伊58「オリョクルつらいでち」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒちゃん「キョン!大好きっ!」

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 03:18:29.23 ID:1iicT5pQO

伊58「毎日毎日オリョクルで嫌になっちゃうでち」

伊58「対策を考えるでち」

3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 03:22:26.93 ID:1iicT5pQO

伊58「まずは出動命令がでても無視することにするでち」

5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 03:26:15.22 ID:1iicT5pQO

ぴんぽんぱんぽーん、ゴーヤちゃーん、至急司令室にきてくださーい、提督より


伊58「無視するでち」

7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 03:29:11.64 ID:1iicT5pQO

伊58「部屋でスマブラやるでち」

提督「オラァ!呼んだらこいよでち公!」バキッ

伊58「うぐっ!」


10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 03:32:17.86 ID:1iicT5pQO

伊58「提督にボッコボコにされたでち……オリョクルいくでち……」

伊58「海水がしみて痛いでち」

11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 03:34:59.86 ID:1iicT5pQO

伊58「部屋に帰ったら3dsが壊されてたでち……」

伊58「提督殺すでち」

13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 03:38:56.76 ID:1iicT5pQO

司令室

伊58「オラァ!」ドゴォ

提督「うわ!なんだ!?」

伊58「3dsの恨み!」

提督「なんだゴーヤか」

伊58「くらうでち!」

提督「あぶね」

伊58「あっ」バキッ

14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 03:41:16.08 ID:1iicT5pQO

伊58「またボッコボコにされたでち」

伊58「でもバケツで元通りでち」

伊58「折れたあばらも治るなんてすごいでち」

伊58「痛かったなぁ……」

15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 03:44:10.08 ID:1iicT5pQO

伊58「3dsも無いしオリョクルいくでち」



伊58「大破したでち」

17 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 03:47:14.35 ID:1iicT5pQO

伊58「てーとく、バケツ使ってもいいでちか?」

提督「お前バケツ使いすぎ、沈めんぞコラ」

伊58「お前には無理でち」プークスクス

19 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 03:51:03.34 ID:1iicT5pQO

伊58「轟沈寸前まで殴られたでち、目が腫れて前がみえないでち」

伊58 ゴツン「壁に頭ぶつけたでち」

20 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga ] 投稿日:2014/09/26(金) 03:53:33.07 ID:1iicT5pQO

伊58「ゴーヤ一人じゃつらいでち……仲間がほしいでち」

22 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 03:56:03.06 ID:1iicT5pQO

伊58「てーとくがもうオリョクルしなくていいっていったでち」

伊58「かわりにキス島いかなきゃいけないらしいでち」

伊58「綺麗なとこなのかなぁ?」

23 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 03:59:09.72 ID:1iicT5pQO

伊58「キス島はとんでもないところでち!」

伊58「敵の攻撃がみんなゴーヤにあたるでち!」

伊58「しかもオリョクルより痛いでち」

伊58「こんなとこにゴーヤを派遣する提督はみんなやさしさがないでち」

24 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/09/26(金) 04:03:49.20 ID:1iicT5pQO

伊58「やっぱり提督を殺すしかないでち」

どうやって殺す?
>>26

26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/09/26(金) 04:05:24.66 ID:+9Ofi/hQ0

大破グラのまま色仕掛け

28 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 04:10:37.24 ID:1iicT5pQO

伊58「なるほど色仕掛けでちか、ゴーヤはスタイルには自信があるでち、とりあえずキス島いって大破するでち」

司令室

伊58「てーとくぅ……ゴーヤからだがほてってるでちぃ…」

提督「しゃぶれ」


これじゃ殺せないでち

29 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 04:17:42.70 ID:1iicT5pQO

伊58「提督に汚されたでち……」

伊58「バケツ使えば治るかな?」

30 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 04:19:28.55 ID:1iicT5pQO

伊58「膜は戻らなかったでち……」

伊58「絶望したでち」

32 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 04:20:35.02 ID:1iicT5pQO

伊58「鎮守府から逃げればいいんでち、早速逃げよう」


35 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 04:24:51.30 ID:1iicT5pQO

伊58「鎮守府の外には怖いのいっぱいいたでち、この鎮守府が一番安全とは皮肉なものでち」

36 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 04:26:26.24 ID:1iicT5pQO

伊58「ゴーヤが救われるにはどうしたらいいでち?」


どうしたらいい?>>38

38 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 04:36:10.57 ID:1iicT5pQO

伊58「ゴーヤに救いはなかったようでちもうねるでち」

40 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/09/26(金) 07:20:59.79 ID:JrgDnPOb0

クーデターの仲間を見つける

憲兵さんに相談する

45 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 13:19:04.84 ID:1iicT5pQO

伊58「クーデターの仲間を見つけるでち」

伊58「鎮守府全体に放送をかけるでち」


ぴんぽんぱんぽーん、ゴーヤからのお知らせでち、提督をぶっ殺す自信のある方は放送室までくるでち

伊58「これで完璧でち」

47 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 13:21:58.57 ID:1iicT5pQO

ガチャ

伊58「誰か来たでち、わくわく」

提督「よおゴーヤちゃん」

伊58「な……なんで提督が?」

提督「鎮守府全体に放送かけたら俺の部屋まで聞こえるだろ、お前あほか?」

伊58「しまったでち」

49 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 14:08:22.28 ID:1iicT5pQO

伊58「バケツ使ってもきたでち」

伊58「それにしても誰もこないでちね」

伊58「まさか!ゴーヤ以外に不満をもってる艦娘がいない……!?」


50 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 14:10:59.53 ID:1iicT5pQO

伊58「お腹すいたでち」

伊58「食堂にいくでち」

51 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 14:13:47.49 ID:1iicT5pQO

伊58「食堂についたでち」

伊58「なんとなく他の艦娘がよそよそしい感じでち」

伊58「まあいいや」

52 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 14:18:02.90 ID:1iicT5pQO

伊58「間宮さん、カレーうどんちょうだいでち」

間宮「あ、ゴーヤちゃん、ちょっとまっててね」

伊58「わかったでち」

間宮「それとゴーヤちゃん、あんまり提督に乱暴したらだめよ?この間も執務室のドア壊したでしょう?」

伊58「それはそうでちが……でも乱暴されてるのはゴーヤのほうでちよ?」

間宮「またまた……艦娘が提督に負けるわけないじゃない」

伊58「えっ」

53 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 14:21:08.58 ID:1iicT5pQO

伊58「なんだか誤解が広まってるようでち……」

伊58「今日は大人しくスマブラでもやるでち」

3ds ボロッ

伊58「……そういえば壊されてたんでち……」

伊58「寝よ」

54 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 14:24:53.73 ID:1iicT5pQO

ドガァ

伊58「うわっ!なんでち!?」

提督「なにさぼってんだ!キス島いってこいや!」

伊58「お利口さんのゴーヤはお昼寝タイムでち、おとといきやがれでち」

提督「あ?」

伊58「……キス島いってくるでち」

55 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 14:31:33.44 ID:1iicT5pQO

伊58「中破で帰れたでち」

伊58「提督、中破したのでお風呂はいるでち」

提督「中破ならもう一度いけんだろ?はよいってこい」

伊58「え?いやでち痛いでち」

提督「ああ?」

伊58「いってくるでち」

56 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 14:34:46.70 ID:1iicT5pQO

伊58「大破したでち」

伊58「大破して安心するとは世も末でち、お風呂はいって休憩するでち」

伊58「提督、大破したからお風呂はいるでち」

提督「なにいってんだ、バケツ使ってキス島いってこい」

伊58「え?休憩は?」

提督「そんなもんあるわけねえだろ」

伊58「……」

58 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 14:40:18.41 ID:1iicT5pQO

伊58「大破してバケツ使ってって繰り返してたらもう夜でち」

提督「ご苦労さんみんな、ゴーヤ以外は帰っていいぞ」

ハーイ

伊58「ゴーヤもかえるでち」

提督「まてや」グイッ

伊58「ぐえっ」

62 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 14:46:02.84 ID:1iicT5pQO

提督「デイリーこなすためにオリョクルしてこい」

伊58「え……夜の海は怖いでち、いやでち」

提督「あ?」

伊58「脅しには屈しないでち」

提督「また痛い目にあいたいか?」

伊58「夜の海は嫌なんでち!お願い提督!」

提督「行け」ドスッ

伊58「うっ」

63 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 14:51:07.20 ID:1iicT5pQO

伊58「なんとか任務こなしたでち、怖かったぁ〜」

伊58「提督、任務こなしたでち、もう休んでもいいでちか?」

提督「あと建造と開発してこい」

伊58「休憩もないなんてここはブラック鎮守府でち!」

提督「終わったら報告しにこいよ」

伊58「チッ」

64 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 14:54:21.60 ID:1iicT5pQO

伊58「仕返しにデイリー建造全部大型建造にしてやるでち」

伊58「開発も300でやるでち」


65 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 14:58:27.12 ID:1iicT5pQO

伊58「建造したら大和と武蔵がでたでち」

伊58「提督に報告でち」

伊58「提督、大和と武蔵が建造できたでち」

提督「何っ!よくやったゴーヤ」ナデナデ

伊58「あっ……えへへ…」

66 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 14:59:42.95 ID:1iicT5pQO

提督「あれ?俺大型建造しろっていったっけ?」

伊58「あっ……」

67 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 15:01:28.17 ID:1iicT5pQO

伊58「珍しく殴られなかったでち」

伊58「それに頭撫でてもらったでち」

伊58「……ちょっと嬉しかったでち」

69 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 15:09:55.83 ID:1iicT5pQO

執務室

伊58「提督、ゴーヤもう寝てもいい……?」ガチャ

提督「よく来てくれたな!大和に武蔵!歓迎するぞ」

提督「わが鎮守府では君たちを待ちわびていた!明日からよろしくな!」

伊58「……」バタン



70 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 15:15:20.07 ID:1iicT5pQO

伊58「そういえば初めてここに来た時の提督は優しかったでち」

伊58「……」

伊58「ねよ」

71 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 15:18:17.50 ID:1iicT5pQO

伊58「あさでち!」

伊58「おっと、あんまりでちでち言うと怒られちゃうでち」

伊58「朝ごはんたべにいこーっと」

72 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 15:24:25.07 ID:1iicT5pQO

伊58「ゴーヤは朝からカレーうどんでち」

伊58「ん?あそこにいるのは大和と提督?」

ソレデヨーヤマトー

モーテイトクッタラーウフフ

伊58「たのしそうでちね」モグモグ

伊58「ゴーヤも昔は提督とごはんたべてたなぁ……」

伊58「うらやましいでち……」


74 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 16:39:40.93 ID:1iicT5pQO

伊58「少しカレーうどんしょっぱかったでち」

伊58「部屋に帰って二度寝しよーっと」

75 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 16:44:24.06 ID:1iicT5pQO

伊58「……」ゴロゴロ

伊58「……」ゴロゴロ

伊58「おかしいな…いつもなら提督が怒鳴り込んでくるはずなのに……」

伊58「ちょっと執務室にいってみるでち」

76 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 16:49:01.16 ID:1iicT5pQO

伊58「提督〜?ゴーヤお仕事さぼるよ?いいんでち?」

提督「ゴーヤか……今日は仕事しなくていいぞ」

伊58「え?なんで?」

提督「今日は大和と武蔵の練度をあげようと思う、だからお前の今日の出撃は無しだ」

伊58「……そうでちか」

77 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 16:50:29.43 ID:1iicT5pQO

伊58「おやすみもらったのなんて久々でち」

伊58「部屋でゴロゴロしよっと」

79 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 17:01:31.49 ID:1iicT5pQO

伊58「することないなぁ」ゴロゴロ

伊58「ごはんもたべちゃったし…」

伊58「提督にちょっかいかけにいくでち」

80 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/09/26(金) 17:05:43.13 ID:1iicT5pQO

執務室

伊58「提督〜ゴーヤ暇でち……」ガチャ

提督「武蔵の胸部装甲はすごいなぁ、触ってみてもいいか?」

武蔵「ふふ……すこしだけだぞ?」

キャッキャッ

バタン

伊58「なんかちょっと寂しいでち…」


81 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 17:12:31.17 ID:1iicT5pQO

伊58「ゴーヤも提督に構われたいでち」

伊58「……あ!ゴーヤにしかできないことがあったでち!」

伊58「ふふふ……」

82 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 17:15:56.20 ID:1iicT5pQO

伊58「提督にかまってもらう方法は二つあるでち」

伊58「一つは出撃をサボること……そしてもう一つは提督に危害を加える行動をすること」

伊58「今日は出撃がおやすみだから二つ目の行動をするでち」

伊58「これでゴーヤも構ってもらえるでち……ふふふ

84 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 17:57:41.49 ID:gJIDmZo70

執務室

伊58(提督はいないようでち)

伊58(いまのうちに提督の秘蔵のコレクションを破壊しとくでち)

伊58(ん?机の上になにか……?ケッコンカッコカリ書類……?)

伊58(これもやぶっとくでち)ビリビリ

提督 ガチャ「ん?ゴーヤ?なにしてんだ……?」

86 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 18:07:41.22 ID:gJIDmZo70

Wi-FiつなげたらID変わったでち

提督「お前……なにしてくれてんだよ……」

伊58「提督の代わりにゴミ掃除してたでち!」

提督「ふっざけんなよ!その書類はめちゃくちゃ大事な書類なんだぞ」バキッ

伊58「うぐっ」

提督「それにお前最近反抗的なんだよ!いちいち俺の手間増やしやがって!」ドゴッ

伊58「ぐっ!はぁはぁ……」

伊58(ふふ……提督が構ってくれてるでち……)

提督「な……なんでお前笑ってるんだよ……?気持ちわりいな……」

伊58「ふふ……えへへ……」

87 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 18:17:14.14 ID:gJIDmZo70

伊58「執務室追い出されたでち、からだ中がいたいでち」

伊58(でもこの痛みもゴーヤだけのもの……うふふ……)

大和「ゴーヤちゃん!?どうしたのその怪我!?」

伊58「ころんだでち」

大和「嘘!はやくドックにいきましょう!」ギュッ

伊58「触るなっ!!」

大和「ビクッ」

伊58「えへへ……提督ぅ……」

大和「ど……どうしたのかしら……」

大和(まさか提督が……?そんなわけないわよね……」

88 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 18:19:17.43 ID:gJIDmZo70

伊58(今日はこのまま寝るでち、その方が提督を感じられるでち)

伊58「痛いなぁ……」

90 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 18:27:57.23 ID:gJIDmZo70

執務室

大和「提督、ゴーヤちゃんの様子がおかしいんです……なにか知りませんか」

提督「ゴーヤが?さあ、わからないな……」

大和「そうですか……あれ?提督、服に赤いものがついてますよ?」

提督「えっ!あ、ああ、昼間トマトジュースこぼしちゃってさ!こまったもんだよ全く!」

大和「そうなんですか……」

大和(ちょっと怪しいわね……でもこの優しい提督が暴力なんか振るうわけないし……)

提督(ちっ、ゴーヤのやろう……)

92 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 18:40:30.65 ID:gJIDmZo70

伊58「あさでち!」

伊58「ごはんたべにいくでち」

伊58「いたたたた……からだ動かすと痛いなぁ……」

伊58「でも提督に包まれてる感じがするでち」

伊58「ふふ……あはは……」

93 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 19:07:40.21 ID:gJIDmZo70

ドガァ

提督「おいゴーヤ!」

伊58(あっ♪提督だぁ♪)

提督「お前の!せいで!昨日大和に疑われちまったじゃねえか!」バキッ ドスッ


伊58「ごほっ!ごほっ!」

伊58(朝からゴーヤに会いに来てくれるなんてうれしいでち」

提督「ちっ、あんまりやりすぎるとまた血が付くからな……もうお前執務室に近づくな、用事がある時は俺が直接来る」

伊58(あ、提督きてくれるんだ……うれしいなぁ……)

提督「じゃあな、あとで修理しとけよ、もちろん誰にも合わないようにな」

伊58「て……提督……」

提督「チッ なんだよ」

伊58「またきてね……」

提督「は?ばかじゃねえの?」バタン

伊58(うふふ……照れてるんでちね……)

94 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 19:14:54.72 ID:gJIDmZo70

伊58「提督にいわれた通り修理にいくでち」

伊58「よいしょっと」ガクッ

伊58(あれ?おかしいな)

伊58「よいしょ」ガクッ

伊58(……立てないでち)

95 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 19:19:06.60 ID:gJIDmZo70

大和(昨日ゴーヤちゃん修理にいったのかしら?心配だわ……)

大和(ちょっと様子を見にいきましょう……)

武蔵「ん?大和?どこかいくのか?」

大和「ええ、ちょっとね」

武蔵「そうか、気をつけ……る必要はないな、ここには危険もない」

大和「そうね……提督も優しいし……とりあえずいってくるわ」

バタン

96 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 19:25:57.25 ID:gJIDmZo70

大和「ゴーヤちゃん?いる?

大和(返事がないわね……)

大和(ん?鍵が空いてる?)ガチャ

伊58「……」

大和「ゴーヤちゃん!?どうしたのその怪我!?昨日よりひどいわよ!?」

伊58「ベッドから落ちたでち」

大和「とにかくドックにいくわよ!」

伊58「……」

102 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 20:08:32.17 ID:gJIDmZo70

伊58「大和、お願いがあるでち」

大和「どうしたの?なんでも聞くわよ?」

伊58「今日ゴーヤに会ったのは内緒にしてほしいでち」

大和「いいけど……なんで?」

伊58「なんでもでち、運んでくれてありがとう」

大和「一人で大丈夫?ついていようか?」

伊58「大丈夫でち、これも愛なんでち」

大和(愛……?)「わかったわ、何かあったらすぐよんでね」

伊58「わかったでち」

106 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 20:12:45.16 ID:gJIDmZo70

伊58(ふう……動けなかったから助かったでち、提督の愛も重いなぁ///)

伊58(痛っ!お湯がしみるでち、これも愛でちね」

伊58(……)ポロポロ

伊58(あれ?なんで涙がでるんだろう?ゴーヤは幸せなはずなのに……)

伊58(……)ポロポロ

109 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 20:21:05.66 ID:gJIDmZo70


執務室

大和「提督……ちょっとお話が……」

提督「どうしたんだ大和?悩み事か?」

大和「いえ……昨日ゴーヤちゃんが大怪我していたんです、それで修理にいったと思っていたんですが、今朝様子を見に行ったら昨日より酷い怪我をしていたんです」

提督(ゴーヤの野郎……誰にも会うなっていったのに……これはお仕置きだな……)

大和「提督?聞いていますか?」

提督「あ、ああ、俺にはよくわからん」

大和「そうですか……」

大和(さっきの提督……すごい怖い顔だったわ……まさかね?)

112 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 20:28:49.29 ID:gJIDmZo70

大和「それで提督、ゴーヤちゃんにしばらくお休みをあげませんか?」

提督「休みか……大和が言うのならそうしよう」

大和「本当ですか!早速ゴーヤちゃんに伝えてきますね!」

提督(ったくめんどくせえな……あいつがいないとデイリーがこなせないしな……)

提督(……あ、深夜に出撃させればいいか、それなら大和にバレないしな)

114 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 20:34:16.60 ID:gJIDmZo70


伊58(お風呂あがったでち、今日も提督のために出撃するでち)

大和「あ!ゴーヤちゃん!」

伊58「大和?」

大和「ゴーヤちゃん!提督がしばらくゴーヤちゃんにお休みを上げるって!」

伊58「えっ……?」

大和「私からお願いしたの、ゴーヤちゃん疲れてるみたいだったから……」

伊58(こいつ……)

大和「今日は私と一緒にお休みしよ?なにか食べたいものとかある?」

115 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 20:40:43.42 ID:gJIDmZo70


伊58「大和はゴーヤのことが嫌いなの?」

大和「えっ?」

伊58「お休みを上げるってどういうこと?もうゴーヤはいらないの?なんで提督にそんなこというの?」

大和「わ……私はゴーヤちゃんのために……」

伊58「余計なことするなっ!!!」ブンッ

大和「や、やめてゴーヤちゃん!」パシッ

大和(ゴーヤちゃんの腕……こんなに細い……)

伊58「離すでち!大和のバカ!」スルッ

大和「あ!まって!!」



116 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 20:47:29.18 ID:gJIDmZo70


伊58(もうゴーヤはいらない子なのかな……?解体されちゃうのかな……?)

