ライト「家が…燃えてる…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝比奈みくるの本性 番外編

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/24(日) 18:31:39.72 ID:KbziIiSm0

へへっ。僕は夜神月。
学校から帰ったら家が燃えてたでござる。


粧裕「ぐすん…ひっく…」

月「おい粧裕! 一体何があったんだ!?」

粧裕「…ごめんなさい…あたし…お兄ちゃんの部屋に勝手に入っちゃって…」グスン
粧裕「…その…日記を見つけたから…こっそり読もうとしたんだけど…そしたらね…」
粧裕「…引き出しからガソリンみたいな変な匂いがしてきて…気になって調べてみたら…」
粧裕「…きゅ、急に底が外れて…引き出しが燃え上がって…炎が本棚に移って…」グスン

月「!!」


リューク「おいライト…ノート燃えちまったじゃねぇか…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/24(日) 18:35:13.46 ID:KbziIiSm0

月「……ムック。まだ諦めるには早いよ…」カタカタカタ

リューク「俺はリュークだ。めちゃくちゃ動揺してるじゃねぇか…」

月「ふっ…僕としたことが……少し深呼吸をさせてくれ」

月「ハァァァ…フゥゥゥゥ…ヴッ!?」

月「ウホッ! ウホッウホッ!」

リューク「火事現場の手前で深呼吸してどうすんだよ」

月「ウホッ! ケムリが…ウホッ!」


父「幸子! 月! 粧裕! …無事だったか!?」

母「えぇアナタ。みんな無事よ……でも家は全焼したわ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/24(日) 18:37:01.81 ID:KbziIiSm0

父「みんな、聞いてくれ」

父「……ウチは火災保険に入っていない」

粧裕「え?」

母「……そして通帳も印鑑も…全て燃えてしまったわ」

月「ま、まさか…」

父「あぁ。私達はこの火災により一文無しとなった…」

粧裕「そ、そんな…じゃあ…どうすれば…」

父「ソーリー。みんな……」


父「……夜神家、解散だ」タタタ


月「どこ行くんだ父さぁあああああああああん!」


父の正体はクズだった。
所持金512円。僕の乞食生活はこうして始まった。

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/24(日) 18:38:51.87 ID:KbziIiSm0

リューク「ライト。これからどうするんだ?」

月「“まだ諦めるには早い”……さっきそう言っただろ?」

リューク「でもノートは燃えちまったし……」

スッ。

月「ほら、ここにデスノートの切れ端があるじゃないか」

リューク「そういえばいつも携帯してたな…」
リューク「だがそんな切れ端で世界を変えるなんて無理だろ」

月「ハハッ。リュークは人間界のことを知らなすぎるぞw」

リューク「何かいい方法でもあるのか?」

月「もちろんさ! ……おっ。丁度良いところにコンビニが」

リューク「コンビニで何かするのか?」

月「クックック。百聞は一見にしかず……ついてきなよ、リューク」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/24(日) 18:40:34.73 ID:KbziIiSm0

ウィイイイイン。

店員「いらっしゃいませ」

月「コピー機を借りるよ」

リューク「おいライト…お前…まさか…デスノートを…!」

≪ガシャンガシャンガシャン…≫

月「クックック。50枚コピー完了だ。これで僕は…新世界の神になれる!」

リューク「」ポカーン

月「フハハハハ……はぅあッ!?」

リューク「ん? どうしたライト?」

月「こりゃいかん……デスノートの切れ端……ポケットに入れたままだった……」

リューク「」ポカーン


残金12円。

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/24(日) 18:42:13.12 ID:KbziIiSm0

月「……いや、これでいい。そもそもデスノートをコピーなんてできるはずがないからなw」

リューク「……うん」

月「ふっ…僕としたことが……少し深呼吸をさせてくれ」

月「ハァァァ…フゥゥゥゥ…ヴッ!?」

月「ウホッ! ウホッウホッ!」

リューク「ど、どうした? 一体どこに咳き込む要素が…!?」

月「ウホッ! コピー用紙が…ウホッ!」

リューク「……お前はカービィか。絶望したぜライト。俺はもう帰る」

月「……ムシャムシャ…ムシャムシャ…!?」

リューク「デスノートが燃え、俺がお前に取り憑く義務も無くなったわけだ…」
リューク「……夜神ライト。お前のデスノートに関する記憶を消させてもらうッ!」

……



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/24(日) 18:43:41.08 ID:KbziIiSm0

◆夜神家・跡地◆

粧裕「お父さんも…お母さんも…お兄ちゃんも…みんな居なくなっちゃったよぉ…」グスン

粧裕「寂しいよぉ…」グスン

粧裕「あれ…? 何か落ちてる…確かこの辺はお兄ちゃんの部屋だった所だよね…」グスン

粧裕「ん…文字が煤で汚れて見にくいな…」

粧裕「『DEAIH NOTE』……“出会いHノート”!?」

パラッ…

音原田 九朗
渋井丸 拓男
渋伊丸 拓男
渋井丸 拓夫
渋伊丸 拓夫
渋井丸 拓雄
渋伊丸 拓雄
渋井丸 卓男

粧裕「何この名前の羅列……まさか…お兄ちゃんと出会って…Hした人たちってこと!?」

粧裕「ヤダコレ…男の人ばっかりじゃない…!」

粧裕「しかも圧倒的シブイマルタクオ…」

粧裕「お兄ちゃんにとって…シブイマルタクオとは何なの!?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/24(日) 18:46:16.28 ID:KbziIiSm0

