キョン「ハルヒを選ばないと世界がやばいという風潮」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ローラ「ここが雛見沢かー!ひろーい☆」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 17:37:36.71 ID:OsafbcEMO

キョン「酷い話しだと思わんか」

古泉「あんなに素敵な女性なんですからむしろ羨ましいですよ」

キョン「他人事だから言えるんだそんなことは。お前がもし寿司を食いに行って
『今日はサーモンしか食ってはいけない。絶対にそれ以外食べるな』
と言われたらどうする」

古泉「サーモンを頼みます」

キョン「じゃあ次に寿司を食いに行った時も、その次もそうだったらどうだ」

古泉「・・・サーモンを頼みますね」

キョン「嘘をつくなよ。俺ならそんな店には二度といかん」

古泉「つまりなにが言いたいのです?」

キョン「これを選べ!と押し付けられたら多少それが好きだったとしても嫌気がさすということだ」

古泉「なるほど・・・それならば涼宮さん以外のかたを選んでみては?」

キョン「わかった」ガタッ
古泉「待って下さい冗談です」ガシッ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 17:46:16.27 ID:OsafbcEMO

古泉「あまり軽率な行動を取らないで下さい」

キョン「そもそもあいつが勝手に俺を好いてるからといってだな、なぜ俺の自由が奪われなきゃならん」

古泉「乙女心というやつですね」

キョン「迷惑以外のなにものでもない」

古泉「涼宮さんのなにがいけないんです?」

キョン「あんなわがままで自分勝手でうるさい奴と一緒にいるなんて相当のマゾヒストじゃないと無理だろ」

古泉「最近はそうでもないと思いますが」

キョン「今大人しいからといってな、じゃあ例えばハルヒと付き合ったとしよう」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 17:54:00.44 ID:OsafbcEMO

キョン「のっぴきならない事情で朝比奈さんと二人で出掛けたとするだろ?」

古泉「えぇ」

キョン「もし俺と朝比奈さんが休日に二人で歩いてる、もしくは飯食ってるところをハルヒが目撃したら?」

古泉「世界のピンチですね」

キョン「なんの事情も聞かないで勝手に不機嫌になってまたあのあれだろ?」

古泉「しかし涼宮さんは無意識で」

キョン「だから厄介なんだよ。常に気を使わないといけないなんて、誰がわざわざそんな爆弾みたいな女を選ぶ」

古泉「・・・確かに少し大変かもしれませんが」

キョン「少しじゃあないだろ。常に世界を背負わされるのはごめんだ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 17:56:02.59 ID:OsafbcEMO

佐々木「僕と付き合えばミラクルパワーで涼宮さんをおさえられる。どうかな」

キョンは佐々木と結婚した


終わり

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 18:43:28.30 ID:eI7hku3a0

古泉「では、こういうのはどうです?」

キョン「どうせお前の事だからろくなことは言わないだろうが、何だ」

古泉「涼宮さんがもっと魅力的な男性に出会えばいいのではないでしょうか?」

キョン「その魅力的な男とやらはどこにいるんだ」

古泉「わ た し で す」

キョン「ちょっとはまじめにやれよ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 18:48:12.26 ID:eI7hku3a0

古泉「でも涼宮さんはかわいいですよね」

キョン「話題をそらしているのだろうがそれは激しく同意だ」

古泉「胸とか」

キョン「太ももとか」

古泉・キョン「二の腕とか」

一方後ろの席

ハルヒ「〜///」

朝倉「あらハルヒさん、モテモテですね」

橘(胸、うらやましいのです・・・)

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 19:16:05.24 ID:eI7hku3a0

ハルヒ「と、ところで、古泉君ってカッコイイと思わない?」

橘「確かにかっこいいですけど、突然どうしたんですか?」

朝倉「照れ隠しでしょ」

ハルヒ「うっさいわよバカ!!!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 19:18:32.63 ID:eI7hku3a0

キョン「なんだか後ろが騒がしくないか?」

古泉「んっふ、そうですね」(丸見えですよ、涼宮さん)

キョン「まぁいいか、とりあえず俺たちの身の回りの女子について語りたくなってきたので語らせてもらう」

古泉(これはまずいかもしれない)

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 19:22:41.75 ID:eI7hku3a0

キョン「まず長門。 こいつはヒューマノイドインターフェイスという宇宙人もどきなわけだが人間に近い」

古泉「はい」

キョン「人間に近いということは、もちろん感じるんだろうな」

古泉(まずい閉鎖空間が・・・)