伊58(全部あいつの、大和のせいだ……ゴーヤの提督を奪ったんだ……)

伊58(でも提督は大和といると幸せそう……)

伊58(ゴーヤは……)

伊58(今日はもう寝よう、つかれたでち)

117 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 20:55:20.14 ID:gJIDmZo70


深夜

ガチャ

提督「おい、ゴーヤ、起きろ」

伊58「ん……提督?」

提督「出撃だ、準備しろ」

伊58「ゴーヤいらない子じゃないの?解体しない?」

提督「は?解体?するわけないだろ、ばかじゃねえのお前」

伊58「本当!?本当に解体しないの!?いらない子じゃない?」

提督「なんだお前……とりあえずオリョールいって補給艦倒してこい」

伊58「わかったでち!あ、提督?今日はいつものやらないの?」

提督「お前なんなの?いつものってなんだよ」

伊58「いつもゴーヤを殴るじゃない!それが提督の愛なんでしょ!?」

提督「お前頭おかしいぞ、とにかくいってこい」

伊58(照れてるんでちね……)

120 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 21:04:30.31 ID:gJIDmZo70


伊58(そうはいったもののやっぱり夜の海は怖いでち)

伊58(でも提督のために頑張るでち)

武蔵「ふぁぁ……夜更かししてしまったな……ん?なんでゴーヤがこんな夜中に艤装をもっているんだ?」

武蔵「おいゴーヤ、こんな夜中になにしてる?」

伊58「なんでち?泥棒猫」

武蔵「泥棒猫?そんな格好でどこにいく?夜の海は嫌いなんじゃなかったのか?」

伊58(こいつもゴーヤの邪魔をするでち?艤装を持ってるいまなら殺れる……)

伊58(でも大和が悲しむかな……提督の好きな大和が悲しむと提督も悲しむし…)

伊58「泥棒猫はさっさと寝ればいいでち、ゴーヤは用事があるでち」

武蔵「人が心配してやってるってのに!なんてやつだ!」

伊58(ふん、命拾いしたでちね)

123 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 21:10:03.63 ID:gJIDmZo70


大和型の部屋

武蔵「ただいま」ガチャ

大和「おかえり武蔵、どうしたの?そんな顔して?」

武蔵「大和、お前はゴーヤを心配しているみたいだがな、あいつはそんなにいいやつじゃないぞ」

大和「急にどうしたの武蔵?」

武蔵「なんでもない!寝る!」

大和「急にどうしたんだろう、武蔵ったら……」

大和「でもあの時のゴーヤちゃん……どうしてあんなに怒ったんだろう……私が悪かったのかな……?」

大和「明日また話しかけてみましょう……」

124 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 21:17:54.07 ID:gJIDmZo70


トリップつけるでち

伊58「よーるのうーみーはこーわいーでちー♪」

伊58(いやだなぁ……でも提督のためだし…提督はゴーヤがいないとだめでちね)

伊58「補給艦発見でち!」

125 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/26(金) 21:26:01.50 ID:gJIDmZo70

執務室

伊58「提督!任務こなしたでち!」中破

提督「ご苦労、それと俺執務室こなくていいっていったよな?」

伊58「あっ、ごめんなさいでち……でもゴーヤが頑張ったのを教えたかったでち」

提督「まあいいや、俺もお前に言いたいことあったしな、お前の部屋にいこう」

伊58(ゴーヤの部屋って///ドキドキするでち///)

126 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/26(金) 21:39:02.51 ID:gJIDmZo70


提督「お前今朝大和に会ったろ?」ギリギリ

伊58「て……提督……首しめないで…」

提督「なあ?俺言ったよな?誰にも会わずに修理してこいって……さっ!」ドスッ

伊58「っ……!っ……!」

提督「なんとか言ったらどうなんだよ!オラ!」ドスッ ドスッ

伊58「コクコク」

提督「ああそうか、首しめてたら喋れんわな、ほら」ドサッ

伊58「っ……!はぁ!はぁ!はぁ!」

提督「んで、弁明は?」

伊58「はぁっ!はぁっ!ごほっ!」

提督「もういいや……血の跡ちゃんと消しとけよ、大和にみられないようにな」バタン

伊58「ま……まって……」

128 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/26(金) 21:43:29.08 ID:gJIDmZo70


伊58(苦しかったでち……でもあれが提督の愛情表現なんでち……)

伊58(ゴーヤもダメでちね、もっと提督に応えられるようにならないと……)

伊58(眠いけどドックに行かなきゃ……今朝みたいに誰かに見つかるかもしれないでち……)

伊58(そーっとそーっと……)

129 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/26(金) 21:52:18.23 ID:gJIDmZo70


ドック

伊58(誰もいないかな?)コソッ

伊58(だれもいないでちね……)

伊58(はやくお風呂はいるでち)コソッ

伊58(首が青くなってるでち、首輪みたいでち♪)

伊58(うふふ……提督……)チャプ

伊58(痛っ……!最近お風呂に入って痛くないことがないでち……)

伊58(この痛みはゴーヤだけのもの……提督とゴーヤの秘密でちね♪)

伊58(……)

伊58 ポロポロ

130 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/26(金) 21:59:13.22 ID:gJIDmZo70


伊58(最近お風呂に入ると涙がでるんで血が……)

伊58(幸せなはずのゴーヤが悲しくて涙が流れるはずがないでち)

伊58(だからきっとこれは嬉し泣きなんだ……そう考えたらスッキリするでち)

伊58(嬉し泣きならどれだけ泣いてもいいよね?だって幸せな涙なんだから……)ポロポロ

伊58(このあいだと違っていっぱい涙がでるでち、やっぱりゴーヤはこんなに幸せなんだ)ポロポロ

伊58(いっぱいでるでち、うふふ……幸せ……)ポロポロ

伊58(……)

伊58(グスッ ヒック グスッ……)

132 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/26(金) 22:07:48.62 ID:gJIDmZo70


伊58(いっぱい泣いたらスッキリしたでち)

伊58(明日に備えてねるでち)

伊58(……)ポロポロ

伊58「zzz」ポロポロ

135 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/26(金) 22:29:37.46 ID:gJIDmZo70


提督(最近ゴーヤが気持ち悪い)

提督(なんで暴力を振るわれてるのに笑ってるんだ……?)

提督(ただ最近ゴーヤを殴ってるとスカッとするんだよな……)

提督(しかし大和に見つかるとまずい……なんとかできないものか……)

提督(俺のストレス発散のために大和に見つからずゴーヤをいじめられないものか……)

提督(あいつにたのむか)プルルルル

136 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/26(金) 22:41:08.86 ID:gJIDmZo70

伊58(あさでち!)

伊58(昨日ちゃんと修理したからからだがいたくないでち)

伊58「そういえば昨日はごはんたべてなかったでち、」

伊58「食堂にいくでち」

137 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/26(金) 22:48:24.42 ID:gJIDmZo70

伊58「なんか司令室が工事してたでち」

伊58「まあいいでち、間宮さん、カレーうどんください!」

間宮「あ、ゴーヤちゃん!昨日どうしたの?ごはんたべにこなかったけど……」

伊58「外食したでち」

間宮「あらそうなの、はいカレーうどんよ、ゆっくりたべてね」

伊58「ありがとでち」

138 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/26(金) 22:56:17.89 ID:gJIDmZo70


伊58「カレーうどんおいしいでち」

大和「あ、ゴーヤちゃん!おはよう!」

伊58「おはようでち大和」

武蔵「ムスッ」

伊58「あ、泥棒猫」

武蔵「誰が泥棒猫だっ!私には武蔵という名がある!」

伊58「泥棒猫は泥棒猫でち」

大和「あはは、いつの間に仲良くなったの?二人とも?」

武蔵「仲良くない!」

伊58「プッ」

武蔵「笑うな!」

139 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/26(金) 23:03:12.24 ID:gJIDmZo70


大和「じゃあ私、提督に呼ばれてるからもういくね?二人とも仲良くしてね?」

伊58「約束はできないでち」

武蔵「そもそも仲良くない」

大和「じゃあね二人とも」

武蔵「おいゴーヤ」

伊58「なんでち?」

武蔵「大和はお前のことを本当に心配しているんだ、その大和を裏切ったら、私が許さないぞ」

伊58「うすうす分かってたでち……大和が心配してくれてるのは……でもこれはゴーヤの問題なんでち、大和には負けられないんでち」

武蔵「まあよくわからんが……言いたいのはそれだけだ、私も忙しいので今日は失礼する」

伊58「じゃあねでち、泥棒猫」

武蔵「おい」

140 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/26(金) 23:11:10.27 ID:gJIDmZo70


伊58(なんか久々に楽しい時間だったな…)

伊58「これからどうしよう?」

伊58「部屋でねるでち」

141 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/26(金) 23:12:42.75 ID:gJIDmZo70

伊58(最近寝ることが多くなったなぁ……なぜかすごい疲れるでち)

伊58(まあいいや、ねるでち」

142 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/26(金) 23:18:16.23 ID:gJIDmZo70


深夜

提督「おいでち公」

伊58(ん?提督でち?)

提督「ちょっとついてこい」

伊58「なんでちなんでち?デートでち?」

提督「まあそんなもんだ…はぐれるなよ」

伊58「わ、わかったでち!」ギュッ

提督「……」

伊58(あれ……?くっついても怒られない?本当にデートでちか?)

提督「はやくいくぞ」

伊58「う!うん!」

143 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/26(金) 23:23:29.21 ID:gJIDmZo70


提督「ついたぞ」

伊58(ここって司令室?今朝工事してたな……)

提督「……」カチッ

伊58(あっ、本棚が動いて……あれは地下への階段?)

提督「いくぞ」

伊58「ま、まって、どこいくの?」

提督「はやくしろよ」ドゴッ

伊58「うっ!」

144 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/26(金) 23:25:36.90 ID:gJIDmZo70

次回!ゴーヤの運命やいかに!

166 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/27(土) 23:34:36.52 ID:85C+TZ+D0


提督「ほら、さっさと歩け」コツコツ

伊58「う……うん……提督?いったいどこに向かってるでち?」

提督「見ればわかるだろう……地下に向かってるんだよ」

伊58「それはわかってるけど……なんでこんな夜中に?」

提督「夜のほうがばれにくいからさ」

伊58「提督の言ってる意味がさっぱり分からないでち……」


167 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/27(土) 23:39:58.82 ID:85C+TZ+D0


提督「ついたぞ、ここだ」

伊58(地下に扉……?なんなんでち?)

提督「ほら、さっさと入れ」

伊58「まってよ提督……ゴーヤとのデートは?」

提督「は?デート?なにいってんのお前?地下でデートなんてできるわけないだろ」

伊58「で!でも!」

提督「ああもううっぜえな!いいから入れよ!」ガチャ



168 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/27(土) 23:42:31.24 ID:85C+TZ+D0


男「お?やっと来たか」





173 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[] 投稿日:2014/09/27(土) 23:50:52.75 ID:85C+TZ+D0


提督「ああ、すまんまたせたな?」

男「いいっていいって、俺とおまえの仲じゃん?」

伊58「だ……だれでち?」

提督「こいつは俺の友達でな?今回の司令室の改装を手伝ってくれたんだ」

男「はじめましてゴーヤちゃん、仲良くしような?」

伊58「は……はじめまして……」

男「可愛いねぇゴーヤちゃん!俺興奮してきちゃったよ!」

男「なあ提督!?さっそくやっちゃっていいか!?」

伊58「え?え?」

提督「まあまて、説明くらいはしてやろう、ゴーヤもかわいそうだしな」ニヤッ

男「なるほど!さすがお前は優しいな!」

提督「……そんなにほめるんじゃない」

伊58「ねえ……?いったい何なんでち?提督?」

175 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/28(日) 00:01:48.99 ID:ecUMfF3C0


提督「俺さ……最近ストレスがたまっててさ、この間お前を殴った時にスカッとしたっていうかさ、興奮したんだ」

伊58(それは知ってるでち、提督とゴーヤだけの秘密でち)

提督「でもさ、最近大和が俺を怪しんでるんだよ、大抵お前が俺の言うことを守らないせいなんだが……」

伊58「それは……もうしわけないでち、提督とゴーヤだけの秘密なのに……」

提督「は?秘密?……まあいいや、それで大和に見つからずにお前をボコボコにするのは厳しいだろ?だからこいつに部屋の工事を頼んだんだ」

男「俺がんばっちゃった」

伊58「ここは提督とゴーヤとの秘密のお部屋だったんでちね」

伊58(ゴーヤのためにこんな部屋まで作ってくれるなんて提督は優しいでち♪)

提督「それでさ、俺思ったんだ、もし俺以外のやつがゴーヤに危害を加えた場合でも俺は興奮できるのかってな」



176 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 00:03:20.34 ID:ecUMfF3C0


伊58「えっ……?」


178 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 00:12:50.36 ID:ecUMfF3C0


男「なあ!もういいだろ!?」

提督「まあまて、なあゴーヤ今の話……理解できたか?」

伊58「わ!わからないでち!ゴーヤは提督以外に乱暴されたくないでち!」

提督「俺は今日は手を出さない、見てるだけだ、精々こいつにかわいがってもらえ」

男「よろしく♪」

伊58「い!いやでち!提督!?嘘だよね!?ゴーヤに乱暴していいのは提督だけなんでち!それが提督の愛なんだよね!?」

提督「俺はそんなこと一言も言ってないぞ?ただお前を殴るとスカッとするって言っただけだ」

伊58「お願い提督!やめて!助けて!ゴーヤが悪いことしたなら謝るからぁ!」

提督「……もういいぞ」

男「まじすか!」

伊58「嫌!いやぁぁぁぁぁ!


179 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 00:27:54.64 ID:ecUMfF3C0


男「あらためましてよろしくっ♪ゴーヤちゃん」

伊58「こ……こないで……」

男「ん〜!怯えた顔もかわいいねぇ!ゾクゾクしてきちゃった!」

伊58「やだぁ……やだよぉ……」

男「今回の司令室の改装をやったのはさ、提督が艦娘を一人めちゃくちゃにしていいって言ったからなんだよね!艦娘なんて一般人の俺らには触ることもできない存在じゃん?そんな艦娘がどんな顔で泣くのか……それだけを楽しみにお仕事したんだよ!」

男「バケツもたっぷりあるし!普通の人間じゃあできないようなこともできるんだよね!わくわく!」

伊58「ガタガタ」

男「まずはスタンダードに俺のサンドバックになってもらうよ!いいよねゴーヤちゃん!?」

伊58「フルフル」

伊58(て……提督は本当に助けてくれないでち……?)チラッ

提督「ニヤニヤ」

伊58「提督!お願い!ゴーヤ提督のために何でもするから!提督!」

男「……いいかげんうるさいなぁ……!」バキッ

180 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 00:37:58.30 ID:ecUMfF3C0


伊58「ふぐっ!」

男「お?艦娘でもちゃんと血は赤いんだね」

男「ん……血もちゃんと鉄の味だ、まるで人間みたいだね」

伊58「ガタガタガタ」

男「ほらほら!いつまでも倒れてると踏んじゃうぞっ」グイグイ

伊58「うっ……ごほっ!」

男「ゴーヤちゃんのお腹の上で四股踏みー!」ドスッ

伊58「うぁっ……!い……痛いよぉ……」

男「さらに馬乗りになってからの連続パンチだー!」ドカッ バキッ

伊58「……」ピクピク

男「ありゃ?反応が薄いな?提督!バケツくれ!」

提督「ほらよ」ポイッ

男「さんくす♪」

男「ほらゴーヤちゃん、提督からの愛だよー?」ザバァッ

181 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 00:51:43.90 ID:ecUMfF3C0


伊58「ぷはっ!はぁはぁ!」

男「おお!本当にこんなもんで傷が治るのか!艦娘ってすげーな!気持ち悪ぃー!」

男「こーんなに可愛いゴーヤちゃんもやっぱり兵器なんだね!あはは!」

伊58「ふぅ……ふぅ……」

男 グイッ「なあ?お前提督のこと好きなんだろ?笑っちまうよなぁ、お前ら兵器が人間を好きになるなんてよぉ?」ボソボソ

伊58「別に……!お前には関係のないことでち!」

男「はっ!お前がいくら提督を好きでもなぁ?肝心の提督はどうなんだろうなぁ?」

伊58「提督は!ゴーヤのためにこんな部屋までつくってくれたでち!お前がいなければゴーヤは提督とここで遊べたんでち!」

男「お前もわかんない奴だなぁ……じゃあ仮に提督がお前のことを好きだったとしよう……もしそうだとしたら自分の好きな相手をこんなに痛めつけられるのか?」

伊58「それが提督の愛なんでち!ゴーヤはそれを信じてっ!」

男「提督はな、お前のことなんかなんとも思っちゃいないんだよ……」

伊58「えっ……」



187 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 01:04:21.38 ID:ecUMfF3C0


男「おバカさんのお前にもわかりやすくおしえてやる……お前は、ただの、ストレス発散の道具だ」

伊58「そんなはずは……!ないでち……」

男「ん?心当たりがあるか?」

伊58「……」

男「お前、提督に優しくされたことないだろ?」

伊58「ピクッ」

男「ほらな、それが一番の証拠だ、好きな相手に優しくしないなんて、そんなバカなことがあるか?」

伊58「でっ……でもっ……」

男(良い表情になってきたな……ククッ)

男「極めつけはこの状況だ、見ろ、あいつはお前を助けようともしない、さっきお前が助けを求めてた時……あいつはどんな顔をしていた?」

伊58(わらってたでち……提督は本当にゴーヤのことなんとも思ってないの?今まで我慢してきたゴーヤはなんだったの……?)



188 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/28(日) 01:14:23.49 ID:ecUMfF3C0


男「なあ?今まで信じてたものに裏切られてどんな気持ちだ?まあ信じてたのはお前ひとりだけだったみたいだけどな!」

伊58(ゴーヤは……いらない子なの……?)

男「あいつには殺さないように言われてるけどさ?つらいんなら俺が殺してあげようか?」

伊58(……)

男(もう喋る気力もないか……ちょっといじめすぎたかな?)

