古泉「これは遊びではありません。本当の緊急事態です。」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「は…?美心って処女なの…?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 22:24:58.00 ID:hCpFqhLI0

フロリダ州 マイアミビーチ市


ハルヒ「キョン!おきなさい!おきなさいよ!!」

キョン「ァァ…なんだよ…」

ハルヒ「非常事態発生よ!!はやくおきなさいったら!!」

キョン「非常事態なら昨日5回あっただろ…寝かせてくれよ…。」

古泉「これは遊びではありません、本当の緊急事態です。」

みくる「ふぇぇ…」



TV「暴動が発生しております!! 速報です、ただ今、戒厳令が出ました!」



『只今からここの地区を数分で封鎖します。市民の皆様は我々の指示に従い、こちらへ移動して下さい。
尚、時間以内に間に合わなかった場合については、保障は出来ません。』



俺達は、近所のスーパーマーケットで当たった一等賞のビーチバカンスに来ている    はずだった。


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 22:32:22.39 ID:hCpFqhLI0

ラジオ「現在、フロリダ州の全域の警察、州軍、陸軍が事態の収拾をするために出動しております。
フロリダ州にお住まいの皆様は、直ちに警察、軍の支持に従ってください。
繰り返し教えらせ致します。 現在、」

TV「街は大混乱に陥っております!! この大暴動について、フロリダ州政府は、戒厳令を発令しました!」


『これより、ここの地区は封鎖対象となります。残っている方々は、直ちに我々の所へ来て下さい。
間に合わなかった場合は、安全の保障は出来ません。』



キョン「おいおいおい、なんだってんだ?」

古泉「暴動です。それも、フロリダ州全域に及ぶ。」

キョン「…そりゃ分かってるよ。一体なにが。」

みくる「未来とのコンタクトが取れません…。」

長門「情報統合思念体との接触が不可能になった。」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 22:35:35.89 ID:hCpFqhLI0

パン、パンパン

キョン「お、おい今の」

古泉「銃声…ですね。」

ハルヒ「何やってんのよ!さっさと行くわよ!!」

キョン「お、おう!!」



みくる「長門さん、これって…」

長門「…彼女によるものではない。」

みくる「じゃ、じゃあ」

長門「これは本当の事件。」

古泉「で、では、これは一体」

ドンドンドン

キョン「なんだ?」

ドンドンドン

古泉「ドアから、ですね」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 22:39:57.48 ID:hCpFqhLI0

ハルヒ「誰よこんな時に!」

ガチャッ

男性「た、たすけて…。」ドサッ

ハルヒ「血、血まみれ!!」

みくる「キャァアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!」

キョン「うわ!!」

古泉「誰か早く手当てを!!」

ハルヒ「わ、私のカバンに医療セットが入ってるわ!!」

長門「任せて。」




どうやら俺は、とんでもない事態に巻き込まれてしまっているらしい…。

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 22:45:01.98 ID:hCpFqhLI0

男性「は、はやくドアを閉めろ!」

キョン「え」

男性「はやく!!」

キョン「わ、わかっ」

ヴァアア

キョン「うわぁあああああ!!」

古泉「こ、これは!!」

ハルヒ「ちょ、ちょっと!内臓丸見えじゃないの!!」

長門「下がって」

ズドッ ブシュッ ブシュクッ

?「うぅああああああ」

長門「…!!」

古泉「長門さん、頭です!頭を狙ってください!!」

ドグシュッ ズバッ

ゴロゴロゴロ…


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 22:48:34.28 ID:hCpFqhLI0

キョン「こ、殺しちまったのか…。」

長門「殺していなければ危なかったのはあなた。」

みくる「い、いやぁああああああああああああああ!!!!」 ダダダッ

ハルヒ「あ、みくるちゃん!!」

キョン「クソッ、古泉、俺とその人を運ぶぞ!」

古泉「はい!」

男性「す、すまねぇ…」

ハルヒ「みくるちゃん、待って!」


タッタッタッタッタッタッタッ




キョン(一体なんだってんだ。何が起きてるってんだ…?)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 22:52:09.40 ID:hCpFqhLI0

