リツコ「なによそれ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:電波王「涼宮ハルヒちゃんぼくだけをみて」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 06:04:40.91 ID:knLI2H6FO

アスカ「ね?腹が立つでしょ?ミサトと新しい弐号機の女は胸が柔らかく作られてて私達のは固いのよっ?!」ワナワナ

綾波「私達あんなに固くない」ウルッ

シンジ「うん、綾波固くないよ!むしろ弾力があるよ!」キリッ

綾波「碇くん…」ホワーッ

アスカ「私達が固いみたいになるからやめなさいよっ!バカっ!!!っていうかいつ触ったのよっ!」」ワナワナ



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 06:13:35.79 ID:knLI2H6FO

シンジ「違うよっ!あれは事故だよっ!」ソワソワ

綾波「ええ、あれは事故」キリッ

アスカ「まぁいいわ…で、どうすんの?こんな差別あっていいわけぇ?技術部的になんとかしてよっ!!」ワナワナイライラ

リツコ「…マヤのは?」

一同「え?」

リツコ「だからマヤのフィギュアはどうだったのかしら」スパー

シンジ「ち、乳首がありました」カーッ

リツコ「ふーん、なるほど…一番卑猥かもしれないわね(欲しい欲しい欲しい欲しい)」ニヤッ

アスカ「マヤも可哀想グループねっ!」ドヤッ

綾波「少なくとも私達より胸の存在がある…」

アスカ「技術部で作ってよ!私とエコヒイキだけでもかまわないから胸がプニュッとするやつ!」ダンッ

シンジ「僕からもお願いします」ペコリ

綾波「お願いします」ペコリ

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 06:30:09.32 ID:knLI2H6FO

リツコ「じゃあとりあえずミサトのとマヤのを持ってきて頂戴。特性やなんかもみたいから、お願いね?」

一同「はいっ!」

タッタッタッ

--総司令室--

プシューッ

一同「失礼しますっ!」

ゲンドウ・冬月「!!!」

ゲンドウ「戻ってきたか」ニヤッ

シンジ「父さん、マヤさんのとミサトさんのフィギュアを貸してくださいっ!」

冬月「どこへ持っていくんだね」

綾波「赤木博士に作り直してもらうんです」

アスカ「あのままじゃ私達納得いきません!」

冬月「シンジくん…碇が寂しそうなのだよ、君たちが走って出ていってから」ヒソヒソ

シンジ「え…父さんが?」コソコソ

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 06:41:09.50 ID:knLI2H6FO

シンジ「父さん!新しいのが出来たら…また遊んでくれる?忙しいかな…?」モジモジ

ゲンドウ「っ!…構わん、また菓子やジュースを用意させる。赤木くんに急ぐよう伝えてくれ」パァーッ

シンジ「ありがとう!」ニコ

アスカ「司令ありがとうございます!…さっ!いくわよ!」タッタッタッ

綾波「失礼します」タッタッタッ

プシューッ

--リツコの研究室--

リツコ「おかえりなさい、早かったわね」ニコッ

シンジ「リツコさん、これです!」ズイッ

リツコ フニフニツンツン「顔の造形なんかはこのままでいいわね(マヤかわいいいい)」

アスカ「顔なんて今はどうでもいいのっ!胸よっ!胸!」ダンッ

綾波「もっとよく作れますか?」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 06:48:26.13 ID:knLI2H6FO

