アスラン「俺ってシンに嫌われてるのか?」レイ「はあ……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:こなた達がミーディアムになったようです

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 20:17:22.65 ID:YSySImc40

レイ(むしろ、嫌われてないはずがないのだが)

アスラン「アイツ、俺に対してトゲトゲしくないか?」

レイ(相手は一応上官だ、フォローをしておくか……)

レイ「アスラン、彼も軍人とはいえ、1人の少年です」

レイ「誰かに対して、そういった感情を持ってもおかしくはない」

アスラン「そういうものか……」

レイ「それに、あなたは些かフリーダムの肩を持ちすぎる」

アスラン「だってキラは敵じゃないんだ!」

レイ「そう、それですよ」

アスラン「……」

レイ「気にすることはないですよ、アスラン」

レイ「シンも、嫌っているというわけではない」

レイ「ただ、上官としてのあなたの姿勢に疑問を抱いている」

レイ「それだけですよ」

アスラン(キラ、ちゃんと飯食べてるかな……)

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 20:23:14.85 ID:YSySImc40

シン「あ、レイ。ここに居たのか」

アスラン「シン……」

レイ「どうかしたのか、シン」

シン「夕食、一緒に食べないか?セツコさんも誘ってるんだ」

レイ「わかった。カミーユは?」

シン「カミーユはちょっと仮眠とりたいんだって」

レイ「わかった。先に行っててくれ」

シン「ああ」

アスラン「…………」

レイ「どうかされましたか」

アスラン「嫌われてるだろ、これ。普通に俺をスルーしたぞ今」

アスラン「普通、俺も誘うだろ?」

レイ「……あなたと食事をとるのは緊張するだけなのでは」

アスラン「前に一緒に食べたことあるんだ……」

レイ「……はあ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 20:27:13.67 ID:YSySImc40

アスラン「そもそも、おかしいだろ」

アスラン「なんで、セツコやカミーユを誘うのに……」

レイ「誰と食事を摂るかは彼の自由だと思いますが」

アスラン「誘ってくれていいだろ、俺たち同じ赤だぞ……」

レイ「アスラン、あまり考えないほうがよろしいかと」

アスラン「くそ、シンの奴……」

レイ(面倒だな……)

レイ「では、アスラン。彼を待たせるわけにもいかないですし……」

アスラン「あ、ああ……」

レイ「では」

アスラン「…………」

アスラン「…………あれ」

アスラン「もしかして、レイにも嫌われてるのか?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 20:29:57.21 ID:YSySImc40

アスラン「確かに、俺はキラの肩を持ち過ぎてるかもしれない」

アスラン「でも、実際にキラは敵じゃないんだ……」

アスラン「…………よし」

アスラン「俺も食事にしよう」

アスラン「何気なく、あいつらの近くの席にすわって、一緒に食べてる雰囲気にひたろう」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 20:42:06.65 ID:YSySImc40

アスラン(アイツらは何をはなしてるんだ?)


レイ「結局、まだカミーユは寝ているようだな」

シン「そうみたいだな……」

セツコ「シン君。シン君」

シン「どうかしましたか?」

セツコ「あそこ、アスラン隊長」

シン「げ」

セツコ「誘ってあげた方がいいんじゃないかな……」

アスラン(それだ、セツコ!)

シン「でも、あの人……」

レイ「シン。ここは誘っておけ。軍内の対人関係が拗れるのは避けておくべきだ」

シン「……わかった」

シン「アスラン、一緒にたべません?」

アスラン「え?あ、ああ。そうさせてもらうかな」

アスラン(よかった、そこまで嫌われてないようだな!)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 20:45:53.90 ID:YSySImc40

レイ「…………」

シン「…………」

アスラン「どうしたんだ、2人とも。食べないのか?」

シン「いえ、……食べますよ。なあ、レイ」

レイ「ああ……」

セツコ(もしかして、これはやっちゃったかもしれない)

セツコ(どうにかしないと……)

セツコ「あの、アスラン隊長!」

アスラン「どうした?」

セツコ「その、フリーダムについて教えて頂けたら、今後の役に立つかと……」

シン「負けた経験なんて、意味ないですよ」

アスラン「何だとっ!?」

シン「じゃあ、何か有益な情報でもあるんですか?」

アスラン「そこまでいうなら、……任せろ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 20:50:04.64 ID:YSySImc40

