ゲンドウ「シンジ〜冷蔵庫でビール冷やしておいてー」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:電波王「涼宮ハルヒちゃんにあいたいよぉ・・・」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 16:57:47.62 ID:zZcuFHnc0

ゲンドウ「ジュースも買ってあるから。冷やしておきなさい」

シンジ「いいけど、どうして?」

ゲンドウ「今晩お隣さんにバーベキューパーティーしないかって誘われたんだ」

シンジ「えっ?お隣さんから!?」

ゲンドウ「そう。バーベキューパーティー。夕方くらいには仕度しておきなさい」

シンジ「はい」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 16:59:05.56 ID:zZcuFHnc0

シンジ「うん。でもビールとジュースだけでいいのかな?」

ゲンドウ「む、足りないかな?」

シンジ「お肉や野菜も買ってきた方がいいんじゃないかな?」

ゲンドウ「そうだなシンジ。何か焼いたら美味しそうな物を用意しておこうか」

シンジ「焼きそばとかどうかな?」

ゲンドウ「うむ。スーパーに行って買ってこよう」

シンジ「僕も行くよ父さん」

ゲンドウ「シンジ。父さんじゃなくてパパと呼びなさい」

シンジ「それは嫌です」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 17:03:37.16 ID:zZcuFHnc0

【スーパーマーケット】

ゲンドウ「シンジ。パパはあんまり野菜何が良いかわかんないから代わりに選んでくれるか?」

シンジ「うん。キャベツとかでいいんじゃないかな?あとは、もやしとか」

ゲンドウ「ハハハ、キャベツともやしならパパにもわかるな」

シンジ「白菜やレタスと間違えないでね」

ゲンドウ「大丈夫大丈夫!それじゃあシンジは他の肉や焼きそばを選んできてくれ」

シンジ「わかったよ父さん」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 17:10:52.26 ID:zZcuFHnc0

ゲンドウ「ふむ、キャベツももやしも見つけてしまったな」

ゲンドウ「もうちょっと時期が遅いとナスなんかもあるんだがな」

ゲンドウ「まぁお隣さんなら夏ぐらいにまたやるだろうから、その時はナスも買っていこうか」

ゲンドウ「む、玉ねぎもいるかな?」


シンジ(父さんちゃんと買えてるかな?)

シンジ(焼きそば、どれくらい買おうか)

シンジ(お隣さんはいっぱい食べそうだし、多めに買っていこう)ゴソゴソ

シンジ(あと焼いたら美味しそうな食材・・・)

シンジ(うーん。チーズは焦げ付くからかえって迷惑かな?)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 17:14:45.41 ID:zZcuFHnc0

ゲンドウ「シンジ。食材は何かあったかい?」

シンジ「うーん。難しいかな。白米のおにぎり買って、焼きおにぎりなんてどうかな?」

ゲンドウ「いいんじゃないか?焼きおにぎりと焼きそばならみんな食べれそうだしな」

シンジ「じゃあおにぎりで。父さんは買えた?」

ゲンドウ「野菜はこんなもんでいいだろう。あとはお肉だな」

シンジ「何がいいかな?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 17:19:40.86 ID:zZcuFHnc0

シンジ「お肉もいいけど、ジュースやビールを冷やすのにクーラーボックスがあった方がいいんじゃない?」

ゲンドウ「ああ、それはいいな。確か物置にクーラーボックスがあったはずだ」

シンジ「それじゃあ最後に氷買って帰ろうか」

ゲンドウ「うむ。そうしよう」

シンジ「肉、肉・・・何がいいかなぁ」

ゲンドウ「お隣さんは肉は心配無いと言っていたが、何も持っていかんというのもな」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 17:22:48.43 ID:zZcuFHnc0

