夜神月「くそ!どうにかして粧裕の処女を奪わなければ…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「けいおん部だと・・・・・・?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 14:48:06.91 ID:tbcBaZpHO

月「今日の夕飯のときの粧裕たんも女神のようだった」

リューク「月…処女ってなんだ?」

月「ああそうかリュークは死神だから知らないのか。女性の初体験を奪うことを処女を奪うっていうんだよ」

リューク「ほう」

月(あの純粋な粧裕もあと3年もすればどこかのいかくさいクソガキに処女を奪われてしまう。その前にどうにかして…)

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 14:50:59.42 ID:tbcBaZpHO

リューク「じゃあデスノートに書けばいいじゃないか」

月「それだと粧裕たんが死んじゃうだろ!全く使えないよデスノートは!」

リューク「いやデスノートには実はもう一つ効果があるんだ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 14:52:14.98 ID:tbcBaZpHO

リューク「まえにジジイが言ってたんだがデスノートは処女に使った場合は処女を失うだけですむってな」
月「本当かリューク!?」
リューク「死神は嘘をつかない」

月「なるほど。確かに処女を失うってことは女にとって死ぬことと同義だからな…」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 14:53:17.15 ID:tbcBaZpHO

月「つまり僕がノートに「夜神粧裕 兄と一つになって死亡」とかけば僕と粧裕が一つになれるんだな?」

リューク「そうだ。まあお前の妹が「処女だった場合」だけどな」

月「ハハッあの純情な粧裕が非処女なわけないじゃないか」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 14:54:19.80 ID:tbcBaZpHO

月(しかし万が一ということもある…やれることは全てやっておくべき…)


〜翌日の夕飯〜

総一郎「粧裕、いったいあの男は誰だ?」

夜神母「ちょっとお父さん。粧裕だってもう中学二年生なんですから…」

総一郎「ならん!僕の粧裕たんをあんな不埒な輩になどやらん!」

総一郎「粧裕!あの男は誰だ!」

粧裕「か…彼氏だよ…」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 14:55:51.54 ID:tbcBaZpHO

〜そのころの月の部屋〜

月「全く裁きを優先して夕飯を一緒に食べてなくてよかったよリューク。もしあんなことをあの場で聞いてたら僕は発狂していたよ」
月(粧裕の前では僕は完全無欠の理想の兄を演じなければならない…くそっ!それにしても彼氏だともしすでに…)

リューク「そいつを裁くのか?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 15:01:51.28 ID:tbcBaZpHO

月「リューク…その第二のデスノートの効果童貞だった場合はどうなるんだ?」
リューク「女のときと一緒だ。そのノートに名前を記した者が記された者の童貞を奪うことになる。もしそいつが童貞ならお前が童貞を奪うことになるな…クククっ」

月(粧裕のためだけに僕はこの年まで童貞を貫いてきた…ケツの青いガキなんかに僕の童貞を渡すわけにはいかない…!)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 15:03:19.21 ID:tbcBaZpHO

〜翌日の教室〜

竜崎「月君、また月の家にマリオゴルフしにいってもいいですか?」

月「竜崎、僕は忙しいんだよ」

竜崎「月君が毎日妹さんの脱衣物をクンカクンカしてることを妹さんにばらしますよ?」

月「りゅっ竜崎っ、その情報をどこで…」

竜崎「一週間前に自分で自慢げに話ていたじゃないですか」

月「」

竜崎「じゃあ近いうちにいきますね」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 15:04:57.19 ID:tbcBaZpHO

〜その日の夕飯〜

総一郎「とにかく明日その彼氏を呼んできなさい」

粧裕「でっでも」

母「おっお父さん…」

総一郎「私は粧裕のためを思って言っているんだ!」








月(勝った!)

ピポパポ
月「あっもしもし竜崎か。マリオゴルフは明日にしよう」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 15:07:58.80 ID:tbcBaZpHO

〜翌日〜

竜河「ちぃーすっ。粧裕の彼氏の竜河っす」

総一郎「なんだ…こいつは…」

粧裕「おっお父さん、竜河君は外見はともかく本当はとっても優しいんだよ」

月「父さん、今はとりあえず自己紹介だ。はじめまして竜河君。僕は夜神月。夜に神様の神に月とかいてライトと読ませるんだよ。変わってるだろ?ははっ」

竜河「竜河秀樹っす」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 15:09:35.12 ID:tbcBaZpHO

月「いっいやあの…」


竜河「おばさーん俺コーラで」

月「ちょ」

竜河「氷入れてね」

月「…」

月「竜河君…名前の漢字はどうやって…」

竜河「さっきからうるせーんだよ!」












月「リューク、取引だ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 15:17:16.22 ID:tbcBaZpHO

リューク「いいのか月?残りの寿命が半分になるぞ?」

月「粧裕の処女を奪うためだ!それぐらいくれてやるさ」

キーン

月(竜河秀樹か…)

