コナン「ちんこ痒いんだ、ちょっと見てくれ」灰原「」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみ「闇より現われし雷よ、私に仇なす者を滅ぼせぇーい!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 19:51:58.44 ID:txFyjl9r0

灰原「なんで?」

コナン「最近スッゲー痒くてさ、ちょっと見てくれよ」

灰原「嫌」

コナン「頼むよ灰原」

灰原「なんで私なの?博士にでも頼みなさいよ」

コナン「そんなかてーこというなよ」

コナン「固くなってねぇよ!!?」ドン!

灰原「」ビク

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 19:53:49.99 ID:txFyjl9r0

コナン「なんでそんな決めつけんだよ!?」

コナン「あぁ!?言ってみろ灰原!!」ドン!

灰原「わ、私は何も言ってないでしょ...」

コナン「いーや言ったね!目で言った!!」

灰原「」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 19:55:51.68 ID:txFyjl9r0

灰原「わかった、わかったから落ち着いて工藤くん」

コナン「これが落ち着いていられるか!!」

コナン「ただちんこ見てって言ったくらいで変態扱いかよ!!」

灰原「十分変態じゃないの!!」

コナン「ほーら決めつけた」

灰原「」イラッ

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 19:58:58.49 ID:txFyjl9r0

灰原「あのね工藤くん」

灰原「そういうことは、同年代の女の子に見せるものじゃないわ」

灰原「だから博士に診て貰いなさい」

コナン「俺はノンケなんですけど!?」

灰原「どうしてそういう捉え方をするの!?」

コナン「うるせー!!パンツ寄越せ!!」ドン!

灰原「」ビク

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:01:50.21 ID:txFyjl9r0

コナン「いいか灰原、よく聞け」

灰原「なによ...」

コナン「俺は今、ちんこが痒い」

灰原「えぇ」

コナン「それを治してほしいんだ」

灰原「いやだから、なんで私なの?」

灰原「ていうか、なんでパンツなのよ...」

コナン「一度に二度質問するなアバズレ!」

灰原「あ、アバ...!?」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:05:07.20 ID:txFyjl9r0

コナン「いいからちんこ見てくれよ」

コナン「痒いんだよ...」シュン

灰原「」

コナン「シクシク」

灰原「...はぁ、わかったわよ」

コナン「ホントか!?」

灰原「...やっぱ嫌」

コナン「おまえふざけんなよマジで!!!」ドン!

灰原「ふざけてないでしょ!?さっきから気持ち悪いのよあんた!!」

コナン「...///」

灰原「なんで照れるのよ!?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:08:57.57 ID:txFyjl9r0

コナン「つーかオメェ、最近調子乗りすぎじゃね?」

灰原「はぁ?」

コナン「だってそうだろ、パンツくれないし」

灰原「パンツあげたら帰ってくれるの?」

コナン「お、おう!帰る!帰るから!!」

灰原「」

灰原「じゃあ、ちょっと取ってくるから」

コナン「は?」

灰原「もうとっとと帰ってよ」

コナン「今履いてるヤツに決まってんだろーが!!おまえバカにしてんのか!?」ドン!

灰原「」ビク

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:14:00.72 ID:txFyjl9r0

灰原「ちょ、何言ってるの!?履いてるヤツあげるわけないでしょ!!」

コナン「おまえ嘘つくのかよ!!くれるって言ったじゃねーか!!」

灰原「洗濯し終わったヤツあげるから...」

灰原「だからもうそれで帰って」

コナン「どーせ新品だろ」

灰原「(なぜわかった)」

コナン「いいからお前の温もりMAXパンティくれっつってんだいい加減にしろよ!!」

灰原「なんでそこまで言われなくちゃなんないわけ!?」

灰原「私何も悪いことしてないじゃない!!」

コナン「存在がエロいんだよ!この罪造りな魔性の女!!ばーか!!」

灰原「」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:17:03.98 ID:txFyjl9r0

灰原「とりあえず落ち着きましょ」

灰原「ね?」

コナン「じゃあパンツくれ」

灰原「」

灰原「何に使うわけ?」

コナン「わかった、俺のと交換な」カチャカチャ

灰原「ストップストップ!」

コナン「あん?」

灰原「なんでそうなるわけ?」

コナン「理由がいるのか?」

灰原「コイツ...」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:20:16.06 ID:txFyjl9r0

