ハルヒ「キョン、パンツ見せて!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:月「で……であ…でぁー…TH…であのて……?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 17:07:50.43 ID:PGl0i/Qa0

キョン「…What?」

ハルヒ「何よあんた、日本語通じないの?」

キョン「あぁ通じないな。だからお前が何を言っているのか分からないな」

ハルヒ「ほら、ふざけてないで早くズボン降ろしてパンツ見せなさいよ!」

キョン「ふざけてるのはどっちだよ!」

ハルヒ「いいから見せなさい!パンツ見せろー!」ガシッ

キョン「うわぁぁぁ!誰か、誰か助けてくれー!!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 17:09:28.87 ID:PGl0i/Qa0

古泉「おやおや、何やら気持ち悪い叫び声が
   聞こえてきたと思ったら、あなたでしたか。」

キョン「はったおすぞお前!
    それより助けてくれ、ハルヒがおかしくなりやがった!」

古泉「涼宮さんはいつだって、おかしな人ではないですか。」

キョン「お前も今日はいつにもまして容赦ないな」

ハルヒ「見せてっ!…ほら、見せなさい!っての!」

古泉「こんなに涼宮さんが頼んでいるのですから、
   あなたもケチケチしないで、見せてさしあげたらどうなんですか?」

キョン「見せられるものだったらとうの昔に見せてるわい!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 17:11:43.78 ID:PGl0i/Qa0

古泉「ともかく涼宮さん、落ち着いてください!…一体どうしたというのですか。
   彼ごときにそこまでして見せてほしいものって、一体何なのですか?」

ハルヒ「パンツよ!キョンのパンツ!」

古泉「なるほど…しかしいくら思春期とはいえ、そんな力づくで
   彼のパンツを見ようとするのは、いささか理性に欠けた行動だと思うのですが…」

キョン「それ以外にもツッコむところあるだろ」

ハルヒ「あんた達だって、女子のパンツ見てみたいとか普段思うでしょ!?
    あたしだって同じよ!」

キョン「それとこれとは話が別だろ!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 17:14:00.58 ID:PGl0i/Qa0

キョン「よーし分かった!ハルヒ。お前のパンツを俺に見せろ!
    そしたら俺のパンツも心行くまで見させてやるよ」

ハルヒ「なっ…///// あんた自分が何言ってるか分かってんの!?この変態!」

キョン「お前がさっきまで俺に言ってたのは、これと同じことだ」

ハルヒ「あんたねぇ、男子のパンツと女子のパンツが同価値だとでも思ってるの?」

キョン「それじゃああまりにも理不尽だろ!
    男のパンツは女のそれに劣るとでも言うのか!」

古泉「まぁまぁ落ち着いてください二人とも。ここはひとつ、僕のパンツを」スッ

ハルヒ「やめて、きもい」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 17:16:07.88 ID:PGl0i/Qa0

みくる「あ、あの〜…もう入ってもいいですか〜?」ガチャ…

キョン「ぎょ、朝比奈さん!…い、いつからそこにいたんですか?」

みくる「え〜と…涼宮さんがキョン君にパ…パンツを見せてと言ったあたりから////」

ハルヒ「つまり一番最初からじゃないの。」

みくる「え、えっちなのは感心しませんっ!」

ハルヒ「そんないかがわしいものじゃないわよ。
    だいたいキョンのパンツのどこに、そんないかがわしさがあるのよ」

キョン「いかがわしいのはお前の心だ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 17:18:45.61 ID:PGl0i/Qa0

ハルヒ「みくるちゃん!あなただってキョンのパンツ見たいな、さわりたいな〜って
    思ったことの一度や二度くらいあるでしょ!」

みくる「それはありますけど…そんな強引に覗き見ようだなんて、私賛成できません!」

キョン「あるんですか!?」

長門「私もある」

キョン「うわぁぁぁ長門!お前いつからそこにいた!」

長門「私は今日、一番最初にこの部室に入室した」

古泉「つまりは一番最初…というかこのスレが始まる前からいたんですね。」

キョン「頼むから少しは存在を主張してくれ」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 17:23:04.11 ID:6YQXmHyn0

ハルヒ「ま、ということだから…キョン、パンツ見せて!」

キョン「ダメだっつーとろうが!ということだからって何だよ!」

ハルヒ「そこまで頑なに拒む意味が分からないわ。見せたって減るものでもないのに」

キョン「お前のその言葉、そっくりそのまま全国の女子高生達に返してやりたいよ」

古泉「優柔不断な男性は女性に好まれませんよ。」

長門「あなたが行動を起こさなければ、この状況はいつまでも変わらない」

キョン「お前ら俺に何か恨みでもあるのか」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 17:25:08.18 ID:6YQXmHyn0

ハルヒ「あんた、まさか…あたしが自分のパンツ見せでもしないかぎり
    パンツを見せてくれないつもりでいるんでしょうね?」

キョン「あぁそうだよ!何か問題でも?」

古泉「あなたそれでも男ですか」

キョン「何とでも言うがいい、俺は間違ったことは言っていない」

ハルヒ「くぅぅ… わ、分かったわよ!」

キョン「そうだ、だからあきらめるんだな… …ぇっ?」

ハルヒ「こ…これでいいんでしょぉぉ!!/////」バサッ

古泉「!!」

みくる「ぇ… ひゃあああああ!////」

キョン「わっ、わっ!!///バ、バカ何やってるんだハルヒ!しまえっ!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 17:26:16.69 ID:6YQXmHyn0

ハルヒ「〜〜っ!//// ほ、ほら…あたしは見せたわよ!
    さぁ観念しなさい!あんたのパンツ、たっぷりと見せてもらうわよ!!」

長門「…あなたの負け。ここはおとなしく彼女の要求を受け入れるべき」

キョン「くっ…ちくしょう…。」

ハルヒ「さぁみくるちゃん!有希!キョンのパンツが見れるわよ!
    そーれパーンーツ!パーンーツッ!」

古泉「もうあなたに逃げ場はありませんね。」

キョン「…あぁもう分かったよ!お前にあそこまでされちゃ
    俺だってお手上げだ!ほら、これが俺の、今日のパンツだ!」ズルッ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 17:31:09.47 ID:6YQXmHyn0

鶴屋「やっほー!遊びに来た… っさ… 」

キョン「あっ…」

鶴屋「…うん。まぁ、そういう衝動にかられるときもあるよね。
   思春期だものね。でもあんまりお父さんお母さんを
   悲しませるようなことは慎んだほうがいいと思うんだなっ… それじゃ。」

キョン「あぁぁっ!鶴屋さん!違うんです!これは、その…
    朝比奈さんちょっと説明して下さいよ!」

みくる「私何も知りません何も見ていません」

長門「これは良いオチ」

古泉「まったく、酷い結末になったものですね」

―――その後の俺がどうなったかは、各自の想像にお任せしよう。
   ただひとつ言えるのは、ハルヒの今日のパンツは
   白とピンクのチェック柄だったということ、そして今日の俺のパンツは
   何の面白味もない、グレーに黒ラインのボクサーパンツだったということだ。

                                 〜End〜



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「彼のためにクッキーを焼いてみた…」