海原雄山「おや、これは碇さん」

ゲンドウ「あ、これはどうも」

海原雄山「ははは、お買い物ですかな?」

ゲンドウ「ええ、お隣にバーベキューに誘われまして。食材選びに」

海原雄山「それは楽しそうですなあ」

シンジ「えーっと・・・」

ゲンドウ「シンジ、町内会長の海原さんだ。ご挨拶なさい」

シンジ「こんにちは」

海原雄山「はいこんにちは」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 17:27:18.46 ID:zZcuFHnc0

ゲンドウ「そうだ!海原さんは美食評論家でしたよね?」

雄山「ええ、そうですよ」

ゲンドウ「もし良かったら、バーベキューにあう食材などをご教授願えたら・・・」

シンジ「父さん、失礼だよ」

雄山「ははは、構いませんよ。おやすいご用だ」

ゲンドウ「ありがとうございます!」

シンジ「もう。すみません。よろしくお願いします」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 17:32:29.46 ID:zZcuFHnc0

雄山「ははは、野菜はすでに買われたのですな?」

ゲンドウ「ええ、素人の選択ですが」

雄山「いえいえ。良い物を選んでますよ
バーベキューならば鮭はいかがですか?買われた野菜とも相性が良い」

ゲンドウ「ほう、鮭ですか?」

シンジ「魚は考えに無かったね」

雄山「アルミホイルで野菜といっしょに包んで焼けば絶品ですな」

ゲンドウ「ではそうします!ありがとうございました」

シンジ「わざわざありがとうございました」

雄山「なんのなんの」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 17:38:14.84 ID:zZcuFHnc0

雄山「食事の味を決めるのは食材ではなく、誰とどう食べたですからね。ぜひ楽しんで」

ゲンドウ「はい、ありがとうございました!」

雄山「では私も。そろそろうちのバカ息子が車の中で待ちくたびれるはずですので」

シンジ「すいません。お時間おかけして」

雄山「ははは、バカ息子など待たせておけばいいんですよ」

士郎「親父ー!まだ食材選んでるのか?日がくれちまうだろうがー!」

雄山「ほら来た」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 17:41:08.16 ID:zZcuFHnc0

【碇家】

シンジ「町内会長さんのおかげで美味しそうなのが買えたね」

ゲンドウ「全くだ。今度何かお礼しないとな」

シンジ「さて、そろそろ夕方だから仕度しないとね」

ゲンドウ「ああ。物置からクーラーボックス取って来よう」

シンジ「じゃあ僕は野菜切っておくね」

ゲンドウ「ああ、頼む」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 17:48:02.73 ID:zZcuFHnc0

シンジ「〜〜♪」サクサクサクサクサクサク

ゲンドウ「シンジ〜パパの服装こんなんでいいかな?」

シンジ「んー。まぁ、普通のポロシャツで良いんじゃないかな?」

ゲンドウ「おっさん臭くない?」

シンジ「普通普通」サクサクサクサクサクサク

ゲンドウ「うーん。シンジが言うならいいかな」

シンジ「・・・たぶん普通」ぼそっ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 17:50:55.97 ID:zZcuFHnc0

シンジ「さて、そろそろ行く?」

ゲンドウ「うむ。お待たせしては悪いしな」

ピンポーン

シンジ「あれ?誰か来た」

ゲンドウ「お隣さんが迎えに来てくれたかな?」

シンジ「出てくるね」

ガチャ

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 17:54:46.48 ID:zZcuFHnc0

ガチャ

シンジ「はーい?」


範馬刃牙「こんばんはー。お迎えに上がりました」

シンジ「あ、バキさん。わざわざすいません」

刃牙「こんちはシンジ君。なんか荷物あれば俺が持ってくけど?」

シンジ「わざわざどうも。食材とジュースが結構いっぱいになっちゃいまして」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 17:57:49.17 ID:zZcuFHnc0

刃牙「食材なんか買わなくて良かったのにー。うちにいっぱいあるからさ〜」

シンジ「そうもいかないですよー」

刃牙「そう?それじゃあ荷物持って先に行ってるから」ぐいっ

シンジ「はい。うちもそろそろ行きますね」

刃牙「うん。親父が張り切って待ってるから」

シンジ「はは、凄そう」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 18:01:52.18 ID:zZcuFHnc0

