アッコ「プレデター飼うで」勝俣「無理っすよwwwww」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「綾波!」レイ「…」パシャン…旧劇の終わりの焼き直し

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/07(金) 23:10:03.04 ID:ilHNTmX30

勝俣「すっげえええっっ!!やっぱプレデターつええなぁ!!」

勝俣「仮面取ったらアッコさんよりひでぇツラしてんなぁwwww!!!」

ドンドンッ

アッコ「勝俣ァ〜おるか〜?」

勝俣「ちょ、今プレデターがエイリアンと戦ってる良いシーン・・・」

アッコ「勝俣ァ!ドア蹴り壊すぞ!」

勝俣「はいはいwwwwwwドアは止めてくださいよおおおwww!!!」

ガチャッ

勝俣「チャァァァァッッスァアア!!!!」

アッコ「真夜中にやかましいねん」

勝俣「すんませんっす!!どうしたんですか??」

アッコ「ちょっと、お前に聞きたいことがあってな」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/07(金) 23:16:02.53 ID:ilHNTmX30

勝俣「急にどうしたんすか!アッコさんの悩みなら何でも聞きますよ!!!」

アッコ「プレデターって・・・知ってるか?」

勝俣「知ってますよwwww!!!!!さっきまでDVDで映画見てたんすから!!」

アッコ「今度の収録でな、密林のジャングルでそいつ捕まえる事になってん」

勝俣「wwwwwwwwwwwwwwwww」

勝俣「なんすかその番組!?wwwww現実と映画の区別つけられないんすかねぇwww!!」

アッコ「アホw藤岡探検隊やw」

勝俣「!!!!!!!!!!!!!!!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/07(金) 23:20:33.72 ID:ilHNTmX30

ナレーター「日本から離れた絶海の孤島に存在する密林」

ナレーター「その中にあの伝説の地球外生物プレデターが確認された」

ナレーター「今回はそのプレデターと接触すべく」

ナレーター「探検隊と強力な助っ人達がその密林にへと向かうのであった」


藤岡「髭剃りは持ったか?」

大和「はい、隊長」

藤岡「よし・・・準備は出来てるようだな」

大和「あ・・まだあと2名こちらへ到着していないようです」

藤岡「やれやれ困った奴等だ・・・んん〜っ・・ひとまず待つか」

大和(ホントにこの面子で大丈夫なんだろうか・・・)

ナレーター「疑問に思う隊員であった」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/07(金) 23:26:35.24 ID:ilHNTmX30

大和「隊長!!ヘリです!!!」

大和「多分、例の2人かと思います」

藤岡「そうか・・・フフッ・・ようし出発の準備だ」

アッコ「ここが、プレデターの生息する密林か」

勝俣「すっげえええええっ!!!ターザンとか出てきそう!!!」

アッコ「プレデター捕まえたらあたしの家で飼うわ」」

勝俣「ダメっすよwwwww!!!そんなの法律で禁止されますってwww!!」

アッコ「法律なんて変えたらええねんw」

勝俣「wwwwwwwwwwwwwww」

藤岡「今回はわざわざ協力をしてくれて、助かる」

藤岡「隊長の藤岡だ」

勝俣「勝俣です!!!!!よろしくお願いししァァァァァァッシャァァァァッス!!!!!」

アッコ「和田アキ子や、アッコって呼んでくれや」





16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/07(金) 23:32:36.00 ID:ilHNTmX30

大和「僕はここの隊員の大和です」

アッコ「おう、黙ってついてこいや」

勝俣「ちょwwwwwアッコさん隊長じゃないんですからwwww」

藤岡「作戦や指示は全て俺が出す」

アッコ「藤岡wちょっと来いやw」

グイッ

藤岡「んんっ!!」

アッコ「今日は藤岡探検隊の看板下ろせや」

藤岡「なっ・・・?どういうことだ・・・!?」

アッコ「アッコ探検隊や」

勝俣「うあああwwwマジだっせぇwwwwwww!!!!!!!!!!」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/07(金) 23:35:45.89 ID:ilHNTmX30

アッコ「よっしゃ行くで」

スタスタ

勝俣「ああああ!!アッコさん!!待ってくださいよお!!!!」

大和「・・・・・」

藤岡「大和、今日だけあの人に従ってくれ」

大和「はい」


勝俣「アッコさああああん!!!!!これ見てくださいよ!!!!」

アッコ「なんや?このデカイ蜘蛛」

勝俣「タランチュラっすよ!!!!!間近で見たらきもいっすね!!!!」

アッコ「今日の間食やんw」

ムシャムシャ

勝俣「すっげえええええ!!!タランチュラ丸飲みかよwww!!!!!」

藤岡「オエエエエエエッ」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/07(金) 23:40:03.49 ID:ilHNTmX30

