キョン「キスしないと死んでしまう病だと?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「…ふぅ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 00:54:46.03 ID:5p0VAbEJ0

古泉「ええ」

キョン「ふざけたことを言うんじゃあない」

古泉「いえ、一つもふざけてません」

キョン「いいか古泉、俺は今朝から機嫌が悪いんだ」

古泉「はあ」

キョン「下らん冗談はよせ、ああ、また頭痛だよ」

古泉「後頭部にしびれるような痛みがあるんでしょう」

キョン「なんだ、お前も偏頭痛持ちか」

古泉「いいえ、それが先ほどから説明している病の初期症状です」

キョン「やめろ、それ以上訳の分からんことを言うな」

古泉「あなたこそ真面目に取り合ってください、命に関わりますよ」

キョン「やれやれ、こんなことならいっそ死んでしまいたいな」

古泉「勘弁して下さい、あなたが膝を折ったら誰がこの世界のバランスをとるんですか」

キョン「……さらっと面倒な仕事を押しつけるなよ」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 01:01:17.79 ID:5p0VAbEJ0

古泉「とにかく、病がステージUに移る前に、対策をお教えします」

キョン「ステージU?」

古泉「病が進むと、五分に一回はキスをしていないと、呼吸困難に陥り、死に至ります」

キョン「待て待て待て待て」

古泉「待ちませんよ、時間がないって言っているでしょう」

古泉「この場合におけるキスの定義ですが、別に舌は入れなくても良いです」

キョン「聞いとらんわ」

古泉「また、必ずしも唇と唇が触れあう必要はありませんが、他の部位だと延命効果は薄いようですね」

キョン「このご都合主義め!」

古泉「何とでも言って下さい、あなたが助かる為に必要な情報です」

キョン「対処法とかじゃなくて、治す方法を教えろよ。くそ、頭痛がひどい」

古泉「そんなものあればとっくに教えてますよ、いいですか?おわかりだとは思いますがこの件も」

キョン「ハルヒがらみなんだろう、長門にもどうにも出来ないんだろ」

古泉「察しが早くて助かります」

キョン「やれやれ、どいつもこいつも人をおもちゃにしやがって……」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 01:09:44.83 ID:5p0VAbEJ0

古泉「さて」

キョン「ん?」

古泉「おそらくこうして悠長に話していられるのもあと数分です」

キョン「ちょっと待て、俺はどうすれば」

古泉「(僕でもいいですよ)」

キョン「(こいつ、脳内に直接……!)」

ハルヒ「あら、キョン。古泉くんも。掃除当番じゃなかったの?」

キョン「!」

古泉「ああ、涼宮さん。実はかくかくしかじかでして」

キョン「あっ、コラ!バカ!」

ハルヒ「……」

ハルヒ「な、なんですって……そんな病気が?」

キョン「おいハルヒ、こいつの妄言に騙されるなよ」

ハルヒ「きょ、キョンが死んじゃう……?」

ハルヒ「……」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 01:18:01.65 ID:5p0VAbEJ0

ハルヒ「あ、あんたも体を張った攻め方をするわね……」

キョン「な、なに?」

ハルヒ「そんな病気にかかってまで、みくるちゃんや有希にちょっかいだそうとするなんて!」

キョン「待て!激しく誤解だ!というかまずそのけったいな病気について疑えよ!」

ハルヒ「団長として看過出来ないわ」

キョン「だから人の話を聞けよ」

ハルヒ「で、でも、あんたをこのまま見殺しにするわけにも行かないし」

キョン「いや、死なないからな」

キョン「やれやれ、お前ら一回病院行って来たらどう……ゲフンゲフン」

キョン「すまん、急にむせた……って!?」

ハルヒ「血……血が……血が……!」

古泉「吐血が始まりましたね、ステージUの症状ですよ!早く!」

キョン「ええい!顔を近づけるな、目をつぶるな、唇を突き出すな、気味が悪い、視界から失せろ!」

ハルヒ「……わ、わたしが」

キョン「え」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 01:26:41.31 ID:5p0VAbEJ0