灰原「パンツだったら、蘭さんの勝手に持ってけばいいじゃない」

灰原「一緒に暮らしてるんだから、ちゃんと返せばバレないわよ」

コナン「バーロー!それじゃ俺が変態みたいじゃないか!!」

灰原「」

コナン「」

灰原「」

コナン「」カチャカチャ

灰原「脱ぐな変態!!」

コナン「変態って言ったほうが変態なんだよーだ!」

灰原「」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:23:34.30 ID:txFyjl9r0

コナン「さぁ、交換の時間だ」

コナン「おまえも脱げ」

灰原「嫌、っていうかズボンはきなさい」

コナン「安心しろ、パンツはお前と一緒に脱ぐ」

灰原「さらっとキモいこと言ってんじゃないわよ!!」

コナン「うぅ...」ゾクゾク

灰原「」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:26:30.28 ID:txFyjl9r0

灰原「取り合えずはきなさい」

光彦「そうですよコナン君」

コナン「っち、わかったよ」

灰原「じゃあ、とっとと帰んなさい」

光彦「そうです、二人の邪魔をしないでください」

コナン「」

灰原「」

コナン「」

灰原「」

光彦「どうしたんですか?」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:29:27.86 ID:txFyjl9r0

光彦「あ、わかりましたよ!」

光彦「二人とも、元太君の彼女が気になるんでしょう!?」

光彦「確かに、可愛いですよねー」

光彦「あ、どこの学校か知ってます?」

光彦「なんと、隣の小学校なんですよーwww」

コナン「」

灰原「」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:32:10.04 ID:txFyjl9r0

光彦「どうしたんですか?」

光彦「あ、もしかして歩美ちゃんですか!」

光彦「ここだけの話、歩美ちゃんエンコーなるものをやってるみたいですよ」ヒソヒソ

コナン「」

灰原「」

コナン灰原「(なにから突っ込めばいいですかー!!?)」ガビーン

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:34:48.17 ID:txFyjl9r0

コナン「なぁ光彦」

光彦「なんですかコナン君?」

コナン「いつからそこに?」

光彦「やだなーもうwww」

光彦「二人が工藤新一の隠し子だって言ってる辺りからいましたよーwww」

コナン「なんだそっかーwww」

灰原「(いつだよ)」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:40:14.88 ID:txFyjl9r0

光彦「そんなことはどうだっていいんです」

コナン「んあ?なにかようがあるのか」

光彦「コナン君、貴方」

光彦「ちんこ痒いんですよね」

コナン「あ、あぁ」

光彦「ちょっと見せてください」

コナン「俺はノンケだ!!男に見せられるか!」

光彦「またまたーwww嫌がるとこも可愛いですねーwww」

灰原「ね、ねぇちょっと」

光彦「あ、灰原さんはそこで見ててください」

光彦「見られると、興奮しちゃうんですよーwww」

灰原「」

コナン「ふざけんなホントにふざけんな」

光彦「えへへ...いきますよー」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:45:00.03 ID:txFyjl9r0

灰原「ちょっと円谷くん!」

光彦「なんですか灰原さん」

灰原「その辺にしとかない?」

灰原「ほら」

灰原「江戸川君も嫌がってるし」

光彦「いいんですか?ばらしますよ?」

灰原「な、何を?」

光彦「元太君とえっちしましたよね」

灰原「は?」

コナン「おいどーゆうことだ!!」

灰原「なっ、してないわよ!!」

コナン「初めては俺にって約束したじゃないか!?」

灰原「してないわよ!!」

コナン「黙れ!!」ドン!

