ひろし「永遠の5歳児野原しんのすけ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「面白いギャグを考えました」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 18:54:56.92 ID:SHPLXx540

ひろし「帰ったぞー」

しんのすけ「ただいま、とおちゃん!」

ひろし「おいおい、ただいまじゃなくて、おかえりだろ?」

しんのすけ「そうともゆー」

ひろし「全く。お前って奴は。みさえはどうした?」

しんのすけ「かーちゃんなら、揚げ物してるからってお迎えにいっていわれたんだゾ」

ひろし「…そっか。なんでお前を揚げないんだろうな」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 18:58:07.88 ID:SHPLXx540

しんのすけ「もー、とーちゃん!冗談きついぞーw」

ひろし「あ?」

しんのすけ「全くー!オラたち3人家族仲良く暮らさないとダメだぞ!」

ひろし「3人?俺たちは…」

みさえ「あら! おかえりなさい!」

ひろし「ただいま」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 18:59:36.26 ID:SHPLXx540

みさえ「さっき気付いたんだけどごはんのスイッチ入れるの忘れてて、もうちょっとかかりそうなの」

しんのすけ「まったく、みさえはドジだなぁ」

みさえ「…だから、しんちゃんをお風呂に入れて欲しいんだけど」

しんのすけ「もー仕方ないなー」

ひろし「おめーがいうのかよ!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:01:09.72 ID:SHPLXx540

しんのすけ「あーいいお風呂だぞ!!」

ひろし「…」

しんのすけ「とーちゃん?」

ひろし「お前一体なんなんだよ」

しんのすけ「またその話ー?おらはしんのすけだぞ!」

ひろし「いい加減にしろよ?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:02:28.38 ID:SHPLXx540

みさえ「しんちゃん?お風呂どうだった?」

しんのすけ「んーまぁまぁだな」

ひろし「今日はステーキに唐揚げ?変な組み合わせだな。コレステロールたかそうな…」

みさえ「これからしばらくはしんちゃんの大好きなお肉よ!」

ひろし「しかも、これ? かなりいい肉なんじゃないか?」

みさえ「そうね!ちょっと奮発しちゃったわ」

しんのすけ「かーちゃんふとももー!」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:04:00.03 ID:SHPLXx540

しんのすけ「もう食えないぞ!」

みさえ「はいはい。お粗末さまでした。じゃあ洗い事始めちゃうわねー」ジャー

ひろし「…しんのすけ。いい加減にしてくれないか?」

しんのすけ「なにがー?」

ひろし「何時までもとぼけるんじゃない」

しんのすけ「もーとーちゃんずっと変だぞ!」

ひろし「…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:05:38.47 ID:SHPLXx540

みさえ「あなた、いってらっしゃい」

ひろし「…ん、ああ行って来る」

ひろし「しんのすけ…」

??「! おじさん!おじさん!」

ひろし「? この声は…」

風間「どうもおひさしぶりです!」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:07:59.66 ID:SHPLXx540

ひろし「やっぱり風間くんか、しばらく見ない間に大きくなったね」

風間「そうですか?」

ひろし「うん。歳月が流れるのは早いもんだよ」

風間「そうですね。僕も驚いてます」

ひろし「そうだよなぁ。もうしんのすけが死んでから2年だなんて…」

風間「…あのおばさんは? その…母がとても気にしていて…」

ひろし「まぁその…最近は元気かな?」

風間「そうですか…それは良かったです。今度しんのすけの線香あげにみんなでいっていいですか?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:09:37.20 ID:SHPLXx540

ひろし「それで…」

ひろし「まさか、しんのすけが蘇ったなんていえるわけないよな…」

ひろし「そもそもあれはしんのすけなのか?俺は確かに触った。あれは死の体温だった」

ひろし「俺は確かに息子の死と対面したはずなんだ…」

ひろし「しんのすけ…」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:14:21.01 ID:SHPLXx540

ひろし「ただいま」

しんのすけ「かーちゃんがまた、炊飯ジャーのスイッチ入れ忘れたってさ。お風呂先に入れって」

ひろし「しんのすけ…お前は一体なにものなんだ?」

しんのすけ「もーとうちゃん!しつこい男は嫌われるゾ!?」

ひろし「いいからいえ!俺たちはもうお前を忘れかけていたんだ…なのに」

しんのすけ「…なにいってるんだゾ?」

ひろし「?」

しんのすけ「とーちゃんこそなにを忘れてるんだ!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:18:03.02 ID:SHPLXx540

しんのすけ「おらがいなくなってからのかーちゃんは毎日毎日泣いてすごしていたんだゾ」

ひろし「それは…」

しんのすけ「とーちゃんじゃおらを失った穴を埋めることなんでできないからかーちゃんは毎日おらの絵をクレヨンで描いて…」

しんのすけ「おらが居なくなったら、かーちゃんはそんな生活に逆戻りだゾ」

ひろし「しかし…」

しんのすけ「とーちゃんはおらを忘れたいかもしれないけどね」

ひろし「それは…」

しんのすけ「おらを殺したのは他ならぬとーちゃんだからね」

ひろし「…」

しんのすけ「オラは消えないぞ」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:21:08.72 ID:SHPLXx540

