熱斗「プラグ・イン! ロックマン.EXE トランスミッション!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:橘「そろそろ降ろしてほしいのです」キョン「ダメだ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/10(金) 23:37:38.14 ID:scBZZMlf0

〜秋原エリア〜

熱斗「この先か、正体不明のネットナビが現れたエリアってのは!」

ロックマン「うん 急ごう、熱斗君!」











チャド「ここは一体……どこなんだ……?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/10(金) 23:43:28.54 ID:scBZZMlf0

熱斗「いたぞ……あそこだ!」

チャド「ん? なんだ?」

ロック「お前は誰だ! ここで何をしている!?」

チャド(なんか全身青タイツヘルメットが話しかけてきた……)

チャド「別に、なにもしていないさ」

ロック「嘘をつくな! さっき、すぐ近くのエリアで大規模な爆発が起こった。そこのエリアでお前を見たという証言があるんだ!」

チャド(……ああ、そういえば、どうにも通れないところを攻撃したな)

熱斗「まさか……WWWの残党か!?」

チャド「は?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/10(金) 23:45:13.50 ID:scBZZMlf0

チャド「ワールドスリー? なんのことだ」

熱斗「白を切るつもりか! こうなったら……いくぞ、ロックマン!」

ロック「うん!」

熱斗「バトルオペレーション・セット!」

ロック「イン!」

チャド(なんなんだこいつら)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/10(金) 23:49:14.58 ID:scBZZMlf0

熱斗「バトルチップ、ロングソード! スロットイン!」

ロック「『ロングソード』!」

ブォン!

チャド「!?」

熱斗「いけ、ロックマン!」

ロック「うぉぉ!」

チャド「クッ……!」

ズバッ!

熱斗「やったか!?」

チャド「……あぶなかった……下がるのが一瞬遅かったら……俺は確実に死んでいた……!」

ロック「なんで……確かに切ったのに!」

チャド「こちらとしては、別に闘うつもりなどなかったんだが……」

チャド「仕方がない……!」

ゴォッ!

ロック「うわぁ!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/10(金) 23:52:07.93 ID:scBZZMlf0

チャド「『巨人の一撃』……!」

熱斗「ロックマーーン!」

ロック「く……だ、大丈夫だよ、ネット君……」

チャド「まだだ」

ヒュンッ!

ロック(は、速い!)

チャド「うぉぉ!」

熱斗「バトルチップ、インビジブル! スロットイン!」

スッ

チャド「何!?」

チャド「青タイツが……消えた……?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/10(金) 23:58:26.36 ID:scBZZMlf0

熱斗「大丈夫か、ロックマン!」

ロック「ありがとう熱斗君……助かった……」

熱斗「リカバリー80! スロットイン!」

キュイン!

チャド「……」

チャド「そこか」

ロック「!?」

チャド「姿を消しても無駄だ……!」

ドォォォン!

ロック「くっ!」

ロック「熱斗君! こいつ強いよ!」

熱斗「くそ……こうなったら!」

熱斗「ロックマン、フルシンクロだ!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 00:05:05.75 ID:Zc+T8Cs40

ロック「でも熱斗君! フルシンクロをしたら熱斗君まで危険な目に!」

熱斗「馬鹿野郎! ロックマン一人で闘わせるわけにはいかない! 俺も一緒に闘う!」

ロック「熱斗君……!」

熱斗「いくぞ、ロックマン! フルシンクロ!」

キュィィィィン!

チャド(なんか微妙に発光しだした……)

チャド「なるほど、本気と言うわけか……」

チャド「ならば、こっちも全力で行く!」

ゴォォォォッ!

チャド「『悪魔の左腕』!」

熱斗「バトルチップ、ハイキャノン! トリプルスロットイン!」

熱斗・ロック「プログラム・アドバンス! 『ギガキャノン2』!」

チャド「『魔人の一撃』!!」

熱斗・ロックマン「うぉぉぉぉぉ!」

ズドォォォォォン!

