トウジ「なんで桃太郎語り始めてんの、センセ」

シンジ「おばあさんはその桃を持って帰ることにしました」

ケンスケ『シンジ!おまえ僕の話を』

シンジ「すると途中でおばあさんはあまりの桃の重さに倒れ、腰を打ってしまいました」

トウジ「なんでちょっと改変しとん」

シンジ「可哀想なおばあさん。余りの痛さに立ち上がることができません」

ケンスケ『わかったよ。最後まで聞い』

シンジ「するとそこでメロスが激怒しました」

トウジ「おかしい。何か混ざっとるで」

ミサト「逆探知完了!相田くんの居場所がわかったわ!」

シンジ「こんな昔話ねーよばーか!!ぼーっけぼーっけ!!じゃあなー!ばいばいきーん!!」

ケンスケ『えっ』プツッツーツー

330 名前:さるは嫌でござそうろう[] 投稿日:2012/11/18(日) 13:27:55.42 ID:l0DcTo3M0

トウジ「おまえ、たまに素でクズやな」

シンジ「え?何が?」

トウジ「...」

リツコ「これは...相田くんの家ね」

ミサト「家?なんでまたそんな見つかりやすそうな場所に」

トウジ「あいつ阿呆やろ」

シンジ「なに考えてるんだろうね」

ーーーーーーーーーーー

ケンスケ「くっそー!なんで見つかったんだ!」

シンジ「逆探知だよ、ケンスケ」

ケンスケ「それで時間稼ぎしてたのか!意味不明な昔話聞かせやがって!」

トウジ「素直に聞くのもどうかと思うけどな」

シンジ「しかも、いたのが家って...」

ケンスケ「うっせーなー!!布団から出るのが面倒だったんだよ!」

335 名前:またさるくらったくっそくっそ[] 投稿日:2012/11/18(日) 13:44:27.37 ID:l0DcTo3M0

ミサト「それで?相田くんはなんでこんなことを?」

ケンスケ「ふんっ。昨日碇にむちゃくちゃされたからその復讐ですよ」

リツコ「復讐って...」

ミサト「子供ねぇ」

ケンスケ「なっ!?」

トウジ「そないなことはどうでもええねん。ケンスケ、委員長はどこや?」

ケンスケ「知らないよ。何度も言ったろ、怖い大人たちと一緒さ」

シンジ「...それは誰なんだ?」

ケンスケ「それも知らないよ。ただ、僕の復讐に協力してくれるって言うからのったんだ。それだけだよ」

トウジ「じゃあもしかしておまえは...」

ケンスケ「そーだよ!警察から解放されて家に帰って布団に潜ってただけだよ!委員長の誘拐も直接関与してないし、どこにいるかも知らないよ!ただ、あの人たちにエヴァを交渉するように言われただけさ!」

ミサト「そして、あっさり捕まったと」

リツコ「無能ね」

337 名前:さるはもう嫌でござる[] 投稿日:2012/11/18(日) 13:50:32.55 ID:l0DcTo3M0

ケンスケ「なんだよもー!みんなよってたかってさー!!俺が悪いってか?ん?!俺が悪いのか!??」

トウジ「せやな」

ケンスケ「あーもー!!なんて世の中だよ!ざっけんなし!!マジファックざっけんなし!!」

シンジ「ミサトさん、とりあえずこいつの相手しても意味無いんでほっときましょう」

ミサト「そうね。頭が痛いわ」

リツコ「とんだ無駄足だったわね」

加持「おや。シンジくん、この時間は学校なんじゃないのかい」

シンジ「加持さん!」

ミサト「もう大丈夫なの?」

加持「一応ね。まだちょっとフラフラするけど」フラッ

トウジ「おっとと。大丈夫やないですよ」

加持「ああ、すまない」

シンジ「加持さん、教えてください。怪談と父さんについて詳しいことを」

加持「...」

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 14:00:18.38 ID:l0DcTo3M0

加持「俺も、知ってるのはほんの一部だけさ。まあ、君たちをけしかけるには十分だったけどね」

シンジ「...」

加持「まず俺は碇司令の周りでひとつの音声データを入手した」

ミサト「音声データ?」

加持「ああ。5分弱のな」

リツコ「それはなんだったの?会話の録音とか?」

加持「いや、ただのポップミュージックだ。ただし歌無しのな」

トウジ「ふーん」

加持「司令に似つかわしくない物だったんで、とりあえずコピーしておいた。そして、ここまではまだ怪談とは関係ない」

シンジ「...」

加持「それ以降不自然に思って司令を調べてみるとね、どうも半年前より個人の時間を増やしているようだったんだ」

ミサト「プライベートな時間くらい普通じゃないの?」

加持「仮にも司令だ。忙しいものだよ。なのに半年前より明らかに個人の時間が増えている。しかもその間何をやっているのか全くわからないんだ」

342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 14:10:19.66 ID:l0DcTo3M0

リツコ「まあ不自然ね」

加持「そしてついに俺は深夜に司令がエヴァに何かしてるのを知ったんだ」

トウジ「それをシンジに怪談として教えたはったと」

加持「そういうことだ。シンジくんたちをけしかけて俺が動きやすいようにするのが目的だったのさ。それに面白半分なところもあった。シンジくんたちがどこまでするのか興味があったんだ」

シンジ「...加持さん。父さんはエヴァで何をしていたんですか」

加持「わからない。ただ、動かしていたのは確かだ」

ミサト「動かす、か。青葉くんとレイがいれば可能ね」

加持「その段階から2人はこの件に噛んでいたわけか」

プルルルッ

シンジ「あっ、僕です」

トウジ「なんかシンジにしか電話かかってこんくない」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 14:15:30.15 ID:l0DcTo3M0

