マチス「ヘーイ!ピカチュウ!カモンッ!」プルンプルン


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:マルフォイ「vsポッターでフォイ!」

ツイート

1 名前:ピカチュウ虐待チュウ! ◆14Z.g3ubjeTF [] 投稿日:2012/09/04(火) 20:21:38.81 ID:UrT5h37R0


マチス「ヘイ!ピカチュウ!トレーニングノジカンネー!」

ピカチュウ「ぴかー!」

クチバシティのジムリーダー、マチス。
彼はアメリカの元軍人であり、電気タイプポケモンのエキスパートだ。

彼が放つ屈強なポケモン達は皆、マチスの軍隊式トレーニングによって鍛えられている。

マチス「ピカチュウ!マズハ、オクチノトレーニングネ!」ヌギヌギ

マチスは服を脱ぎ、全裸になった。

マチス「サァ!ピカチュウ!コイヤァ!カモンッカモンッ!」プルンップルンッ!

そして股間のアメリカ産マグナムを手でプルプルと震わせ、ピカチュウを威嚇する。

ピカチュウ「ピカァー!ちゅうちゅう///」チュポチュポ

ピカチュウはマチスのマグナムをくわえて愛撫する。

9 名前:ピカチュウ虐待チュウ! ◆14Z.g3ubjeTF [] 投稿日:2012/09/04(火) 20:23:11.23 ID:UrT5h37R0

マチス「オォウ!ピカチュウ!マダヨワイ!マダヨワイヨ!モットクレイジーニ!クレイジーストリーム、プリーズ!!」カクカク

腰を振り、ピカチュウの喉頭を刺激する。

ピカチュウ「ピガホッ!ピヂュホォッ!、ピガチュポォゥ…!!」ヂュプヂュプ

喉頭を刺激されて咳き込みながらも、必死に愛撫を続けるピカチュウ。マチスのマグナムはグレネードランチャーへと変化した。

マチス「オウ!ピカチュウ!イイヨ!イイカンジヨ!」スポッ

ピカチュウ「ぴか…チャアァ///」

マチス「ウシロムケ!ピカチュウ!」クルリ

ピカチュウ「ちゅあぁ〜///」

ヌプゥッ…

ピカチュウ「ヂュウゥアァァ〜〜〜ンッ!!///」

マチス「オォウ!ピカチュウ!なかなかイイシマリヨ!グッドアナル!!デモマダヨ!モットダ!モットシメロォー!!」パン!パン!

激しくピストンをしながら、ピカチュウのケツをぶったたく。

11 名前:ピカチュウ虐待チュウ! ◆14Z.g3ubjeTF [] 投稿日:2012/09/04(火) 20:24:59.66 ID:UrT5h37R0


ピカチュウ「ちゅあぁんっ!チュアァ!ぴかッチャアァーーーンッ!!///」

マチス「オラオラ!ピカチュウ!テメェ、ドMモイイトコネ!コウヤッテ、オカサレンノガイインカ!?イインヤロォ!?」パンパンパパパパンパンパン!!

ピカチュウ「チュピャアァ!ピカチャアァンッ!!ピカピカアァー!!///」

言葉攻めをされながらも、激しくヨガり狂うピカチュウ。

マチス「オラァ!ピカチュウ!ダスゾ!?オメェノケツマンコニ、アメリカンザーメンヲソソイデヤラアァーーー!!」

ピカチュウ「チュ…チュピャアァァァーーーッ!!///」

ッターーーンッ!!

二人が激しく肉欲を溢れさせている中、一発の銃声が鳴り響いた。

15 名前:ピカチュウ虐待チュウ! ◆14Z.g3ubjeTF [] 投稿日:2012/09/04(火) 20:27:35.83 ID:UrT5h37R0


マチス「!?テキシュウカ!?」ヌポッ

ピカチュウ「チュヤァンッ///」ガクガク

マチスは発射寸前のグレネードランチャーに精神的な安全装置をかけ、戦闘体勢に入った。

ライチュウ「ラ…ラーーーイ…」

ドアからマチスのジムの見張りをしていたライチュウが姿を現す。腹部からおびただしい出血をしていた。

マチス「ライチュウ!?マサカ…ヤツラカ!?」

ライチュウ「ラ”・・・ラ”ァ”ィ”・・・」ドサッ

マチス「・・・!!ピカチュウ!【シーク】!!」ガバアッ

マチスは自分のアナルをピカチュウに向け、思い切り穴を広げた。

ピカチュウ「ピカアー!ヂュウ、チュウゥ…」ギュムムムム…

マチス「オフゥ!モットオクマデ…ハイレ!」

ピカチュウはマチスのアナルの中に身を潜めた。


17 名前:ピカチュウ虐待チュウ! ◆14Z.g3ubjeTF [] 投稿日:2012/09/04(火) 20:28:53.60 ID:UrT5h37R0

マチス「イルンダロ!?デテコイ!クリス!」

ドアの影から巨体の黒人が現れる。右手に銃を持ち、傍らには彼のポケモンであろう、普通よりも身体の色が黒いいライチュウがいた。

クリス「マチス…ケッチャクヲツケニキタ」

マチス「相変わらずのサプライズクレイジーナヤロウネ!ノゾムトコロヨ!!」

クリス「ライチュウ…シャブリツケ」

マチス「ク…クルか!」

(クリスの)ライチュウ「ラーーーイwww」ヂュポチュポ!!ヂュポ

ライチュウはマチスではなく、クリスの股間にむしゃぶりついた。

マチス「!?自分のポケモンにフェラヲキョウスルナンテ…イッツ、キチガイ!!」

クリス「アァオォーーーッ!!」

ドッピュポロリルリリリーン!!!

