ハルヒ「古典部?何よそれ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「なんだこいつ〜!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 20:37:42.16 ID:LlvaihIK0

キョン「それが今回の文化祭で話題になってるんだとよ」

古泉「なんでも『氷菓』とやら部誌を販売しているとか……なかなか売れているらしいですよ」

ハルヒ「ふぅーん。でも私達の映画の方が話題集めてるんでしょ?」

古泉「どうでしょう? 宣伝も兼ねて古典部に訪問をするのは?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 20:42:23.02 ID:LlvaihIK0

折木「これで15冊っと、なかなかの売れ行きだな」

折木「しかし暇だな、まぁ暇なのがいいのだが……」

ハルヒ「ここが古典部のようね……ちょっと入るわよ」

折木「いらっしゃい」

ハルヒ「あんたが古典部?」

折木「はいそうです」

キョン(うーむ、こいつには色んな意味で親近感が湧くな)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 20:47:40.59 ID:LlvaihIK0

ハルヒ「しけた部室ね、お茶でも出ないのかしら?」

折木「すみません、そんな気遣い出来なくて」

古泉「いいですよ、えっとこれが氷菓ですか?」

折木「200円になります」

ハルヒ「キョン、財布持ってるわよね」

キョン「だが最初に読むのは俺だからな」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 20:54:26.08 ID:LlvaihIK0

折木「毎度ありー」

ハルヒ「古典部ってあんた一人だけなの?」

折木「他に3人いますが」

古泉「確か総務委員の福部くんがいたような」

ハルヒ「部長と話がしてみたいわ、あんたが部長なわけ?」

折木「いえ、部長は今頃クイズ大会にエントリーをしていると……」

ハルヒ「じゃあそのクイズに参加するわ、キョン走って来てエントリーしてちょうだい」

キョン「パシリじゃないんだぜ……」

折木(この人も苦労してるんだな)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 20:57:14.85 ID:LlvaihIK0

ハルヒ「あんたの名前は?」

折木「折木です」

ハルヒ「あんたイマイチパットしないわね……じゃあね」

折木「……どうも」

ハルヒ「古泉君、さっさと会場に行くわよ」

古泉「わかりました」

折木(ふぅ……疲れる)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 21:03:17.22 ID:LlvaihIK0

える「参加するにはあと二人必要なんですか!!」

運営生徒「はい、三人一組での参加になります」

える「こ、こまりました。でも伊原さんは漫画研究会で忙しいし、福部さんは他のチームに参加しているようで……」

運営生徒「あと5分で締め切りです」

える「わ、待ってください!!」



キョン「……はぁはぁ、何とか走って間に合ったが。受け付けで何か揉めてるな」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 21:08:05.99 ID:LlvaihIK0

キョン「受付まだ大丈夫ですか?」

運営生徒「はい、まだ間に合いますが」

える「すみませんでした。私諦めます」

運営生徒「次は三人で来てくださいね」

キョン(なんだ可哀想な奴だな……)

キョン(誘ってやろうか……)

キョン「 >>25

1、どうです? もし良かったら俺たちと組みませんか?

2、けっ、幸薄い奴だな


安価です

25 名前:ビチグソウンコ大便之助 ◆9Ce54OonTI [] 投稿日:2012/08/12(日) 21:11:45.93 ID:uciEtKAN0

1

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 21:15:50.51 ID:LlvaihIK0

キョン「どうです?俺たちと組みませんか?」

える「で、でも迷惑をおかけするかもで……」

キョン「連れの奴が結構気前のいいのが居るんで大丈夫です」

える「じゃあ、お言葉に甘えて……」

キョン「じゃあ、受付済ませときますね」

える「あ、ありがとうございます」

える(優しい人もいるんですね。でもどこかで見たことがあるような……お料理コンテストで……)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 21:21:23.50 ID:LlvaihIK0

ハルヒ「……で、可哀想だから誘ったの?」

キョン「……すまん」

ハルヒ「あんたにしては珍しいわね」

える「その……私邪魔でしたか?」

ハルヒ「いや、邪魔じゃないわ、逆に良かったわ。確かあなたが古典部の千反田さんよね?」

える「はい、そうです」

ハルヒ「私はSOS団の団長をしている涼宮ハルヒよ。このイケメンが古泉君」

古泉「お初にお目にかかります」

える「その……四人ですけど、どなたが出られるのですか?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 21:24:43.78 ID:LlvaihIK0

古泉「でしたら私が抜けましょう」

ハルヒ「古泉君それでいいの?」

古泉「どうしてもこういう舞台の上に立つのは演劇で十分です」

ハルヒ「私達の活躍劇をしっかりと後世に伝える役目を古泉君に任せるわ」

古泉「ありがたき幸せ」

える「そ、それじゃ舞台に上がりましょうか」

キョン(古泉め、逃げやがったな)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 21:32:20.93 ID:LlvaihIK0

司会「昨日は個人戦でしたが、今日は団体戦、チームプレイで勝ち進んでくださいね」

参加生徒「うぉーーー!!」

司会「それでは第一問、日本人に多い血液型は!?」

ぴんぽーん!!