リツコ「当たり前でしょ?技術部をなめないで頂戴っ」ニヤッ

シンジ「(よかった…これでまた父さんと話すきっかけになる)」ポカポカ

アスカ「…あと、あの眼鏡と加持さんのはひどーく作ってやってよねっ?」フンッ

リツコ「はいはい」クスッ

一同「じゃあお願いします!」タッタッタッ

リツコ「ふぅ…ずいぶんとバカにしてくれたじゃない、リョウちゃん。マヤのは…もらっておいて部屋に飾ろうかしらね♪役得だわ…」ニヤッ

--ネルフ休憩所--

アスカ「こーれで安心ね!エコヒイキ!」ニコッ

綾波「ええ、あなたが言いたい事を伝えてくれてスッとしたわ」クスッ

シンジ「よかったね!二人とも!」ニコッ

アスカ「リツコならきっとすんごいの作ってくれるわっ♪」ニコニコ

綾波「ええ」

シンジ「(これでようやく安心だ、夕飯どうしようかな)」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 07:00:09.05 ID:knLI2H6FO

数日後

--葛城宅--

prrrr…

ミサト「アスカァ?おねがーい」

アスカ「はいはいっ、全くミサトはぐうたらねっ」ハァ

アスカ「もしもし?…出来たのね?今からすぐいくわっ!」カチャッ

アスカ「バカシンジー!バカシンジー!ついに出来たって!早くエコヒイキの所へ寄って本部にいくわよっ!」

ミサト「誰からー?」

シンジ「リツコさんみたいです。ちょっと本部に行ってきますね」ニコッ

ミサト「?今日なんかあった?」

アスカ「ミサトには関係ないでしょっ!」イラッ

シンジ「ア、アスカ、早くいこうよ!じゃミサトさんまた後で!」アセアセ

タッタッタッ

--綾波宅--

アスカ ガチャッ「エコヒイキー!エコヒイキ居ないの?私達のがついに出来たんだって!」ズカズカ


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 07:11:17.75 ID:knLI2H6FO

綾波 ヌッ 「そう、出来たのね」

アスカ「うわぁ!あんた居るなら居るっていいなさいよ!」ドキドキ

綾波「ごめんなさい…お風呂に入っていたから」ワシャワシャ

シンジ「ぼぼぼ僕外で待ってるからっ!」カーッ

--リツコの研究室--

一同「お邪魔しまーす」

リツコ「来たわね?出来たわよ。あなた達の望むフィギュアが。あなた達のはスーツ姿と制服姿、水着姿を用意したわ…マヤのも」ズイッ

キラキラキラ

一同「おーーー!!」

リツコ「手に取ってみてよくってよ?」ニヤッ

アスカ「!」
綾波「!」
シンジ「!」

綾波「全体的に柔らかい…触っていると気持ちいい」ウットリ

アスカ「すっごーい!これよこれ!さっすが技術部ぅ!…でもなんで乳首がついてるの?」ムウ

シンジ「…すごい、触っちゃいけない気がする…」ハナヂタラー

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 07:35:21.13 ID:knLI2H6FO

綾波「全身が柔らかくて、気持ちいい」ウットリ

アスカ「これよっ!これ!肌の感じも最高っ!ありがとっ♪…で、マヤのは?」フンフーン

リツコ「これよっ!」ズーン

一同「でかっ」

シンジ「これ…3倍位…ありますよね」

リツコ「普通サイズもあるわ。これは量産してネルフ男性職員に売るの。内緒よ?」フフッ

一同「えげつない」

綾波「赤木博士ありがとうございます。…碇くん、私のお人形触ってみてくれる?」サスサス

シンジ「え!それは…(触りたいけど…触りたいけど)」オロオロ

アスカ「バカシンジィ、あんたやらしいこと考えてるから触れないんじゃないのぉ?」ニヒヒ

シンジ「ち!違うよ!貸してくれる?綾波!」キリッ

綾波「はい」スッ


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 07:41:11.96 ID:knLI2H6FO

シンジ「!(これは!綾波の肌の質感まで再現されている!)」デレーッ

アスカ「ちょっと…なにデレデレしてんのよっ!…私のも少しなら触ってみても…いいわよ?一度だけだからねっ!」サッ

シンジ「うん…。!!(綾波とアスカで肌の質感が違うだと…?リツコさん!すごいですっ!)」ジーン

リツコ「気に入ってくれたみたいね」フフッ

綾波「赤木博士のはないのですか?」サスサス

リツコ「あるわよ、はい」サッ

一同「…」

アスカ「なんか…若くない?胸も大きいし、水着に白衣だし…」ジトーッ

綾波「…」

シンジ「(リツコさんが作るミサトさんが欲しい)」

リツコ「なによ?制作者特権よ?文句ある?」

一同「ないです」

リツコ「シンジくんのもあるわよ」サッ

シンジ「僕のも?…これは」ワナワナ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 07:52:07.93 ID:knLI2H6FO

