キョン「佐々木可愛くね?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:服部「工藤!富士急にいかへんか?」コナン「え?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 21:42:42.67 ID:zCeYohEBO

古泉「は?」

キョン「いや佐々木可愛くね?」

古泉「魅力的な方だとは思いますが」

キョン「いやマジで佐々木いいわ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 21:49:28.76 ID:zCeYohEBO

古泉「ど、どうしたって言うんですか?急に」

キョン「いやぼくっこだぞ」

古泉「はっきりいいましょう。勘弁してください」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 21:52:56.25 ID:zCeYohEBO

古泉「大体この間まで朝比奈さん、朝比奈さんいってたじゃないですか」

キョン「あ〜。確かに朝比奈さんは可愛いけど、彼女にするにはないな」

古泉「どうしてですか?」

キョン「あんなドジっ娘見てるぶんにはいいけど一緒にいるのはな。面倒くさいだろ」

古泉「…」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 21:55:34.41 ID:zCeYohEBO

キョン「長門もパスだ。あの無口さ。2人で間が持たん」

古泉「涼宮さんはどうなんですか。彼女は魅力的でしょ」

キョン「あぁ。ハルヒか〜ハルヒね〜。ないわ」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 21:59:07.55 ID:zCeYohEBO

キョン「大体あいつツンデレツンデレいわれてるけどデレ見たことあるか?」

古泉「いや、ありませんが。これから来るかもしれないじゃないですか」

キョン「ばかかお前。ばかか。もひとつおまけにばかか」

キョン「9巻分でなんもなかったんだぞ。これからもないって」

古泉「地球終わりますよ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:03:45.24 ID:zCeYohEBO

キョン「その点佐々木には可能性がある。あいつは女にはちゃんと女口調だからな。俺の前であのぼくっ娘が急に女の子になると思ったらご飯3杯はいける」

古泉「地球おわった」

キョン「お前、俺のこと鍵、鍵いってるけどお前鍵になればいいじゃん」

古泉「は?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:08:54.56 ID:zCeYohEBO

キョン「お前ハルヒ魅力的とかいってたじゃないか」

古泉「いやまぁそうですが」

キョン「お前自分の公式設定思い出せよ。イケメンだぞ。お前程の奴に言い寄られたらハルヒといえどおちるって」

キョン「ハルヒ任せたわ。佐々木にあってくる」

古泉「…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:13:33.86 ID:zCeYohEBO

キョン『あ、佐々木今から会えないか』

佐々木『急にどうしたんだい?別に構わないが』

キョン「じゃ古泉任せたわ」

古泉「いや無理ですよ」

キョン「大丈夫。お前ならできる」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:16:42.92 ID:zCeYohEBO

キョン「急に呼び出してわるいな佐々木」

佐々木「どうしたんだい?なにか重大な用事かい。別に用もなく君と語り合うというのも僕としては興味深いが」

キョン「じゃあ語らせてくれ佐々木」

佐々木「なにをだい?」

キョン「愛だよ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:21:54.47 ID:zCeYohEBO

佐々木「ど、どうしたんだいキョン。僕が君とあっていない間なにがあったのか知りたいよ」

キョン「精神病にかかったんだよ。佐々木お前のせいでな」

佐々木「//」カァ

キョン「照れる佐々木も可愛いな」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:25:59.45 ID:zCeYohEBO

佐々木「ど、どうしたんだい。今日の君は少しおかしいよ」

キョン「焦る佐々木も可愛いぞ」

佐々木「//」カァ

佐々木「キョ、キョン今日はもう帰ろう。き、君は本当に今日おかしいよ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:50:41.51 ID:zCeYohEBO

キョン「大丈夫だ。佐々木はどうなんだ?」

佐々木「ど、どうって」

キョン「佐々木は俺のこと好きなのか」

佐々木「え、えっ、そのあたしは、その」

キョン(焦ると女言葉にもどるのかな?)