シンジ「さて」

シンジ「父さーん?もう行くよー?」

ゲンドウ「待ってシンジ、まだちょっとヒゲが・・・」

シンジ「もー!お待たせしちゃダメだってばー」

ゲンドウ「シンジー靴下どこー?」

シンジ「ああ、もう」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 18:05:35.62 ID:zZcuFHnc0

【範馬家】

範馬勇次郎「いやー碇さん!本日はどうも!」

ゲンドウ「いやいや、こちらこそお招きいただき」

勇次郎「まぁまぁ。たっぷり食っていってくださいッ!」

ジャック「こんばんはー」
刃牙「ばんわー」

シンジ「どうも。飲み物とかたくさんありますからね」

ジャック「ビールある?シンジ君もたっぷり食ってってね。肉だけは山ほどあるから」

刃牙「て言うか肉しかないな」

シンジ「はい!炭おこすの手伝いますね」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 18:18:30.15 ID:zZcuFHnc0

ジャック「グリルに木炭を並べて、着火剤をかける」ガラガラ

シンジ「ふんふん」

勇次郎「着火剤は火が付いてから追加してはいけないぞ!危ないからなッ!」

シンジ「はい」

ジャック「あとは着火剤に火を付けて、炎が安定したら肉焼くだけだ」

シンジ「へー。意外と簡単なんですね」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 18:27:16.03 ID:zZcuFHnc0

刃牙「ま、実際ただ焼くだけだしな」ぐびぐび

勇次郎「コラ刃牙ッッ!!サボってないで手伝いなさいッッ!!」グニャァ

刃牙「くっ、ばれたか」

ジャック「刃牙ぃ・・・シンジ君を見習いなさいッッ」グニャァ

刃牙「兄さんまでッッ!」

シンジ(迫力あるなぁ)

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 18:33:09.78 ID:zZcuFHnc0

勇次郎「それではいよいよ肉を焼くぞッッ!」

刃牙「待ってましたー!」

シンジ「うわー。たくさんありますね」

ジャック「肉の調達なら簡単だからな!」

シンジ「??」

勇次郎「噴ッッ!!」ガツン!

ジュージュージュー

ゲンドウ「おお!良いか匂いが!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 18:37:51.70 ID:zZcuFHnc0

ゲンドウ「何の肉ですかな?」

勇次郎「こちらから熊、イノシシ、鹿、白鳥です」

ゲンドウ「はっはっはっはっは!ご冗談を!」

勇次郎・ゲンドウ「はっはっはっは!」

ジャック「あ、冗談だから!白鳥とか無いからね?」

シンジ「ははは、わかってますよー」

刃牙「・・・。」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 18:45:13.26 ID:zZcuFHnc0

ジュージュージュー

ゲンドウ「そろそろ焼きごろですな」

刃牙「いただきますっ!」ばくっ

勇次郎「コラ刃牙!お客様が先だろうがッッ!!」

刃牙「だって腹減ったし」もぐもぐ

ゲンドウ「ははは、構いませんよ」

ジャック「さ、シンジ君も食って食って」

シンジ「はい。いただきます」もぐもぐ

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 18:53:13.51 ID:zZcuFHnc0

勇次郎「さて、こちらも乾杯といきますか」カポッ

ゲンドウ「そうですな!」カシュッ

ジャック「かんぱーい!」カンッ
勇次郎ゲンドウ「かんぱーい!」カンカン

刃牙「お、あっちは早速ビールですか」

シンジ「こっちもジュース飲みます?」もぐもぐ

刃牙「お、いきますかー」

シンジ刃牙「かんぱーい!」カン

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 19:10:17.10 ID:zZcuFHnc0

シンジ「そうだ。鮭を買ってきたんですよ」

勇次郎「ほう、鮭かッ!」

ゲンドウ「野菜といっしょに包み焼きすれば絶品ですぞ!」

シンジ(・・・。)