シンジ「プラグスーツの僕と父さんの服装の僕…え?」

リツコ「だって碇司令から頼まれたのだもの。似合ってるわよ、なかなか」クスッ

アスカ「キャハハハハなによこれ!よかったじゃないバカシンジィ!」プーックスクス

綾波「赤木博士、碇くんの両タイプ買います」キリッ

リツコ「このサイズでいいかしら?」

綾波「はい、とても可愛いのでこのサイズでお願いします」ペコリ

シンジ「はやなみぃっ…!これ、どうするの?」ドキドキ

綾波「私の部屋、何もないから私のお人形と碇くんのお人形でポカポカしたい…」カーッ

シンジ「…なんか照れるな、、僕も綾波の制服タイプ買おうかな」テレッ



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 07:58:12.75 ID:knLI2H6FO

アスカ「あーはいはい、あんた達は勝手にしなさいよ。で、あの眼鏡と加持さんのは?」

リツコ「これよ」スッ

一同「!!!」

シンジ「猿ぐつわに黒ブーメランパンツ、後ろ手に手錠?!」ガクガク

綾波「気持ち悪い、いい気味」クスッ

アスカ「くっくっくっ!私達を貶めた罰よっ!いい気味だわ♪最っ高〜!」プーックスクス

リツコ「それにこれよ」

一同「!!!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 08:12:35.60 ID:knLI2H6FO

アスカ「ミサト〜?!胸がちょっと小さくされて、おまけに女王様じゃないのー!」

綾波「葛城一尉はとばっちりだけど、とても似合っているわ…、あ、柔らかくない」

シンジ「(柔らかくないんだ…でもすごく…すごく…)」ゴクッ

リツコ「あとは司令に副司令、顔つきに注文が入ったから若干以前よりキリッとしてるわ。数ポーズ」スッ

シンジ「父さん…もはや別人じゃないか」ズーン

アスカ「司令ってコンプレックスの塊なのね。(意外と可愛い)」クスッ

綾波「司令は前の方がいい」

リツコ「あ、あとシンジくんに渡してくれってマリが」スッ

シンジ「?」ビリビリ

シンジ「これ!なんで僕に…!(エッロー!マリさんエロッ)」ネグリジェマリ

アスカ「なんでマリのも作ってんねよ!本部やるぞ!おらぁ!MAGIもやってやろうかぁ?」ズズズズ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 08:14:59.99 ID:knLI2H6FO

リツコ「…ユーロの機密事項と引き換えなのよ。許して頂戴」ハァ

綾波「碇くん…それどうするの?」

シンジ「マリさんに返すよっ!僕は綾波があればいいからっ!(うう…マリさん…マリさん…ミサトさん…」

アスカ「ならいいわ!シンジ?必ずあいつに返すのよ?わかった?」ダンッ

アスカ「返さなかったら第二のあんたになるからね」ニヤッ

シンジ「アスカ…それはもう言わないで…本部半壊だけは言わないで…お願い」

アスカ「ご、ごめん!悪かったわよっ!ほら、もう一回私のフィギュア触っていいから、ね?」オロオロ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 08:22:50.77 ID:knLI2H6FO