大和「隊長・・・あいつがプレデターなんじゃ?」

藤岡「それは分からん・・さっきの行動を見ていたら有り得なくも無いが・・」

アッコ「おらぁお前等ァ、ボサッとしてる暇あるんなら近くのコンビニで酒買ってこいや」

勝俣「ここ密林っすよwwwwwwwwコンビニなんてありませんってwww!!!!!」

アッコ「チッ、出川に持ってこさせれば良かったわ」

勝俣「そういや最近、てっちゃん見ないっすもんね!」

アッコ「先週飲み会連れて行ってから見てへんな」

勝俣「ちょwwwwww明らかにそれ原因じゃないっすかwwww!!!!!!」

ガサガサッ

藤岡「んんんんっ・・・!?」

アッコ「なんや?どうしたんや藤岡」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/07(金) 23:44:32.18 ID:ilHNTmX30

ベチャッ

プーンッ

アッコ「・・・・ん?」

勝俣「なんだこの臭い!?アッコさんくっせえええええwwww!!!!!!!」

アッコ「勝俣ァ」

勝俣「サーーーーセンッス!!!!!!!!!」

大和「アッコさんの背中についてるの銀杏じゃないですか?」

藤岡「そういえば、そんな臭いがするな・・・」

勝俣「うああああああああ!!!!マジくっせえええええwwwww!!!!!」

アッコ「勝俣w」

ビリビリッ

勝俣「アッコさんwwwwwwww上のジャケット破いてセクシーな姿見せないでくださいよwwww!!!!!!」

アッコ「アホwグラビアみたいに脱がんわw」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/07(金) 23:48:17.73 ID:ilHNTmX30

大和「それにしても誰がアッコさんに・・・・」

勝俣「犯人はアッコさんと俺以外のこの2人しかいないっすよ!!!!」

アッコ「お前もや」

勝俣「wwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

藤岡「私はそんなふざけたイタズラは絶対にしないさ・・・」

大和「僕だってそんな真似しませんよ」

勝俣「ああああーーー!!!コイツ等、アッコさんを欺こうとしてますよ!!!!」

勝俣「久し振りにアッコさんの処刑技いっときましょうよ!!!!」

アッコ「やかましい!黙ってろや!」

勝俣「ウッシャァッス!!サーーーセン!!!!」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/07(金) 23:52:18.21 ID:ilHNTmX30

勝俣「アッコさん」

アッコ「なんや」

勝俣「多分っすけど、プレデターの仕業かもしれないっすよ」

アッコ「あん?」

藤岡「どういうことだ・・・勝俣」

勝俣「プレデターにも当然、上下関係が存在するんです」

勝俣「ベテランプレデターから新人プレデター・・・それぞれによって能力も変わってきます」

勝俣「ある程度、鍛えられたプレデターにはステルス機能が備わってるんすよ」

アッコ「ステルス・・?ぽけもんの名前か?」

勝俣「違いますよwwww!!!ざっくり簡単に言えば姿を消すって意味っすよ!!」

大和「なるほど・・姿を消したプレデターがアッコさんに銀杏を投げつけた・・・と」

藤岡「んん〜っ、ステルス機能は少しばかり厄介になってくるぞ」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/07(金) 23:56:12.63 ID:ilHNTmX30

ナレーター「プレデターのステルス機能を危惧した探検隊は」

ナレーター「2対2の分担作戦をすることにした」

藤岡「では・・私と大和でこっち側を調べてくる」

勝俣「シャァァッス!!俺はアッコさんとこっち見てきますね!!!」

アッコ「バリバリッ」

勝俣「ちょwwwwwww何食べてんすか!?wwwwwww」

アッコ「セミやw」

勝俣「ぱねぇぇぇぇっすwww!!!悪食のアッコっすねwwww!!!!」

アッコ「お前それ褒めてんのか?w」





32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/07(金) 23:59:35.21 ID:ilHNTmX30

藤岡「・・・・・」

大和「隊長、やっぱりあいつ等と別れたかったんですね」

藤岡「シッ」

大和「!?」

藤岡「大和・・・よ〜く耳を澄ませてみろ」

大和「耳を・・?」

藤岡「お前には聞こえんか?獲物の足音が」

大和「獲物って・・・・・」

ガサガサッ

プレデター「・・・」

藤岡「そうら・・奴さんのお出ましだぞ」

藤岡はポケットからサバイバルナイフを取り出し構える

大和「た、隊長・・・!!無理です!!そんな武器じゃ!!!」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 00:03:38.86 ID:5mvpQWIt0

