ハルヒ「あんた達付き合ってるわけ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「古泉君、あんたウザいわ」

ツイート

1 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/08(土) 21:17:03.08 ID:P9F0wCP20

キョン「そんなわけないだろう」

朝倉 「付き合ってないわよ?」

ハルヒ「そうよね」

朝倉 「おかしな涼宮さん。で、キョン君今日も来る?」

キョン「ああ、そうだな。お邪魔するとしようか」

朝倉 「よかった。じゃあ晩御飯作って待ってるわね」

キョン「おう、いつも悪いな」

ハルヒ「アンタら付き合ってんでしょ!!」バンッ

朝倉 「付き合ってないわよ?」

キョン「付き合ってないぞ?」

3 名前: ◆7I768BCHo.[saga sage] 投稿日:2012/09/08(土) 21:31:13.55 ID:P9F0wCP20

長門宅

 キ
朝机長
 ハ


キョン「とまあ、そういう訳でたまにこうやって食卓を囲む訳だ」

ハルヒ「なんだ、本当に付き合ってないのね」

ハルヒ「ま、付き合ってても何も関係ないんだけど。というか有希も一人暮らしなら簡単に男あげちゃダメじゃない」

長門 「問題ない」

朝倉 「私もそれは言ったんだけれどね。長門さんってば無防備なんだから」

ハルヒ「で結局その時何話してたのよ」

キョン「文芸部の今後についてだ。お前がSOS団の拠点として乗っ取るのはいいが文芸部の部員として名前を貸してくれってな」

ハルヒ「なんだ、そんなことならあたしに言いなさいよ」

朝倉 「乗っ取ってる本人に直接言うのは躊躇ったんでしょう」クスクス

ハルヒ「でも結局キョンで止まってその話しわたしまで届いてないし」

キョン「適当に文芸部存続に必要な人数の名前借りたからな。わざわざ報告することのもんでもあるまい」

朝倉 「キョン君、あたし、谷口君、国木田君だったわよね」

キョン「ああ」

ハルヒ「ふーん。ま、あそこが今後使えるならなんでもいいけど」

4 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/08(土) 21:35:57.01 ID:P9F0wCP20

キョン「じゃあそろそろおいとまするか」

長門 「ごちそうさま」

朝倉 「お粗末様でした」

ハルヒ「じゃあまた明日ね、有希」

長門 「また」フリフリ



5階
チーン

朝倉 「それじゃあ涼宮さん、また明日」

キョン「じゃあな、涼宮」

ハルヒ「あれ?アンタもこのマンションだったっけ?」

キョン「いや俺は朝倉の家に寄って行くだけだが?」

ハルヒ「やっぱり付き合ってるんじゃない!!!」

朝倉 「違うわよ?」

キョン「違うぞ?」

5 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/08(土) 21:36:36.61 ID:P9F0wCP20

朝倉宅

朝倉 「キョン君はいつも洗い物手伝ってくれてるだけよ」

キョン「ああ。ん?おい朝倉俺のエプロンどこだ?」

朝倉 「あ、ごめんなさい。干したままだわ。ちょっと待っててね」パタパタ

キョン「ああ、洗ってくれたのか。悪いな」

ハルヒ「」

6 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/08(土) 21:42:50.53 ID:P9F0wCP20

ハルヒ「なんでアンタのエプロンが置いてあるのよ!!」バンバンッ

キョン「いやこうやって並んで作業するにはエプロン二つ必要だろ」ザブザブ

朝倉 「だからこの前一緒に買いに行ったのよね」キュッキュッ

ハルヒ「あーもうっ!!絶対認識がおかしい!!それともあたしがおかしいの!?」

キョン「お前から見ておかしいってことは普通だろ」ザブザブ

ハルヒ「んなわけあるかぁぁああ!!!!」

朝倉 「涼宮さん、もう夜遅いしもう少し静かにお願い」キュッキュ

ハルヒ「ぐっ…」

キョン「全く非常識な奴だ」ザブザブ

ハルヒ「」


9 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/08(土) 21:53:02.19 ID:P9F0wCP20

