劇場版ドラえもん「のび太とカードゲーム〜三人の勇者達〜」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「キョンくん、選んで」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 00:47:43.66 ID:uVcj5iKjO

―学校終わって帰り道


のび太「あーあ、今日はテストの答案返却日だった…」

のび太「どうしよう…またママにしかられる…」

のび太「あれ?あそこにいるのはスネオ??」


スネオ「今だ、ジャイアンにダイレクトアタック!!」

ジャイアン「うおおおお、スネオ、おれ様にダメージを与えるとは…」


ジャイアン「あとで…わかってんだろうな…?」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 00:50:05.26 ID:uVcj5iKjO

スネオ「何言ってるんだよジャイアン、これはカードゲームだよ?」

スネオ「ダメージを与えなきゃ、ゲームにならないんだよ」

ジャイアン「そ、そうか…?」

スネオ「う、うん」

スネオ(ひ〜、勝ったらボコボコにされちゃうかも…ここはわざとでも負けとこうかな…)

のび太「おーい、ジャイアン、スネオ、何やってるの?」

スネオ「見ての通りカードゲームさ、のび太は見た事も無いから、知らないのか」

のび太「カードゲーム…?」

スネオ「まあのび太には関係ないけどね」ハハ

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 00:52:17.01 ID:uVcj5iKjO

ジャイアン「おい、スネオ、お前のターンだぞ」

スネオ「ごめん、ごめん」

のび太「カードゲームかああ…面白そう、僕にもできるかな…」

ジャイアン「のび太には無理だろ、ルール覚える頭がないから」

スネオ「言えてる言えてる」ハハッ

のび太「なんだとー」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 00:54:05.85 ID:uVcj5iKjO

ジャイアン「のび太には簡単なトランプのがお似合いだぜ」

スネオ「のび太にはトランプでも難しいんじゃないの?」ハハハ

スネオ&ジャイアン「アハハハハハハハハ」

のび太「くっそー、バカにしやがって」

のび太(そうだ、ドラえもんに頼んだら、何か良いものを出してくれるかもしれない)

のび太(そうと決まったら早く帰らなくっちゃ)

タッタッタッタ


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 00:58:43.13 ID:uVcj5iKjO

―――

のび太「やっと家に着いた」

のび太「ドラえもん、いるかな?」テクテク


―二階

のび太「あれ?ドラえもんがいないや!こんな大事な時に何してんだよー」

のび太「ドラえもーーーーーーーーん!!!!」

♪〜ドラえもんOP


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:03:22.03 ID:uVcj5iKjO

―――

のび太「まったく、どこに行ったんだよドラえもんは…」


ガタガタ…

ドスン

―ドラえもん、机の引きだしから出てくる

ドラえもん「はー、疲れた」

のび太「ドラえもん!!」

ドラえもん「やあのび太くん、おかえり」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:07:41.58 ID:uVcj5iKjO

のび太「ただいま…じゃなくてカードゲームだよカードゲーム!」

ドラえもん「えぇ?」

のび太「今すぐカードゲームが遊べる道具だしてぇ〜」

ドラえもん「そんな、唐突な…」


―のび太はスネオ達がやっていたカードゲームについて話した


ドラえもん「なるほど、それでまたバカにされて僕に…」

のび太「頼むよー、ドラえもん」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:12:01.47 ID:uVcj5iKjO

ドラえもん「うーん、すぐにカードゲームをする道具は無いけど…」

ドラえもん「今日未来に行った時、不思議な話を聞いたんだ」

のび太「不思議な話…?」

ドラえもん「何でもある時代のある場所に、カードゲームを仕事にして暮らしていた人達がいたそうだよ」

のび太「カードゲームが仕事?!」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:19:16.64 ID:uVcj5iKjO

ドラえもん「そうなんだ、カードゲームが一種の職業になっているんだよ」

のび太「それはすごいね!」


ドラえもん「で、ここまで言ったけど…」

ドラえもん「そこに…行ってみたい?」

のび太「今から?」

ドラえもん「そうさ」

のび太「うーん、そうだなあ…じゃあどうせならしずかちゃんも誘おう!」

ドラえもん「そうだね、その方が楽しいね」

ドラえもん「そうと決まれば、早速どこでもドアで呼びに行こうか」

のび太「うん」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:22:04.40 ID:uVcj5iKjO