勝俣「アッコさ〜〜〜ん!!もうすぐ日が暮れますよおお!!」

アッコ「今日は不眠でプレデター探しや」

アッコ「あたしは一刻もこの仕事終わらせて東京帰りたいねん」

勝俣「でも、中々見つからないっすよね〜!!」

ガサガサッ

勝俣「うああああああああああああ!!!!!!!!プレデター出て来い!!!!シャァァァァッ!!!!!!!!!」

アッコ「シッ・・・!黙れや勝俣・・!!」

勝俣「ハァァァイッスッーーー!!!!!!!!!!!!」

勝俣「どうしたんすか??」

アッコ「今、なんか足音せぇへんかったか?」

アッコ「なんや・・えらい鈍い音や・・・」

勝俣「音って、俺には全然聞こえませんでしたよ!!!!」

「あ、やっぱり2人共きてたんすね^^」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 00:08:03.64 ID:ilHNTmX30

出川「どうも^^」

勝俣「てっちゃん!!!!!!何してんすかぁwww!!!!!」

アッコ「出川ァ、お前なにこの間の飲み会途中で帰ってねん」

出川「アッコさん・・・何時まで俺に対してそんな口調でいるんすか」

アッコ「あ?」

勝俣「うああああああっwwwww!!!てっちゃん、なんで強気なんだよwwww!!!!」

出川「かっちゃん、コイツを見れば俺の味方になりたくなるよ」

スッ

エイリアン「・・・・プシュー・・・フシャァァッ」

アッコ「お、シンスケや」

勝俣「wwwwwwwwwwwエイリアンっすよwwwww!!!!!!」

出川「コイツ、俺のペットなんで・・舐めた口聞いてると殺しますからね」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 00:14:38.25 ID:5mvpQWIt0

アッコ「ペットて、お前そんなんどこで買うてん」

出川「楽市っす」

勝俣「エイリアン家に発送してくんのかよおおwwww!!!!!」

出川「佐川だったから問題ないって、かっちゃん」

勝俣「佐川の人ぜっっったい仕事辞めちゃうってwwwwwwwwwww」

アッコ「出川、今の内に謝罪するんやったらしろや」

出川「・・・・・ふっ」

勝俣「やべええええええwwwww!!!今日のてっちゃんかっけえええええ!!!」

出川「アッコさん、蟻を潰さずに戦うのって難しいんすよね・・」

勝俣「ちょwwwwwてっちゃんその言葉wwwwwwww」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 00:20:07.13 ID:5mvpQWIt0

出川「あつこ、あの2人は食っていいからな^^」

エイリアン「コクリ」

勝俣「エイリアンの名前あつこかよおおおwwwwwwwwwメスっぽく見えねえええええwwww!!!!」

アッコ「ほう・・まだあたしに反抗するつもりなんか?」

出川「だから、食いますって」

エイリアン「フシャァァァァァッ」

勝俣「いっけええええええアッコさあああああん!!!!!!」

出川「かっちゃん、俺の味方になれば出川軍団の幹部にしてあげっから^^」

勝俣「出川さん軍団とか誰得なんだよおおおwwwwwwwwwwww」

アッコ「ええで・・いつでも来いや」

ベキッメキッ

アッコの握力でヤシの木が粉々に砕ける

アッコ「まあ、2割ぐらいやな」

勝俣「アッコさんの握力ぱねぇぇぇっすっwwwwww!!!!!!!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 00:24:53.55 ID:5mvpQWIt0

エイリアン「ッシャァァァァァァァ!!!!」

勝俣「アッコさあああああん!!突っ込んできましたよおお!!!!」

アッコ「ギンッ」

エイリアン「ガクガクッ」

出川「え・・・」

勝俣「エイリアンが口から泡吹いてますよwww!!!!アッコさんの顔面に押されたんじゃないっすかwww!!!」

アッコ「あん?」

勝俣「サーーーーセンッス!!!!」

アッコ「今のはな、覇気飛ばして気絶させただけや」

勝俣「ちょwwwwwwwwwアッコさん覇気操れたんすか!?wwwwwww」

アッコ「この間、お前に貸してもらった漫画で覚えてんw」

勝俣「覇気安っぽすぎますよおおwwww!!!!!!!!!」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 00:31:36.33 ID:5mvpQWIt0