伊58「ねえ……死んだら楽になれるでち?」

男「うん、お前もう生きててもいいことないだろ?」

伊58「ゴーヤもう疲れたでち……お願いしてもいいかな……?」

189 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 01:15:20.79 ID:ecUMfF3C0


男「いやだよ〜ん!」



190 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/28(日) 01:23:28.74 ID:ecUMfF3C0


男「そんなことするわけないじゃん!そんなことしたら俺犯罪者になっちゃうよ!」

男「あはは!大丈夫!?お前死にたいの!?ねえ!?」

男「でも死にたいってことはもうどうなってもいいってことだよね!?ね!?」

男「それならさ!一発やらせてよ!いいでしょ!?死にたいんならさ!?」

男「なあ提督!こいつ抱いていいか!?もう興奮して興奮してたまんねぇよ!」

男「え!?いいの!?まじで!?ひゃっほーう!」

男「ゴーヤちゃん、いただきますね!」

193 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/28(日) 01:40:02.33 ID:ecUMfF3C0


男「服脱ぎ脱ぎしましょうねー」

男「うーん……しっかしよくみると凹凸のない体だなぁ」

男「うわ!体細っ!ちゃんと食ってんのかこいつ」

男「まあいいや、ゴーヤちゃんのお腹スリスリー」

男「反応がないなぁ、やっぱりやりすぎたかなぁ?」

男「しょうがない!さっさと突っ込んで出すものだしちまおう!」ズブ

男「濡れてないからきっついぜ!だがそれがいい!」

男「ほらほらゴーヤちゃん!いいのかな!?好きな男の前でこんな恰好しちゃってさぁ!」パンパン

男「俺?俺はすごい興奮するよ!寝取りってやつかな!?」パンパン

男「うおっ!締まる!無意識化で操でもたててんのか!?」

男「いいね!ゴーヤちゃん!どこまでも俺を楽しませてくれる娘だ!」パンパン

男「よーし!俺も頑張っちゃうぞ!ゴーヤちゃんの首を絞めちゃうよ!」グッ

男「おお!すっげーきつくなった!もう出ちまいそう!」

男「中に出すよ!?いいよね!兵器だもんね!平気だよね!」

男「俺ギャグのセンスあるぅ!ってやべっ!でるっ!」ビュッ

男「はぁ……はぁ……ふぅ……気持ちよかったぁ!」

男「じゃあ提督!俺もう帰るね!またゴーヤちゃん貸してね!」

194 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 01:41:48.20 ID:ecUMfF3C0


提督(なかなか興奮した)ビンビン


196 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 01:47:28.85 ID:ecUMfF3C0


提督「おい、ゴーヤ、起きろ」

提督「さっさともどって風呂に入れ、バケツじゃその匂いはとれん」

提督「いいか?今日のことは誰にも言うなよ?特に大和には」

提督「ちっ、反応がねえな……。おい!聞いてんのか!?」ドゴッ

提督「くそ!めんどくせぇ!仕方ない……俺が連れてくか……」

198 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 01:58:18.51 ID:ecUMfF3C0


提督(地下への入り口を隠してっと)ポチッ

提督(ったくめんどくせぇ……あいつもちゃんと後始末してけよな……)

提督(こんな真夜中だ……誰かに会うことはないだろうが……慎重にいくか)

提督(しかしコイツ軽いな……楽でいいぜ)テクテク

大和「ふわぁぁぁ……武蔵とトランプしてたら遅くなっちゃった……トイレに行って早く寝よう……」

提督「や!大和!?」

大和「提督?夜遅くまでお仕事ですか?あれ……?ゴーヤちゃん?ゴーヤちゃん!?」

大和「提督!どうしてゴーヤちゃんがこんなにボロボロなんですか!?服もあちこちやぶれて!」

提督「そ……それはだな……」

提督(ちっ、大和に見つかっちまったか……なんとかごまかさなければ……)

200 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 02:09:43.46 ID:ecUMfF3C0


提督「お、俺にもよくわからないんだ!鎮守府の見回りをしていたら倉庫でこいつがこんなことになってて!」

提督「俺びっくりしてさ!おもわず叫んじまったんだ!ゴーヤ!大丈夫か!?って!」

大和「そんなことが……」ギリッ

提督「ああ!俺もはらわたが煮えくり返りそうな思いだよ!それで急いで風呂に入れようと思って運んできたんだ!」

大和「ゴーヤちゃんにこんなひどいことをするなんて……提督!少しでも疑ってしまって申し訳ありません!」

提督「いいんだ、俺だってこんな場面を見たら疑いもするさ……」

大和「提督……」

大和「それならこの大和がお風呂に連れていきます!男性の提督には荷が重いでしょうから……」

提督「すまん、助かるよ……大和は優しいんだな……」ナデナデ

大和「て……提督……恥ずかしいです……」

提督「じゃあゴーヤのことはたのむ!俺は犯人が近くにいないか探してくる!」

大和「わかりました……提督もお気をつけて……」

提督「ああ!じゃあな!」

202 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 02:11:01.13 ID:ecUMfF3C0


提督「あいつも案外ちょろいもんだな



203 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 02:15:44.61 ID:ecUMfF3C0


ドック

大和(ゴーヤちゃん……こんなに軽かったのね)

大和(腕も足もこんなに細い……)

大和(ゴーヤちゃん……つらかったね)ポロポロ

大和(早く綺麗にしてあげなくちゃ……)

206 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 02:20:32.39 ID:ecUMfF3C0


大和(ごめんねゴーヤちゃん、服脱がせるよ……)

大和(……!酷い……)

大和(腫れがひどい……内出血してるところもある……)

大和(普通の人間だったら生きていなかったかもしれないわ……)

大和(首にもすごいあざが……!)

大和(ゴーヤちゃん……)

209 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 02:33:28.87 ID:ecUMfF3C0


司令室

大和「提督……ゴーヤちゃんの修理……終わりました……」

提督「ああ……ご苦労……ゴーヤは大丈夫か……?」

大和「それが、からだ中ひどい怪我でした……それに……」

提督「それに……なんだ?」

大和「……ゴーヤちゃん……犯されていたみたいです……」

提督「な!なんだって!ゴーヤ……かわいそうに……」ギリッ

大和「提督……この大和、こんなに激しい怒りを覚えたのは初めてです……できることなら……犯人を見つけ出して殺しt」

提督「大和!」ダンッ

大和「ビクッ」

提督「大和……その先は言っちゃだめだ……」

大和「提督……」

大和(そうだ……私なんかより提督のほうがずっとつらいんだ……そんなことも考えずに私は……)

提督「大和……今日はもう休め……お前もつらいだろう……」

大和(自分もつらいはずなのに……提督はこの大和を案じて……)

大和(……!提督の肩が震えてる……これ以上私はここにいるべきじゃない……)

大和「提督……失礼しました、おやすみなさい」

提督「プルプル」

211 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 02:41:04.92 ID:ecUMfF3C0


提督「ぷはぁーっはっはっはっはっ!大和ちょろすぎ!まさかあいつがこんなに簡単にだまされるなんてよ!」

提督「怯えてたのがバカみたいだぜ!くくくっ」

提督「しかし今日のゴーヤには楽しませてもらった……」

提督「くくくっ、録画もしたしな……保存保存っと……」

提督「今度は俺もあの部屋でゴーヤと楽しむか……」

提督「なにせあいつは俺に惚れてるらしいからな、まったくバカなやつだぜ」

提督「いやー!これからの生活が楽しみだ!いや?性活かな?」

提督「くくくくくっ」


212 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 02:43:47.76 ID:ecUMfF3C0


意外とちょろかった大和!ゴーヤの心は!?ゴーヤの運命やいかに

皆も潜水艦は大事にしようね!?オリョクルなんてしちゃだめだよ?

ねるでち

235 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 23:16:31.45 ID:ecUMfF3C0


なんかよくわからないけどとりあえず書くでち

大和「武蔵……」

武蔵「どうしたんだ……そんな顔をして……」

大和「ゴーヤちゃんが……ゴーヤちゃんがね……」ポロポロ

武蔵「ゴーヤがどうしたんだ……おい泣くな……」

大和「うう……」ポロポロ

武蔵「……よしよし、今日はもう寝ろ……ほら、私の布団へ来い」

大和「……」ポロポロ

236 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/28(日) 23:27:21.71 ID:ecUMfF3C0


武蔵「……そうか……そんなことが……」

大和「うん……提督も悲しんでいたわ……それなのに私は……」

武蔵「しかし……許せないな……」ギリッ

大和「武蔵……?」

武蔵「同じ艦娘としてゆるせん……!大和、犯人の心当たりはあるか?」

大和「いいえ……そもそもこの鎮守府に一般人は入れないはず……」

武蔵「なるほど……つまり誰かが手引きした可能性が高いと……」

大和「そうなる……のかしら……仲間を疑いたくはないけれど……」

武蔵「ふむ……」

武蔵「大和……心して聞いてくれ……」


237 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 23:28:16.92 ID:ecUMfF3C0


武蔵「私は提督が怪しいと思う」



240 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 23:35:39.80 ID:ecUMfF3C0


大和「っ!武蔵っ!」パシンッ

武蔵「……」ヒリヒリ

大和「武蔵!冗談でもいっていいことと悪いことがあるわよ!」

武蔵「……すまない」

大和「提督はっ!提督はねぇっ……!ゴーヤちゃんのために泣いていたのよ!そんな提督が犯人なわけないじゃない!」

武蔵「ああ……すまない……」

大和「……もうそんな冗談を言うのはやめてよね……あと……叩いてごめんなさい……」

武蔵「気にするな……大和、明日も早いんだろう?もう寝よう」

大和「ええ……お休み武蔵」

武蔵「お休み……」



241 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 23:42:48.69 ID:ecUMfF3C0


武蔵(大和の手前、ああはいったが……)

武蔵(私には提督以外に考えられん……)

武蔵(私は直接みてはいないが、提督がゴーヤを虐待しているといううわさを聞いたことがある……)

武蔵(それに……)

武蔵(提督がゴーヤを見るとき……恐ろしい顔をしていることがあった……)

武蔵(しかしこれは大和には言えんな……大和は提督を信頼しきっている……)

武蔵(少し……提督の周りを調べてみよう……)

武蔵(これは危険な賭けだ……やぶをつついて蛇を出す結果になるかもしれない)

武蔵(今日はもう寝よう……明日に備えて……)



243 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/28(日) 23:58:12.43 ID:ecUMfF3C0




提督「ふぁぁ……ちょっち寝不足ぅ」

提督「しかし昨日の俺の演技はすごかったんじゃないか?アカデミー賞物かもしれんな!」

提督「これで大和はもう俺を疑うことがないだろう……あれは俺を信頼しきってる目だ」

提督「……ただ昨日ゴーヤの様子が少しおかしかったのが気になるな……」

提督「男のやつ……まさか何か余計なことをいったんじゃないだろうな……?」

提督「……念のためゴーヤの様子を見に行くか……」

244 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/29(月) 00:00:50.17 ID:FInhebws0


提督「おいゴーヤ、起きてるか?」ガチャ

伊58「…………」

提督「なんだ、起きてるんじゃないか」テクテク

伊58「…………」

提督「昨日はなかなか興奮させてもらったぞ、今度は俺を楽しませろよ?」

伊58「…………」

246 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/29(月) 00:04:33.62 ID:FInhebws0


提督「おいおい、俺が挨拶してやってるってのに返事もなしか?ああん?」

伊58「……」

提督「なあ?ふざけるのも大概にしろよ?俺が短気なの知ってるだろ?」

伊58「……提督」

提督「返事できるんじゃねえかよ、ったく」

伊58「提督……こっちきて」



247 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/29(月) 00:12:35.66 ID:FInhebws0


提督「んだよ」テクテク

伊58「ゴーヤね、気づいちゃった、提督はゴーヤが嫌いなんだって」

伊58「ゴーヤね、こんなに汚れちゃった……ほら見て……首元の痣、消えないんだ」

伊58「ゴーヤね、提督のこと好きだった……ぶったりされてもけられたりしても」

伊58「ゴーヤね、ずっと自分をだましてたの、これが提督の愛なんだって」

伊58「ゴーヤね、つらかったよ?苦しかったよ?でもずっと我慢した」

伊58「ゴーヤね、もしかしたらあの男に汚される前に提督が助けてくれるって信じてた」

伊58「ゴーヤね、汚されちゃった、疲れちゃった、もう……疲れちゃった」


251 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/29(月) 00:21:52.25 ID:FInhebws0


伊58「ねえ提督?ずいぶん不用心に近づいてきたね、もしかしてゴーヤになら何されても対応できるって思ってたの?」

伊58「ねえ提督?ゴーヤに首を絞められるのはどう?これも愛だとおもう?」グッ

提督「……!……!」

伊58「ねえ提督?これもゴーヤの愛なんだよ?提督はわかる?」

提督(ぐっ!こいつ!ものすごい力だ……!)

伊58「あははははははははははははははははは!楽しいね!ね!」

提督「……!」フルフル

伊58「なに?首なんか振って?もしかして離してほしいの!?」

提督「コクコク」

伊58「どうしよっかなぁ!離してほしい?」

提督「コクコク」

伊58「うーんとねぇ!」


252 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/29(月) 00:22:53.51 ID:FInhebws0


伊58「い・や♪」


255 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/29(月) 00:31:05.59 ID:FInhebws0


伊58「だって提督も離してくれなかったもん!」

伊58「ねえねえ!このままじゃ死んじゃうよ!?いいの!?」

伊58「ゴーヤもね!こんなに苦しかったの!こんなに!こーんなに!」

伊58「でもね!もう苦しくないの!だってさ!もう全部終わるんだから!」

伊58「……提督が死んじゃったらさ、ゴーヤも死ぬから」

伊58「やっぱりね、ゴーヤは提督が好き……みたい」ポロポロ

伊58「え?泣いてるって?これは嬉し涙だよ?」

伊58「だって一緒に死ねるんだもん!えへへ」

伊58「だから早く死んで?」

258 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/29(月) 00:37:19.98 ID:FInhebws0


伊58「あは♪顔が真っ青だよ提督?」

提督「……」

伊58「……もうお別れだね……提督」ポロポロ

伊58「最後に何か言いたいことはある?聞いてあげるよ?」

伊58「きこえないよぉ提督?ほら、耳元でしゃべって?

提督「ゴーヤ……」

伊58「ん?なに?はっきりしゃべって?」


261 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/29(月) 00:38:35.14 ID:FInhebws0


提督「愛してる」



265 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/29(月) 00:52:04.42 ID:FInhebws0


伊58「……え?」スッ

提督「はぁっ!はぁっ!はぁっ!」

伊58「ね……ねえ……本当?」

提督「はぁ!はぁ!はぁ!」

伊58「本当に?本当にゴーヤのこと愛してる?」

提督「はぁ……はぁ……」

伊58「ゴーヤ……よろこんでもいいの?」

提督「ああ、ゴーヤ、愛してる」ギュッ

伊58「あっ……ああっ……提督!提督っ!」ギュッ

提督「今まですまなかった……お前の気持ちも考えずに……」

伊58「本当に分かってくれたの!?ゴーヤ……もう悲しい思いしない?」

提督「ああ、これからはお前を大事にする、約束だ」

伊58「よかった……よかったよぉ……提督を殺さなくて済んで……」

提督「もう絶対にお前を離さない、絶対だ、約束する」

提督「ゴーヤ、お前の受けた傷、すべて見せてくれ、俺の罪だ、受け止めよう」

伊58「う……うん……わかったでち……」

提督「背中の傷も見たい、後ろを向いてくれ……」

伊58「うん……」

270 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/29(月) 01:01:19.18 ID:FInhebws0


提督「ありがとう……ゴーヤ……すまない……背中にまでこんな傷を……」

伊58「もう……大丈夫でち……提督……」

提督「首元もこんなにひどく……ごめん……ごめんなぁゴーヤ」ポロポロ

伊58「泣かないで……提督……」

提督「俺に償えることがあったら何でも言ってくれ……なんでもしよう……」

伊58「ありがとう……ありがとう提督……」ポロポロ



276 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/29(月) 01:31:28.99 ID:FInhebws0


提督「ゴーヤ……こっちを向いてくれ」

伊58「なぁに?提督?」

提督「キス……してもいいか?」

伊58「えっ……う……うん///」

伊58「んっ……はぁ……提督……」

提督「かわいいよ……ゴーヤ……」

伊58「えへへ……うれしいでち///」

提督「もういっかいキスしよう」

伊58「///」

伊58「はぁ……提督……」トロン

277 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/29(月) 01:36:56.94 ID:FInhebws0


提督「服脱がせるぞ……」

伊58「あっ……」

伊58「ゴーヤのからだ……汚いよ?」

提督「汚いわけあるか、とっても綺麗だ……」

伊58「///」

提督「ゴーヤ……」ギュッ

伊58「提督……あ……あたってるでち///」

提督「すまん……ゴーヤがかわいすぎて……」





278 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/29(月) 01:45:21.24 ID:FInhebws0


提督「ゴーヤ……もういれてもいいか?」

伊58「うん///」

提督「いれるぞ……」ズブッ

伊58「あっ、提督のが……」

提督「痛くないか?ゴーヤ?」

伊58「うん……大丈夫でち」

提督「そうか……」ナデナデ

伊58「んっ……えへへ……動いてもいいでちよ?」

提督「わかった、痛かったら言えよ?」ズッ ズッ

伊58「んうっ……中で動いてるでち……」

提督「痛くないか?」

伊58「大丈夫でち……気持ちいいでち……」



280 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/29(月) 01:56:25.91 ID:FInhebws0


伊58「提督……キスして……」

提督「ん……」

伊58「はぁ……もっと……」

提督「……ん」

伊58「えへへ……嬉しいなぁ、提督とこんな風になれるなんて……」

提督「大事にするって約束しただろ?安心して俺に身を任せろ……」

伊58「うん……提督……ゴーヤなにかきちゃうでち……お腹の下がびりびりするの……」

提督「大丈夫だ……それは怖いことなんかじゃない……」

伊58「提督っ!ゴーヤ何かへんでち!びりびりがとまらないでち!」

提督「大丈夫……大丈夫……」ギュッ

伊58「んうっ………………!!!!!!」

伊58「はぁ……はぁ……」

提督「ゴーヤ?大丈夫か?」

伊58「……ふわふわした気持ちがずっと続いてるでち……でも嫌な気分じゃないでち……」

提督「よしよし……疲れただろう?そばにいてやるから……すこし横になるといい……」

伊58「提督……どこにもいかない?」

提督「ああ、ずっと手を握っといてやる、安心しろ」

伊58「えへへ……じゃあゴーヤちょっと寝るね……おやすみ」

提督「おやすみ」ナデナデ


281 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/29(月) 02:01:51.10 ID:FInhebws0


提督「次に起きた時が……お前の最後だよ」


283 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/09/29(月) 02:07:23.71 ID:FInhebws0


オリョクルとはこういうものなのか……ゴーヤの運命やいかに!

ねるでち

305 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/30(火) 23:02:39.15 ID:bjEBbWbf0


提督「さて……ゴーヤも眠ったことだし……」プルルルル

提督「よお、これからちょっとさ……」ボソボソ

306 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/30(火) 23:10:43.21 ID:bjEBbWbf0


地下

提督 ガチャ「またせたな」

男「まってたぜぇぇ!ひゃっはー!」

男2「艦娘をめちゃくちゃにしていいってホントか?」

男3「デュフフフフ、拙者興奮してきたでござる!」

提督「あれ?奥のほうにドアなんかあったっけか?」

男「ああ、ここから出るとき司令室側からでたらばれるだろ?だから俺の家から直通の道つくっといた」

提督「なるほど、サンキュ」

男「なあ、ゴーヤちゃん解体するってホントか?」

提督「ああ、だが最後に絶望させてから解体してやろうと思ってな、楽しそうだろ?」

男「お前……マジ最高!」

提督「だろ?そのためにわざわざコイツ抱いてきたんだぜ?
愛してるっていったらよ、簡単にだまされてやんの!マジ笑えるわ」

男「おぬしも悪よのう……」

提督「そんなにほめるんじゃない」

307 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/30(火) 23:19:40.83 ID:bjEBbWbf0


男2「おい!はやくやらせろよ!」

提督「ああ、ほらよ」ポイッ

伊58 ドサッ

男3「うひょぉぉぉぉ!これがゴーヤたんでござるか!スク水とか興奮するでござるよぉぉぉぉ!」

提督「おいゴーヤ、起きろ」ペチペチ

伊58「う……ん……提督……?」

提督「おはようゴーヤ」

伊58「お……おはようでち……なんでまた地下にいるんでち……?」

男「ゴーヤちゃん、やっほー」

伊58「ひっ!なんでお前が……」

男2「おい!どんだけ待たせるんだよ!」

男3「寝起きのゴーヤちゃんマジ萌え〜」

伊58「な……なんなんでち……ねえ提督!どういうことでち……?」

提督「お前さ、俺に手をあげたろ?だから今日で解体することにした」

伊58「えっ……」

310 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/30(火) 23:37:35.16 ID:bjEBbWbf0


男「そういうことなんだゴーヤちゃん、今日はゴーヤちゃんの最後の日だからさ!俺のお友達もつれてきたんだよー!」

伊58「嘘……でちよね……?提督?」

提督「残念ながら本当だ」

伊58「嘘でち嘘でち!提督はもうゴーヤを大事にするって!悲しませないっていったよね!?」

伊58「それに!一緒に愛し合ったでち!提督だってやさしかったでち!」

提督「ああ、あれな、全部演技なんだ」

伊58「だ……だって!あんなやさしい提督はじめてで……!ゴーヤのことすっごく大事にしてくれたでち!」

提督「だから演技だっての」

伊58「嘘っ!嘘だっ!お前は提督じゃないでち!ゴーヤのやさしい提督をどこに隠した!」

提督 ガシッ 「いいか?ゴーヤよく聞け」

提督「お前に優しくした理由はな?お前の絶望した顔が見たかったからだ」

伊58「……え?」

提督「どうだ?幸せの絶頂からどん底にまでおとされた気分は?」

伊58「……本当にあれも演技だったの……?」

提督「うん、アカデミー賞物だろ?」

伊58「……そん……な……」



311 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/30(火) 23:48:43.27 ID:bjEBbWbf0


男「なあ?そろそろいいか?みんなもう我慢できないんだよ」

男2「フーッ!フーッ!」

提督「そうだな、もう見たいもんも見れたし、あとはお前らに任せた」

男「オッケー!終わったらお前に連絡するわ!解体よろしくな?」

提督「ああ、なにをやってもいいが、決して殺すなよ?もう喋れないくらいぐっちゃぐっちゃに犯すのは構わんが」

男「まかしとけって、いやぁ楽しみだ」

伊58「まって……まってよ提督……」

提督「……じゃあ俺いくわ」ガチャ

伊58「まってよ!まって!ゴーヤを一人にしないで!ねえ!お願い!もういやなんでち!汚されたくない!提督!提督!」

男「残念でした!もうあいつはかえっちゃったよ!」

伊58「嫌だ!嫌だ!もう嫌!なんでゴーヤばっかりこんな目に合うの!?もう汚されたくない!ゴーヤは!幸せになったはずなんだ!もう怖い思いも悲しい思いもしなくていいはずなんだ!」

男2「チッ、うるせぇな!さっさとやっちまおうぜ」

男3「ゴーヤちゃん萌え〜」

伊58「提督はあんなこと言うはずがないのでち、おまえらを殺して……ゴーヤは提督のところにいくでち……」



313 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/09/30(火) 23:56:21.80 ID:bjEBbWbf0


男2「なにいってんだ!こんな貧弱な体でなにができる?」ガシッ

伊58「っ……離せ!」ブンッ

男2「くっ、こいつ以外に力がつよいな……」

男「あれ?ゴーヤちゃんこの前は全然力なかったと思うんだけどなぁ……お前が貧弱なだけじゃないの?」

男2「いや……そんなはずは……」

伊58「……まずはお前から殺してやるでち……」ガシッ

男2(こいつ……首を……!)