―しずかの家

ガチャ

のび太「しーずーかーちゃん」

しずか「きゃあ、のび太さんのエッチ」

ドラえもん「」

のび太「」



のび太「後でもう一度こよう」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:26:59.04 ID:uVcj5iKjO

―数分後

のび太「しーずーかちゃん」

しずか「なあに?のび太さん」

のび太は今までの事を話した

しずか「面白そうね、私も行くわ」

ドラえもん「良かったねのび太くん」

のび太「うん」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:29:00.68 ID:uVcj5iKjO

―――

のび太「さあて、出発しよう」

ドラえもん「準備はいいね?ふたりとも」

しずか「ええ」

のび太「うん」

ドラえもん「じゃあ、タイムマシンで出発だ」

―ドラえもん達はタイムマシンに乗り込んだ


ドラえもん「えーっと…」ピコピコ

のび太「どんなところだろうね、カードゲームの世界って…」

しずか「なんだかわくわくするわ」

のび太「僕にもルールわかるかなぁ…」

ドラえもん「よし、しゅっぱーつ!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:37:18.41 ID:uVcj5iKjO

―――


ドラえもん「着いたよ」

のび太「わあ、何だか近未来な町だね」

ドラえもん「ほんとだね」

しずか「あら?何だか向こうに砂漠が見えるわ」

のび太「ああ、ほんとだ、でも何で砂漠なんかがあるんだ?」



ドラえもん「それはわからないけどさ、とにかくカードゲームをしに行こう!」

のび太「うん」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:39:47.38 ID:uVcj5iKjO

のび太「こっちかな?でもなんだか人が見当たらないね」

ドラえもん「そうだね」

しずか「あっ!あれは」

のび太「!」

ドラえもん「!」

のび太「サボテンに顔があるよ…」

しずか「不思議ね…」

ドラえもん「きっとこの世界の住人なんだろう」

のび太「世の中にはいろんな人がいるもんだなあ」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:41:18.86 ID:uVcj5iKjO

サボテン人「こんにちは」

のび太「は、はあ、こんにちは」

のび太(なんだ普通のひとみたいじゃないか)

のび太「あのぉー、この辺りでカードゲームができる場所って…」

サボテン人「それならここをまっすぐ行って、突き当たりを左だよ」

のび太「ありがとう」

サボテン人「頑張りなよ」テクテクテク…

しずか「見掛けはあれだけど、意外と普通の人だったわね」

のび太「うん」

ドラえもん「じゃあ早速そこに行ってみよう」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:42:24.85 ID:uVcj5iKjO

―――

―カードゲーム会場

のび太「うわぁ、広いね」

しずか「みんな何かしらの、カードゲームをしているわ」

のび太「あっ、普通の人間もいるんだ…」

ドラえもん「サボテン人のおかげで僕が目立たなくて良かった…」

のび太「で、どうしようか」

しずか「あそこに受付みたいなのあるわよ」

のび太「ほんとだ、行ってみよう」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:45:44.08 ID:uVcj5iKjO

―受付

受付の人「こんにちは」

のび太「こんにちは」

受付の人「あなた達は初心者ですね?」

のび太「はい、そうですけど…」

受付の人「ではあなた達を新規カードバトラーに登録します」

しずか「は、はあ」

しずか(カードバトラー…?)

―――

受付の人「登録は完了しました、このバッジをいつでもどこかに付けておいてください」

のび太「わかりました」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:48:36.13 ID:uVcj5iKjO

ドラえもん「あれ、僕も登録されちゃったの?」

のび太「そうみたいだね」

しずか「ドラちゃんも一緒に楽しみましょうよ」

ドラえもん「しかたないかぁ…」

のび太「ほら、ドラえもんのバッジだよ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:50:00.50 ID:uVcj5iKjO

