羽入「あうあうあー^p^」梨花「!?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉「アナタを私の性奴隷にして涼宮ハルヒの出方を見るっ!!」

ツイート

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/11(火) 22:24:00.98 ID:Fi3LjlFZ0

どうやら立ったようだ。

羽入「あうあうあー」

梨花「!?」

羽入「あうあうあー あうあうあー あうあうあー」

梨花「羽入 どうしちゃったのですか?」

羽入「あうあうあー」

梨花「羽入がおかしいのです!」

羽入「あうあうあー」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/11(火) 22:27:14.02 ID:Fi3LjlFZ0

圭一「おう!梨花ちゃん。おはよう!!」

梨花「け、圭一!羽入が大変なのです!」

圭一「なんだなんだ、どうした!」

羽入「あうあうあー あうあうあー」

圭一「??? いつも通りじゃないか」

梨花「えっ?でも圭一 羽入が変なことを・・・・」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/11(火) 22:30:25.03 ID:Fi3LjlFZ0

魅音「おー圭ちゃんに梨花ちゃん、今日は早いねぇ〜おじさん感心しちゃうな〜」

圭一「まぁな。今、梨花ちゃんが.....どわああぁ?」

沙都子「をーっほっほっほ!危機一髪でしたわねぇ、圭一さん?」

魅音「ほぉー!あれを避けるとは、圭ちゃんなかなかやるじゃん!」

圭一「て、てめぇ沙都子!当たらなかったから良かったものの……」

魅音「それで、梨花ちゃんがどうかしたの?」

羽入「あうあうあー あうあうあー」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/11(火) 22:34:01.05 ID:Fi3LjlFZ0

梨花「羽入がなんだかおかしいのです!!ずっとあうあういってて・・」

沙都子「何をおっしゃっていますの?いつもどうりじゃないですか。ねぇ魅音さん」

魅音「そうだねー別段変わったとこをはないと思うんだけどねー」

レナ「梨花ちゃん。まだ寝ぼけてるのかな?かな?眠たそうだよ?」

  「ウトウトのかぁいい梨花ちゃんおもちかぇりしたいよぉ〜」

(みんなは羽入の異変に気が付いてない・・・?)

梨花「ど、どうやらそうみたいなのです。にぱー★」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/11(火) 22:37:44.83 ID:Fi3LjlFZ0

(放課後になっても羽入の様子は変わらないか・・・)

魅音「あれ?梨花ちゃん。今日は部活やってっていかないの?」

沙都子「昨日のようにはいきませんことよ!」

梨花「みぃ・・・今日はちょっと用事があるのです・・」

圭一「そうか!!じゃあまた明日な!梨花ちゃん。」

レナ「気を付けて帰らないとだめだよぉー」

(あの人なら・・・きっとわかるはず!)


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/11(火) 22:39:54.73 ID:Fi3LjlFZ0

診療所

入江「雛見沢症候群の発症は認められませんね。安心して良いですよ」

入江「しかし、どうして急に発症してないか調べて欲しいと?」

梨花「みぃ……。学校のみんながおかしいのです」

入江「……というと?」

梨花「まず羽入がおかしくなって、でもそれに気付いてるのはボクだけで……。
   羽入がおかしいことに誰も気付かないのです。
   だから、もしかしたらおかしくなったのはボクの方ではないかと……」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/11(火) 22:44:40.30 ID:Fi3LjlFZ0

入江「羽入ちゃんが、おかしく……。心配ならば、羽入ちゃんここに連れてきてもらうことはできますか?」

梨花「……みぃ」

入江「羽入ちゃんがおかしくなっているようでしたら、私が全力で助けますから」

梨花「そういっていただけると、助かるのです」

入江「ちなみに、羽入ちゃんがおかしくなったきっかけに、何か心当たりは?」

梨花「特にないのです。ただ、いきなり羽入がおかしくなって・・・」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[!] 投稿日:2012/09/11(火) 22:46:29.02 ID:Fi3LjlFZ0

羽入「あうあうあーー」

梨花「あっ帰ってきたのです。おそかったのですよー」
  「あれ?脚にアザが できているのです。」

羽入「あうあうあーー」

梨花「と、とにかく早くあがってくるのです。ご飯はもうできてるのです。」
(今のアザ、何かにぶつかってできたようなものじゃない・・・)


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/11(火) 22:51:08.02 ID:Fi3LjlFZ0

翌日


魅音「さーて。今日は何をやろうか」

沙都子「何をやろうと私の圧勝ですわね。」

レナ「昨日叩きすぎて、圭一君筋肉痛みたい。もう帰っちゃったよー」

沙都子「圭一さんもまだまだですわね。そんなよわよわじゃあ私の足にも及びませんわ。」

羽入「あうあうあー」

(昨日は何をしていたんだろう・・・)

魅音「今日はね〜いいもの持ってきたんだ〜。じゃやーん!」

(えっ・・・鞭・・・・?)