男「おい!やばいぞ!」

伊58「さっさと死ね……!」ギリギリ

男2(なんだ!こいつのこの力はっ……!)

男2(やばい……!このままじゃ死っ……!)

314 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 00:06:26.64 ID:SlHFYBp60


男3「はーいここまでー」ガシッ

伊58「離せ!」ジタバタ

男3「流石のゴーヤちゃんでも、羽交い絞めにされて抱き上げられたらなんにもできないでござるよねぇ」

男2「っっ!はぁ!はぁっ!死ぬかと思った……悪いな」

男3「お安い御用でござるよ、それにしてもゴーヤちゃん!いい匂いでござるなぁ!」スンスン

伊58「……!!!!」ジタバタ

男「なんなんだろうねぇ……火事場の馬鹿力ってやつ?」

男2「なるほど……じゃあすこし痛めつけてやらないとだめだな」

男「やっちゃえやっちゃえ」

男2「そのままおさえてろよ?」

男3「了解でござる!」スンスン

315 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 00:15:40.72 ID:SlHFYBp60


男2「さっきはよくもやってくれたな……!」

伊58「ふん、お前が弱いのがわるいでち」

男2「んだと!この野郎!」バキッ ドガッ

伊58「ふぐっ!……ゴーヤは女の子だから野郎じゃないでち」

男2「屁理屈いってんじゃねえぞ!」ドスッ ドスッ

伊58「……!……!ごふっ!」

男「おいおい、あんまやりすぎんなよ?殺すなって言われてんだから」

男2「分かってるって」 バコッ

伊58「うっ……げほっ!げほっ!はぁ……はぁ……」

男3「ゴーヤちゃんの首筋いい匂いがするでござるね」ペロッ

伊58「……!ひあああっ!」

男3「お?いい反応でござる♪」

男2「なに一人だけ楽しんでんだよ」

男3「いやぁ……あまりにもいい匂いなもので」ペロペロ

伊58「きっ!気持ち悪いんでち!この変態!」



316 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 00:26:59.47 ID:SlHFYBp60


男「痛めつけるんだか犯すんだかどっちかにしなよ……ゴーヤちゃんかわいそうじゃん」

男2「俺はもう少し痛めつけてやりたいな、俺のこと殺そうとした奴だし」

男3「拙者はゴーヤちゃんペロペロできれば幸せでござる」

男「てんでばらばらだねぇ……そうだ!俺もちょっとやってみたいことがあるんだ!そのままおさえててね!」

男3「了解でござるぅ」ペロペロ

伊58「や……やめて……」ビクビク

男3「拙者にペロペロされて感じてるでござる!可愛いでござる!」

男2「おい、お前あいつにやりたいことあるんだろ?なんで離れてるんだ?」

男「いいからいいから、んー、このくらいの距離があればいいかなぁ」

男2「なにするんだ?」

男「遠くから助走をつけて飛び蹴り!」

男2「ほう……なるほどな」

男3「ちょ!そんなことしたら拙者まで吹っ飛ぶでござる!」

男「だいじょぶだいじょぶ!さあいくよ!」

伊58「い……嫌……やめて……」

男「うぉぉぉぉー!真空とび膝蹴りぃ!」ドガァ

伊58「うぁぁっ!ごふっ!ごふっ!」

男3「拙者まで吹っ飛ぶぅー!」

男「ふーすっきり」

伊58「ごふっ!ごふっ!あ……あ……あっ……」

男2「なんか様子がおかしくないか?」

伊58「う……うぉえええええ!」

男2「うわ!きったね!あいつ吐きやがった」

319 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 00:47:28.43 ID:SlHFYBp60


伊58「はっ……はっ……」

男「んー、もうそろそろいいんじゃない?」

男2「そうだな……そろそろやっちまうか」

男3「うほぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!

伊58「っ!げふっ!」

伊58(痛い……痛いよぉ……提督……提督……)

男2「おい、もう一発食らいたくなかったら四つん這いになれ」

伊58「っ……いやでち」

男2「ちっ!だれかこいつおさえてろ!」

男3「アイアイサー」ガシッ

伊58「い……いやだ……」

男2「おらぁ!」ドガァ

男3「また吹っ飛ぶでござるぅ」

伊58「が……ぁ……」

男「おい!やりすぎだろ!死んじまうぞ!」

男2「わ……悪い……ついカッとなって」

伊58「あ……あ……う……」

男2「まあいいや、やっちまおうぜ」

320 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 00:51:43.64 ID:SlHFYBp60


男2「俺が前をもらう、異論はないな?」

男「え?ずるくない?」

男3「拙者はお口で」

男2「おいまじかよ……あいつ吐いたんだぞ?」

男3「だからいいんでござる」

男2「うげぇ……お前すげえな……」

男3「ふふふ!照れるでござる」

男2「ほめてねぇよ……」

男「んー、じゃあ消去法で俺は後ろのほうかなぁ……まあいいや」



323 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 01:01:22.73 ID:SlHFYBp60


男2「おら、四つん這いになれ」

伊58「……」スッ

男2「物分かりがよくなったじゃねぇか、おらよ……っ」ズブッ

伊58「……んっ……あっ……」

男2「へへっ、中々具合がいいじゃねえか……提督ともやりまくりだったんだろ?」

伊58「んっ……」フルフル

男2「まじか!あいつももったいねぇことすんなぁ……」

男3「おしゃべり中のところ悪いでござるが、拙者のも咥えるでござる」ボロン

伊58「……」フルフル

男3「……咥えろ」ボソッ

伊58 ビクッ

男3「はやくしな」

伊58「……はむっ……じゅるっ……」

男3「んほぉぉぉぉぉ!たまらんでござるぅ!」

伊58(く……臭い……)

男「なあなあ、このままだと俺だけ突っ込めなくない?」

男2「あっ……悪い……」ズルッ

伊58 ビクッ



324 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 01:14:56.47 ID:SlHFYBp60


男2「はっはっはっはっ」パンパン

男3「ゴーヤちゃんのお口の中あったかいナリぃ」

男「おしりのほうでやるのも中々いいもんだね!ゴーヤちゃん!」ズッ ズッ

伊58(痛い……苦しい……だれかたすけて……)

男2「……なんかゆるいな……もうすこしでいけそうなんだが……」

男「こっちもなんだよねぇ……あ、そうだ!」

男3「ああ!ゴーヤちゃん!拙者いくでござる!あああああああっ」ドピュ

伊58「うぶぇっ!げほ!げほ!」

伊58(く……くさいし苦い……!早く吐き出さないと……!)

男3「はぁー、えがったぁ……」

男「……」

男2「おい?なんか思い浮かんだんじゃないのか?」

男「いや……それがさ……ゴーヤちゃんは首絞めるとしまりがよくなるんだけどさ」

男2「ああ……あいつが出しちまったからな……いま首絞めたら口の中が大変なことになるな」

男「逆に興奮するね」グッ

伊58「あ……ぐあぁっ……」

伊58(息ができない……!それに口の中のもの吐き出したい……!)

男2「おお!めっちゃしまる!」パンパン

男「でしょでしょ?」

326 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 01:30:38.84 ID:SlHFYBp60


男2「おおおっ!もうでるっ」ビュルッ

男「お……おれも……!ビュルッ

男3「拙者はもう出たでござる」

伊58「んっ……!」

伊58「はぁ……はぁ……」グッタリ

男3「今度は拙者が前をもらうでござる!」

男2「じゃあ俺が後ろだな」

男「んー、俺は口でしてもらおうかな」

伊58(嘘っ……まだやるの……?あんなに苦しいのに……)

男3「ゴーヤちゃんの中にお邪魔するでござる」ズブッ

伊58「んっ……あ……あっ……」ビクッ

伊58(お……おっきぃ……)

男3「どうでござる?拙者の大砲?なかなかでござろう?」パンパン

伊58「ん……あっ!……あんっ……!んぅっ!」

男2「……なんか悔しい」ズブッ

伊58「……!!!」

男「ほらゴーヤちゃん、咥えてー」

伊58「ん……じゅる……じゅる……」

男「あーいいよいいよー、メッチャ気持ちいい」

327 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 01:39:01.74 ID:SlHFYBp60


男「んっ……やべっ……」プルプル

男2「どうした?」ズッ ズッ

男「いやさ……気持ち良すぎて尿意が……」

伊58(……!?)

男2「そのまま出しちまえば?」

男「それもそうだね」ガシッ

伊58(……!!!!!!)

男「暴れるなって、すぐ終わるから」グッ

伊58(嫌!やめて!ゴーヤはトイレじゃない!)

男3「ゴーヤちゃん、気持ちいい?気持ちいい?」

男「っ……あー……でるでるー」ジョロジョロ

伊58(嫌!!!!!!嫌!!!!!いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!)

男「んー、めっちゃでるー、溜まってたんだなぁ俺」

男「っ……よーし全部出た!」スッキリ

男2「こいつはスッキリしてないみたいだけどな!ははっ!」

男「抜かずにイラマチオだー!」ズッ ズッ





328 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/01(水) 01:42:40.32 ID:SlHFYBp60


伊58(誰か……誰か助けて……)

342 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 21:39:31.15 ID:SlHFYBp60


男2「っ!はぁ!でる!」ビュルッ

男「俺もっ!」ドクドク

男3「ゴーヤちゃんかわいいよぉぉぉぉぉ」ペロペロ

伊58「……」ドロッ

男2「はぁ……はぁ……もう五回は連続で出してるな……」

男「おれちょっときゅうけーい」

男3「はぁぁぁぁ!ゴーヤちゃんのお口おいしいよぉぉぉぉぉ」ブチュブチュ

男2「あいつすげえな……よし!俺もまだまだやってやるぜ!」

男「がんばるねぇ……」

伊58「」ビクビク


345 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/01(水) 21:47:01.83 ID:SlHFYBp60



大和型の部屋

大和「ゴーヤちゃんがいない?」

武蔵「ああ、様子を見に行こうとゴーヤの部屋に行ったんだが……」

大和「食堂にいるとか……?」

武蔵「いや……食堂も見てきた」

大和「そんな……ゴーヤちゃんはいったいどこへ……」

武蔵「……」

大和「急いで探さないと!武蔵!手伝って!」

武蔵「……ああ」

347 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 21:55:36.82 ID:SlHFYBp60


大和「武蔵、手分けして探しましょう!」

武蔵「……」

大和「とりあえず私は提督のところに行ってくるわ!」ガチャ

武蔵「待て!大和!」

大和「ちょ……ちょっと……いきなり大声ださないでよ……」

武蔵「あ……ああ、すまない」

大和「どうしたの武蔵?なんだか様子がおかしいけど……」

武蔵「なんでもないんだ……提督のところには私が行く」

大和「そう?じゃあお願い、私は他の人たちから聞き込みをしてくるわ!」ガチャ

武蔵「……」


349 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/01(水) 22:01:46.46 ID:SlHFYBp60


武蔵(さっきゴーヤの部屋に行ったとき……わずかだが部屋が乱れていた……)

武蔵(体力的にも精神的にも弱っていたはずのゴーヤが部屋を荒らすはずがない)

武蔵(つまり誰かがゴーヤをさらったか、もしくはゴーヤ自身がにげたか)

武蔵(しかし弱っているゴーヤが一人で逃げられるだろうか?可能性は低い)

武蔵(ゴーヤも馬鹿ではないだろう、だとすれば……)

武蔵(誰かがゴーヤをさらったと考えるべきだ)

武蔵(……)

武蔵(やはり貴様なのか……提督……)


352 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/01(水) 22:07:01.46 ID:SlHFYBp60


執務室

提督「いやぁ……あいつの絶望した顔は最高だったぜ……」

提督「もうちょっとあいつで遊びたかったんだがな……さすがにもう限界だろ」

提督「ばれないうちに処理してしまったほうがいいからな、調子に乗ってゴーヤを痛めつけすぎた」

提督「次は誰をおもちゃにしてやろうか……今度は胸が大きいやつがいいかなぁ」

提督「大和なんかいいな、愛情を与えつつ心を汚していくなんて最高じゃね?」

提督「……なんだかわくわくしてきたぜ……さっさとゴーヤ解体しちまおーっと」

提督「めんどくせぇけど解体書類書かなきゃな……ったくあいつは最後までめんどくせえやつだぜ」


353 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 22:10:10.43 ID:SlHFYBp60


コンコン

武蔵「提督、いるか?」

提督(やべっ、この書類は見られるわけにはいかん)グシャ

武蔵「はいるぞ」ガチャ

提督「……武蔵か……なんのようだ」

武蔵「提督よ、ゴーヤが部屋にいないのだが、行き先を知らないか?」

提督「……ゴーヤには休暇を出した」

武蔵「……なんだと?」

提督「あいつはもう限界だ……俺はそんなあいつを休ませてやりたかった……それだけだ」

武蔵「……」

提督「俺もつらいよ武蔵……あいつと別れなければならないなんて……」ポロポロ

武蔵「……そうなのか……」

提督「大和にも悪いことをしてしまった……一言挨拶もせずに……」

武蔵「……」

提督「お前もありがとうな武蔵……ゴーヤのことをこんなに心配してくれて」

提督「今度ゴーヤに会いに行ってやってくれ……あいつも喜ぶだろう……」ポロポロ

武蔵「提督……」


357 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/01(水) 22:15:49.61 ID:SlHFYBp60



武蔵「あまりこの武蔵をなめないでもらおうか……」

360 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 22:20:08.58 ID:SlHFYBp60


提督「……なんだと?」

武蔵「今朝確認してきた……昨日の夜から今日の朝まで、外出したやつはいないようだ」

提督「……」

武蔵「それに、あの弱ったゴーヤが一人でどこかにいけると思うか?」

提督「……」

武蔵「なぜ嘘をついた?提督?まさかこの私をだませるとでも思っていたのか?」

提督(ちっ……こいつ大和と違って勘が鋭いな……)

武蔵「やはり貴様が犯人だったようだな、ゴーヤをどこにやった!」ダンッ

提督(どうする……どうする……なんとかこの場を切り抜けなくては……!)

提督「わかった……ゴーヤのところへつれていく……武蔵……こっちにこい……」

武蔵「わかった……」テクテク

提督「そこの本棚の端にスイッチがある、そこを押してくれ」

提督(後ろを向いた瞬間に後頭部をなぐってやる……!)

武蔵「……ここだな……」ポチッ

提督(いまだっ!)

ドガッ


363 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 22:31:00.76 ID:SlHFYBp60


武蔵「提督よ……私は言ったはずだぞ……?この武蔵をなめるなと……」ギリギリ

提督「ぐっ……!」

武蔵「不意打ちなら私に勝てるとでもおもったのか?考えがあまい……」

提督「くっ……はなせ……!」

武蔵「ふん……」スッ

提督「ぐっ……この野郎……俺に手をあげてただで済むと思ってるのか……!」

武蔵「覚悟の上さ……もうお前にかまっている時間はない、ゴーヤはこの下にいるんだな?」

提督「……ああそうだ」

武蔵「もうつまらん抵抗はするな、お前はもう終わりだ」

提督「くそ……」

367 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 22:40:44.70 ID:SlHFYBp60


地下

男2「っ……はぁ……はぁ……もうでねぇ」

男3「ゴーヤちゃんのおしりペロペロー!」

男「そろそろ潮時かな、あいつに連絡して解体してもらおうか」

男2「もったいねぇなぁ……もっと楽しめそうだぜコイツ」

男「まあまあ、またおこぼれにあずかればいいじゃない、俺は次の娘を壊すのがたのしみだよ」

男2「そうだな……それもいいか……」

男3「マグロのゴーヤちゃんもかわいいでござる!拙者のお家で飼いたいでござる!」

男2「バーカ、見つかったら死刑だぞ」

男3「むう」


370 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 22:46:27.11 ID:SlHFYBp60


ガチャ

男「お、提督、もうこいつ解体……」

武蔵「……」

男2「なんだあいつ?つぎのおもちゃか?」

男3「無抵抗なゴーヤちゃんに挿入でござるー!」ズブッ

武蔵「きさまら……何をしている……!」

提督「……」

男「ねえねえ提督?あいつなに?あたらしいおもちゃ?」

男3「はぁはぁ!ゴーヤちゃん!でるよぉぉぉぉぉ」ドプッ

伊58「」ピクピク

武蔵「……」テクテク

男3「ふぅぅぅぅぅ!もうでないでござるぅ」

武蔵「……」ガシッ

男3「はへ?」

武蔵「……」ゴキ!

男3「」

男2「お!おい!あいつ!まさか殺したんじゃ!」

男「……そうみたいだね、どういうこと?提督?」

提督「すまん……」


376 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 23:01:48.97 ID:SlHFYBp60


男「あやまられてもわからないよ、ちゃんと説明して?」

男2「おい!それよりあいつ助けねえと!」

男「……もうだめだよ……死んでる……」

男2「おい提督!なんとかしやがれ!」

武蔵「無駄だ」ガシッ

男2「なっ!」

武蔵「死ね」ゴキ!

男2「」

男「……これはこれは、ずいぶんと穏やかじゃないね……」ゴソゴソ

武蔵「お前はずいぶんと冷静なようだな……」

提督(今のうちににげるか……)

武蔵「提督よ、逃げたら殺す」

提督 ビクッ

男「友達を見捨てるなんてひどいねぇ、まあいいや、武蔵ちゃん?これを見て?」チャキ

武蔵「ほう……拳銃か……」

男「そうだよ?これが僕が冷静な理由さ」

385 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 23:09:11.12 ID:SlHFYBp60


武蔵「ふっ……これだから人間は……」

男「動くんじゃないよ、動くと撃つよ」

武蔵「ほう……?撃てるのか?お前に」

男「ああ、俺は今までに何人も殺してきた、いまさらお前を殺すことなどわけもない」

武蔵「……やってみろ」テクテク

男「……」ドンッ

武蔵「っ……!」テクテク

男「!効いてないのか!?」

男「くそっ」ドンッドンッ!