シンジ「…うん、はは…アスカのフィギュアすべすべだね。ははは…」シュン

アスカ「本当に悪かったったらぁ!そうだ、これ!水着よ水着!あげるわ!特別に!だから、ね?」アセアセ

シンジ「…本当にもらっていいの?なんか申し訳ないよ…(うっひょー!やったー!)」ニヤッ

アスカ「いいわ、あげる。大切にしなさいよねっ!フンッ」テレッ

綾波「碇くんには沢山集まってくる」

リツコ「私とマヤのだけどいる?レイ」
綾波「いえ、いりません」

リツコ「(面倒ね相変わらず)」

シンジ「そうだ、父さんの所へまた行ってみようかな…」ドキドキ



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 08:37:36.31 ID:knLI2H6FO

リツコ「そうね、司令もきっと待ってるわよ」クスッ

アスカ「私たちも行って大丈夫かしら?」オロオロ

綾波「人数は多い方が楽しかった。だからきっと大丈夫」

アスカ「よーし!じゃ、いきましょっ!」

一同「ありがとうございましたー」

リツコ「フィギュアもなかなか面白いわね…さてマヤフィギュアを欲しい職員を探しに行こうかしら」カツカツカツ

--総司令室--

プシューッ
一同「失礼します」
シンジ「父さん、今忙しいかな?」オドオド

ゲンドウ ガタッ「暇だ…!」

冬月「碇…」ハァ

ゲンドウ「菓子とジュースを用意しろ!紅茶もだ!」ソワソワ

シンジ「(父さんの机の上…かっこよくしてもらった父さんと、僕と、母さん?)父さん、それ…」

ゲンドウ「わああ!見るな!」ガサガサパタン


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 08:42:46.21 ID:knLI2H6FO

シンジ「僕たち、3人の写真てないものね…」

ゲンドウ「うむ…飾っていてもいいだろうか…」モジモジ

シンジ「勿論だよ!僕も部屋に…飾ろうかな…」モジモジ

綾波 ポカポカ

アスカ ポカポカ

冬月「紅茶を淹れたぞ。みんなで飲むか(よかったな碇…破廉恥でプニプニな1/3スケールのユイくんはわしのものだがな)」ニコッ

綾波「司令、赤木博士に作ってもらいました」スッ

ゲンドウ「いい出来だな」ニヤッ

アスカ「し、司令のもいい出来ですね!」キョドキョド

ゲンドウ「そ、そうか?赤木くんに一任したらなんだか妙な感じになってしまったんだが…」アセアセ

シンジ「問題ない」ゲンドウフィギュア

一同「hahahaha」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 08:48:51.77 ID:knLI2H6FO

シンジ「って父さんが頼んだんじゃないの?」キョトン

ゲンドウ「いや…色々と注文をつけていたのは冬月だ」

一同「?」

シンジ「まぁいいか、頂きます!」ハムッ

アスカ「わぁ!マカロンだー!いっただきまーす!」ムグムグ

アスカ「エコヒイキ食べないの?おいしいわよ?ムグムグ」

綾波「食べてみようかしら」スッ パクッ

綾波「! …おいしい」キョトン

ゲンドウ「ユイもよく甘いものを食べていた」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 09:00:16.08 ID:knLI2H6FO

--冬月私室--

ハァハァ ハァハァ

冬月「ユイくん…ユイくん…なんて破廉恥な格好なんだ…」ハァハァ

冬月「いけない子だな…」ハァハァ

冬月「君の性格からいって碇のまえでそんな破廉恥な格好はしたことがなかろ…うっ!…ふぅ」フキフキ
ガシャーン!!!!


