アスカ「シンジ。パイズリしてあげよっか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「東中出身〜」 松本「何を言うとんねん」

ツイート

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 04:29:03.01 ID:QHnW22Vx0

シンジ「え? なに?」

アスカ「パイズリよパイズリ。されたことないでしょ?」

シンジ「パ……ど、どうして、そんな」

アスカ「あんたいっつも私のカラダちら見してるじゃない。たまには体感させてあげてもいいかなって」

アスカ「それとも怖い? 私に欲情してるって認めるの」

シンジ「怖かないよ!……でも」

アスカ「このチャンス逃したら、もう二度としてあげないわよ」フルンッ

シンジ「…………ゴクッ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 04:38:48.32 ID:QHnW22Vx0

アスカ「数え終わる間に決めなさい。10。9」

シンジ「ねえ……か、からかってるの?」

アスカ「8。7。6……」

シンジ(パイズリ。パイズリってつまり、アスカのおっおっぱいで、僕のを)

アスカ「……4。3。2。1」

シンジ「分かった、して! してよ、アスカ!」

アスカ「ブブー。時間切れ」

シンジ「そんなぁ……」

アスカ「ぷっ。はははは、なっさけない顔! 冗談よバカ……ちゃんとしてあげる」

シンジ「!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 04:51:51.20 ID:QHnW22Vx0

アスカ「あ。なによ、ちゃっかりもう大っきくさせてんじゃない」

シンジ「う……」

アスカ「ふふ。ほらスケベシンジ、自分で取り出して見せなさい」

シンジ「……」ズルッ

アスカ「へえ、男のってこんな感じなんだ」

シンジ「あ、あんまりジロジロ見ないでよ」

アスカ「じゃ……してあげるけど、まずは目隠しね」

シンジ「!?」

アスカ「なによ。パイズリだから生おっぱいも見れる!とでも思ってたわけ? 残念ね」

アスカ「見せてあげるのは、また今度気が向いた時」

シンジ(ズルい……)

アスカ「文句あるなら止めるけど、どうする? 何もしないであんたのそれしまう?」

シンジ「分かった……目隠しする」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 04:55:18.23 ID:QHnW22Vx0

アスカ「よしっと。見えてない?」

シンジ「うん」

アスカ「そのまま座ってなさい」

アスカ「……」スルッ

シンジ「……」ドキドキ

アスカ「いくわよ……」

むにゅ

シンジ「!」

アスカ「ん」

むにゅ むにゅ

シンジ「!!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 05:03:53.45 ID:QHnW22Vx0

シンジ(うぁ。柔らかい)

アスカ「どう?」

シンジ「……うん」ドキドキ

アスカ「うんじゃ分かんないわよ」

アスカ「……今、あんたのあれが、私の胸の間に挟まってんのよ。嬉しい?」

シンジ「う、うん」ドキドキ

アスカ「もう。がっちがちじゃない。こっちも」

ぐにゅ

アスカ「ふふ、かったぁい。ほんとにスケベね」

シンジ(あああ、アスカぁ)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 05:14:38.14 ID:QHnW22Vx0

アスカ「見えない分、あんたにも伝わるように説明してあげる」

むにぃ

アスカ「ん……っ、今のこれは、右のおっぱいの正面から押し当ててる感触」

シンジ「ハァ、ハァ」

アスカ「ほら。この、ちょこんと固いとこが乳首よ」

シンジ(乳首……アスカの……!)

アスカ「ん、ん」

コリ、くにゅ

シンジ「ハァ、ハァ」

アスカ「次は左ね」

むにぃぃ

アスカ「……さっきより強く当ててみてるの、感じる?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 05:38:17.00 ID:QHnW22Vx0

シンジ「ハァ、ハァ、ハァ」

アスカ「じゃ、また真ん中で挟んで、ぐにぐいってしてみるから」

シンジ「ハァ、ハァ、ハァ」

アスカ「ねえ。あんただって気づいてるでしょ……? 男子も教師も、ネルフの職員も、よく私のこといやらしい目で見てるの」

アスカ「でも……あいつらがいい思いできるのは妄想の中だけ。光栄に思いなさいよ?」

シンジ「……っ」コクコク

アスカ「ちゃんと言って」

シンジ「ア、アスカみたいな……アスカみたいに可愛い子に、こんなことっ、してもらえるなんて」

アスカ「ふふ。可愛いって、認めたわね」

シンジ「アスカはっ! 会った時から、ずっと可愛いよ」

アスカ「いい子ねバカシンジ。ご褒美……してあげる」

むぎゅにゅぅ

シンジ「はぁっく」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 05:47:40.61 ID:QHnW22Vx0