灰原「」ビク

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:47:49.28 ID:txFyjl9r0

コナン「お前なんなんだよ!」

コナン「元太としたってどーいうことだよマジで!!」

灰原「だからしてないってかこの体でできるわけないでしょ!!」

コナン「そんなのやってみなくちゃわかんねーじゃん!?」

光彦「試して...みますか?」

灰原「」

コナン「」ゴクリ

灰原「おい」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:51:54.42 ID:txFyjl9r0

灰原「ちょ、なに?え?」

コナン「大丈夫だって」ハァハァ

光彦「すぐ終わりますよ灰原さん」ハァハァ

灰原「」

灰原「落ち着いて」

コナン「俺はもう落ち着いてるさ」ハァハァ

灰原「円谷くん」

光彦「はいっ」ハァハァ

灰原「帰って」

光彦「」


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:54:33.76 ID:txFyjl9r0

光彦「お邪魔しましたー...」

コナン「さて、邪魔物もいなくなったことだし」

灰原「痒いんじゃないの?」

コナン「」

灰原「勃つの?」

コナン「」

灰原「」

コナン「吉野家ってうまいよな!!」

灰原「よ、よし...!?」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 20:57:23.32 ID:txFyjl9r0

コナン「なんつーか、吉野家うめぇよ」

コナン「勿の論」

コナン「すき家もウメーな!!」

コナン「松屋の先払いも結構いい!金ないとき助かるんだよなー!しかもうまい!!」

コナン「三強だよな!」

灰原「なか卯バカにしてんのか!!」

コナン「」ビク



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:01:04.14 ID:txFyjl9r0

(ドンはなんかこう机とか壁とかそんなんなんだよ...ワンピースわかんねぇよ...)

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:04:50.16 ID:txFyjl9r0

灰原「なか卯美味しいでしょ!?」

灰原「私週に6回は通ってんのよ!?」

灰原「なか卯らー馬鹿にしないで!!」

コナン「す、すまねぇ」

コナン「でもこの辺なか卯ないよな」

灰原「電車で30分の距離にあるわよ!!」

コナン「」ビク

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:07:11.88 ID:txFyjl9r0

コナン「わかった、俺が悪かった」

灰原「そう?ならいいけど」

コナン「」チュッ

灰原「!!!???」///

コナン「今のが、キスだ」

灰原「え、えと...///」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:10:24.67 ID:txFyjl9r0

コナン「俺さ、ずっと見てきたんだ」

灰原「え?」

コナン「なんつーかその、恥ずかしいんだけどな...///」

灰原「う、うん...」

コナン「やっぱり諦められない」

灰原「えっ...と///」

コナン「おまえの鎖骨」

灰原「さこ...!?」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:12:40.30 ID:txFyjl9r0

コナン「肩とか出しちゃってさ、お前はホントに変態だな!!」

灰原「」

コナン「」

灰原「」

コナン「」ポロン

灰原「ちょっと!!」

コナン「痒いんだよ、見てくれ」

灰原「」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:17:29.79 ID:txFyjl9r0

灰原「ねぇ」

コナン「おん?」

灰原「あんた、私に何をさせたいわけ?」

コナン「最終的には足で掻いてほしい」

コナン「あー、なんかそれやってくれたら組織潰せるわー」

コナン「10日もかからんね、こりゃ」

コナン「もしかしたらジンとか一撃かもなwww」

灰原「私、ジンのお古だけど」

灰原「(嘘だけど)」




コナン「ふっざけんなこのメスブタ!!」

灰原「」ビク

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:20:43.33 ID:txFyjl9r0

コナン「にゃろめー」

灰原「にゃろめー」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:24:10.78 ID:txFyjl9r0

コナン「にゃろめ?」

灰原「にゃろめー」

コナン「にゃろめwwwにゃろめにゃろめwwwwww」

灰原「にゃっろめーwww」

コナン「wwwwww」

灰原「にゃろめ?wwwwwwwww」

コナン「にゃろめwwwにゃろにゃろめwwwwwwwwwwww」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:28:01.28 ID:txFyjl9r0

コナン「ジンとやったってどーいうことだよ!」

灰原「嘘よ、ごめんなさい」

コナン「じゃあ!」

コナン「証拠みせてもらおーか」

灰原「嫌」

コナン「なんでだよ!」ドン!

