リツコ「レイ・クローンズにも性欲はあるのよ。シンジ君」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【艦これ】 長月「9月」 菊月「9日」 【SS】

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 01:39:19.18 ID:K7c/51sF0

シンジ「な、なに言い出すんですか。いきなり ///」

リツコ「むしろあなたの知る綾波レイより本能に忠実で、常に性欲を持て余しているわ」

シンジ(どこかで聞いたような台詞だ…)

リツコ「というわけで、彼女たちのお相手、頼んだわよ」

シンジ「へ?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 01:45:55.80 ID:K7c/51sF0

シンジ「お相手って、なんですか!? それ」

リツコ「おそらくあなたが今想像、いえ妄想している通りじゃないかしら」

シンジ「///」

リツコ「あの子たちの秘密を知っていて、任せられる人間はそう多くないの。これは分かるわね?」

リツコ「それに、あの子たちが揃って微笑むのを見たでしょう?」

シンジ「は…はい」

リツコ「魂が無いはずなのに、まったく人格が無いのとも違うのよ。そして不思議と、あなたの知る綾波レイと共鳴しているわ」

シンジ「共鳴、ですか」

リツコ「ええ。そして綾波レイは、あなたと一つになりたいと願っている」

シンジ「あ、綾波が?? まさか」

リツコ「信じなくてもいいけど、とにかく、シンジ君を指名する理由は以上よ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 01:50:52.11 ID:K7c/51sF0

リツコ「まぁ、拒否するなら仕方ないから他を当たるけど」

シンジ「他って、例えば誰なんですか?」

リツコ「さあ? そこらで元気の余っていそうな中高生にでも声をかけてみようかしら」

シンジ「そんなっ」

リツコ「口封じに家族でも使って脅して―――」

シンジ「そんなのって……」

リツコ「…」

シンジ「分かりました。やります。僕がヤります」

リツコ(チョロい)

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 01:57:11.49 ID:K7c/51sF0

セントラル・ドグマ

シンジ「お…おじゃましまーす…」

レイs「「「「「!」」」」」

シンジ「…」

レイs「「「「「フフッ」」」」」

シンジ(う。相変わらずコワイ)

シンジ(でも……)

シンジ(この人数の綾波と、エッチなことするのか……)ドキドキ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 02:03:04.45 ID:K7c/51sF0

シンジ(まずは、様子も見たいし一人だけ出そう)

ジャバ

レイA「…」

シンジ「わぁ…」

シンジ(全身びしょ濡れで、裸で。女の子の裸なんて、綾波の部屋でもここでも、ちゃんと見るどころじゃなかったけど)

レイA「ふふ」

シンジ(え、えろぃ)

レイA「イカリクン」

シンジ「は! はい!」

レイA「イカリクンっ」ガバッ

シンジ「うぁ!?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 02:11:03.13 ID:K7c/51sF0

シンジ「わむンっ」

レイA「ちゅル、ンちゅちゅぅ、ハァ、レルレルチュぷぷ……ちゅ〜〜」

シンジ「ん、ん、んん〜〜!?」

シンジ(いいいいいきなり、こんな)

チュゥゥ

シンジ「!」ジタバタ

チュゥゥゥ

シンジ「…!」ジタ

ジュプルルルルルレルレルレルレル

シンジ「」

レイA「…………はァァ」

シンジ「ふぁ…」トロン

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 02:14:33.98 ID:K7c/51sF0

一方

アスカ「ミサト。シンジは? 呼び出し食らってネルフ行ったきなんだけど」

ミサト「シンちゃんなら、今日からしばらく本部に泊まりこみよ」

アスカ「は?」

ミサト「なんか、リツコが進めてる新兵器のテストだかで、パイロットが必要なんだって」

アスカ「なによそれ。ていうかミサト、立場のわりに情報が曖昧過ぎない?」

ミサト「だって教えてくれないんだもん…」

アスカ「はぁ〜ぁ。ご飯どうすんのよ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 02:22:56.08 ID:K7c/51sF0

シンジ「う、ぁ…ンっ」

ズプ…ジュプ…ズリ…

レイA「ン、ハァ、イカリ…クン、ハァ」

シンジ「あやな、みぃ…ッ、く」

ズプ…ジュプ…ズリ…

シンジ(これじゃ、押し倒されてただ犯されてるだけだ)

シンジ(いや……性欲解消になればいいんだから、それでもいいのかな?)

レイA「ンンン、ン!」

シンジ(気持ちいいし。僕の上で綾波が腰振って、お、おっぱいが、フルフル揺れててスゴイし)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 02:36:37.35 ID:K7c/51sF0

シンジ(そうだ。現実感なさすぎてぼっとしてたけど、僕、今、こんな可愛い子とエッチしてるんだ!)

シンジ「うぅっ」

シンジ(マズいっ。意識したら急に……このままじゃ、すぐ出ちゃう……!)