朝倉 「はい、おしまい」カチャ

キョン「今日もごちそうさま」

朝倉 「お粗末さまでした」ニコッ

キョン「さて、それじゃあ」

朝倉 「ええ」

ハルヒ「帰りましょうか」

キョン「ん?帰るのか?」

ハルヒ「は?」


12 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/08(土) 22:09:31.76 ID:P9F0wCP20

キョン「いやこれから金曜洋画劇場始まるから茶でも淹れて一緒に見るつもりだったんだが」カポッ

ハルヒ「は?映画?」

キョン「ああ。お前帰るのか?それならもう遅いし送るが」

朝倉 「あ、それならわたしも行くわ。帰りにコンビニでも寄りましょうよ。ポップコーンとか買いたいし」

キョン「塩バターな」

朝倉 「キャラメルでしょ」

キョン「あれファミマに売ってないだろ」

朝倉 「ちょっと歩くけどミニストップにあるわよ」

ハルヒ「あんたらやっぱ付き合ってるんでしょ?」

キョン「いや?」

朝倉 「そんなことないわよ?」

13 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/08(土) 22:21:57.27 ID:P9F0wCP20

ハルヒ「で、今日の映画なんなのよ」ポリポリ

朝倉 「えーっとね、終わりのない物語ですって」ポリ

ハルヒ「ふーん。また古い映画ね」

朝倉 「見たことあるの?」

ハルヒ「まあね」

キョン「おーい朝倉。この前買ってきた湯のみどこ置いた?」

朝倉 「あ、ごめんなさい。まだ開けてなかったわ」パタパタ


15 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/08(土) 22:24:52.13 ID:P9F0wCP20

朝倉 「はい、これ」

キョン「ん、サンキュ」

ハルヒ「今更なんだけどお茶はキョンが淹れるのね」ポリポリ

キョン「飯を御馳走になってるわけだしな。これくらいはしないとな」

トポトポ トポトポ トポトポ

コト コト

キョン「ほい」

朝倉 「ありがとう」

ハルヒ「ん…ってあんたら…」

キョン朝倉「「ん?」」

ハルヒ「それ夫婦湯のみじゃない!!」バンッ

キョン「それがなにか問題あるか?」ズズッ

朝倉 「安かったのよねー」ズズズ

キョン「湯のみならなんでもいいしなぁ」

ハルヒ「」


16 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/08(土) 22:57:52.65 ID:P9F0wCP20

ハルヒ「んーやっぱり今見ちゃうと着ぐるみとかセットとかちゃっちく感じるわねぇ…」

朝倉 「そう?わたしは気にせず楽しめたけど」

キョン「おれは主題歌が好きだな」

朝倉 「あ、それわかる。いいわよねあの曲」

朝倉 「テーンタターン テレレレレー レレレーレレーレーレレー」

キョン「テーンタターン テレレレレー レレレーレレーレーレレー」

朝倉 「〜♪」

キョン「〜♪」

キョン朝倉「「 never ending story〜♪」」ハモリ

朝倉 「あははっ」

キョン「やっぱそこは歌うよな」

朝倉 「今度カラオケ行って練習する?」

キョン「デュエットかよ」

ハルヒ「なんであんた達付き合ってないのよ!!」バァン!!





ハルヒ「って違うわ!」バァン!!!