ガチャッ

シンジ「はい」

青葉『やあ、シンジくん。俺だ』

シンジ「青葉さん!今どこにいるんですか!?」

ミサト「青葉くん!?リツコ、逆探知よ!」

リツコ「わかってるわよ」

青葉『ははは。いやー、直球だね。大丈夫、司令とレイは一緒だ』

シンジ「そんなことを聞いてるんじゃありません!今すぐ帰ってきてください!」

青葉『それは無理な相談だ。わかっているだろう、俺がなぜ電話したのか』

シンジ「っ!」

青葉『君のクラスの委員長のことだよ』

シンジ「...やはりあなたたちが」

青葉『ああ。相田くんに近づいたのは俺たちだよ。もっとも、彼は使えなかったがね』

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 14:22:07.76 ID:l0DcTo3M0

シンジ「まあ、ケンスケは布団の中にいただけですしね」

青葉『ほんと駄目なやつだよ』

シンジ「...何があったもエヴァを渡すわけがない。わかるでしょう?」

青葉『ああ、そうだな。俺もネルフの人間だ、それくらいわかる』

シンジ「誰も傷つけたくないのは青葉さんも同じはずだ。どうするつもりですか?」

青葉『うーん。そうだね、そのとおりだ』

シンジ「じゃあ...!」

青葉『それじゃあ交渉しよう、シンジくん』

シンジ「交渉?」

青葉『ああ。あるプログラムをそちらに送るからそれをエヴァに読み込ませてほしい』

シンジ「エヴァに、ですか」

青葉『そうだ。悪いものじゃない』

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 14:28:42.41 ID:l0DcTo3M0

加持「シンジくん、青葉くんたちの思惑はわからないがとりあえずそのデータを送らせよう。どんなデータか分かればそれもまた1つの情報になる」

シンジ「...わかりました。送ってください」

青葉『了解。あ、あと、本当にエヴァに読み込ませたかこちらから監視してるからね。余計なことはしないように』

リツコ「ミサト、妨害されて逆探知できないわ」

ミサト「相田くんほど馬鹿じゃないわよね、さすがに」

青葉『よし。送ったよ。赤木博士にやってもらうといい』

シンジ「リツコさん...」

リツコ「ええ。ひとまず安全かどうか確認するわ」

加持「それがいいだろうな」

青葉『あんまり調べてほしくないけど、まあいいか』

シンジ「青葉さん。委員長を返してください」

青葉『もちろん。ちゃんと読み込ませたか確認したらね』

350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 14:34:23.51 ID:l0DcTo3M0

リツコ「これは...何か一連の動きをまとめたものね」

ミサト「動き?」

リツコ「ええ。細かいところまではわからないけど。でも戦闘のために使うものじゃなさそうよ」

加持「なら危害はないんじゃないか?」

リツコ「...」

シンジ「リツコさん!お願いです、それをエヴァに入れてください!委員長を早く助けないと!」

リツコ「わかったわ、やりましょう。マギも安全と判断しているわ」

青葉『ほいきた。さすが赤木博士』

シンジ「青葉さん!委員長を解放してください!」

青葉『ん?ああ、もちろん。君のクラスの委員長は今病院だろう』

シンジ「病院?委員長になにかしたんですか!?」

青葉『なんでも朝から熱が高かったらしくてね。学校に行く前に病院に行くそうだ。じゃあね』プツッツーツー

シンジ「...え?」

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 14:42:46.41 ID:l0DcTo3M0

トウジ「なんじゃそりゃ!結局委員長はさらわれてすらおらんかったんかい!心配して損したー!」

ミサト「はぁ。今までのはなんだったのよ」

加持「まぁいいじゃないか。無事だったんだから」

リツコ「エヴァに入れたプログラムはロックされてて消せないし、完全にしてやられたわね」

シンジ「...父さん」

冬月「みんな揃っているか」フラッ

ミサト「副司令」

トウジ「さっきより顔色悪くなっとる」

加持「ははは。ゼーレにこってり絞られましたね」

冬月「まあな。それよりまだ途中だが碇のパソコンから大変なものを発見した」

ミサト「なんですか?」

冬月「エヴァ量産型に関する資料だ」

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 14:48:37.33 ID:l0DcTo3M0

リツコ「!?」

加持「へぇ。量産型についてゼーレと上手くいってたんですね」

シンジ「量産型...」

冬月「ああ。だがそれだけでは大きな問題ではない。これを見てくれ」

ミサト「これは...何体分あるんですか?」

冬月「わからん。まだ私も全貌を把握しているわけではないが、かなりの数の量産型についての資料だ」

加持「こんなに作って...何をするつもりなんですか、碇司令は」

冬月「わからん。私も知らされていなかった」

リツコ「つまり、碇司令の独断ということですか」

シンジ「...綾波と青葉さんも知ってたのかな」

加持「大量の量産型、ねぇ」

358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 15:03:53.25 ID:l0DcTo3M0

ーーーーーーーーーーー

青葉「さて、どうしますか。ほとんどの準備は整いましたよ。あとは司令、あなたがそれを終えるだけだ」

ゲンドウ「ああ。わかっている」

青葉「俺は専門外でわからないから手伝えませんけど、応援してますよ」

ゲンドウ「...」

レイ「司令」

ゲンドウ「レイ...もう少し、もう少しなんだ...!」

レイ「司令。碇くんに...電話していいですか」

ゲンドウ「!?」

青葉「!」

レイ「一言、謝っておきたくて」

ゲンドウ「...ああ。構わない」

青葉「はぁ。これを使うといい。逆探知を防ぐ」

レイ「...」

359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 15:07:25.37 ID:l0DcTo3M0

ゲンドウ「...レイ。シンジと話すのが終わったら、私もかわれ」

レイ「...はい」

青葉「司令?」

ゲンドウ「青葉くん。できた、ついにできたよ」

青葉「そうですか!ついに...」

ゲンドウ「ああ」

青葉「成功間違いなしですよ!」

ゲンドウ「ああ!」

ーーーーーーーーーーー

プルルルッ

トウジ「はいはいどうせシンジシンジ」

シンジ「よくわかったね、トウジ。もしもし?」

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 15:16:40.37 ID:l0DcTo3M0

レイ『碇くん。私』

シンジ「綾波!?」

トウジ「!」

レイ『碇くん、昨晩のこと...謝っておきたくて』

シンジ「...」

レイ『ごめんなさい』

シンジ「...いいんだ。綾波は悪くない」

レイ『!』

シンジ「それにきっと...父さんも、青葉さんも悪くない」

レイ『...どうしてそう思うの?』

シンジ「わからない。でも、まだ誰も傷ついてない」

レイ『...』

シンジ「そして、多分これからも傷つかない。父さんも、青葉さんも、綾波も、きっと」

レイ『...』

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 15:20:47.82 ID:l0DcTo3M0

シンジ「だから、綾波。教えてくれないか?君たちが何をするのか、何をしようとしているのか」

レイ『碇くん...』

シンジ「青葉さんは、受け入れられないって言ったけど...受け入れてみせるよ、僕は。知りたいんだ、綾波。全部。全部知りたいんだよ」

レイ『...』

シンジ「ねぇ、綾波!」

ゲンドウ『私だ』

シンジ「うわ、びっくりした!」

ゲンドウ『...』

シンジ「なんだよ、かわるならかわるって言えよ、父さん!」

ゲンドウ『...ああ。次から気をつける』

シンジ「で?なに?」

ゲンドウ『さっきの話、聞いていた』

シンジ「...」

367 名前:さるくらいまくり[] 投稿日:2012/11/18(日) 15:27:25.09 ID:l0DcTo3M0

ゲンドウ『おまえは、知りたいと言ったな』

シンジ「...」

ゲンドウ『受け入れてみせる、と』

シンジ「...」

ゲンドウ『その言葉、信じてもいいか』

シンジ「父さん」

ゲンドウ『...』

シンジ「父さん!」

ゲンドウ『...なんだ、シンジ』

シンジ「うぅぅぅぅぅそおおおぉぉぉぉぉじゃあああああああぁぁぁぁぼぉおおけぇええええええええ!!!!!」

ゲンドウ『』

シンジ「綾波の前やからかっこつけただけじゃぶぁあああああああああああかぁぁぁぁぁぁぁあ!!!おまえの計画なんざ知りたないんじゃかすううううう!!」

ゲンドウ『』

シンジ「しね!」

369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 15:31:38.33 ID:l0DcTo3M0