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 00:07:02.47 ID:scBZZMlf0

???「バトルチップ、バリア! スロットイン!」

???「やめろ、チャド!!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 00:11:42.27 ID:QOxgl7B80

チャド「!?」

熱斗「だ、誰だ!?」




ブルース「ふぅ……なんとか間に合ったようだな」

ロック「ブルース!?」

ブルース「まったく、お前という奴は……」

チャド(赤タイツが増えた……いや、そんなことより)

チャド「一護! こんなところで何をしている!?」

一護「それはこっちの台詞だ馬鹿野郎!」

チャド(なんか怒られた)



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 00:17:59.51 ID:QOxgl7B80

熱斗「おい炎山! どういうつもりだよ!」

炎山「見ての通りだ。お前たちが無駄な戦いをしていたから、止めに入った……それだけだ」

熱斗「無駄って……。こいつはWWWの残党だぞ! 何を企んでるのか知らないけど、放っておいたら何をしでかすか!」

チャド「いや……だからなんなんだワールドスリーって」

一護「この世界の悪の組織……ってところらしい」

チャド「なんで知ってるんだ」

一護「そこの赤いのから聞いた」

ブルース「赤いのじゃない、ブルースだ」

一護「どうでもいいよそんなの」

炎山「ともかく、そこの変なのはWWWの残党なんかじゃない」

チャド「」

炎山「ただの……人間だ。戦闘能力は無視して、だが」

熱斗「どういうことだ?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 00:25:00.88 ID:QOxgl7B80

〜かくかくしかじか〜

熱斗「……つまり、この人たちはネットをしていたら、いつの間にかこの世界に紛れ込んじゃった、ってことか?」

炎山「どうもそうらしい。現実では考えられん話だがな」

チャド「ちょっと待て。俺はネットなんか全くしていなかったぞ」

炎山「えっ」

一護「えっ」

熱斗「えっ」

ロック「えっ」

ブルース「えっ」


チャド「えっ?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 00:29:22.22 ID:QOxgl7B80

熱斗(インターネットを全くしない人間っているのか?)

炎山(今では珍しい話だが……過去からきたのだと思えば、あるいは)

一護(確かにこんなネットじゃないけど……全くしないってのは……)


チャド「お、おい! なんだその目は!」

熱斗「だって……どっかの原住民だってネットを使ってる時代だ、っていうのに……」

ブルース「原住民以下……」

チャド「」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 00:40:22.89 ID:QOxgl7B80

チャド「と、ともかく。さっきのは誤解だったようだな。すまない」

ロック「い、いや、こっちこそゴメンよ……いきなり攻撃しちゃって」

熱斗「悪かったな……オッサン」

チャド「……まだ高校生だ」



一護「それで、どうやったら元の世界に帰れるんだ?」

炎山「ああ……今しがた考えていたんだが」

炎山「熱斗、ロックマン、お前たちは昔ウラインターネットで『ジャンゴ』という少年に出会ったと言っていたな」

熱斗「ああ。太陽少年だろ」

炎山「彼は電脳世界以外から来ていて、そしてどこかへ消えていったんだよな」

ロック「うん」

炎山「彼が電脳世界以外の世界から来たと考えると……恐らく、ウラインターネットにはどこか別の世界に通じる入り口があるはずだ」

一護「なんか論理が飛んでねえか」

ブルース「黙れ」 ジャキッ

一護「おっと……。ともかく、その……ウラインターネットってところに行けば、帰れるかもしれないんだな

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 00:44:46.91 ID:QOxgl7B80

炎山「確証はないが……思い当たるのはあそこしかない」

ロック「でも、ウラインターネットは凄い危険な場所なんだ。凶暴なウイルスもいっぱいいるし……」

一護「帰れる可能性が少しでもあるなら、やってみるしかねぇだろ」

一護「それに、どれだけ強い奴がいようと、俺は絶対に負けない」

チャド「うむ。俺もd」

ブルース「そうと決まれば話は早い。ウラインターネットへ向かおう」

チャド「」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 00:50:06.43 ID:QOxgl7B80

〜ウラインターネット〜

一護「邪魔だ!」

ズバッ!

