ハルヒ「キョンは巨乳と貧乳、付き合うならどっちがいいの?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠博士「出来たぞ新一、ワシのチンコが爆発するスイッチじゃ」

ツイート

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 19:47:57.71 ID:jW16Kozm0

ハルヒ「キョンは巨乳と貧乳、付き合うならどっちがいいの?」

キョン「それは朝比奈さんと長門どっちと付き合いたいかってことか?」

ハルヒ「別にそんなこといってないでしょ!アンタ谷口と昼にそんな話してたじゃない。
    だからちょっと聞いてみただけよ」

キョン「あ〜谷口の奴、声がでかいからな」

ハルヒ「で、どっちが好きなのよ?」

キョン「別に…強いていうなら、ちょっと大きいなっていう位が一番いいと思うが」

ハルヒ「ふ、ふ〜ん」(やだ、アタシのことをいってるのかしら)

キョン「じゃあ俺はもう帰るぞ」

ハルヒ「じゃあね。明日は不思議探索なんだから遅れないでよ!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 19:55:27.56 ID:jW16Kozm0

           ハルヒの家

ハルヒ(そっか〜、キョンはこの位の大きさがいいのね)

ハルヒは全裸で鏡の前に立っていた。

   (ハリもいいし、形もいい、乳首も大き過ぎず小さすぎずのいい大きさ)

         モミモミ

   「ああっキョン駄目だよう…ふふ、なんちゃって」

   (ただなぁ…なんでアタシの乳首こんなに黒いんだろう。これじゃあ
    もしもキョンが見ることになったら、引かれちゃうかも)

     「はぁー」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 20:06:25.82 ID:jW16Kozm0

キョン「珍しくハルヒの奴が来てないな」

古泉「本当ですね。ただですね、最近の涼宮さんは不思議探索に来る時間が割と
   遅いんですよ。アナタはいつも最後ですから知らなかったでしょうが」

キョン「そうなのか?」

古泉「ええ、それまでは必ず涼宮さんが一番にここに来ていたのですが、
   最近は、それが二番になり三番になり、先週はアナタがくる5分前ギリギリでした」

キョン「アイツも不思議探索に飽きてきてるんじゃないか?」

みくる「キョン君…まさか気付いてないんですか?」

キョン「何をですか?」

みくる「涼宮さんの私服、最近どんどん可愛らしくなってるじゃないですか。
    この前なんか、うっすらとですが香水の匂いがしたんですよ!」

キョン「そういえば、そんな気もしますが…それが関係あるんですか?」

みくる「つーまーりー。おめかしに時間をかけてるから出かける時間が、
    遅くなってるんですよ!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 20:19:48.46 ID:jW16Kozm0

ハルヒ「みんなおはよう!」タタタッ

みくる(かっ可愛すぎます。きっとキョン君のために…)

胸の形がハッキリと強調された、ワンピース風のキャミソールから、
白くて健康的な肩と太股が覗いている。ハルヒは満面の笑みを浮かべて駆けてきた。

古泉「ほう、これはこれは」

ハルヒ「珍しいじゃないキョン。アンタがビリじゃないなんて」

キョン「ああ、今日はお前の奢りだな」(ホントだ。何か滅茶苦茶おしゃれしてんじゃねーか)

ハルヒ「ああ、今日はサイフの中にお札が入ってないわ。割り勘ね」

キョン「ったく、勝手だな」

ハルヒ(だって、乳首の色を薄くするクリームが高かったんだもん)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 20:31:26.14 ID:jW16Kozm0

みくる(涼宮さんが難しい顔してる…これだけお洒落してるのに
    キョン君がほめてくれないからだ…アシストしないと)

みくる「す、涼宮さんの今日の服どこで買ったんですかぁ?
    いいなぁその色」

ハルヒ「ああ〇〇駅前のショップで買った安物よ、これ」

みくる「本当ですかぁ。でもすっごく似会ってますよ。ね!キョン君?」

キョン「ああ、なんか女っぽいぞ」

ハルヒ「何よ!いつもが女らしくないって言いたいワケ」(褒めてるのよね?どうしよう)