レイA「ァァ、ァ、ァ〜〜」ビククッ

シンジ「!?」

レイA「ハァ……」

シンジ「あ、綾波?」

シンジ(まさか、もうイったの……? 初めてのはずなのに)

シンジ(本能が強いせい?)

レイA「///」ウットリ

シンジ「……ゴクッ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 02:44:51.48 ID:K7c/51sF0

シンジ(そう言えば…さっきは焦っちゃったけど)

シンジ(『妊娠はしないから避妊も考えなくていい』ってリツコさん言ってたんだった)

シンジ(―――僕しかいないから引き受けたけど、あくまで冷静に、仕事としてこなさなくちゃって思ってた。綾波に悪いって)

シンジ(でも)

レイs「「「「「イカリクン♥」」」」」

シンジ「…」ドクン、ドクン

レイs「「「「「フフフッ♥ イカリクン♥」」」」」

シンジ「む、無理だ、そんなの」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 02:49:44.91 ID:K7c/51sF0

ジャバジャバ

レイB「イカリクン」

レイC「…」

レイD「ヒトツに。イカリクン」

レイE「ネ」

シンジ「う、うん! はぁ…はぁ…はぁ」

シンジ「あやなみぃっ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 03:01:31.44 ID:K7c/51sF0

ズップ、ズップ、ズップ

シンジ「あ、ぁぁ、気持ちイイ、イイよっ綾波っ!」

レイB「ン、ア、ア、ア、ア」

シンジ(こんな…っ、こんなエロい身体の女の子と、好きにできるなんて……!)

モニュ

レイC「アッン」

シンジ(おっぱいだって、いっぱいあって、揉み放題で)

モニモニモニモニ

レイD「ン…ァ、ゥン」

シンジ「ああ、やわらかい…」

レイE「イカリクン、イカリクン! ン、ちゅ〜〜っ」

チュゥゥゥレロレロチュププ

シンジ(ふぁぁぁぁ…)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 03:11:59.40 ID:K7c/51sF0

シンジ「くぅ、出る…く、あやな、綾波っ!!」

ドクッ
ドビュプププププププ!

レイB「ア、アァァンンン!」ビクビク

シンジ「はぁ、はぁ」

レイB「」ウットリ

シンジ(め……めちゃくちゃ沢山出ちゃった。こんなの初めてかも)

レイs「「「「「イカリクン」」」」」

シンジ「あ…えっと……」

シンジ「な、舐めてみて。なんて言ったら通じるのかな……調子に乗りすぎだったら、ゴメ…んぁう!?」

レイC「レロぉ…ぴちゃっ」

シンジ「あ、あ」

レイD「んちゅ、チュルル、チュプ」

レイE「イカリクン…れろ、れろ、じゅるっ」

シンジ「あああぁぁ」

シンジ(ここって…天国なのかも…)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 03:20:27.91 ID:K7c/51sF0

学校

シンジ「おはよう」

アスカ「シンジ! あんた昨日なにしてたのよ」

シンジ「き、きのう!?? そそれはえっと、あの」

アスカ「…取り乱しすぎ」

シンジ「いや…リツコさんの指示で、新兵器のテストしてて…詳しくは機密だから誰にも言うなって」

シンジ(って説明しとけって、リツコさんが)

ケンスケ「新兵器!?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 03:22:02.06 ID:K7c/51sF0

アスカ「ふん。私にまで秘密ってのが気に入らないわね。で、あんた、いつまで泊まりこみなの?」

ケンスケ「おいおいシンジ、なんだよ新兵器って! 聞いてないぞ俺!」

シンジ「そりゃ、機密だから」

アスカ「ちょっと」

ケンスケ「うわ〜超気になる〜。なぁ、せめて妄想のヒントだけでいいから、ヒントくれ」

シンジ「そういうの無理だって、ホントは僕より分かってるくせに」

アスカ「あああうっさい!」

ケンスケ「イテっ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 03:31:08.05 ID:K7c/51sF0

レイ「……お早う」

シンジ「ぁ… ///」

アスカ「ん?」

トウジ「シンジ、どないした?」

シンジ「お、お、おはよ、ぅ」

レイ「?」

シンジ「…」ドキドキ



シンジ(びっくりしたぁ。昨日、綾波の身体とエッチしまくってきちゃったから)

シンジ(あ……思い出したから、膨張しちゃった。恥ずかしい)

シンジ「はぁ〜」

シンジ(早く放課後にならないかなあ)

レイ「?」

アスカ「な〜んか変ね」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 03:37:45.88 ID:K7c/51sF0

セントラル・ドグマ

シンジ「来たよ!」

レイs「「「「「イカリクン!!」」」」」

シンジ「今、出すから待ってて」

バシャバシャッ

レイF・G・H・I・J・K「♥」

シンジ「…は…始めよっか…」ドキドキ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 03:51:55.08 ID:K7c/51sF0

レイK「ア! ア! ア!」

ヌプッ! ズプッ! ズルルッ!