キョン「くそっ、重いっ…!」

古泉「もう少しの辛抱です!」

ハルヒ「みくるちゃん!」

バンッ

ハルヒ「はぁ…はぁ…みくるちゃん、どこー?!」

警官隊「「動くな!」」カチャッ

ハルヒ「…え?」

警官隊「「それ以上近づいたら撃つ。脅しじゃないぞ。」」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 22:56:44.82 ID:hCpFqhLI0

みくる「ま、待って!彼女は私の友達です!」

ハルヒ「な、なによこれ。まるで映画じゃない。」


バタンッ


キョン「ハルヒ!」

警官隊「「動くな!」」

みくる「か、彼らも友達です!」

警官A「良かった。驚かさないでくれ、君たち。」

古泉「驚かされたのは僕らです。なんなんですか?これ」

警官A「よく分からん、詳しくは我々にも知らされていない。」

警官B「警部、A地区との連絡が途絶えました!」

警官A「くそっ、これで2地区目だ!」


警官A「君たち、ここを移動するぞ。」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 23:00:23.10 ID:hCpFqhLI0

ハルヒ「ちょ、ちょっと!少しくらい説明しなさいよ!」

警官B「こちらマイアミビーチ前、B地区。新たに6名を確保。」

ハルヒ「ちょっと!無視しないでよ!」

キョン「なんだか分からんが、着いて行った方がいいだろ。」

古泉「どうやら警察も混乱しているようですね…。」

男性「ウがァああああああああっっっ!!!」

キョン「うわっ!」

警官A「は、離れなさい!今すぐ!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 23:07:15.34 ID:hCpFqhLI0

男性「ヴぁあぁ…」ヨロ…ヨロ…

パン、パン、パパン、パンパンパン
ドサッ

キョン「な、なんだ、なんだこれは!」

警官A「君らまだ見てないのか?こいつらを。」

古泉「こいつらと、言いますと…」

警官B「今見たような化け物だよ。ゾンビさ。」

長門「ゾンビ…?」

みくる「あ、あの人を食べる、ゾンビですか?」

警官B「ああ、そうだよ。今や街はこいつらで溢れ返ってる。」

ハルヒ「だ、だけど、さっきまで生きてたのよ!たすけてって言ってたのよ!」

警官A「伝染するんだよ、どうやら。」

古泉「ほう…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 23:21:12.17 ID:hCpFqhLI0

バタンッ バタンッ

警官「全員乗ったな?」

キョン「乗りました。」

警官「OK、出発だ。」


ブロロロロロロロロロロロロロロッ



俺達は物々しい装備をした警官達と一緒に、避難所らしい米軍基地へと移動していた。


警官C「しかし、よくもこんな状況で生き残れたな。」

古泉「こちらとしても驚きです。一体何時から暴動騒ぎが……?」

警官B「昨日の23:00あたりだな。一気に通報が増えて来たんだ。」

警官D「ああ、何回か30人一組の警官隊が出動したりもしてな。知り合いの何人かはやられちまった。」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 23:25:29.07 ID:hCpFqhLI0

キョン(23:00……俺らはトランプゲームをしていたな……騒ぎなんて全く気づかなかったが…)

みくる「あ、あの〜…」

警官A「どうした?」

みくる「そ、その、ト、トイレ……」

ハルヒ「みくるちゃん!今は緊急事態なのよ!ちょっとくらい我慢しなさい!」

みくる「で、でも……」

キョン「朝からトイレに行く暇も無かったんだ。まあ、仕方ないさ。」

警官A「……どこか人が少なそうな場所で停めよう。ジャックソン、フレッド、護衛を頼んだ。」

警官C、D「分かりました。」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 23:28:08.95 ID:hCpFqhLI0

キキッ    ガチャッ、バタムッ

ジャクソン「よしお嬢さん、ついて来な。」

みくる「は、はい。」

古泉「念のため、僕らも護衛に付いた方が良いでしょう。」

キョン「そうだな。」


しかしまあ、こんな時にトイレなんてのんきなお方だ………


フレッド「そこらへんでどうだい?」

みくる「はい、そこでします。」

ジャクソン「じゃあお巡りさん達見張ってっから。安心して。」

みくる「はい!」


キョン「しかし、ここは一体どこだ?随分と車を走らせたが……。」

古泉「ここは恐らくバイス地区でしょう。」

キョン「バイス地区?聞いたことないな。」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 23:31:37.74 ID:hCpFqhLI0