メットール「ピギィィ!」


熱斗「つ、強い……!」

ロック「僕たちも負けてられないね! いくよ、熱斗君!」

熱斗「おう!」


炎山「調子はどうだ、ブルース」

ブルース「問題ありません。この程度なら、炎山様のお力が無くとも十分に闘えます」


チャド「ぐぁぁぁ!」

チュインチュインチュイン


一護「えっ」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 00:53:51.14 ID:QOxgl7B80

一護「チャドが……消えた……?」

チャド「ま、まだだ!」 ブォン!


ロック「じ、自力でバックアップを!?」

熱斗「色々な意味でタダモノじゃねぇ……!」

ブルース「口ほどにもない」

炎山「ブルース、そいつの援護もついでに頼む」

ブルース「……承知しました」

一護「大丈夫かチャド……お前今霊圧どころじゃなくて全身消えてたぞ」

チャド「大丈夫だ……問題ない……」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 00:56:23.53 ID:QOxgl7B80

???「……この感覚……」

???「……ロックマンとブルースだな……そして残りは……」

???「クククッ……久々に強い奴らと闘えそうだ……!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 00:59:57.45 ID:QOxgl7B80

ロック「!?」ゾクッ

熱斗「どうした、ロックマン」

ロック「いや……今、何か……」

熱斗「? 気のせいだろ」

一護「おい、何やってるんだ。お前らが道案内してくれないと先に進めねえだろ」

ロック「あ、ゴメンゴメン!」


チャド「ちょ、ちょっと……休憩……しないか……」

ブルース「何を言っている。ここにはあまり長居していられないんだ」

炎山「先を急ぐぞ」

一護「おう」

チャド「……」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 01:03:22.94 ID:QOxgl7B80

チャド「ちょ、ちょっと先に行っていてくれ……」

一護「え?」

チャド「少し休んだらすぐに追いかける……霊絡を辿ればなんとかなる」

一護「……そうか、気をつけろよ」

ブルース「俺も残ろう。炎山様の命令だ」

チャド「すまない……赤タイツ」

ブルース「ブルースだと言っている」

チャド「……すまない」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 01:07:17.92 ID:QOxgl7B80

〜三十分後〜

ブルース「おい、いつまでそうしている気だ!」

チャド「あと五分……あと五分だけ……」

ブルース「全く……」

炎山「もうあいつらは着いている頃か……」


ゴゴゴゴゴゴゴゴ!


ブルース「!?」

チャド「じ、地震か!?」

炎山「これは……まさか!」

チャド「おい、どういうことだこれは!」

ブルース「休憩している暇がなくなった……早くあいつらの下へ行かないとまずいことになる!」

チャド「くそっ……どういうことだ……!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 01:13:51.55 ID:QOxgl7B80

ブルース「行くぞ!」

チャド「あ、ああ!」




一護「ぐぁぁぁ!」

ロック「く、黒崎君!」

熱斗「くそっ! どうして……どうしてお前がこんなところに!」



フォルテ「『どうして』……? おかしな質問だ。ここは俺のテリトリー……いつ俺が現れても不思議ではないだろう」

ロック「お前は、デリートされたはずだ!」

フォルテ「ふん……俺がデリートされるとでも?」

一護「くそ……なんだよコイツ……!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 01:16:51.81 ID:QOxgl7B80

フォルテ「そこの黒いの……貴様、人間だな」

一護「だ、だったらなんだ!」

フォルテ「人間……貴様ら人間のせいで、俺は……俺は!」

ゴォォォォッ!

一護「くっ!」

ロック「危ない!」

熱斗「バトルチップ、ドリームオーラ! スロットイン!」

ロック「『ドリームオーラ』!」 ブォン

一護「ロックマン!」

ロック「下がって、黒崎君!」

フォルテ「無駄な足掻きを……! 消し飛べ!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 01:23:48.65 ID:QOxgl7B80

フォルテ「アースブレイカーァァ!」 ゴォォォォォォォォ!


ロック「うぁぁぁぁ!」

一護「ロックマン!」

熱斗「ロックマーーーーン!」

フォルテ「ふん……邪魔立てするからだ」



熱斗「ロックマン、ロックマン!!」

ロック「熱、斗……君……!」

熱斗「リカバリー300! スロットイン!」

フォルテ「まだ足掻くか……!」

一護「やめろ! 俺が……俺が相手だ!」

フォルテ「……せっかく拾った命を、むざむざ捨てるとはな」

一護「うるせえ! 月牙!!」

フォルテ「む……?」

一護「天衝!!」  ゴォォォォ!

