ヒカリ「クラスの女子で碇君のお手つきじゃないのってアスカだけよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ピカチュウ運動会!

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/14(日) 04:56:58.96 ID:H/pCgw4z0

アスカ「うそ」

ヒカリ「本当だってば。もうみんな、アスカが転校してくる前から」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/14(日) 05:00:55.98 ID:H/pCgw4z0

アスカ「だ、だってヒカリ! あんた、鈴原のことが好きだって」

ヒカリ「ええ……でも、身体は碇君のモノなの……」

ヒカリ「この街に住む女性は、碇君に求められたら拒んじゃいけないし、むしろ自分から奉仕するって決まりなの」

アスカ「そんな……」

ヒカリ「きっと、アスカはパイロットだから免除されてるのよ」

アスカ「……」

シンジ「なに話してるの?」

ヒカリ「碇君。な、なんでもないわ」

シンジ「そっか。委員長、用があるんだけどちょっといいかな」

アスカ「……!」

ヒカリ「ええ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/14(日) 05:11:43.88 ID:H/pCgw4z0

アスカ(シンジとヒカリ、北側に歩いていったんだから……きっとこのあたりの教室に)

シンジ「アスカに話したの?」

アスカ(いた!)

ヒカリ「う、うん。ゴメンなさ……ンっ」

シンジ「別に謝らなくていいよ。知られたらいけないってわけじゃないんだし」

ヒカリ「うん……あ、ンぅ」

シンジ「……洞木さんってすごく敏感だよね。抱きしめてフトモモ撫でてるだけで、どんどん出来上がってきちゃうんだから」

ヒカリ「そんなこと、な、ぁっ」

シンジ「違うの?」

ヒカリ「……だって」

ヒカリ「い、碇君が、上手すぎるだけ……で」

アスカ(ヒ……ヒカリ……)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/14(日) 05:17:39.71 ID:H/pCgw4z0

シンジ「もっと洞木さんの脚触りたいから、そこの机座って」

ヒカリ「……はい」

シンジ「自分でスカート、ゆっくり持ち上げて見せて」

ヒカリ「は……ぃ」

シンジ「ん、ちゅっ」

ヒカリ「ン」

シンジ「れろ、ぺろ、ちゅぱっ」

ヒカリ「ハァ、ぁぁ……いかりく……」

アスカ(ヒカリが、あの真面目な子があんな顔するなんて……だって、嫌々されてるんじゃないの?)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/14(日) 05:28:07.67 ID:H/pCgw4z0

アスカ(あんな……されて。今も、壁に押しつけられて、全然抵抗しないし)

アスカ(いくら義務って言ったって。ヒカリなら少しくらい……)

ズチュ

ヒカリ「ぁぁ!」

シンジ「ん……」

ズチュッズチュッズチュ

ヒカリ「ああっ、あ! あぁン!」

シンジ「アスカじゃなくて、トウジには言わないの? 僕に酷いことされてるって」

ヒカリ「言えな……ひっ。こんな、ああ、鈴原に……あ、あ♥」

ヒカリ「ンっふあ、ああああ〜〜!」



アスカ「……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/14(日) 05:32:39.37 ID:H/pCgw4z0

シンジ「ただいま」

シンジ「アスカ?」

アスカ「……なによ」

シンジ「いや……靴あったしテレビの音がしてたのに、声がしないから」

アスカ「なんで私が、あんたのただいまに返事なんか!」

シンジ「ご、ごめん。最近はいっつもしてたから」

アスカ「またそうやって、なんとなくで謝って」

シンジ「……怒ってるの? 僕が、ああいうことしてるから」

アスカ「ああいうことって何? どうでもいいわよ」

シンジ「……」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/14(日) 05:46:12.20 ID:H/pCgw4z0

