アスカ「カヲルに犯された……」ドキドキ


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「三期が決まったって?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 00:40:22.02 ID:xL4fBusj0

カヲル「リリンの生殖行動は面白いね。一度試してみたいな」

レイ「……」スタスタ

カヲル「綾波レイ……ちょうどいいところに」

レイ「?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 00:47:24.27 ID:xL4fBusj0

レイ「なに?」

カヲル「実は強力して欲しいことがあるんだ」

カヲル「僕と生殖行動をしてみてくれないか?」

レイ「嫌」

カヲル「つれないな……そう言わずに」

レイ「ビンタビンタビンタビンタ」

カヲル「ぶほほほほぼぼ」

レイ「……」スタスタスタ

カヲル(断られてしまった……何がいけなかったんだろう?)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 00:52:04.16 ID:xL4fBusj0

カヲル「実践の前にもう少し勉強してみよう」

バサバサ

カヲル「性描写のある本にビデオ……これだけあればまずはいいかな」



ミサト「♪〜」

カヲル「葛城さん。少しお話があるんですが」

ミサト「なにかしら?」

カヲル(警戒されてるな……)

カヲル「内密の話です。できれば二人っきりで」ニコ

ミサト「!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 00:56:44.53 ID:xL4fBusj0

ガチャン

ミサト「ここならいいでしょ?」

カヲル「そうですね」

カヲル(まず打ち解けてリラックスできるよう、にこやかなムードを作らないと)

ミサト(ヤバ、ちょっと顔が熱いわ……油断できないってのに、急にあんな笑顔見せるから)

カヲル「内密の話というのは、葛城ミサトさん、あなたの話です」

ミサト「どういう意味?」

カヲル「僕はまだ、葛城さんのことをよく知らない。許せる範囲でいいので教えていただけませんか?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 01:03:46.26 ID:xL4fBusj0

ミサト「悪いけど。あなたに話せることは無いわ」

カヲル「それは寂しいですね」スッ

ミサト「!?」

カヲル(手を握って……本によれば少しでもスキンシップを図らないと)

ミサト「……気安く触らないで」

カヲル「え」

カヲル(逃げられてしまった。やはりリリンを理解するのは難しいね)

ミサト(あ〜ビックリした!)ドキドキ

カヲル(確か続けて、スキンシップからのハグorキスなのだけど……)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 01:12:15.48 ID:xL4fBusj0

カヲル(不十分だが仕方ないか。続けられるところまで続けてみよう)

ぎゅっ

ミサト「なっ!?」

チュッ

ミサト「な!!???」

チュ〜〜〜〜〜ゥ

ミサト「んむぅ!!!!!???????」

チュゥレロレロレロレロチュッッパ

ミサト「ぁ」ガクン

カヲル「……ふぅ。葛城さん?」

ミサト「ひぁ……ぁ、ひへ♥」

カヲル(惚けてるのか。判断力が落ちれば話してくれるかな?)

カヲル「葛城さん、あなたの事を教えてくれますか?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 01:23:10.06 ID:xL4fBusj0

ミサト「それで……お父さんが―――」

ミサト(なにしてるの私。こんな話、加持君やリツコ、あとはシンジ君にしかしてなかったのに)

ミサト(会って間もない、要警戒の子供相手に……)

カヲル「なるほど。そんな事情が。僕も多少の責任を感じます」

ミサト「責任? どうして?」

カヲル「……」

ミサト(また。そんな目で見つめるから!)

カヲル(距離が縮んだら、とにかく好意的な言葉を伝える。嘘でも悪い気はしないと記述されていたけど……)

カヲル「葛城さんは、表面から分かるよりずっと複雑な側面をお持ちだったんですね」

ミサト「そんな大げさなもんじゃないわよ」

カヲル「いえ。不謹慎かも知れませんが、そういう方はとても魅力的だと思います」

ミサト「え?」

カヲル「好意に値する―――好きだということです。葛城さん」

ミサト「な、渚く……んっンン!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 01:31:33.06 ID:xL4fBusj0

ミサト「ぷはっ、あ、あんた、何しに来たわけ!?」

カヲル「あなたを抱きに」

ミサト「抱っ!?」

カヲル「いけませんか?」

ミサト「あったりまえでしょっ。いけないに決まって……」

カヲル「好きです」

ミサト「!」

カヲル「……」

ミサト「なぎ……」ドキドキ

ちゅぅ

ミサト「んん、ン」

カヲル(甘いとされる言葉を伝えながら、キスを交え、身体を愛撫……慣れないと忙しいな)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 01:45:50.05 ID:xL4fBusj0

ミサト「ぁん、ぁぁ、はっ」

カヲル「とても綺麗な脚ですね」

ミサト「っあぁ! や、ンン」

カヲル「指が溶けそうなくらい、触り心地が素敵です」

ミサト「そんなことな、もう……30間近だから……ぁぁッ」

カヲル「ん……レロッ」

ミサト「ひゃぁう!」

ミサト(なんで、なんでこの子、こんなに上手なの……?)