キョン「おいハルヒ、悪ノリが過ぎるぞ」

ハルヒ「あんた死にたいの!?」

キョン「いや、だからな」

古泉「涼宮さん、彼のこと、お任せしてもいいですか?」

ハルヒ「仕方ないのよね、だって、いくらキョンでも団員は見捨てられないもの」

古泉「とりあえず部室の周りを人払いしておきますから……」

ハルヒ「ありがとう、古泉くん」

キョン「おい、俺を無視して話を進めるんじゃあない」

ハルヒ「あくまで人命救助よ!勘違いしないでね、面倒だから!」

キョン「それより先にお前らの盛大な勘違いをなんとかしろ!」

古泉「ああ、そんなに暴れたら」

キョン「ゴフッ、ゲフンゲフン……」

ハルヒ「!」

ハルヒ「キョン死んじゃう!」

古泉「涼宮さん、急いで彼と部室へ!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 01:34:48.03 ID:5p0VAbEJ0

〜部室〜

ハルヒ「ちょっとキョン、しっかりしなさい!」

キョン「こ、これはマジに死ぬかもしれんな……ごほっ」

ハルヒ「は、はやく……」

キョン「早く?」

ハルヒ「あ、あの、き、キスしないと……いや、えっと」

キョン「お前もバカバカしいと思わんのか」

ハルヒ「え?」

キョン「キスとかそんな非現実的なことじゃなくてだな、救急車を呼んでくれ」

ハルヒ「でも」

キョン「ごほごほ……お前まで茶番に付き合わなくてもいいんだ」

ハルヒ「だって、死んじゃう」

キョン「お、おいハルヒ」

ハルヒ「死んじゃだめ……」

キョン「んっ!?んんんっ!?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 01:43:42.04 ID:5p0VAbEJ0

ハルヒ「んっ……んんっ……」

キョン「っぷは……お、お前は何を考えて……あれ」

ハルヒ「ら、楽になった?」

キョン「……あ、ああ。信じられないことだが」

ハルヒ「ほっ」

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「いや、えーと、あの」

ハルヒ「へ、変な空気ださないでよ!特に他意はないんだからね!人命救助!」

キョン「あ、ああ、そうだな」

ハルヒ「それよりあんた、もう大丈夫なの?」

キョン「いや、五分に一回とか、古泉に言われたんだが」

ハルヒ「」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 01:47:05.27 ID:5p0VAbEJ0

キョン「ま、まあ今のところ問題なさそうだけどな、あはは」

ハルヒ「そ、そうね!」

キョン「……こほっ」

ハルヒ「!」

キョン「い、いや、これは!違う!ただの咳で……ごほっ」

ハルヒ「キョンが死んじゃう!」

キョン「いや、待て。さすがにそんなことを繰り返してるわけには……ごほごほ」

ハルヒ「でも、でも」

キョン「そ、そうだ!古泉のやつが、別に口と口じゃなくてもいいと言ってたんだ」

ハルヒ「?」

キョン「せ、せめてほら、手の甲とか、な?」

ハルヒ「そ、そう?」

キョン「すまんなハルヒ、ちょっと手を借りる」

きゅっ

ハルヒ「う、うん」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 01:50:17.58 ID:5p0VAbEJ0

キョン「ん」

ちゅっ

ハルヒ「……」キュン

キョン「はあ、なんとか落ち着いたかな」

ハルヒ「そ、そう」

キョン「ケフンケフン……だめか、くそ」

ハルヒ「!?」

キョン「効果が薄いんだそうだ、口以外は」

ハルヒ「え?え?」

キョン「ハルヒ、ちょっと我慢してくれ。手の甲だからな」

ちゅ、ちゅ、ちゅ、ちゅ

ハルヒ「あ、あ、あ……」

キョン「くそ、発作の間隔が短くてかなわんな」

ハルヒ「(あれ……?これなんかやばい気がする……)」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/20(月) 01:56:59.03 ID:5p0VAbEJ0

〜20分後〜

キョン「くそ、なんだってんだ。段々発作が酷くなってきてるじゃないか」

ハルヒ「……あ、あの、キョン?」

キョン「どうした?」

ハルヒ「えっと、あの、ごめん……手がくすぐったくって、その」

キョン「す、すまん」

ハルヒ「あ、いや、でもキョンのせいじゃないし、仕方ないんだけど……」

キョン「でも、嫌だよな」

ハルヒ「やっ、その、そういうんじゃなくて、むしろ……あっ、ちが、えっと」

キョン「?」

ハルヒ「と、とりあえず別の所……」

キョン「といっても、なあ」

ハルヒ「そ、そうね」

キョン「手がダメなら、脚とかか?」

ハルヒ「」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「涼宮さんて超電磁砲の主人公とキャラ被ってますよね」