アスカ「なんでか、キスしただけでイカせる能力を手に入れたわ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「なにかしら、あれ?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 01:42:23.71 ID:bUOI9slS0

アスカ「これがあれば加持さんを…………ん?」

レイ「……」スタスタ

アスカ(ファースト、帰るトコか)

アスカ「……いいこと思いついちゃった」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 01:49:38.86 ID:bUOI9slS0

〜レイの部屋。玄関前〜

アスカ「はぁい、ファースト」

レイ「弐号機パイロット? どうしてここに」

アスカ「つけてきたから。それよりあんた、とんでもなく殺風景なところに住んでるわね」

レイ「……帰って」

アスカ「ふっふん」

レイ「?」

カチャ

アスカ「あ、ちょっと! 無視して部屋入ろうとしてんじゃないわよっ」グィッ

レイ「何をするの。離し―――ン!?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 01:59:25.67 ID:bUOI9slS0

ちゅっ

レイ「ッ!?」ビクビク!

レイ「ぇ……ぁ?」

アスカ「ん。どうしたのファースト、急にフラついちゃって」

レイ「い、今の、なに……?」

ちゅっ

レイ「ンン!?」ビクンッ

アスカ「ちゅ、ちゅぅ、ちゅ、ちゅっ」

レイ「ッ! ッ! ッ!」ビクッビクビクッビクッ

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 02:06:25.12 ID:bUOI9slS0

レイ「ふぁ……ぁ、ぁ♥」

ヘナヘナ…ペタン

レイ「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ」

アスカ「もう腰砕け? とろ〜んとしちゃってさ、いっつも表情無いあんたも、こうなると可愛いもんよね」

アスカ「ほら、部屋入るわよ、っと」グイッ

レイ「ぁぁ、待……ぃや」

アスカ「お邪魔しまぁす」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 02:20:06.00 ID:bUOI9slS0

アスカ「うぁ。なにここ。女の子以前に、文明人が住むとこじゃないわよ」

レイ「ハァ……ハァ……」

アスカ「いつまで私に抱えられてる気よ」

アスカ「って、まぁ、いきなり4回も5回もイカされたら仕方ないか。んしょ」

レイ「ぁ……」ドサッ

アスカ「制服姿の女子中学生が、力入んない身体で床に転がって―――」

アスカ「上気した顔でくねくねしてる。男だったら大喜びしそうな絵ね」

レイ「ど、どうして」

アスカ「こんなことするのか? あんたが生意気だから」

レイ「……ッ」

アスカ「ねぇ。こうやって私が上に被さってたら、ますますエロく見えるのかな?」

レイ「……」

アスカ「睨むくらいには回復した? でもダメ」

ちゅぅ

レイ「ンン!」ビクゥッ

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 02:38:22.69 ID:bUOI9slS0

レイ「」ビクン、ビクン

アスカ「ちゅ〜〜〜…………っ、ちゅぱ」

レイ「……ふぁ……ぁ、ぁ」

アスカ「ほらまた蕩けた。気持ちいいでしょ、いっぱいイクの」

レイ「……イ……?」

アスカ「そうよ。さっきから体感してるじゃない。私がキスする度」

アスカ「頭ん中真っ白になって、身体中ビリビリってキモチイイのが走って力抜けちゃうやつ」

レイ(いく……これが)

アスカ「ふふ。今日はあんたを、もっともっと、理性の無い動物みたいになるまでイカかせてあげる」

レイ「も、もう、やめて」

アスカ「あんたバカぁ? イヤがるようにしてるんだから、イヤがってやめるわけないじゃない」スッ

レイ「ひっ」

アスカ「まだ舌も挿れてないんだから。そろそろ試してみましょっか?」

アスカ「この能力で、ディープキスしちゃったらどうなるか」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 02:49:45.47 ID:bUOI9slS0

ちゅぅ……ニュル

レイ「!?」

レイ(舌……ほんとに、入って)

ペロッ

レイ「ッッッ」

レイ(あ、あ、これ、ああ)

ペチャッ、レロレロ

レイ「〜〜〜〜〜!!!」ビクビクビク

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 02:58:20.51 ID:x2KFXZK40

レイ(舐めら……イク、あああ……終わらな……!)