佐々木「だ、だめだよ。とにかく今日は、だめだ」タッ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:55:41.16 ID:zCeYohEBO

キョン「逃げられた。まぁ今日はこのへんでいいか」

キョン「しかし佐々木可愛いな」

ーーーーーーーーーー
ハルヒ「あれ?古泉君だけ?キョンは」

古泉「彼は今日重大な用事があるらしいです」

ハルヒ「団長に何も言わずに、死刑ね」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:01:04.51 ID:zCeYohEBO

古泉「それより涼宮さん」ヌッ

ハルヒ「な、なに」

ハルヒ(どうしたのかしら古泉君。今日はやけにちかいわね)ドキドキ

古泉「今日は彼もいないことですし今から一緒に帰りませんか?」

ハルヒ「え、いや」

古泉「団長と副団長の親好を深めるといういみで」ニコッ

ハルヒ「わ、わかったわ」ドキドキ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:07:38.05 ID:zCeYohEBO

次の日
キョン「やっぱり佐々木可愛いわ」

古泉「涼宮さんも可愛いですよ」

キョン「さすが古泉だな仕事が早い」

古泉「涼宮さんは任せてください」

キョン「じゃあ今日も頼むわ。今日も佐々木に会ってくる」

古泉「任せてください」ニコ

長門「…」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:13:43.21 ID:zCeYohEBO

キョン『佐々木昨日は悪かったな』

佐々木『いや大丈夫だよ。キョンはもう大丈夫かい』

キョン『あぁ大丈夫だ。昨日のことも謝りたいし今日も会えないか』

佐々木『構わないよ』

キョン「さすが佐々木だな。1日で調子戻してる」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:22:24.14 ID:zCeYohEBO

佐々木「キョンもう大丈夫かい?」

キョン「あぁ大丈夫だ。ところで佐々木、昨日の返事聞かせてくれよ」

佐々木「昨日って?」

キョン「俺のこと好きか」

佐々木「ぜ、全然大丈夫じゃないじゃないか」ドキドキ

キョン「やっぱり焦る佐々木可愛い」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:31:01.15 ID:zCeYohEBO

キョン「今日は返事を聞かせてもらうぞ」

佐々木「キョ、キョン前にも言ったと思うけど恋なんてのは精神病で」

キョン「佐々木もう一度聞くぞ。俺のこと好きか?」

佐々木「//」カァ


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:36:54.23 ID:zCeYohEBO

バーガー来てくれてんじゃんか

佐々木「そ、その、なんというか、駄目だ」タッ

キョン「逃がさないぞ」ガシッ

キョン「ちゃんと聞かせてくれ」

佐々木(キョ、キョンが近い//)カァ

佐々木「そ、その、す、好きだよ」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:46:55.50 ID:zCeYohEBO

キョン「佐々木もいっかい聞かせてくれ。女の子言葉で」

佐々木「キョ、キョン」

キョン「聞かせてくれ」

佐々木「あ、あたしも、キョ、キョンが好き」

キョン「佐々木可愛すぎ」ダキッ

佐々木「本当にどうしたっていうんだ」ドキドキ

佐々木(わ、悪くないけど)

61 名前: ◆eGCs39MR1ONd [] 投稿日:2009/08/20(木) 23:58:47.97 ID:zCeYohEBO

佐々木「じゃ、じゃあキョン今日はかえろうか」

キョン「じゃあ自転車のせてくぞ」

佐々木「失礼するよ」チョコン

キョン「佐々木こうぎゅっとつかまってくれよ」

佐々木「こ、こうかい?」ギュッ

キョン「あぁ!佐々木かわいい」

佐々木「キョン前を向いてくれ」

63 名前: ◆eGCs39MR1ONd [] 投稿日:2009/08/21(金) 00:07:44.58 ID:znH97s08O

佐々木「じゃあキョン。送ってくれてありがとう」

キョン「待て佐々木忘れてるぞ」

佐々木「?なにか忘れてたかな」

キョン「さよならのチュー」

佐々木「キョン、君やっぱりおかしいよ」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 00:15:38.83 ID:znH97s08O

キョン「ほら佐々木こっち向いて」

佐々木「んっ」

キョン「何だかんだいって向くんだな」

佐々木「き、君がいったからだろ」

チュ

キョン「佐々木かわいい」

佐々木「じゃ、じゃあ本当にばいばい」ドキドキ

キョン「佐々木まだ忘れてるぞ」

佐々木「今度はなんだい?」

キョン「佐々木からのチュー」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 00:28:45.89 ID:znH97s08O

書いたのこれと
http://punpunpun.blog107.fc2.com/blog-entry-1329.html
佐々木「○中出身佐々木です」ってのかいた