キョン「実際、普段は女らしくないだろうが」

みくる(…くそったれ)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 20:42:35.78 ID:jW16Kozm0

ハルヒ「じゃあ、班分けするわよ。さぁ引いた引いた」

古泉「無印ですね」

みくる「無印ですぅ」

長門「…私も」

キョン「印ありだな」

ハルヒ(嘘でしょ?半分もう諦めかけてたのに…ついに)ドキドキ

ハルヒ「アッアタシは印ありね。キョン、足ひっぱらないでよ」

キョン「そういえば、お前と二人で探索なんて初めてだな」

ハルヒ「ふ、ふぇぇ…いや、そ、そうだったかしら」

みくる(私みたいな演技じゃない。本物の「ふぇぇ」だ…カワイすぎる)



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 20:50:49.69 ID:jW16Kozm0

ハルヒ「じゃあ探索開始よ!」

古泉「じゃあ僕たちはこちら側に行きますか」

みくる「はい、そうしましょう」(涼宮さんガンバ!)

長門「この方角から行くと、新しくできたつけ麺屋ある。」

古泉「では、そうしましょう」

ハルヒ「3人とも行っちゃったわね」

キョン「で、どうするんだよ団長さん?」

ハルヒ「とっ、とりあえず街の中心部に行きましょう」

キョン「ああ、そうするか」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 21:05:28.22 ID:jW16Kozm0

キョン「何か不思議なものがありそうか?というか、お前なにさっきから下向いてんだよ?」

ハルヒ「いつも前や上ばっか見てるから…今日は地面に注目してるのよ!
    アンタも頭使いなさい」
    (駄目だ、顔あげられない。こんな所を若い男女が歩いてるのよ?
     あの女の子からも、あそこのおっさんとおばちゃんからも、
     恋人同士に見られてるに違いないじゃない。ただでさえカップルが
     多い通りなのに)

キョン「そう言えばハルヒさ、最近お前がお洒落だって、朝比奈さんが言ってたぞ」

ハルヒ「もともとセンスがいいだけよ」

キョン「なんかお前と歩いてるとさ、物凄い視線を感じるんだが」

ハルヒ「そう?」(まさか、キョンもアタシと同じこと考えてるのかしら?)ドキドキ

キョン「ほら、あの男もこっち見てる。お前の彼氏になる奴は大変だろうな」

ハルヒ「…」

キョン「朝比奈さんはもっと大変だろうけどな」

ハルヒ「…バカキョン」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 21:23:37.92 ID:jW16Kozm0

キョン「あっあそこに新しく店が出来てるぞ」

ハルヒ「本当ね。そういえば新しくブティックが出来るってチラシが入ってたわね」

キョン「入ってみるか?」

ハルヒ「そうね。新しいスポットはチェックしとかないと」

         イラッシャイマセー

キョン「なんというか…女物の店って華やかだな」

ハルヒ「こういうところ入るの初めて?あんたデートでこういう所とか来たことないの?」

キョン「うるせぇよ」

ハルヒ(キョンのはじめてゲット!)

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 21:33:28.68 ID:jW16Kozm0

キョン「へー、女物って高いもんばっかと思ったら、意外と高くないな」

ハルヒ「開店セールだからよ。もっとお金持ってくればよかったわ。
    ちなみにキョンはどういう服が好きなのよ?…アンタのセンスを試験するわ」

キョン「ん〜、そうだな。あっこれなんか可愛いんじゃないか?」

ハルヒ(ピンクのフリフリワンピ!…ハードル高いけど…着てみようかな」

キョン「長門もたまには制服じゃなくて、こういうの着れば似合うんだが」

ハルヒ「…」

キョン「なぁハルヒ」

ハルヒ「…なさいよ」

キョン「あっ?なんか言ったか」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 21:42:40.76 ID:jW16Kozm0

ハルヒ「アタシに似会いそうな服を探しなさいよって言ってんの!」

キョン「あ、ああわかったよ。何怒ってんだよ?」

ハルヒ「何よ。さっきから、みくるちゃんと有希の話ばっかり、
    アタシと不思議探索してるのよ!」

キョン「そ、そうだったな。スマン」
    (なんだよハルヒの奴…目を潤ませやがって、なんというか
     すげぇ可愛いじゃねーか!)キュンキュン

ハルヒ「で?」

キョン「でっ?て、何だよ」キュンキュン

ハルヒ「だから、どの服がアタシに似会うのかって聞いてんのよ!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 22:01:32.24 ID:jW16Kozm0