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 01:26:10.21 ID:QOxgl7B80

フォルテ「ちっ……」

ドォォォン!

モクモクモク……

一護「はぁっ……はぁっ……や、やったか!?」


ドドドドドドド


フォルテ「……ハハハ」

ドドドドドドドドド

一護「!?」

フォルテ「この程度で勝ったつもりか!」 ドン!

一護「なん……だと……!?」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 01:29:21.06 ID:QOxgl7B80

一護「月牙天衝でかすり傷……グリムジョーかってんだよ……!」

フォルテ「しかし、人間にしてはやる方だな……いやそもそもなんで電脳世界に人間がいるのか知らんが」

一護「俺だって知るかよ! 俺たちはさっさと元の世界に帰りたいんだ! そこをどけ!」

フォルテ「それこそ俺の知ったことではない。帰りたいというのであれば、俺を満足させてからにしろ!」
















チャド「なんかやばいことになってる」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 01:38:37.60 ID:QOxgl7B80

ブルース「やっと追いついた……お前、瞬間移動とかできるなら最初から使っていればよかったものを」

チャド「今はそんなことを言っている場合じゃない! なんなんだあいつは!?」

炎山「あれは……フォルテ……!」

チャド「フォルテ?」

炎山「完全自律型ネットナビ……恐らく、俺が知る中でも最強のナビだ」

チャド「最強……」

ブルース「……炎山様、出撃の許可を」

炎山「馬鹿を言うな! アレと闘えば、いくらお前とはいえただではすまないぞ!」

ブルース「それは承知です! しかし、何もせずにただ黙って見ているわけには行きません!」

炎山「ブルース……わかった。だが、今回は俺も行く」

ブルース「炎山様!?」

炎山「行くからには、全力で行くぞ! ブルース!」

ブルース「炎山様……承知!」

炎山・ブルース「フルシンクロ!」


チャド「……」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 01:45:30.79 ID:QOxgl7B80

ブルース「そこまでだ、フォルテ!」

フォルテ「……? なんだ、貴様か。今丁度楽しいところなんだ、邪魔をするな」

一護「赤いの……じゃなくて、ブルース!」

炎山「ナメられたものだな……行くぞブルース! バトルチップ、ロングブレード、スロットイン!」

ブルース「『ロングブレード』!」 ブォン!

フォルテ「全く……そうまでして死に急ぎたいか。いいだろう、二人まとめてかかって来い!」

一護「こんなところで、負けるわけにはいかねえ!」

炎山・ブルース「うぉぉぉぉ!」


ガキィン! ズバッ! ズドォォォン!






チャド「…………zzz」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 01:54:29.16 ID:QOxgl7B80

一護「月牙天衝!!」 ゴォォォッ!

フォルテ「同じ技が何度も通用すると思うか!」ガシャッ!

一護「!?」

フォルテ「ヘルズローリング!」ギュォォォッ!

一護「ちっ!」 ヒュンッ!


フォルテ「ふん……避けたか。そうでなくては――」

炎山・ブルース「そこだ!」ブォンッ!

フォルテ「何!?」

炎山・ブルース「てりゃぁぁ!」


ズバァッ!


フォルテ「く……!」

一護「どけ、ブルース!」

炎山・ブルース「!? あの仮面は!?」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 02:01:52.58 ID:QOxgl7B80

フォルテ「ほら、どけってよ!」 バキッ!

炎山・ブルース「ぐあっ!」

一護「ブルース!」

フォルテ「ふん! お前の技は通用しないと!」

チュインッ

フォルテ「!? 貴様、ロックマン!」

ロック「ハァ……ハァ……! いけ……黒崎君!!」

炎山・ブルース「黒崎!!」

一護「うぉぉぉぉぉぉ! 月牙!!」

ズッ……

フォルテ「な、何だコレは!?」

一護「天! 衝!!」

ゴォォォォォォォォォォォォォッ!




チャド「…………もう食べられないよ…………アブウェロ……ムニャムニャ」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 02:07:02.87 ID:QOxgl7B80

フォルテ(く……この力……! さっきまでとは桁違い……! 直撃でもしたら……!)