アスカ「はむ、ちゅぅ、ちゅぷ、じゅるるるる」

レイ「ッ、ッ、ッ」ガクガクガク

レイ(イク、イク、イっ)

アスカ「れろれろ、ちゅぅ、はぁ、ちゅぅぅぅぅ」

レイ「♥! ♥! ♥!」

レイ(あたま溶け……っ、しろく……イ……私、消え……ぁ)



レイ「」

アスカ「ん……ファースト?」

アスカ(気絶しちゃってる。うわ、腰回りべしょべしょじゃない)

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 03:03:32.43 ID:x2KFXZK40

〜〜〜

レイ「……ン」

アスカ「あ、起きた? 勝手にお茶挿れさせてもらってるわよ」カチャカチャ

レイ「わたし……」

アスカ「なんでベッドか? さすがにあのまま床に転がしとくのもなんだし、ベッドに運んどいたの」

レイ「……」

アスカ「違うの? あ、えっと、パンツじゃなくてタオル巻いてんのは、濡れすぎてたし近くに他に見当たらなかったからで」

レイ「…………弐号機パイロット」

アスカ「ん?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 03:15:25.71 ID:x2KFXZK40

レイ「く……きゃっ」ドサッ

アスカ「ぷ。なによ、立てないんじゃない」

レイ「はぁ、くぅ……」ズリズリ

アスカ「……」

レイ「ハァ、ハァ。に、弐号機パイロット」

アスカ「なに?」

レイ「……ォネガイ」

アスカ「何を? そんなカッコで、這ってきてまで嫌いな私におねだりするんだから、よっぽどの用事よねぇ?」

レイ「……オネガイ」

アスカ「はっきり言いなさいよ」

レイ「……も……もっと。さっきの、また」

アスカ「気持ちよくなりたい?」

レイ「!」コクコク

アスカ「言いなさいって」

レイ「き、キモチ良く。私をもっと、気持よくして! お願い!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 03:25:18.72 ID:x2KFXZK40

シンジ『どうしたのアスカ』

アスカ「私、今日は少し遅くなるから。ま、夕ごはんまでには帰るわ」

シンジ『分かった』

アスカ「じゃね」ピッ

レイ「ぁぁ、はやく」

アスカ(あのファーストが、私の足元に縋りついてくるなんてね)

アスカ「私のことはアスカ様……じゃ普段大変か。アスカって呼びなさい」

レイ「はい、アスカ」

アスカ「んふふ。続きはベッドでしましょっか」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 03:32:16.81 ID:x2KFXZK40

〜学校〜

アスカ「大した実験するわけでもないのに、教室移動するのってメンドウ」

ヒカリ「だってそういう決まりだもの。行こ」

アスカ「は〜い。レイ、あんたも」

レイ「ええ」

ヒカリ「!?」



トウジ「そ、惣流が綾波誘いよったぞ」

ケンスケ「綾波も普通についてったし……どうなってんだ!?」

シンジ「昨日、綾波の家に親睦を深めにだかで行って、仲良くなったんだって」

トウジ「いや、しかしあの二人が。んなアホな」

シンジ「そうかな? 案外気があったりして。僕らも早く出ないと鐘鳴っちゃうよ」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 03:43:02.22 ID:x2KFXZK40

〜コンフォート17〜

ミサト「へえ。良かったじゃない」

アスカ「別に良かないわよ。フツーでしょ」

ミサト「そんな事ないわ。あんた達が仲悪いのって、本部でも多少懸念はされてたんだから」

シンジ「そうなんですか?」コトッ

ミサト「そりゃそうよ。パイロット同士なんだから」

アスカ「シンジ、これ何?」

シンジ「ゆばの揚げ煮。口に合うといいんだけど」

ミサト「シンちゃん、ホント主夫似合うわね……」

アスカ(ま、ファーストを屈服させたのは悪くない気分よね)