佐々木「キョンじゃあこっちを向いてくれ」

キョン「ほら」

佐々木「ん」チュ

キョン「背伸びしてチューする佐々木かわいい」ダキ

佐々木「いつになったら帰れるんだろ」


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 00:48:38.62 ID:znH97s08O

ーーーーーーーーー
ハルヒ「今日も古泉くんだけ?キョンは?」

古泉「えぇ。彼はまた用事があるらしいです長門さんは無言で帰りました」

ハルヒ「本当に仕方ないやつね」

古泉「僕はかまいませんよ。彼のおかげで涼宮さんと二人でいられるんですから」ニコ

古泉(きまった)

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 00:52:59.75 ID:znH97s08O

ハルヒ(ど、どうしたのかしら古泉くん)ドキドキ

古泉「涼宮さん」ギュッ

古泉「あいらーびゅー」

ハルヒ「ちょっ、ちょっと古泉くん」

ハルヒ「きょ、今日は帰るわ」タッ

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 01:03:03.48 ID:znH97s08O

キョン『明日の不思議探索なんとかしてくれ古泉。佐々木に毎日でも会いたい』
古泉『任せてください』


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 01:04:45.88 ID:znH97s08O

古泉『涼宮さん明日の不思議探索なんですが、2人でしませんか?』

ハルヒ『こ、古泉くん、それってどういう』

古泉『これは、失礼しました。明日の不思議探索をなくしてデートしませんか』

ハルヒ『だ、だめ。だめよ』

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 01:08:51.63 ID:znH97s08O

古泉『嫌ですか?』

ハルヒ『い、いやってわけじゃあ』

古泉『じゃあ決まりですね。他の人には僕が連絡しておきます』

ハルヒ『え、ちょっ、ちょっと古泉くん』

ツーツー
ハルヒ「何着ていこう」

古泉「あぶねぇ」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 01:16:22.45 ID:znH97s08O

オチ面白くないと思うから期待しすぎないで

キョン『佐々木明日暇か?』

佐々木『幸いなことに特に用事はないよ』

キョン『じゃあ明日家に来ないか?』

佐々木『構わないよ』

キョン『じゃあ明日佐々木の家に迎いにいくよ』

ツーツー
佐々木「コンドームとか買ったほうがいいのかな」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 01:26:51.39 ID:znH97s08O

次の日
佐々木「じゃあキョンいこうか」ギュッ

キョン「なにも言ってないのに掴まってきてくれる佐々木かわいい」

佐々木「くっくっ。君は相当重症みたいだね」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 01:29:22.91 ID:znH97s08O

キョン「さぁ着いたぞ」

佐々木「おじゃまします」
キョン「いいわすれてたけど家には今日誰もいないぞ」

佐々木(買ってきて正解だった)

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 16:31:53.41 ID:znH97s08O

ハルヒ「ごめん、古泉くんまった?」

古泉「いえ、僕も今来たところです」

ハルヒ「そう、じゃあ行きましょうか」

古泉「涼宮さん。手を繋いでもよろしいですか?」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 16:35:31.99 ID:znH97s08O

ハルヒ「い、いや、こ、古泉くん、さすがにそれは」

古泉「駄目ですか」ヌッ

ハルヒ「いや。そ、その」
スッ

古泉「ありがとうございます」ギュッ

ハルヒ(古泉くんに近寄られて頼まれると断れない)ドキドキ

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 16:43:05.01 ID:znH97s08O

キョン「じゃあとりあえず部屋でまっててくれ。飲み物いれてくる」

佐々木「あぁありがとう」

佐々木「これがキョンの部屋か」

佐々木「このベッドでキョンが寝てるのか」

佐々木「…キョンの枕」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 16:47:40.30 ID:znH97s08O

佐々木「キョンの匂い」ギュッー

キョン「佐々木またせたな〜って何やってんだ」

佐々木「ひぁ。い、いやこれはだね、その」

キョン「驚く佐々木、そして可愛い声出しちゃう佐々木かわいい」ギュッ

佐々木(キョンが馬鹿でよかったよ)

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 16:52:51.24 ID:znH97s08O

佐々木「それでキョン僕は君の家に連れてこられたわけだけど」

キョン「おう」

佐々木「君はさっきから何してるんだい」

キョン「見て分からないか?」

佐々木「全くわからないよ」

キョン「佐々木をみてるんだよ」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 16:57:41.73 ID:znH97s08O