出川は全裸で土下座をしアッコに絶対服従を誓おうとする

出川「ホンットすいません・・!!俺なんか操られてたみたいで・・!」

勝俣「それ小学生並みの言い訳じゃないっすかwwww!!!!!」

アッコ「このエイリアン喰うたら許したるわ」

出川「・・・・・・・」

勝俣「美食屋デビューっすねぇ!!!!!!!!!!!」


出川(気絶)

アッコ「フッ、ええ笑顔してるやんけ」

勝俣「人間にエイリアン食わすとか鬼畜すぎますよおおwwwwww!!!!!!!!!」

アッコ「エイリアンがこんなもんやったら、プレデターとか楽勝やないか・・」

勝俣「プレデターはどっちかっつーと知識タイプっすからね!!!!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 00:36:35.72 ID:5mvpQWIt0

アッコ「ほう・・おもろいやんけ」

勝俣「エイリアンが力でゴリ押すタイプなら、プレデターは冷静な暗殺者タイプっすからね!!!」

アッコ「例え暗殺者が来ようといつでも相手したる」

勝俣「かっけええええええ!!!!アッコさんやっぱかっけええええ!!!!!!」

アッコ「お前うるさいねんw」

勝俣「シャアアアシャァァァッwwwwwww!!!!」


藤岡「ごふっ・・・」

プレデター「・・・・・・」

大和「た、隊長・・・もう無理・・・・です」バタッ

藤岡「大和・・・!死ぬな・・・!私より先に死ぬことは許さんぞ・・!!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 00:41:25.15 ID:5mvpQWIt0

プレデター(シャキンッ)

藤岡「くぅっ・・・・刃物か・・・・」

プレデター(ターゲット確認完了)

ヒュンッ

ブシャァッ

藤岡「・・・・・・!?」

出川「はぁはぁ・・・やべぇよ・・・背中斬られたからやべぇって・・・」

刺されそうになった所を出川が身代わりとなって受けた

藤岡「・・・な、なにをしているんだ・・・!!」

出川「うるせぇって・・・俺は自分のやりたかった事をしただけだ・・」

プレデター(ターゲット変更)

出川「もう嫌なんだよ、目の前で人が死んでいくのは・・・!」

プレデター(ターゲット・・・出川哲朗)

出川「誰も死なせねって・・!!マジで誰も死なせねぇから!!!!」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 00:46:18.96 ID:5mvpQWIt0

プレデター「・・・・!!!」

出川「ヒィィ!!やっぱこえええ!!!」

アッコ「よう言うた、出川」

出川「!!?」

アッコ「勝俣ァ!」

勝俣「ハァァァイッスッ!!!!!!!」

タッタッタ

プレデターに胴タックルを決める勝俣

勝俣「ッシャァァァァッ!!!!!!!!!!シャッシャッァァァ!!!!」

プレデター「・・・・・・」

マウントポジションになった勝俣はプレデターに拳で鉄槌を落とす

ボコッボコッ

プレデター「ムニャァァウヌ」

勝俣「せいっ!!!せいっ!!!!!!!!!」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 00:49:23.94 ID:5mvpQWIt0

出川「かっちゃん・・・なんであんなに強いんだよ・・・」

アッコ「プレデター、よう覚えとけや」

アッコ「奇襲も作戦のうち・・・人間の底力舐めんなよ」

藤岡「ぐっぬうう」

アッコ「出川、絆創膏で応急処置しといたれ」

出川「無理っすよwせめて包帯使いましょうよw」


勝俣「キッシャァァァァアァァァァァ!!!!!!!!!!!」

ボコボコッ

プレデター「オップレッ・・」

勝俣「うあっ!!!コイツ緑色の液体口から吐きやがった!!!」

勝俣「アッコさああああんwwwwwコイツ俺のパンチで泡吹いてますよwwww!!!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 00:54:04.58 ID:5mvpQWIt0

アッコ「勝俣でもシメれるレベルやなw」

勝俣「ひどいっすよwww!!!!こう見えても俺強いんすからwww!!!」

プレデター「シャキンッ」

ヒュンッ

勝俣「あ」

ブシャァッ

出川「かっちゃん・・・!!!!肩刺されてんじゃん!!!」

勝俣「いっつつつててててっ・・・」

アッコ「勝俣ァ!」

勝俣「大丈夫っすよアッコさん・・wwww!!」

出川「やべぇよ、かっちゃんかっこ良すぎてやばいよやばいって・・」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 00:57:45.36 ID:5mvpQWIt0

