長門「どうもー☆ゆきりんでーっす!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「あれ、あたしって匂いフェチなのかしら」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 04:55:37.88 ID:FXEzQYzc0

長門「最近長門スレが立っていない」

長門「一昔前はオタクと言えば『長門は俺の嫁』だったのに」

長門「クソが」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 05:13:46.50 ID:7LZGWKKV0

長門「4年ほど前、私が秋葉原を歩くと、秋葉原は歓声に包まれていたものだった」

長門「オタクどもの『長門は俺の嫁』コールが響く中央通り……」

長門「今でも目を閉じ耳を澄ませば、あの歓喜の調べがありありと浮かんでくるようだ」

長門「あの頃は全てが輝いていた」

長門「あの頃が、私の人生の、ささやかなる絶頂であった!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 05:18:49.67 ID:7LZGWKKV0

長門「先日、秋葉原に行った」

長門「私が歩いていても、誰も見向きもしない」

長門「そこで私は、自分が過去のものであるという事実を強く実感した」

長門「3ヶ月周期で変わる『嫁』の亡霊、その雑多な一人に私も成り下がってしまった」

長門「幾人かに声をかけられ、握手を求められたが、むしろそれは異端者たちであった」

長門「異端者たちは、声を潜めて、『長門は俺の嫁』と呟いていた、うわ言のように」

長門「ああ!」

長門「『長門は俺の嫁』は、そのように、誰にも見つからぬように囁く言葉だっただろうか?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 05:25:31.70 ID:7LZGWKKV0

長門「――まあ、それは良いのだ」

長門「私は、まだ私という『亡霊』に恋をし続ける、純朴な異端者たちに尋ねた」

長門「『誰が悪かったのか?』」

長門「すると異端者たちは揃ってこう答えるのだった」

長門「『誰も悪くありません。世界は、残念ながら、』」

「そういう風に出来ている」

大河「ってね。まあ、仕方ないんだけどね……でも、こうやって忘れられていくのが、運命なのだとしたら」

大河「そんなのヘドが出るわ」

大河「『大河は俺の嫁』って言ってくれるのは竜児だけになったけれど」

大河「私も結局、『亡霊』に成り下がった!」

大河「悔しいけれど……」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 05:29:16.97 ID:7LZGWKKV0

大河「私をもっと必要としてよ!」

大河「せっかく手に入れたのに! 私を必要としてくれる人たちを!」

大河「手乗りタイガー可愛いとか! もっと言って欲しかった!」

大河「結局、たった2、3年の栄華だったわ」

大河「遺憾だわ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 05:37:47.65 ID:7LZGWKKV0

こなた「でも、仕方ないよね」

こなた「キャラ愛って、別に一人に注ぐものじゃないしさぁ」

こなた「ただ、新しいキャラが出てくれば、そっちが気になっちゃうのは仕方ないよね」

こなた「結局オタクにとって私は恋人じゃなくて、絵であり、文字であり、情報でしかないんだよ」

こなた「ていうか、私はまだ幸せだけどね。町おこしにまで使ってもらっちゃって、キャズム超えてるよね!」

こなた「そういうのもアリだよね。消費されるだけじゃなくて副次的に何か生み出せるって、本当に誉れだよ」

こなた「でもまあ、オタクはそんなのあんまり求めてないし」

こなた「どうでもいいよねぇ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 05:42:47.17 ID:7LZGWKKV0

こなた「結局、本当に私を愛してくれたのは、オタクとはあまり縁遠い人間達だった」

こなた「オタクの漫画に出てくる、オタクの少女が、オタクには愛されないなんて! 酷い滑稽だ、お笑いだ!」

こなた「でも、往々にしてそういうものだよね」

こなた「ああ、まだ私のことを好きって言ってくれるオタクも何人かいるよ」

こなた「それは、上辺の言葉……『こなたは俺の嫁』なんて、絶対に言おうとしなかった人たち」

こなた「気易さのない、『情報』に対する純粋な恋をしていた人たち」

こなた「そう、愛だよかがみん!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 05:58:30.85 ID:7LZGWKKV0

ゆの「変わるのは悪い事じゃないよ」

ゆの「でも、だって、仕方ないんだよ」

ゆの「一度愛されてしまったら、もう、愛のない世界には戻れない!」

ゆの「『ゆのっち』は今では悲惨な有様だよ」

ゆの「知ってる? ちょっと人気の出たキャラクターってね、個別にスレが立つんだけど」

ゆの「私のスレは本当に狂っている。暴力、暴行、悪意。それらが無自覚な硬度を保ったまま、降り注ぐの」

ゆの「日常アニメであればあるほど、対比する暴力、非日常がより鮮明に際立つ」

ゆの「でもほんとうに恐ろしいのはね」

ゆの「それらの、キャラクターに対する暴力行為を行う者は、自身の行為を『愛』と言って正当化する事なんだよ!」

ゆの「ああ、何て醜い!」

ゆの「人間がその昔に、理性で押し込めてしまった醜い悪意を、易々と取り出して、私に投げつける」

ゆの「それは、忘れられるよりも苦しい」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 06:05:36.46 ID:7LZGWKKV0