シンジ「うぅ…すごいよ、あやなみぃ」

シンジ(やっぱり、こうやってされるがままになるのもイイ…!)

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 03:53:18.62 ID:K7c/51sF0


レイF「ん、フフ」ムニムニ

シンジ「ふぁ」

シンジ(顔の上に、きれいなおっぱい乗っかってきて、乳首でこすられて…!)

レイG「ちゅぱ、ン、チュチュ」

レイJ「チュぅ、ふチュ、れるレロレロ」

シンジ「はぁ、はぁ、はぅっ」

シンジ(身体中舐めつくされて…!)

レイH「イカリクン、イカリクン」スリスリ

レイI「ン、ン、ンン」スリスリ

シンジ(全身の肌で絡みつかれて…!)

シンジ「くぅぅ、うぅっ!」

ドプッビュルルルルルルッッ!

シンジ(思うまま射精できて……! あああ、エヴァのパイロットになって良かった!)

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 03:58:26.41 ID:K7c/51sF0

―――

シンジ「…………はぁ」

シンジ「綾波たちも、せ、性欲解消できた? さすがに一度に全員の相手は無理だけどさ」

レイY「…」コクコク

レイW「イカリクン、スキ」

レイO「スキ」

シンジ「あ…ありがとう ///」

シンジ(なんにも知らない子を騙してるみたいで、なんだか気が引けるけど)

シンジ「……」

シンジ「それにしても。魂無いって言うけど、実際、物覚えいいよね」

レイP「?」

シンジ「こっちの綾波たちにも、もっと色々教えてあげられないのかな……」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 04:06:44.51 ID:K7c/51sF0

リツコ「駄目よ」

シンジ「え。で、でも。世の中のこととか、言葉とかは教えたっていいじゃないですか」

リツコ「子供の浅知恵ね。世間について知れば、外に出たいという欲求を抱かせることになるのよ?」

リツコ「なのにあの子たちを解放するわけにはいかない」

リツコ「今のまま何も知らないのと、自らを不幸と感じながら一生閉じ込められて過ごすの、どちらがあの子たちの幸せかしら」

シンジ「それは…」

リツコ「それにね。外で生きるには広い住居や、生活費が必要なの」

リツコ「あの子らがいてもいなくても、どちらにせよ維持しなければならない施設等の費用の他に、誰が家やお金を工面してくれるかしら?」

リツコ「自分でそれを用意できないなら、安易な同情を振りかざす資格はないのよ。シンジ君」

シンジ「……」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 04:15:46.18 ID:K7c/51sF0

シンジ「それでも、言語くらいなら…」

リツコ「シンジ君。もう一度言っておくけど、あの子たちに魂はないの」

リツコ「レイと同期してその影響を受け、半ば以上本能で動いている。以前説明した通りよ」

リツコ「物を教えても私達と同じようには育たない。下手に深入りすると、取り返しのつかないことになるわよ」

シンジ「…魂ってなんですか? 納得できないです」

リツコ「納得はしなくていいわ。ただ、諦めなさい」

シンジ「……」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 04:23:17.67 ID:K7c/51sF0

シンジ(リツコさんはあんな風に言ってたけど)

シンジ「ただいま」

レイA「カエッテキタ!」

レイG「イカリクン!」

シンジ(ほら。ほんのちょっと話しただけで、最初より言葉も表情も豊かになってる)

シンジ(きっと、考える力がないって甘く見てるだけなんだ)

シンジ(こっちの綾波だって生きてる…もっと話せるようになるくらいならいいじゃないか)

レイR「イカリクン♥」プルン

レイU「マタ、ツヅキ♥」フルルン

シンジ「ゴクッ」

シンジ(そ、それはそうと、頼まれた仕事のほうもきちんとこなさないとダメだよね!)

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 04:33:55.05 ID:K7c/51sF0

ジュプッジュプッジュプ

レイE「アッアッアァァァァ」

ジュプッジュプッジュプ

レイP「ヒァァァァァァ〜〜!」

ジュプッジュプッジュプ

レイS「イイィ、ア、フアァァァ、ンア〜〜〜ッッッ!!」

シンジ「あああ、最高、最高だっ」



レイ「…ン…ンン」

レイ(また。身体が熱い……どうして?)

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/28(日) 04:38:50.06 ID:K7c/51sF0

お家

ガサガサ

アスカ「ん? あれ、シンジ。あんたもう帰ってきたの?」

シンジ「ううん。荷物取りに来ただけ」

アスカ「ふ〜ん。本なんか抱えちゃって、そんな暇なわけ?」

シンジ「そういうわけじゃないよ」

シンジ「ご飯、少し作って冷凍しとくから、テキトウに食べといて」

アスカ「はいはい」



シンジ「それじゃ、また行ってきます」スタスタ

アスカ「…」

アスカ「…なんかツマンナイ」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/10/28(日) 04:42:36.86 ID:K7c/51sF0

前半おしまい。もし朝食後にスレあったら会いましょう



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門だらけ」