アスラン「フリーダムは……、強い」

セツコ「ごちそうさまでした」

シン「あれ、半分も食べてませんよ?」

レイ「無理な減食は身体に悪い。あまりオススメはできません」

セツコ「別に、ダイエットしてるわけじゃ……」

アスラン「おい」

シン「ああ、すいません。思ってたよりダメだったんで」

アスラン「だったら、どうしろっていうんだ!」

シン「アンタ一緒に戦ったんじゃないのか!」

シン「もっと、こう、武装のコトとか、戦い方のクセとかあるでしょうが!」

アスラン「す、すまん」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 20:55:31.56 ID:YSySImc40

レイ「……今の所、わかっていることは」

レイ「フリーダムは、コックピットを狙わない」

アスラン「ニコルはモロに攻撃されたけどな」

レイ「メインカメラと武装の破壊しか、奴はしない」

シン「戦場にカメラと武装壊されて放っておかれたら、他の奴に討たれるに決まってるじゃないか!」

セツコ「つまり、そこにフリーダムを撃墜できるような……」

アスラン「ちょ、ちょっと待ってくれ」

シン「なんですか」

アスラン「キラは、コックピットを狙わない、そういったな。レイ」

レイ「はい……」

アスラン「狙うとき狙うぞ。アイツは」

レイ「……そうなんですか?」

アスラン「ああ、目の前でみた」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 21:00:37.03 ID:YSySImc40

アスラン「対艦刀あるだろ。インパルスのエクスカリバーみたいな」

シン「はい」

アスラン「それをだ、アイツは機体のコックピットに叩きつけたんだ」

レイ「さほどおかしいとは思いませんが」

アスラン「もちろん、パイロットに直撃するよな」

セツコ「そうですね……」

アスラン「そしたらだ、アイツは……キラは!」

アスラン「対艦刀を機体から抜かずに、そっと手を離したんだ!!」

アスラン「機体の腹部には、アイツの対艦刀が食い込んだままだ」

レイ「そして、そのままパイロットごと爆発したんですね?」

アスラン「ああ、あの時は流石に俺もちょっとキラを落とそうとしたな」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 21:05:02.57 ID:YSySImc40

シン「だったら、その怒りをいまこそぶつけましょうよ!」

アスラン「シン……」

シン「アンタの中で、その怒りが薄れていたとしても……」

シン「アンタの仲間という事は、俺たちにとっても先輩なんですよ!」

アスラン「しかし、もうアレは……」

シン「クソッ!どうあがいてもアンタは戦わないつもりですか!」

アスラン「だって…」

レイ「ハイネも、彼らの介入によって死んだといっても過言ではありません」

シン「そうですよ、アスラン!」

アスラン「で、でも」

シン「アスラン!」

レイ「アスラン……」

セツコ「アスラン隊長」

アスラン「わ、わかった。だから、そう迫らないでくれ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 21:07:50.16 ID:YSySImc40

シン「きっとですよ、アスラン」

レイ「アスラン、もうこれ以上。敵の肩を持つのはやめていただきたい」

セツコ「あ、あの」

シン「セツコさん、どうかしましたか?」

セツコ「ううん……、あの。ご飯、全然食べてないよ?」

シン「あ」

レイ「……」

アスラン「冷めてしまっているな」

シン「アンタのせいじゃないか!」

シン「アンタが、うじうじしてるから話が終わらなくて……!」

アスラン「シン、やっぱりお前俺がきらいなんだな?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 21:15:03.59 ID:YSySImc40

アスラン(まずい……とんでもないコトになった)

アスラン(キラと戦う?無理だ、キラは敵じゃないし、勝てるわけがない!)