クリスは勢いよくブラックザーメンを発砲し、マチスの顔にぶっかけた

マチス「アハァンッ///ナ、ナンテハヤサネ!?キサマノライチュウ…ヨホドノテクニシャンネ!!」ドロリ…

20 名前:ピカチュウ虐待チュウ! ◆14Z.g3ubjeTF [] 投稿日:2012/09/04(火) 20:30:33.74 ID:UrT5h37R0

クリス「ツギハ、キサマダ…ライチュウ、シビレサセテカラ、ヤッテヤレ」

ライチュウ「ララララーーーイwww」バチバチィッ!!

マチスに電撃を放ち、麻痺させた。

マチス「オハアァンッ!!ビリットキタネー!!ウゴケネーーー!!」

ライチュウ「ラーーーイwww」グヘヘ…

パチンパチン!

マチスのぽこちんをビンタするライチュウ。

マチス「オフゥ!オフゥ!
(ワタシトシタコトガ、クリスノライチュウゴトキニ、カンジサセラレルナンテ…!)」

ピカチュウ「  」モゾ…モゾ…

ピカチュウはマチスのアナルの中でうごめいている。

マチス(ピカチュウ…ユルセ!オマエイガイノポケモンニ、カンジテシマッテイル、
コノ、オロカモノノ、ワタシヲ…ユルシテクレェー!!)ビクンッビクンッ!!

21 名前:ピカチュウ虐待チュウ! ◆14Z.g3ubjeTF [] 投稿日:2012/09/04(火) 20:31:17.09 ID:UrT5h37R0

ライチュウ「ララララーーーイwww」ドスンッ

ヌプゥッ…

マチス「ハヒャアァァァン///」

ライチュウはマチスの上にのしかかり、騎乗位を開始した。

ライチュウ「ラララライwwwラララライwwwライチャーwwwライチャーwwwラチラチwwwライチャーwww」グリュングリュン

マチス「オウン!!オウン!!シマリ、ハンパネェ!!イッチャウ!!イッチャウ!!クッチャラ、ハピハピ、ライチュー、シチャウゥゥゥ!!!///」

ピカチュウ「  !!」モゾモゾ

マチス(ワタシハ、ポケモントレーナーシッカクネ!!テキノポケモンニオカサレテ、イッチャウナンテ!!ピカチュウ、ジェラシーヲオサエテ!!ユルシテェェェェ!!)

ライチュウ「ライッッッチュウゥゥゥ!!」

アナルでマチスのポコチンを思い切り締め付け!!

マチス「アッッッヒャアァァァァァァァーーーン///」

ドッピピュルピュル!!ピャリーピャルピュルーーー!!!

ピカチュウ「!!!」

23 名前:ピカチュウ虐待チュウ! ◆14Z.g3ubjeTF [] 投稿日:2012/09/04(火) 20:34:43.64 ID:UrT5h37R0

クリス「ショウブアッタナ、マチス。ツギハコンナモンデハ、スマセナイ。マタアオウ、戦友(トモ)ヨ」スッ

ライチュウ「ラッチューwww」

クリスとライチュウは去っていった。


マチス「ハァ…ハァ…ワタシトシタコトガ…キシュウヲカケラレタアゲク、オカサレルナンテ、メンボク、マルツブレネ…」


マチス「デモ、ワタシノアイスルピカチュウノ、ミハ、マモッタネ…デテコイ、ピカチュウ!」

ピカチュウ「  」

マチス「ピカチュウ?」ズルリ


自分のアナルからピカチュウを引っ張り出す。

24 名前:ピカチュウ虐待チュウ! ◆14Z.g3ubjeTF [] 投稿日:2012/09/04(火) 20:35:14.77 ID:UrT5h37R0

マチス「ピ、ピカチュウ!?オォーウ!!マイガーッ!!ハッピーツリーフレーンズ!!」

ピカチュウはアナルの中で窒息死していた。目玉は眼窩から飛び出ており、口や鼻からはトロトロした赤黒い粘液が流れ出ている。
マチスがライチュウに犯されて興奮したあまりに、アナルが締め付けられ、呼吸が困難だったのだ。

マチス「ピカチュウ!ピカチューーーウ!!カムバーーーック!!!」

マチスはピカチュウの遺体を抱き締め、小一時間泣いた。

彼は夕飯時、身体の回りに衣をまとった姿のピカチュウと再開し、胃袋に納めて一つになった。

おわり

27 名前:ピカチュウ虐待チュウ! ◆14Z.g3ubjeTF [] 投稿日:2012/09/04(火) 20:45:32.19 ID:UrT5h37R0


最後まで読んでくださった方々、どうもありがとうございました。

普段はもっと過激なピカチュウ虐待SSをVIPに投下しています。
ブログもあるので、「ピカチュウ虐待チュウ!」でググって遊びに来てくださったら嬉しいです。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:羽入「梨花・・・・・・僕の角でオナッちゃ駄目なのです」