キョン「これなんか落ち着いた感じでいいんじゃないか?」

ハルヒ「有希にはピンクで、アタシには茶色なんだ…」

キョン「いや、やっぱり違うな。お前にはやっぱりもっと明るい感じの色が」

ハルヒ(ふふ、あせってるキョン可愛いじゃない。あの服もまぁいい感じだわ)

キョン「あっこれ可愛いんじゃないか」

ハルヒ「なによ、さっきの有希のワンピの色違いじゃない」

キョン「いや、でも青はお前に似合いそうな気がするぞ」

ハルヒ「うん。まぁ実はアタシも一番最初に、これが目についてた」

キョン「だろ?絶対に合うと思うぞ」

店員「よかったらご試着してくださいね」

キョン「着てみろよ」

ハルヒ「…うん」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 22:09:08.48 ID:jW16Kozm0

           シャー

キョン「おおっ!」

ハルヒ「ど、どうかしら?」

キョン「似会ってるぞ」(これでポニーテールだったら…恐ろしい)

ハルヒ「ふーん。まぁ着心地もいいわね」

店員「ふふ、彼氏さん顔が赤いですよ」

キョン「いや、あのですね。別にそういう間柄では…
    おい、ハルヒ!黙り込むなよ」

店員「ちなみにこちらの商品、在庫がこれひとつしかないんですよぉ」

キョン「…これください」

ハルヒ「いいの!キョン?」

キョン「飯は今後一月おごらんぞ」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 22:22:44.57 ID:jW16Kozm0

ハルヒ「フンフフ〜ン」

キョン「おい、変な歩き方するなよ。恥ずかしい」

ハルヒ「ねぇキョン!次はどこ行く?」

キョン「もう昼だぞ!古泉達も多分待ってるぞ」

ハルヒ「…そっか」

キョン(クソ!いちいち可愛いじゃねぇか畜生!)

ハルヒ「じゃあ早く行くわよ!」ギュッ

キョン「いちいち手を引っ張らなくても分かってるぞ」キュンキュン

ハルヒ「うるさい!早く行くわよ」ドキドキ

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 22:31:27.50 ID:jW16Kozm0

ハルヒ「やっほー。みんな何か不思議は見つかった?」

古泉「んふっ」ニコ

長門「…」ジー

みくる「…」プルプル

ハルヒ「何よ3人とも。黙り込んじゃって」

キョン「おい!いいかげんに手を離せよ」

ハルヒ「へっ?あっああアンタが勝手に握ったんでしょ。いやらしい」パッ

キョン「…お前が引っ張ってたんじゃねぇか」

みくる(ぬぉぉぉキタキタキタ)

長門(朝比奈みくるに異常を確認)

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 22:42:58.74 ID:jW16Kozm0

ハルヒ「あれ?古泉君とみくるちゃん何も食べないの?」

古泉「ええ、つけ麺を先にいただいてしまいましたので」

長門「…」パクパク

みくる「涼宮さん、そういえばその可愛い袋なんですかぁ?」

ハルヒ「聞きたい?みくるちゃん」ニタァ

みくる「はいっ聞きたいですぅ」

ハルヒ「アタシはいいって言ったんだけどね。キョンの奴がどうしても買ってやるって
    いうもんだから、根負けしちゃって。ほら、これよジャーン!」

キョン(やれやれだな)

みくる「わぁ凄い!青いワンピースですね。いいなぁ」
   (よくやった。キョン君ほんとによくやった!)