ゲンドウ『』グスッ

シンジ「で?まだ何か用?おまえの計画、おまえごと叩き潰してやるかな!ぼけ!」

ゲンドウ『』ウゥッウッ

シンジ「おいこら、なんとか言ってみろや!!」

青葉『シンジくん、俺だ』

シンジ「青葉さん。どうしたんですか」

青葉『さすがにさっきのは酷くないか』

シンジ「えー?なんとことですかー?」

青葉『...』

シンジ「それで、青葉さんはなんの用なんですか?」

青葉『シンジくん。俺たちの計画は全ての準備を完了した』

シンジ「!」

372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 15:37:48.33 ID:l0DcTo3M0

青葉『どういうことかわかるね?』

シンジ「...エヴァをどうするつもりですか」

青葉『エヴァはただ使徒を倒すためだけのものじゃないということさ』

シンジ「...」

青葉『シンジくん。今夜俺たちはネルフ本部に侵入し、計画を実行する』

シンジ「っ」

青葉『君はどうする?』

シンジ「僕は...あなたたちを止めます」

青葉『だろうな。そう言うと思っていたよ』

シンジ「青葉さん。教えてください。あなたたちの計画を...。あなたたちが何をしようとしているかを!」

青葉『わかった。...教えてよう。俺たちの計画名、それは』

375 名前:>>356あーあ[] 投稿日:2012/11/18(日) 15:42:03.79 ID:l0DcTo3M0

青葉『EVA48だ』

シンジ「きりますね」

青葉『ちょ、ちょちょちょい、待って!?きらないで!?』

シンジ「そんなくだらない嘘やめてください」

青葉『いやマジだから!大マジだから!』

シンジ「...ちょっと意味が分からないんですけど。エヴァ48体で世界征服でもするんですか?」

青葉『...細かいことは秘密だ。それじゃあね』

シンジ「...」

プツッツーツー

379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 15:51:18.61 ID:l0DcTo3M0

ーーーーーーーーーーー

シンジ「ということで、今夜午前0時、父さんたちは本部に来るようです」

ミサト「そして計画名はEVA48。全容はまだ不明」

加持「その為にはここにある零号機、初号機、弐号機のどれかを必要としており」

リツコ「計画名から考えると、量産型を利用するのはほぼ間違いなし」

冬月「計画名通り48体のエヴァが揃えば恐ろしいことになるな」

日向「予想される破壊力は底しれません」

マヤ「それこそサードインパクトよりひどいことになりますよ」

シンジ「父さんたちの...好きにはさせないっ!今夜必ず父さんたちを止めましょう!EVA48なんていう計画、叩き潰してやるんです!!いくぞー!えい、えい、おー!!」

「おお〜!!!」

アスカ「...」

381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 15:55:33.28 ID:l0DcTo3M0

シンジ「アスカ」

アスカ「なによ」

シンジ「まだ怒ってるの?」

アスカ「ふんっ」

シンジ「ごめんよ、アスカ。昨日のことは僕が悪かったよ」

アスカ「うっさいわね、あっち行きなさいよ」

シンジ「...」

ミサト「シンジくん、ちょっといいかしら?」

シンジ「あ、はい。なんですか?」

アスカ「...」

ミサト「ここの所どうする?エヴァに関することだし」

シンジ「うーん。リツコさんにも相談してみましょう」

アスカ「...ちっ」

383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 16:06:07.44 ID:l0DcTo3M0

アスカ「なによ、シンジのやつ。自分たちだけで勝手に話進めて。私だって昨晩は参加したし、なによりネルフの一員なのよ。それなのにあいつときたら...」

プルルルッ

アスカ「なによ、こんなときに空気の読めないやつねー。もしもーし?」

ゲンドウ『私だ』

アスカ「きりますねー」

ゲンドウ『ちょっ、ちょいちょい!ちょい待ち、ちょい待ち!ちょっち待って!お願い!』

アスカ「はぁ。なんですか?あたしに用事なんてないでしょ?用事があるのはどうせ、シンジでしょ?シンジなら今ここにはいませんよー」

ゲンドウ『いや、用事があるのは君だ』

アスカ「えっ。それはそれでキモッ」

ゲンドウ『やめて傷つく』

385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 16:14:38.52 ID:l0DcTo3M0

アスカ「で。あたしに用事というのはなんですか?」

ゲンドウ『君の力をかしてほしい』

アスカ「は?今、一応敵対してるわけですよ?なんでわざわざ...」

ゲンドウ『自分の知らないところで事が進んでるのは面白くないだろう?』

アスカ「!」

ゲンドウ『私たちはネルフのためを思って行動している。言わばこれはネルフの内戦だ。もちろん、ネルフの1人であるきみにも参加する義務と権利がある』

アスカ「...」

ゲンドウ『そして君にはどちらにつくか選ぶ権利もある』

アスカ「っ」

ゲンドウ『選びたまえ、どちらにつくか。これはネルフのこれからを決める戦いになる。ネルフの一員、そしてエヴァのエースパイロットである君の選択はとても大きなものとなる』

アスカ「...」

ゲンドウ『さあ、どうする?黙ってシンジたちの所て戻り、これからも黙って従うか?私たちと共に反旗を掲げ、自分の意志で戦うか?さあ!選びたまえ!』

388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 16:23:15.85 ID:l0DcTo3M0