アスラン「……そうだ、ニコルのことを思い出せばやる気がでるかもしれない」



ニコル『母さん……ボクのピアノ……』



アスラン「ニ、ニコルゥゥゥゥゥゥゥウウウゥウウウウ!!!!」




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 21:17:27.39 ID:YSySImc40

アスラン「そうだ」

アスラン「ニコルを殺したのも、ハイネを死ぬ原因をつくったのも」

アスラン「人から婚約者寝取ったのも、キラだ」

アスラン「ディアッカが緑になって、イザークが白になったのも」

アスラン「俺の額が広くなったのも、全部キラのせいだ!」

アスラン「……そう自分にいいかせると、不思議とやる気になってきたな」

アスラン「よし、やってやる……。キラは俺が討つ!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 21:20:22.44 ID:YSySImc40

アスラン「シン、レイ!」

シン「どうなさいましたか?」

アスラン「これから、シミュレーションを行うぞ」

シン「シミュレーション?何のですか?」

アスラン「きまっているだろ、フリーダム撃破のだ!」

アスラン「俺は先にいっている、遅れるなよ」

レイ「…………」

シン「どうしちゃったんだ、あの人」

レイ「さあ」

シン「……どうする?」

レイ「行くしかないだろ」

シン「カミーユは?」

レイ「寝かせておいてやれ」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 21:23:46.25 ID:YSySImc40

レイ「いいですか、アスラン」

レイ「先ほども言った用に、フリーダムには付け入る隙がある」

アスラン「コックピットは狙わない、か」

レイ「多少例外もあるようですか、データはそれを示している」

レイ「逆に言えば、普段は狙わない彼がコックッピットを狙ってくるということは」

アスラン「なるほど、そこまでキラを追い詰めているという事か」

シン「アスラン、アスラン」

アスラン「どうした、シン」

シン「どっちが落とします?」

アスラン「俺だ」

シン「へー、できるんですか?」

アスラン「やってみなくちゃ、わからないだろう!」

シン「実際に負けたのはアンタじゃないか!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 21:27:15.71 ID:YSySImc40

レイ「やるなら、互いに別々の役割を持つことになります」

アスラン「役割?なんだそれは」

レイ「1人がフリーダムを、もう1人がミネルバの護衛及びアークエンジェルへの攻撃」

アスラン「なるほど、アークエンジェルを攻撃すれば……」

シン「フリーダムは嫌でもそっちに意識がいってしまうってことだな!?」

レイ「ああ、そういうことだ」

アスラン「なるほど、これならいけるかもしれないな」

レイ「……フリーダムと戦うのは、シン。お前だ」

アスラン「はぁ?」

レイ「聞いてください、アスラン」

アスラン「おまっ、人をその気にさせておいて……!」

シン「残念でした〜」

アスラン「お前っ!」

バキッ

シン「ぐはぁっ……!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 21:31:28.12 ID:YSySImc40

シン「な、何するんですか!」

レイ「アスラン。、シンの態度に問題のあったことは認めますが」

レイ「いかに上官と言えど今の右フックは理不尽と私も思います」

アスラン「す、すまん」

シン「お、俺もちょっと調子のってました」

アスラン「しかし、どうしてシンなんだ?」

レイ「……インパルスの特徴をいかすのです」

アスラン「あ、分離するのか」

レイ「はい」

シン「レイ、お前やっぱ凄いよ!」

アスラン「流石だな、レイ!」

レイ「……いえ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 21:38:24.56 ID:YSySImc40

シン「俺、レイと友達でよかった」

レイ「シン……」

アスラン「俺も、お前達が仲間でよかった」

シン「はあ」

レイ「……ありがとうございます」

アスラン「ちょっと、傷つくんだが」

シン「じょ、冗談ですよアスラン」

アスラン「冗談がきついぞ!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 21:42:43.73 ID:YSySImc40

レイ「では、この辺りで……」

アスラン「ああ、絶対にキラを落とすぞ!」

シン「はい!」

アスラン「じゃあ、俺は部屋に戻っている」

レイ「…………」

シン「なんでいきなりやる気だしたんだろうな」

レイ「さあな。だが、これでいい」

シン「ああ、何だかんだでアスランは便りになるからな!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 21:49:27.25 ID:YSySImc40

レイ「……だが、それでもフリーダムの力は未知数だ」

シン「大丈夫さ、俺にはレイやカミーユやセツコさんがついてる」

レイ「そうだな、俺もできる限りフォローをする」

シン「ありがとう、レイ」

シン(ステラ……、絶対に俺がアイツを落としてみせる!)