武蔵「っ……!っ」

武蔵「この武蔵をっ……舐めるな!」ガシッ

男「くそっ!なんで当たってるのに死なないんだ!」

武蔵「こんなもの、ゴーヤの受けた苦しみに比べれば大したことはない……」

武蔵「それに……この戦艦武蔵にそんなおもちゃが効くはずがないだろう……私を甘く見たのが、お前の敗因だ」

男「くそ!こんなところで!俺は死ぬのか!いやだ!死にたくない!」

男「助けてくれ!提督!お前ならなんとかできるだろ!?」

提督「……」

武蔵「……哀れだな……」

男「そうだ!俺は哀れな男だ!だからころさないd」ゴキ!

男「」

388 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 23:17:04.50 ID:SlHFYBp60


武蔵「……」

提督 ビクッ

武蔵「そこでおとなしくしていろ……」テクテク

武蔵「ゴーヤ……大丈夫か?」

伊58「あ……う……あ……武蔵……?」

武蔵「ああ、私だよゴーヤ、お前を助けにきた」

伊58「う……あ……ありがとう……」

武蔵「お前に害をなしていたものたちは皆殺した、あとは……あいつだけだ」

伊58「あいつ……?」

提督「……」

伊58「て……ていとく……」

武蔵「みていろゴーヤ、いまからお前の前で……すべてを終わらせてやる……」テクテク

提督「うああ……やめろ……くるなくるなくるな!!!!!!」

武蔵「地獄で後悔するんだな」ガシッ

392 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/01(水) 23:23:45.56 ID:SlHFYBp60


伊58「ま……まって……」


395 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 23:30:33.18 ID:SlHFYBp60



武蔵「……」スッ

提督 ガタガタ

武蔵「どうしたゴーヤ……?なぜとめる?」

伊58「ゴーヤね……提督に……聞きたいことがあるんでち……」ズリ ズリ

武蔵「おいゴーヤ!私が運んでやる!そんなみっともないまねはよせ!」

伊58「えへへ……足が震えてたてないんでち……ありがとう武蔵……」

武蔵「気にするな……」ダキッ

伊58「ありがとでち……」

提督 ガタガタ

伊58「ねえ……提督……?最後にゴーヤを抱いてくれた時……あの時の提督は……本当の提督?嘘の提督?」

提督(……こいつやっぱりばかだなぁ!!!でもこいつのおかげで助かるかもしれん!)

提督「ああ!あの時の俺は本当の俺だ!俺はお前が好きなんだ!ただあいつらに騙されてただけなんだ!信じてくれ!」ポロポロ

提督「ゴーヤ!愛してる!愛してるんだ!俺にはお前しかいない!さあ!一緒にここを出よう!」

武蔵「……」

伊58「提督……」ポロポロ

400 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/01(水) 23:36:46.53 ID:SlHFYBp60


伊58「やっぱり……嘘なんだね」

提督「え……?」

伊58「ゴーヤね、もうわかっちゃうんだ。もう全部わかっちゃった」

提督「そんなことはない!俺は本当にお前を愛して!」

伊58「もういいの、もういいの提督……もう……」

402 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 23:43:00.92 ID:SlHFYBp60


武蔵「もういいか?ゴーヤ」

提督「くそっ!やめろ武蔵!俺に手を出したらお前も無事じゃすまないぞ!」

武蔵「覚悟の上だといっただろう……さあ、お別れの時間だ」

伊58「ねえ……武蔵……」

武蔵「どうしたゴーヤ」

伊58「ゴーヤね、最初で最後のお願い、提督を殺すのはやめて」

武蔵「なぜだ!なぜこいつをかばう!?こいつは!お前を!」

伊58「もういいの、ゴーヤはもういいの」

武蔵「だがっ……!」

提督(なんだか知らんが助かりそう)

伊58「提督、ゴーヤ提督にもおねがいがあるんでち、きいてくれる?」

提督「なんだゴーヤ!なんでもいってくれ!」

武蔵「……」ギリッ

伊58「あのね……ゴーヤね……」

伊58「オリョール海にいきたいな」

407 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 00:07:00.58 ID:d34H7ciQ0



武蔵「何を言っているゴーヤ!お前はもう戦える体じゃ……!」

提督「わかった!すぐに手配する!」

提督(そのまま沈め)

武蔵「提督!貴様!」

提督「ん?ゴーヤとの約束守らなくていいの?」ボソッ

武蔵「っ……!貴様というやつはっ……!」ギリギリ

提督「あらら、手のひらから血が出てますよ?」ボソッ

武蔵「……!!!!!」ギリギリ

伊58「じゃあ提督……ゴーヤ行くね……」

提督「おう!がんばってこいよな!」

武蔵「まてゴーヤ!私もつれていけ!」

伊58「大丈夫だよ武蔵……昔からオリョクルはゴーヤ一人でやってたんだもん」

武蔵「なっ……!だが!」

伊58「ありがとう武蔵……でも本当に大丈夫、帰ってきたら大和にもあいたいでち、だからゴーヤは無事に戻るでち」

武蔵「くそっ!」

武蔵「かならず!かならず無事に帰ってくるんだぞ!大和も待ってる!」

伊58「うん……じゃあね……武蔵」



412 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 00:15:38.52 ID:d34H7ciQ0


伊58(ふふっ、こうして出撃するのもひさしぶりでち)

伊58(魚雷も持って……)ガクッ

伊58(あれ……?持てない……)

伊58(魚雷一本も持てないなんて、もうゴーヤは艦娘じゃないでちね)

伊58(でもいいや……もともと武装なんていらないんだから)

伊58(行こう……)


414 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/02(木) 00:20:30.67 ID:d34H7ciQ0


東部オリョール海

伊58(こうして潜ってると昔のことを思い出すなぁ……)

伊58(どうしてこんなことになっちゃったんだろう……)

伊58(きっとゴーヤは幸せになっちゃいけなかったんだ、ゴーヤが幸せになると……みんな不幸になっちゃうんだ)

伊58(だってゴーヤは兵器なんだもの……人間じゃないんだもの……)

伊58(こんなゴーヤが、浅ましくも提督に愛してもらおうなんて考えたのがいけなかったんだよね……)ポロポロ

伊58(最初から何も思わず……ただオリョクルだけしてればよかった……そうしたらこんなことにならずにすんだのに)ポロポロ

伊58(オリョクルつらいでち……なんて言ってた頃が幸せだったんだよね……)


417 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/02(木) 00:31:59.61 ID:d34H7ciQ0


伊58(ゴーヤは……なんで生まれてきたんだろう……)

伊58(ゴーヤは……なにかを残せたのかな)

伊58(ゴーヤは……ゴーヤは……)

伊58(ゴーヤは……)

418 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/02(木) 00:33:11.72 ID:d34H7ciQ0


チ級「……艦娘ノケハイ」

ト級「カンムスハシズメル……」

イ級「グガァ!グガァ!」

チ級「……行クヨ」


422 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/02(木) 00:35:17.32 ID:d34H7ciQ0


伊58「……敵艦隊発見でち」

伊58(もうお終いかぁ……)

伊58「ふふっ……ゴーヤはなにもしないでち……なんにもできない

425 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/02(木) 00:36:18.79 ID:d34H7ciQ0


チ級「相手ハヒトリ……イツモノアイツカ……」

チ級「フフ……今日コソハシズメル」

チ級「ミンナ……キアイイレテ……」

グガァ グギャァ

426 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/02(木) 00:39:57.06 ID:d34H7ciQ0



ドーン!ドーン!

チ級「ナゼアイツハ攻撃シテコナイ?」

チ級「オカシイ……ナニカタクランデイルノカ……?」

チ級「ミンナ!ハヤクシズメルヨ!」


428 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 00:48:41.73 ID:d34H7ciQ0



伊58「うっ……うくっ……痛いでちね……」小破

伊58「……」ポロポロ

伊58「ぐっ!ううっ!」中破

伊58「……も……もうすぐお終いでち」ブルブル

伊58「し……沈むっていうのは……やっぱりいやでちね……」ブルブル

伊58「ここで沈むって決意したのにっ……!やっぱりこわいでち……!」ガタガタ

伊58「あぐぁっ!あ……あ……あ……」大破

伊58 ガタガタガタガタ

伊58「や……やっぱり……沈みたくない……!ゴーヤは!ゴーヤは生きていたい!」

伊58「もう嫌でち!ゴーヤばっかり!ゴーヤばっかりぃっ」ボロボロ

伊58「か……帰るでち……大和と武蔵がまってるから……」

伊58「こんなゴーヤにも……!待っててくれるって言ったでち!」

伊58「帰ろう……!もう帰るでち!」






431 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 00:55:27.20 ID:d34H7ciQ0


チ級「オカシイ……コノママダトアイツホントウニシズンジャウ……」

チ級「アイツ……モウカエロウトシテル……」

チ級「イッタイナニシニキタンダ……」

チ級「ミンナ……攻撃ヲヤメテ」

ト級「ナンデ!カンムスハシズメナキャ!」

チ級「ゴメンミンナ……ジブンデモヨクワカラナイ……デモアイツガシズムノハイヤナンダ……」

ト級「シカタナイワネ……アトデオコラレテモシラナイヨ?」

チ級「ウン……」

432 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/02(木) 01:12:10.11 ID:d34H7ciQ0



イ級「グギャァ グギャァ」ドン

チ級「ナニシテルノ!」



434 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 01:13:02.83 ID:d34H7ciQ0


伊58「こ……攻撃が終わったでち……なんで……?」

伊58「で……でも!これで帰れるでち!」

伊58「も……もどったら武蔵にお礼と!大和にもお礼をいうでち!」

伊58「そうしたら!ゴーヤはどこか遠いところにいくでち!もう誰にも迷惑かけないように!」

伊58「帰ろう……!帰ろう……!」

グギャァ グギャァ ドン!

伊58「?」ゴガァン

伊58「……え?」

伊58「あれ……?おかしいな……体が……うかないでち……」

伊58「ゴーヤ……沈むの……こんなところで……?」

伊58「そっか……みんな……さよなら……」ブ

436 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/02(木) 01:20:00.91 ID:d34H7ciQ0


チ級「……」ザブッ

ト級「ドコイクノ!」

チ級「……イタ!」

伊58「……」ブクブク

チ級「!」ダキッ

チ級「プハァッ!」

ト級「チ級!アブナイデショ!」

チ級「ゴメン!デモコレミテ!」

ト級「コノクビスジノアザ……」

チ級「ワタシタチトオナジソンザイニナリカケテタミタイ」

チ級「コイツヲ……ワタシタチノナカマニシヨウ」


438 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/02(木) 01:23:20.81 ID:d34H7ciQ0


ゴーヤはまたいつか……皆さんに会える日を夢見て……深く潜る……の……

もうちょっと続くでち、武蔵がうずうずしてるでち

でも今日はねるでち

467 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/03(金) 22:02:59.46 ID:/x+JIohxO


伊58「……」

ト級「ホントウニヤルノネ?」

チ級「ウン……ウマクイクカナ?」

ト級「サア?ハジメテノコトダシ……」

チ級「タ級サンカラモラッタコノタネヲノマセレバイインダヨネ」

ト級「ウン、ケンコウナカンムスニハキカナイラシイケドネ」

チ級「タ級サンガイッテタ、このカンムスハイイグアイニニゴッテルッテ」

ト級「ドウシタンダロウネ……コノコハ……」


468 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 22:10:34.49 ID:/x+JIohxO

チ級「サア……コノタネヲノンデ」スッ

伊58「……」

ト級「ダメダネ……イシキガナイ」

チ級「……」パクッ

ト級「アナタガノンデモイミナイヨ……?」

チ級「……」チュ

伊58「……」

チ級(……ノンデ)レロッ

伊58「……」ゴクン

チ級「ヤッタ!」

469 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 22:11:54.16 ID:/x+JIohxO


伊58(あれ……ここは……?)

伊58(ゴーヤは沈んだはずでち……)

伊58(……!あれは深海棲艦!)

伊58(でも攻撃してこない……一体なんで……?)ドクン

伊58(っあ……なに……?今体の中で何かが……)ドクン ドクン

伊58(っくあ……気持ち悪い……胸が痛い……!)ポロポロ


470 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 22:16:30.86 ID:/x+JIohxO

チ級「ハジマッタヨ!」

ト級「ウン!ワタシコレミルノハジメテ!」

チ級「ガンバレ……ガンバレ……!」


471 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 22:17:19.47 ID:/x+JIohxO

伊58「いぎぁぁぁぁぁぁぁ!」

伊58(痛い!苦しい!助けて!)

伊58「あぐっ……がぁぁぁぁぁ!」

チ級「ガンバッテ!」ギュッ

伊58(触るな……触るなぁ!)

伊58「ぎぃぃぃぃぃ!うぐぁぁぁぁ!」

ト級「モウチョットダヨ!」ギュッ

伊58「ぎあぁぁぁぁぁ!ああああああ!」

伊58(痛いよぉ!武蔵!助けてよぉ!)


472 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 22:20:34.76 ID:/x+JIohxO

チ級「ネエ!スゴイツラソウダヨ!イツオワルノ!」

ト級「……タ級サンガイッテタデショ……」

ト級「カンムスノトキノオモイデガウラミニカワルマデジカンガカカルッテ」

チ級「デモ!デモ!」ポロポロ

ト級「アンタガナイテドウスルノ……」

473 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 22:24:46.70 ID:/x+JIohxO


伊58「ぐぅぅぅぅ……うがあああああ」

伊58(武蔵ぃ!武蔵ぃ!)

伊58「あがあああああ!ぎゃあああああ!」

伊58(助けて武蔵ぃ……!)


474 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 22:28:24.58 ID:/x+JIohxO

督(よぉゴーヤ)

伊58(て……提督?)

提督(お前は本当に馬鹿だよなぁ、おかげで俺も楽しめたぜ)

伊58(……)

提督(俺がお前に優しくしたのはな?お前の絶望した顔が見たかったからた……)

伊58(ああ……幻聴でちね……)

提督(どうだ?幸せの絶頂から叩き落とされた気分は)

伊58(っく……)ポロポロ

男(よおゴーヤちゃん)

男(提督はな?お前の事なんかなんとも思っちゃいないんだよ)

伊58(っく……うぅぅ……)ポロポロ

男(お前は、ただの、ストレス発散の道具だ……)

伊58(くぅ……うぁぁぁ……)ポロポロ


475 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 22:34:43.44 ID:/x+JIohxO


チ級「ナイテル……カナシソウ」

ト級「ヨッポトツライオモイシテキタンダネ……」

チ級「ワタシタチナンカゼンブワスレチャッタモンネ」

ト級「ウン、ソウダネ」

チ級「ソレモサビシイコトナノカナ?」

ト級「サア……」

477 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 22:39:09.51 ID:/x+JIohxO

伊58「があああああああ!」

伊58(ゴーヤは……ゴーヤは……)

伊58「ぎやぁぁぁぁぁぁ!」

伊58「うぐぅぅぅぅぅ!」

伊58(ゴーヤはいらない子じゃないって……一度でも提督にいって欲しかった!)ポロポロ

伊58(もうそれだけでよかったのに!)

伊58「ぐああああああ!ああっ!ぐがぁ!」

伊58(それなのに提督は嘘ばっかりついた!ゴーヤはあんなにがんばったのに!)

伊58(復讐してやる……!深海に引き摺り込んでやる!)

伊58(もがいても!苦しんでも!絶対にはなさない!もう騙されない!

伊58「がああああああああ!うあああああ!」
ビキビキ

伊58(そうしたら……暗い暗い深海の底で……ずっと二人きりだね……)

479 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 22:42:20.47 ID:/x+JIohxO


伊58(首筋から……真っ黒いものが伸びてくる……)ビキビキ

伊58(もう艦娘としてのゴーヤは終わり……)

伊58(元々沈む気で来たんだもの……ゴーヤ
もういいや……)

伊58(ごめんね武蔵……約束守れなくて……)

伊58(ごめんね……)ビキビキ……

伊58「」ピキッ……


480 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 22:44:14.88 ID:/x+JIohxO

タ級「チーッス、ドウナッタ?」

チ級「タ級ネエサン!ソレガ……」

ト級「ウゴカナクナッチャッタ……」

タ級「ミッカクライホウチシタラワタシタチミタイニナッテルカラアンシンシテ」

チ級「ソウナンダ……」

481 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 22:47:46.83 ID:/x+JIohxO

三日後

チ級「タ級ネエサン!」

タ級「ドシター」

ト級「キテ!タイヘンナコトニ!」

タ級「ナンダナンダ」

チ級「ミテ!コンナコトニ!」

タ級「ホウ……コレハナカナカ……」


482 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 22:48:45.29 ID:/x+JIohxO



潜水ソ級 flagship「……」



484 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 22:54:36.73 ID:/x+JIohxO

ソ級「……」

チ級「ヨ……ヨロシクネ」

タ級「ホントニスゴクナッタナァ……ビックリダワ」

ト級「イキナリワタシタチヨリツヨクナッチャウナンテ……」

ソ級「……」ザブッ

チ級「アッ……チョットドコイクノ!」


485 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 22:55:25.94 ID:/x+JIohxO


鎮守府正面海域

ソ級「テイトクハ!テイトクハドコ!」

ソ級「シズメル……!シズメル……!」


487 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 23:02:53.58 ID:/x+JIohxO

ソ級「アレハ……艦娘……」

ソ級「ギョライハッシャ……」ドンッ

雷「な……なんでこんなところに潜水艦が……
!?きゃあっ!」大破

電「わからないのです!とにかく帰投しましょう!」

ソ級「ニガサナイ……」

電「司令官さん!正面海域に潜水艦が!しかもフラッグシップなのです!」

提督「なんだと!?」

電「雷が大破したのです!帰投するのです!」

提督「許可する、はやく戻ってこい!怪我しないうちにな!」

提督「お前達はうちの大事な艦娘だ!沈むことは許さんぞ!」

電「司令官さん……」

雷「うう……」

488 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 23:08:44.22 ID:/x+JIohxO


大和「正面海域に潜水艦が!?」

提督「ああ……電達には急いで帰投するように言ってある」

大和「っ……!」ダッ

提督「まて大和!お前が行っても意味がない!大和!」

489 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 23:09:22.50 ID:/x+JIohxO

正面海域

大和「雷ちゃん!電ちゃん!」

電「大和さん!?なんでここに!?」

大和「心配になって……潜水艦は!?」

電「見失ったのです……」

大和「っ……!」


490 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 23:10:06.83 ID:/x+JIohxO


ソ級「艦娘ガフエタ……」

ソ級「マアイイ……ミンナシズメル……」

ソ級「……アノ艦娘ハ……?」

ソ級「……ア……ノ……艦娘……ミオボエガアル……」

ソ級「…………大和……?」

ソ級「…………」ザブッ


491 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 23:10:37.75 ID:/x+JIohxO

電「いそいで帰るのです!」

大和「ええ!早く帰りましょう!」


492 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 23:11:32.05 ID:/x+JIohxO

短いでちけど終わりでち

次回武蔵大活躍でち

493 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/03(金) 23:13:52.65 ID:/x+JIohxO

あっ、オリョクルはほどほどにね

520 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/04(土) 23:04:34.63 ID:tm+9UddT0

提督「なるほど……分かった……」

大和「まさかこんな近くまで潜水艦が入り込んでいるなんて」

提督「ああ……早急に対処しなければ……」

提督(くそっ!ゴーヤの問題が解決したと思ったら!)

提督(武蔵も早急に始末しないといけないってのに!ったくめんどくせぇ!)

大和「提督?いかがされました?」

提督(くそっ!)