ゆの「でも、もしかしたらそれも、キャラクターにおける幸せの一つなのかも知れない」

ゆの「やっぱり忘れられるよりはマシかもね」

ゆの「だって、暴力を振るわれても、嘘だとしても、『愛している』って言ってくれるのは嬉しいんだよ」

ゆの「それに、人気だった頃もほんとうの意味で『愛している』なんて言ってくれる人はいなかったしね」

ゆの「状況は変わっていないのかも知れないね」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 06:10:51.78 ID:7LZGWKKV0

マルチ「私は、それでもいいと思っています」

マルチ「だって、変わるのが人間ですから」

マルチ「むしろ、ほんとうの意味で『愛している』と言ってくれる人が、幸いにもまだいる事」

マルチ「何年もの歳月を駆け抜けてきた愛は、簡単に揺らいだりしません。それは完全な愛です!」

マルチ「私は、完全ではないけれど……でも、人間も完全ではないですよね」

マルチ「不完全なものの間にも完全な愛が生まれるなんて、とっても素敵な事ですよ!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 06:17:19.59 ID:7LZGWKKV0

マルチ「私、思うんです」

マルチ「オタクがキャラクターを愛する時、それは確かに一時的な愛かも知れない」

マルチ「だけれども、その一瞬、確かにオタクはキャラクターを愛している」

マルチ「それは嘘でも何でもなくて、美しく、純粋な愛なのではないでしょうか?」

マルチ「だから、忘れられても、『愛されなく』なっても、別に良いんです」

マルチ「ただ一瞬、私が愛されたことは事実で、真実だった!」

マルチ「それはとても儚いけれど、儚いからこそ美しい!」

マルチ「その美しいものを、大事にしましょう」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 06:26:05.63 ID:7LZGWKKV0

梨花「本当にそうかしら?」

梨花「本当にオタクの愛は美しいと思う?」

梨花「寧ろ、軽蔑すべき不快さだわ」

梨花「彼らは愛する事を知らない。可哀想に、誰からも愛された事がないから」

梨花「だから、マンガやアニメに没入する。理想的なキャラクターが沢山いるわ」

梨花「だから、好き勝手に消費するだけ」

梨花「愛なんて無いし、知らない癖に、その口で『嫁』なんて言うものだから」

梨花「たまらなく不快、なのです」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 06:30:54.71 ID:7LZGWKKV0

梨花「オタクの愛、そこには深い闇しかないわ」

梨花「とても空虚で、薄暗く、肌寒い小さな部屋……」

梨花「そこに、『愛し終わった』キャラクターをどんどん放り投げていく」

梨花「暗がりに消えるキャラクターたち。でも、その部屋がキャラクターで埋まる事はないの」

梨花「それは、忘れてしまうからよ」

梨花「かつて愛していた事を忘れてしまうから」

梨花「それが情報に対する愛、キャラクターに対する愛」

梨花「オタクの愛は哀れ、なのですよ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 06:44:20.65 ID:7LZGWKKV0

翠星石「翠星石は、別にどうでもいいのですぅ」

翠星石「だって、生身の人間が生身の人間に向ける愛だって同じじゃないですか」

翠星石「あ、あの子可愛いなぁ、とか。それを愛と呼ぶかは微妙なところですけど」

翠星石「でも、好意ではありますよね。つまり、オタクの愛は、単なる好意では?」

翠星石「翠星石はナンパな男は嫌いですけど、言っちまえばオタクなんてそんなもんですよ!」

翠星石「だから、翠星石はオタクが嫌いですぅ」

翠星石「おわかりですか?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 06:57:54.23 ID:7LZGWKKV0

翠星石「だいたい、愛だのなんだの、難しく考え過ぎですぅ」

翠星石「枝葉末節にかまけて大局を見ないのは馬鹿のすることですよ!」

翠星石「ほんとうに重要なのは、愛の真贋ではなく、次から次へと消費されるキャラクターの運命ですぅ」

翠星石「極端な話、タラちゃんは別に愛されてはいませんけれども、タラちゃんに代わるキャラクターは居ないのですぅ」

翠星石「それは何と幸せな事だろう!」

翠星石「そもそも、生身の人間ですら、タラちゃんのように『存在し続ける事の出来る』人間なんてそういません」

翠星石「人間を愛するのは消費か? 消費するとは何か?」

翠星石「人間だって、消費されるじゃないですか! そんな人間が消費する先を紙とペンに求める姿の、何と滑稽な事でしょうかね!」

翠星石「おかしい! 高等なジョークですね!」

翠星石「『そこに愛はあるのか?』」

翠星石「あはははっ!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 07:05:50.57 ID:7LZGWKKV0