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 22:01:07.63 ID:YSySImc40

数日後

レイ「シン、出たぞ、アークエンジェルだ」

シン「……来たか」

アスラン「いくぞ、シン!」

シン「はい!」

カミーユ「シン、お前ならきっとやれる」

シン「ああ!」

セツコ「シン君、がんばって」

シン「はい……!」

シン「アスラン、いきましょう!」

アスラン「う、うん…………」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 22:04:23.26 ID:YSySImc40

タリア「ジャミング弾発射!インパルス、セイバー発進!」

シン「シン・アスカ、コアスプレンダー行きます!」

アスラン「アスラン・ザラ、セイバー発進する!」

アスラン「シン、俺はアークエンジェルを攻める、お前はキラを!」

シン「はい!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 22:09:13.62 ID:YSySImc40

キラ「アスラン……!?」

キラ「くそ、アークエンジェル……!」

シン「はぁぁぁあああああ!」

シン「いっつもそうやって………!」

シン「やれると思うなあああああああああ!!」

キュゥィイイイン

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 22:13:45.00 ID:YSySImc40

レイ『リーダムは、コックピットを狙わない』

レイ『メインカメラと武装の破壊しか、奴はしない』

セツコ『つまり、そこにフリーダムを撃墜できるような……』


シン「はぁあああああ!」

ガキィンッ!

キラ「ぐっ……!!」

シン「メイリン!チェストフライヤー!フォースシルエット!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 22:16:32.66 ID:YSySImc40

アスラン「……シン」

アスラン「悪いが、落とさせてもらうぞ、アークエンジェル!」

キュゥィイイイン

アスラン「おおおおおおっ!」

ズガガガガガガ

マリュー「……!」

マリュー「あれは、セイバー……?」

マリュー「なぜ彼が……!?」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 22:18:37.58 ID:YSySImc40

シン「あんたがステラを殺した!」

シン「とめようとしたのにーーー!!」

キラ「うっ」

シン「あんたは俺が討つんだ!」

シン「今日、ここで!」

シン「メイリン、ソードシルエット!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 22:22:34.54 ID:YSySImc40

アスラン「これで、終わりだっ!」

スガァアーーーンッ!

チュドォオオオーーンッ!

キラ「なっ……!」

シン「はぁぁぁぁぁぁぁああああああっ!」

キラ「ぐわぁぅ!?」

グサァアアァア

チュドォォオオオオオン


シン「ふふ、はっはっはっは、やった、ステラ、やっとこれで、あっはっは…!」

アスラン「ふふ、はっはっはっは、やった、ニコル、やっとこれで、あっはっは…!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 22:26:42.53 ID:YSySImc40

カミーユ「シン、やったな」

シン「いや、そんな……」

レイ「よくやったな、シン。見事だった」

セツコ「本当にすごいわ、シン君」

シン「レイやセツコさんのおかげさ」

アスラン「……」

シン「アスラン」

シン「アスランが援護してくれたおかげです、ありがとう」

アスラン「……あ、ああ」

シン「どうしたんですか?もっと自信もってくださいよ」

レイ「そうですよ、あのアークエンジェルを単独で落とされたのですから」

アスラン「ああ、なんだかとっても清々しい気分だ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 22:29:31.35 ID:YSySImc40

シン「レイ、これから皆で食事しないか?」

レイ「そうだな」

シン「セツコさんも」

セツコ「ええ、もちろん」

シン「カミーユも」

カミーユ「ああ」

アスラン「…………」

シン「アスラン、なにやってんですか?早くいきましょうよ」

アスラン「え」

レイ「今日の主役は、シンだけでなく貴方もですから」

アスラン「 」 ブワッ

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/04(木) 22:34:21.35 ID:YSySImc40

カミーユ「しかし、本当によくやったな」

シン「皆がいてくれたからさ」

レイ「だが、やり遂げたのはお前だ。シン」

シン「俺だけじゃないだろ?」

レイ「ふっ、そうだな」

アスラン「……な、何だ」

シン「いや。アスランもなくんですね」

アスラン「お前は俺をなんだと思ってるんだ!」

セツコ「はははははっ、そうだよぉ〜、シンく〜ん」

セツコ「隊長はおばけじゃないんだからぁ〜」

シン「セツコさん!?よ、酔ってる……」

シン「誰だ、セツコさんに酒飲ませたのは!」

アスラン「あ、すまん」

シン「アンタって人はああああああああああああ!!」






ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:両津「クソ闇金風情が!ぶっ殺してやる!」