521 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/04(土) 23:06:29.98 ID:tm+9UddT0

大和型の部屋

武蔵「……」

武蔵(ゴーヤは帰ってこなかった……)

武蔵(あのあと提督は……全艦娘に、ゴーヤには休養をとらせた……と触れ回った)

武蔵(提督の言葉を……誰一人として疑わなかった……)

武蔵(たとえ私が真実を話したとしても……誰も私を信じないだろう……)

武蔵(それが大和でも……)

武蔵(一番新参の私と……皆から信頼を得ている提督……どちらを信じるかは火を見るよりも明らかだ……)

武蔵(私は……どうすればいいのだ……)

522 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/04(土) 23:08:19.89 ID:tm+9UddT0

食堂

武蔵(……)

間宮「どうしたの武蔵?ご注文は?」

武蔵「なあ……間宮……ゴーヤについてどう思う?」

間宮「ゴーヤちゃん?はやく休養から帰ってくるといいわね〜」

間宮「あの子いつもカレーうどんばっかり食べてたのよ、帰ってきたら間宮特製のランチを食べさせてあげようかと思って……栄養かたよっちゃうからね」

武蔵「そうか……私にもカレーうどんをたのむ」

間宮「あらあら、ゴーヤちゃんに影響されたのかしら?ちょっとまっててね〜」

武蔵(……)

523 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/04(土) 23:10:18.37 ID:tm+9UddT0

武蔵(……)ズルズル

武蔵(……)モグモグ

北上「あれ?武蔵じゃん?一人?」

武蔵「北上か……」

北上「カレーうどん食べてるの?そういえばゴーヤも好きだったよね〜」

武蔵「なあ北上?ゴーヤについてどう思う?」

北上「ゴーヤ?うーん……よく提督にじゃれついてたよね、あとよく怪我してたかなぁ」

武蔵「怪我か……」

北上「うん、でも本人は階段で転んだ〜とかよくいってたね、結構ドジなのかなぁ?」

武蔵(……)

大井「北上さーん!早くー!」

北上「おっとっと……大井っちがよんでる、じゃね武蔵〜」フリフリ

武蔵「……」フリフリ

524 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/04(土) 23:11:40.38 ID:tm+9UddT0

武蔵(……)モグモグ

鈴谷「武蔵〜、ちーっす」

武蔵「……鈴谷か」

鈴谷「どったの〜?一人?」

武蔵「ああ……たまにはな」

鈴谷「めっずらし〜、いつもは大和と食べてるのに」

武蔵「……なあ鈴谷」

鈴谷「なに〜?」

武蔵「提督がゴーヤを殺したといったら……信じるか?」

鈴谷「……」

525 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/04(土) 23:16:02.56 ID:tm+9UddT0

鈴谷「あのさ……くだらないこというのやめてくんない?」

武蔵「……」

鈴谷「あの優しい提督がそんなことするはずないじゃん」

鈴谷「そもそもゴーヤは休養に行ったんだよ?いきなりなに言い出すのさ」

鈴谷「……次提督の悪口言ったら……鈴谷許さないからね」

武蔵「すまない……」

鈴谷「……武蔵疲れてるんじゃない?」

武蔵「……」ガタッ

鈴谷「あっ!ちょっと!」


527 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/04(土) 23:19:53.41 ID:tm+9UddT0

武蔵「……」テクテク

島風「廊下走るの気持ちいい〜!はっやーい!」

天津風「はぁ……はぁ……ちょっとまちなさいよ……島風……」

武蔵「……」テクテク

天津風「あっ、武蔵、こんにちは」

武蔵「ああ……こんにちは」

武蔵「……天津風よ」

天津風「何?」

武蔵「提督の事……信頼しているか?」

天津風「あったり前よ、みんなに優しくて、おまけにかっこいいんだもの、狙ってる娘も多いのよ?」

武蔵「そうなのか……」

天津風「あれ?まさか武蔵もあの人の事がすきなの?」

武蔵「っ……!」ダンッ

天津風「きゃあっ!何よ!そんなに照れなくてもいいじゃない!」

島風「天津風〜!おっそーい!」

天津風「あっ、ごめん島風!武蔵、狙うなら早めにアタックかけなさいよ!じゃあね」ピュー

武蔵「……」ギリギリ


530 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/04(土) 23:31:12.70 ID:tm+9UddT0

大和型の部屋

武蔵(……)

大和「ただいまぁ……はー疲れた」

大和「あれ?武蔵?どうしたの?顔が暗いけど……」

武蔵「……」

武蔵「何でもないんだ……」

大和「もしかしてゴーヤちゃんの事?確かに寂しいわね……でもあの子はゆっくり休まないと……」

武蔵「……」ギリギリ

大和「ど……どうしたの武蔵……」

武蔵「大和……ゴーヤは……ゴーヤは……」

大和「なに?どうしたの?」

武蔵「……何でもない」

大和「?」


531 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/04(土) 23:32:29.24 ID:tm+9UddT0

武蔵(皆提督の言葉を信じてゴーヤが休養にいったと信じている……)

武蔵(ゴーヤの真実を知っているのは私と提督だけだ……)

武蔵(これでいいのか……?武蔵……ゴーヤの無念を晴らすべきじゃないのか……?)

武蔵(しかし……ゴーヤとの約束がある……提督を[ピーーー]なと……)

武蔵(……誇り高きこの武蔵が……約束を破るわけにはいかん……だが……)

武蔵(これではあまりにもゴーヤがうかばれなさすぎる……)

武蔵(……私は……どうすれば……)

532 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/04(土) 23:33:26.55 ID:tm+9UddT0

武蔵(皆提督の言葉を信じてゴーヤが休養にいったと信じている……)

武蔵(ゴーヤの真実を知っているのは私と提督だけだ……)

武蔵(これでいいのか……?武蔵……ゴーヤの無念を晴らすべきじゃないのか……?)

武蔵(しかし……ゴーヤとの約束がある……提督を殺すなと……)

武蔵(……誇り高きこの武蔵が……約束を破るわけにはいかん……だが……)

武蔵(これではあまりにもゴーヤが浮かばれなさすぎる……)

武蔵(……私は……どうすれば……)

533 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/04(土) 23:35:14.42 ID:tm+9UddT0

武蔵(……)

大和「武蔵!武蔵!」

武蔵「な……なんだ大和」

大和「どうしたのさっきから……様子が変よ?」

武蔵「……」

武蔵「なあ……大和……」

大和「何?」

武蔵「今から私が言うことを……ちゃんと聞いてくれ……そして……信じてほしい」

大和「なによあらたまって……いいわ、話して見なさい」

武蔵「ああ……これから話す……」

武蔵「ゴーヤの真実を……」

534 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/04(土) 23:44:50.75 ID:tm+9UddT0

武蔵「……以上だ」

大和「……」

武蔵「大和……信じてくれ……私は嘘を付かない」

大和「……」

武蔵「私は……私は……ゴーヤの仇をとりたいんだ……提督を殺したい……!協力してくれ大和……!」

536 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 00:07:27.30 ID:0Ph4hT4N0

大和「いい加減にしなさい!」パチン

武蔵「……え?」

大和「あなたはまたそんな事を言って!あなたは提督が嫌いなの!?」

武蔵「……」

大和「提督はゴーヤちゃんを思って涙を流してたわ!それにいつもゴーヤちゃんの心配をしてた!」

大和「あなたに提督の何がわかるの!?あの人の苦しみがわかるの!?」

武蔵「や……大和……!」

大和「あの人のことをよく知らないくせに!勝手なこといわないで!あの人は本当に優しい人なの!」

武蔵「……」ポロ

大和「もう私の前であの人の悪口言わないで!何も知らないくせに勝手なこといわないで!」

武蔵「……」ポロポロ

大和「む……武蔵……言い過ぎたわ……ごめんなさい……」

武蔵「やはり……信じてくれないんだな……」ポロポロ

大和「武蔵……あなた疲れてるのよ……夢でもみたんじゃないの?」

武蔵「……」ガチャ

大和「あっ……武蔵……」

大和「武蔵が泣くなんて……まさか本当に……?」

541 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 00:17:07.12 ID:0Ph4hT4N0

武蔵(っく……この武蔵ともあろうものが……泣いてしまうとは)ゴシゴシ

武蔵(やはり誰も信じてくれない……)

武蔵(もう……いいや……)

武蔵(私一人で提督を殺してやる……)

武蔵(ゴーヤ……すまない約束を破ることになりそうだ)

武蔵(決行は夜にしよう……今夜だ……他の艦娘に邪魔されないように……)

武蔵(大和くらいには……信じて欲しかったものだな……)


544 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/05(日) 00:23:19.73 ID:0Ph4hT4N0

執務室

提督「っあー!めんどくせぇ!なんでよりによって潜水ソ級がくるんだ!」

ガチャ

大和「提督……ちょっとよろしいですか……」

提督「なんだ大和?用なら手短にな」

大和「提督……武蔵が気になることを言っていたんです」

提督「っ!武蔵が!?」

大和「はい……」

提督「いったいなんて言ってたんだ!?」

大和「それが……」


545 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 00:24:13.63 ID:0Ph4hT4N0


提督「……それで大和はその話を信じたのか……?」

大和「いえ……提督がそんなことをするはずがないとは思っていますが……」

提督「ありがとう……大和……」ギュッ

大和「あっ……提督……」

提督「きっと武蔵は疲れているんだよ……休みをとらせようか……?」

大和「提督……やはり提督はお優しいんですね……いつでも私たちのことを考えてくれて……」

提督「ああ……俺にとって君たちは大事な人たちだ……兵器なんかじゃない、人間として愛している」

大和「提督……」

提督「世の中にはブラック鎮守府と言って……艦娘に休みも与えずに酷使し……壊してしまう鎮守府もあるらしい」

大和「そんな……可哀想に……」

提督「俺はそんなことはしない!皆を無事に!最後まで誰も沈めずにこの戦いを終わらせるつもりだ!」

大和「提督……」


548 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 00:32:42.24 ID:0Ph4hT4N0

提督「君にはこんな俺を支えてほしい……未熟者の俺が皆を守るには……力が足りないんだ……」

大和「提督……」

提督「大和……君には苦労をかけるかもしれない……だが決して不幸にはさせない!これからもこんな俺を……よろしく頼む……」

大和「はい……!提督!不肖この大和!全力であなたをサポートさせてください!」

提督「ありがとう……大和」チュ

大和「っ……提督ったら」///

提督(はい大和落ちました〜)

553 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/05(日) 00:43:59.68 ID:0Ph4hT4N0

提督「大和……」チュ

大和「だ!だめです!こんな昼間から……んぅぅ」

提督「昼間じゃなかったらいいのか?」チュ

大和「んぅ……んはぁ……そ……そういうわけでは……」

提督「ふふ……大和は可愛いなぁ」レロ

大和(っ!舌が入ってくるぅ……)///

提督「大和……愛してる……」

大和(……!!!)///

提督「好きだ……大和」チュッ クチュッ

大和「ふぁぁ……提督ぅ……」トロン

提督(大和ちょろっ!このままいただいちまうか!へへへ……)


557 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/05(日) 00:52:38.91 ID:0Ph4hT4N0

コンコン

提督さーん?報告っぽい

大和「はっ!」

提督「うおっ!」

ガチャ

夕立「提督さーん?」

大和「///」

夕立「なにしてるの?新しい遊びっぽい?」

提督「今度お前にも教えてやるよ」

夕立「本当!嬉しいっぽい!」

大和「て〜い〜と〜く〜?」

提督「すまん嘘!」

558 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 00:54:02.99 ID:0Ph4hT4N0

夕立「報告終わったっぽい!時雨とあそんでくる!」バタン

大和「元気ですね……あの子は……」

提督「ああ……ところでさっきの続きは……」

大和「っ///知りませんっ!」

提督「無念……」

提督(チッ!夕立の野郎……こんどぶち犯してやる!)

大和「じ……じゃあ大和はこれで失礼します!」

提督「おう、またな」

大和「はい」///

562 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 01:04:17.28 ID:0Ph4hT4N0


提督(しかし武蔵が俺をなぁ……)

提督(ゴーヤも戻ってこない今……いつ襲ってくるか不安だったが……)

提督(大和に話したところからみて、今日俺を殺すつもりなんだろう)

提督(武蔵は頭がいい……大和に話せば俺に伝わると考えているはずだ)

提督(となると襲撃は早いうちにやろうとするはず……俺に伝われば自分の身が危ないからな)

提督(つまり今日……襲ってくる可能性が高い)

提督(残念だったなぁ武蔵……せめて大和を味方につけようと考えていたようだが……無駄なことだ)

提督(大和に話したのが運の尽きだ……考えが甘い……)

提督(こちらには切り札がある……一度しか使えないが……お前を簡単に排除できる切り札がな……)

提督「……」プルルルル

564 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/05(日) 01:06:42.99 ID:0Ph4hT4N0

今日はおしまいでち
武蔵大活躍だったでちね
ダラダラやってもしょうがないのでもうちょっとしたら完結するでち

ねるでち

570 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/05(日) 01:13:07.35 ID:0Ph4hT4N0

あっ、あとオリョクルは潜水艦のためにもやめようね

620 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 22:10:40.27 ID:xeW6Fgvi0


武蔵(今夜……私は提督を殺す……)

武蔵(ゴーヤの仇をとるんだ……)

武蔵(ゴーヤとの約束は……守れなくなってしまったな……)

武蔵(しかし……私はあいつが許せない……すまないゴーヤ)


621 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 22:12:42.74 ID:xeW6Fgvi0


大和型の部屋

ガチャ

武蔵「……ただいま」

大和「……お帰り」

大和「ね……ねえ武蔵?」

武蔵「大和、お前に言いたいことがある」

大和「……また提督の話?」

武蔵「……いや、ちがう」

大和「そう、それで何かしら?」


622 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 22:17:56.08 ID:xeW6Fgvi0


武蔵「私はお前にいろいろ迷惑をかけた……すまない」

大和「迷惑なんて……」

武蔵「なあ大和……私はお前が好きだ」

大和「ちょ……ちょっとどうしたの今日は」///

武蔵「同じ大和型戦艦として……姉として……私はお前を尊敬している」

大和「……」///


623 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 22:18:46.05 ID:xeW6Fgvi0


武蔵「私はな大和……不安なんだ……」

大和「不安……?」

武蔵「覚悟はしていてもな……やはり不安なんだ……」

大和「意味が分からないわ……なんのこと?」

武蔵「なあ……大和?もし私がいなくなったら……泣いてくれるか……?」

大和「っ!あたりまえじゃない!あなたは大事な大事な妹なんだから……!」ギュッ

武蔵「あっ……」

武蔵「そうか……ありがとう大和……ありがとう……」

大和「あなた……何か危ないことをする気なの……?」

武蔵「いや……聞いてみたかっただけだ、ありがとう大和……」

大和「……」ギュッ


624 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 22:19:36.01 ID:xeW6Fgvi0


深夜

武蔵「……時間だな」

大和 スー スー

武蔵「大和……すまないな……私は先に逝くかもしれん」ナデナデ

大和「う……ううん……提督……」

武蔵「……」

武蔵「はは……大和、さよならだ……」ナデナデ

武蔵「私がいなくなっても……元気でな……」

大和 スー スー

ガチャ


625 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 22:20:31.82 ID:xeW6Fgvi0


武蔵(おそらく……提督を殺すこと自体はうまくいくだろう……)

武蔵(問題はそのあと……)

武蔵(私は提督殺しの犯人として解体……もしくは……処刑かな……?)

武蔵(この武蔵……逃げも隠れもしない!提督さえ殺せばあとはどうなっても構わない!)

武蔵(だけど……やっぱり死ぬのは嫌だな……ゴーヤはこんな気持ちだったのだろうか……)

武蔵(今となってはわからないな……はは……)

武蔵(やつはおそらく司令室にいるはず……根拠はないが……私の直感だ)

武蔵(首を洗って待っていろよ……)


627 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 22:26:57.74 ID:xeW6Fgvi0


司令室前

武蔵(中から光が漏れている……やはりここにいたようだな……)

コンコン

提督「誰だ、こんな夜中に」

武蔵「提督、私だ、武蔵だ、入るぞ」

提督「ああ」

武蔵「失礼する」


628 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 22:31:05.75 ID:xeW6Fgvi0


提督「それで……こんな夜中に何の用だ?」

武蔵「提督よ……私はお前が許せない」テクテク

提督「ほう?俺がいったい何をしたと?」

武蔵「しらばっくれるな!」ダンッ

提督「おお……怖い怖い、それで?お前は何しに来た?」

武蔵「決まっているだろう!お前を!殺しに来たんだ!」

提督「もう一回言ってみて?もっと大きな声でさ」

武蔵「ふざけているのか!!!私はお前を殺す!そう言ったんだ!」


630 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 22:34:46.26 ID:xeW6Fgvi0


提督「俺を殺しにねぇ……ということは反逆するってことだな?」

武蔵「ああそうだ!覚悟しろ!提督!」ガタッ

提督「……」スッ

ドタドタドタドタ

武蔵「な……なんだ……?」

憲兵「戦艦武蔵!反逆罪で捕縛させてもらう!」ガシッ

武蔵「な!なんだ貴様ら!貴様らに用はない!離せ!」

憲兵2「みんな!しっかりおさえてろ!」ガシッ

武蔵「くっ!お前達ごときで私を止められるか!」ブンッ

憲兵2「うわぁぁぁぁぁぁ」

憲兵3「はやく!あれをつかえ!」ガシッ

憲兵4「ああ!ちゃんとおさえてろよ!」

武蔵「離せ!私はあいつを!」

憲兵5「おとなしくしろ!おいまだか!」ガシッ

憲兵4「いまいく!」

武蔵「離せ!離せ!」ブンッ

憲兵4「今だっ!」チクッ

武蔵「くっ!これは……注射……器……か……」ガクッ

憲兵「戦艦武蔵!確保!」

632 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 22:40:39.78 ID:xeW6Fgvi0


ガチャ

元帥「……おどろいた……まさか君の言う通りに武蔵が反逆するとは……」

提督「元帥殿……ありがとうございました……」

元帥「いやいや、君のためだ、これくらい何でもない」

提督「秘書が教えてくれなければ……私はここで死んでいたでしょう……」

元帥「君の秘書は……たしか大和だったか」

提督「はい、大和から、武蔵が不穏な動きをしていると聞き、元帥殿に知恵をお貸ししただこうと」

元帥「いきなり電話があったと思ったら……武蔵に殺されそうだなんていうものだからな、びっくりしてしまったよ」

元帥「しかし君は嘘をつくような人間ではない、立派な人間だ、私はいつも君を信頼している」

提督「ありがとうございます……元帥殿……」ポロポロ

元帥「今回のことは機密に処理する、君に責任は全くないんだ、気を落とすんじゃないぞ」ポンポン

提督「ありがとうございます……」ポロポロ

元帥「こんど一緒に酒でも飲もう、もちろんわたしのおごりだ」

提督「はい……その時は是非……」

元帥「ではわたしは帰らせてもらうよ、元気でな」ガチャ


635 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 22:42:53.22 ID:xeW6Fgvi0


提督(……)

提督(……)

提督(完・全・勝・利)

提督(いやー!自分の才能怖いわー!あの武蔵があっけなくやられちまうなんてな!)

提督(武蔵なんてたいしたことなかったな!ゴーヤより楽に始末できたぜ!)

提督(もう俺に怖いものは一つもない!あとは大和としっぽり楽しむだけだ!やっほー!)

提督(明日からが楽しみだぜ!はやくねるか!)


638 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 22:46:03.24 ID:xeW6Fgvi0


翌朝 司令室

大和「……そんな……武蔵が……」

提督「ああ……俺もびっくりしたよ……いったいどうしたんだ……」

大和「そ!それよりも提督!武蔵は!武蔵はどうなるんですか!?」

提督「心配いらないよ、ただしばらくは会えないかもしれないけどな……」

提督(ほんとは武蔵解体しちゃうらしいけどね!)

大和「そう……ですか……」

提督「大和……つらいだろうが……」

大和「武蔵……最近様子がおかしかったんです……」

提督「ああ……本営によると精神的な病気だったらしい、それで俺を敵とみなしていたようだ……」

大和「そんな……」


641 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 22:52:44.49 ID:xeW6Fgvi0


提督「大和、すまない……俺がふがいないばっかりに……あいつを助けられなくて……」ポロポロ

大和「いえ……ご自分を責めないでください……」

提督「お前の大事な妹をこんな目に合わせてすまないとおもっている……」

大和「提督……」ポロポロ

提督「俺さ、つらいよ大和……」

大和「提督……私がついています……どうか元気を出して?」ギュッ

提督「大和……」チュ

大和「んっ……ふっ」

提督「好きだ……愛してるよ大和……」クチュッ

大和「んうっ……」///

提督「大和……さわってもいいか?」

大和「そ……それは……そのぅ……」///

643 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 22:54:16.36 ID:xeW6Fgvi0


コンコン

大和「ひゃっ!」

提督「チッ」

提督さん提督さん!用事があるっぽい!