アスカ「あたしは...あたしは...」

ゲンドウ『今すぐ答えを出せとは言わない。自分の意志で決めたまえ』

アスカ「...」

ゲンドウ『それではな』

プツッツーツー

アスカ「...自分の意志で」

ーーーーーーーーーーー

ミサト「ふあーっ。昨晩からバタバタしっぱなしで疲れるわ!」

シンジ「僕もです。でもこのタイミングで使徒が来なくて良かったですね」

ミサト「そうね。使徒が来たらネルフ内で争ってる暇なんてないものね」

シン%

391 名前:あれ、なんかバグった[] 投稿日:2012/11/18(日) 16:33:30.16 ID:l0DcTo3M0

シンジ「そうですよ。あ、今回エヴァはどうするんですか?」

ミサト「んー。エヴァを出すことはまずないわよね、人相手だし」

シンジ「エヴァを父さんたちから守るための戦いですしね。父さんたちに怪我させるわけにもいかないし」

ミサト「優しいわねぇ」

シンジ「父さんたち、結局昨晩は誰にも怪我させてませんから」

ミサト「なるほどねー。とりあえずエヴァは一番見つかりにくそうな所に格納しておいたわ、青葉くんはばれてそうだけど」

シンジ「わかりました。あとは今夜午前0
時、父さんたちを捕まえるだけですね」

ミサト「ええ、そうね」

リツコ「シンジくん。ちょっといいかしら?」

シンジ「あ、はい。ミサトさん、またあとで」

ミサト「ええ」

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 16:48:18.57 ID:l0DcTo3M0

シンジ「それで、用ってなんなんですか」

リツコ「いや、たいしたことじゃないんだけどね、えーっと」

ドスッ

シンジ「っ!?」ドサッ

リツコ「ごめんなさいね、あの人のためよ」

シンジ「なに、を?リツコさん、あなたは...!」

リツコ「最初からあの人についていってたわけじゃないわ。寝返ったのよ、ついさっきね」

シンジ「なんでそんなこと...!」

リツコ「さて...なんででしょうね。友人まで裏切って、ね。馬鹿よ、大馬鹿よ」

シンジ「くっ...僕に何をしたんですか!?」

リツコ「加持くんがやられたのとおなじみ麻酔よ。もうすぐあなたは意識を失い、しばらくは目覚めるないわ」

396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 16:51:22.68 ID:l0DcTo3M0

シンジ「なんで...そんな...!」

リツコ「あなたを司令の所へ連れて行くわ。すべては計画のためよ」

シンジ「!...EVA48のため?」

リツコ「そうよ。そして今夜、そのために必要なものが行われるわ」

シンジ「...必要なもの?くっ」グラアッ

リツコ「もう意識を保つのが限界のようね。後で会いましょう、シンジくん」

シンジ「待って。...いったい、今夜なにを•••!」

リツコ「それじゃあね」

ーーーーーーーーーーー

ミサト「シンジくんが姿を消した?」

加持「ああ、どこを探してもいないんだ」

ミサト「そんな...」

398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 16:57:45.97 ID:l0DcTo3M0

加持「一番最後にシンジくんを見たのはいつだ?」

ミサト「1時間ほど前よ。たしかリツコと一緒にどこかに行ったはずよ。...リツコ!」

リツコ「聞いてるわよ。私は知らないわよ。彼、エヴァの様子を見に行くといって別れたわ」

加持「まずいな...。どこかで事故にでもあったのか、それとも」

ミサト「司令たちにさらわれたのか」

リツコ「どっちみち良いニュースじゃなさそうね」

アスカ「どうかしたの?」

ミサト「アスカ!シンジくん見てない!?」

アスカ「シンジっ?...!い、いや、知らないわ!」

ミサト「そう...エヴァの方に行ったと聞いたから見てないかと思ったんだけど」

アスカ「そ、そんなに心配しなくていいでしょ!シンジだって一応パイロットでやってきたんだから!」

ミサト「そうかしら...」

アスカ「そうよ!心配しすぎ!見つけたらすぐにミサトに連絡するわよ。じゃあね」

400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 17:02:46.00 ID:l0DcTo3M0

プルルルッ

ガチャッ

ゲンドウ『私だ』

アスカ「あんた、シンジになにしたのよ!?」

ゲンドウ『なんのことだ。私はなにも知らん』

アスカ「しらばっくれるんじゃないわよ!あんたしかいないじゃない!」

ゲンドウ『...』

アスカ「なんとか言いなさいよ!」

ゲンドウ『ああ、そうだ。私がシンジをさらった』

アスカ「っ!...あんたねぇ!」

ゲンドウ『シンジは無事だ。何も心配はいらない』

アスカ「っ...!!」

ゲンドウ『そして、君はどうするつもりだ?』

401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 17:10:09.71 ID:l0DcTo3M0

アスカ「どういう意味よ」

ゲンドウ『このことを誰かに告げるのか?私は構わないぞ』

アスカ「なっ」

ゲンドウ『ただ、その時点で君はもうこちらの陣営に加わるのは不可能となる。こちらから送っているスパイが君の動きを把握しているからな』

アスカ「…そのスパイって誰よ」

ゲンドウ『それは教えられないな』

アスカ「…」

ゲンドウ『どうする?答えは決めてあるのだろう?』

アスカ「私は…そっちに行くわ」

ゲンドウ『そうか。歓迎しよう』

アスカ「でも、約束して。シンジに何もしないって。そして、ここの誰も傷つけないって」

ゲンドウ『約束しよう』

403 名前:もう400いったんかいつ終わるんだ[] 投稿日:2012/11/18(日) 17:16:06.37 ID:l0DcTo3M0

アスカ「...」

ゲンドウ『君の仕事はまずスパイとして本部の情報を私たちに送ってもらう』

アスカ「わかったわ」

ゲンドウ『そして次に深夜0時、私たちが本部への侵入を試みる。そのとき君は私たちを誘導してくれ』

アスカ「ええ」

ゲンドウ『そして、最後に。私たちの侵入が成功した後に君にはエヴァに乗ってもらう』

アスカ「エヴァに?何と戦えっていうのよ」

ゲンドウ『いや、戦いはしなくていい』

アスカ「じゃあ何をするのよ」

ゲンドウ『そのときになればわかる。いいか、君の動きは常に他のスパイが見張っている不穏な動きを見せれば...わかっているな?』

アスカ「...ええ」

405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 17:23:35.10 ID:l0DcTo3M0

ゲンドウ『よし、それでは、作戦を開始しろ』

アスカ「...」

プツッツーツー

ーーーーーーーーーーー

青葉「これでパイロット全員がこちらの手に落ちましたね」

ゲンドウ「ああ。シンジには少し乱暴な措置をとったが...仕方ないだろう」

レイ「...」

青葉「いよいよですね...!いよいよ、EVA48が始まる!」

ゲンドウ「...ああ。3人からの情報はどうだ」

青葉「3人とも順調に本部の情報を送ってきてます。エヴァはかなり深いところにしまったようですね」

ゲンドウ「そうか」

青葉「どれだけ抵抗しても無駄だっていうのに」

ゲンドウ「...」

409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 17:29:36.64 ID:l0DcTo3M0