フォルテ(だが……この程度で俺は消えはせん!)

フォルテ「うぉぉぉぉ!」ゴゴゴゴゴゴ!



ロック「あ、あれは……!」

熱斗「迎え撃つ気か!?」


フォルテ「消え失せろ……ダークネス! オーバーロードォォ!!」 キュイイイインン!

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 02:08:52.83 ID:QOxgl7B80

キュイン!


ズドォォォォォォォォォォォォン!

フォルテ「ぐあああああ!」

一護「ぐあああああ!」

ロック「うわぁぁぁぁぁ!」

ブルース「く……!」










ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド




チャド「…………ハッ!」

ドン!

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 02:13:43.53 ID:QOxgl7B80

チャド「いかん……あまりの出る幕の無さについ寝ていた……」

チャド「こう……出番がなくなると眠くなるのは、しょうがないよな」

チャド「……! そうだ、一護たちは……フォルテは!?」

チャド「おい、一護! えっと……ブルース! 青タイツ!」


フォルテ「…………フフフ……! ハハハハハ!」

チャド「!?」

フォルテ「ハーハハハハハハッ! 俺が、俺が最強だ!」

一護「……」

ロック「……」

ブルース「……」


チャド「みんな……!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 02:18:01.87 ID:QOxgl7B80

フォルテ「……ん? なんだ、まだ一人残っていたか」

チャド「くそ……!」

フォルテ「今まで出てこなかったところを見るに……お前が大将だな?」


チャド「えっ」

フォルテ「えっ?」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 02:24:58.41 ID:QOxgl7B80

フォルテ「まぁいい……なかなかいい駒を持っているじゃないか……」

チャド「えっと……」

フォルテ「ここまで楽しめたのは久々だ……。セレナードには遠く及ばんが、それでも十分だった」

チャド(誰だセレナード)

フォルテ「しかし、こいつらを束ねているということは……お前、相当な猛者だな」

チャド「いや、だからあn」

フォルテ「いやいい、何も言うな」

フォルテ「楽しませてもらった礼だ。駒の命はとらないでいてやる」

チャド(なんなんだ)

フォルテ「……とでも言うと思ったか?」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 02:28:04.76 ID:QOxgl7B80

チャド「!?」

フォルテ「フハハハ……今は気分が良い! どんな猛者であろうと消し飛ばせそうだ!」

フォルテ「あいつらよりも、もっともっと! 楽しませてくれよ!」

チャド「ちっ!『悪魔の左腕』!」

フォルダ「フハハハハハ!」


















フォルテ「ぐはっ!」

チャド「えっ」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 02:31:59.04 ID:QOxgl7B80

フォルテ「くそ……やはり強い……!」

フォルテ「しかも一瞬……なにかとんでもない間違いをされた気がする……!」

チャド(……弱りすぎだろう……)

チャド「もうやめろ、お前はもう闘える体ではない!」

フォルテ「黙れ……黙れ黙れ! 俺が最強なんだ!」

フォルテ「貴様如きにまけるわけが!」 キュイイイン!

チャド「やめろと言っている!」

フォルテ「ダークネスオーバーロード!」

チャド「くそ!『魔人の一撃』!」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 02:37:12.30 ID:QOxgl7B80

フォルテ「ぐあぁぁぁぁぁ……! 俺が、この俺が……!」



チュインチュインチュイン…




チャド「はぁ……はぁ……はぁ……ぐっ」

熱斗「……! ……っくマン! ロックマン!」

チャド「お前……!」

熱斗「お、オッサン! やっとつながった……! み、みんなは!?」

チャド「相当なダメージを受けている……! すぐに手当てを!」

熱斗「プラグ・アウトした方が早い! ロックマン、プラグアウトだ!」

キュインッ

チャド「青タイツが……消えた……?」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 02:41:19.30 ID:QOxgl7B80