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 22:57:15.82 ID:jW16Kozm0

ハルヒ「ちょっと派手な気もするけど。どうかなぁ?」

みくる「そんなことありませんよ。絶対似合います。もうちょっと良く見せてくれますかぁ?」

ハルヒ「ふふ、いいわよ。ハイ」

みくる「ありがとうございます」ガチャン

古泉・キョン・長門「あっ!」

みくる「ひぇぇぇ!コーヒーがぁ」

コーヒーカップからこぼれたブラックコーヒーは、吸い込まれるように、
ハルヒの青いワンピースに染み込んでいく。

みくる「ひぇぇぇ。ごめんなさい。今すぐ洗わなきゃ」

キョン「危ない!」

みくる「熱いっ!ぴぃぃッ」ガチャンガラガラ

キョン「大丈夫ですか朝比奈さん!ハルヒもヤケドはないか?」

ハルヒ「…アタシは大丈夫」

キョン「朝比奈さん、とにかく冷やしましょう早くこっちに」ギュッ

みくる「ぴぃぃぃぃ熱いよう。涼宮さんごめんなさいぃ」

古泉(…最悪だ)

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:17:50.38 ID:jW16Kozm0

ハルヒ「大丈夫?みくるちゃん」

みくる「…はい。本当にごめんなさい。弁償します」

ハルヒ「何いってんのよ。まぁブラックコーヒーだけど、水溶性の染みだから、
    漂白剤使えばそんなに目立たないわよ」

みくる「でも、それだとかなり色落ちが」

ハルヒ「いいのよ。アタシにはちょっとやっぱり派手だったから」

長門「それ…貸しておいてほしい」

ハルヒ「なんで?」

長門「いいクリーニング屋を知っている。貸して」

ハルヒ「そう、じゃあ頼もうかしら」

長門「…」コクリ

ハルヒ「じゃあ、アタシ今日は帰るね」

キョン「送っていくぞ?」

ハルヒ「いいわよ。じゃあまた学校でね」タタタッ

キョン「…じゃあな」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:28:20.90 ID:jW16Kozm0

キョン「長門…すまんな」

長門「…この程度のシミ抜きは簡単」

           パァァァァ

古泉「おみごとです。すぐにでも涼宮さんを追いかけたいところでしょうが、
   さすがに早すぎて怪しまれるので、そこはご勘弁を」

キョン「ああ、わかってる」

みくる「キョン君ごめんなさい」グスッグスッ

キョン「いいんですよ。綺麗にシミも落ちたことですし」

みくる「でも…きっと涼宮さんは、本当にまっさらな状態であの服を着て
    キョン君と歩きたかったんだと思うんです…あんなに嬉しそうな顔
    してたんですもん。私にはわかります。それを、それを私が汚しちゃったぁ」ポロポロ

キョン「…」

古泉「女心とはやっかいなものです…」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:41:48.35 ID:jW16Kozm0

           ハルヒの家

ハルヒ「はぁっ」
   (しょうがないわよね。みくるちゃんも悪気があったんじゃないんだし…
    それになんといってもキョンが服を買ってくれたのよ!最高の一日じゃない)

   (明日にでもキョンをウチに呼んで、見せたかったなんて考えたアタシが馬鹿だったわ)

   「あ〜もう!考えてもしょうがない!それよりもこっちのシミ抜きしなきゃ」

           ヌリヌリ

(それにしてもこのクリームホントに効くのかしら?ちょっとはピンク色になってる気もするけど…)

       「あっんん」(はぁ、キョンの手握ったから発情してるのかしら?
              乳首立ってきちゃった)

ハルヒ母「ハルヒー!お客さんきてるわよー」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/12(月) 23:51:16.64 ID:jW16Kozm0

ハルヒ「は、はーい!今行くから」(誰よ?よりにもよってこんな時に)

          ドタドタバタバタ

キョン「ようっ」

ハルヒ「キョン…どうしたのよ」

ハルヒ母「まぁ取りあえず上がって下さいね」

キョン「じゃあ、お邪魔します」

           ハルヒの部屋

ハルヒ「どうしたのよ。ワンピのことならアタシは気にしてないわよ」

キョン「何かお前顔が赤くないか?ちょっと色っぽいというか」

ハルヒ「別に、今日は暑いからじゃない」(乳首いじってたなんて言えない)

キョン「そうか。実はなハルヒ、俺、今日嘘ついちまったんだよ」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 00:02:40.72 ID:aR56xIPH0