レイ「...」

ゲンドウ「レイ。おまえは」

レイ「司令」

ゲンドウ「...」

レイ「私、碇くんの所へ行ってきます」

ゲンドウ「...ああ。わかった」

青葉「...」

ーーーーーーーーーーー

ミサト「シンジくんは不在のままだけど時は近づいているわ。準備はいいわね?」

加持「勿論だ」

リツコ「ええ」

日向「はい」

マヤ「大丈夫です」

アスカ「...」

410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 17:36:03.75 ID:l0DcTo3M0

ミサト「アスカ?どうかした?」

アスカ「え?あー!大丈夫よ!あったりまえじゃない!」

ミサト「ん。そう。わかったわ。副司令、よろしいですね?」

冬月「ああ。碇の頭を冷やしてやろうじゃないか」

ーーーーーーーーーーー

シンジ「...ここは」

レイ「碇くん」

シンジ「うわ、綾波!?」

レイ「ええ」

シンジ「ここは、...どこなの?」

レイ「教えられないわ」

シンジ「...?手錠?」ジャラッ

411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 17:39:33.05 ID:l0DcTo3M0

レイ「ごめんなさい。それは、逃げないためにって」

シンジ「父さんが?いや、青葉さんかな」

レイ「...」

シンジ「綾波は、どうして父さんの方についたの?」

レイ「私は…」

シンジ「父さんのため?それともネルフのため?」

レイ「...」

シンジ「ねぇ、綾波。父さんはいったい何をしようとしてるんだ!?48体ものエヴァで...いったい何を」

ガチャッ

青葉「レイ。時間だ」

レイ「...」ガタッ

シンジ「綾波!待って!」

415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 17:47:52.75 ID:l0DcTo3M0

レイ「碇くん」

シンジ「っ?」

レイ「大丈夫。誰も傷つかない」

シンジ「綾波ぃー!!」

ガチャンッ

ーーーーーーーーーーー
午前0時 ネルフ本部 司令室

加持「来ない、な」

ミサト「ええ」

リツコ「私たちに必要な分以外の隔壁は全て下ろしてあるし、エヴァの所は何よりも厳重に守ってある。ネズミ一匹入れないわよ」

ミサト「ええ。でも昨夜碇司令たちが使った出入り口の場所がわかっていない以上、
油断は禁物よ」

リツコ「...」

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 17:53:45.63 ID:l0DcTo3M0

加持「!っお、おい葛城!あそこのカメラ、外のカメラだ!」

ミサト「あれは...司令!?」

加持「何も持たず、1人で立っているぞ」

ミサト「どう見ても囮ね」

加持「司令自ら囮とはな。怪しい。あの人相も加えてどこからどう見ても怪しい」

リツコ「でもここで捕まえとかないと逃げられるわよ?」

ミサト「そうなのよねー。司令を捕まえれるなら捕まえたいし」

リツコ「ミサト。迷ってる暇はないわ。はやく判断しなさい」

ミサト「あーもう!加持くん、私と2人で司令を捕まえに行くわよ!」

加持「まあそうなるか」

418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 17:59:57.25 ID:l0DcTo3M0

ミサト「リツコ。もうここにはあなたとマヤしか残ってない。気をつけなさいよ」

リツコ「わかってるわ」

加持「エヴァの方から誰か寄越さなくていいのか?」

ミサト「あっちは日向くんと副司令とアスカと十数人の警備員に張らせてるわ。司令たちの目的がエヴァならそちらの守りを厚くしとかないと」

加持「なるほどね。それにしても司令室の守りが薄くないか?」

ミサト「司令室はいいのよ。大丈夫」

加持「?」

ミサト「さぁ、司令の所へ行くわよ」

加持「ああ」

420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 18:10:05.71 ID:l0DcTo3M0

ーーーーーーーーーーー
エヴァ格納庫前

日向「...」

アスカ「...」

冬月「...来ないな」

警備員A「こえーなー不安になってきた」

警備員B「落ち着けよ、大丈夫だって」

日向「...青葉」

ガタンッフッ

冬月「!っ停電だと!?やつらが来るぞ!」

日向「っ!...予備電源に切り替わりません!」

冬月「予備電源も既にやられたのか!?」

青葉『違いますよ。ハッキングして電気を落としたんです』

日向「この声は、青葉!だが、本部の電気系統は厳重に管理されているはずだぞ!」

423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 18:16:32.63 ID:l0DcTo3M0

青葉『そうですよ。だから中から開けてもらったんですよ』

日向「!っまさか」

青葉『そのまさかですよ。開けてもらったんです。赤木博士にね』

日向「くそうっ!」

アスカ「...」

冬月「警備員を含めて全員でかたまれ!バラバラになって混乱するのを防ぐのだ!誰一人通してはならん!」

バタバタ バタバタ

アスカ「...」

警備員A「ひいーどうなってんだよー」

警備員B「俺は知らねーよー」

日向「くそっ。まさか赤木博士が裏切るなんて...!」

426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 18:23:44.20 ID:l0DcTo3M0

アスカ「...」ドスッ

日向「ぐあっ!?」ドサッ

冬月「日向くん!?今の声は日向くんか!?」

アスカ「そ、そうです。誰かにやられたみたいで...!」

冬月「くそ、この暗闇ではよく見えん!」

警備員A「ぐっ」ドサッ

警備員B「ぐああっ」ドサッ

「うわあっ」ドサッ「ぎゃあぁっ」ドサッ「うっ」ドサッ

冬月「どうなっているんだ!?」

アスカ「...」

ーーーーーーーーーーー
司令室

マヤ「先輩!外部からのハッキングを受けて、格納庫前で停電が起こっています!」

427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 18:33:56.86 ID:l0DcTo3M0