シンジ「エヴァに乗る時の条件だったんだ。この街にいる女の人になら、何してもいいって」

アスカ「それでホイホイ飛びついたってわけ? 最低ね」

シンジ「最初は僕だってそんなのダメだって思ったんだ。でも……」

アスカ「……」

シンジ「ここに住む時に、ある程度、容姿とかで選別するんだってリツコさんが言ってた。そういう人達が向こうから色々してくれて。段々、我慢できなくなって」

アスカ「言い訳よ」

シンジ「うん」

アスカ「私、この家出てくから」

シンジ「アスカ! そんなの、僕が悪いんだから僕が出ていくよ」

アスカ「嫌よ! あんたがいた場所でなんて生活したくないの。ホントに最悪」

アスカ「私……エヴァのパイロットで良かったわ。ヒカリみたいにされなくて済んだから」

シンジ「ん?」

アスカ「なによその顔」

シンジ「アスカになにもしなかったのはパイロットとか関係ないよ。むしろ綾波とは最初にしたし」

アスカ「!!?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/14(日) 05:55:09.67 ID:H/pCgw4z0

アスカ「じゃあ、なんで私だけ知らなかったのよ!!」

シンジ「そ、それは。アスカには手出ししないって決まってたからで、たまたま」

シンジ「委員長とかにも、別に口止めとかしてたわけじゃないし……」

アスカ「ちょっとシンジっ。あんた、もう全部白状しなさい!」

シンジ「う。ア……アスカは」

アスカ「私は?」

シンジ「見た目は文句なしだけどメンドウだから」

アスカ「メンドウだから!?」

シンジ「触るのも逆に秘密にするのも全部無しで、完全放置しようって。ミサトさんとリツコさんが」

アスカ「っっ」

シンジ「僕もアスカに実際会ってみて、そのほうがいいかな〜……って」

アスカ「っっっ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/14(日) 06:06:04.21 ID:H/pCgw4z0

ミサト「で、アスカは部屋に立てこもってるわけね」

シンジ「はぁ」

ミサト「しょーがないわよ。バラしかたは迂闊だったけど、どうせいつまでも隠しておけないし」

シンジ「でも……ここを出ていくって」

ミサト「それも仕方ないわ。基本、住居に関しては一定範囲内で自由意思だもの」

ミサト「そもそも、ここに住み始めたのはアスカの希望だしね」

シンジ「そうなんですか!? 僕、ミサトさんの命令なのかと」

ミサト「最初だけよ。そのまま居着くことに決めたのはアスカ本人よ」

シンジ「じゃあ……ますます、せっかく来たアスカを追い出すなんて……」

ミサト「追い出すんじゃなくて出ていくんでしょ。ま、私からも引き止めてはみるわ」

シンジ「はぁ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/14(日) 06:09:17.12 ID:H/pCgw4z0

アスカ(寝れない……お腹すいた……喉乾いた……これも全部バカシンジのせいだ)

アスカ(明日になったら一発ぶん殴って、それから出てってやる)

アスカ(…………水飲んでこよ)



アスカ「……」ペタペタ

ァァン!

アスカ「!?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/14(日) 06:17:23.03 ID:H/pCgw4z0

ミサト「あぁぁ……やっぱり、シンちゃんのこれ……さいこぉ♥」

シンジ「ミ……サトさ、やっぱり、今日はマズいですよっ。アスカが」

ミサト「だ〜いじょうぶよ部屋にいるんだしぃ。それにもう全部バレちゃったんだから」

グリッ

シンジ「はぁう」

ミサト「んふふ。そのまま寝てていいわよ……私が上でたっくさん動いてあげる」

グリッグリッ

シンジ「あ、くっ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/14(日) 06:23:07.23 ID:H/pCgw4z0

ミサト「んはぁ、あああ! ああっんぁ、ンぁあっ、ああ、あ、あ、あ、あ、んぅぅぅぅ」カクカクカク

シンジ「ぁぁ、ふ、うぅっ」

シンジ(ミサトさん、激し……!)

ミサト「ねええ出して出してぇっ、シンジくぅん、ああああ、もう白いの出してええええ」カクカクカクグリグリカクカク

シンジ「〜〜〜〜っ」



アスカ「」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:波平「わしが“チカラ”に目覚めただと?」