のび太「じゃあさっそくだれかとバトルしてみようよ」

しずか「そうね」

受付の人「ちょっと待って下さい」

のび太「なに?まだ何かあるの?」

受付の人「初心者の方はあちらでデッキを購入して下さい」

のび太「デッキ?デッキって何??」

ドラえもん「どうやら相手と対戦するときに使う、自分のカードみたいだね」

のび太「そっか、なるほどー」

しずか「ドラちゃんお金は大丈夫?」

ドラえもん「た、たぶん…な、なんとかね…」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:52:24.09 ID:uVcj5iKjO

―カード売り場

店員「初心者の方はこちらからデッキをお買い求め下さい」

のび太「なになに?色々種類があるなあ」

のび太「じゃあ>>30にしよう」

しずか「じゃあ私は>>31

ドラえもん「じゃあ僕は>>32

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/15(土) 01:54:20.48 ID:Td/RByjV0

ジャンド

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:55:06.95 ID:D724h0qC0

そういやドラえもんのDSのゲームでこんなのあったな
安価ならDSの赤のデッキで

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 01:56:44.02 ID:D724h0qC0

赤のデッキは遊戯王なら炎属性でいいよ
安価下

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/15(土) 01:57:54.02 ID:Td/RByjV0

バトスピなら>>30は白で

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 02:05:35.03 ID:D724h0qC0

もし安価がこっちに来るのであれば

遊戯王なら光属性

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 02:21:23.74 ID:uVcj5iKjO

―――

のび太「だ、ダメだあ…また負けた」

その辺の人「おい、あいつは…」

その辺の人「闇の帝王だー!!」

闇の帝王「フハハハハ」

のび太「ん?何だか騒がしいぞ?」


しずか「連勝している私なら行けるわ」

しずか「勝負よ、闇の帝王」

のび太「しずかちゃんが変な奴と戦ってる!!」

―――

しずか「負けたわ…ああ…」

キュルルルル

ポン!

のび太「ああ、しずかちゃんがカードに!!」

闇の帝王「フヒヒ、またひとつ新たなカードを手に入れた」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 02:23:04.78 ID:uVcj5iKjO

のび太「どうしよう、ドラえもん」

ドラえもん「このネコのカードかわいい」キュン

のび太「おい」


闇の帝王「次はお前だ、タヌキ」

ドラえもん「ん?僕はタヌキじゃない、よーしやってやる」

―――

キュルルルル

ポン!

のび太「ああ、ドラえもんもカードに!!」

闇の帝王「フヒヒ、またひとつ新たなカードを手に入れた」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 02:37:16.99 ID:uVcj5iKjO

のび太「こうなったら僕が…」

ジャイアン「のび太!」
のび太「ジャイアン!?」

スネオ「助けに来たよ」

のび太「スネオ!?」

闇の帝王「ククク…次の相手はどいつだ…」


ジャイアン「俺だ」

スネオ「ジャイアン頑張って〜」

のび太「いや、僕が」

闇の帝王「フフフ…なら三人まとめてかかって来い…」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 02:38:42.95 ID:uVcj5iKjO

―――


闇の帝王「グアアアアアアアアア」

闇の帝王「お、お前達は…」

闇の帝王「かつての三人の勇者にそっくりだ… 」

バタ…

ジャイアン「な、なんとか倒したぜ…」

スネオ「ママー!怖かったよー」

のび太「あれ、勝てちゃった…」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 02:40:13.81 ID:uVcj5iKjO

のび太「あれ?なんだなんだ?」

その辺の人「勇者だー勇者がこの地に戻って来たぞー」


ワアアアアアアアアアアアアアアア

―たくさんのカードにされた人達が元に戻っていく


サボテン人「ありがとうー三人の勇者達よ―」


ウオオオオオオオオオオオオオオ



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 02:41:07.07 ID:uVcj5iKjO

のび太「勇者だなんて」ヘヘ

―その後みんなでまた少しカードゲームを楽しんで帰りました


のび太「あー楽しかった」

のび太のママ「のーびーたーこれはなんなのーー!!!」


のび太「うわっ、テストの事忘れてた」


のび太「逃げろー」

ドラえもん「まったくもう、のび太くんたら…」


ドラえもん「ふぅ…トランプでもやるか」

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:もしも、朝倉と長門の役割が逆だったら。