みさえ「しんちゃんは寝ちゃったみたい…」

ひろし「ああ…なぁみさえ、今日風間君に会ったよ」

みさえ「そう…」

ひろし「もう小学生だって。時間が経つのは早いよな」

みさえ「…」

ひろし「でも、しんのすけは永遠に幼稚園児のままだ」

みさえ「なにがいいたいの?」

ひろし「こんな生活はもう…」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:23:09.19 ID:SHPLXx540

みさえ「あなたがそれをいうの?」

みさえ「あなたが! あなたさえもう少ししっかりしていたら、しんのすけは…」

ひろし「それは…」

みさえ「しんのすけを返してよ!! あの子は!わたしがお腹を痛めて産んだたった1人の息子なの!」

みさえ「他人を思いやれる優しい子だったの!」

みさえ「なのに…なのに…あなたが!」

ひろし「みさえ…でも今、俺たちの目の前にいるのは…」

みさえ「幻でも、まやかしでも構わないわ!私は…」

ひろし「「みさえ…」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:24:59.13 ID:SHPLXx540

ひろし「今にして思えば、俺が間違いだったのかもしれない」

ひろし「絵なんて勧めるんじゃなかった…何を描くかなんて分かりきっていたことなのに」

ひろし「クレヨンで描かれた絵は消せない…」

ひろし「人の過去と…俺の犯した罪と同じ様に…」

ひろし「??この絵…ステーキと唐揚げの食卓…この前の妙な組み合わせ…まさか」

ひろし「でも俺は刺身が好きなんだよなー…描いてみるか?」カキカキ

ひろし「なにをいい年して…やってるんだ。そんなわけあるはずないのに…」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:26:26.41 ID:SHPLXx540

次の日

みさえ「今日は、秋田のお父さんからお魚が送られてきたわよー」

ひろし「?」

ひろし「おかしい…まさか」

ひろし「あのクレヨンで描いたから?」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:27:41.85 ID:SHPLXx540

ひろし「…このクレヨンには描いたものを現実にする力があるって訳か…?」

ひろし「じゃあこのクレヨンでしんのすけが消える絵を描けば…」

ひろし「でも…それじゃあまたみさえは…」

ひろし「しかし…利用しない手は存在しない…よな」

ひろし「とりあえず、このクレヨンでなにができるのかを検証してみないことには…」

ひろし「…とりあえず」

ひろし「まずは過去改変。これさえできれば…すべて解決。あの日を無事乗り切る絵を…」カキカキ

ひろし「さぁどうなる?」


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:30:28.50 ID:SHPLXx540

しんのすけ「とーちゃん!!」

ひろし「!…しんのすけ! 今は何年だ?…!」

ひろし「しんのすけが…死んだ日? タイムスリップまで出来るのか?」

ひろし「ならば…今日1日しんのすけを外出させなければ…」

ひろし「しんのすけ! 今日の買い物はなしだ。」

しんのすけ「えー! とうちゃんオラにカンタムロボ買ってくれるって言ったゾ!」

ひろし「約束は守る。明日買いに行こう? な?」

しんのすけ「もーとうちゃんってばワガママだなぁ! じゃーオラみんなと遊んでくるゾ!」


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:31:31.51 ID:SHPLXx540

ひろし「…! いや!だめだ! 今日は家に居なさい」

しんのすけ「えーなんでー!!」

ひろし「いいから!家で寝てるんだ!」

しんのすけ「もー! しょうがないなぁ! じゃあおつやにチョコビでも食べるゾ!」

しんのすけ「うわっ! うわーーー」ガラガラ ドッカン 頭ごっちん

ひろし「!! しんのすけー!!」

ひろし「しんのすけ…また?」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:36:03.83 ID:SHPLXx540

ひろし「なんでだ!?」

ひろし「クソもう一回だ!」カキカキ

ひろし「今日は家にいなさい!」

しんのすけ「だからってガムテープでぐるぐる巻きにするのはどうかと思うゾ!」

ひろし「いいから! 今日1日だけでいいからおとなしくしてろ!」

しんのすけ「もう!とおちゃんったら!新しいプレイに目覚めちゃったの!?」

ひろし「今度こそ…」ブツブツ

タンスが倒れてくる

しんのすけ「ああ!!とおちゃん!?  ぐえああああああああ」

ひろし「しんのすけ!? なんでタンスなんて…?」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:39:10.88 ID:SHPLXx540

ひろし「クソ!!もう一回だ!!」
     ・
      ・
       ・
        ・
ひろし「どうしてだ…? 何回やっても…クレヨンで描いたような未来がやってこない…」

ひろし「クレヨンも磨り減って…あと少ししか…かけない」

ひろし「まるで、何かが意思をもってしんのすけを殺そうとしているような…」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 19:43:39.35 ID:SHPLXx540

ひろし「こうなったら…youtubeで{ハムが釣れましゅたよ}と検索するしかない…」

ひろし「うはっははははっはははは!!!!!!」

ひろし「これはネット史上最高にわらえる動画だぜ!!!!!!」

ひろし「このSSは完結しないけど、ハム動画は面白いから!みんなも見てくれよな!!」

                 完

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 20:05:41.25 ID:gQOuzLe50

>>84の続き

ひろし「どうして……どうして何回やってもしんのすけが……」

 ドクン…

ひろし「っ……!?」


 ドクンッ!