19 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/08(土) 23:49:03.20 ID:P9F0wCP20

キョン「落ち着いたか?」

ハルヒ「ええ」

朝倉 「みんな聞いてくるけど本当にわたしたち付き合ってないし付き合うつもりもないわよね」

キョン「ああ。朝倉と恋愛関係になるなんて考えられんしなあ」

朝倉 「ねえ」

ハルヒ「ふーん」

朝倉 「まあ一緒にいて居心地はいいけれど」

キョン「そうだな」

22 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/08(土) 23:56:40.65 ID:P9F0wCP20

ハルヒ「端から見れば夫婦みたいなんだけど」

朝倉 「ですって。お互い売れ残ったら結婚する?」

キョン「何年後の話だっつーの」

ハルヒ「それにキョンはともかく朝倉が売れ残るなんてことはないわよ」

朝倉 「あら、ありがとう。でもそもそもわたしそんな先まで存在してるかしら?」(宇宙人だし)

ハルヒ「え?」

キョン「あーそうか。というかもし、いたとしてお前子供とか産めるのか?」(宇宙人だし)

ハルヒ「は?」(病気か何か?)

朝倉 「あ、解らないわ。どうなんだろ?わたしちゃんと子供産めるのかしら?」(宇宙ry)

ハルヒ(こんな重い話軽く口にしちゃっていいわけ!?)

25 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 00:01:26.44 ID:Q9EfSCn80

朝倉 「今日もありがとう、キョン君。また来てね?長門さんも喜ぶから」

キョン「ああ。じゃあな」

朝倉 「ええ。また来週」

ハルヒ「…」

朝倉 「涼宮さんも、どうもありがとう。賑やかで楽しかったわ」

ハルヒ「ええ…」

朝倉 「元気ないわね…どうかしたの?」

ハルヒ「なんでもないわ」

キョン「大丈夫か?」

ハルヒ「……うん」

朝倉 「それじゃあね」

キョン「おう」

ハルヒ「ええ」


バタン

27 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 00:16:27.61 ID:Q9EfSCn80

ハルヒ家までの道のり


ハルヒ「ねえキョン」

キョン「ん?なんだ」

ハルヒ「朝倉大事にしなさいよ」

キョン「は?」

ハルヒ「それに結婚しろとは言わないけど、あの子支えてあげなさい」

キョン「???」

ハルヒ「いい?」

キョン「いや、そのなんの話だ?」

ハルヒ「あの子病気なんでしょ?」

キョン「病気?なんのことだ?」

ハルヒ「とぼけるんじゃないわよ。さっきそんな先まで生きてるか解らないとか子供が産めない体だの言ってたじゃない」

キョン「ん?あ、あれな」

ハルヒ「そうよ。病気なんでしょ?」

キョン「いや、あれは…まあ頭の病気かもしれんが…」

ハルヒ「頭の病気?」(やっぱり深刻なのね…)

キョン「あいつ地球外生命体産人造人間らしいからな」










ハルヒ「は?」

36 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 14:27:39.69 ID:Q9EfSCn80

キョン「という話らしい」

ハルヒ「ばっっっっっっっかじゃないの!?」

キョン「いや、それはお前が言ってはいけないセリフだろう」

ハルヒ「うっさい!!有希はなんとなくありかな、とは思ったけどあんな所帯じみた宇宙人がいるわけないでしょうが!!」

キョン「まあ確かに人間臭すぎるが」

ハルヒ「心配して損した!!ただのちょっとイタイ子じゃない!!」

キョン「お前よりマシだけどな」

ハルヒ「うっさい!!」バシッ

キョン「いって」

ハルヒ「もうここでいい!!明日10時よ!!遅れるんじゃないわよ!!!」

37 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 15:23:43.53 ID:Q9EfSCn80

週明け北高

キョン「あっつ…」パタパタ

ハルヒ「あたしも煽いでよ」ダレーン

キョン「自分でやれ」パタパタ

キョン「あのさ、涼宮。お前『幸せの青い鳥』って知ってるか?」パタパタ

ハルヒ「それが何?」

キョン「一昨日聞いた話だが、朝比奈さんは未来人らしいぞ」パタパタ

ハルヒ「ねぇもしかしてあんたが頭おかしいんじゃないの?」

キョン「お前だけには言われたくないなぁ」パタパタ

38 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 15:52:52.30 ID:Q9EfSCn80