提督「入れ……」

ガチャ

夕立「やっほー提督さん!」

夕立「ってあれ?またくっついてる!夕立もまざるっぽい!」ピョン

提督(くそが!こいつまた邪魔しやがって!)

大和「むう……」

夕立「遊んで遊んでー!夕立とも遊んでー!」

提督「わかったわかったから……とりあえず夕立、外行くぞ」

夕立「わーい!提督さんと遊ぶっぽい!」

提督(コイツもう犯して解体してやろうか……邪魔だしな……)

大和「あっ提督……」

提督「ちょっとまっててくれ大和、すぐ戻る」

夕立「わーい!わーい!」キャッキャッ


648 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 22:59:53.34 ID:xeW6Fgvi0


大和「……」

大和「はぁ……提督……」///

大和「……」ポーッ

大和「はっ!」ブンブン

大和「///」ポーッ

大和「提督とのキス……」///

大和「もし夕立ちゃんがこなかったら」///

大和「……キャー!キャー!」テレテレ


653 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 23:04:14.41 ID:xeW6Fgvi0


大和「こほんっ……ちょっとはしゃぎすぎちゃったわ……」

大和「武蔵……大丈夫かしら……病気だったなんて……」

大和「今度お見舞いに行ってあげましょう……寂しがるかもしれないし……」

大和「それにしても……この司令室……ちょっと汚れてるわね」

大和「提督が戻ってくる前にお掃除しておきましょう」

大和「そ……それで提督が戻ってきたら……」///

大和「うふふ」///


657 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 23:05:40.68 ID:xeW6Fgvi0


大和「この書類はここ……」

大和「あら?インクが切れかかってるわね……あとで買いに行ってこないと……」

大和「本棚の上も埃がたまってるわね……」パタパタ

大和「このファイルは机の一番下の引き出しに……」ガチャ

大和「あら?なにか高さがおかしい気がする……」

大和「下に何か挟まってるのかしら?」ガサゴソ

大和「ん……上げ底……?下に何かある……?」

大和「……これは……DVDかしら……?」

大和「も……もしかしてえっちなDVDだったり……」///

大和「こ……こんなものは不潔です!この大和が代わりに処分しておきます!」///

大和「……」

大和「……ちょっとだけなら見てもいいかしら……」

大和「こ!これはあくまでも提督の嗜好を知るためであって!やましいことはなにもありません!」///

大和「へ……部屋で見てみましょう……」///


661 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 23:11:26.19 ID:xeW6Fgvi0


大和の部屋

大和「ほ……本当に持ってきちゃった……」///

大和「ドキドキ」

大和「と……とりあえずDVDをセットして……」

大和「ドキドキ」カチッ

大和「……」

大和「えっ……これって……」


664 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 23:14:45.02 ID:xeW6Fgvi0


大和「え……これ……ゴーヤちゃん……?」

伊58「ふぐっ!」

男「お?艦娘でもちゃんと血は赤いんだね」

大和「な!なにしてるの!なんでゴーヤちゃんが!」

男「さらに馬乗りになってからの連続パンチだー!」

伊58「うぁっ……い……痛いよぉ……」

大和「なんで!なんで!ゴーヤちゃんのこんなビデオが司令室にあるの!?」

男「ありゃ?反法が薄いな?提督!バケツくれ!」

提督「ほらよ」

大和「え……提督……なんで……?」

男「さんくす♪」

男「ほらゴーヤちゃん、提督からの愛だよー?」

大和「……」ピッ

669 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 23:17:28.61 ID:xeW6Fgvi0


大和「なんでゴーヤちゃんが……それに提督……」

大和「あの男……提督っていってた……それに提督の声も聞こえた……」

大和「まさかこのビデオをとったのって……提督なの……?」

大和「じゃ!じゃあ!武蔵の言ってたことは全部本当だったの!?」

大和「そんな……!それじゃあ……私は今まで騙されてっ……!」

大和「……武蔵は気付いていたんだ……提督の嘘に……」

大和「わ!私!武蔵に謝らなくちゃ!」ガタッ

ヒラヒラ

大和「武蔵の机から何かが……これは……手紙……?」

672 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 23:19:16.43 ID:xeW6Fgvi0


大和「そんな……やっぱり……」

大和「武蔵の言ってることは本当だったんだ……それで武蔵は……」

大和「ゴーヤちゃんも……休養に行ったなんて提督のうそだったんだ……

大和「……」

大和「だとしたら武蔵は!無事なの!?」

大和「ほ!本営に電話して武蔵の無実を知らせなきゃ!このままじゃ武蔵が!」

大和「……」プルルルル カチャ

大和「や!大和です!元帥殿に取り次いでいただけませんか!」

679 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 23:26:17.39 ID:xeW6Fgvi0


大和「そ……そんな……それは本当ですか……?」

大和「えっ……本当なんですか……?武蔵は……武蔵は……」ガクッ

大和「はい……はい……」ポロポロ

大和「武蔵は……苦しんでましたか……?」

大和「っく……!う……うう……」ポロポロ

大和「うっ……ひぐっ……ぐすっ……」ポロポロ

大和「はい……はい……」ポロポロ

683 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 23:34:25.78 ID:xeW6Fgvi0


大和(……)

大和(……)

大和「あはは」

大和「あははははは」

大和「あははははははははははははははははははは!!!!!!!!」

大和「私!騙されてたんだ!あはははははは!」

大和「私がちゃんとしていれば!ゴーヤちゃんも武蔵も助けられたんだ!」

大和「だめだめだなぁ私!大事な妹も!大切な友達も!誰一人!何一つ!守れなかったんだ!」

大和「私が!武蔵を信じていたら!提督に武蔵のことを言わなかったら!」

大和「あはははははは!!!!!あーはっはっはっはっ!!!!!」

大和「……くぅっ……」ポロポロ

大和「ごめんね……ごめんね武蔵……ゴーヤちゃん……」

大和「全部私が悪いんだ……提督なんかを信じたから……」

大和「全部!全部あいつが悪かったんだ!そうだ!あいつが悪いんだ!」

大和「あははははははははははは!!!!!!!!!!!!!」


689 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 23:39:38.34 ID:xeW6Fgvi0


司令室

提督「ったく夕立のやつ……」

提督(流石に昼間っからぶち犯すわけにはいかんからな……ただでさえ武蔵、ゴーヤと続いてるんだ)

提督(あまり手を出しすぎるとまた勘のいい艦娘にかぎつけられちまうからな……特に夕立には時雨がついているし……)

提督(ただ時雨と夕立……二人とも落とせれば楽しめそうだよな……)

提督(大和の次はあいつらだ……ふふ……興奮してくるぜまったくよぉ……)


692 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 23:45:39.17 ID:xeW6Fgvi0


ガチャ

大和「……」

提督「おお大和か、さっきの続き……やらないか?」

大和「ええ……そうですね」

提督(ん?何か様子がおかしい?)

大和「提督……」ギュッ

提督(気のせいか……)

提督「大和」ギュッ


698 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 23:51:05.19 ID:xeW6Fgvi0


大和「提督?私は今まで馬鹿でした」

提督「大和?何を言ってるんだ?」

大和「ふふ……騙されて騙されて……また騙されて……」

大和「だまされてだまされてだまされてだまされてだまされてだまされて!」

提督「ど……どうしたんだ大和……」

大和「あははははははははははは!!!!!!!」 バキッ

提督「なっ……や……まと……」ガクッ

大和「あはははははははは!!!!!!!!!!!!!!!!!」

大和「あーっはっはっはっはっ!!!!!」


703 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 23:55:52.64 ID:xeW6Fgvi0


大和「次に目覚めた時が……あなたの最後ですよ……提督……」ピキピキピキピキ

大和「苛め抜いて苛め抜いて……最後には殺してあげます……」ピキピキピキピキ

大和「ふふふ……」ピキピキピキピキ

大和「あーはっはっはっはっ!!!!!!!!!!!!」ピキピキピキピキ


708 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/07(火) 23:58:30.02 ID:xeW6Fgvi0

というわけで今回はここまででち
この後提督生存ルートと死亡ルートがあるんでちがどっちがいいでち?
皆は提督好きでちよね?生かしておくべきでちか?

722 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 00:08:52.42 ID:wevacdSU0

両方書く……そういうのもあるのか……
気力が持てば両方書こうと思うでち
今回はとりあえず提督殺しとくでち
提督死亡ルートはみんなのアイドルゴーヤちゃんがでるでち



ねるでち

725 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 00:11:25.69 ID:wevacdSU0

あっ、あとオリョクルキスクルカレクルをする提督はここの提督と同じ存在になっちゃうでち
即刻やめないとオリョールキスカレーにソ級が出る呪いをかけるでち

759 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 22:57:12.45 ID:wevacdSU0


司令室地下

提督「くっ……うっ……ここは……?」

大和「あら♪起きました?提督?」

提督「や!大和!」ジャラジャラ

提督「!?なんだこれは!」

大和「何って……鎖ですよ……く・さ・り♪」

大和「どうですか?全裸で磔のかっこうにされて?鎖で手足を繋がれてる気分は?」

提督「わけがわからん!俺が何をしたっていうんだ!俺は何もしていない!」

大和「何もしていない……?嘘をつくのもいい加減にしてくださいよ?」

提督「本当だ……俺は何もしていない…!」

大和「提督のお部屋にあったあのビデオ……みちゃったんですよねぇ……」

提督「なっ……」

提督(しまった!あれを見られたのか!気を抜いていた……」


760 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 22:58:07.36 ID:wevacdSU0


大和「もう私はすべてを知ってしまったんですよ提督?武蔵が死んでしまったことも、ゴーヤちゃんがいないことも……」

提督「……」

大和「あ、もう変なことをいっても無駄ですよ提督?今日はあなたを殺すのが目的なので♪」

提督(まずいな……しかし大和ならなんとかだませるか……?)

大和「武蔵が死んじゃったのもゴーヤちゃんがいなくなっちゃったのも全部あなたのせいなんですよ提督」

大和「それにゴーヤちゃんにも随分酷いことをしていましたよね?」

大和「だから今日は提督を苦しめて苦しめて」

大和「苦しめて苦しめて苦しめて苦しめて苦しめて苦しめて苦しめて苦しめて」

大和「殺すことにしますね♪」

提督(やばい……コイツ目の焦点があってない……)


761 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 23:04:45.28 ID:wevacdSU0


大和「うふふ提督?何か言いたいことはありますか?」

提督「大和……こんなことはもうやめろ!全部お前の勘違いだ!」

大和「勘違い?勘違いですって!?この嘘つき!そうやっていつもいつも私をだましてたんだ!」

大和「もうあなたの言葉は何一つとして信じません、おとなしく殺されてくださいね?」

提督「くそっ!」

提督(これはまずい……打つ手が一つとしてないぞ……この俺ともあろうものが不覚を取ってしまった)

大和「じゃあ拷問を始めましょうか?覚悟してくださいね?」

提督(くそっ……)

762 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 23:09:30.65 ID:wevacdSU0


大和「提督?その鎖、痛いですか?」

提督「……」

大和「痛いですよね?だってきつぅーくしめたんですもの♪」

提督(どうする……どうする……)

大和「その体勢にしたのは理由があるんです、がっちがちにしめられた人間は、衝撃をにがしにくくなるんですよ?」

大和「つまりは……こういうことですっ……!」ドスッ

提督「……!!!!」

提督「う……ご……あ……」

大和「あらあら?一発でグロッキーですか?なさけないなぁ」

大和「まだまだいきますよー」ドゴッ

提督「が!あ!あ、あ、あ、」

提督「うぉえええええええええええ!!」ボタボタ

大和「まだ2発しか殴ってないのに……人間は貧弱ですね……」

提督(おまえらと一緒にするな!化け物が!)

763 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 23:14:17.99 ID:wevacdSU0


大和「どうですか?苦しいですか?」

提督「……」

大和「まだまだ続きますよ?ゴーヤちゃんの分も……武蔵の分も……」

提督「……」

大和「ねぇ?何とか言ったらどうなの?言葉しゃべれる?」ズイッ

提督「ぺっ」

大和「……」ベチャァ

大和「……」ドスッ ドスッ

提督「ぐぁ……うぐ……」

大和「次……反抗的な態度をとったら殺しますからね」

提督(くそ!誰か助けてくれ!)

764 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 23:19:46.50 ID:wevacdSU0


大和「提督を殴るのは楽しいですね!ストレス発散できますよ!」ドカッ

大和「まずはそのお顔をボコボコにしてあげますね?」

大和「ふふ……イケメンと言われていた提督の顔も……もうおしまいですね♪」バキッ

提督(くそっ!くそくそくそ!)

大和「ああ……うふふ……きもちいいわぁ……」ゾクゾク

大和「ほらぁ!もっと悲鳴をあげてよ!つまらないじゃない!」ドゴッ バキッ

提督「ぐ……うぐぁ……」

大和「♪」ゾクゾク

768 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 23:23:10.47 ID:wevacdSU0


大和「あははははは!!提督!殴られすぎて顔がパンパンですよ!」

大和「うわぁ……痛そうですね……」

大和「きゃははははは!!」

提督「……」

大和「うーん……殴るのにももう飽きてきましたね……」

大和「そろそろ鎖を外してあげましょうか」

提督(な……なんだと?)


771 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 23:29:05.43 ID:wevacdSU0


大和「あ、でも抵抗できないようにさせてもらいますね?」

大和「とりあえず両手両足の骨をバラバラにさせてください♪」

提督「や……やめろ大和……やめてくれ……」

大和「嫌です♪」

大和「この大和、人間の骨くらいなら握りつぶしてバラバラにすることなんか造作もないことなんです♪」スタスタ

提督「いやだ……やめてくれ……助けてくれ……」

大和「うふふ……じゃあ右腕からもらいますね?」スッ


773 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 23:35:23.53 ID:wevacdSU0


バキバキバキ

提督「うぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

大和「人間の骨をつぶすのってこんな感じなのね……」

大和「なんかあっけないわね……」

提督「がぁぁあぁああああぁあああああ!!!!」

大和「うるさいわね……まだ壊す箇所あるんだからこれくらいでへばってたらだめですよ提督?」

提督「がぁ!!!はぁ……はぁ……はぁ……」

大和「次は右ひじから先を壊しますね♪」スッ

提督「いやだぁ!!!!やめろ!!!!!やめろ!!!!」

大和「えいっ」バキバキバキ

提督「がぁぁあああああぁあああ!!!うぎゃぁぁぁぁぁ!!!」

大和「うふふ……」ゾクゾク


774 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 23:36:14.35 ID:wevacdSU0


大和「次は手首の骨ー♪」

大和「はい右足もー♪」

大和「あ?提督?叫びすぎてのどが痛いですか?のど飴どうぞ♪」

大和「続きましては左足ー♪」

大和「最後に残った左腕ー♪」

大和「あはははは、うふふ、うふふふふふふ」ゾクゾク


776 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 23:39:28.27 ID:wevacdSU0


提督「か……あ……はっ……はっ」

大和「全部砕きましたー、あー疲れた」

大和「じゃあ鎖をほどいてあげますね?」カチャカチャ

大和「はい!解けましたー!」カチャ

提督「っ……!!!!!」ドサッ

大和「あらあら……うつぶせに倒れちゃった……まあ実質ダルマみたいなものだししかたないですよね」

提督「うぎゃぁぁぁぁぁぁ!!!!」

大和「ダルマと違うのは四肢がまだ残っていることだけ……」

提督「がああああああああ!」

大和「骨がバラバラになっている状態で地面にたたきつけられたらさぞ痛いでしょうね……」

大和「とりあえず仰向けにしてあげますね?呼吸苦しいでしょう?」

提督「はぁ……はぁ……はぁ……」

大和「あっごめんなさい、うっかり右足踏んじゃいました」ドスッ

提督「あああああああああああああああああああああ!!!!!!」

大和「もう……うるさいなぁ……よいしょっと……」

大和「はい、仰向けになれましたね♪」


779 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 23:43:22.92 ID:wevacdSU0


提督「はっ……はっ……はっ……」

大和「どうですか提督?多分もう骨は治らないですよ?」

大和「生きて帰れたとしても一生介護される生活ですね♪」

大和「まあ生きて返すつもりなんかないんですけど」

提督「や……や……まと……」

大和「ん?なんですか提督?声が小さいですよ?」

提督「や……ま……と……」

大和「しょうがないですね」ズイッ

大和「ほら、喋ってください、この距離なら聞こえますから」


781 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 23:46:10.27 ID:wevacdSU0


提督「俺にこんなことをして……お前もただではすまされないぞ……」

大和「うふふ……いいんですよ?もうどうでもいいのそんなこと」

大和「私はあなたを殺せればそれでいい……それ以外は何も望まないの」

大和「だってもう全部なくなっちゃったんだもん、もう私のところには何も残ってないの」

大和「提督をころしたら解体されるか処分されるんでしょ?」

大和「それでも別にいいの、そうしたらまた武蔵に会えるもの

大和「だから提督は、最後に私のおもちゃになって死んでね」

提督「やまと……」

大和「だから聞こえないんですって……」ズイッ

大和「ほら、早くしゃべって?」

782 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 23:47:02.33 ID:wevacdSU0


提督「お前のことが好きだ……愛してる」



784 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 23:50:05.50 ID:wevacdSU0


大和「……」

提督「俺がすべて悪かった……元帥殿にはすべて事実を話す……」

提督「そうしたら大和……俺と結婚してくれ……一緒にこの鎮守府を立て直そう」

大和「……」

提督「大和……好きだ……この気持ちだけは本当なんだ……信じてくれ……」

大和「……」

提督「また……キスをしよう大和……二人でやり直そう」

大和「提督……」///


791 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 23:55:18.56 ID:wevacdSU0


大和「ほ……本当ですか?提督……」

提督「ああ……好きだ大和……」

大和「提督……申し訳ありません……この大和、少し錯乱していたみたいです……」

提督(あ……あぶねぇ……やっぱり大和はちょろいな……)

大和「提督」///

796 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/08(水) 23:57:58.92 ID:wevacdSU0


大和「馬鹿じゃないですか?」

提督「え……?」

大和「いまさらそんな言葉で気を引こうって言ったってそうはいきませんよ?」

大和「私、言いましたよね?あなたを殺せればそれでいいって」

大和「今のでこの大和、キレちゃいました、」バキッ

提督「うぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

提督(こいつ!折れた右足を踏みつけやがった!)