アスカ(っていうかこの能力があれば、誰だって……所詮、快楽には勝てないんだから)

アスカ(他に屈服させておいて、私に得があるのは……)

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 03:48:01.88 ID:x2KFXZK40

コンコン

ミサト「はい」

カチャ

アスカ「ミサト。まだ起きてたんだ」

ミサト「もう寝かかってたわよ。あなたこそどうしたの? 部屋に来るなんて珍しいじゃない」

アスカ「ん……ちょっとね」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 03:56:36.73 ID:x2KFXZK40

ミサト「―――まさかアスカが幽霊とか苦手とはね。可愛いとこあるじゃない」

アスカ「バカにしてんの?」

ミサト「そんなことないわよ。子供なんだし」

アスカ「やっぱりバカにしてんじゃない……絶対なんかいるわよ、私の部屋」

ミサト「はいはい」

アスカ「ミサト、もう少し足のほう開けて」モゾモゾ

ミサト「ふふ。こうやってアスカと一緒に寝てるの見たら、シンジ君びっくりするわね」

アスカ「シンジには内緒にしてて」

ミサト「分かってるわよ、いくら私でもそこまで無神経じゃないわ」

アスカ「ダンケ、ミサト。じゃ、これはお礼ね」

ミサト「え?」

ちゅっ



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 04:07:33.73 ID:x2KFXZK40

ミサト「ンぁ、ぁ!?」ビクンッ

アスカ「ミサト?」

ミサト(今の、キスされて……それで、私……!)

アスカ「どうかしたの」

ミサト「な、なんでもないわ。アスカこそ、どうしちゃったのよ急にキスだなんて」

アスカ「ふーん。さすがにファーストよりずっと場慣れしてるのね」

ミサト「アスカ……!?」

アスカ「連続でイっても耐えられるのか、試してあげる」

ミサト「あ……あんた、こら、ちょ」

アスカ「れろっ」

ミサト「ふぁう♥」

アスカ「この唇と舌。キスほどじゃなくても、どこでも触れれば気持ち良くさせられるって、ファーストとで学んだの」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 04:22:56.12 ID:x2KFXZK40

ミサト(レイと……? まさか、仲良くなったのって)

アスカ「指でも」ペロ

ミサト「いっ♥」

アスカ「首筋でも、額でも、ほっぺたでも」ペロッ、レロッ、チュ

ミサト「ふぅン! ぁっ! きゃぅ!」

アスカ「で、キスはもちろん、最高にいいみたい」

ミサト「ハァ、ハァ。ん、んん……むぐっ」

ちゅぅぅ

ミサト「〜〜〜ッ」ビクビクビクッ

アスカ「ふぅ。どう、ミサト。加持さんとするより凄くない?」

ミサト「ぁ……ふぁ……」

ミサト「……ぁぁ、こ、ハァ、子供が、ぁ、ハァ、そんなこと……・言うもんじゃ」

アスカ「ふんっ。涙もヨダレも垂らしといて、まだ子供扱いするわけね」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 04:28:14.81 ID:x2KFXZK40

アスカ「ならいいわ。ファーストと違って腕力でこられたら勝てないし、一気に堕としてあげる」

ミサト「!? や、やっぱりレイにも」

ちゅぷっ

ミサト「ンぅッ」ビクン

ちゅぱっちゅぅぷぷ、にゅちゅるる

ミサト「ッッッ」

じゅぷるるるる、れるれるれるれるれる

ミサト「ッッッッッ」

ちゅぅぅぅぅじゅるちゅるるにゅるれろれろにゅるるちゅぅぅぅぅぅ

ミサト「ーーーーーーーーー♥♥♥」ガクガクガクガク

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 04:34:05.06 ID:x2KFXZK40

アスカ「……ぷぁ。ねえミサト、もっかい聞くから、答えて」

ミサト「ひぁ……へ……」

アスカ「気持ち良かった?」

ミサト「ぃ……ィィぃ……しゅごひぃ」

アスカ「加持さんとのセックスと私のキス、どっちが?」

ミサト「ぁ……しゅかの、ぉ、きふ……ぅ」

アスカ(やっばいわこれ。スゴい優越感かも!)