藤岡「・・・・っ・・・敵はまだ・・・」

出川「ん?」

ザッザッ

四方からプレデターが次々と姿を現す

アッコ「なんやコイツ等・・・?組員か・・・?」

出川「き、きっとプレデターの仲間っすよ!」

アッコ「ザッと見ても100匹程度やな・・」

勝俣「あ・・・!!アッコさああああん!!!!!こんな人数相手に出来ませんって!!!!」

アッコ「お前はそいつに集中しとけやぁ・・!」

アッコ「残りはあたしが処理しとく」

出川「む、無茶っすよ・・!!大勢のプレデターを1人で相手するなんて・・!」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 01:01:06.47 ID:5mvpQWIt0

藤岡「むおおおおおおおお」

勝俣「あ!!!!オッサンが立ち上がってプレデターに立ち向かった!!!」

プレデター2「ヒュンッ」

グサッ

藤岡「ぐっ・・・無念・・・・」バタッ

勝俣「何してんだよこのオッサンはよおおおwwww!!!!!!!」


アッコ「さぁ、行くで」

プレデター3「・・・・・ターゲット和田アキ子」

アッコ「ギギギギギギギギギギギギッ・・・・・・・!!!!!!!」

勝俣「あ、アッコさんの声やべぇぇぇええwwwww!!!!!!!」

ビキビキッメキッ

出川「じ・・・地震・・・!?」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 01:07:07.68 ID:5mvpQWIt0

力を溜めた右拳を地面に叩き付けた

ズドーーーーーーーーーーーーーーーンッ

パキッパキッ

出川「く、クレーターが出来てる・・・!!」

勝俣「アッコさんバキの父ちゃんも裸足で逃げますってwwwww!!!!!」

アッコ「今のが半分ぐらいやなw」

プレデターの1人が出川にグーパンチを放つ

バキィッ!!

勝俣「てっちゃん!!!!」

フワッ

出川「あっぶねぇ〜〜・・・俺の消力(シャオリー)でダメージ0だわ・・」

勝俣「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 01:10:43.20 ID:5mvpQWIt0

アッコ「勝俣ァ・・・!邪魔や・・・!」

勝俣「アッシャァァッスッ!!!!!!!!!!!!!」

ブンッ

ブンッ

ヤシの木を持ち上げ振り回しプレデター勢に投げつけた

ビュンッ

アッコ「170kmで投げつけたヤシの木や・・・!!」

勝俣「はえええええええっ!!!!!チャップマンかよwww!!!!!!!」

ズドーーーーーンッ

直撃したプレデター達は次々と倒れていく



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 01:16:18.10 ID:5mvpQWIt0

……



30分後

プレデター「和田アキ子・・・王・・・・」

アッコ「そうや、人間界の頂点にしてお前等の頂点でもあるんや」

勝俣「すっげえええええっ!!!!30分たらずでプレデター全滅させたのかよwww!!!!」

出川「アッコさん人間じゃないってマジで・・・」

勝俣「アッコさんの無双ゲームやりてええええええええええ」

アッコ「今日からあたしのマネージャーとして働けや」

プレデター(頷く)

アッコ「あと余ったプレデターは勝俣と出川のマネージャーや」

出川「!!!!!!」

勝俣「こんなブッサイクなマネージャいらねぇっすよwwwww!!!!!!!!!!!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 01:20:14.39 ID:5mvpQWIt0

―東京―

アッコ「わはははは!収録後の酒は最高やなw」

勝俣「アッコさん飲み過ぎっすよwww!!!!!!!!」

アッコ「アホwまだまだやw」

出川「んじゃ・・俺はお先に失礼しますね・・」

勝俣「あ!!てっちゃん帰るの早いって!!!!!」

出川「もう、俺を呼び出すのはやめてください」

アッコ「出川・・・お前、なんでそんな反抗的やねん?なんか気に喰わんのか?」

勝俣「ちょwwww出川さん謝って謝ってwwww」

出川「これで最後っすよ・・俺があんた等に協力するのも」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/08(土) 01:22:27.32 ID:5mvpQWIt0

アッコ「お前・・・」

出川「俺にはやりたい事があるんすよ・・・!」

出川「俺の活路を塞がないでください」

スッ

勝俣「てっちゃん・・またパクリの台詞っすね・・・」

アッコ「ふん、あんな奴どこでも行ったらええねん」

勝俣「・・・・・」

その1週間後、出川さんがインペルダウンに収容されたという情報が入った

その事を知るのはまだ先の話であった


おしまい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒの殺害