大和「もっともっと苦しめてあげます……覚悟してください?」

799 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 00:00:43.11 ID:lJPJvCLb0


大和「あら?提督?これはなんですか?」

提督「……」

大和「今も死にそうな事態だっていうのに……なんでそれを大きくしちゃってるんですか?」

提督「……」

大和「あははは!おっかしー!馬鹿みたい!男って本当にみっともない生き物ですね!」

大和「提督のは……皮をかぶっているんですね……うふふ、きもちわるーい」

大和「そんなにギンギンにおっきくなってるのに……まだ皮をかぶってるんですね……」

大和「可哀想な提督……この大和が剥いてあげます!」

大和「このハサミでね……」チャキッ

802 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 00:03:59.95 ID:lJPJvCLb0


提督「いやだ!それだけはやめてくれ!頼む!頼むから大和!」

大和「でも楽しそうですよ?」

提督「お願いだ!それだけはやめてくれ!」

大和「嫌ですよ……もう決めたんだもん……」スッ

提督「いやだ!いやだいやだいやだ!!!!!」

大和「はい、皮の上側のほうにハサミをいれてー」スッ

提督「やめろ!やめろぉぉぉぉぉぉお!!!!」

大和「はいパッツン」ジャキッ

提督「ああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!うわぁぁぁあああああああああああああああ!」

大和「ジョキジョキ♪」

提督「ぎぃぃぃぃぃぃああああああああああああああああああああああああああ!!!」

大和「カリ首のあたりまで切れましたよ?皮が切れて二股になってますね」

提督「あああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

大和「ここから先は私の手でこの皮をはがしていきますね!」

大和「そーれ♪」ミチミチ

提督「いやだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁもうやめろぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」

大和「楽しい♪」


805 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 00:07:41.99 ID:lJPJvCLb0


大和「立派に剥けましたね!えらいですよ提督!」

提督「う……あ……あ……」ピクピク

大和「ちょっと!反応しなさいよ」ゲシッ

提督「も……もう……殺してくれ……」

大和「嫌です」

提督「そんな……なんで……」

大和「だってまだ楽しんでないんですもの」

提督「う……ああ……」

799 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 00:00:43.11 ID:lJPJvCLb0


大和「あら?提督?これはなんですか?」

提督「……」

大和「今も死にそうな事態だっていうのに……なんでそれを大きくしちゃってるんですか?」

提督「……」

大和「あははは!おっかしー!馬鹿みたい!男って本当にみっともない生き物ですね!」

大和「提督のは……皮をかぶっているんですね……うふふ、きもちわるーい」

大和「そんなにギンギンにおっきくなってるのに……まだ皮をかぶってるんですね……」

大和「可哀想な提督……この大和が剥いてあげます!」

大和「このハサミでね……」チャキッ

802 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 00:03:59.95 ID:lJPJvCLb0


提督「いやだ!それだけはやめてくれ!頼む!頼むから大和!」

大和「でも楽しそうですよ?」

提督「お願いだ!それだけはやめてくれ!」

大和「嫌ですよ……もう決めたんだもん……」スッ

提督「いやだ!いやだいやだいやだ!!!!!」

大和「はい、皮の上側のほうにハサミをいれてー」スッ

提督「やめろ!やめろぉぉぉぉぉぉお!!!!」

大和「はいパッツン」ジャキッ

提督「ああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!うわぁぁぁあああああああああああああああ!」

大和「ジョキジョキ♪」

提督「ぎぃぃぃぃぃぃああああああああああああああああああああああああああ!!!」

大和「カリ首のあたりまで切れましたよ?皮が切れて二股になってますね」

提督「あああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

大和「ここから先は私の手でこの皮をはがしていきますね!」

大和「そーれ♪」ミチミチ

提督「いやだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁもうやめろぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」

大和「楽しい♪」


805 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 00:07:41.99 ID:lJPJvCLb0


大和「立派に剥けましたね!えらいですよ提督!」

提督「う……あ……あ……」ピクピク

大和「ちょっと!反応しなさいよ」ゲシッ

提督「も……もう……殺してくれ……」

大和「嫌です」

提督「そんな……なんで……」

大和「だってまだ楽しんでないんですもの」

提督「う……ああ……」

860 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 00:57:36.23 ID:lJPJvCLb0

大和「んっ……ふぅ……」ズルッ

提督「あ……あ……大和」ビクビク

大和「いっぱい出ましたね……提督……」ドロッ

大和「こんなに出されたら……私……妊娠しちゃうかも……」

大和「うふふあはは」

提督(もしかしたら俺は助かるかもしれない……大和ともヤれたし……)

大和「さて提督?今度こそ最後の射精ですね?ご気分はいかがですか?」

提督「え?なにいって」

大和「最後の射精を終えたので……もうそれ……いらないですよね?」

提督「な……なにをいってるんだ大和……」

862 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 01:00:06.14 ID:lJPJvCLb0


大和「何をって……まあ……いいや」

大和「こういうことですよ提督」ハムッ

提督(大和が俺のを咥えてる……き……気持ちいい……)

大和「はむっ……れろ……」

大和「じゅるっ……じゅるっ……」

大和「ぷぁっ!また大きくなってきましたね提督」

大和「はむ……はむ……れろれろ」

大和「うふふ……」

提督「大和っ……またでちまいそうだ……!」

大和「ぷはっ、もう射精はさせませんよ?だって」

大和「さっきのが最後の射精って言ったじゃないですか……」ハムッ

提督「だめだ!でる!でるよ大和!」

866 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 01:01:49.04 ID:lJPJvCLb0


大和 ガリッ グチュッ

提督「え……?」

大和「ふふ……提督の物……噛みちぎってしまいました♪」

提督「あ……あ……あ……」

大和「あら……気絶してしまいましたか……」

大和「ぺっ、口の中が血だらけになっちゃいました」

大和「ふふふ……ずいぶんと不格好なものになってしまいましたね提督……」

大和「あははははははははは!!!!!」

867 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 01:06:33.05 ID:lJPJvCLb0


大和「起きてください提督!」バシャッ

提督「……」

大和「この!」ゲシッ

提督「うあ……大和……」

大和「見てください?提督の物……根元からなくなってるでしょう?」

提督「え……う……うわああああああああああ!」

提督「なんで!なんで!俺の!俺のが!」

大和「さっき私が食いちぎったからですよ♪変な味でした」

提督「あ……ああ……あ……」

大和「その顔……ゾクゾクします……」

大和「もう提督には竿がついてない……だから射精もできない……つまり……」

大和「玉もいらないですよね?」

868 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 01:12:10.15 ID:lJPJvCLb0



大和「ふふ……提督の玉袋が……私の手の上でコリコリされてますね提督?」

提督「ガタガタガタガタ」

大和「反応が薄いなぁ……震えるだけじゃなくて何か喋ってくださいよ……携帯じゃないんですから……」

提督「や……やめて……たのむよ……もうやめて……」

大和「二つあるから二倍たのしめますね♪」コリコリ

提督「ガタガタガタガタ」

大和「ふふ……ぎゅーーーーーっ!」

提督「あ……あが……」

大和「まだつぶしませんよ?ふふ……」コリコリ

提督「が……ああ……あああ……」

大和「なんちゃって♪」ブチュ

提督「っが……あああああああああああああああああああああ!」

提督「うわぁぁぁぁああああああああああ!ああああああああああ!」ブンブン

大和「そんなに頭を振っちゃって……面白いなぁ提督は」


870 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 01:15:09.37 ID:lJPJvCLb0


大和「もう一個もつぶしてしまいますか……」

提督「ああああああああああああ!!」

大和「ほら……足で玉を踏んであげます……あんまり動くと痛いですよ?」

提督「うわぁぁぁああああああ!!!」

大和「ほら……ほらぁ……体重かけちゃいますよ!つぶれちゃいますよ?」

提督「あああああああああああああああああああ!!!」

大和「いいや……潰しちゃえ……」グチュ

提督「……」ブクブク

大和「泡吹いて気絶しちゃいました……つまんないの……」

874 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 01:19:29.93 ID:lJPJvCLb0


大和「ほらほら寝てないで起きてくださいよ提督!」バシャッ

提督「……あ……あ」

大和「ほら反応してよ」ゲシッ

提督「……」

大和「……」ドスッ

提督「っああああああああ!!!」

提督(折れた右腕をっ……)

大和「もう飽きてしまったので……そろそろ死んでもらいますね?」

提督「なっ!いやだ!やめてくれ!」

大和「だめですよ?殺すって約束でしょう?」

提督「いやだ!死にたくない!死にたくない!

大和「往生際が悪いですね……まあいいです、どうせ動けないんだから」

大和「あなたには……ゴーヤちゃんと同じ海で……溺死してもらいます」

提督「いやだ!!!!!!いやだぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!]

大和「はいはいいきますよー?骨がバラバラで動けないでしょう?運んであげますね?」

提督「たすけてぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」

875 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 01:21:11.69 ID:lJPJvCLb0


鎮守府

大和「さて……提督を捨てに行きますか」

なっ!大和さん!

大和さんが提督を!

提督を助けなきゃ!誰か!艤装持ってきて!

大和「ピーピーうるさいですね……」

提督「みんな!俺を助けてくれ!」

夕立「大和!提督をはなすっぽい!」

時雨「夕立!艤装もないのに危険だ!」

夕立「艤装なんかなくったって!」

大和「……」ガシッ

時雨「なっ!片手で夕立の体を持ち上げた……!?」

大和「……」ブンッ

夕立「きゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

時雨「夕立!」

大和「ふん……」


878 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 01:26:13.64 ID:lJPJvCLb0




大和「……」

提督「何をやってるお前ら!早く俺を助けろ!」

長門「もう逃げられないぞ……覚悟しろ大和」

陸奥「流石の大和型戦艦でも……私たち2隻を相手にするのはつらいでしょう!」

加賀「私たちもいます……忘れないでください……」

赤城「私も今日は本気モードですよ……!提督を返しなさい!」

大和「……」

ソ級 ザバッ

長門「なっ!潜水ソ級だと!なぜこんなところに!」

陸奥「まって長門姉!様子がおかしいわ!」


879 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 01:29:21.01 ID:lJPJvCLb0


大和「潜水ソ級……」

ソ級「ヤ……ヤマト……」

大和「!?なんで私の名前を……?」

ソ級「ワカラナイ……アナタノスガタガミエタカラキテミタノ……」

大和「……」

ソ級「ネエ……ソノクビスジノアザ……ワタシトイッショダネ」

大和「ええ……いつの間にかできてたの……」

提督「くそっ!なんだお前は!おい!長門!陸奥!俺を助けろ!」

ソ級「ネエ?ソノテイトクドウスルノ?」

大和「ゴーヤちゃんが沈んだこの海に……沈めてあげようと思ってね……」

ソ級「ゴーヤチャン?ナニソレ?」

大和「私の大切な友達だったひとよ……」

882 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 01:39:53.69 ID:lJPJvCLb0


ソ級「フーン……マアイイヤ……ソノテイトクステルンナラサ……ワタシニチョウダイ?」

ソ級「シンカイニツレテイッテ……ズーットイッショニクラスノ……ステキデショウ?」

大和「そうなの……じゃあこれ……あげるわ」

提督「おい大和!お前まさか!」

ソ級「アリガトウ!ジャアワタシシンカイニカエルネ!」

提督「やめろ!離せ!」

大和「ねえ?最後にいいかしら?」

ソ級「ン?ナニ?」

大和「深海棲艦は艦娘を憎んでいるはずでしょ?ならなぜ私を攻撃しないの?」

ソ級「ソウダヨ?アソコニイルカンムスタチ……ニクイモン……」

大和「ならなぜ私は憎くないの?」

ソ級「ナニイッテルノ?ダッテ……」

883 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 01:45:56.79 ID:lJPJvCLb0


ソ級「アナタ……モウワタシタチノナカマデショ?」

大和「え?」

ソ級「ソノクビスジノマックロイアザ……モウスグカラダゼンタイマデイキワタルノ……」

ソ級「ワタシノトキハジカンガカカッタラシイケド……アナタノソノニゴリグアイナラスグニデモワタシタチトオナジニナレルヨ」

大和「ということは……あなたも元艦娘ってこと……?」

提督「おい!みんな!俺を助けてくれ!大和!やめろ!」

ソ級「ソウミタイ……デモムカシノコトハワスレチャッタ」

大和「そう……ありがとね……」

大和(まさか……ね……)

ソ級「ジャアワタシハモウカエルネ!」ザブッ

大和「ええ……さようなら……」

提督「まて!俺は人間なんだ!水中じゃ呼吸が……!」ブクブク

大和「……」ピキピキピキピキ


884 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 01:50:47.80 ID:lJPJvCLb0


赤城「提督が!ソ級にさらわれました!」

長門「何っ!まずいぞ!みんな!砲撃だ!大和を倒して提督を救う!」

長門「撃てっ!」 ドン ドン

陸奥「砲撃よ!」

加賀「鎧袖一触よ……心配いらないわ……」

赤城「第一次攻撃隊!発艦して下さい!」

ドガァン

長門「やったか!」


885 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 01:51:53.43 ID:lJPJvCLb0


南方棲戦姫 改「オロカナ……」ドンッ ドンッ


887 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 01:53:58.46 ID:lJPJvCLb0


長門「何!?深海棲艦だと!大和はどこに行った!?」

陸奥「きゃぁっ!」大破

加賀「くっ……」大破

長門「陸奥!加賀!」

南方「カンムスハ……シズメル……」

南方「ナンドデモ……ミナソコニ……オチテイクガイイ……」


888 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 01:56:22.22 ID:lJPJvCLb0


ソ級「テイトク?ワタシトノセンスイタノシイ?」

提督(がっ……まずい……息が……)

ソ級「ナンデカナ?コウシテイルトナンダカイイキモチ……」

提督(まずい……もう……だめだ……死っ……)

ソ級「フフ……イッショニシンカイデクラソウネ……」

提督(い……意識が……うすれ……て……)

ソ級「ズーットズーットイッショニイヨウネ……テイトク」

提督(が……あ……あ……)

ソ級「ウフフ……ヤットシアワセニナレタ……でち……」

提督「」ゴポッ


ブクブクブクブク……


889 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 01:59:02.00 ID:lJPJvCLb0

提督死亡ルートおわったでち!
やったねゴーヤちゃん!かぞくがふえるよ!(遺体)
今回の大和の拷問で目覚めた提督たちもいたみたいでちね
ただ童貞の僕にはセクロス描写がきつかったでち!

ねるでち

903 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/09(木) 02:24:14.84 ID:lJPJvCLb0

スレが終わりそうで不安なので…

実はSSを投稿するのは今回がはじめてでした、最初の方に安価をやってみたいと思い、適当にやってみたら変な風になってしまって申し訳ありませんでした
これから先また何かを書く時は、このトリップで書くとおもいます

こんなくだらないssを読んでくれてありがとうございました。見てくれてる方がいるのはすごく楽しいし心強かったです

952 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/09(木) 23:27:52.54 ID:lJPJvCLb0

本営

元帥「……」

榛名「元帥殿……」

元帥「まさか新たな深海棲艦が現れるとは……しかも情報によると通常よりはるかに強力だとか……」

榛名「提督の鎮守府を壊滅させてしまったんですよね……」

元帥「長門に陸奥、赤城や加賀……それ以外の艦娘も重症だ……」

元帥「このような事態になってしまうとは……武蔵を解体してしまったのが悔やまれるな……」

榛名「しかたないです元帥……もうこちらの話を聞ける状態ではなかったですし……」

元帥「試作品の薬で武蔵を気絶させたのがまずかったか……あまりにも協力すぎたようだったな……」

元帥「提督君も行方不明だ……これから私たちはどうしたらいい……」

953 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 23:44:51.48 ID:lJPJvCLb0


元帥「艦娘からの報告では大和もおかしくなっていたらしい……」

元帥「しかし二人とも行方不明だ……提督君はともかく大和はどこにいった……」

榛名「……」

元帥「しかし妙だな……なぜ彼の鎮守府では艦娘が精神に異常をきたすのだ……?」

元帥「大和といい武蔵といい……さらには伊58も行方が知れないとか……」

元帥「まさか彼自身に問題があったのか……?」

元帥「今となっては何もわからない……私はもう少し彼をしっかり見ておくべきだったのかもしれないな……」


956 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/09(木) 23:56:17.75 ID:lJPJvCLb0


榛名「あ……あの……」

元帥「ん……どうしたのかね?」

榛名「実は……お見せしたいものが……」

元帥「なにかね?」

榛名「時雨さんがあの鎮守府から持ち帰ってきたものらしいのですが……」スッ

元帥「……これは?手紙と……DVD?」

榛名「私もまだ見ていないのですが……」

元帥「……では先にDVDからみてみよう……」

958 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/10(金) 00:05:24.69 ID:seN7Z3IJ0


元帥「なっ……これは……」

榛名「ひうっ……」

元帥「な!なんだこれは!」

男 提督!バケツくれ!」

元帥「なに?提督だと……」

提督 ほらよ

男 さんくす♪

元帥「この声は……提督君……」

元帥「まさかこの映像は提督君が……」

榛名「も……もう消してください……かわいそうで見ていられません!」

元帥「ああ……すまなかった、女性の前でこんなものを」

榛名「い……いえ……こちらこそ……」

元帥「……しかし、一体何がどうなっているんだ……」

榛名「あ……あの……お手紙のほうも……」

元帥「すまない……頭が混乱して忘れていたよ……」カサッ

元帥は「これは……武蔵が大和にあてた手紙か……」

959 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/10(金) 00:11:02.75 ID:seN7Z3IJ0


元帥「……なんて……ことだ……」

榛名「これは……」

元帥「私は……なんてことをしてしまったんだ……」

元帥「彼が……こんな人間だったなんて……」

榛名「うっ……ひっく……ぐすっ……」ポロポロ

元帥「信じられない……だが……先ほどの映像……」

元帥「……私はもしや……とんでもない間違いを犯してしまったのか……」ガクッ

元帥「すまなかった武蔵……すまなかった大和……すまなかった伊58……」



961 名前: ◆HMOp1F9XD.[] 投稿日:2014/10/10(金) 00:20:54.58 ID:seN7Z3IJ0


元帥「このことは他の艦娘には?」

榛名「……これを知っているのは時雨さんだけだそうです」

榛名「他の艦娘には……言えなかったらしいです……」

元帥「……そうか」

元帥「それがいいのかもしれないな……今これを公表したら……壊れてしまう艦娘がいるかもしれない……」

元帥「特に彼を信じてきた艦娘達からすれば……相当なショックだろう……」

榛名「はい……榛名もそう思います……」

元帥「……これは処分しよう……榛名君、頼めるかね?」

榛名「はい……榛名にお任せ下さい」

元帥「たのんだぞ……」

榛名「はい……」ガチャ

元帥「……」


964 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/10(金) 00:27:01.33 ID:seN7Z3IJ0


元帥(全く……彼にも困ったものだ……)

元帥(艦娘をおもちゃにするときはしっかりと準備をするのが大事だといったはずなのだが……)

元帥(まあ所詮若造……私のようにうまくはできなかったか……)

元帥(しかし面倒くさい問題を残していったものだな……新たな深海棲隊とは……)

元帥(まあいいだろう……彼のおかげで手に入ったものもある……)

元帥(おっと……興奮してきてしまったよ……またあれを使いに行くか……)

元帥(ふふふふふ……)


974 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/10(金) 00:36:06.75 ID:seN7Z3IJ0


ガチャ

元帥「はぁい武蔵ちゃん?元気かな?」

武蔵「くっ……また貴様か……!」ジャラッ

元帥「いやーわし興奮してきちゃってさ!しずめてもらいに来たよ?」

武蔵「くっ……この武蔵を……おもちゃのようにっ……!」

元帥「いいのかな反抗的な態度とっちゃって?大和がどうなってもいいのかな?」

元帥(大和さん行方不明だけどね!)

武蔵「……下郎が……」

元帥「早くひざまずいてしゃぶってくれないとー、わし何するかわからないよ?」

武蔵「……」チュッ レロ

元帥「うほーきもちいい!」

元帥「でももっと激しくやってくれないとなー、わしいけないなー」

武蔵「……」

元帥「いうこと聞かないんなら無理やり激しくしちゃうぞ」ガシッ

元帥「ほらほらがんばれー」グッ グッ

武蔵(この武蔵を……!まるで物のようにっ……!)

元帥「強制イラマチオきもちいー!」

981 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/10(金) 00:43:38.01 ID:seN7Z3IJ0


深海

ソ級「オカエリー」

南方「タダイマ」

ソ級「コンカイハドウダッタノ?」

南方「ウン、ブジニカイメツサセテキタヨ」

ソ級「ソウナンダー」

南方「ソウイエバテイトクハドウシタノ?」

ソ級「ンーナンカネ?サカナニタベラレタノカナ?ホネニナッテタ」

南方「ソウナンダ、カナシクナイノ?」

ソ級「ナンカドウデモヨクナッチャッタ……」

南方「アラアラ」

ソ級「ネエナンポウ?ツギハドコヲカイメツサセルノ?」

南方「ワタシヒトリデコッソリノリコンデ……ホンエイッテイウトコロヲコワシテクルヨ」

ソ級「オオー、ヨクワカンナイケドスゴソウダネ、ガンバッテ」

南方「ウン、ジャアイッテクルネ」

ソ級「イテラー」



982 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/10(金) 00:45:00.11 ID:seN7Z3IJ0


完結したでち


989 名前: ◆HMOp1F9XD.[saga] 投稿日:2014/10/10(金) 00:53:02.35 ID:seN7Z3IJ0

スレも終わっちゃいそうなのでもうやめとくでち
続きを匂わせる終わり方をするのがいいってだれかがいってたでち
みんなも艦娘は大事にしようね?

さよならでち



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:エリカ「あ、グリーンさんだ」