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 04:49:02.16 ID:x2KFXZK40

アスカ「いい子ねミサト。正直に答えたご褒美、あげる」

レロォ…

ミサト「あぁン!」

アスカ(耳、舐めただけで、蛇みたいにのたうつ程感じてる)

ムニムニ

ミサト「ンん、ふぁぅ」

アスカ(全身発情しきってるから、おっぱい揉んでやるだけで恍惚に蕩けてる)

アスカ(今、私が、ミサトを支配してるんだわ……!)

ミサト「もっろ……もっろぉ……れろれろって、してへ……ぇ」

グィッ…フルン

ミサト「ぁっ」

アスカ「やっぱり、ミサトはおっぱい大っきいわね。ちゅ」

ミサト「はぁぅ♥」

アスカ「柔らかくて、おっきくて、ズルい……れろ、ちゅぅ、ぺろぺろ」

ミサト「ふぁ、ぁっ、ぁ〜〜」ブルブル

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 04:58:13.57 ID:x2KFXZK40

ミサト(ス、ゴ……胸が、胸だけで、感じすぎて狂っちゃ……ぁぁぁ)

アスカ「ちゅぷ、ン、れろぉ」

ミサト(なのに、もっとスゴいの欲しく……私……)

ミサト「ァ……ス、カ」

アスカ「なに?」

ミサト「下……わ、わたしのぉ、アレ……」

アスカ「ふふん、貪欲ね。いいわよ」

ズリッ

アスカ「……わ。ぐっちゃぐちゃ。わりとグロいことになってるわよ、ミサト」

ミサト「ハァ、ハァ」

ちゅぅ

ミサト「〜〜っ!!」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 05:05:40.72 ID:x2KFXZK40

ちゅぅ、ちゅぷ……レロレロレロ……

ミサト「ぃへっ! あっ、ふひぁぁぁ」ビクン!ビクン!

ミサト(きも、ち……きもちっ)

ちゅぱっちゅぅ、じゅルル、じゅちゅっじゅちゅっ

ミサト「ぎもぢひぃぃぃぃぃ♥ あああああ♥」

アスカ「んふふ」

ミサト(こんなっこんな幸せなことあったなんて……!)

ミサト(私もう……! これなしじゃ、生きてけないぃぃ)

ミサト「」ガクガクガク

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 05:12:34.87 ID:x2KFXZK40

〜学校。昼休み〜

ヒカリ「あれ。アスカは?」

ケンスケ「惣流ならどっか行ったぜ。綾波も一緒に」

トウジ「ここ数日くらい、いつも一緒やからなぁ。あいつら」

ヒカリ「そう……」

トウジ「なんや、委員長は仲間はずれか?」

ヒカリ「!」

トウジ「ひっ。そ、そんな怖い顔せんでも。冗談や冗談」

ケンスケ「たまに二人で消える以外、三人組になっただけだしな。シンジは何か聞いてるか?」

シンジ「ううん」

ヒカリ「……私、ちょっと探してくる」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 05:26:58.19 ID:x2KFXZK40

レイ「アスカ」ギュッ

アスカ「慌てなくても、まだ時間あるわ」

レイ「でも、もう。が、我慢……できないの。アスカ」

アスカ「見りゃ分かるわよ。さっきからずっと脚もじもじさせて、フトモモまで垂れてきちゃってるし」

レイ「……お願い……! 昨日イカせてもらってから、20時間以上イってない」

アスカ「完全にキス中毒患者ね。ほらこっち向いて、目、つぶって」

レイ「はい……」

アスカ「ん……」

ちゅぅ

レイ「♥」ビクビク



ヒカリ「……え?」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/10/08(月) 05:30:15.94 ID:x2KFXZK40

おつかれ休憩。乗っ取りいたらどうぞ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「キョン、セ・リーグCSファイナル第三戦が始まるよ」