???「……おい」

粧裕「だ、誰!? アナタ!!」

リューク「俺は死神リューク。ライトにそのノートをくれてやった者だ」

粧裕(ってことは…このお化けが…お兄ちゃんをホモにした元凶…!?)

リューク「ククク。まさかノートが燃えてないとはな…」
リューク「まぁ死神界の物質が燃えないのは当然っちゃ当然かw」

粧裕「何を…言ってるの?」

リューク「いや、こっちの話だ…それよりお前には期待してるからな」

リューク「何たってお前の兄貴はたった数ヶ月でそれだけ“ヤッた”んだ…」
リューク「すげぇ精神力の持ち主だったぜ…」

粧裕(…やっぱりお兄ちゃんはこれだけの人数をやったんだ…)

粧裕「……わ、私にも…同じことをしろって言うの?」

リューク「好きにしな。その代わりお前が死んだとき…俺がお前の名前を俺のノートに書くことになるが…」

粧裕「私を…死姦するってこと? 最低! 付いてこないで!」タタタタ

リューク「あ? 死姦って何だよ。つーか待てよ。俺はお前の傍にいないとダメなんだよ!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/24(日) 18:48:23.42 ID:KbziIiSm0

◆コンビニ◆

気がつけば紙を頬張ってた僕の名前は夜神月。
口が血だらけで、鉄の味がする。ちょっと好き。

しかし僕は…こんなところで何をしてるんだ?

確か引き出しのトラップが原因で家が火事になって……

あれ? 僕は何で…引き出しにトラップなんか仕掛けたんだっけ?

確か“何か”の存在を隠すために……

……クッ…思い出せないッ……!

ウィィイイン。

店員「いらっしゃいま…」

粧裕「助けてください! 変なお化けが私をストークしてくるんです!」

店員「あの…どういうことでしょうか?」

粧裕「どういうことって…私の後ろにいるでしょ!?」

リューク「ククク。言い忘れてたがお前以外に俺の姿は見えないぜw」

粧裕「え…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/24(日) 18:50:01.40 ID:KbziIiSm0

月「粧裕じゃないか…どうしたんだお前?」

粧裕「お兄ちゃん! お兄ちゃんならこのお化け知ってるよね!?」

月「何言ってるんだお前…大丈夫か?」

粧裕「お兄ちゃんも見えないの!? このお化けからノート貰ったんでしょ!?」

月「ノート? 何のことだ?」

リューク「残念ながら、ライトも俺の姿は見えないし、ノートに関する記憶も失ってるぜ?」

粧裕「そんな…」

リューク「まぁ再びノートに触れると俺の姿が見えるようになり、記憶も蘇るけどな」

粧裕「ほんと!?」

月「おい粧裕! ノートって何だ? もしかしたら僕が忘れていることかもしれない!」

粧裕「ほらお兄ちゃん! このノートだよ! 思い出して!」

つノート

ピタ。

月「うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/24(日) 18:51:15.73 ID:KbziIiSm0

月「ククク。ありがとう粧裕。全て思い出したよ…」

月「ノートが燃えてなかったとはな…予想通りだ」
月「もう不甲斐ないマネはしないよリューク。これから面白いものを見せてやる」

リューク「今度こそ期待してるぞ」

月「ところで粧裕。お前はこのノートと僕の正体を知ってしまった…そうだろ?」

粧裕「…そうだけど…」

月「だったら僕はこのノートにお前の名前を書かなきゃいけない…」

粧裕「え…///」

月「何だよその反応。怖くないのか?」

粧裕「……怖くないよ……初めてだけど……お兄ちゃんなら……///」

月(フッ。僕と争っても無駄だと悟ったか。てか誰だって初めてだろ)

粧裕「痛くしないでね…」

月「あぁ、楽に逝かせてやる」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/24(日) 18:59:01.46 ID:KbziIiSm0

『夜神粧裕』

僕はデスノートにその名を刻んだ。
たった一人の妹を僕は躊躇せず殺す。

仕方ないんだ……少しでも弱みを見せたらLにやられてしまうから。
Lに勝つためなら僕は悪魔にでも死神にでもなってやる。

37…38…39…40。

粧裕「!?」ドクン

粧裕「お兄…ちゃん…どう…して…」バタン

粧裕のためにも…僕はキラとして目的を果たさなければならない。

心優しい人々だけの、心優しい新世界をつくる。

そして僕は…新世界の神になるッ!

〜解散!〜



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ふえぇ〜ん・・・古泉君・・・やめてください///」