佐々木「君はバカなのかい?」

キョン「バカじゃないぞ。佐々木がさっきから可愛いから見てるんじゃないか」

佐々木「バカじゃないか」

キョン「だ、だめなのか」

佐々木「くっくっ。いやこんな時間も悪くないかもね」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 17:05:20.49 ID:znH97s08O

http://imepita.jp/20090821/607030
エロいのこれしかもってないけど

佐々木「ごめんキョン。少し眠くなってきたよ」

佐々木(昨日緊張して寝れなかったから)

キョン「ん、寝てもいいぞ」

佐々木「ごめん、じゃあキョン。少し失礼するよ」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 17:10:47.64 ID:znH97s08O

佐々木「ふぁ、あぁそうだ、僕ねちゃってたんだ、ってなにしてるんだいキョン」

キョン「膝枕だ。佐々木の寝顔も可愛かったぞ」

佐々木「ずっと見てたのかい」

キョン「あぁ!ずっとみてた」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 17:17:16.22 ID:znH97s08O

佐々木「そ、それは、まずいよ」

キョン「何がまずいんだ?ずっと可愛かったぞ」

佐々木「よ、よだれとかでてたら」

キョン「そんなことか、今も口にちょっとついてるぞ」

佐々木「は、はやく言ってくれよ」

キョン「寝言も可愛かったぞ、キョンキョンって」

佐々木「あー、もうやめてー」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 17:25:44.71 ID:znH97s08O

佐々木「あ、ごめん、キョンもうこんな時間だ。帰らなくちゃ」

キョン「佐々木、もうとまっていってくれよ」

佐々木「いや、さすがにそこまでは迷惑だよ」

キョン「大丈夫。今日は親もいないしうるさい妹もいない。全然迷惑じゃないから。とまっていってくれよ」

佐々木「じゃ、じゃあ、お言葉に甘えることにするよ」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 17:33:27.92 ID:znH97s08O

佐々木『あ、お母さん。うん。それで今日は友達の家に泊まってくるから。』

佐々木『え、いや違うよ。男の子じゃないよ。うん。うん。じゃあ』

佐々木「どうしたんだいキョン驚いた顔して」

キョン「お母さんに女の子言葉の佐々木可愛い」バッ
スッ

キョン「ど、どうしてよけるんだ」

佐々木「いちいち抱きつかれてたらきりがないよ」

キョン「すきあり」ギュッ

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 17:41:02.82 ID:znH97s08O

佐々木「じゃあ僕がご飯を作るよ」

キョン「いや、そんなこと佐々木にさせられん」

佐々木「キョンは僕の料理の腕が心配なのかい?」

キョン「そんなことはない。佐々木お願いします」

佐々木「くっくっ。最初からそういえばいいんだよ」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 17:45:31.19 ID:znH97s08O

佐々木「♪」トントン

キョン「鼻唄まじりに料理する佐々木可愛い」バッ

佐々木「キョ、キョン危ないよ。包丁もってるんだよ」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 17:49:22.30 ID:znH97s08O

キョン「ん?佐々木どうしたんだ?」

佐々木「い、いや、うしろから抱きつかれるのは、ちょっと恥ずかしくて」//

キョン「恥ずかしがる佐々木可愛い」ギュー

佐々木「キョン料理が終わらないよ」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 17:54:09.02 ID:znH97s08O

キョン「ごちそうさま。佐々木は料理も上手いんだな。ん?佐々木食べるのおそいな」

佐々木「誰のせいだい、誰の。君が僕が食べてる途中に何回も抱きついてくるからだろ」

キョン「ご飯食べながら愚痴こぼす佐々木もかわいい」ギュー

佐々木「もう、本当に」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 18:00:37.63 ID:znH97s08O

キョン「佐々木、風呂わいたから入ってくれよ。着替えは俺のスウェットでいいか」

佐々木「構わないよ」

キョン「下着はどうする?妹のじゃ困るしな」

佐々木「大丈夫だよキョン下着の替えはもってきてるし」

キョン「なんでもってるんだ?」

佐々木(し、しまった)

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 18:05:07.79 ID:znH97s08O

佐々木「そ、そんなことどうでもいいじゃないか」

佐々木「そ、それより覗いたらいやだからねキョン」

キョン「じゃあ佐々木ギューてしてくれよ」

佐々木「はい」ギュー

キョン「あぁ!佐々木可愛い」ギュー

佐々木(キョンがバカでよかった)