灰原「初めては服部くんって決めてるの!」

コナン「」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:31:14.52 ID:txFyjl9r0

コナン「は、服部?」

灰原「そうよ、文句ある?」

コナン「」

灰原「」

コナン「」

灰原「」

コナン「なぁ灰原」

灰原「何?」

コナン「いいからちんこ舐めろよ!」

灰原「はぁ!?」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:33:02.44 ID:txFyjl9r0

コナン「にゃろめwww」

灰原「ヨーデルヨーデルヨーデルヨーデル陽気にヨーデルwwwwww 」

コナン「鶏がwww」

灰原「踏ん張りまくってwww」

コナン灰原「ファンキー目玉焼きwww」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:39:37.88 ID:txFyjl9r0

コナン「はっ」

コナン「ここは...」

コナン「そうか、俺は今日」

コナン「組織のボスを呼び出したんだったな」



遠い記憶

確かな夢を見た。それはまだ楽しく小学生をやっていたときの思い出



コナン「皆、元気にしてるかな...」


江戸川コナンはそんなことを呟き、ベッドから降りた

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:42:40.25 ID:txFyjl9r0

寝巻きから、スーツに着替え日付を確認する
あれから10年。江戸川コナンは工藤新一の年齢に追い付いていた

「あなたはだぁれ」

鏡の前に立つと呟くセリフ。いつだったか、彼女が言っていた言葉だ

「俺は、誰なんだろうな」

その質問に答える声はない

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:45:45.62 ID:txFyjl9r0

トースターに食パンを二枚セットする
二度目の成長期、食欲は留まるところを知らない

「そーいえば、あいつの淹れるコーヒー、美味かったな」

インスタントのくせに美味しく淹れるコーヒーと、茶髪の彼女を思い出しながらそう呟く
江戸川コナンは、どこか寂しいのかもしれない

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[!!!・!] 投稿日:2012/09/01(土) 21:49:07.83 ID:txFyjl9r0

コナン「いいから舐めろよ!!」

コナン「頼む、一生のお願いだ...」






灰原「絶対嫌」

コナン「だからそんなかてーこというなって」

コナン「固くなってねぇよ!!」ドン!

灰原「」ビク

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:52:02.55 ID:txFyjl9r0

コナン「今日はいい天気だな」

コナン「お前は今何してる?」

茶髪の彼女、灰原哀を思いだしそう呟く
今頃、高校2年だろうか。あいつはこの10年、普通の人生を歩むことが出来たのだろうか

昔を思い出しながら、江戸川コナンは食パンを食べ終える

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:54:36.39 ID:txFyjl9r0

コナン「ほら、見てみ?ふにゃふにゃだろ?」ギンギン!!

灰原「」

コナン「大丈夫だって!ただ舐めるだけなんだから」

コナン「何も怖くないよ」

灰原「ねぇ工藤くん」

コナン「なんだいハニー?」

灰原「ちっさ(笑)」

コナン「」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 21:59:23.27 ID:txFyjl9r0

腕時計をはめて、玄関へと向かう
ここはワンルームのマンション、隣に誰かが住んでるわけでもないボロボロのマンションだ

革靴をはき、扉を開ける。少し眩しい外は、部屋より涼しく感じた

「もう秋...か」

博士の初恋を思い出す。探偵団の皆が必死に博士の初恋の相手を見つけようとしていたあの頃を

「またあいつらに、会いたいな」

そう言い、江戸川コナンは家を出た



149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:01:23.53 ID:txFyjl9r0

灰原「そんなんで私を満足させようと?」

コナン「ぐぬぬ」

灰原「ま、諦めなさい」

灰原「初めては、結婚する相手ってきめてるから」

コナン「テラメルヘンwww」

灰原「」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:04:29.56 ID:txFyjl9r0

秋の朝は気温が低い

「コート、着て来るんだったかなぁ」

そう思ったが、日中になると絶対後悔する

江戸川コナンは考えを改めて、今だけ我慢と

そう決めた

「そう、今だけ。これが終われば、またあいつらと通えるさ」


その背中は、どこか悲しくて切ない

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:07:38.68 ID:txFyjl9r0

灰原「なに!?なんかおかしい!?」

コナン「お前夢見すぎだってwww」

コナン「そんなん叶うわけwwwなすwww」

灰原「はぁ!?」

灰原「ってか小学生が処女で何が悪いのよ!」

コナン「やはり貴様、処女だったか」

灰原「んな...」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:13:51.76 ID:txFyjl9r0

「10年前って言ったら、元太達は流石に忘れてるよな」

17歳からの10年前と27歳からの10年前では訳が違う
今となっては10年前の出来事は覚えている。まぁ忘れられるはずもないが
だが自分が、工藤新一が17歳だった頃はどうだ
覚えいない。僅かな記憶しかなかった