古泉「バイス地区の奥にフォートバクスター米軍基地があるようです。」

キョン「そこまで後どれくらい何だ……。」

古泉「さぁ……? でも、あの護送車に乗ってから30分は走り続けましたね。」

キョン「そろそろ着いてくれることを願うよ。あちらこちらから呻き声が聞こえて寒気がする。」

フレッド「おう、お前ら降りて来てたのか。 そろそろ終わると思うから、車に乗っておけ。」

キョン「どうやら無事済んだようだな。」

古泉「ええ、そうのようで

パン、パン、パパパン、パン

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 23:47:01.60 ID:hCpFqhLI0

キョン「今のは…!」

フレッド「銃声だ!」

タタタタタタッ


古泉「朝比奈さん!」

キョン「朝比奈さん、どこですか!」

フレッド「ジャクソン!」


古泉「2人とも居ませんね……。」

キョン「お、おい、あれ!」

チャッ

フレッド「……この拳銃は、ジャクソンのだ。」

古泉「なんてことだ……」

フレッド「悲しんでる暇は無い、急いで護送車に乗れ!」

古泉「は、はい。行きますよ、キョン君!」

キョン「ま、待て、まだ近くに居るかもしれない!死んだとは限らない!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 23:50:20.81 ID:hCpFqhLI0

古泉「キョン君、後ろ!!」

キョン「え?」

ゾンビ「ヴぁああああああ」

キョン「うわぁああああああ!!!」

パン、パンパン

ゾンビ「ぐぁっ」ドサッ

フレッド「ほら、早く!」

キョン「ク、クソッ」タタタタタッ




ガチャッ

ハルヒ「キョン!無事だったのね!」

キョン「ああ、だが… 朝比奈さんと警官が消えちまった。」

ハルヒ「みくるちゃんが?!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 23:59:47.02 ID:hCpFqhLI0

朝比奈さんたちは一体どこへ…?やられちまったのか?
仕方なく俺達はそのままバクスター基地へと向かっていた。




長門「…私も一緒について行っていれば……うかつ…。」

キョン「もし、お前がついて行っていたら、お前も危なかったかもしれん。もし、そんなことになったら…。」

長門「……。」

ハルヒ「とりあえずこれ以上犠牲者を出さないように、お互いを庇い合うのよ!」

古泉「そうですね…。それに、まだ朝比奈さん達が奴らにやられた訳では」

キキキーッ!

キョン、ハルヒ、古泉「うわぁっ!」

フレッド「ど、どうした!なんで停めた、ボブ!」

ボブ「生存者がいる。クロケット警部、どうします?」

クロケット「生存者を放っておけん。助けよう。」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/21(火) 00:04:06.21 ID:hCpFqhLI0

クロケット「おいあんた、大丈夫か?」

生存者「あ…あぁ……あんたらは…。」


上下迷彩色で覆われている服を着ている。
どうやら軍人のようだ。

ボブ「俺達は市民を救助してる。軍は一体何を?」

軍人「お、俺達も同じようなもんだ。だ、だが ゲホッ」

クロケット「しっかりしろ。今から避難所へ行って、手当てをして貰おう。」

軍人「避難所…?あそこは ゲホッゲボッゲロッゲロゲロゲロ」

キョン「だ、大丈夫かあんた。」

軍人「あ、だ、だめ、だめだ、だm」パンッ ドサッ

クロケット「自殺しやがった…。」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/21(火) 00:08:31.78 ID:p3Hjyj780

ボブ「仕方ない、先を急ごう。」

ハルヒ「……?」

死んだ軍人の服に縫い合わせてあるパッチに何か書いてある。
Fort Baxter Air Base…?

ハルヒ「バクスター…バクスター基地!?」

クロケット「どうした。」

ハルヒ「こ、この人、バクスター基地の兵士なのよ!」

古泉「で、では……」

キョン「バクスター基地から逃げて来たと……?」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠博士「ホホッwwwもう光彦君が死ねば何でもいいぞいwww」