朝倉 「おはよう二人共」

キョン「おう、おはよ」パタパタ

ハルヒ「ん」ヒラヒラ

朝倉 「もうネクタイゆるゆるじゃない。ほらこっち向いて」

キョン「ん?」

シュシュ キュッ

朝倉 「はい、オッケー」

ハルヒ「新妻か」ベシッ

朝倉 「はいはい、ほら涼宮さんもちゃんと襟止めて」プチプチプチ

ハルヒ「お母さんか」ベシッ

41 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 19:05:27.96 ID:Q9EfSCn80

朝倉 「今日どうする?」

キョン「ああ、この前言ってたやつ持って来たぞ」

朝倉 「本当?じゃあ楽しみにしてるわ。涼宮さんはどう?」

ハルヒ「もう突っ込むの面倒だしいい」

朝倉 「あら残念」

キョン「突っ込みていうかあれ叫んでるだけだろ」

ハルヒ「いや、あんたたちは絶対おかしい」

キョン「友達だよなぁ?」

朝倉 「ねえ」




谷口 「それはないよな」

国木田「そうだね。乗り換え早いなあ」

43 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 19:19:21.32 ID:Q9EfSCn80

長門宅

 キ
朝机長


キョン「で、今日古泉が超能力者だって告白してきたわけだが、なんであいつあんなボロボロだったんだろうか」

朝倉 「今も頑張ってるんじゃないかしら?」

キョン「?」

長門 「比較的大きな情報フレアが発生し続けている。解析が進むかもしれない」

キョン「よかったな?」

朝倉 「ええ、ありがとう」

長門 「やはりあなたは涼宮ハルヒにとっての鍵」

朝倉 「ま、そういう難しい話は置いといて、デザート食べ「食べる」

キョン「長門、セリフにかぶせるのはよろしくないぞ」

朝倉 「長門さんはよく食べるのよねぇ」クスクス

45 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 19:29:45.43 ID:Q9EfSCn80

食後

キョン「うまかった。御馳走様」

長門 「ごちそうさま」

朝倉 「はい。お粗末さまでした」

キョン「一応聞くが長門もDVD見るか?」

長門 「いい。これを読む」

朝倉 「海外ドラマ結構面白いわよ?」

長門 「本も興味深い」

朝倉 「そっか。じゃあお勧めある?」

長門 「………彼に貸してる」

キョン「ああ、あれな。結構面白いがまだ読み終わってないな」

朝倉 「じゃあ次貸してもらってもいい?」

長門 コクン

朝倉 「ありがと」ニコッ

46 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 19:44:59.45 ID:Q9EfSCn80

朝倉 「やっぱり長門さん家ももっと物増やすべきよね」

キョン「そうだな。とりあえずカーテン必要だろ」

長門 「必要ない」

朝倉 「一応外見は年頃の女の子なんだから気をつかいましょうよ」

キョン「ってこれ何回目のやりとりだっけか」

朝倉 「5回目くらい?」

長門 「6回目」

キョン「そうか」

朝倉 「もうわたしが勝手に買ってきていい?」

長門 「…本棚」

朝倉 「解ったわ。じゃあ本棚とカーテンをまず揃えましょ」

キョン「この辺で家具っつったら苦楽園の方にあったっけかな」

朝倉 「本当?じゃあ今度案内してよ」

キョン「いいぞ」

朝倉 「ありがとう」

48 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 19:51:32.39 ID:Q9EfSCn80

朝倉 「じゃあまた明日ね長門さん」

キョン「じゃあな」

長門 フリフリ

バタン

朝倉 「そういえばDVDって何本持ってきたの?」

キョン「とりあえず2枚」

朝倉 「何話分?」

キョン「3話入り、と2話の第5話までだな」

49 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 20:20:36.36 ID:Q9EfSCn80