  (……許せない……)



ひろし「!!」



 (許せない……私だって……私だって生まれるはずだったんだ……)




ひろし「誰だ……  誰の声だ……!?」




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 20:08:56.95 ID:gQOuzLe50



 (何で…… 何でお兄ちゃんばっかり…… 愛されて…… 愛されて……!)



  (私だけ……!!)



ひろし(この声……幼い……女の子……)

ひろし(待てよ、『お兄ちゃん』?)

ひろし(お兄ちゃんって、しんのすけのことか……?)

ひろし(でも、しんのすけに妹なんて……)

ひろし(……ハッ)


ひろし(みさえは………そうだ、一度……流産してるんだ……)


ひろし(しょうがなかった……医師も、こればかりは確率の問題で、しょうがないと言っていた……)

   (私だって…… 私だって…… )


ひろし(でも……その子は、『生まれたかった』んだ……!)

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 20:11:17.51 ID:gQOuzLe50


  ( 私だって……   愛されたかった……)

ひろし「………」

ひろし(愛されたかった……だが、それが敵わず、みさえの腹の中で死んでしまった……)


ひろし(その無念が……しんのすけを『殺し続ける』運命を生みだした……)

ひろし(まるで呪いだ……)



  (あぁあああぁ…… あああああああ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!!)



  (ずるいずるいずるいずるいずるいぃぃぃいぃ!! 私だって!!愛されたかったんだあ゙あ゙!!!)


ひろし「………」

ひろし「分かったよ……」

ひろし「俺が……俺が、止めてやる」

ひろし「お前の無念も…… しんのすけの呪いも……」

ひろし「まとめて止めてやるよ……!!」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 20:14:22.92 ID:gQOuzLe50


ひろし(このクレヨンで……!)

ひろし「おおおぉぉおおぉぉ!!」 カキカキカキカキ

ひろし「お前は……そうだな! きっと、みさえに似て、目がクリクリしてて可愛いんだろうな!」 カキカキ


ひろし「髪の色も、みさえと同じで、きれいな栗色で……!」 カキカキ


ひろし「赤ちゃん服は、そうだな、黄色だ! 明るくて、鮮やかで、お前にぴったりの色だ!!」 カキカキ


ひろし「それに……名前は……名前は、もうあの時、決めてあったんだよ!!」


ひろし「まっすぐに!! お日様みたいに!! あの大輪の花のように!! 笑顔を咲かせる子になってほしいって!!」


ひろし「なあ!! これで!! これで、やっと!!」 カキカキ


ひろし「お前を愛せるよ!!」



ひろし「   ひ ま わ り  !!!  」



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 20:16:49.71 ID:gQOuzLe50


 カァァァァァァァ……!!


ひろし「こ、これは……!?」

ひろし(絵が光って……)

ひろし「ま、まぶしい……!!」


 (………    ……パパ………)


ひろし(ひまわり……!?)



  (……… ありがとう ………)


ひろし「……当たり前だろ……! お前は俺の……大事な娘なんだからな!」


   カァァァァァ……!!


ひろし(光が……強く………! 飛ぶ……飛ばされる……っ!!)

  

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 20:18:51.01 ID:gQOuzLe50



  カァァァアアァァッ!!


     ド── …… ── ン ……


 真っ白な光に呑まれたひろしは、強い衝撃を感じて気を失った……。



──




 …… チュン




   チュンチュン



ひろし「………」



149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 20:21:42.12 ID:gQOuzLe50


 どたどたどた!

しんのすけ「とーちゃーん! 起きろーっ!」 ドシーン!

ひろし「ぐへぇっ!!?」

しんのすけ「全くぅ、ねぼすけなんだからぁ」

ひろし「ダイブするなダイブを!」

みさえ「あ、あなた、起きた?」

ひろし「やれやれ……酷い目に会ったぜ……」


───


しんのすけ「カーンタムカンタムー♪」

みさえ「あ、あなた……」 ヒソヒソ

ひろし「ん? 何だ? 内緒話か?」

みさえ「実はね……」

ひろし「ん?」


152 名前:以下、名無しにかわりましてLOOPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 20:25:56.65 ID:gQOuzLe50



みさえ「………」

みさえ「出来ちゃった……みたいなの」

ひろし「ほ、ほんとか!?」

みさえ「…////」

ひろし「や、やったな! くぅ〜……やっと俺も娘を拝める……」

みさえ「あら、まだ女の子かなんて分かんないのに」クスクス

ひろし「? そういや、何で女の子だと思ったんだろう……」

ひろし「何でか分からないけど、確信があるんだよ」



ひろし「絶対に、元気な女の子が生まれて来る!ってな!」




            完



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「灰原〜なんか用か〜?」