月(あとはこの名前を…フフフ)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 15:22:01.09 ID:tbcBaZpHO

〜月の部屋〜

竜崎「いったい誰だったんですか?」

月「粧裕の彼氏さ」

竜崎「あれ?いいんですか月君?超絶シスコンの月君からしたら辛いんじゃないんですか?」

月(こいつ…)

竜崎「まあいいです。マリオゴルフしましょう」

月(決まりだ竜崎。これは新世界の神を愚弄した報いだ!)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 15:25:25.81 ID:tbcBaZpHO

月「竜崎、すまないがここに竜河秀樹とかいてくれないか?」

竜崎「何故ですか?」

月「えっ」

竜崎「そんなことより早くマリオゴルフしましょう」
月「」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 15:31:36.20 ID:tbcBaZpHO

月(仕方ない…)

カキカキ

竜崎
直前に友人に言われた命令を実行し、23日間オナニーし続け、テクノブレイクで死亡

竜崎「月君、マリオゴルフ…」

月「竜崎、頼むから竜河秀樹とかいてくれないか?」
竜崎「分かりました」

カキカキ

月(勝った…)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 15:37:16.84 ID:tbcBaZpHO

月(さあ…どうなる…?)

竜崎「月君、私やらなきゃいけないことがあります。今日はこのへんで」

月「ん?マリオゴルフはいいのか?」

竜崎「はい。竜河君に会ってみたくなりました」

月(決まりだ…!竜河は童貞!すなわち粧裕は処女!!!)












竜河「うわあああああああああああああ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 15:47:13.04 ID:tbcBaZpHO

月(粧裕は処女…つまり僕が今粧裕の名前をかけば!)

月(いや待て…しかし万が一ということがある…粧裕が処女じゃなかった場合…)

月「!」

月「フフフ…ハハハハハハハハ…やっぱり僕は天才だ!僕は童貞!つまり粧裕に僕の名前を書かせれば粧裕が僕の童貞を奪ってもらうという最高のシュチュエーションになる!」ビクンビクン

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 15:59:16.55 ID:tbcBaZpHO

リューク「クククククククククク」

月(どうしたリューク?いつもよりクの数が多いぞ?)

月(まあいい…まずはこのザーメンをどうにかしないとな…)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 16:10:05.32 ID:tbcBaZpHO

〜学校〜

女子「竜崎君、最近きてないねー」

月「ははっ竜崎の奴、オナニーのしすぎでテクノブレイク起こしてたりして…」
女子「うっせーよ童貞。それはお前だろ」

月「」

月(まっまあいい。今日は父さんも母さんも帰ってくるのが遅いはずだ…つまり僕と粧裕のふたりきり…デュフフ)ビクンビクン

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 16:17:48.08 ID:tbcBaZpHO

月「ただいま」

粧裕「お帰り〜お兄ちゃん」

月「父さんと母さんは?」
粧裕「今日二人とも帰り遅くなるって言ってたよ」

月「そっそうだったな」

月(フフフやはり神は僕の味方だ!僕は今日粧裕と新世界を作る!)ビクンビクン

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 16:22:17.48 ID:tbcBaZpHO

月「さっ…粧裕、ちょっとこのノートに名前をかいておいてくれないか?名前ペンのインクが切れちゃってな」

月(フフフ、すでにデスノートは普通のキャンパスノートのように塗装してある!完璧だ!)

粧裕「いいよ!五千円ね!」

月「あっああ」

月(フフフ、五千円で粧裕の処女が買えるなら安いものだ!)

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 16:28:11.21 ID:tbcBaZpHO

カキカキ

月(40秒…だっ駄目だ。まだパンツを下ろすな。35秒…35秒でパンツを下ろそう!)

リューク「クククククククククク」

月「リュっリュークなぜ出て来た!?」

リューク「安心しろ月…姿はお前だけに見せてる」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 16:35:59.21 ID:tbcBaZpHO

カキカキ

月「なにしに出て来た?僕はこれから粧裕とメイクラブ…」

リューク「あのな月…「素人童貞」が童貞だと思うな」

月「!」

リューク「モテないお前だ…しかし性欲は常人の10倍以上…そんなお前がオナニーだけで満足するわけない」

月「まっまさか!?」

リューク「ククククク…デスノートを使った人間が地獄へ行けると思うな」

月「さっ粧裕!名前をかくのを…!」

粧裕「えっ?もうかいちゃったよ?」

夜神月

月「いやだああああああああああああ逝きたくないいいいいい死にたくないいいいいいい」

リューク「ククククク月…さよならだ」



END

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/23(日) 16:41:50.51 ID:tbcBaZpHO

板汚し失礼しました

読んでくださった方々ありがとうござしました



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「メリークリスマス、キョン」