ポチ ウィーン

朝倉 「…気になるわ」

キョン「…気になるな」

朝倉 「…でも2枚目見たら流石に遅くなりすぎよね」

キョン「…そうだな」



ウィーン




午前0時過ぎ

キョン「やっちまった…」

朝倉 「全部見ちゃった」

キョン「これだから海外ドラマは…」

朝倉 「困るわよね…」

50 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 20:25:43.14 ID:Q9EfSCn80


キョン「よし、俺帰るわ。次DVD持ってくる時は1枚にしておく」

朝倉 「そうね。それがいいわ」

キョン「じゃあまた明日な」

朝倉 「ええ。お休みなさい」

キョン「おやすみ」

51 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 20:34:27.59 ID:Q9EfSCn80

北口駅前公園付近

ハルヒ「あ…」

キョン「げ…」

ハルヒ「…あんたこんな時間まで朝倉ん家にいたわけ?」

キョン「そうだが…お前こそこんな時間になにやってるんだよ」

ハルヒ「土曜の反省会。回ったとこ見落としがないかもう一回行ってきたの」

キョン「1人でか?」

ハルヒ「そうよ、何か問題でもある?」

キョン「普通に危ないだろ。ったく、送ってくからうしろ乗れよ」

52 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 20:42:33.25 ID:Q9EfSCn80

チャリンコチャリチャリ

ハルヒ「ねぇ、なんであんた達付き合わないわけ?」

キョン「いや、なんでと言われても…あの関係が俺たちにとっては普通なんだが」

ハルヒ「じゃああんたにとって朝倉ってなんなわけ?」

キョン「急にそんなこと聞かれてもな…。気の合う友人とかじゃダメなのか?」

ハルヒ「友人ねぇ…」

ハルヒ「男女の友情なんてあるわけ?」

キョン「あるだろ」

ハルヒ「ふーん…」

55 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 20:55:54.85 ID:Q9EfSCn80

ハルヒ「じゃああたしは?」

キョン「は?」

ハルヒ「あたしは何?友達?団長?それとも変な女?」

キョン「自分で変な女って言うか?」

ハルヒ「いいから答えなさいよ」

キョン「……そうだな」

キョン「まだよく分からんけど、友達団長変な女全部あるが…」

ハルヒ「…」

キョン「ひっくるめてほっとけない奴かな」

ハルヒ「余計なお世話よ」ギュッ

57 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 21:17:14.96 ID:Q9EfSCn80

キョン「そういうお前は俺達のことどう思ってるんだよ」

ハルヒ「あんたと朝倉?」

キョン「違う。けどまあいいや、じゃあ先ずは俺と朝倉で」

ハルヒ「バカップル」

キョン「いや違うっつの」

ハルヒ「あたしがどう思ってるかでしょ。あたしはそう思ってるの」

キョン「…いや違う俺と朝倉がどういう関係か、じゃなくてお前にとっての俺、お前にとっての朝倉だって」

ハルヒ「なんでそんなこと答えなきゃいけないのよ」

キョン「俺も聞かれたんだし俺についてくらい教えてくれたっていいんじゃないか?」

ハルヒ「じゃあ下僕1号」

キョン「よし、お前について考えを改める」

ハルヒ「冗談よ」

キョン「全く冗談に聞こえない」

58 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 21:38:04.37 ID:Q9EfSCn80