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 18:08:52.78 ID:znH97s08O

佐々木「あがったよキョン」

キョン「スウェットだぼだぼで髪がちょっとぬれた佐々木可愛い」ギュー

佐々木「キョン、君も早くはいってきたらどうだい?」

キョン「いってきます」



230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 18:13:46.86 ID:znH97s08O

佐々木「布団がしいてあるってことはやっぱり一緒の部屋で寝るのかな?」

佐々木「//カァ」

佐々木「ちょっと部屋の中を色々とみてみよう」

佐々木「エッチな本だ。やっぱりキョンもこういうの読むんだ」

佐々木「この女の人僕に少し似てる」


233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 18:17:32.73 ID:znH97s08O

佐々木「キョンはこれで//カァ」

佐々木「ん」クチュ

佐々木「まだキョン帰ってこないよね?」

佐々木「ん、キョン、キョン」クチュ

キョン「よんだか?」

佐々木「うわぁ!」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 18:20:19.58 ID:znH97s08O

キョン「驚く佐々木可愛い」バッ
スッ

佐々木「キョ、キョンごめん、い、いまは駄目だ」

キョン「な、なんで」

佐々木「また後で一杯ギュッてしてあげるから」

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 18:22:34.53 ID:znH97s08O

キョン「佐々木はベッドに寝てくれ。俺は布団で寝るから」

佐々木「わ、わかったよ」

佐々木(キョンが普段使ってるベッド)ドキドキ

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 18:25:52.70 ID:znH97s08O

佐々木「キョ、キョン、そ、その一緒にねないかい?」

キョン「積極的な佐々木可愛い」バッ

キョン「佐々木、腕枕させてくれ」

佐々木「う、うん」

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 18:29:15.82 ID:znH97s08O

キョン「ずっと佐々木見てたいけど寝なきゃな」

佐々木「な、なにもしないのかい?」

キョン「なにもって、佐々木したいのか」

佐々木「い、いや、べ、別にそういうわけじゃ」

キョン「まごつく佐々木可愛い」ギュー

佐々木「キョン」ギュー

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 18:34:41.27 ID:znH97s08O

佐々木「キョン、ん…」


ーーーーーーーーーーー
橘「以上が組織の、『世界が平和になる方法』なのでした」

キョン「色々いいたいがまずひとついわせろ、お前の組織はバカの集まりなのか?」

橘「そ、そんなことないです。古泉くんが涼宮ハルヒとあなたが佐々木さんと。これで完璧なのです」

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 18:39:56.86 ID:znH97s08O

キョン「キャラが違うだろキャラが。後半の俺とかもはや誰だよ。佐々木もハルヒもキャラが違いすぎるだろうが」

九曜「ーーー突っ込みーーーユニークーーー」

橘「あなたも佐々木さんとずっと一緒にいたらこうなるはずです。男はみんな獣なのです」

キョン「まずこうならないんだよ!大体佐々木は俺に可愛いといわれたくらいじゃビクリともしないぞ」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 18:45:59.60 ID:znH97s08O

橘「じゃあ試してみましょうよ。今からあなたが佐々木さんを呼んで佐々木さんに可愛いっていってみてください。絶対佐々木さんは動揺するはずです」

キョン『佐々木今から会えないか?ちょっとはなしたいことがあるんだが』

佐々木『別に構わないよ。じゃあ今からいくよ』

橘「じゃあ私達隠れてるんで、九曜さんお願いします」

九曜「ーー了解しーやしたー」



佐々木「やぁキョン待たせたね。話とはなんだい?」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 18:52:52.53 ID:znH97s08O

キョン「それより、佐々木今日も可愛いな」

佐々木「ど、どうしたんだいキョン、い、いきなりそんな」

キョン(な、なんだと、佐々木が動揺してる。しかしこれは)

キ橘九(佐々木可愛い)

橘「計画通りなのです」

九曜「人間っておもしろ」



270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 18:55:59.74 ID:znH97s08O

オチくそでごめんなさい
昨日から保守してくれた人本当にありがとうございました
怒ってる人
http://imepita.jp/20090821/607030
これで機嫌直していただけたら幸いでございます

ではまたどこかでお会いしましょう



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:サクラ「人生なんて、やり直してなんぼです」