レナ「はぅ〜鞭なら、倒れることもないねっ。魅音ちゃんあったまいぃ〜」

(一体何をするの・・・?)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[1] 投稿日:2012/09/11(火) 22:55:51.90 ID:Fi3LjlFZ0


魅音「じゃあレナ、早速脱がせちゃって」

レナ「はぅ〜 羽入ちゃんの服、お持ちかえりぃ〜」

羽入(靴下以外全裸)「あうあうあー」

(っ・・・足だけじゃなく全身にアザが・・・昨日の部活はまさか・・)

沙都子「早速、縛り付けますわね」

羽入「あうあうあー」

沙都子「をーっほっほっほ!もう動けませんことよ。」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[1] 投稿日:2012/09/11(火) 23:00:49.60 ID:Fi3LjlFZ0

レナ「じゃあレナはロウ落とそうかな?かな?」

魅音「おっレナいいアイデアだね。最近は、マンネリしててつまらなかったからね。」
  「あっ、でも顔はやめときなよ。昨日みたいに途中で終わるのは、おじさん嫌だからね」

レナ「そうだね。あはははははははははははははははははははははは」
  「ほ〜ら。レナのあっつあつのロウソクが溶けてきてるよ〜」

羽入「あうあうあー」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[1] 投稿日:2012/09/11(火) 23:05:34.31 ID:Fi3LjlFZ0

魅音「じゃあそろそろ、おじさんも 参加しようかねぇ。」

ビシッ ビシッ
魅音「あはははははははははは」
羽入「あうあうあー」

魅音「お前はいつもあうあううっせんだよっ!!!叫んでれば何とかあるのかっ?あ?
   お前みたいなやつがいるせいで、雛見沢は悪くなるんだよっ!!消えろ消えろ消えろ
   死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
   あははははははははははは」
(ひどい・・・・・)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/11(火) 23:09:11.35 ID:Fi3LjlFZ0

レナ「それはないよ魅音ちゃん。梨花ちゃんはそんなこじゃないよ?」
  「レナの知ってるかぁいい梨花ちゃんは、喜んでやってくれるよ★」
(どうする・・・羽入を殴りたくない・・・でもやらなきゃっ・・・・・)
??「・・ケテ・・・・ケテ」
梨花「!?」
??「・・ケテ・スケテ・・・・・・・・助けてっ!!」
(この声は・・・羽入・・・?)
羽入「どうしてみんな意地悪するのですか?いたいいたいいたい・・・・
   誰か・・・・助けてよぉ・・・この言葉さえ・・・つたえられないっ・・・」

梨花「・・・・・・・やっぱり私、殴れない・・・羽入を殴れないっ・・。
魅音「はあああああああ?じゃあお前も。死ね!!死ね死ね死ね死ね死ね死ね!!!
   おらああああああああああああああ」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[1] 投稿日:2012/09/11(火) 23:09:57.54 ID:Fi3LjlFZ0

――――
沙都子「・・・・きてくださいまし」
   「りーかー?そろそろ起きないと本気で怒りますわよ?」
(みぃ・・どうやら夢のようだったのです。にぱー★)
梨花「ぅぅっ・・・」
沙都子「やっとおきたようですわ。もう、授業中に寝るなんてレディとしてどうかしてますわ!」
梨花「あうあうあー あうあうあーーー」
沙都子「!?」
梨花「!?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[1] 投稿日:2012/09/11(火) 23:11:04.01 ID:Fi3LjlFZ0

おわり

書き溜めはしていたんだ、ただ 3〜5分おきに投稿しようと思ってただけ・・

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[1] 投稿日:2012/09/11(火) 23:16:04.06 ID:Fi3LjlFZ0

最近ひぐらしというワードを耳にしない事件



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門有希の消滅