踏切付近

ハルヒ「ここでいいわ」

キョン「おう、気をつけろよ」

ハルヒ「一応礼を言っとくわ。ありがと」

キョン「おう」

ハルヒ「あんたはそうね…」

キョン「ん?」

ハルヒ「なんかやっぱり会ったことある気がする」

キョン「俺は記憶にないが」

ハルヒ「だからなんか気になるやつってとこね。じゃまた明日」ヒラヒラ

キョン「お、おう」

スタスタスタ

59 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:39:09.65 ID:Q9EfSCn80

翌日

下駄箱

ノートの切れ端「放課後誰もいなくなったら、1年5組の教室に来て」


1年5組


キョン「………ってこれお前の字だろ?」ピラッ

朝倉 「そうだけど…それここで聞く?」

キョン「いや、時間くらい指定しろよ」

朝倉 「あーもういいわ。今日も来る?」

キョン「いや流石に連日はやめとく」

朝倉 「じゃあ4時くらいに来て頂戴」

キョン「了解」



ハルヒ「………」

60 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:48:43.18 ID:Q9EfSCn80

放課後

ハルヒ「あたし気分悪いから今日はもう帰る。みんなに伝えといて」

キョン「ん?おう。お大事にな」

ハルヒ ヒラヒラ



文芸部室

キョン「というわけで今日は涼宮は休みです」パチ

みくる「大丈夫かなぁ涼宮さん…」パチ

キョン「どうでもいいですけど古泉は今日も来ませんね」パチ

みくる「あ、角取られちゃう…なんだかアルバイトがあるって言って帰っちゃっいました」

キョン「またですか。あいつ忙しいですね」ズズズ

みくる「そうですねぇ」パチ

パチ

みくる「古泉君目に見えて憔悴してるんですけど大丈夫なんでしょうか…」パチ

キョン「…大変ですねえ」パチ

61 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:53:55.70 ID:Q9EfSCn80

4時半過ぎ

パタン

キョン「あ…」

みくる「どうかしました?」

キョン「すみません、少し用事があるので先に帰らせてもらってもいいですか?」

みくる「どうぞどうぞ。わたし着替えもありますし」

キョン「すみません。それじゃあまた明日。お疲れ様です」

みくる「お疲れ様です」

バタン

62 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:55:56.44 ID:Q9EfSCn80

1年5組

ガラッ

朝倉 「遅いよ」クスッ

キョン「悪い。で、なんだ?」

朝倉 「とりあえず、入ったら?」

キョン「そうだな」

63 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/10(月) 00:07:01.46 ID:uBeN8hz70

キョン「わざわざ呼び出して何の用だ?」

朝倉 「用があることは確かなんだけどね、ちょっと訊きたいことがあるの」

キョン「訊きたいこと?」

朝倉 「うん」

朝倉 「この間涼宮さんの前ではあたしと交際するのは考えられないっていってたけど、あれどうにもならない?」

キョン「…は?」

朝倉 「端的に言えばあたしとお付き合いしてほしいんだけど、ダメ?」

キョン「……それ本気か?」

朝倉 「ええ。もちろん」

64 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/10(月) 00:13:46.54 ID:uBeN8hz70

キョン「…なんでだ?いままで通りじゃだめなのか?」

朝倉 「わたしはそれでもいいんだけれどね」

キョン「あ?」

朝倉 「どうもあなたとあたしが一緒にいると涼宮さんの情報爆発が多発するのよ。それも結構な規模で」

キョン「あ、その設定まだ続くのか」

朝倉 「設定っていうか、じゃあこれはどう?」

キョン「?」

キョン「ってうお!?ドアがない!?っていうか窓もない!?」

朝倉 「信じてくれた?」

キョン「いやちょっと待て、信じる信じないの前にちょっと待ってくれ!なんだこれ!?」

朝倉 「情報操作よ?」

キョン「…お前本当に宇宙人なのか?」

朝倉 「冗談だと思ってたの?」

キョン「いや、普通はそう思う」

朝倉 「そっか」

65 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/10(月) 00:25:40.02 ID:uBeN8hz70