ブルース「うっ……」

チャド「ブルース!」

ブルース「……お前……フォルテを倒した、のか……」

チャド「喋るな、傷に響く」

ブルース「……! 炎山様!」

チャド「どうした!?」

ブルース「炎山様! 炎山様!! ご無事ですか!?」

チャド「……おい、どうしたと訊いている」

ブルース「炎山様からの応答がない……! 俺は一足先に戻る!!」

チュインッ

チャド「ブルースも……消えた……?」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 02:43:50.90 ID:QOxgl7B80

チャド「一護! 一護!!」

一護「……うぅ……」

チャド「霊圧が消えかかっている……!」

チャド「急がなければ……!」

一護「ちゃ、チャド……」

チャド「しっかりしろ一護!」









チャド「……!? なんだ、あの穴は……!?」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 02:45:30.82 ID:QOxgl7B80

チャド「まさか、これがあいつらの言っていた……別の世界への入り口……?」

一護「…………」

チャド「……くそ! 迷っている暇はない! 一護、しっかり掴まっていろ!」

一護「…………」






チャド「うぉぉぉぉぉぉぉ!」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 02:51:14.33 ID:QOxgl7B80

???「………………」

???「………………君!」

???「……き君! 黒崎君!」

一護「!?」 ガバッ

井上「黒崎君! よかった、目が覚めた!」

一護「…………いの、うえ?」

石田「全く、みんなに心配かけさせて……」

一護「……石田……」

ルキア「この愚か者が! 皆に何も知らせず突然消えて、戻ってきたらこの様とは! 一体どういうことだ!」

一護「ルキア……」

一護「…………! チャド、チャドは!?」

石田「え? 茶渡君がどうかしたのかい?」

一護「チャドが助けてくれたんだ……おい、チャドはどこだ!?」




井上「チャド君は一緒にはいなかったけど……」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 02:52:33.28 ID:QOxgl7B80

〜ウラインターネット〜

チャド「……」

チャド「……」

チャド「……」

チャド「……」

チャド「……」

チャド「……」

チャド「……」

チャド「……」

チャド「……」

チャド「……」

チャド「……」

チャド「……」

チャド「……」

チャド「……」


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 02:55:39.50 ID:QOxgl7B80

チャド「……一護が……消えた……?」




END


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 03:06:54.24 ID:QOxgl7B80

〜後日〜

一護「どうだ、浦原さん。チャドの行方は掴めたか?」

浦原「ああクロサキさん。それがですね、つい先程チャドさんの霊圧に酷似したデータの残骸が発見されましてね」

浦原「もう少しで居場所を特定できそうです」

一護「本当か!?」

浦原「ええ……無事だといいんですが……」

一護「しかし、未来のインターネットに接続するなんて、あんたも無茶苦茶やるぜ」

浦原「アタシだって、結構無理してるんですよコレ」

一護「ありがとうな。……ん? 浦原さん、モニターに何か映ってるぞ」

浦原「あ、ホントだ……どれどれ」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 03:09:51.27 ID:QOxgl7B80

チャド『…………』

一護「チャド!」

浦原「ようやく見つけましたよ……! さて、それじゃあ早速元の世界へ……」

チャド『…………一護……か……?』

一護「チャド! 大丈夫か!? 今すぐもとに戻してやるからな!」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 03:15:20.44 ID:QOxgl7B80

浦原「これをこうして……! よし」

浦原「プラグアウト!」

チュインッ!

ズドォォォォォン!

一護「うわっ!」

モクモクモク


一護「チャド……!」

チャド「……ああ、頭が痛い……」

浦原「ふう……無事成功っすね」

チャド「……ここは……そうか、戻ったのか……俺は」

一護「心配かけさせやがって! この野郎!」

一護「……浦原さん! ありがとう! 本当にありがとう!」 ドゲザッ!

チャド「ありがとう……」 ドゲザッ

浦原「い、いえいえ……仲間が困ってるなら助けるのが当たり前じゃないっすか。ははは……」

浦原(そもそもはアタシのせいで二人が向こうに飛ばされた、ってのは秘密にしておこう……うん、そのほうがいい)

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/11(土) 03:21:06.99 ID:QOxgl7B80

その後、ウラインターネットで起こったあの日の出来事を語らいながら、二人は浦原商店を去っていった。

浦原「さて……じゃぁ、あの機械をぶっ壊してきますか」




今度こそEND



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「ぽかぽかする」