長門「ここの支払いは私に任せてほしい…」バリバリ


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「なに!?ハルヒが16年経ってもまだ北高にいてSOS団」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 20:45:39.00 ID:QXGbdw1w0

みくる「えっ」

ハルヒ「有希…?」

長門「なに?」バリバリ

ハルヒ「あ、あんたの財布ってもしかして…」

長門「そう。私の財布はマジックテープ式」

長門「それがなに?」

みくる「なにってwwマジックテープwww」

ハルヒ「マジックテープの財布wwwしかも女でwwww」

長門「笑われる理由が分からない…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 20:51:31.03 ID:QXGbdw1w0

みくる「笑われる理由が分からない…バリバリ」

ハルヒ「やwwwめwwwてwwwwみくるちゃんwwww」

長門「………」

みくる「長門さん、もう一度財布を開けてもらえますか?」

長門「なぜ?」

みくる「いいからやってください」

長門「……分かった」バリバリ

みくる・ハルヒ「wwwwwwwwwwwwwwwwwww」

長門「笑わないでほしい…」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 20:58:11.09 ID:QXGbdw1w0

ハルヒ「だって有希の財布、マジックテープのなんだもん」

長門「マジックテープ式の財布ならバリバリいうのは当然」

長門「それがなぜおかしいのか私には分からない」

みくる「そういうことじゃないんですよ、長門さん」

長門「ならどういうことか説明してほしい」

ハルヒ「あのね有希、高校生にもなってマジックテープ式の財布は…ブフッ!」

みくる「失礼wwwですよwww涼宮wwwwさんwwwww」

長門「……」

ハルヒ「ごめんごめん。だからね高校生でその財布を使ってるのは……」

みくる「バリバリ」

ハルヒ「やwwwwめwwwwwwれwwwwwwwww」





8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 21:05:45.70 ID:QXGbdw1w0

ハルヒ「ハァハァ…笑いすぎてお腹が痛いわ…」

ハルヒ「兎に角、高校生にもなってマジックテープ式の財布を使ってるのはあり得ないの」

みくる「そうです。その財布が許されるのは小学生までです」

長門「でも私はこの財布をとても気に入ってる」

ハルヒ「はぁ?そんなダサい財布のどこがいいわけ?」

みくる「そうですよ。そんな財布を使ってたらこっちまで恥かしいです」

長門「それでも私はこの財布がいい」

ハルヒ「ちょっと有希!恥かしい思いをするこっちの身にもなりなさいよ!」

みくる「長門さんのせいでSOS団の品格が下がってしまいます」

ハルヒ「みくるちゃんの言うとおりよ!有希、今すぐその財布を捨てなさい」

長門「断わる」

ハルヒ「なんですって!?」

長門「これは彼からプレゼントされた大事な物」

ハルヒ・みくる「えっ?」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 21:15:53.37 ID:QXGbdw1w0

ハルヒ「か、彼からプレゼントって…もしかしてキョン?」

長門「そう。この財布が彼がくれたもの」

みくる「なんでキョン君が長門さんに…」

長門「私の財布がボロボロになったため、彼がプレゼントしてくれた」

ハルヒ「へ、へぇー…キョンの奴、お古をくれるなんて良い奴じゃない」

長門「違う。この財布は彼に買ってもらった」

長門「正真正銘、彼からのプレゼント…」

ハルヒ「なっ!?」

長門「彼と一緒に選んだ思い出の品」

みくる「一緒にってどういうことですか!長門さん!」

長門「この財布を買うため、世間一般でいうところのデートをした」

ハルヒ・みくる「!!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 21:24:19.19 ID:QXGbdw1w0

ハルヒ「なんで財布を買うのにデートする必要があるのよ!」

みくる「そうです!そうです!」

長門「“せっかくだから色々見て回ろうぜ”…彼にそう誘われた」

ハルヒ「あのバカキョン!」

みくる「そ、それで長門さんはキョン君とどんなデートをしたんですか」

長門「財布を買った後、まず彼とショッピングをした…」

みくる「へ、へぇ〜そうなんですか」

長門「あっ」

ハルヒ「どうしたのよ?」

長門「休日で人が多くて混雑していたから彼と手をつないで歩いた」

ハルヒ「なんですって!?」

長門「“迷子になったらいけないだろ?”…彼の言葉」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 21:35:59.34 ID:QXGbdw1w0

長門「彼の手はとても大きくて温かい…」

みくる「ふ、ふぇ〜〜」

ハルヒ「ううっ…どうして有希が…」

長門「その後、彼とレストランに入ってご飯を食べた」

みくる「……どんなお店に入ったんですか?」

長門「オシャレなイタリアンレストラン」

ハルヒ「なんでそんな洒落た店にしたのよ!」

みくる「そうです!そんな高そうなお店を選んでキョン君が可哀想です!」

長門「彼がこの日のためにわざわざ予約を取っておいた」

ハルヒ「えっ…?」

長門「このお店の料金は高いはず…」

長門「でも彼は…“お前を喜ばせたいからな、気にすんなよ”」

ハルヒ・みくる「……」

長門「彼との食事はとても美味しかった」


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 21:42:34.13 ID:QXGbdw1w0

ハルヒ「な、なによ!そんなの!」

みくる「涼宮さん?」

ハルヒ「たかがデートしたくらいで調子に乗るんじゃないわよ!」

長門「べつに調子に乗っていない」

長門「あなたがイライラしているだけ」

ハルヒ「なっ!?」

みくる「でも結局、キョン君からのプレゼントってその財布なんですよね?」

ハルヒ「そうよ!そんなダサい財布を貰ってもねww」

みくる「そうですwww少しもうれしくないですよwww」

長門「そんなことはない」

ハルヒ「まっ有希にはその程度の贈り物って十分ってことねww」

みくる「普通ならもっとマシなプレゼントをするはずですww」

長門「でもこの財布は彼とおそろい」

ハルヒ・みくる「えっ?」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 21:51:34.07 ID:QXGbdw1w0

ハルヒ「ど、どういうことよ…」

長門「この財布と同じ物を彼も一緒に買った」

長門「だから彼とおそろい」

みくる「で、でもマジックテープのおそろいなんて恥かしいですww」

ハルヒ「そうよ!そうだわ!あんたたち恥かしいペアじゃないのwww」

長門「彼を悪く言わないでほしい」

みくる「どうしてですかwwww?マジックテープカップルなのにですかww?」

長門「元々、この財布は私が選んで彼に買ってもらおうとした」

長門「でもそしたら彼が険しい顔をし始めた」

ハルヒ「当然じゃないwwそんなダサい財布を選ぶんですものww」

みくる「キョン君が困惑して当然ですwwwww」

長門「彼もあなたたちみたいなことを言っていた」

長門「“正直、その財布を持ち歩いて笑われるかもしれないぞ”と」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/18(日) 21:58:53.75 ID:QXGbdw1w0

長門「でも私はどうしてもこの財布がほしいと頼んだ」

ハルヒ「有希、バカすぎwwwww」

みくる「私ならグッチの財布買ってもらいますwwww」

長門「“じゃあ、俺も長門と同じ財布を買うわ”」

ハルヒ「はぁww?なんでよwwww?」

長門「“もし財布をバカにされても一緒なら気にならないだろ?”」

ハルヒ・みくる「!!」

長門「だから私はマジックテープ式の財布でも恥かしくない」

長門「むしろこの財布は私に対する彼の好意の現れ……だから」


長門「ここの支払いは私に任せてほしい」バリバリ



                    〜完〜



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「なあ、ちょっと触ってもいいか?」