朝倉 「でもまあ、これで信じてくれたでしょ?」

キョン「…なんか、他にできるのか?」

朝倉 「他に?うーんこんなのどう?」

キョン「…!?」

朝倉 「動けないでしょ?」

キョン「おいおいマジかよ…」

朝倉 「でお話つづけていい?」

キョン「とりあえずこの金縛り解除してくれ」

朝倉 「あ、うん」

キョン「ふう」

朝倉 「立って話すのもなんだしもうこうなったら家に変えちゃうわね」

キョン「……マジかよ。教室が…完全にお前ん家じゃないか」

朝倉 「ええ。まあこれくらいどうってことないわよ」

キョン「ついでだし茶入れるか」

朝倉 「受け入れるの早いわね」

キョン「いやあ、もうなんか非日常過ぎて頭が追いついてないだけだ」


66 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/10(月) 00:36:11.27 ID:uBeN8hz70

キョン「で、なんだっけ?」ズズズ

朝倉 「そうそう、あたしとキョン君が親しいとどうも涼宮さんの情報爆発を誘発できるみたいだからお付き合いしない?ってお話し」

キョン「あー。なるほど。つまりお前は別に恋愛感情から付き合いたいわけじゃないわけか」ポリポリ

朝倉 「実は人間の感情よく理解できてないのよね」スズー

キョン「うわ宇宙人っぽいこと言ってるよこいつ。なんか本当の姿とかそういうのないのか?」

朝倉 「本当の姿?」

キョン「ほらこの間見ただろ。異星人対捕食者」

朝倉 「ああ、ああいうのはないわ。あたし自体はこの姿形で作られたヒューマノイドインターフェイスだし、情報統合思念体はそもそも有機生命体じゃないし」

キョン「なんだ。つまらん…が安心もした」

朝倉 「お望みならあんな風になれるけど?」

キョン「そのままで」

朝倉 「はいはい」ズズズ

67 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/10(月) 00:43:56.89 ID:uBeN8hz70

朝倉 「で、どう?付き合ってくれない?」

キョン「うーん。付き合うって言っても…何するんだ?」

朝倉 「…さあ?」

キョン「無計画かよ」

朝倉 「だって親密な関係っていえばとりあえず付き合えばいいんじゃないかと思って」

キョン「でもお前俺のこと好きじゃないんだろ?」

朝倉 「わからない。好きじゃないと付き合ってくれないの?」

キョン「というか普通好きな奴同士、もしくはどっちかが好きだから付き合うんじゃないのか?」

朝倉 「じゃあキョン君もわたしのこと好きじゃないの?」

キョン「いや普通に友人として好きだが」

朝倉 「じゃあ問題ないんじゃないの?」

キョン「いや違うだろー」ズズズ

朝倉 「難しいわね…」ズズズ

68 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/10(月) 00:49:40.38 ID:uBeN8hz70

朝倉 「ねえちなみに普通の付き合いって何するの?」

キョン「ん?一緒に飯食ったり、映画見に行ったり、遊んだりとかか?」

朝倉 「…それいつものあたしたちじゃない?」

キョン「ん?あれ本当だ。」

朝倉 「あれ?わたしたち付き合ってるの?」

キョン「いや違う…だろ?」

朝倉 「そうよね?」

キョン「他には…えーっとそうだ買いものしたり、お揃いのもの揃えたり、カラオケ行ったりとか」

朝倉 「あ、そう言えばカラオケいつ行く?」

キョン「あ、じゃあ日曜家具買いに行くついでに行くか」

朝倉 「そうね」


朝倉キョン「「あれ?」」

69 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/10(月) 01:16:54.46 ID:uBeN8hz70

キョン「いや落ち着け、俺たちは付き合ってないはずだ」

朝倉 「そうよね。夫婦茶碗とか携帯ストラップお揃いだけど違うわよね」

キョン「ああ、間違いない」

ドゴォオン

朝倉 「あら、長門さん?」

キョン「うおぉお!?」

長門 「1つ1つのプログラムが甘い。天井部分の空間情報封鎖も甘い。だからわたしに気づかれる。侵入をゆるす――?」

朝倉 「何か用?」ホノボノ

キョン「いやあ、お前も本当に宇宙人なんだな」ホノボノ


70 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/10(月) 01:24:29.91 ID:uBeN8hz70