カヲル(どうだろう……演技じゃないのかな? 上手くいってるといいのだけど)

ミサト「あぁん! いっあぁぁ! ふぁぁ!」

カヲル「葛城さん。これからは二人の時だけミサトさん、って呼んでもいいですか?」

ミサト「ぁ……ぁぁぁ、カヲル……」

カヲル「挿れますね」

ミサト「………………」コクン

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 01:48:29.63 ID:xL4fBusj0

シンジ「うーん……」

アスカ「なにヘンな顔してんのよ」

シンジ「ミサトさんから連絡ないんだ。いつもなら、遅くなるとかもう帰るとかあるのに」

アスカ「たまにはそんな事だってあるわよ」

シンジ「こっちから掛けても全然つながらないし……」

アスカ「だから、忙しいんでしょ。ってことはどうせ遅くなるんだし先に食べるわよ」

シンジ「食べるわよ、って。用意するの僕だろ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 01:55:35.47 ID:UvPwLVIO0

シンジ「ふぁぁ〜」

ペンペン「クェェ」

シンジ「おはよペンペン。早いね。ん?」

ピッピッ

シンジ(点滅してる……留守電か)

ミサト『シンちゃん、アスカ。今日はちょっち帰れないの。ごめんね。会うのはネルフでになるけど、学校サボっちゃだめよ? じゃね』

シンジ(なんだ良かった。元気みたいだ)

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 02:02:32.42 ID:UvPwLVIO0

〜学校〜

シンジ「人間の?」

カヲル「うん。人の生態というものをもっと深く理解したいと思ってる」

シンジ「へえ……動物や昆虫じゃなくて人間ってところがちょっと変わってるね」

カヲル「そうかい? でも人間も彼らの仲間さ。この星の生命体だ」

シンジ「う、うん、そうだね。さすがカヲル君、なんかスケールがでっかいや」

アスカ「な〜に感心してんのよバカシンジ。そいつのは、ただ変人ってだけよ」

シンジ「横からチャチャ入れるなよ」

アスカ「ふんっだ」

カヲル「……」

シンジ「ん? カヲル君、どうかしたの」

カヲル(次は誰で調査してみよう……)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 02:41:32.79 ID:UvPwLVIO0

カヲル(一度のつもりだったけれど、予想以上に興味深い反応を得られたし……)

カヲル(どうせなら次は葛城さんとは対極と言えるリリンにしたいな)

カヲル(幼く、地味で、おそらく経験が無く、性に消極的―――)

ヒカリ「みんな! そろそろ席について」

カヲル(そうだね。例えば、洞木ヒカリさん)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 02:50:56.23 ID:UvPwLVIO0

ガヤガヤガヤ

ヒカリ「それでね、お姉ちゃんが―――」

女子「え〜、それ大丈夫だったの?」

ヒカリ「うん。ケガはどこにもなくて」

カヲル(きっかけは小さくでも事件性があるくらいのほうがいい。本当なのかな?)

カヲル(洞木さんの足元に微小なATフィールドを……)

カツン

ヒカリ「きゃっ!?」

女子「ヒカリ!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 02:58:53.41 ID:UvPwLVIO0

どさっ

カヲル「ふぅ……危なかったね。階段ではもう少し足元を注意したほうがいいよ」

ヒカリ「な……ぎさ君」ドキドキ

女子「ヒカリ! 平気!?」

ヒカリ「う、うん。全然平気。渚君が受け止めてくれたから……びっくりしたぁ」ドキドキ

カヲル「ちょうどいて良かったよ」

ヒカリ「いてくれなかったら大怪我しちゃうところだったわ。ありがとう」ドキドキ

カヲル「……どういたしまして」

ヒカリ「っ」ドックン!

女子「いいな〜。私も渚君に抱きとめられたいなぁ」

ヒカリ「あっ! ご、ごめんなさいいつまでも」

カヲル「気にしないで。それじゃ」

ヒカリ「……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 03:04:09.98 ID:UvPwLVIO0

〜ネルフ〜

リツコ「本日はここまで。お疲れ様」

ミサト「渚君はちょっち話があるから、悪いけど、この後私の部屋まで来て」

カヲル「はい」

アスカ「ぷ。なにかヘマやらかしたんじゃないの〜」

シンジ「カヲル君、僕待ってようか?」

カヲル「いや。僕もシンジ君と帰りたいけど、終わりの時間が分からないから」

シンジ「そっか……じゃあ先に帰ってるね」

アスカ「なに男同士でいちゃついてんのよ。キモチワルイ」

レイ「……」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/30(木) 03:06:37.07 ID:UvPwLVIO0

起床まで3時間切ってしまった寝る



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「たまには安価で平和な1日を過ごす」