「蘭、すまねぇ」

ポツリと呟く江戸川コナン
歩けば歩くほど体温が上昇していく

「今日、すべて終わらせる。もう、失うものもないんだ」

江戸川コナンは、歩き続ける

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:17:59.17 ID:txFyjl9r0

灰原「ゆ、夢見て悪い!?」

コナン「そーんな夢wwwモテない中学生がやるもんだっつのwwwwww」

灰原「」

コナン「www」

灰原「死ねぇ!!」

コナン「がっ...はぁん...」

灰原「あんた何様よ!!」

コナン「え、江戸川コナン...探偵...」

灰原「」ゴシャァ

コナン「」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:23:02.43 ID:txFyjl9r0

「いない...」

誰もいない、取り壊す予定のビル。江戸川コナンはある情報提供者としてここに来た
そこにジンをおびきだす作戦は完璧だったはずだ

「...読まれたか?」

相手は切れ者。この状況を読むこともなんら不思議ではない
だがしかし、用心すぎる

「少し、待ってみるか」

江戸川コナンは、外より寒いこ廃ビルでしゃがみこむ

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:25:09.96 ID:txFyjl9r0

灰原「工藤くん、いい加減にして」

コナン「悪かったよ灰原」

コナン「俺もちょっと羽目外しすぎた」

灰原「...?」

コナン「なぁ灰原」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:28:48.15 ID:txFyjl9r0

時間は夜9時だろうか
腕時計も見る気にならなくなった江戸川コナンはずっと、昔を思い出していた

思い出し過ぎていた

「いや、俺は帰るんだ」

そう言い、顔を上げた

「よう、工藤新一」

「...なんのことです?」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:30:02.96 ID:txFyjl9r0

撃たれた

撃たれた

撃たれた

撃たれた

撃たれた

撃たれた

撃たれた

撃たれた


...撃たれた

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:32:37.43 ID:txFyjl9r0

コナン「なぁ灰原」

灰原「なに」

コナン「お前はもう、大丈夫だよな」

灰原「はぁ?」

コナン「だからパンツくれ」

灰原「だからあげないって言ってるでしょ」










俺は死んだ

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:36:20.02 ID:txFyjl9r0



そう死んだ
江戸川コナンは死んだ
工藤新一が死んだことになったなら、江戸川コナンは本当に死んだ

一瞬だった

コナンはただ昔を思い出していただけ
ふと顔をあげると、見慣れた顔があって




あの頃に戻る、その願いが叶うことはもうなかった

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:43:17.44 ID:txFyjl9r0

「引き上げるぞ」

金髪の男は江戸川コナンの死を確実に確認した後、サングラスの男が運転するポルシェに乗り込んだ


そこに残されたのは、動かない江戸川コナンのみ

血が広がっていく
目が閉じることはなく、開いたままただ一点を見つめている
なにも考えることはない
先ほどまで思い出していた昔のことも思い出すことは出来ない

降り始めた雨音だけが静かに響き渡る





「にゃろめー」

「にゃろめー」

「にゃろめー」


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:45:04.29 ID:txFyjl9r0

にゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめー
にゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろ
めーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーミャンマーにゃろめーにゃろめにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめー
にゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめーにゃろめー

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:46:27.63 ID:txFyjl9r0

どうしてこうなったんですか?

どうしてこうなったんですか?

僕はなんなんですか?
教えてくださいもうしにたいあーあもう死ぬかんね俺

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:48:05.79 ID:txFyjl9r0

あーもうなんなんなんなん。なんだこれ?気持ちわりーな
こんなん書くやつもうだめ殺してください


198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:49:53.59 ID:txFyjl9r0

おれだってギャグで行きたかったよ!でも今日はダメだったんだよ!鬱入っちゃったんだよ!!
だからって諦めんのか!?そうだよ俺はいつだって諦めてきた

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/01(土) 22:58:02.61 ID:txFyjl9r0

さて、もーいーやーもーむりだー俺は何をやってもダメダメだなあーもーむり

良スレっていってくれたりありがとう
若干三レス目から諦めてましたがここまでこれたのは貴方たちのお陰です

はい、きょーもーむり、明日も明後日もずっと無理
おまいら今までありがとう、もうやめる。働く



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「涼宮ハルヒが男たちにさらわれた」