長門 「………ここで何を?」

朝倉 「キョン君に付き合ってもらおうと告白してたはずなんだけど…」

キョン「なあ、長門。付き合うって普通なにするか解るか?」

長門 「………」

朝倉 「って感じの話になってて」

長門 「この空間を正常化して」

朝倉 「あ、そうね。そう言えばここ教室だったわ」

キョン「おお…」

サラサラサラサラサラ

キョン「あっという間に元の教室だ…」

テクテクテク

長門 「帰宅する」

キョン「おう、じゃあな」

朝倉 「また明日ね。長門さん」

ガラガラ

長門 「接吻」

キョン「ん?」

朝倉 「へ?」

長門 「普通のカップルなら接吻をいずれする」

テクテクテクテク

朝倉キョン「「ああ!!」」

72 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/10(月) 01:37:01.27 ID:uBeN8hz70

朝倉 「やっぱりあたしたち付き合ってなかったわね」

キョン「そうだな」

朝倉 「でも逆に言えばキスしてしまえばもう付き合ってると言ってもいい状況なわけね…」

キョン「おいおいちょっと待て」

朝倉 「ねぇキョン君。わたしと、キスしない?」

キョン「ぐっ…」

朝倉 「どうしたの?」

キョン「いや、なかなかに本能に訴えかけるいいセリフだった」

朝倉 「そう?で、どう?キスしない?」

キョン「正直そう言われるとしてみたくなるが理性が」

朝倉 「えいっ」チュッ

75 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/10(月) 01:51:14.83 ID:uBeN8hz70

キョン「お前なぁ!」

朝倉 「うわ…凄い…なにこれ?ノイズだらけだけどすごい情報がいっぱい溢れてくる…」

キョン「朝倉?」

朝倉 「ねえもう一回していい?」

キョン「いや、さっきも同意してないが…お前顔真っ赤なの気づいてるか?」

朝倉 「ねぇそんなことどうでもいいからもう一度キスしていい?」

キョン「…」

朝倉 「ね、お願い」

キョン「そんな顔で言われたら変な気分になってくるだろうが」

チュウ

朝倉 「こ、これ……凄い………。ね、も、もう一回!」

キョン「あーもう理性が持たん!」

チュウウウウウ


ガラガラ



谷口 「うぃーっすWAWAWAわっすれものー……うぉわっ」


谷口 「スマン!!!ごゆくりぃいいいいいいいいいいいいいい」

キョン(もうどうにでもなれ)

チュウウウ

77 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/10(月) 01:56:52.71 ID:uBeN8hz70

朝倉 「…見られちゃったわね」

キョン「もうどうでもいい」

朝倉 「そうね」



朝倉 「ね、キョン君」

キョン「ん?」

朝倉 「もしかしたらあたしキョン君のこと好きかもしれない」

キョン「…」

キョン「奇遇だな。俺もだ」

朝倉 「じゃあ付き合ってくれる?」

キョン「ああ」

朝倉 「ふふっありがとう」

キョン「こちらこそ」

78 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/10(月) 02:05:30.28 ID:uBeN8hz70

翌日!!

朝倉 「おはよう、キョン君。涼宮さん」

キョン「おはよう」

ハルヒ「ん、おはよ」

朝倉 「ね、キョン君。あとで、そのいい?」

キョン「お前朝っぱらからかよ」

朝倉 「だってアレ凄いんだもん」モジモジ

ハルヒ「何朝からいちゃついてるのよ。やっぱり」

ハルヒ「あんた達付き合ってるわけ?」

朝倉キョン「「そうだけど?」」

ハルヒ「そうよね」











ハルヒ「えっ?」

79 名前: ◆7I768BCHo.[saga] 投稿日:2012/09/10(月) 02:06:30.24 ID:uBeN8hz70

終わり。
息抜き程度だからこんなもので。
お休みなさい。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:加賀「提督よりも赤城さんの方がずっと素敵だと思うわ」