キョン「というわけで道の快感にあえぎながら訳も分からず感じてしまい、顔を赤らめる長門・・・」

古泉「ちょっとそrハルヒ「キョン、黙って聞いてりゃさっきから何なのよ」

キョン「おま、いつからここに」

ハルヒ「最初からよ、涼子ちゃんと橘さんと一緒にお茶会に来てたわ」

古泉「」オワタ

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 19:25:08.41 ID:eI7hku3a0

ハルヒ「キョン、とりあえず私を悪く言ったことは許すわ」

キョン「・・・」

ハルヒ「でも、有希ちゃんをああ言ったのは許せないわ」

古泉「話を振ったのははわたs」

ハルヒ「あんたは黙ってなさい」

古泉「」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 19:27:53.20 ID:eI7hku3a0

ハルヒ「と、いうわけでここの代金はあんたのおごりよ!」

朝倉「それはさすがにかわいそうじゃないの?」

ハルヒ「うっさいわよだまってなさい」

キョン「おい、おまえら喧嘩はやm」

朝・ハル「「あんたはちょっとだまってて」」


橘「貴方も苦労しているんですね…」

キョン「そうだな・・・」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 19:30:36.51 ID:eI7hku3a0

朝倉「ちょっとキョン君席はずしてくれる?あと古泉も」スッ

キョン「わかったからそのナイフをしまえ」

古泉「んっふ、困ったものです」

橘「あの…私は」

朝倉「どっちでもいいわ」

橘「うぅ・・・ ひどいです・・・」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 19:33:43.77 ID:eI7hku3a0

ハルヒ「で、何よ?」

朝倉「涼宮さん、貴方を好きな人がいるとします」

ハルヒ「い、いきなり何よ」

朝倉「貴方は少しその人に気がありました」

ハルヒ「そ、そんなわけないじゃない!!!」

朝倉「たとえ話よ、ですがその人は、あなたにいじわるばかりします」

ハルヒ「ふーん」

朝倉「貴方はその人をどう思う?」

ハルヒ「決まってるじゃない、ぶん殴って別れてやるわ」

朝倉「そう、じゃぁ今度はそれを自分とキョン君に置き換えてみて」

ハルヒ「・・・」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 19:36:56.20 ID:eI7hku3a0

朝倉「彼にどう接するかは貴方次第よ」

ハルヒ「・・・」

朝倉「でも、彼に嫌われたくないでしょう?」

ハルヒ「べ、別にキョンなんか!」

朝倉「あら?私はたとえ話の時はキョン君って言ったけど、今は彼としかいってないわよ」

ハルヒ「!!」

朝倉「さ、話は終わり。 キョン君たち、呼んでくるから」

ハルヒ「うん…」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 19:42:06.12 ID:eI7hku3a0

キョン「おーい、話は終わったのか」

朝倉「うん」

ハルヒ「キョン、今まではごめんね」

キョン「ど、どうしたんだ突然」

ハルヒ「だから、今まで無理やりおごらせたり雑用係にしてごめんって言ってるのよ!!!」

キョン(ハルヒがデレた…)

ハルヒ「だからその、これからは優しくするから、一緒にいてくれる?///」

キョン「それは、告白ってことなのか?」

ハルヒ「っ・・・! そ、そうよ、感謝しなさい、バ、じゃなくてキョン///」


朝倉「あちゃー、あの子極端ね」

古泉「んっふ、それじゃ私たちは邪魔になるといけませんし退散しますか」

橘「そうですね・・・」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 19:57:53.13 ID:eI7hku3a0

___時は流れ___

キョン「あれが、今俺たちが一緒にいる理由みたいなもんだな」

???「そうね、キョン君」

キョン「でも、ほんとによかったのか?俺なんかで」

???「あ、当り前じゃない、何言ってんのよ!」

キョン「ははは、そうか、すまない」

???「もう、恥ずかしいんだから何度も言わせないでよね///」

キョン「あ、そうだ」

???「な、何よ」

キョン「ウエディングドレス似合ってるぞ、涼子」

涼子「〜〜っ///!!」

おわり

68 名前: ◆.4o9jjcSFU [] 投稿日:2012/10/15(月) 19:48:06.40 ID:eI7hku3a0

おわりです

ハルヒSSは2度目ですがどっちも乗っ取りっていう・・・
いずれオリジナル書いてみたいです。
そのうち朝倉安価スレ建てるかもです
ではまた!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「俺は長門が好きだ」