刃牙「うまそうだね!」

ジャック「ああ、親父鮭好きだから」

ゲンドウ「お、そうなんですか?」

勇次郎「ええ、好物でして」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 19:23:05.70 ID:zZcuFHnc0

ゲンドウ「それではぜひ焼きましょう!」

勇次郎「ははは、お願いします!」

シンジ「鮭は下ごしらえしているんで。適当に野菜を敷いて味付けを」

ジャック「味付け・・・塩でいいかな?」

刃牙「マヨネーズがいい」

勇次郎「馬鹿者ォ!醤油に決まっとろうがァッッ!!」メキメキ

シンジ(ビクッ)

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 19:30:06.58 ID:zZcuFHnc0

ゲンドウ「まあまあ。では焼きあがってから各自味付けしようではありませんか」

ジャック「む・・・」

勇次郎「そうですな。いやはやお恥ずかしい」

ゲンドウ「いえいえ」

シンジ「じゃ、味付け無しで焼きますね」

刃牙「俺、マヨ取ってくる!」ダッ

ジャック「あ、逃げるな刃牙!手伝えッッ!!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 19:33:52.88 ID:zZcuFHnc0

ジュージュージュー

シンジ「そろそろかな?」

刃牙「うん。良い匂いしてきた」くんかくんか

ジャック「取り分けよう」カチャカチャ

ゲンドウ「ほぉ、ちょうど良い焼き加減だ」

勇次郎「実に旨そうな」じゅるり

刃牙「じゃ、いただきますッ!」モキュモキュ

勇次郎「いただきますッッ!!」モキュモキュ

ジャック「旨い・・・ッ!」モキュモキュ

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 19:42:23.24 ID:zZcuFHnc0

ゲンドウ「皆さん良い食いっぷりだな」

シンジ「本当。もっと買ってくれば良かったね」

ゲンドウ「そうだな」


刃牙「親父。今度の秋は鮭も狩ろう!」

勇次郎「ああ、本当に旨いな」モキュモキュ

ジャック「シンジ君料理上手いなー」モキュキュ

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 19:53:20.13 ID:zZcuFHnc0

シンジ「ふぅ、満腹だー」

ゲンドウ「いやーご馳走さまでした」

勇次郎「ははは、私たちもすっかり酔ってしまいました」

ジャック「食後にフルーツはどうですか?アイスとかもありますが」

刃牙「いただきますっ!」

ジャック「おまえ黙ってろ」

シンジ「あはは!せっかくなのでいただいていきます!」

ゲンドウ「何から何まですみません」

勇次郎「いえいえ、こちらこそ」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 19:58:15.56 ID:zZcuFHnc0

シンジ「はぁ、風が気持ちいいね」

刃牙「もうすぐ夏だなー」

ジャック「何となく空気の匂いが変わってきたよな」

シンジ「今年も暑くなりますかね?」

刃牙「そしたらまたバーベキューやろうよ」

ジャック「ああ、そうだな」

シンジ「はいっ!」

ジャック「今度は斜向かいの星さん所も呼ぼうか?あそこも食い盛りだから」

刃牙「あー。野球部の飛雄馬君か」

シンジ「いいですねぇ」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/16(水) 20:01:47.02 ID:zZcuFHnc0

勇次郎「碇さん、おみやげにこれ持ってってください」

ゲンドウ「いえいえ!そこまでお世話になるわけには!」

勇次郎「まぁまぁ。そう言わずに。どうぞ!」

ゲンドウ「悪いですなぁ・・・」

勇次郎「いえ、こちらこそお世話になってますので!ぜひ食べてください」

ゲンドウ「それではいただきます。えっと、この肉は・・・?」

勇次郎「熊の手というヤツですな!」ニヤァ

ゴロンっ

ゲンドウ「えっ・・・!?」


終わり

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/05/16(水) 20:24:55.56 ID:zZcuFHnc0

他に面白そうな仲悪い父子家庭って何がある?



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒ、もういい加減にしてくれ」