ハルヒ「何をよ?」

キョン「実はな、あの青いワンピもメチャクチャ似合ってたが、
    本当はもっと着て欲しいのがあったんだ」

ハルヒ「何で今更そんなこと言うの?アタシはアレをキョンに買って貰って嬉しかったのに」

キョン「俺な、本当はピンクの服着た女の子萌えなんだよ」

ハルヒ「はぁ?」

キョン「あの時、俺が先に長門の話をしちまったから言い出しにくかったんだが、
    本当はお前にこれを着て欲しかったんだ」

キョンは自分の鞄から、見覚えのある袋を取り出して、それをハルヒに渡した。

キョン「中を見てみろよ」

ハルヒ「やけにでかい鞄持ってると思ったら…こういうことだったのね」

キョン「びっくりさせようと思ってな」

ハルヒはピンクのワンピースを大事そうに胸に抱いた。

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 00:10:41.32 ID:aR56xIPH0

ハルヒ「ありがとう、キョン」グスッ

キョン「財布の中がすっからかんだ」

ハルヒ「今度はアタシが服を選んで買ってあげる…あとお昼代浮かすために
    弁当作ってやるから食べなさい」ポロポロ

キョン「そいつはありがたい。ところでハルヒ、このクリームみたいなのはなんだ?」

ハルヒ「それには触るなぁ!見るなぁ」

キョン「乳首の色素を薄くする魔法の…」

ハルヒ「ワンピに着替えたいから出てけぇ!」

キョン「わかったわかった」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 00:26:54.49 ID:aR56xIPH0

ドアの前で待たされていたキョンに声がかかる。
ハルヒ「入っていいわよ」

キョン「…」

ハルヒ「…何かいいなさいよ」

キョン「お前、何ポニーテールにしてるんだよ」

ハルヒ「別に、なんとなく」

キョン「反則すぎるぞ…凄く似合ってる」

ハルヒ「そう…この服ぐらいピンク色になったらその下も…」

キョン「何、ぼそぼそいってるんだ?」

ハルヒ「何でもない!こっちは綺麗なピンク色よ!」

ハルヒはキョンに飛びついて、柔らかいピンクの唇を押しつけた。そして長いキスをする。

ハルヒ母「コーヒーが入ったわよ。きゃっ失礼」 ガチャーンガラガラ

ハルヒ「お母さん大丈夫!?」

キョン「ハルヒ、お前は近づくなよ!もうあの店にはしばらく行きたくないからな」

            おわり



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 01:10:56.63 ID:aR56xIPH0

             おまけ

ハルヒ「はぁ〜こりゃみごとな露天風呂ね!さぁ入りましょう」

鶴屋「ハルにゃん待った!湯につかる時はタオルも何もつけないのが鶴屋家のルールさ!」

ハルヒ「…」

鶴屋「ほら、みくるも有希っこも脱いだ脱いだ」

ハルヒ(みんな綺麗な乳首の色してる…特に鶴屋さんは完璧なおっぱいだわ)

鶴屋「ほら、ハルにゃんも!」サッ

ハルヒ「あっ」

鶴屋「ハルにゃん乳首黒いね〜。サラミが乗ってるのかと思ったよ。さては遊んでるねぇ?」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/13(火) 01:19:48.03 ID:aR56xIPH0

ハルヒ「…ちがうわよ」

鶴屋「ゴメンゴメン、キョン君に吸われ過ぎちゃったんだろう愛の勲章だね!」

ハルヒ「まだキョンにも見せてない…こんな乳首みせられない」ポロポロ

鶴屋「ハルにゃん!お姉さんにまかせるっさーちょっと待っててね」

          10分後

鶴屋「さぁハルにゃん。このクスリを乳首につけてマッサージをしたら一発だよ」ヌリヌリ

ハルヒ「んはぁ、何か乳首が熱い、何これぇ」

鶴屋「じっとしててね。次はマッサージ」クリクリモミュモム

ハルヒ「んはぁぁぁん」

鶴屋「ほら、ええか、ええか、ええのんか」

みくる「いいかげんにしなさい」 ポカリ

鶴屋「乳垂れをふせぐクスリもあるよ?」

みくる「だまってください」 ポカリ

              おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「汚い……早く拭いてくださいね」