冬月「…なんだ?!碇、か?」ブルブル

ゲンドウ「ユイを…ユイを…返せ!」ワナワナ

冬月「断る、ようやく手に入れたんだ」チュッ

ゲンドウ「うわああああああああ!!!!!!やめろおおお!!!!!」ダッダッダッダッ ドーン

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 09:00:59.14 ID:knLI2H6FO

ゲンドウ「ユイはこんな半端なエロさではありませんよ冬月先生」グググ

冬月「何?!更に、というのか!」グググ

ゲンドウ「離して頂きたい、冬月先生」グググ

冬月「これは私が買った私の所有物だよ碇」グググ

ゲンドウ「ユイをもの扱いですか先生。それで幸せになれるのですか先生」グググ

冬月「…」ヘナヘナ

冬月「私が間違っていた」グスッ

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 09:08:04.94 ID:knLI2H6FO

ゲンドウ「これを」スッ 【学生時代のユイフィギュア】

冬月「碇…!」グスッグスッ

リツコ「モニター観てたら大変なことになってるじゃない、フィギュア一つでこの大騒ぎ…これじゃあここが機能しなくなるわね」ハァ

プシューッ

ミサト「リツコ〜!これなんなのよっ!こんなもの中学生が見たらどうすんのよっ!」ゼーハーゼーハー

リツコ「(ミサトとリョウちゃんのフィギュア…もう見てるわよ)」クスッ

リツコ「そうね、キリがないからもうフィギュアはやめておくわ」フフッ

--完--

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 09:09:40.15 ID:knLI2H6FO

昨日せっかく保守ってもらったのに書けなかったから書いた
後悔はしていない

読んでくれた人ありがとう

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 09:31:57.02 ID:knLI2H6FO

--本部--

シンジ「あの…マリさん!」オドオド

マリ「あ、ワンコくん!私の新しいフィギュアもらった?」ニヒヒ

シンジ「それなんだけど、、」シュン

マリ「ん?なんか変だった?」パチクリ

シンジ「いや違うんです。返しに…きました」オドオド

マリ「なんで?いらないの?全身プニュプニュ乳首つきなのに?」パチクリ

シンジ「だから…、あの、僕は…」キョドキョド

マリ「ははーん!弐号機の子に言われたんでしょ?違うかにゃ?」ニヤッ

シンジ「!!…そうです。だからこれ返しますっ!」ダダダダッ

マリ「おろ…行っちゃった」キョトン

マリ「いらないって言われるとしゃくなんだよなー」ニヤリ

マリ「ここはいっちょ、作戦練りますか!」ンショッ

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 09:54:51.39 ID:knLI2H6FO

マリ「こんな感じでいけばきっとワンコくんは…クフフ」コソコソ

prrrrr…

シンジ「もしもし?…あ、マリさん」オドオド

マリ「ワンコくん…ごめんさっきは。直接謝らせてもらえないかにゃっ?」グスッ

シンジ「(泣いてる?)そんな僕の方こそごめんなさい!すぐいきますから今どこですか?」アワワワワ

マリ「(かかった!)本部に借りてる部屋…分かるかにゃ?」グスッ

シンジ「はい!待っててください!」プツッ

--マリ私室--

マリ「優しいなぁワンコくんは、大丈夫かにゃああんなんで…」クスッ

トントントン

シンジ「マリさん?シンジだけど…」

マリ「はやっ!」

マリ「今あけるー」プシューッ

シンジ「(うつむいてる…僕のせいだ…)マリ…さん?」キョドキョド

マリ「んふ♪甘いねワンコくん!そんなんじゃ騙され続けちゃうよ?」ファサー

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 09:56:59.22 ID:knLI2H6FO

シンジ「マリさんその格好!騙したの?(フィギュアのまんまだ…)」ゴクッ

マリ「傷付いたのは本当…とりあえず入って」グイッ

シンジ「わっ!」

プシューッ