ぐに、ぐにゅぐにゅ、むにに

シンジ「ああっ!」

ドク…ッドププッ

アスカ「きゃ !? な、なによ。まだ始めたばっかじゃない」

シンジ「ハァ、ハァ……だ……だって」

シンジ「柔らかくて、キモチイイし……す、すごく、興奮……しちゃって」

アスカ「ふぅん。思ってた以上にどスケベなのね」

シンジ「そんな」

アスカ「情けない声出さないの。はい、目隠し取るわよ」

シンジ「ん……」

スルリ

シンジ(!!?)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 05:52:33.35 ID:QHnW22Vx0

たぷん…

シンジ「……ぁッ」

シンジ(目の前にアスカのおっぱ……!!)

アスカ「……」フルルン

シンジ「ぁ、ぅ、ぁ」

アスカ「はい。サービス終了」

シンジ(あ……シャツ降ろしちゃった)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 06:07:55.79 ID:QHnW22Vx0

アスカ「あ〜あ、『ガッカリ』って書いてある。あんたホント顔に出るわよね」

シンジ「……もっと見たかった」

アスカ「あらやだ。無敵のシンジ様ったら、ずいぶんとエロに素直になられて」

シンジ「もう隠そうとしたってしょうがないだろ」

アスカ「ふふん。これからもしたくなった? 私と、今日みたいなこと」

シンジ「う、うん。してくれるの?」

アスカ「なら、あんたの方から私をその気にさせてみなさいよ」

シンジ「アスカをその気に……」

アスカ「そ。上手に口説けたら、さっきの続きも体験できるかも知れないわよ?」

シンジ「……ゴクッ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 06:23:19.23 ID:QHnW22Vx0

シンジ「分かったよ。僕、頑張るから」

アスカ「ま、せいぜいほんの少しでも加持さんに近づけるように……わきゃっ」

シンジ「アスカ」ギュゥ

アスカ「あ、あんたバカァ!? ここでいきなり抱きしめても、手順ってもんが」

ぎゅぅぅ

アスカ「ァ……」

シンジ「……キスしたい」

アスカ「だ……ダメってば、シンジ」

アスカ(こいつ、ヘンなスイッチ入っちゃったままなんじゃ!?)

アスカ(ここは一発キツくビンタでもして、教育してやるのよ……アスカ)

ぎゅぅぅ

アスカ「ん、ぅ」

アスカ(ビンタ……)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 06:34:19.48 ID:QHnW22Vx0

シンジ「……」ナデ

アスカ(こ、こら……調子乗って、なに勝手に髪なでてるのよ……!)

シンジ「アスカの髪、ずっと触れてみたかったんだ」

アスカ「ッ」

シンジ「いい?」

アスカ(ほら。「なにが『いい?』よ、もう触れてんじゃないの」って言わなくちゃ)

アスカ「ン……ぅ」

アスカ(私はそんな、簡単な女じゃないんだから……!)

ギュゥゥ
ナデナデナデ

アスカ「ふぁ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 06:44:34.37 ID:QHnW22Vx0

アスカ「しん、じぃ」トロン

シンジ「……アスカ」

アスカ(あ。いよいよキスされるんだ)

アスカ(そういえば、キスも、なにもかも、シンジからしてくれるのって初めて……)

アスカ(って! こんな雑な流れに流されてたまるもんか……! さっきまで私が主導権取ってたんだから)

アスカ(仕切りなおして別の機会に、丁寧に誘えって……このバカに教えて……)

ちゅっ

アスカ「んん♥」

アスカ(あれ? 私から腕回しちゃってる)

ちゅぅ

アスカ「ん〜〜〜♥♥」

アスカ(……シンジのあれ、回復してるぅ。またパイズリしてあげなくっちゃ)



終わらなくて終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「こんなに揉んでるのにおまえは胸が大きくならんな」