リツコ「ハッキングを遮断して!」

マヤ「駄目です!できません!」

リツコ「...」

マヤ「でもなんで...電気系統にハッキングするなんていくら青葉くんでも、中から通れるようにでもならない限り...」

リツコ「...そうね、不可能よ」

マヤ「!?」ガタッ

リツコ「私がやったのよ」

マヤ「そんな...先輩。やっぱり先輩だったんですか!?」

リツコ「あら、気づいていたの?」

マヤ「...ミサトさんから、警戒するように」

リツコ「あら、そう。なら話は早いわ。あなには眠っててもらうわ」

マヤ「!」

431 名前:さるくらいーくっそー[] 投稿日:2012/11/18(日) 18:50:24.40 ID:l0DcTo3M0

リツコ「大丈夫。加持くんに使われたものと一緒よ。目が覚める頃には全てが終わってるわ」

マヤ「そんな、なんで、こんなこと」

リツコ「さあて、なんででしょうね」

マヤ「くっ」

リツコ「ミサトも馬鹿ね。私が怪しいとわかっていながらここを2人にするなんて。なにを考えているのかしら」

マヤ「...それでも、先輩を信じでいたからしわゃないですか?」

リツコ「!」

マヤ「だから、先輩に司令室を任せたんじゃないんですか!?」

リツコ「...そうかもしれないわね。でもね、そうはいかないのよ。マヤ、あなたはここで眠りなさい」スッ

マヤ「っ!」

トウジ「2人やないで」ドスッ

リツコ「なっ...!?」

437 名前:正直やることやってもう終わりたい[] 投稿日:2012/11/18(日) 19:11:32.02 ID:l0DcTo3M0

リツコ「な、なぜ、あなたが!?」

マヤ「鈴原くん!」

トウジ「なんや、おったらあかんかったか?」

リツコ「どうして...」

トウジ「べっつにー。ミサトさんに見張るように頼まれただけや」

マヤ「そうか。ネルフ以外の人間の行動は先輩でも把握できないから...」

リツコ「そう。そういうことね。...ネルフの人間以外が参加することを想定してなかったわ」

トウジ「せやろ?まさか俺がおるとは思わんかったやろ!だからミサトさんに頼まれたんや」

リツコ「自分たちの作戦がつつ抜けだから、そこを...利用したのね、作戦外の人間をつかって」

マヤ「だからわたしも知らなかったのか...」

440 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 19:17:43.73 ID:l0DcTo3M0

リツコ「あい、かわらず、無茶を...するわね、ミサトは」ドサッ

マヤ「先輩!」

トウジ「麻酔がきいたんやな」

マヤ「...先輩」

トウジ「あのー」

マヤ「...わかってるわ、私は私のやるべきことをやる」

ーーーーーーーーーーー
格納庫前

パッ

冬月「電気が点いたっ!」

アスカ「!」

「うぅ」「くっ」「う、わ、ぁ」

冬月「...残っているのは君と私だけ、か。なるほど、これは君がやったのか」

アスカ「っ」

441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 19:23:56.78 ID:l0DcTo3M0

冬月「これだけの警備員と日向くんを君一人が倒したとは考えにくいが...そういうことなのだろうな」

アスカ「くっ」

冬月「さあ、観念したまえ」

アスカ「なんで...なんで電気がっ!青葉さん!」

青葉『わからない!赤木博士の...司令室の方から遮断されたんだ!』

冬月「なるほど。ということは誰かが赤木博士を倒したのだろう。司令室の攻略はかなわなかったというわけだ」

アスカ「っ...」

青葉『くそっ』

冬月「さあ終わりだ」

日向「終わるのはあなたですよ、副司令」

443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 19:32:05.13 ID:l0DcTo3M0

冬月「なっ!?日向くん、君はやられたはずじゃ...!」

アスカ「...」

日向「やられた振りですよ」

冬月「なっ...なぜだ?最初から仕組んでいたのか?!」

日向「そうですよ。ここにいる十数人の警備員を倒すための作戦です。暗闇の中、僕が派手に倒れた演技をすれば絶対に混乱が起きる。しかもその時点であなたの中から僕が裏切り者かもしれないという疑惑がなくなるわけですよ」

冬月「くっ...」

日向「暗闇の中混乱が起こってしまえば、僕とアスカくんの2人でも十分なんです。この麻酔を使ってね」

冬月「またその麻酔か...君たちは麻酔が好きだね」

日向「ふふ、そうですね」

445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 19:35:53.89 ID:l0DcTo3M0

冬月「くそ。私もここで終わりか」

日向「ええ。そうです。暴れないでくださいよ」

冬月「くっ...だが何故だ。昨夜の憤慨ぶりから見て君が裏切るとは思えなかったが」

日向「べつに。ネルフのこれからについて少し真面目に考えてみただけですよ」

アスカ「...」

日向「それでは、ごゆっくり」ドスッ

冬月「うっ」

ドサッ

日向「それじゃあ行こうか、エヴァのところへ」

アスカ「...ええ」

446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 19:41:42.06 ID:l0DcTo3M0

日向「それにしても、君はあまり仕事をする気がないのかな?」

アスカ「...どういうことよ」

日向「青葉から聞いているよ。情報を全く流していなかったって」

青葉『まったくだ。アスカ以外の3人は絶えず情報を送ってきたというのに』

アスカ「...うっさいわね」

日向「やれやれ、反抗的だね。まあいいさ。一応協力してくれたんだから」

アスカ「ふんっ」スタスタ

青葉『日向。あまりアスカを怒らせるなよ。彼女はこれからの方が重要なんだ』

日向「それもそうだね。ところで、君、どこにいるんだい?」

青葉『そろそろ行くよ』

458 名前:うわー保守ありがとう[] 投稿日:2012/11/18(日) 20:08:05.70 ID:l0DcTo3M0

ーーーーーーーーーーー
本部前

ミサト「司令、どういうつもりですか」

ゲンドウ「見ればわかるだろう。私自ら囮となっている」

加持「司令、腕を後ろに」ガチャガチャ

ゲンドウ「手錠か」

加持「はい。あなたは油断なりません」

ミサト「加持くん。武器や発信機がないか調べて」

加持「ああ」ゴソゴソ

ゲンドウ「しかし、囮相手に2人で来てよかったのか?」

ミサト「司令室なら心配いりませんよ。リツコへの対策はできています」

ゲンドウ「そうか。それならば司令室の攻略は失敗しているだろうな」

ミサト「...」

加持「ミサト。武器も発信機もないようだ」

463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 20:15:36.04 ID:l0DcTo3M0

ミサト「ありがとう。司令、あなたを連行します。よろしいですね」

ゲンドウ「ああ」

加持「あー、ちょっと待った、ミサト」

ミサト「え?」

加持「君もここで終わりだ」ドスッ

ミサト「!?なっ...あなた!」

加持「麻酔だよ。司令から貰った、ね」

ミサト「加持くん...あなたっ!あなたはっ、司令を」

加持「そう。俺は司令の周りを調査していた。だが敵対する理由はないんだ」

ミサト「...!」

加持「俺は司令が考えることを素直に面白いと思ったんだ」

ミサト「そんな...!」

470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 20:25:14.81 ID:l0DcTo3M0

加持「面白いだろう。今君の陣営は君、マヤちゃん、そして副司令だけなんだ。昨夜から今夜の間に4人が裏切ったわけさ」

ミサト「くっ」グラッ

加持「おっと。大丈夫か?ミサト」

ミサト「くっ...じゃあ、なんで、こんなこと」

加持「そう。本来ならわざわざこんな争いを行う必要はないんだよ。ただ、それじゃ2人が納得しないんでね」

ミサト「...2人?」

加持「シンジくんとアスカだよ」

ミサト「っ」

加持「2人が納得するようにネルフの中で内戦を行ったんだ。アスカには自分で道を選んだという理由が、シンジくんには葛城ミサトという一番信頼する人間が負けたという理由が必要だったんだよ」