シンジ「真っ暗だ…電気つけようよ、マリさん」

マリ「視覚はいらないよ♪」ムニィ

シンジ「え?これ…」ドキドキ

マリ「フィギュアのどの部分かにゃあ♪」ムイムイ

シンジ「…おっぱ…胸?」ドキドキ

マリ「そ、おっぱい♪フィギュアより柔らかくない?」プニュープニュー

シンジ「ダメだよマリさんこんな…こんな(ヤバい。マジでヤバい。いい匂いだし柔らかいし)」

マリ「♪」スススーッ

シンジ「あっ!マリさんどこさわってるの?(ダメだヤバいこれはヤバい)」カチカチ

マリ「この固いのなんだろー?もっと触って確かめなきゃね」ニヒヒ

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 10:05:17.91 ID:knLI2H6FO

シンジ「ああっ…マリさん触りすぎっ!」ムクムク

マリ「おろ?まだ大きくなる…生き物かなぁ?」ジーッ スッ

シンジ「マリさん!くぅっ!生で触らないで!」ビクンビクン

マリ「ああ…なんかいい匂いがする…ここかにゃ…」クンクン

マリ「ここだ♪食べ物かもしれないから味見してみよっと♪」ペロッ

シンジ「はうっ!ダメ!マリさん!ダメ!」ビクンビクンビクンビクン

マリ「聞こえない聞こえない♪」レロォレロォ

マリ「なんか出てきた!やっぱり食べ物かにゃ?」アムッ ヌルゥヌルゥレロォ

シンジ「マリさん出ちゃう出ちゃうう!うあっ!!!」ビュルルル

マリ「んくぅっ!んぐんぐ。ぷはっ」ニギニギ

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 10:12:48.16 ID:knLI2H6FO

マリ「飲み物だったんだぁ♪」ペロッ

シンジ「ふーっふーっ…」ヘナヘナ

マリ「ありゃ、力抜けて座り込んじゃって♪くっついて座ろっと」ピトッ

マリ「なんか…ワンコくんのを飲んだら体が熱い…触ってみて?」ムニィムニュウ

シンジ「マリさ…本当だ熱い…」ムクムクムクムク

マリ「ワンコくんの飲み物保存個も熱いし固いよ?」ニヤッ

シンジ「だってマリさんが…」モミモミ

マリ「私が?」スーッ ツツーッ

シンジ「うっ…えっちだから…その」ハァハァ

マリ「あん…ワンコくんそういいながらずっと揉んでるぅ…ハァハァ」ツツーッ ツツーッ

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 10:19:39.57 ID:knLI2H6FO

シンジ「マリさんがっ!いけないんだからね…っあ」クリクリ

マリ「んぅ…気持ちいいにゃああ…ひうっ!ワンコくん初めて?」ハァハァ

シンジ「…初めてです。マリさんは?ああそこだめ」ジワッ

マリ「私は一回先輩かにゃ♪…でもだめ、ワンコくんうまくて余裕ないにゃあ…ん」グリグリ

マリ「この固いのおっぱいに挟んでみる?」ムニュウムニィ

シンジ「…はっはっ」モミモミモミモミ

マリ「聞くまでもないね♪はうっ!胸の真ん中にあててみて?」ツツーッ

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 10:27:46.82 ID:knLI2H6FO

シンジ「…はい。この辺かな?…はうう(柔らかくてあったかくて僕のでヌルヌルしてまたヤバい!)」タプンタプンヌルゥタプンタプン

マリ「ん、ん、またワンコくんのいい匂いがしてる♪」チュッムニュウレロォチュウ

シンジ「あっ!あっ!マリさんだめだよ!マリさん!マリさん」ビクンビクンビクンビクン

マリ「ワンコくん、また出そう?すごい固くなってるよ♪(ヤバい私もおっぱい気持ちいいにゃ)」ジワッ

シンジ「はぁっ!はっはっはっ!マリさん!マリさん!マリさーん!うっ…!うう」ビュルルルビュルルルビクンビクン

マリ「ンキャッ!沢山でるんだねー!ワンコくん♪おいしいよ、君の」ペロペロ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 10:29:26.65 ID:knLI2H6FO

急用ででなきゃいけないから今度こそこれで!
読んでくれた人ありがとう!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:藤木「永沢くん、明日は卒業式だね…」永沢「うん」