オーキド「そこに三つのモンスターボールがあったじゃろ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「癒し屋シンジ?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 14:42:18.01 ID:eqvaNWGf0

オーキド「どうしても……研究費用が必要でな……」

レッド「……」

オーキド「しかた……なかったんじゃ……」

グリーン「じーさん……」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 14:47:23.25 ID:eqvaNWGf0

オーキド「連れて行かれるときの泣き声が、今でも耳に残っておる……」

レッド「……」

オーキド「う……ううっ……。すまん……。すまん……! 許してくれ、フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメ……!」

グリーン「じーさん……」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 14:52:08.07 ID:eqvaNWGf0

オーキド「ポケモン図鑑というものを作ってたんじゃ……。ポケモンと出会うとページが増えていく、素敵な図鑑を……」

レッド「……」

オーキド「わしの昔からの夢じゃった……。いつかお前たち二人に託して、わしの夢を完成させてほしかった……」

グリーン「じーさん……」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 15:00:42.32 ID:eqvaNWGf0

オーキド「夢だけでは生きていけない。じゃから、わしは夢を……売った……」

レッド「……」

オーキド「夢を捨ててまで……夢を叶えるために研究者になったのに……わしは、何の為に……?」

グリーン「じーさん……」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 15:05:59.04 ID:eqvaNWGf0

オーキド「助手が……仲間が、たくさんいたんじゃ。同じ夢を追う大切な仲間が……」

レッド「……」

オーキド「あの頃は楽しかった。毎日が慌ただしく、議論を交わして……今の静けさからは信じられんじゃろ?」

グリーン「じーさん……」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 15:09:43.23 ID:eqvaNWGf0

オーキド「家族を養うために、多くが去っていった……。出すものも出せないのだから当然のことじゃ」

レッド「……」

オーキド「残ってくれた者もいたが……わしが強引に別の研究所へ送った。彼らの生活のためを思って……」

グリーン「じーさん……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 15:16:45.96 ID:eqvaNWGf0

オーキド「……この研究所も売りに出される」

レッド「……!」

オーキド「色々と工面したが、もうどうしようもないんじゃ……」

グリーン「じーさん……!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 15:21:29.44 ID:eqvaNWGf0

オーキド「わしの……わしたちの……! 夢と、思い出が詰まった場所を……わしは……」

レッド「……」

オーキド「わしが今までしてきたことは何だったんじゃ……? ……いや、遅いか早いか、それだけの違いじゃな……」

グリーン「じーさん……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 15:25:58.44 ID:eqvaNWGf0

オーキド「わしが間違っていたのだろうか……」

レッド「……」

オーキド「そうかもしれんな。……キクコ、『そんな研究をしてるようじゃだめだ』と言ったな。お前が正しかった」

グリーン「じーさん……」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 15:31:55.05 ID:eqvaNWGf0

オーキド「……ほっほ! 子供にするような話じゃなかったな! すまん、すまん!」

レッド「……」

オーキド「人生こんなこともある! 駄目な見本と受け取ってくれ! ほっほっほっ……」

グリーン「じーさん……」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 15:35:39.22 ID:eqvaNWGf0

オーキド「なあ、お前たち、夢はあるか?」

レッド「……」

オーキド「こんなわしが言う資格などないが……夢を大切にしてくれ。……大切にできなかった、わしの代わりに」

グリーン「じーさん……」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 15:42:30.99 ID:eqvaNWGf0

オーキド「二人とも、年寄りの馬鹿な話につきあわせてすまなかった。聞いてくれてありがとう」

レッド「……」

オーキド「さ、帰りなさい。もうここへ来てはいかんぞ? 解体工事で危ないからのう」

グリーン「じーさん……」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 15:52:37.25 ID:eqvaNWGf0

その後、オーキド研究所は閉鎖。間もなく解体された。

オーキド「あ……ああ……! 研究所が……! わしの夢……ポケモンたち……みんな……!」

レッド「っ……」

オーキド「あ、う……うあああああ……っ」

グリーン「じーさん……っ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/10(月) 15:59:57.06 ID:eqvaNWGf0

跡地には遊園地が建造された。
マサラタウンはもちろん、他の町、別の地方からも多くの人を集め、マサラは賑わい、その財政は潤った。
園内の子供たちは一様に笑顔を浮かべている。

マサラは今日も人の笑い声が溢れている。
遊園地は今日も子供たちに夢と希望を与えている。

終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「温泉に行きましょう」