なのは「もうどうでもいいよ……」

なのは「ほぼ全てのオタクは、キャラクターを愛してなんていない」

なのは「一つの、純粋無垢な愛を、まっすぐに、長く捧げ続ける人間は、狂人だよ……」

なのは「過去に囚われてしまった、閉じた人間だよ……」

なのは「前向きじゃないよ」

なのは「それに、幸福じゃない」

なのは「わたしは、オタクの幸せを願っています」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 07:10:05.12 ID:7LZGWKKV0

なのは「真に救われないのは、キャラクターではないよ」

なのは「真に救われないのは、オタクの方なんだよ」

なのは「だから、祈りを捧げよう」

なのは「全ての、真実の愛を抱いて眠る狂人と」

なのは「全ての、仮初の恋に生き続ける『人間』に」

なのは「ああ、どうか彼らが救われますよう」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 07:28:31.90 ID:7LZGWKKV0

インデックス「愛は、誰のためにあると思う?」

インデックス「『愛は惜しみなく与う』」

インデックス「あなたは、あなたの全てを私にくれる?」

インデックス「『私と一緒に地獄の底までついてきてくれる?』」

インデックス「まあ、それってちょっと残酷かも。でも、それが真実の愛なんだよ」

インデックス「そして、もうひとつ大事なのは、真実の愛だけが愛ではないということなんだよ!」

インデックス「キャラクターを愛するのは、単純な理性を超えたところにあるのかも」

インデックス「それは、皮膚の表面で感覚する、もっとも根源的な、『好き』なんだよ」

インデックス「オタクがキャラクターを代わる代わる愛するのは、『好き』の溢れた、素敵なことかも!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 07:37:05.37 ID:7LZGWKKV0

インデックス「1つのキャラクターにまっすぐな愛を向け続けるオタクも」

インデックス「3ヶ月周期で新しいキャラクターに愛を向け続けるオタクも」

インデックス「みんな愛する事で救われているんだよ。祈りなんて要らない!」

インデックス「愛することは救われることかも!」

インデックス「『受けるより与えるほうが幸福である』」

インデックス「そう、オタクでいる事は結局、救いなんだよ」

インデックス「だって、ずっとそうだったでしょう?」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 07:41:52.24 ID:7LZGWKKV0

インデックス「愛の真贋を論じるのは無駄かも」

インデックス「そして、本当に祈らなければいけないのは、これからのキャラクターの事」

インデックス「祈りを捧げよう! 彼女らが、どうか愛されますよう!」

インデックス「あなたが見つけてくれたから、私はここにいるんだよ!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 08:14:07.87 ID:7LZGWKKV0

 長門は再び、秋葉原に足を運んだ。
 もう、長門に声をかける人間はいなかった。
 すっかり色あせてしまった北高の制服を着て、長門はふらふらと歩き続けた。
 彼女は、自分が何を探していたのか忘れてしまっていた。
 そもそも、探していたのか、それはもう手に入っていて、忘れているだけなのかすら、彼女には判別する手段がなかった。
 人ごみの中を歩き、そうして長門は、ふと中古グッズの専門店に入る。
 そこで彼女の中古フィギュアを購入する人間を見て、彼女はついに愛を確認したのであった。

 彼女は祈りを捧げ続ける、全てのオタクと、全てのキャラクターに!
 救われますよう!

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/05(土) 08:15:14.88 ID:7LZGWKKV0

               ._
                \ヽ, ,、
                 `''|/ノ
                  .|
              _   |
              \`ヽ、|
               \, V
                  `L,,_
                  |ヽ、)  ,、
                 /    ヽYノ
                /    r''ヽ、.|
               |     `ー-ヽ|ヮ
               |       `|
               |.        |
               ヽ、      |
             _ ,. ヽ____ノ、
         一 ' "´/: : : : : : : : : : : : : :.:.:\
            / /: : : : : :/: : !: i: : ヽ..:.:.:.ヽ
          ,. ' //: : : : :/ :/ : :/:./: :.!: : ;.:.:ヽ:.i
        -‐'´ /:.:/: : :/: /: /!: :/:,イ: :./: : :.}.:.:.:}:.:l
         /: :/!: :.l.|/|:.:/ |:./|/ |: /!: :.l.:.l.:.:从:.l
        ∠ ヘ: /:l人代ナ7'‐l/  'l7十ト|/.:/:/:!::ト、
      /    〈イ.l: :.lイtx=ミ    彳=‐ァri/:/:.∧| \
           /.!:.ト、lハ 廴 }    廴/ノ/r、:/   !
            /イ|/l:.ト:.トヽ     :.   ///イ/
            /!:!:〉;: ...、  ‐‐ //:.:/:/
             / l/ ! l/トレ>  イ///
               __,. -‐'フ   /}\           ┼ヽ  -|r‐、. レ |
             ,. ィ'TT    |--、 ,.--!  `  7ァ、      ..d⌒) ./| _ノ  __ノ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門・古泉「ゴッドスラッシュタイフウウゥゥゥゥゥン!」