司会「おっとこれは簡単過ぎたかな?福部君チーム、さぁ答えをどうぞ!!」

福部&谷口&国木田「A型!!!」

司会「正解、やはり簡単過ぎましたね」

える(福部さんのチームだ……)

キョン(谷口も出てたのか)


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 21:37:42.63 ID:LlvaihIK0

谷口「おい、キョン……くそぅ、どうしてお前は両手に花チームなんだよ!!」

キョン(気づかれたか)

ハルヒ「ゴチャゴチャうっさいわね、司会、早く次をいっちゃってよ」

司会「それでは第二問、アレクサンドロス大王が征服し……」

ぴんぽーん!!

司会「おっと、ここでボタンを押したのはSOS団!!果たして答えられるのか?」

える「す、すみません。押してしまいました」

キョン「でも答え分かってるんですよね?」

える「実は……分からないのです」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 21:41:55.67 ID:LlvaihIK0

える「で、でも分かります」

キョン「どっちなんですか」

える(みんなピリピリしているし、私が早押しして答えなければ……でも私分からないです)

ハルヒ「アレクサンドリア!」

司会「おっと、ハルヒさんが答えました。果たして正解なのでしょうか……」

える「そ、その涼宮さん? 分かってるのでしょうか?」

ハルヒ「分からなくて良いのよ、それっぽいこと言っちゃえばいいのだから」

える「涼宮さん……」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 21:45:00.51 ID:LlvaihIK0

司会「正解!!凄いですよこの大会」

ハルヒ「当てずっぽうで当てちゃったわ!!」

キョン「当てずっぽうかよ……」

える「す、凄いですね!!」

ハルヒ「分からないなら当てずっぽうでいいのよ」

える「はい!! 私どんどん早押ししていきます!!」

ハルヒ「その調子よ!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 21:50:46.51 ID:LlvaihIK0

キョン(こうして当てずっぽうで挑んだクイズ大会。しかしながら善戦していき、あと一問正解すれば優勝するところまできた)

キョン(当然のごとく俺はと言うと、楽しんでいる彼女らに挟まれながら、ただ時間が過ぎて行くのを待っていた)

える「す、涼宮さん!!最後の一問です!」

ハルヒ「えるちゃんもいい所魅せてるわね」

司会「SOS団の快進撃、あと最後の一問となりました。それでは第17問、果たしてSOS団が優勝するのか? 誰かが止めるのか? 運命の一問!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 21:54:06.51 ID:LlvaihIK0

司会「徳川綱吉は犬将軍、さて、徳川吉宗は?」

ぴんぽーん!!

司会「ここでSOS団のランプが光った!!さぁ答えをどうぞ!!」

える「それじゃ私が行きますね」

ハルヒ「えるちゃんいちゃって」

える「答えは……ね、猫将軍です!!」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 21:59:44.94 ID:LlvaihIK0

える「す、すみませんであいた」

キョン(クイズ大会はこの千反田さんが間違えてから、谷口のチームが勢いづき、そのまま優勝となった)

ハルヒ「気にしないでいいわよ」

える「涼宮さんたち、絶対優勝狙っていたんじゃ」

ハルヒ「優勝なんてどうでもいいわよ、それよりもその過程の努力が肝心なの」

キョン「殆ど当てずっぽうだったがな」

ハルヒ「うっさいわね。えるちゃん、あなた古典部には惜しい人材ね、どう? 良かったらうちにこない?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 22:05:45.69 ID:LlvaihIK0

キョン「おい、古泉、この千反田さんって言うのは何か異世界人とか何かなのか?」

古泉「さぁどうでしょう。それよりもあの折木君に興味がありますが……」

キョン「やめろ、折木は俺のだ」

古泉「はい?」

キョン「な、なんでもない。それよりもハルヒ、本気なのか?」

える「残念ですが、私は古典部の方で精一杯なので……」

ハルヒ「そうよね、古典部も大変よね……」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/12(日) 22:10:13.26 ID:LlvaihIK0

ハルヒ「じゃあ、古典部をSOS団の支部にするからね!!これは団長命令で絶対だから!!」

える「その……SOS団って何でしょうか?
私気になります」

ハルヒ「えるちゃん、あなたをSOS団の支部長に任命します!!」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

える「……SOS団……ムニャムニャ……私、気になります……ムニャムニャ」

折木「こ、こいつ夢の中でも気になるのかよ」





夢オチです



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「悪い夢を見た」