ミサト「最初から、全部、そうだったのね」

ゲンドウ「そうだ」

473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 20:32:56.43 ID:l0DcTo3M0

ゲンドウ「最初から全て決まっていた。君たちはステージの上で踊っていただけだ」

ミサト「結局...あなたにとって、大切なのは、...エヴァだけなんですね」

加持「ミサト。そろそろ無理だ。諦めろ」

ミサト「くっ」ドサッ

ゲンドウ「手間をかけたな」

加持「いえいえ。如何にエヴァを使うといってもパイロットあってですからね。とくに今回のことはダミープラグではできないことですし」

ゲンドウ「ああ」

青葉「司令!」

加持「ん?」

加持「レイとシンジくんを連れて来ました。レイの方は準備万端です」

ゲンドウ「そうか。...2人をエヴァに」

475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 20:43:28.95 ID:l0DcTo3M0

ーーーーーーーーーーー
司令室

日向「アスカくん、準備はいいかい?」

アスカ『ええ』

マヤ「日向さん!やめてください!」

トウジ「せやで!やめるんや!」

日向「ちっ、手足だけじゃなく口も塞いどくんだったな」

アスカ『...』

日向「...アスカくん、本当に大丈夫なんだね?」

アスカ『ええ。...あたしは自分で選んでここに来たのよ』

日向「よし!エヴァンゲリオン弐号機!
発進!!」

ガシュゥゥゥウウ

青葉「まずアスカが出たか」

日向「青葉。シンジくんとレイは?」

478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 20:48:53.66 ID:l0DcTo3M0

青葉「どちらも準備完了だ。シンジくんは
まだ意識が戻ってないがね」

日向「よし。零号機、エントリープラグ挿入!」

青葉「初号機もエントリープラグ挿入だ」

ーーーーーーーーーーー

シンジ「!...ここは、エントリープラグの中?なんでこんな場所に...」

青葉『やあ、シンジくん』

シンジ「青葉さん!?なんなんですかこれ!」

青葉『悪いね。俺たちの勝ちだよ』

シンジ「そんな...」

青葉『それじゃあね、シンジくん』

シンジ「待って!」

青葉『エヴァ初号機射出!』

ドシュウウウゥゥゥゥ

482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 20:57:07.85 ID:l0DcTo3M0

ーーーーーーーーーーー

ゲンドウ「揃ったな」

加持「ええ。エヴァ、零号機、初号機、弐号機です」

ゲンドウ「これでEVA48計画がはじまる」

シンジ『なんだよ、これ。アスカ、綾波!...父さん!』

アスカ『...』

レイ『...』

加持「ええ...3人を戦わせて、一番強いパイロットとエヴァを決め、そのデータを量産機にコピーして、より優れた動きを可能にした最強のエヴァ集団EVA48を作るんですね」ゴクリ

ゲンドウ「え。なにそれ」

加持「え」

ゲンドウ「そんなことしないよ?」

加持「え?」

490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 21:07:24.30 ID:l0DcTo3M0

日向『違いますよ、加持さん。量産機が房総しても礼儀正しくあれるように既存のエヴァ三体でエヴァとしての礼儀作法を作り、それを48体のエヴァに振り分ける計画ですよ』

ゲンドウ「えっ」

日向『えっ』

リツコ『ちがうわよ、日向くん。既存のエヴァ三体でより高度なチームプレーを記録して、48体のエヴァ量産機により円滑な集団行動をさせるのよ』

ゲンドウ「えっ」

リツコ『えっ』

青葉『違いますって、赤木博士。このエヴァ三体に48手を教えて、より世間にむけて有効活用をアピールするためですよ。ネルフはエヴァを使って町を壊してるなんてイメージを失くすために!最近ネルフ反対の声が大きくなってますからね!』

ゲンドウ「えっ」

青葉『えっ』

アスカ『あれでしょ?アンビリカルケーブル無しで48時間戦い続けれるようになるための計画でしょ。量産機はそれができるようになったことを見越して用意してるんでしょ』

ゲンドウ「えっ」

アスカ『えっ』

シンジ『ちょっと待って、頭痛くなってきた』

501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 21:16:25.59 ID:l0DcTo3M0

シンジ『え?なんなの?!誰も知らないの!?あんなに協力してた青葉さんまで!?』

青葉『ちょ、マジごめん』

シンジ『いや、べつに謝らなくていいですけど』

加持「おかしーなー」

リツコ『あれー?』

日向『うーん』

アスカ『んー?』

シンジ『...みんな、あれでしょ。父さんが意味深なかんじで言うから誤解に誤解を重ねてなんとなく自分で解釈した気になってたんでしょ』

ゲンドウ「...レイ」

レイ『!』ビクッ

ゲンドウ「レイはもちろん知ってくれていたよな?」

レイ『...』オロオロ

509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 21:21:26.64 ID:l0DcTo3M0

シンジ『綾波。本当のことを言ったほうが』

レイ『...』

ゲンドウ「...」

シンジ『...』

レイ『え、エヴァで48時間マラソン、的な?』

ゲンドウ「すまなかった、レイ」グスッ

レイ『あっ...』

シンジ『...』

アスカ『...』

加持「...」

シーン

ゲンドウ「...から」

シンジ『?』

ゲンドウ「今から!!EVA48のセンターを!!決める!!!総選挙を!!!!行います!!!!!」

516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 21:27:20.85 ID:l0DcTo3M0

加持「う...ううぇーい!」

青葉「い、いえーい!!総選挙ー!」

日向「さ、三体しかいないけど、総選挙ー!う、う、うえーい!」

リツコ「総選挙!はぁい!総選挙!」

アスカ『よ、よっしゃー!頑張るわよ、弐号機!』

レイ『頑張ろうね、零号機』

シンジ『みんなあの空気に耐えきれなくて無理矢理テンション上げる大学生みたいになってる...』



ミサト「な、なんなのこれは」

冬月「どうなってるんだ」

マヤ「意味がわかりませんね」

トウジ「よーわからんけど、頑張れシンジー」

522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 21:33:59.18 ID:l0DcTo3M0

