キョン「やれやれ系を卒業しようと思う」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみ「つかさー、学校行くわよ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/25(火) 15:19:34.17 ID:PrRqCeul0

ハルヒ「あんた何言ってんの?」

みくる「キョンく〜ん」

長門「ナンセンス」

古泉「んっふ」

キョン「いや、今よりもっと普通になって、青春とか楽しもうかなと」

ハルヒ「今よりって、あんた自分が普通の範疇の高校生とか思ってたワケ?」

キョン「違うのか?」

ハルヒ「全然違うじゃない。どこの高校生がシーシュポスなんて知ってんのよ」

キョン「普通知ってるだろ?」

古泉「んっふ。いやいや、普通の高校生は知りませんよ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/25(火) 15:23:51.55 ID:PrRqCeul0

長門「普通の高校生と自称。とてもユニーク」

キョン「長門まで……」

ハルヒ「とにかくね、あんたは普通じゃないんだから」

キョン「おいおい、それはないだろう。俺は普通」

古泉「では聞きますが、カエアン聖衣ってご存知ですか?」

キョン「あぁ、知ってるぞ」

古泉「ではメーザーは?」

キョン「教養の範囲内だろ?」

古泉「……なんというか」

ハルヒ「普通の人はそんなの知らないわよ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/25(火) 15:27:13.50 ID:PrRqCeul0

キョン「とにかく! 俺は普通に彼女作って普通の高校生になるんだ!」バン

古泉「行っちゃいましたね」

ハルヒ「フンッ、どうせすぐに戻ってくるわよ」

〜一週間後〜

キョン「なぁ〜面白いだろ?」

女子生徒「う、うん」

女子生徒(何かキョンくんって理屈っぽくて嫌だなぁ)

キョン「ところで、俺が君の事好きって言ったらどうする?」

女子生徒「も〜冗談辞めてよ〜」

キョン(このノリ、行ける!)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/25(火) 15:32:17.78 ID:PrRqCeul0

キョン「何ていうか、俺、結構好きだ」

女子生徒「そーなんだ」

キョン「付き合って、くれないか?」

女子生徒「無理。じゃあね」タタタッ

キョン「……は? 何で?」

キョン「そうか、オズボーン効果だ。俺という新商品がつまり彼女の心を圧迫し、とうとう彼女の
心が倒産してしまった、と言うことか」

古泉(そんな小理屈毎度捏ねられたら、女の子逃げますよ。普通)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/25(火) 15:39:24.21 ID:PrRqCeul0

キョン「悲観にくれても無意味だ。次だ次」パンパン

三日後

女子生徒2「キョンくんって本好きなんだよね?どんなの読むの?私はナナとかかな〜」

キョン「ナナ面白いよな。でも俺はどっちかっていうと、小説かな」

女子生徒2「恋空とか?」

キョン「ちょっと違うな。有名所だと、トルストイとか」

女子生徒2「へ、へー」

女子生徒2(トルストイって何?)

キョン「面白いから、読んで見るといい」

古泉(あ〜これも失敗パターンですねぇ)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/25(火) 15:45:37.85 ID:PrRqCeul0

二日後

キョン「またフラれた。手ごたえあったと思ったんだが」

古泉(見ていられないですね。んっふ)

古泉「お困りの様ですね」

キョン「うわっ! 古泉、お前どっから」

古泉「別にどこからでもいいでしょう」

キョン「はいはいそんで俺に何の用だ」

古泉「ちょっと協力しようかな、と思いまして」

キョン「お前が? なんで?」

古泉「見ていられなくて。んっふ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/25(火) 15:47:54.87 ID:PrRqCeul0

キョン「いっとくが俺はSOS団には戻らんからな」

古泉「まぁその話はひとまず置いておいて、あなたはサブカルに詳しいのですから、オタク系の
女子を狙ってみては? 彼女とか」スッ

女子生徒3「あのアニメ見た〜? 面白いよね〜」

キョン「そうか……盲点だった。クソッ、サンキューな古泉」

古泉「んっふ。別に礼なんていいですよ」

古泉(これで彼女出来るといいんですが)

キョン「ちょっといいか」

女子生徒3「な、なんですか?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/25(火) 15:53:06.65 ID:PrRqCeul0

キョン「いや、俺もアニメとか好きなんだが、ちょっと話とかしたいなって」

女子生徒3「そ、そーなんですか?」パァ

古泉「上手くいきそうですね。んっふ」

三日後

キョン「ゲームとかだと、ほら、ヴェドゴニアとか知ってるか?」

女子生徒3「う、う〜ん。ちょっと知らないかも」

女子生徒3(キョンくんマニアック過ぎて付いていけない……)

古泉(あぁ〜彼はなんてことを……)

古泉「少しは自制ってものが出来ないんですかね……」

長門「無理。彼はいわゆる厨二病を患っている」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/25(火) 15:56:50.62 ID:PrRqCeul0

長門「合わせる事が出来るのは涼宮ハルヒだけ」

古泉「うーん」

二日後

女子生徒A「ねぇ古泉くん今度どっか行こうよ〜」

古泉「んっふ。そうですねぇ。あっ、そういえば駅前にスタバ出来たの知ってますか?」

女子生徒B「えーウソー」

古泉「そこ行きましょうか」

女子生徒A「いこいこ〜」

キョン「クソッ、なんでアイツモテてんだ……」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/25(火) 16:01:28.98 ID:PrRqCeul0

長門「あなたと彼では基本スペックが違う」

キョン「そりゃ古泉の方が顔はいいだろうけど」

長門「容姿ではなく、場の空気を読む力」

キョン「なっ、それなら俺の方が上だろう。俺普通だし」

長門「それは勘違い。あなたは現実を直視すべき」

キョン「はぁ、それは違うぜ長門」

長門「そうやってすぐ否定に走るのがいい証拠」

キョン「ぐっ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/25(火) 16:05:44.07 ID:PrRqCeul0

キョン「じゃあ俺はどうすればいいってんだ」

長門「そうやってすぐ投げやりになるのも典型的モテない男」

キョン「く、くっそおおおおおおお」ダダダダッ

みくる「な、長門さ〜ん。それはあんまりな言い方じゃ」

長門「ではあなたは彼と付き合える? 性行為を出来る?」

みくる「そ、それは無理ですけどぉ〜」

長門「なら黙るべき。その優しさは彼を苦しめる」

みくる「うぅ〜」ショボン

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/25(火) 16:08:17.65 ID:PrRqCeul0

出かけるスレ落としていいよ
じゃあね



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「ねぇ、あんた765プロの中では誰が好きなの?」