ゲンドウ「ミュージックスタート!」

〜♪

加持「これは、俺が司令の周りで見つけたポップミュージック!」

ゲンドウ「歌詞はこれだ」

青葉「あの時書いてたのは四十八手じゃなくて歌詞だったんですね!」

ゲンドウ「レッツスタートダンシング!」

アスカ『エヴァが勝手に踊りはじめた?!』

リツコ「あの時エヴァに読み込ませたのはこのダンスの動きだったのね」

ゲンドウ「これこそ、歌って踊れる人造人間アイドルユニットEVA48に相応しい!まだメンバーは三体だがこれからどんどん増えるぞ!とりあえず今日はこの中からリーダーを決めよう!」

「イエーイ!!」

シンジ『なんだこれ、なんだよこれ...なにかがおかしいよ!』

528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 21:39:40.99 ID:l0DcTo3M0

シンジ『こんなのおかしいよぉぉぉぉおおおおおお!!!』

ドオォォン

ゲンドウ「こ、こら!シンジ!暴れるんじゃない!!」

シンジ『こんなの間違ってるうううううううう!!!』

ドオォォン

加持「シンジくん!やめるんだ!」

シンジ『なにがアイドルユニットだ!!!そんなもの僕が全部ぶっ潰してやる!!!!』

ドオォォン

ミサト「シンジくん!」

シンジ『アイドルなんてものが日本の音楽業界を腐らせていくんだぁぁぁぁぁぁぁあああああ!!!!』

ドオォォン

アスカ『シンジ!やめなさいって!』

534 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 21:44:35.70 ID:l0DcTo3M0

冬月「碇!上を見ろ!」

ゲンドウ「あ、あれは...量産機!?予定よりかなり早いぞ!」

加持「しかも45体そろってる!」

ゲンドウ「メイドインチャイナも最近は侮れなくなってきたな...!」

ミサト「アスカ!レイ!量産機と強力してシンジくんを止めるのよ!」

アスカ『わかったわ!』

レイ『はい!』

シンジ『うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああ
ああああああああああ!!!!』

ピューン

サクッ

加持「あれは!」

冬月「ロンギヌスの槍!!」

543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 21:49:53.46 ID:l0DcTo3M0

ゲンドウ「ロンギヌスの槍が初号機に...」

青葉「ちょっ、どうなってるんですか!?」

日向「量産機の形状も変化し始めました!」

レイ『でっかくなっちゃった〜!』

ミサト「レイが巨大化!?」

トウジ「今、綾波の乳首見えたで!見たったで!」

ゲンドウ「なにが...どうなってるんだ」

シンジ『うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああ
あああああああ!!!!!!』

アスカ『シンジぃぃいい!』

加持「ふっ...これが、あれか」

ミサト「サードインパクト!」

546 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 21:53:38.22 ID:l0DcTo3M0

シンジ『うわあああああああああああああああああああ』



















ユイ「シンジ、性器ヘルペスに気をつけなさい」





シンジ『はい!』

パアアアア...

558 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 22:02:17.20 ID:l0DcTo3M0

シンジ「これは...」

トウジ「どないしてん、シンジ」

ケンスケ「そうだよ。早く映画見に行こうよ」

シンジ「映画?」

トウジ「なんやー?忘れたんか?今日はエヴァの新劇場版Q見に行くって言うとったやんけ」

ケンスケ「そうだよ。いい席予約したんだから遅刻したくないよ」

アスカ「あら、あんたたち、どこ行くの?」

トウジ「んー?映画行くねん」

アスカ「奇遇ね。私たちもよ。エヴァの新しくやつ。ね、ヒカリ」

ヒカリ「うん」

トウジ「なんや委員値もか」

563 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 22:07:56.55 ID:l0DcTo3M0

ケンスケ「もしかして同じ回?2時からの」

ヒカリ「あ、ほんとだわ。一緒ね」

シンジ「...」

トウジ「なんやー、センセ、今日はずっとぼーっとしとるな」

シンジ「あ、うん、そうかな」

トウジ「せやで。んっ、あれは綾波」

シンジ「えっ、どこ?」

トウジ「あほがみーるーぶたのけーつー!」

シンジ「なっ...」

トウジ「ほんま、シンジは綾波のことになると目がないなー」

アスカ「ちょっと!くだらないことやってんじゃないわよ!」

トウジ「はいはい」

シンジ「...あ。綾波だ」

トウジ「いや、だから、嘘やって...ほんまや」

レイ「...」スタスタ

567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 22:13:21.38 ID:l0DcTo3M0

シンジ「綾波!」

レイ「あ」

シンジ「どうしたの?ひとりで」

レイ「映画に行こうとおもって」

シンジ「!...それってなんの映画?」

レイ「エヴァQ」

トウジ「オバQみたいやな」

シンジ「そうなんだ!今から僕らみんな行くんだ!一緒に行こうよ!」

レイ「...うん」

シンジ「!」ドキッ

アスカ「なに顔赤くしてんのよあんた」ゲシッ

シンジ「ちょ、痛いよアスカ」

ケンスケ「おーい、置いてくよー」

571 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 22:26:14.08 ID:l0DcTo3M0

アスカ「ほら、バカシンジ、早く行くわよ」

シンジ「うん、わかってるよ。行こう、綾波」

レイ「うん」


カヲル「ねえ、少しいいかい?」

シンジ「っ?...君は」

レイ「?」

アスカ「シンジー?誰そいつ知り合い?」

トウジ「どないしてん、はよこいやー」

カヲル「君たち、エヴァQを見に行くのかい?」

ケンスケ「そうだよー」

ヒカリ「それがどうかしたの?」

カヲル「実は今から僕も行くところなんだ。ただ、終わった後に語らう仲間がいなくてね。ご一緒してもいいかい?」

トウジ「おー。かまわんで」

カヲル「ありがとう。君も、構わないよね?」

シンジ「ぼ、僕?う、うん。いいんじゃないかな」

572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 22:31:24.46 ID:l0DcTo3M0

カヲル「そうか。ありがとう」

シンジ「うん」

アスカ「ちょっとー、あたしは許可してないんですけど〜?」

ヒカリ「いいじゃない、アスカ。人は多いほうが楽しいわよ」

アスカ「そ、そう?」

ヒカリ「ええ」

シンジ「...ねぇ、君、名前は?」

カヲル「ん?あぁ、名乗ってなかったね。渚カヲルだよ」

シンジ「僕は碇シンジ」

カヲル「ふふっ。よろしくね」

シンジ「こちらこそ」

573 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 22:33:40.24 ID:l0DcTo3M0

シンジ「それじゃあ、行こう!映画館に!」

カヲル「ところでシンジくん。性器ヘルペスとアイドルって知ってるかい?」

シンジ「?...いや、知らないかな」












おわり

585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/18(日) 22:37:26.54 ID:l0DcTo3M0

俺の土日が消えた
じゃあのおまえら
ちなみにQはまだ見てない



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「……家賃……来週まで待って」